船釣り   投げ釣り  防波堤・港内の釣り  ルアーフィッシング
フライフィッシング ウキ釣り 渓流の餌釣り その他の釣り
    余市市場水揚げ概況  ・このページのトップへ戻る

7月31日は日曜日で、余市漁組市場はお休みでした。

7月30日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ブリ9kg2本、8kg5本、7kg23本、以下約800本、

 真イカ20〜25入り60箱、ヒラメ40〜50cm40枚、

 カスベ45〜55cm5匹、鮟鱇40〜55cm15匹、

 ヘラガニ甲羅幅8〜12cm約700パイ。

7月29日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ブリ9kg1本、8kg4本、7kg23本、6kg40本、

 イナダ1〜5kg約500本、真イカ20〜25入り50箱、

 ヒラメ40〜45cm20枚、ヘラガニ約2,200パイ。

7月28日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ヘラガニ甲羅幅8〜12cm約1,400パイ、今朝はこれだけでした。

7月26日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ブリ9kg2本、8kg1本、7kg15本、6kg30本、

 フクラギ・イナダ1〜5kg約1,000本とのこと、

 メジマグロ16kg1本、ヒラメ40〜60cm18枚、

 カスベ50cm3匹、鮟鱇40〜50cm11匹、

 ヘラガニ甲羅幅10〜14cm約2,500パイ。

7月25日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ブリ7kg3本、6kg30本、5kg40本、1〜4kg250本、

 ヒラメ40〜50cm30枚、カスベ50〜65cm5匹、

 鮟鱇40〜55cm25匹、ヘラガニ約2,200パイ。

7月24日は日曜日で、余市漁組市場はお休みでした。

7月23日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真イカ20〜30入り80箱+α(搬出中)、

 ブリ10kg1本、8kg2本、7kg9本、6kg30本、

 5kg40本、イナダ1〜4kg約180匹、

 ヒラメ40〜47cm25枚、カスベ45〜55cm5匹、

 ヘラガニ甲羅幅8〜12cm約2,200パイ。

7月22日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真イカ20〜30入り150箱、カスベ50〜70cm5匹、

 ヒラメ40〜75cm20枚、鮟鱇40〜60cm15匹、

 ブリ9kg5本、8kg6本、7kg19本、6kg30本、

 5kg約50本、1〜4kgが約300匹、

 ヘラガニ甲羅幅8〜12cmが約1,800パイ。

7月20日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真イカ搬出中20入り40箱、25入り30箱、30入り14箱、

 ブリ11kg1本、10kg1本、9kg1本、8kg2本、

 7kg12本、6kg18本、5kg7本、

 イナダ1〜4kg約580本、カスベ40〜50cm10匹、

 ヒラメ40〜65cm37枚、鮟鱇35〜50cm11匹、

 ヘラガニ甲羅幅9〜12cmが約2,500パイ。

船 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る
岩内港・その他 川白・神恵内 余別・日司
古平・美国・幌武意 余市町 小樽市など

 真ダラ好釣果!、ヤナギ、ホッケ  川白漁港 あさひ丸(森船長0135−77−6016)7月31日の釣果(31日記述): 乗船したお客様から釣りの帰りに伺いました。 午前5時に出港し、午前11時に沖上がり。 川白沖の水深約130m〜150mで。 真ダラは1人あたりで 10本〜15本、 大きさは 45cm〜60cm  ヤナギノマイは1人あたりで 15匹〜25匹、 大きさは 25cm〜32cm ホッケは1人あたりで 5匹〜10匹、 大きさは 30cm〜45cm タラシャクリ200号に、いろいろな胴突仕掛で、エサは、オオナゴ、サンマ。

 ブリ ナイトジギング 釣れました!!  余別漁港 龍祥丸 飯田船長090−6999−1132月30日の夜の釣果(31日記述) : 船長から伺いました。 30日の午後7時半に出港し、午前0時半までの釣り。 水無し沖の水深約50m〜60mで。 ブリは全体で、106本 大きさは、7kgが3本、5kg〜6kg約30本、あとは2kg〜4kg。 ジグは、ドラッカーハイブリッド・タイプX420g赤金と金魚カラーと、ドラッカーハイブリッド・タイプU420gの赤金と、金魚カラーで釣れたそうです。

