船釣り   投げ釣り  防波堤・港内の釣り  ルアーフィッシング
フライフィッシング ウキ釣り 渓流の餌釣り その他の釣り
    余市市場水揚げ概況  ・このページのトップへ戻る

3月29日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 赤ガレイ25〜40cm20,000枚以上、桜鱒2.9kg1匹、

 真ガレイ23〜35cm4,000枚、ヒラメ38〜55cm20枚、

 黒ガシラ25〜40cm1,000枚、カスベ70〜80cm50匹、

 砂ガレイ22〜30cm1,100枚、カジカ35〜45cm80匹、

 助宗38〜50cm1,200匹、宗八24〜32cm600枚、

 真ダラ50cm〜1.1m40本、鮟鱇50〜90cm140匹、

 ナメタ26〜33cm220枚。

3月28日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 赤ガレイ25〜40cm12,000枚、ガヤ24〜28cm70匹、

 真ガレイ23〜37cm4,000枚、ヒラメ38〜50cm20枚、

 黒ガシラ25〜45cm1,400枚、宗八25〜30cm120枚、

 砂ガレイ23〜30cm800枚、シマゾイ30〜40cm50匹、

 黒ゾイ25〜35cm50匹、アンコウ50〜80cm60匹。

3月27日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 黒ガシラ25〜50cm2,000枚、黒ゾイ30〜40cm5匹、

 赤ガレイ20〜45cm20,000枚、桜鱒1.5kg1匹、

 真ガレイ20〜40cm6,000枚、ヒラメ40cm前後30枚、

 鮟鱇35〜50cm100匹、砂ガレイ18〜30cm1,500枚、

 アサバ24〜30cm70枚、ナメタ20〜30cm200枚、

 助宗36〜50cm650匹、宗八20〜30cm300枚、

 カスベ50〜60cm25匹、カジカ35〜40cm50匹、

 真ダラ50cm〜1m40本、ハタハタ16〜21cm6匹、

 ホッケ30cm前後15匹、ズワイ10〜15cm80パイ。

3月26日は日曜日で、余市漁組市場はお休みでした。

3月25日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 赤ガレイ25〜40cm12,000枚、鮟鱇55〜70cm10匹、

 カジカ35〜45cm250匹、真ダラ55〜80cm70本、

 助宗37〜50cm300匹、ナメタ27〜35cm180枚、

 ホッケ25〜30cm40匹、アサバ26〜35cm100枚、

 カスベ60〜80cm25匹、黒ガシラ24〜35cm20枚、

 真ガレイ24〜30cm80枚、砂ガレイ22〜27cm30枚。

3月24日の朝は久しぶりに結構な積雪がありました。除雪作業に時間が掛かりまして、余市漁組市場の競りの時間までに見に行くことが出来ませんでした。

3月22日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真ダラ50cm〜1m50本、砂ガレイ18〜27cm200枚、

 赤ガレイ20〜40cm3,000枚超、鮟鱇40〜50cm10匹、

 黒ガシラ24〜40cm1,500枚、助宗35〜50cm200匹、

 真ガレイ20〜35cm1,500枚、真ゾイ25〜35cm40匹、

 シマゾイ30〜35cm25匹、アブラコ30〜40cm7匹。

船 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る
岩内港・その他 川白・神恵内 余別・日司
古平・美国・幌武意 余市町 小樽市など

 ヤナギノマイ好釣果!、オオバ  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月29日の釣果(29日記述): 船長から伺いました。 29日の午前6時に出港し、正午までの釣り。 神威岬沖の水深約120mで。  ヤナギノマイは1人あたりで 30匹〜60匹、大きさは、30cm前後 オオバは1人あたりで 10匹〜20匹、大きさは、20cm〜25cm 白フラッャー付き毛針を使ったいろいろな胴突仕掛で、エサは、イカ、赤イカ。

 ヤナギノマイホッケ大真ガレイも  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169)月29日の釣果(29日記述): 船長から伺いました。 29日の午前6時過ぎに出港し、午後1時までの釣り。 幌武意沖の水深約40mと、約160mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 15匹〜30匹、大きさは、28cm〜36cm  ホッケは1人あたり 30匹〜70匹、大きさは 約35cm〜40cm 真ガレイは1人あたりで 6枚〜20枚、大きさは、20cm〜45cm。  ヤナギノマイの仕掛は、白フラッシャーが付いた毛針を使った色々なタイプの胴突仕掛。エサは、赤イカ。 真ガレイ仕掛は、片天秤タイプのものが良かったそうです。エサは、イソメ。

               **********

 黒ガシラ、真ガレイ   美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2726)月28日の釣果(28日記述): 船長から伺いました。 28日の午前6時に出港し、午後1時までの釣り。 婦美沖の水深約40mで。 黒ガシラを1人あたりで 10枚〜 大きさは、25cm〜4cm 真ガレイを1人あたりで 枚〜3 大きさは、20cm〜25cm超 仕掛は、片天秤タイプ。 エサは、イソメ。 

 ホッケ好釣果ヤナギノマイ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月28日の釣果(28日記述): 船長から伺いました。 28日の午前5時半に出港し、午後12時半までの釣り。 古平沖の水深約150mで。 ホッケは1人あたりで 40匹〜80匹大きさは、30cm〜35cm ヤナギノマイは全体で 約30匹、大きさは、20cm5cm  白フラッャーやピンクフラッシャー付き毛針を使ったいろいろな胴突仕掛で、エサは、赤イカ。

               **********

 ヤナギノマイ好釣果!、ホッケ  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 27日の午前6時に出港し、正午までの釣り。 神威岬沖の水深約120mで。  ヤナギノマイは1人あたりで 40匹〜60匹、大きさは、30cm〜35cm ホッケは1人あたりで 2匹〜3匹、大きさは、30cm〜35cm 白フラッャー付き毛針を使ったいろいろな胴突仕掛で、エサは、イカ、赤イカ。

 ヤナギノマイ好釣果!、ホッケ  余別漁港 広栄丸 (広和船長0135−46−5174)月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 27日の午前6時に出港し、正午までの釣り。 神威岬沖〜サルワンの水深約100m〜150mで。  ヤナギノマイは1人あたりで 30匹〜60匹、大きさは、30cm〜35cm ホッケは全体で 数匹、大きさは、30cm〜35cm 白フラッャー付き毛針を使ったいろいろな胴突仕掛で、エサは、サンマ、赤イカ。

