船釣り   投げ釣り  防波堤・港内の釣り  ルアーフィッシング
フライフィッシング ウキ釣り 渓流の餌釣り その他の釣り
9月4日 9月19日      
    余市市場水揚げ概況  ・このページのトップへ戻る

◆9月4日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 サケ2~3kg約120匹、ヒラメ40~60cm39枚、

 フクラギ1kg弱が約20匹、ブリ5kg超が2本、

 真イカ20~30入りが31箱、ヘラガニ約1,000バイ。

◆9月3日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真イカ20~30入り150箱、ブリ5~7kg5本、

 サバ22~28cm60匹、ヒラメ38~47cm50枚、

 サケ60~73cm580匹、フグ14~17cm60匹、

 ヘラガニ甲羅幅7~12cm約1,400パイ。

◆9月2日は日曜日で、余市漁組市場はお休みでした。

◆9月1日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真イカ20~30入りが120箱、ヘラガニ7~12cm900パイ。

◆8月31日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真イカ20~30入りが220箱、サケ60~70cm21匹、

 ヒラメ40~70cm20枚、フグ15cm前後50匹、

 サバ23~30cm30匹。

◆8月30日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 サケ60~72cmが61匹、ヒラメ39~50cm25枚、

 サバ25~30cm60匹、真イカ20~30入り100箱、

 ヘラガニ甲羅幅7~12cmが約1,000バイ。

船 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

  ブリ ナイト・ジギング 好釣果  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090-3398ー2147) 9月3日の夜の釣果(4日記述): 船長から伺いました。 3日の午後6時に出港し、午後11時半までの釣り。 サルワンと神威岬沖の水深約45mで。
 ブリは全体で 45本、大きさは、10kg1本、8kg3本、7kg5本、あとは4kg~6kg
。 
 様々なジグで釣れていた、ジグの色はほとんどが赤金。

  ブリ ナイト・ジギング 好釣果  余別漁港 漁福丸 (澤船長090-8897-0160) 9月3日の夜の釣果(4日記述): 船長から伺いました。 3日の午後6時に出港し、午前0時までの釣り。 サルワンの水深約40mで。
 ブリは全体で 41本、大きさは、8.2kgが1本、7kgが4本、5kg~6kgがほとんどで、4kg台が数本
。 
 釣れたジグは、ジョーカー420gの赤金、ドラッカーハイブリッドタイプⅤ420g赤金、ドラッカーハイブリッドタイプⅤ420gにお客様がご自分で黒銀のシートを貼ったものでも結構釣れた、とのことでした。

  ヒラメ 好釣果!  美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135-44-2716)9月4日の釣果(4日記述): 船長から伺いました。 4日の午前4時20分に出港し、午前11時45分までの釣り。 幌武意沖~美国沖の水深約35m~40mで。
 ヒラメは1人あたり 10枚前後、大きさは、38cm~52cm

 バケは、350g~500gで、色は様々。 タコキャップは、ピンク、緑色、その他多色。

               **********

  ブリ 夜釣り 好釣果  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090-3398ー2147) 9月2日の夜の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 2日の午後5時半に出港し、午後11時半までの釣り。 神威岬沖の水深約45mで。
 ブリは全体で 40本、大きさは、8kg1本、7kg3本、4kg~6kg
が33本、3kgが3本、。 
 ジグで36本、エサ釣りで4本との事でした。エサは釣ったイカ。 36本はいろいろなジグで釣れたそうですが、ジグの色は赤金だったそうです。

  ヤナギ、真ダラ 好釣果  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090-3398ー2147) 9月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 3日の午前5時半に出港し、正午までの釣り。 サルワンの沖の水深約145mで。
ヤナギノマイは1人あたりで 40匹~50匹、大きさは23cm~30cm
真ダラは1人あたり
 20本前後、大きさは、40cm~60cm
白やピンクのフラッシャー付いた針を使った様々な
胴突き仕掛けで、エサは赤イカ。

  ブリ 夜釣り 順調   余別漁港 和光丸 (能代谷船長090-8908-5147) 9月2日の夜の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 2日の午後9時に出港し、午前2時までの釣り。 神威岬沖の水深約41mで。
ブリは全体で15本、大きさは、4kg~5kg。 エサ釣りの釣果と、ジギングでの釣果がほぼ半々だったそうです。 エサは釣ったイカ。 ジグは、おそらくドラッカーハイブリッドタイプⅤ420g赤金だったと思います、とのお話でした。