 ブリ ナイトジギング 好釣果!  余別漁港 広栄丸(広和船長0135−46−5174)月30日の夜の釣果(31日記述) : 船長から伺いました。 30日の午後7時半に出港し、午前0時までの釣り。 水無し沖の水深約50mで。 ブリは全体で、50本 大きさは、4kg〜5kg3本、あとは2kg〜3kg。 ジグは、ドラッカーハイブリッド・タイプX420g赤金と、ジョーカー420gの赤金で釣れたそうです。

 ブリ ナイトジギング 好釣果!  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)月30日の夜の釣果(31日記述) : 船長から伺いました。 30日の午後6時半に出港し、午前0時半までの釣り。 水無し沖の水深約47mで。 ブリは全体で、56 大きさは、6kgが1本、5kg〜5.9kgが13本、あとは2kg〜3kg。 ジグは、ドラッカーハイブリッド・タイプX420g赤金、ドラッカーハイブリッド・タイプY420g赤金、ジョーカー420gの赤金とクリアーオレンジで釣れたそうです。

 真ダラ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月31日の釣果(31日記述): 船長から伺いました。 午前6時半に出港し、午前11時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深約150m〜160mで。 真ダラは1人あたりで 8本〜14本、 大きさは 1mが1本、あとは60cm〜80cmですが、70cm前後が大半 タラシャクリ250号(銅パイプ、ステンレスパイプともに)。 シャクリの針に付けたヤリイカベイトの色は、ピンク色。 カムイ1000gの赤金でもかなり釣れたそうです。

 真イカ 好釣果 !  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)月30日の夜の釣果(31日記述) : 船長から伺いました。 30日の午後5時に出港し、午前0時半までの釣り。 幌武意沖の水深約160mで。 真イカを1人あたりで、80パイ〜200パイ。 大きさは、20ハイ入り〜30パイ入り。  棚は、50m→40m前後。 イカ針は、7号きらきらオッパイ針の仕掛で数が釣れて、長ヘラ針(20cm)の仕掛で良型が釣れたそうです。

 ブリ  デイ・ジギング 好釣果!  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月31日の釣果(31日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に幌武意漁港から出港して、正午までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深約50m〜60mで。 釣果は全体で 約35本、大きさは 4kg〜5kgが6本、ほかは2kg〜3kg超。 ジグは150g〜230gで、カラーは色々。 ヒットした深さは、底近く。

 真イカ   美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月30日の夜の釣果(31日記述) : 船長から伺いました。 30日の午後5時40分に出港し、午前1時までの釣り。 幌武意沖の水深約130mから流して、約260mまで。 真イカを1人あたりで、40パイ〜60パイ。 大きさは、20入り〜30入り(20パイ入りサイズが多かった)。  棚は、約50m→40m前後。 イカ針は、7号の、きらきらオッパイ針の仕掛で釣れたそうです。 

 真イカ   古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月30日の夜の釣果(31日記述) : 船長から伺いました。 30日の午後5時に出港し、午前0時までの釣り。 幌武意沖の水深約350mから流した。 真イカを1人あたりで、40パイ〜110パイ。 大きさは、20入り〜30入り(25ハイ入りサイズが多かった)。  棚は、40m前後。 イカ針は、7号のきらきらオッパイ針の仕掛が優勢だったそうです。 

 ヒラメ  好釣果!   小樽港 白龍丸 (本間船長090−3390−5423)31日の釣果31日記述): 船長から伺いました。 午前3時半に出港し、午前時までの釣り。 小樽沖の水深30m前後で。 ヒラメは全体で、21枚、 大きさは 38cm〜50cm。 バケは600gで、イエロー系、アワビ貝貼りバケ。 仕掛のタコキャップの色は、オレンジ色、赤色が優勢。 エサはオオナゴ。   前日の30日には、全体で22枚釣れたそうです。大きさは、38cm〜58cm(40cm〜45cmが大半)

               **********

 ブリ ナイトジギング  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398−2147)月29日の夜の釣果(30日記述) : 船長から伺いました。 29日の午後5時半に出港し、午後11時までの釣り。 水無し沖の水深約45mで。 ブリは全体で、46本 大きさは、2kg〜6kg(4kg〜5kgが大半)。 ジグは、ケングッド(小樽市の佐藤さん作)を使うお客様方だったそうで、400g前後の赤金色で釣っていたそうです。