 船長単独でホッケ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)月27日の釣果(27日記述) 船長から伺いました。 27日の午前6時半船長が1人で出港し、午前11時までの釣り。 幌武意沖の水深約60mで。 ホッケを船長1人で 約60匹、 大きさは、30cm〜40cm。 ピンクフラッシャーが付いた針で自作した胴突仕掛。 エサは無し。

 ヤナギノマイ、黒ゾイ、ホッケ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169)月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 27日の午前8時前に出港し、午後1時半までの釣り。 幌武意沖の水深約110mと、サルワン〜余別前浜沖の水深約110m〜125mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 20匹〜4匹、大きさは、cm〜36cm  黒ゾイは1人あたりで 10匹〜2、大きさは、30cm〜50cm。  ホッケは1人あたり 3匹〜4匹、大きさは 約30cm〜40cm 白フラッシャーが付いた毛針を使った色々なタイプの胴突仕掛。エサは、赤イカ。 魚探に出た反応ではヤナギノマイの数は多かったそうですが、釣れてくる数はイマイチだったそうです。 移動してもオットセイが船からつかず離れずで付いてきていたせいもあると、おっしゃってました。 ヤナギノマイを一番釣った(45匹)かたは、一人だけ点滅LED集魚ライトを付けていたそうです。

               **********

 ヤナギノマイ好釣果!、ホッケ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 26日の午前5時半に出港し、正午までの釣り。 神威岬沖の水深約130m〜140mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 50匹〜70匹、大きさは、25cm〜3cm。  ホッケは1人あたり 3匹〜6匹、大きさは 約30cm〜40cm白フラッシャーやピンクフラッシャーが付いた針を使った様々な胴突仕掛。 エサは、イカ、赤イカ。

 ヤナギノマイ、ホッケ、黒ゾイ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169)月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 26日の午前6時に出港し、午後12時15分までの釣り。 幌武意沖と積丹岬無線塔沖の水深約100m〜145mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 匹〜40匹、大きさは、27cm〜38cm  黒ゾイは1人あたりで 10匹〜20匹、大きさは、30cm〜4cm。  ホッケは1人あたり 10匹〜35匹、大きさは 約30cm〜45cm 白フラッシャーが付いた毛針を使った様々なタイプの胴突仕掛。エサは、赤イカ、サンマ。

 真ガレイ 良型も  古平港 宝勝丸(本間船長090−6263−3019)月26日の釣果(26日記述): 来店されたお客様からと、船長から伺いました。 26日の午前5時半に出港し、午後1時半までの釣り。 板切石沖の水深約40mで。 真ガレイを1人あたりで 10枚〜3 大きさは、18cm〜4cm超 仕掛は、片天秤タイプ。 エサは、イソメ。

               **********

 ホッケ 好釣果!   美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2726)月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 25日の午前6時前に出港し、午後1時半までの釣り。 幌武意沖の水深約125m〜140mで。 ホッケを1人あたりで 50匹〜80匹、大きさは、30cm〜45cm。  胴突仕掛はいろいろな物を使っていたそうです。 エサは赤イカ、オオナゴ。 

 ホッケ、ガヤ、真ゾイ  古平港 宝進丸 (依田船長0135−42−3578)月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 25日の午前6時に出港し、午後1時までの釣り。 古平沖の水深約70m〜110mで。 ホッケを1人あたりで 40匹〜50匹、大きさは、30cm〜45cm。 ガヤは1人あたりで 20匹前後、大きさは、20cm〜30cm。 真ゾイは1人あたりで 5匹〜、大きさは、30cm〜4cm。  白フラッシャー針を使った様々な胴突仕掛で、エサは赤イカ、サンマ。 

 真ガレイ 良型も  古平港 宝勝丸(本間船長090−6263−3019)月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 25日の午前6時に出港し、午後12時半までの釣り。 婦美沖の水深約40mで。 真ガレイを1人あたりで 20枚〜3 大きさは、cm〜4cm 仕掛は、片天秤タイプ。 エサは、イソメ。 身の厚い40cm級がきょうも釣れたそうです。

               **********

◆ 3月24日(金曜日)。 時化気味の日でしたので出港した遊漁船は非常に少なかったです。 船長さんと連絡が取れず、情報を伺うことができませんでした。

◆ 3月22日(水曜日)。 朝から西風が強く、沖は波が高かったです。 遊漁船は全船出港できませんでした。

◆ 3月21日(火曜日)。 時化ではありませんでしたが、出港した遊漁船はほとんど無かったと伺いました。

 ヤナギノマイ、真ダラ  川白漁港 千漁丸 (高田船長090−1643−4439)月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前6時前に出港し、午前11時半までの釣り。 川白沖の水深約120m〜150mで。 ヤナギノマイは1人あたり 20匹〜30匹、大きさは20cm〜28cm。  真ダラは全体で 約30本、大きさは 50cm〜80cm。 白フラッシャー付き毛針がベースの色々な胴突仕掛で。 エサは、サンマ、イカ、赤イカ。

 ヤナギノマイ数釣り!、オオバも  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前6時に出港し、午前11時までの釣り。 サルワンの水深約120mで。  ヤナギノマイは1人あたりで 70匹〜105匹、大きさは、25cm〜35cm オオバは1人あたりで 20匹〜30匹、大きさは、20cm〜25cm 白フラッャー付き毛針を使ったいろいろな胴突仕掛で、エサは、イカ、赤イカ。

 ホッケ、ソイ、サクラマス  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前5時40分に出港し、正午までの釣り。 水無し沖の水深約60mホッケとソイ釣りをして、そのあと積丹岬無線沖の約40m〜50mでサクラマス狙い。 ホッケは1人あたり 10匹〜15匹、大きさは 約30cm〜40cm 真ゾイと黒ゾイを合わせて1人あたり 2匹〜6匹(真ゾイ黒ゾイほぼ半々の割合)、大きさは 約28cm〜40cm サクラマスは全体で 、大きさは 900g。  バケは500gで、ブルー系の色のものなど。 棚は、約35m。 

