余市郡漁業協同組合市場の水揚げ

2021年12月25日の朝の、余市漁組市場の水揚げです

真ダラ 60〜90cmが 約280本、アンコウ 55〜80cmが 40匹、
カスべ 55〜80cmが 30匹、アサバ 26〜35cmが 約80枚 、
助 宗 37〜48cmが 約300匹、ヒラメ 37〜50cmが 50枚、
宗 八 24〜30cmが 約100枚、ニシン 25〜28cmが 20匹、
サ バ 20〜27cmが 20匹、石ガレイ 25〜45cmが 20枚、
黒ガシラ 25〜35cmが 約70枚、カジカ 35〜45cmが 20匹。

12月25日は、午前11時を過ぎてから少しずつ天気が崩れて
きました。雪と強風が断続的に強くなり、吹雪いてきました。
予報では、25日の夜から26日の朝にかけて、雪も多く降り、
荒れた天気になるとのことでした。
最近、北海道の冬らしい厳しさになってきました。
余市港の南防波堤の高台の上で、投げ釣りをしている方が、
お昼過ぎにアブラコの40cm弱を1匹釣りましたと、教えてく
ださいました。高台の上では他に2人が投げ釣りをしていた
とのお話でした。

次の記事

26日は大荒れでした