 真ダラ好調、ヤナギ、ホッケ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)7月30日の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 午前5時前に出港し、午前10時半過ぎに沖上がり。 カムチャッカ根の水深約150mで。 真ダラは1人あたりで 13本〜18本、 大きさは 60cm〜70cm  ヤナギノマイは1人あたりで 5匹〜8匹、 大きさは 25cm〜30cm ホッケは1人あたりで 5匹〜10匹、 大きさは 30cm〜40cm いろいろな胴突仕掛に、エサはイカと赤イカ。

 真ダラ好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月30日の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 午前8時に出港し、午後12時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深約150m〜165mで。 真ダラは1人あたりで 8本〜12本、 大きさは 60cm〜90cmですが、70cm前後が大半 タラシャクリ250号(銅パイプ、ステンレスパイプともに)。 シャクリの針に付けたヤリイカベイトの色は、ピンク色と赤色。 

 真イカ 数釣りも!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)月29日の夜の釣果(30日記述) : 船長から伺いました。 29日の午後6時に出港し、午前0時15分までの釣り。 幌武意沖の水深約130m〜150mで。 真イカを1人あたりで、100パイ〜250パイ。 大きさは、20ハイ入りサイズと25ハイ入りサイズで大半を占めた(良型ばかり)。  棚は、40m前後。 イカ針は、7号きらきらオッパイ針の仕掛と、長ヘラ針(20cm)の仕掛で釣れたそうです。

 ブリ  デイ・ジギング 好釣果!  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月30日の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 午前4時に幌武意漁港から出港して、午前11時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深60m前後で。 釣果は全体で 46本、大きさは 4kg〜5kgが3本、ほかは2kg〜3kg超。 ジグは150g〜180gで、カラーは色々。 ヒットした深さは、底近く。               **********

 真イカ 順調!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)月28日の夜の釣果(29日記述) : 船長から伺いました。 28日の午後5時半に出港し、午前0時半までの釣り。 幌武意沖の水深約140m〜150mで。 真イカを1人あたりで、70パイ〜140パイ。 大きさは、20ハイ入りが約2割、25ハイ入り〜30パイ入りが約8割。  棚は、50m→35m。 イカ針は、7号きらきらオッパイ針の仕掛が良く釣れたそうですが、さかな針18cmや長ヘラ針の仕掛はイマイチだったそうです。

 ブリ  デイ・ジギング 好釣果!  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月29日の釣果(29日記述): 船長から伺いました。 午前9時に幌武意漁港から出港して、午後3時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深60m前後で。 釣果は全体で 56本、大きさは 4kg〜5kgが約8本、ほかは2kg〜3kg超。 ジグは150g〜180gで、カラーは色々。 ヒットした深さは、底近く。始めから調子良く釣れたそうですが、潮流れが止まったらブリの食いが悪くなって、バラシが多くなったそうです。竿頭が10本だったそうですが、初挑戦のお客様が3本釣ってくれたので良かったと、おっしゃってました。

               **********

 ブリ ナイトジギング   余別漁港 龍祥丸 飯田船長090−6999−1132月26日の夜の釣果(28日記述) : 船長から27日に伺いました。 26日の午後6時半に出港し、午前0時までの釣り。 サルワンの水深約45mで。 ブリは全体で、50本弱 大きさは、2kg〜4kg。 ジグは、ドラッカーハイブリッド・タイプX420g赤金と、ジョーカーの赤金、この二種類でほとんどが釣れたそうです。

 真イカ 順調!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)月26日の夜の釣果(28日記述) : 船長から伺いました。 26日の午後6時に出港し、午前0時までの釣り。 幌武意沖の水深約140m〜150mで。 真イカを1人あたりで、70パイ〜120パイ。 大きさは、20入り〜30入り。 20パイ入りサイズが約4割、25ハイ入りサイズが約3割、30パイ入りサイズも約3割。  棚は、50m→45m。 イカ針は、長ヘラ針20cmの仕掛と、7号のきらきらオッパイ針の仕掛釣れたそうです。 船長から→30日(土曜日)、31日(日曜日)この両日の沖五目釣りに空きがあるそうです。