 黒ゾイ   美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2726)月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前6時前に出港し、正午過ぎまでの釣り。 幌武意沖の水深約120m〜130mで。 黒ゾイは1人あたりで 20匹〜43匹、大きさは、25cm〜40cm。  胴突仕掛はいろいろな物を使っていたそうです。 エサは赤イカ、オオナゴ。 途中でトドが姿を見せた頃から食いが悪くなったそうです。

 真ガレイ 良型も  古平港 宝勝丸(本間船長090−6263−3019)月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前5時半に出港し、午後12時半までの釣り。 板切石沖の水深約40mで。 真ガレイを1人あたりで 20枚〜3 大きさは、cm〜4cm 仕掛は、片天秤タイプ。 エサは、イソメ。 身の厚い40cm級が混じったそうです。

               **********

 サクラマス  川白漁港 吉栄丸 (板谷船長0135−77−6166)月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様から釣りの帰りに伺いました。 19日の午前6時に出港し、午前11時半までの釣り。 川白沖の水深約60mで。  サクラマスは全体で 3匹 大きさは、2kgが1匹、1kgが。 3匹とも、サバイバー250gのモスグリーンオオナゴで釣れたそうです。  棚は、カウンターで20mと35mとの事でした。

 サクラマス、ホッケ、真ダラ、真ゾイ  川白漁港 千漁丸 (高田船長090−1643−4439)月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様から釣りの帰りに伺いました。 19日の午前6時に出港し、午前11時半までの釣り。 川白沖の水深約60mで。  サクラマスは全体で 3匹 大きさは、3匹ともに1kg前後。 ホッケは1人あたり 10匹前後、大きさは30cm〜35cm。  真ダラは1人あたり 5本〜6本、大きさは約40cm〜60cm。  真ゾイは1人あたり 2匹〜3匹、大きさは30cm前後。 シャクリを使った方が1人いてサクラマスを1匹釣ったそうです。 あとはバケの600gで、レーザーバケ、メキシコ貝貼りなど。仕掛の緑毛針に付けたタコベイトの色は、赤色と緑色。 サクラマスの棚は、カウンターで35mだったそうです。

 ヤナギノマイ好釣果!、オオバ  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 19日の午前6時に出港し、正午までの釣り。 サルワンの水深約120mで。  ヤナギノマイは1人あたりで 40匹〜70匹、大きさは、25cm40cm オオバは1人あたりで 20匹前後大きさは、20cm30cm 白フラッャー付き毛針を使ったいろいろな胴突仕掛で、エサは、イカ、赤イカ。

 サクラマス  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)月19日の釣果(19日記述) 船長から伺いました。 19日の午前6時に出港し、正午までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約45mで。 サクラマスは全体で 、 大きさは、1.2kg〜1.4kg。 鹿角などのシャクリを使った方が2名、500gのミラーバケやアワビ貝貼りバケを使った方が2名(ピンクタコ付きの針と、タコ無しの毛針で釣れたそうです)、皆さんが1匹ずつ釣ったそうです。 棚は、30m〜底。

 サクラマス、ホッケ、真ガレイ   幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169)月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 19日の午前6時過ぎに出港し、午前11時半までの釣り。 幌武意沖の水深約38m〜43mで。  サクラマスは全体で 1匹、大きさは、1.5kg。 ホッケは1人あたり 4匹〜7匹、大きさは 約30cm〜40cm 真ガレイは1人あたり 10枚〜30枚、大きさは 25cm〜40cm。 サクラマスは、サバイバー250gのグリーンゴールドで釣れたそうです。 真ガレイの仕掛は片天秤タイプ。エサは、イソメ。

 真ガレイ、黒ガシラ  古平港 宝勝丸(本間船長090−6263−3019)月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 19日の午前5時半に出港し、午後12時半までの釣り。 婦美沖の水深約37m〜40mで。 真ガレイを1人あたりで 20枚〜30枚 大きさは、cm〜4cm 黒ガシラは全体で 約20枚、大きさは 30cm〜49cm 仕掛は、片天秤タイプ。 エサは、イソメ。

               **********

 ホッケ、真ガレイ、黒ガシラ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169)月18日の釣果(18日記述): 乗船したお客様と、船長から伺いました。 18日の午前6時過ぎに出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深約40mで。  ホッケは1人あたりで 5匹〜15匹、大きさは、30cm〜40cm。 真ガレイは1人あたり 10枚〜25枚、大きさは 20cm〜40cm(30cm前後が大半) 黒ガシラは1人あたり 1枚〜2枚、大きさは 25cm〜45cm 片天秤タイプの仕掛で、エサはイソメ。

 真ガレイ、黒ガシラ  古平港 宝勝丸(本間船長090−6263−3019)月18日の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 18日の午前5時半に出港し、午後12時半までの釣り。 婦美沖の水深約40mで。 真ガレイを1人あたりで 20枚〜50枚 大きさは、20cm〜45cm(30cm前後が大半)黒ガシラは全体で 約20枚、大きさは 30cm〜50cm   仕掛は片天秤系。 エサは、イソメ。

               **********

◆ 3月17日。時化模様でしたので、お客様を乗せて出港した遊漁船は、ほとんど無かったと思います。 真ガレイを狙って浅場に出港した船長さんが、時化模様のため食いが悪かったとおっしゃってました。18日には出港予定の船が多かったです。

 サクラマス 3.2kg、ホッケ   幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169)月16日の釣果(16日記述): 乗船したお客様と、船長から伺いました。 16日の午前7時に出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深約33m〜52mで。  サクラマスは全体で 1匹、大きさは、3.2kg。 ホッケは1人あたり 15匹〜20匹、大きさは 約30cm〜45cm  風が強く、時化模様の中での釣り。 サバイバー250gのグリーンゴールドを使っていた方が、3.2kgを釣ったそうです。その時の棚は、25mだったと伺いました。 ホッケはいろいろな胴突仕掛を使って釣ったそうです。エサは赤イカ。