  真イカ 爆釣!  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090-2076-7112) 9月2日の夜の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 2日の午後8時に出港して、午前2時までの釣り。 神威岬沖の水深約200mラインで。
 真イカは1人あたり 170パイ~300パイ、大きさは、20パイ~30パイ
入りサイズ。 30パイ入りサイズのイカが一番多かった。 お一人を除き、皆さんが230パイ以上を釣ったそうです。
 棚は、25m前後。 きらきらオッパイ針7号の仕掛と、さかな針18cmの仕掛けの両方でで釣れていたそうです。

  ブリ デイジギング 好釣果  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090-8899-1693) 9月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 3日の午前7時に幌武意漁港から出港して、午後2時までの釣り。 無線塔沖周辺の水深は浅めから深めまで。  ブリの釣果は全体で、 21本。 大きさは 3kg~8kg弱5kg~6kgの魚が多かった。 ジグは150g~200gのいろいろなタイプ。 

               **********

  ブリ ナイト・ジギング 爆釣!  余別漁港 漁福丸 (澤船長090-8897-0160) 9月1日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 1日の午後6時半に出港し、午前0時までの釣り。 サルワンの水深約40mで。
 ブリは全体で 68本、大きさは、3kg~7kgですが、3kg~4kgが約20本、5kg~7kgが50本弱
。 
 釣れたジグは、ジョーカー420gの赤金とパープルゴールド、ドラッカーハイブリッドタイプⅤ420g赤金と金魚、ヤバイジグの赤金、とのことでした。

  ブリ 夜釣り 好釣果!  余別漁港 金比羅丸 (吉田船長090-6698ー1351) 9月1日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 1日の午後6時過ぎに出港し、午前0時までの釣り。 水無し沖の水深約42m~43mで。
 ブリは全体で 41本、大きさは、3kg~8.6kg
ですが、5kg~6kgが大半。 
 釣ったイカで4本が釣れて、あとの37本がいろいろなジグで釣れたそうです。

  ブリ ナイト・ジギング 好釣果   余別漁港 広栄丸 (広和船長0135ー46ー5174) 9月1日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 1日の午後6時に出港し、午前0時までの釣り。サルワンの水深約40mで。。
ブリは全体で 37本、大きさは、3kg~7kgですが、5kg~6kgが多かった。 釣れていたジグは、ドラッカーハイブリッドタイプⅤ420g赤金、カムイイエローテイルの赤G、ヤバイジグの赤金、などだったそうです。

  真ダラ、ヤナギ 好釣果   余別漁港 千鳥丸 (山田船長090-3398ー2147) 9月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 2日の午前5時に出港し、正午までの釣り。 カムチャッカ根の水深約150m~160mで。
真ダラ
全員が 10本超、大きさは、50cm~80cm
ヤナギノマイは1人あたりで 10匹前後、大きさは25cm~30cm
ステンレスや銅パイプのタラシャクリで200号~250号
、その上に様々な胴突き仕掛けを付けていたそうです。

  ブリ ナイト・ジギング 爆釣!  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090-2076-7112) 9月1日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 1日の午後7時半に出港し、午前1時半までの釣り。 神威岬沖の水深約43mで。
 ブリは全体で 75本、大きさは、3kg~7.8kg
ですが、5kg~6kgが大半
釣れたジグは、ジョーカー420g赤金、ドラッカーハイブリッドタイプⅤ420g赤金、カムイイエローテイル400gの赤金、ブリ王の赤金 
などだったそうです。

  ブリ 夜釣り 爆釣!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090-3116-6970) 9月1日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 1日の午後5時過ぎに出港し、午後11時半までの釣り。サルワンの水深約38mで。
 ブリは全体で 98本、大きさは、7kg~8kgが約10本、5kg~6kgが約78本、3kg~4kgが約10本
。 
 釣ったイカを使ったエサ釣りで約半数、ジギングで約半数が釣れたそうです。 竿頭は、24本(エサ釣りのお客様)。 ジグは何でも良い感じだったそうです。 持って帰れないからと、途中で釣るのをやめた人達がいたとのこと。