               **********

 真イカ 順調!  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月25日の夜の釣果(26日記述) : 船長から伺いました。 25日の午後6時に出港し、午前0時半までの釣り。 神威岬沖の水深約340mから流して、約260mまで。 真イカを1人あたりで、80パイ〜130パイ。 大きさは、20入り〜30入り(20入りと25入りが多かった)。  棚は、40m→30m。 イカ針は、長ヘラ針20cmの仕掛と、さかな針18cmの仕掛と、7号のきらきらオッパイ針の仕掛で釣れていたそうです。 

 真イカ 順調!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)月25日の夜の釣果(26日記述) : 船長から伺いました。 25日の午後6時に出港し、午前1時までの釣り。 幌武意沖の水深約800mで(船があまり流れなかった)。 真イカを1人あたりで、70パイ〜120パイ。 大きさは、20入り〜30入り。  棚は、50m→30m→15m。 イカ針は、長ヘラ針20cmの仕掛を使った人に20パイ入りの大きめのイカが釣れて、7号のきらきらオッパイ針の人に25入り〜30入りの中型のイカが釣れたそうです。数を釣った方は、7号きらきらオッパイ針の仕掛だったそうです。 

 真ダラ好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 午前7時半に出港し、午後1時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深約130m〜165mで。 真ダラは1人あたりで 10本〜25本、 大きさは 94cmが1本、あとは60cm〜80cmですが、70cm前後が大半 タラシャクリ250号(銅パイプ、ステンレスパイプともに)。 シャクリの針に付けたヤリイカベイトの色は、ピンク色が優勢。 カムイ1000gの赤金やピンクホロでも釣れていたそうです。 胴突仕掛だけを使ったお客様は、タラの数は少なめで、型も小さめだったそうです。

 ブリ  デイ・ジギング  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 正午に幌武意漁港から出港して、午後6時前までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深60m前後で。 釣果は全体で 38本、大きさは 6kg超が4本、4kg〜5kg超が13本、2kg〜3kgが21本。 ジグは150g〜180gで、カラーは色々。 ヒットした深さは、底近くが多かったそうです。

                **********

 ブリ  デイ・ジギング  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)7月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港して、正午までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深52m前後で。 釣果は全体で 24本、大きさは 5kg〜6kgが10本、あとは2kg〜4kg弱。 ジグは150g〜200gで、カラーは赤金と、ブルピンで釣れていたそうです。 ヒットゾーン的には、底から中層までの間が多かったそうです。

               **********

 ブリ ナイトジギング 好釣果!  余別漁港 漁福丸(澤船長090−8897−0160)月23日の夜の釣果(24日記述) : 船長から伺いました。 午後6時に出港し、午前0時までの釣り。 神威岬沖の水深46m前後で。 ブリは全体で、60本大きさは、7kg弱が1本、4kg〜5kgが10本、あとは2kg〜3kg。 釣れていたジグは、ドラッカーハイブリッド・タイプX420g赤金と、タイプ[420g赤金、そしてナイトライダーの赤金だったそうです。

 真イカ 順調!  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月23日の夜の釣果(24日記述) : 船長から伺いました。 23日の午後7時に出港し、午前1時までの釣り。 神威岬沖の水深約320mから流して、約140mまで。 真イカを1人あたりで、80パイ〜140パイ。 大きさは、20入り〜30入り。  棚は、45m→35m。 イカ針は、6号と7号のきらきらオッパイ針の仕掛と、長ヘラ針20cmの仕掛と、さかな針18cmの仕掛でで釣れたそうです。 

 真イカ   幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長0135−45−6176)月23日の夜の釣果(24日記述) : 船長から伺いました。 23日の午後6時に出港し、午前0時までの釣り。 幌武意沖の水深約200mから流した。 真イカを1人あたりで、40パイ〜60パイ。 大きさは、20入り〜30入り。  棚は、50m→20m。 イカ針は、長ヘラ針20cmで釣れたそうです。

 真ダラ、ヤナギ 好釣果!  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長0135−45−6176)7月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前4時に出港し、午前10時前に沖上がり。 カムチャッカ根の水深約160mで。 真ダラは1人あたりで 15本〜20本、 大きさは 50cm〜60cm  ヤナギノマイは1人あたりで 20匹〜30匹、 大きさは 25cm〜30cm いろいろな胴突仕掛に、エサはイカと赤イカ。 この日、ホッケが僅かしか釣れなかったそうで、残念がっていました。