               **********

 真ダラ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)10月19日の釣果(20日記述): 船長から19日に伺いました。 19日の午前7時に出港し、午後1時前に沖上がり。 カムチャッカ根の水深約150m〜160mで。 真ダラは1人あたりで 6本〜16本、 大きさは 1m5cmが1本、あとは60cm〜80cm。70cm以上がほとんど。 タラシャクリは250号で、ステンレスも銅パイプも。 針に付けたヤリイカベイトは、ピンク色。 カムイ1,000gの赤金でも数釣り。 上の写真は、釣りの帰りに寄ってくださったお客様が見せてくださいました、この日最大の1m5cmの真ダラです。 15kgは超えていそうなメタボな雄の真ダラでした(タチが凄いのですが)。計りが振り切って量れませんでした。 お客様も手に持てませんでした。

               **********

 ブリ  デイ・ジギング ヒラメ良型  日司漁港 NANAV (小笠原船長090−8371−6294)8月28日の釣果(28日記述): 乗船したお客様方から伺いました。 午前5時に出港し、午後1時までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約50m〜60mで。 ブリの釣果は1人あたりで 0本〜2本、大きさは 2kg〜3kg。 上の写真は、富良野市の 上原 一正さんが午前11時過ぎに釣った嬉しい外道の良型ヒラメです。当店で午後3時頃計測しましたら、 73.5cm、4.15kg ありました。 イナダはきょうは食いが悪くイマイチの釣果だったそうですが、ヒラメの良型を釣ったので嬉しそうでした。 上原さんは、自作のジグ150gのブルピンゼブラグローで釣ったそうです。 当店ヒラメダービーの第2位に着けてきました。 ヒラメは全体で3枚釣れたそうで、この73.5cmの他は、約57cmと約55cmだったそうです。

               **********

 サクラマス 好釣果!4.2kgも  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)2016年3月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様方からと、船長から伺いました。 午前5時半に出港し、正午までの釣り。 サルワンの水深60m〜70mで。 サクラマスは1人あたり 5匹〜10匹、 大きさは 4.2kgが1匹、3.5kgが1匹、2kg超がほとんど500g〜800gは数匹  バケは 600gで、アワビ貝貼り、レーザー、その他様々。 タコベイトの色はピンク、グリーン、など様々でしたが、タコベイト無しの毛針だけにも食ってきていた。 棚は、30m〜底周辺との事。 シャクリは様々だったそうです。 サバイバーのブルーイワシも結構釣れたと、オススメをいただきました。 上の写真は、4.2kgを釣った 江別市大麻の 黒田 博幸さんです。黒田さんは午前8時30分過ぎに、サルワンの水深60mで、棚がカウンターで35mの辺りで釣れたそうです。 4kg越えの板マスは実に良いものですね〜!うらやまし〜!! (今シーズンは、日を追ってのサイズアップも順調な感じですね。)

               **********

下の写真は↓、アラスカへ遠征したときの写真ではありません、余市です!。 (この魚のせいで、アラスカの雰囲気出ちゃってません?)

 ↑ サクラマス釣り中に、キングサーモン10.5kg!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)3月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様からと、船長から伺いました。 午前6時前に出港し、正午前までの釣り。 余別沖と積丹岬無線塔沖の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 7匹、 大きさは 2.3kgと2kgが各1匹、1.5kgが1匹、500g〜1kgが4匹。 ホッケは1人あたりで 30匹〜50匹、大きさは、30cm〜45cm シャクリは、黒水牛、鹿角が活躍。良型のサクラマスにショックリーダーを切られたり、やりとり中にバケ尻の針が折れたりして、良型をばらしたそうです。 しかしながら、上の写真のなんと、10.5kg の マスノスケ(キングサーモン)が釣れて、船上どころか積丹中の遊漁船の間で騒然となったそうです。釣り人は、札幌市豊平区の 金野 祐 さんです。金野さんのお話しによると、釣れたのは午前11時頃で、積丹岬無線塔沖の水深46m、棚は針までで40mだったそうです。 積丹でマスノスケのこのサイズが釣れたのは25年以上無いと思います。アラスカやカナダへ行かないで良型を釣るなんて、宝くじの1等当選に匹敵する確率ではないでしょうか?!。 このマスノスケが、選んで食らいついたのは、サバイバー250gモスグリーンオオナゴでした。 それにしても金野さん、よくぞ無事に釣り上げましたね!、お見事でした。おめでとうございます。 

 
     投 げ 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

 釣り会成績: カルデラFC 小樽市銀鱗会 左のボタンからご覧下さい。

◆ 真ガレイ40cm超   兜千畳敷、照岸海岸  2月27日の釣果(27日記述): 27日、照岸海岸で釣った方のご友人から伺いました。 先週千畳敷で真ガレイの大物を釣った話を聞いて、27日釣りに行って照岸海岸に入ったそうです。 午前8時を過ぎてから、40cmを超えている真ガレイを1枚釣ったので、もうしばらく釣っていくとの話だったそうです。 数は多く釣れないそうですが、型が良いと喜んでいたそうです。

◆ 砂ガレイ   岩内港  2月12日の釣果(12日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 12日の午前6時半頃から午前8時過ぎまでの短時間、岩内港の旧フェリー埠頭で釣ってきたそうです。風が強く早めに切り上げたそうです。 釣果は、砂ガレイが 3枚、大きさは 20cm〜25cm。 エサは塩イソメ。

     防波堤・港内の釣り  ・このページのトップへ戻る

◆ ニシン   余市河口漁港  2月15日の釣果(17日記述):  釣りの帰りのお客様から伺いました。 15日の朝、余市河口漁港内にニシンの大きな群れが入っていたそうです。 見つけた人達がサビキでたくさん釣ったそうです。 大きさが約25cm〜35cm。 港内が産卵で真っ白、いわゆる群来(くき)、になったそうです。 16日にその話を聞いて釣りに行った人達が、ニシンの群れがほとんど出てしまっていなかったそうです。 サビキで少しだけしか釣れなかったそうです。 17日にも数人の方が一応行ってみると河口漁港に向かいました。

◆ 豆イカ   幌武意漁港  1月9日の釣果(9日記述):  午前0時過ぎに幌武意漁港に着いて、外防波堤でエギで水イカか豆イカを狙ったお客様から伺いました。 エギ単体にはさっぱり反応しなかったそうですが、近くでエサ巻きエギを使っていた方が、3時間ほどで約20パイの豆イカを釣りあげたようでした、とのお話しをいただきました。