  真ダラ1m超も、ヤナギも良型 好釣果   幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090-3116-6970) 9月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 2日の午前7時半過ぎに出港し、午後1時半に沖上がり。 カムチャッカ根の水深約175m~180mで。
真ダラは全体で
 80本、大きさは、1mが3本、90cmが3本、あとは60cm~80cm。60cm未満も少しあったそうですが、数に入れてないとの事。
ヤナギノマイは1人あたりで 1匹~10匹、大きさは30cm~38cm
ステンレスや銅パイプのタラシャクリで250号
、その上にタラ用の大きい針を使った胴突き仕掛けを付けていたそうです。

  真イカ 好釣果!  美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135-44-2716)9月1日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 1日の午後6時半に出港して、午前1時までの釣り。 幌武意沖の水深85mラインで。
 真イカは1人あたり 70パイ~160パイ、大きさは、15ハイ~30パイ
入りサイズ。 20パイ入り~25ハイ入りサイズのイカが多かった。
 棚は、40m前後。 きらきらオッパイ針7号の仕掛と、長ヘラ針18cmの仕掛けの両方でで釣れたそうです。

  真イカ 好釣果!  古平港 宝勝丸 (本間船長090-6263-3019) 9月1日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 1日の午後5時半に出港し、午前0時半までの釣り。 美国沖の水深110mラインで。
 真イカは1人あたり 70パイ~130パイ、大きさは、15ハイ~30パイ入りサイズですが、25ハイ入りサイズ以下の中型イカが多かった。 長ヘラ針仕掛でも釣れたがイカが中型のため、7号キラキラおっぱい針の仕掛けで数が釣れた。 棚は、40m→20m。

  ホッケ数釣り!、真ダラ  古平港 宝勝丸 (本間船長090-6263-3019) 9月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 2日の午前5時半に出港し、午後12時半までの釣り。 古平沖の水深約130mで。
ホッケは全員が100匹前後
、大きさは、30cm~40cm
真ダラは全体で 20本、大きさは、50cm~80cm
白やピンクのフラッシャーが付いた針のいろいろな胴突き仕掛で、エサは赤イカ。

  真イカ 好釣果!   古平港 宝進丸 (依田船長0135-42-3578)9月1日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 1日の午後5時半に出港、午前0時45分に沖上がり。 美国沖の水深約100m~130mで。
 真イカは1人あたり 80パイ~130パイ、大きさは、15ハイ~30パイ
入りサイズですが、25ハイ入りサイズ以下の中型イカが多かった。 
 棚は、40m→20m。 イカが中型のため、長ヘラ針よりも7号キラキラおっぱい針の仕掛が良かったそうです。 

               **********

  ブリ ナイト・ジギング 好釣果  余別漁港 漁福丸 (澤船長090-8897-0160) 8月31日の夜の釣果(9月1日記述): 船長から伺いました。 31日の午後6時に出港し、午前0時までの釣り。 サルワンの水深約40mで。
 ブリは全体で41本、大きさは、3kg~6kgですが、4kg~5kgが大半
。 
 釣れたジグは、ジョーカー420gで色は赤金、パープルゴールド、ダークブルーとのこと。

  ブリ 夜釣り 順調   余別漁港 広栄丸 (広和船長0135ー46ー5174) 8月31日の夜の釣果(9月1日記述): 船長から伺いました。 31日の午後6時に出港し、午前0時までの釣り。サルワンの水深約40mで。。
ブリは全体で15本、大きさは、4kg~8kg。 エサ釣りの釣果と、ジギングでの釣果がほぼ半々だったそうですが、エサ釣りは2名だけだったのでヒット率はエサ釣りが優勢だったそうです。 エサは釣ったイカ。 ジグは様々なものを使っていた。 潮流れが速い日だったそうです。

  ブリ ナイト・ジギング 好釣果  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090-2076-7112) 8月31日の夜の釣果(9月1日記述): 船長から伺いました。 31日の午後6時に出港し、午前0時までの釣り。 サルワンの水深約40mで。
 ブリは全体で 53本、大きさは、4kg~7.5kg
。 竿頭は、12本。
釣れたジグは様々だったそうですが、ドラッカーハイブリッドタイプV(5)420g赤金で釣った方が多かったそうです。 