 真ダラ   美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)7月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深約150mで。 真ダラは全体で 30本、 大きさは 50cm〜55cm ホッケは全体で 5匹、 大きさは 30cm〜35cm タラシャクリは200号〜250号で、ステンレスパイプと銅パイプ。 シャクリ針に付けたイカベイトやタコベイトは、ピンク色や赤色。 胴突仕掛も様々なタイプを使っていたそうです。

               **********

 真イカ 順調!  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月22日の夜の釣果(23日記述) : 船長から伺いました。 22日の午後6時に出港し、午前0時半までの釣り。 余別沖の水深約270mから流して、約240mまで。 真イカを1人あたりで、50パイ〜100パイ。 大きさは、20入り〜30入り。  棚は、45m→30m。 イカ針は、7号きらきらオッパイ針の仕掛と、長ヘラ針20cmの仕掛と、さかな針18cmの仕掛でで釣れたそうです。 

 真ダラ、ホッケ、ヤナギ 好釣果!  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長0135−45−6176)7月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 午前4時に出港し、午前10時に沖上がり。 カムチャッカ根の水深約150m〜160mで。 真ダラは1人あたりで 10本〜15本、 大きさは 60cm〜65cm ホッケは1人あたりで 70匹〜80匹、 大きさは 30cm〜40cm ヤナギノマイは1人あたりで 20匹〜30匹、 大きさは 25cm〜30cm いろいろな胴突仕掛に、エサはイカと赤イカ。

 ブリ  デイ・ジギング  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に幌武意漁港から出港し、午前11時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深60m前後で。 釣果は全体で 20本、大きさは 4kg〜6kgが6本、あとは1kg〜3kg。 ジグは150g〜200gで、カラーは色々。 ヒットした深さは、きょうも中層のやや上から底近くまで様々。

 真イカ 順調!  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月22日の夜の釣果(23日記述) : 船長から伺いました。 22日の午後6時に出港し、午前0時45分までの釣り。 幌武意沖の水深約160mから流した。 真イカを1人あたりで、50パイ〜150パイ。 大きさは、20入り〜30入り(25ハイ入りサイズが多かった)。  棚は、約60m→50m前後。 イカ針は、6号と7号のきらきらオッパイ針の仕掛で釣れていたそうです。 

 真イカ 順調!  古平港 昇龍丸 (依田船長0135−42−3578)月22日の夜の釣果(23日記述) : 船長から伺いました。 22日の午後6時に出港し、午前0時までの釣り。 美国沖と幌武意沖の間の水深約500mから流して、約600mまで。 真イカを1人あたりで、30パイ〜70パイ。 大きさは、20パイ入り〜30パイ入り(25入りと30入りを合わせると大半を占めた)。  棚は、50m→40m前後。 イカ針は、6号と7号のきらきらオッパイ針の仕掛と、さかな針18cmの仕掛で釣れていたそうです。

               **********

 ブリ  デイ・ジギング  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月22日の釣果(22日記述): 船長から伺いました。  積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深60m前後で。 釣果は全体で 28本、大きさは 6kgが2本、4kg〜5kgが10本、2kg〜3kgが16本。 ジグは150g〜180gで、カラーは色々。 ヒットした深さは、きょうも中層のやや上から底近くまで様々。 

 真イカ 順調!  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月21日の夜の釣果(22日記述) : 船長から伺いました。 21日の午後6時すこし前に出港し、午前1時までの釣り。 幌武意沖の水深約170mから流して、約150mまで。 真イカを1人あたりで、130パイ〜150パイ。 大きさは、20入り〜30入り(25ハイ入りサイズが多かった)。  棚は、約50m→40m前後。 イカ針は、6号と7号のきらきらオッパイ針の仕掛で釣れたそうです。

                **********

◆7月20日記述。 7月19日は満月でもあり、潮流れが激流に近く、夜釣りのブリ、夜のイカ釣りともに釣果は冴えなかったそうです。 潮流れが収まれば、期待できると思います。