     ルアーフィッシング  ・このページのトップへ戻る

 バーサスU80シェルのカラーチャートです↓。この他にもお客様からのご注文で多くのカラーのものを製作しております。 なお一番下の2ケはディーヴァ90シェルのオオナゴカラーと、ブルーイワシです。

 

 下の写真は、アルミタイプのカラーチャートです↓。 カラーのバリエーションはこの他に多数ございます。

               **************

 

◆ サクラマス 釣れました!  余別川河口海岸  3月29日の釣果(29日記述) 上の写真は、29日午前8時過ぎに余別川河口よりも右側の海岸で相継いで釣れたサクラマスです。 当店で正午頃計測しました。 まず、左側は 小樽市稲穂の 上家 和幸さんが午前8時半頃に釣った、尾叉長 50.0cm、1.95kg。 そして右側は 小樽市新光の 木戸 隆行さんが午前8時過ぎに釣った、尾叉長 55.0cm、2.6kgです。 お二人は友人で二人一緒の釣行も多いそうです。 きょうはお二人とも釣れて良かったですね!。 上家さんは当店のダービー参加者です、今シーズン最初のサクラマス登録魚になりました。 木戸さんはダービー未参加でしたが、本日釣りの帰りにエントリー手続きをしていただきました。 お二人とも自己記録の更新目指して次回も頑張ってください。 ヒットルアーは、上家さんはギーガ33gアワビピンク、木戸さんはプレスベイトカムイ95のグリーンバックだったそうです。 サクラマスの跳ねは何度も見たそうです。 (良いシーズンが来たようですね!)

◆ サクラマス間接情報  古平川河口海岸  3月26日の釣果(26日記述) 釣りの帰りに来店されたお客様方から伺いました。 積丹で釣りをしてきた帰りに古平川河口海岸に正午前に寄ったら、河口の右海岸で釣りをしていた方から聞いたそうです。 午前9時頃から午前10時頃までの間に、その人が釣った1匹を含んで全体で5匹のサクラマスが釣れて、その5匹はいずれも40cm前後で小さめでした、とのお話しを聞いてきましたよ、との情報をいただきました。 実は、一週間ほど前から、東積丹側の某3カ所ぐらいでポツポツとサクラマスが釣れた話を伺っておりましたので、この間接情報も、うなづけます。

◆ アメマス 70.5cm  島牧村  3月24日の釣果(24日記述) 左の写真は、24日に島牧村の北国澗で釣れたアメマスです。 釣ったのは小樽市の 若見 昌三さんです。当店で午後1時前に計測しましたら 尾叉長で 70.5cm、3.5kg でした。 若見さんはきょうは精進川河口海岸を皮切りに、次に寿都樽岸海岸で釣り、いずれも釣れず。 そのあと風を避けて釣り易い場所を探して島牧に着いたら、北国澗の先端よりも左側が良い感じだったそうです。 午前10時頃にこの良型が、また自作の36gのジグで、グリーンバックサケ稚魚カラーに食ってきたそうです。 当店ダービーの自己記録の更新になりました。 この魚は今回も水槽で活かして持ってきました。 また近くの海にリリースするそうです。 若見さんは先日、大きくないですがサクラマスを4匹も釣ったそうで、アメもサクラも今シーズン好調ですね!

◆ サクラマス1匹、そのあと1バラシ  積丹町 3月22日の釣果(22日記述) 釣りの帰りに来店されたお客様方から伺いました。 西風が強く、釣りが出来る場所は東積丹側に限られたそうですが、場所は公表しないでとの条件付きで情報をくださいました。 某所で小さいサクラマス約40cmを1匹釣り、そのあと場所を変えてサクラマスを1匹バラシタそうです。 ピンクバックのジグで釣ったそうです。 お二人での釣行でしたが、同じ方が釣ってそのあとのバラシだったそうで。 もうひとかたが笑いながら『自分は、アタリもなんにもなかったんですから!。』と、いじけてみせて、まわりの笑いはゲットしていました。 (積丹半島も例年、4月に入りますと釣果はさらに上向きますよ。)

◆ サクラマス、アメマス 島牧村 3月20日の釣果(20日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 19日と20日に、島牧村の数か所で釣ってきた方達から、釣果を伺いましたが、釣果は残念ながらイマイチでした。 小さなサクラマスが数匹と、やはり小さめアメマスが何匹か釣れただけだった、とのお話しでした。 これから少しずつ上向いて4月には良型が釣れてくれると思います。 サクラマスの本番はこれからです!

◆ サクラマス狙い  島牧村  3月17日の釣果(17日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 早朝から18番で釣ってみたそうですが釣れませんでした、とのお話しをいただきました。 平日のうえに時化模様だったこともあり、釣り人はほとんどいなかったそうです。 帰りに精進川河口も少し探って見たそうですが、ゴミが多く掛かってきてメゲたそうです。

◆ アメマス  神恵内村  3月16日の釣果(16日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 古宇川の河口で、午前9時前に、アメマス約45cmを1匹釣ったと伺いました。 東積丹側から積丹先端部周辺は結構な時化だったそうです。 神恵内周辺も次第に荒れ模様になってきて引き上げてきたそうです。

◆ サクラマス 1人で4匹  島牧村  3月12日の釣果(12日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 この情報をくださったご本人は釣れなかったそうですが、同行したご友人が1人で4匹のサクラマスを釣ったそうです。 まず、赤灯前で午前6時前後に2匹、場所を移動して午前9時半過ぎ頃に大平の河口の左奥の磯で2匹。 大平の磯で釣った2匹の内の1匹は約53cmだったそうですが、ほかの3匹は40cm超だったとのことでした。釣れたルアーは、釣ったご本人が手作りしたジグで、35gのグリーンバック+パーマークのカラーとの事でした。大平の磯では、近くにいた人が、やはり40cm超のサクラマスを釣ったのを見たそうです。

◆ サクラマス  積丹町  3月12日の釣果(12日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 積丹川河口で、午前5時半頃に、 45cmのサクラマス1匹 釣ったそうです。 使ったルアーは、だいぶ前に買ったジグミノーの、サクラスナイパー30gピンクバックだったそうです。

◆ アメマス  余市町  3月11日の釣果(11日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 余市町の栄町に河口がある 登川の河口で、そろそろサクラマスが来ていないかと、探ってきた方が、サクラマスは釣れませんでしたが、アメマスの約45cmが1匹釣れましたと、教えてくださいました。