  ブリ ナイト・ジギング 好釣果  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090-3116-6970) 8月31日の夜の釣果(9月1日記述): 船長から伺いました。 31日の午後5時過ぎに出港し、午前0時過ぎまでの釣り。サルワンの水深40m~43mで。
 ブリは全体で46本、大きさは、8kg2本、9kg2本、あとは5kg~6kgがほとんどで、3kg~4kgが数本
。 
 釣ったイカを使ったエサ釣りで10本超。 大半がジギングでの釣果で、ドラッカーハイブリッドタイプV(5)420g赤金が優勢だった。 遅い時間に食いがたって連続釣れたそうです。

  ヒラメ 順調  古平港 宝勝丸 (本間船長090-6263-3019)9月1日の釣果(1日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、正午までの釣り。 古平沖の水深20m前後で。
 ヒラメは1人あたりで 1枚~8枚、大きさは、40cm~63cm
45cm前後が大半で、50cm~63cmが5枚。
 バケは、500gで様々。 タコキャップは、ピンク色系、その他いろいろ。

  真イカ 順調   古平港 宝進丸 (依田船長0135-42-3578)8月31日の夜の釣果(9月1日記述): 船長から伺いました。 31日の午後5時に出港し、午前2時までの釣り。 美国沖の水深約200mラインで。
 真イカは1人あたり100パイ前後、大きさは、15ハイ~30パイ
入りサイズ。 
 棚は、20m前後。 イカが大きめなのに、長ヘラ針よりも7号キラキラおっぱい針の仕掛が良かったそうです。 

               **********

  ブリ ナイト・ジギング 順調  余別漁港 漁福丸 (澤船長090-8897-0160) 8月30日の夜の釣果(31日記述): 船長から伺いました。 30日の午後6時半に少人数を乗せて出港し、午後10時半までの釣り。 水無し沖の水深約40mで。
 ブリは全体で25本、大きさは、4kg~6kgですが、5kg台が大半
。 
 釣れたジグは、ヤバイジグの黒系、ジョーカー420gの赤金と、ドラッカーハイブリッドタイプV420gの赤金、だったそうです。 竿頭が、13本。

  ブリ 夜釣り 順調  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090-3398ー2147) 8月30日の夜の釣果(31日記述): 船長から伺いました。 30日の午後5時に出港し、午後10時半までの釣り。 水無し沖の水深約40mで。
 ブリは全体で18本、大きさは、9kgが1本、あとは4kg~5kg。 

 ジグで2本、エサ釣りで16本との事でした。エサは釣ったイカ。この日最大の9kgもエサ釣りでの釣果。

  ブリ ナイト・ジギング 順調  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090-3116-6970) 8月30日の夜の釣果(31日記述): 船長から伺いました。 30日の午後5時に出港し、午前0時までの釣り。 水無し沖の水深約40mで。
 ブリは全体で43本、大きさは、4kg~7kgですが、3kg1本、4kg~6kgがほとんど
。 
 釣れたジグは、ドラッカーハイブリッドタイプV420gの赤金と、ジョーカー420gの赤金、だったそうです。 竿頭は、10本。

  真イカ 好釣果!  古平港 宝勝丸 (本間船長090-6263-3019) 8月30日の夜の釣果(31日記述): 船長から伺いました。 30日の午後5時半に出港し、午前1時までの釣り。 美国沖の水深110mラインで。
 真イカは1人あたり80パイ~160パイ、大きさは、15ハイ~30パイ入りサイズ。 20パイ入りの大きさのイカの数が多かったそうです。7号キラキラおっぱい針の仕掛けでも釣れたそうですが、さかな針18cmの仕掛けや、長ヘラ針の仕掛けのほうが優勢だった。 棚は、40m→30m。

               **********

  ブリ ナイト・ジギング 順調  余別漁港 漁福丸 (澤船長090-8897-0160) 8月29日の夜の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 29日の午後6時に出港し、午前0時までの釣り。 水無し沖の水深約40mで。
 ブリは全体で28本、大きさは、3kg~7.5kgですが、5kg台が大半
。 
 釣れたジグは、ジョーカー420gの赤金と、ギラードの赤金だったそうです。

  ブリ 夜釣り 順調 余別漁港 千鳥丸 (山田船長090-3398ー2147) 8月29日の夜の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 29日の午後6時半に出港し、午前1時までの釣り。 水無し沖の水深約44mで。
 ブリは全体で12本、大きさは、8kgが1本、あとは4kg~5kg。 