                **********

 サクラマス 好釣果!4.2kgも  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)3月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様方からと、船長から伺いました。 午前5時半に出港し、正午までの釣り。 サルワンの水深60m〜70mで。 サクラマスは1人あたり 5匹〜10匹、 大きさは 4.2kgが1匹、3.5kgが1匹、2kg超がほとんど500g〜800gは数匹  バケは 600gで、アワビ貝貼り、レーザー、その他様々。 タコベイトの色はピンク、グリーン、など様々でしたが、タコベイト無しの毛針だけにも食ってきていた。 棚は、30m〜底周辺との事。 シャクリは様々だったそうです。 サバイバーのブルーイワシも結構釣れたと、オススメをいただきました。 上の写真は、4.2kgを釣った 江別市大麻の 黒田 博幸さんです。黒田さんは午前8時30分過ぎに、サルワンの水深60mで、棚がカウンターで35mの辺りで釣れたそうです。 4kg越えの板マスは実に良いものですね〜!うらやまし〜!! (今シーズンは、日を追ってのサイズアップも順調な感じですね。)               **********

下の写真は↓、アラスカへ遠征したときの写真ではありません、余市です!。 (この魚のせいで、アラスカの雰囲気出ちゃってません?)

 ↑ サクラマス釣り中に、キングサーモン10.5kg!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)3月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様からと、船長から伺いました。 午前6時前に出港し、正午前までの釣り。 余別沖と積丹岬無線塔沖の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 7匹、 大きさは 2.3kgと2kgが各1匹、1.5kgが1匹、500g〜1kgが4匹。 ホッケは1人あたりで 30匹〜50匹、大きさは、30cm〜45cm シャクリは、黒水牛、鹿角が活躍。良型のサクラマスにショックリーダーを切られたり、やりとり中にバケ尻の針が折れたりして、良型をばらしたそうです。 しかしながら、上の写真のなんと、10.5kg の マスノスケ(キングサーモン)が釣れて、船上どころか積丹中の遊漁船の間で騒然となったそうです。釣り人は、札幌市豊平区の 金野 祐 さんです。金野さんのお話しによると、釣れたのは午前11時頃で、積丹岬無線塔沖の水深46m、棚は針までで40mだったそうです。 積丹でマスノスケのこのサイズが釣れたのは25年以上無いと思います。アラスカやカナダへ行かないで良型を釣るなんて、宝くじの1等当選に匹敵する確率ではないでしょうか?!。 このマスノスケが、選んで食らいついたのは、サバイバー250gモスグリーンオオナゴでした。 それにしても金野さん、よくぞ無事に釣り上げましたね!、お見事でした。おめでとうございます。 

               **********

 ブリのデイ・ジギング 13kgも↑  美国漁港 仁成丸(佐藤船長090−8899−1693)11月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 午前7時に美国漁港から出港して、午後1時40分までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深約60m〜85mで。 ブリは全体で 36本、大きさは帰港後計測、 13kgが1本、9kg前後が2本、4kg〜6kgが30本、3kg前後が3本。 ジグは、200g前後。上の写真は、この日最大の 13kg、尾叉長86cmを釣った 旭川市東旭川の 山崎 清さんです。『大物です、やりましたね〜!!』 これほどの脂が乗った大物ブリですと、超高級魚になると思われます。 <持ち上げるのが大変なサイズです!!>

               **********

 ブリのデイ・ジギング 12kgオーバーを頭に 20本  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)10月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午前5時半過ぎ、時化気味の中を美国漁港から出港して、午前9時半過ぎまでの釣り。 幌武意沖の水深65m前後で。 ブリは全体で 20本、大きさは帰港後計測して、 血抜き後 12.5kg超が1本、11kgが3本、10kgが1本、あとは6kg〜8kg。 ジグは、180g〜250g。  食ってきたのは底近くから中層まで。 上の写真は、尾叉長85.5cm、血抜き後11.0kgを釣った、仁木町の 堀 隆義さんです。 堀さんは、7kg〜11kgを3本釣りました。使ったジグは、スライドアクター240gアルミシルバーなどとの事でした。 <最近、良型〜大物が連日釣れていますね! 数年前に釣れた16kg〜17kg級を越えていく夢が・・・・。 誰かに釣れてくれれば良いですね!!>

               **********

 ブリのデイ・ジギング 13.5kg頭に 1人で7本  余別漁港 マイボート (札幌市南区の 久末 勝 さん10月17日の釣果(18日記述): ご本人から18日に伺いました。 18日の朝は強風で時化たので、出港せずに帰ってきたそうです。 17日に釣れたブリを積んで立ち寄ってくださいました。 17日の午前9時に出港して、午後1時30分までの釣り。神威岬沖の水深が約50m〜60mで釣ったとのこと。左の写真のブリは、当店で18日の午前9時に計測しましたが、 尾叉長で88cm、13.5kg(血抜き後) ありました。 ほぼ同じぐらいの大きさのブリがもう1本、あとは7kg〜10kgが5本、合計で7本を釣ったそうです。 使ったジグは、ドラッカーハイブリッドタイプU 220g の赤金だったそうです。 ランクルに積まれていた、100リッター前後のクーラーは3コでした。 脂の乗りきった大物ブリばかりでしたので、大喜びでした。