◆ サクラマス 2.4kg  島牧村  3月7日の釣果(7日記述) 午後2時45分頃に来店されたお客様が、サクラマスを計ってくださいと持参。 早速計りましたら、尾叉長57cmで、2.4kg ありました。 当店のアメマス・サクラマスダービーに参加しているお客様でしたが、『きょうの魚は大きくないので、登録しないでおきます。』とのお話しでした。体高は結構ありますが、太くない感じの魚でした。 午前7時半頃に釣れて、場所は島牧村の某所との事でした。

◆ 2月26日(日曜日)。 風と波で釣りが出来ない場所が多かったです。 朝釣り場まで行ってみて、竿を出さずに帰ってきた方達も少なくなかったです。 極一部の方が少し粘ったようですが、きょうは釣れたお話しはなかったです。 もうすぐ3月です、良いシーズンに入ってきます、今後の天気と釣果に期待しましょう!。

◆ アメマス 65cm  島牧村  2月25日の釣果(25日記述) 島牧村の千走海岸で釣ってきたお客様から伺いました。 午前10時過ぎ頃に、近くで釣っていた方が、65cmのアメマスを釣ったのを見てきたそうです。 重さはおそらく3kgを超えていたのでは、ともおっしゃってました。 この情報をくださったお客様も、今シーズンに60cm級を2匹釣っている方ですが、この日はご自分は釣れなかったそうです。また来週頑張ります、と帰って行かれました。

◆ アメマス 63.5cm、2.55kg  積丹町 野塚海岸  2月19日の釣果(1日記述) 午前11時過ぎに活かしたアメマスを持参したのは、1月15日に63cm、2.6kgを釣ってきた 松島 清人 さんでした。 1月に釣ったアメマスよりも大きいのか小さいのか微妙な感じだったので持参した、とのこと。 早速計りましたら、尾叉長で63.5cm、重さが2.55kg(3,185ポイント)で、僅かに前回の魚に及びませんでした。 (残念でした、惜しかったね。) 釣った場所は、積丹町野塚の駐車場下から西河方向にしばらく歩いたところで、釣った時間は午前10時頃だったそうです。 結構な時化だったので、釣り人は他に1人だけだったそうです。 ご本人から訂正の連絡が有りました→釣ったルアーは、ショアラインシャイナー17Fのオオナゴカラーだったそうです。  また、別のお客様で早朝から江の島海岸で釣ってきたお客様から伺いましたら、18番と千走漁港寄りのサーフで釣ってきたそうですが、魚は釣れなかったそうです。 海は大荒れだったそうで、釣り人は他に1人だけだったそうです。

◆ 2月12日(日曜日)。せたなから積丹にかけて、おそらく日本海側はほぼ全国的に、港内でしか釣りが出来ないような日でした。 釣り場(サーフや岩場)まで行ってみた人達は少なくありませんでしたが、ほとんど釣りができずに午前中のうちに戻って来た人が多かったようです。 港内にアメマスが入ってないかと探ってみた方達も、風が強くて粘れませんでしたと、早めに帰ってきた人が多かったそうです。

◆ アメマス 自己記録更新   島牧村  2月11日の釣果(11日記述) 左の写真は、一週間前に千走海岸で釣ってきた小樽市新光の 本藤 茂さんが、自己記録の更新になるのでは?と持ってこられたアメマスです。 当店で午後1時前に計測しましたら、尾叉長 58.0cm、体重 2.1kg でした。 釣った時刻は午前6時半頃で、 釣ったルアーは、岡ジグLT−35のグリーンとのことでした。 この魚の他に50cm超を2匹釣ってリリースしてきたそうです。  本藤さんはこの日もアメマスを活かして持ってこられました。 先週の魚もリリースしたとき自力で泳いでいったそうで、この日の魚はもっと元気だから大丈夫だろうと、また余市港でリリースします、とのお話しでした。 本藤さんは先週釣った魚より90ポイントの自己記録更新となりました。   また、別のお客様方から伺いました。赤灯周辺から18番にかけて結構釣り人はいたそうです。 50cm前後のアメマスがポツポツと釣れていたそうです。 午前10時過ぎには風が強くなり波も高くなってきたそうで、釣り人が帰り始めたそうです。

◆ アメマス 59cm、2kg   島牧村  2月4日の釣果(4日記述) 左の写真は、島牧村の千走海岸で釣れた海アメです。 釣り人は小樽市新光の 本藤 茂さんです。当店で午後1時半ごろに計測しましたら、尾叉長 59.0cm、体重 2.0kg でした。 釣ったルアーは、岡ジグLT−35のピンクバックだったそうです。 釣った時刻は午前7時半過ぎとのこと。 周囲に釣り人が結構多い日だったそうですが、釣れた数は3匹ぐらいだったように思います、との事。 本藤さんもこの魚を活かして持ってこられまして、余市港でリリースします、とのお話しでした。 当店ダービーアメマス部門の第5位に着けてきました。自己記録は何度でも更新出来ますので、次回また頑張ってくださいね。

◆ アメマス 63cm、2.6kg  積丹町 野塚海岸  1月15日の釣果(1日記述) 左の写真は、野塚海岸の通称ゼロワンドで午後1時頃に釣れたアメマスです。当店で午後2時過ぎに計測しましたら、尾叉長で63.0cm、2.6kg でした。釣り人は、白石区の松島清人さんです。 この日は島牧村で釣ろうと夜明け前に江の島に着いたそうですが、強風と高波の大荒れだったそうです。釣り人もほとんどいなかったそうです。 すぐに島牧村を諦めて帰り道方向でもある積丹半島を目指したそうです。 積丹に来てみてもほとんどは大荒れの状態だったそうですが、比較的波が低かった野塚海岸のゼロワンドで釣り開始したのが午前9時過ぎ。 午後1時頃に上の写真のアメマスが釣れたので、水槽箱+エアーポンプで活かした状態で、すでに参加手続きをしていた当店のアメマスダービーに登録に来てくれました。 この日使ったのは、ジグのクレセント30gのオオナゴカラーだったそうです。 当店、アメマス・サクラマスダービー アメマス部門の第2位に着けてきました。 急いで計測と写真撮影を終えて水槽箱に戻しました。余市でリリースするそうです。  (また、別のお客様からですが、1月2日に65cmのアメマスを余別河口の右の海岸で釣ってリリースしました、とのお話しを12日に聞きましたので、積丹も少し大きめがいるようですよ。)