 ジグは、ケングッド420g赤金が良かったそうです。ジグで7本、エサで5本との事でした。

  ブリ ナイト・ジギング 順調  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090-2076-7112) 8月29日の夜の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 29日の午後7時過ぎに出港し、午前1時までの釣り。 水無し沖とサルワンの水深約40m~45mで。
 ブリは全体で 23本、大きさは、3kg~7.5kg
、4~5kg台が大半。 
釣れたジグは、ジョーカー420g赤金、ドラッカーハイブリッドタイプV(5)420g赤金など。 また、自作手作りジグで釣った人がいたそうです。

  真イカ 好釣果!   幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090-3116-6970) 8月29日の夜の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 29日の午後7時に出港し、午前2時までの釣り。 幌武意沖の水深約85m~110mで。
 真イカは1人あたり100パイ~200パイ、大きさは、15ハイ入り~30パイ入り。 20パイ入りサイズのイカが多かったそうです。
 棚は、40m前後。 長ヘラ針仕掛けと、さかな針18cmの仕掛けが優勢。 

               **********

  ブリ ナイト・ジギング 好釣果  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090-6999-1132)8月28日の夜の釣果(30日記述): 乗船したお客様から29日に伺いました。 28日の午後6時に出港し、午前0時までの釣り。 神威岬沖の水深36m~40mで。
 ブリは全体で 42本、大きさは、7.5kg1本、7kg1本、6kg1本、あとは4kg~5kg台
。 
ほとんどが、ドラッカーハイブリッドタイプV(5)420g赤金と金魚で釣れたそうです。 

  ブリ デイジギング  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090-8899-1693)8月29日の釣果(30日記述): 29日に船長から伺いました。 29日の午前6時半に幌武意漁港から出港して、午後1時までの釣り。 幌武意沖周辺~無線塔沖周辺の水深浅めから深めまで。  ブリの釣果は全体で、15本。 大きさは 3kg~7kg ジグは150g~200gのいろいろなタイプ。 

  ヒラメ 順調  古平港 宝勝丸 (本間船長090-6263-3019)8月29日の釣果(30日記述): 船長から29日に伺いました。 29日の午前5時に出港し、正午までの釣り。 古平沖の水深20m前後で。
 ヒラメは1人あたりで 1枚~7枚、大きさは、40cm~53cm

 バケは、500g~600gで様々。 タコキャップは、ピンク色系、その他いろいろ。

     投 げ 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

 

     防波堤・港内の釣り  ・このページのトップへ戻る

◆ 小サバ、チカ   余市港  9月4日の釣果(4日記述): 4日の午前8時半頃に、余市港で見てきました。 釣り始めてそれほど時間は経っていないお二人でした   南防波堤のガードレールの並びで釣っていた方は、小サバを 約10匹、大きさは 15cm~21cmでした。 スピードオキアミサビキ3号針にオキアミを付けて釣っていました。   製氷工場の先の堤防の沖に向かって左角で釣ってい方は、小サバ約20匹、大きさは、12cm~18cmでした。 こちらの方も、スピードオキアミサビキ3号針にオキアミを付けて釣っていました。 15cm~16cmのチカが5匹ほど混じって釣れていました。

◆ 小サバ、チカ   余市港  9月3日の釣果(3日記述): 3日の午後3時頃港まで行って見てきました。 南防波堤のガードレールがある場所の並びで、6人が釣り継続中でした。 小サバを1人あたりで 約20匹~40匹、大きさは12cm~20cm(16cm~17cmがほとんどでした)。 スピードエサ付けサビキの、3.5号針か4号針に、オキアミを付けて釣っていました。一番数を釣っていた方は午後1時半頃に釣り開始したとのこと。   港へ見に行っている間に来店された地元のお客様が、ガードレールの横から少し離れた場所で釣ってきたそうで、正午過ぎから午後2時半過ぎまでに、1人で 小サバ約40匹と、チカ約20匹、釣ったそうです。チカの大きさは、約13cm~14cm だったそうです。

◆ 小サバ、チカ   余市港  9月2日の釣果(2日記述): 釣ってきましたとおっしゃるお客様方から伺いました。 2日は好天の日曜日でしたので、多くの皆様が港内で小サバとチカを釣っていました。 当店も忙しかったので、ゆっくりとお話を伺うことはできませんでしたが、ベテランの旦那様がチカを50匹超釣りましたとか、いつも小サバを釣っている地元のお父さんも、1人で40匹超だったというお話を伺いました。