 
     投 げ 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

 釣り会成績: カルデラFC 小樽市銀鱗会 左のボタンからご覧下さい。

◆ 真ガレイ   兜千畳敷  5月29日の釣果(29日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 泊村の兜千畳敷の先端よりもだいぶ左側で釣りを始めたのが午前3時。午前9時過ぎに切り上げたそうですが、午前4時過ぎに1枚釣れた1枚が最後だったそうです。 午前4時以降は周りでもほとんど釣れなかったそうです。 釣果は1人で真ガレイを 5枚、大きさは、 20cm前後。 側で釣っていた人達の中で 37cmの真ガレイを1枚釣った人がいたそうです。 また、近くでジギングをしていた方が、3kg前後のイナダを2匹釣ったのを見たそうです。

◆ アブラコ43cm  余市港  5月19日の釣果(19日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 夜中から朝方まで余市港で投げ釣りをしてきた2人組のお客様の内のお一人が、43cmのアブラコが釣れて良い引きだったとの事でした。詳しいお話しは伺う時間がありませんでした。

◆ 真ガレイ   兜千畳敷  5月15日の釣果(16日記述): 『15日釣れました』と16日に伺いました。 15日の午後2時過ぎに千畳敷に到着したそうで、先端よりも左側に空きがあり釣りを始めたのが午後2時半とのこと。 午後4時半前に切り上げてきたそうで、短時間の釣りだったそうですが、 真ガレイをちょうど10枚、大きさは 30cmが1枚、あとの9枚は20cm〜25cm。 塩イソメと生のイソメ両方を使ったそうです。 オモリは三角30号。針14号。70m前後投げたとのことでした。

◆ 真ガレイ、ホッケ  兜千畳敷  5月1日の釣果(3日記述): 余市町のお客様から3日に伺いました。 このお客様が、4月30日の夜遅くに兜千畳敷に行ったら、運良く先端部が空いていて釣り座を構えることが出来たそうです。 真夜中からコマセカゴにオキアミブロックを中心にして作った撒きエサを詰めて、同じ場所に投げ続けたそうです。そのかいあって、夜明け前から、真ガレイがポツポツと釣れたそうです。午前10時過ぎに切り上げたときの釣果は、 真ガレイが15枚、大きさは20cm〜35cm(25cm〜30cmが10枚)。 宗八ガレイの25cmが1枚。 ホッケが4匹、大きさは25cm〜30cm。 コマセカゴで撒きエサを撒きながらヤリイカもエギで釣ってみたそうです、ヤリイカは2ハイ、大きさは胴長20cmと25cm

     防波堤・港内の釣り  ・このページのトップへ戻る

◆ チ カ   余市河口漁港  7月31日の釣果(31日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 午前5時からサビキで釣り始めたら、間もなくポツポツ釣れたそうですが、きょうも午前6時頃に食いが止まったそうです。また、サビキ仕掛を1本針の見釣りに変えてオキアミを針に付けて釣ってみたそうです。切り上げたのは午前9時頃だったそうですが、 チカの釣果は1人あたりで 10匹〜30匹、大きさは、10cm〜13cmだったそうです。 

◆ チ カ   余市河口漁港  7月25日の釣果(25日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 午前5時からサビキで釣り始めたら、間もなくポツポツ釣れたそうですが、午前6時前に食いが止まったそうです。サビキ仕掛を1本針の見釣りに変えてオキアミを針に付けて釣ってみたそうです。切り上げたのは午前8時半頃だったそうですが、 チカの釣果は1人あたりで 20匹〜30匹、大きさは、10cm前後だったそうです。 