               ********** 

◆ 海アメ 5匹と3匹 ↑  島牧村  12月17日の釣果(18日記述) 上の写真は、17日に島牧村の千走海岸で釣れた海アメです。 左は、小樽市の 若見 昌三さんが釣った 61cm、2.7kg。  右は、余市町の 輪島 常夫さんが釣った 57cm、2.1kgです。 当店で17日の午後7時頃に計測しました。 お二人は釣り友達で、17日は朝から夕方まで、二人並んで千走海岸で、おもにジグを使って釣りを楽しんだそうです。 若見さんは5匹、輪島さんは3匹を釣ったと伺いました。 お二人とも当店のアメマス・サクラマスダービーに参加してくださってましたので現時点での、若見さんがトップに、輪島さんが第3位になります。 使ったジグは、お二人ともに、若見さんが手作りしたもので、40gのチャートバックと、28gのイワシカラーとのことでした。 冬から春の海アメ釣り、島牧村は今シーズンも良い出足ですね!。   また、18日は非常に強い風が吹いたために、釣りはかなり厳しかったそうで、早めに撤収してきた方達が多かったです。

                **********

◆ 海アメ第一号!  島牧村  11月14日の釣果(14日記述) 左の写真は、島牧村大平海岸の左の磯場で、午前9時頃に釣れた海アメです。 当店で午後1時頃に計測しましたが、67.0cm、2.35kg ありました。釣り人は、札幌市厚別区の 富樫 恭兵さんです。 ルアーは、カブキメタル35gのベイトフィッシュカラーだったそうです。 当店の第35回アメマスダービーの登録魚第一号です。富樫さんはもう1匹を釣ったそうですが、小さかったのでリリースしたそうです。 また、午前7時頃に、同行したご友人が隣で、61cmを釣り、後から良型を掛けてバラシタそうで、悔しがってました。

 

               **********

◆ サーフで ヒラメ72cm!  せたな町  11月7日の釣果(10日記述) 左の写真は、札幌市東区の 金澤 恭兵さんが、11月7日の午後4時頃に釣った ヒラメ 72cm、4.0kgです。 11月8日の午後4時頃に金澤さんが当店に来店されたので、すぐ計測しました。釣った場所は、利別川河口の左側の砂浜との事。 本命は、海アメ狙いだったそうです。 釣ったルアーは、リザルトSSR95で、カラーは赤金オレンジベリーだったそうです。 当店ヒラメダービーの第3位に着けました。ヒラメダービーは11月23日までですので皆さん頑張ってください。

 

               **********

◆ イワナ良型  長万部町  9月2日の釣果(3日記述) 左の写真は、仁木町にお住まいの 原島 勝成さんが、2日に長万部川の上流部で釣ってきたイワナの画像です。 2日の午前6時半頃入釣して、午前9時頃切り上げたそうです。 イワナばかり結構な数を釣ったそうです。なかでも良型の、40cm超えと、35cmの写真を掲載させていただきました。使ったルアーは、ハンドメイドミノー45F(ウッドモデル)とのこと。 魚は全部リリースしたそうです。 ロッドはテンリュウのレイズ・スペクトラ51LL、リールはカーディナル33Xを使用したそうです。

 

               **********

◆ 古平河口でサケ、今季初もの  古平町  8月31日の釣果(9月1日記述) 左の写真は、大阪府池田市在住の 小笠原さんが、古平川河口のすぐ右海岸で、31日の午後2時頃から午後3時の間に釣ったサケです。2匹釣って、大きい方を持っての記念撮影です。 当店で31日の午後5時半頃に計測しましたら、 71cm、3.95kg と、69.5cm、3.60kgでした。 遠方から通って2シーズン目でのゲットとのことでしたが、今年はドンピシャのタイミングの釣りでしたね。GREAT! アキアジクルセイダー40g+ソーダガツオのウキルアーでの釣果と伺いました。 もうお一人の近くで釣っていた方が、少し早くに第1号を釣って、その後に小笠原さんが第2号第3号を釣ったそうです。 31日、少し遅れての第1号のサケでしたが、釣れて良かったです。今シーズンも始まりましたね!! 皆さん頑張ってください。 サケ釣りは釣り場が混みあいますが、お互いに譲り合いながら良い思い出を作りましょうね!!。

               **********

◆ ワームで良型ヒラメ  岩内港  7月17日の釣果(18日記述) 左の写真は、仁木町の 北川 健司さんが、岩内港内の漁業埠頭先端部で、17日の午後8時頃に釣ったヒラメの良型です。 当店で18日の午前8時前に計測しましたら、 73cm、4.7kgでした。 一ヶ月ほど前からヒラメが小型のソゲばかりで、ヒラメと呼べるサイズが少なかったのですが、ヒラメのエサになる小魚が港内に色々入ってきているせいか、しばらくぶりで良型が釣れましたね。 ワームは、バルト3.5インチのマイワシカラーで、ジグヘッドはムゲンヘッド21gだったそうです。 北川さんは、この良型を釣る前に、リリースサイズを2枚と、50cmを1枚釣っていたそうですが、午後8時頃に73cmを釣ったので、まもなく切り上げたそうです。 2016年の当店ヒラメダービーの登魚第一号です。 当店のヒラメダービーは参加無料です、釣れたらお寄りください。11月23日までです。

 

<下の8枚の画像は、バーサスの作者による、ニュータイプ ハンドメイド・ジグミノーの ”Diva (ディーヴァ)”です。 カラー設定は、バーサス同様非常に豊富です。 ディーヴァの特徴は、究極の好バランスが生み出す、飛行距離とナチュラルな泳ぎです。 想定を超えるような飛びと、リトリーブ・スピードが速くても低速でも、とても綺麗でリアルに泳ぐことです。 構造はバルサ+金属です。 先ずはアルミタイプのみの生産ですが、シェルタイプのご注文もお受けいたします。 33g〜38gのアルミが¥2200、シェルが¥2750。 40g〜45gのアルミが¥2350、シェルが¥2900でございます。 少し残念なのは、下の写真がうまく撮れてないことです。 現物をご覧になれば、その美しさにため息が出るかもしれませんよ!。 作者は、『バーサスを凌ぐほどのサクラマスの釣果を期待し欲しいです。』 と おっしゃってます。>