◆ 小サバ   余市港  9月1日の釣果(1日記述): 釣ってきましたとおっしゃる地元のお客様から伺いました。 漁業協同組合市場前よりも製氷工場側に寄ったところで、正午前から午後2時過ぎまで釣ってきたそうです。 釣果は小サバを1人で 約60匹、大きさは、12cm~14cm。1匹だけ20cmが釣れた。 スピードサビキ3号針仕掛けに、オキアミを付けて。

     ルアーフィッシング  ・このページのトップへ戻る

◆ サケ 10匹前後か  古平町 2018年 9月4日の釣果(4日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 夜明け前から午前7時半頃まで釣ってきた方達でしたが、 河口のプール状の場所の駐車場側から釣っていた人達が、ウキルアーで、あわせて10匹前後が釣れたと思います、とのお話でした。

◆ サケ 30匹以上か  古平町 2018年 9月3日の釣果(3日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 夜明け前から午前9時半頃まで釣ってきた方達から伺いました。 河口のプール状の場所で、30匹以上が釣れたと思います、とのお話でした。 大きさは、約50cm~70cm。 ほとんどが、ウキルアーでの釣果だったそうです。

◆ サケ 5匹か  古平町 2018年 9月2日の釣果(2日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 外海側は波が高く釣れなかったそうですが、河口のプール状の中で、午前5時頃からポツリポツリと釣れて、午前9時過ぎまでで、おそらく 5匹が釣れたと思います、とのお話をいただきました。ウキルアーでの釣果だったそうです。 また、夕方狙いで釣りに行ったお客様方が、夕方は釣れませんでしたと、帰りに(午後6時半を過ぎてから)寄ってくださいました。 今までのところは数的に少なめですが、必ず大きい群れで接岸してくるわけですから、楽しみに待ちましょう。

◆ サケ 少しずつ釣れてます  古平町 2018年 9月1日の釣果(1日記述) 釣りの帰りのお客様や、釣ってきた方から伺いました。 午前3時に1匹目が釣れてから、ポツリポツリと釣れたそうです。 午前8時半ごろまでの釣果ですが、5匹が釣れたそうです。ウキ釣りで 2匹、ウキルアーで 3匹。 大きさは 55cm~65cmぐらいとのことでした。

◆ サケ 毎日 少しずつ釣れてます  古平町 2018年 8月31日の釣果(31日記述) 帰りのお客様方や、見てきた方達から伺いました。 微妙に釣果の数に差がありました。 早朝にプール内で1匹ウキ釣りで釣った方は、ほかには釣れてなかったと思います、とのお話でしたが、美国にお住まいのお客様は、外海でウキルアーで2匹か3匹が釣れたと聞いてきました、とのお話でした。 合わせますと3匹か4匹ですので、あまり数は釣れなかった日のようです。

◆ サケ 毎日 少しずつ釣れてます  古平町 2018年 8月30日の釣果(30日記述) お一人でウキ釣りで2匹を釣ってきた帰りのお客様から伺いました。 午前5時過ぎに、外海側で ウキルアーで2匹が釣れて、プール内ではウキ釣りで6匹が釣れたそうです。

フライフイッシング  ・このページのトップへ戻る
 
     ウ キ 釣 り  ・このページのトップへ戻る

◆ サケ 少しずつ釣れてます  古平町 2018年 9月1日の釣果(1日記述) 釣りの帰りのお客様や、釣ってきた方から伺いました。 午前3時に1匹目が釣れてから、ポツリポツリと釣れたそうです。 午前8時半ごろまでの釣果ですが、5匹が釣れたそうです。ウキ釣りで 2匹、ウキルアーで 3匹。 大きさは 55cm~65cmぐらいとのことでした。

◆ サケ 毎日 少しずつ釣れてます  古平町 2018年 8月30日の釣果(30日記述) お一人でウキ釣りで2匹を釣ってきた帰りのお客様から伺いました。 午前5時過ぎに、外海側で ウキルアーで2匹が釣れて、プール内ではウキ釣りで6匹が釣れたそうです。

     渓流の餌釣り情報  ・このページのトップへ戻る

 

     その他の釣り情報  ・このページのトップへ戻る