 
フライフイッシング  ・このページのトップへ戻る

 

◆ ニジマス65cm  尻別川  3月13日の釣果(13日記述): 上の写真は小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、雪代前の尻別川の釣果をいただきましたので、掲載させていただきました。 以下は、石澤さんのコメントをそのまま記述させていただきました。

『小樽の石澤です!
先日はありがとうございました!
今日は天気も良く、気温も上がりそうなので尻別川に行きました。
深瀬のポイント1箇所にしぼり、フライを深く沈め65センチのニジマスが釣れました。
フライは黒のジェネラルプラクティショナーでした!久々の大物で腕が疲れました。 』

 〜『65cmですか! またですか! やりますね!』

 アメマス  余市川  3月11日(11日記述): 釣りの帰りに来店されたお客様から伺いました。 田川橋から100m以上上流の、上流に向かって右岸側で、午前10時頃から釣りを開始したそうです。 午後2時半過ぎに、40cm超のアメマスが1匹釣れたそうです。 フライは#8フックのサケ稚魚。

 アメマス  余市川  3月5日(5日記述): 釣りを終えて、正午ごろに来店された小樽市のお客様から伺いました。 田川橋から100mほど上流の、上流に向かって右岸側で、午前9時頃から釣りを開始したそうです。 午前9時半頃に、約65cmの中肉のアメマスが釣れましたと、携帯画像を見せてくださいました。 フライは#8フックに巻いたゾンカー。カラーは、チャートリュースとの事。ロッドは6番ツーハンド。ラインはシンキングタイプV。リトリーブは、早めだったそうです。 風が強く巻いてきたので、やむを得ず切り上げて来たそうです。

 アメマス  余市川  12月5日(12月6日記述): 釣りの帰りのお客様から5日に伺いました。 余市総合体育館の裏で、早朝からストリーマーで釣ってみたそうですが、アメマスは釣れなかったそうです。 初めて総体裏で釣ってみた方でした。まだ少し早かったようです。

◆ ニジマス  尻別川  10月31日の釣果(31日記述): 上の写真は小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、晩秋の渓流釣り日誌をいただきましたので、掲載させていただきました。 以下の石澤さんのコメントは、そのまま引用させていただきました。石澤さん、いつもありがとうございます。 今シーズンの渓流釣りの締めの釣りで、また良型まじりでよい釣りを堪能できたようですね、よかったですね!。

『本日は、尻別川の支流で、今年最後の渓流に行って来ました。

久々の釣りでした。

ウェットフライで釣り下り、30cm〜40cmのニジマスが釣れました。

画像は本日の最大魚、53cmです。

フライを沈めて、しつこく粘り、ようやくフライに食いつきました。

時折みぞれまじりの雨で、寒い一日でした。 』

 

◆ ニジマス  尻別川  3月14日の釣果(15日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、今シーズン初の釣り日誌を(14日の夜に)いただきましたので、掲載させていただきました。 石澤さんの今シーズンの『初尻別釣行』は、ニューロッドのを携えてでしたが、早速、良型ニジマスで入魂で来たそうです。 相性の良いロッドになってくれればよいです。 以下のコメントは、そのまま引用させていただきました。

いつもお世話になっています! 石澤です!
本日、雪代前の尻別川に行って来ました!
今日の尻別川は濁りもなくいい感じで、#4のブラックマドラーゾンカーを沈めて61センチのニジマスが釣れました。
先日、購入させて頂いたロッドにも入魂出来ました!
それではまた!

     ウ キ 釣 り  ・このページのトップへ戻る

◆ アメマス   島牧村  2月6日の釣果日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 コベチャナイ海岸で移動しながら、午前10時頃から午後2時半頃まで2人で釣ってきたそうです。 釣果は2人で3匹。 大きさは、約40cm〜45cm。 エサは、キビナゴ、中女子(10cm前後のオオナゴ)。 釣果がイマイチの日だったそうです。 ルアーで釣りをしていた人達に聞いたら、『釣れてない日です。』と言っていたとの事でした。 魚は、リリースしたそうです。

◆ ホッケ 泊の兜千畳敷  1月9日の釣果(9日記述) ジグをはじめ色々なルアーを持って、早朝から兜千畳敷の先端付近に入って、サクラマスとホッケを狙ってみたそうですが、サクラマスはこの日は釣れず。 ルアーにはホッケも反応が悪かったそうです。 オキアミをエサにしたウキ釣りと、サビキにマグロを付けて釣っていた方達が、30cm前後の細めのホッケを 10匹前後釣っていたのを見てきたそうです。午前7時頃からポツポツと釣れて、午前8時頃には食いが止まっていたそうです。

◆ アメマス   積丹町  12月12日と13日の釣果15日記述) 釣ってきたお客様から伺いました。 12日に来岸漁港の内防波堤の外側の砂浜で、ジグで1匹、連れの方が小さめのオオナゴ(当店で購入した)をエサにしたウキ釣りで2匹 13日に野塚ジグで1匹。 大きさは40cm前後で、全部リリースをしたそうです。

◆ ホッケ 寿都、岩内、泊  12月13日の釣果(13日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 釣り始めは、寿都の弁慶だったそうですが、強風ですぐに撤収。 帰り道になるので、岩内港のフェリー埠頭に入ったら、一部の繊細なタックルの人がウキ釣りで少し釣っていたそうですが食いが悪い感じで、少しずつしか釣れていなかったそうですが、30cm前後で細くないホッケだったそうです。  さらにその後、兜千畳敷に行ったら、左側は波を被っていたそうですが右側で、サビキで10匹ほど釣っていた人がいたそうです。ここのホッケは細くてやや小さめだったそうです。

     渓流の餌釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆道央地区は、4月1日〜5月31日の間が、やまべ(=ヤマメ、山女魚)の禁漁期間です。 解禁日は6月1日です。

     その他の釣り情報  ・このページのトップへ戻る