◆ チ カ   余市河口漁港  7月24日の釣果(24日記述): 釣りの途中のお客様から伺いました。 午前5時過ぎから釣り始めたら、間もなくポツポツ釣れて、良い日なのか?と思ったら、午前6時頃に食いが一度止まったそうです。あまりにも快晴で暑い日だったので、食いが止まるのも早いのでは?とのお話しでした。 チカの釣果は 1人で 20匹、大きさは、10cm前後だったそうです。  仕掛は皮付きサビキ2.5号。 午後から夕方にかけて、良型のチカが港内に入ってきて釣れたことがあったそうで、また夕方に行ってみます、との事でした。

◆ チ カ   余市河口漁港  7月22日の釣果(22日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 午前5時過ぎに河口漁港に着き、撒きエサを撒いたら5分ほどでポツリポツリと釣れてきたそうです。 午前8時過ぎまでの釣果は、1人で 約30匹、大きさは、11cm〜13cmだったそうです。  仕掛は皮付きサビキ3号。

◆ チ カ   余市河口漁港  7月20日の釣果(20日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 午前5時前過ぎに河口漁港に着き、すぐ撒きエサを撒いてみたそうです。 チカが港内に入ってくるのが遅く、午前6時頃からポツリポツリと釣れたそうです。 食いが止まって他の方達が引き上げていく中、1本針の仕掛に変えて午前8時過ぎまで粘ったそうです。 チカの釣果は、1人で 約40匹、大きさは、10cm〜13cmだったそうです。  仕掛は皮付きサビキ→1本針の見釣り。食わせエサは、マグロの薄いスライスを小さく切った物を使ったそうです。

◆ チ カ   余市河口漁港  7月16日の釣果(16日記述): きのうと同じお客様から、きょうも釣りの帰りに伺いました。 午前6時前に河口漁港に着き、すぐ撒きエサを撒いてみたそうです。 きょうも 午前8時頃に一旦食いが止まったので、やめてきたとのことでした。 チカの釣果は、1人で 60匹超、大きさは、10cm〜13cmだったそうです。  仕掛はスピード仕掛では無く、皮付きサビキ系だったそうです。側で釣っていたお知り合いの方がも、1人で

◆ チ カ   余市河口漁港  7月15日の釣果(15日記述): 余市町にお住まいのお客様から釣りの帰りに伺いました。 午前5時頃に河口漁港に着き、すぐ撒きエサを撒いてみたそうです。 まず集まって来たのが、豆アジ(アジの稚魚)だったそうです。 小アジなら釣りたいですが、小さすぎるので釣らないようにしたそうです。 午前6時前にようやくチカが寄ってきてくれたそうです。 午前8時頃に一旦食いが止まったので、やめてきたとのことでした。 チカの釣果は、1人で 50匹超、大きさは、10cm前後だったそうです。  仕掛はスピード仕掛では無く、皮付きサビキ系だったそうです。

◆ チ カ   余市河口漁港  7月4日の釣果(5日記述): 4日の夕方の午後6時に前に、河口漁港にチカの群れが入ってきましたとの事で、スピードサビキの仕掛とアミ〜ゴを買いに来たお客様がいました。 タイミング良く来てチカの群れを見つけたた人が結構釣っていたそうです。大きさは、10cm弱ぐらいだったそうです。

◆ 真イワシ、小サバ   古平港  7月3日の釣果(3日記述): 古平在住のお客様から伺いました。 遊漁船乗り場横で、午前5時頃から釣り始め、午前6時半頃まで釣ったそうです。 釣った真イワシの数は1人で約20匹、 大きさは、20cm前後。 4号針のスピードサビキに、オキアミを付けて。 小サバ2匹だけ混じって釣れたそうです。 小サバも大きさは20cm前後だったそうです。 『真イワシは夜釣りでも結構釣れますよ』と、古平在住の別なお客様から伺いました。

     ルアーフィッシング  ・このページのトップへ戻る

 バーサスU80シェルのカラーチャートです↓。この他にもお客様からのご注文で多くのカラーのものを製作しております。 なお一番下の2ケはディーヴァ90シェルのオオナゴカラーと、ブルーイワシです。

 

 2015年9月にリニューアルして、バーサスはバーサスUとなりました。 下の写真は、アルミタイプのカラーチャートです↓。 カラーのバリエーションはこの他に多数ございます。

               **************

◆ ワームで良型ヒラメ  岩内港  7月17日の釣果(18日記述) 左の写真は、仁木町の 北川 健司さんが、岩内港内の漁業埠頭先端部で、17日の午後8時頃に釣ったヒラメの良型です。 当店で18日の午前8時前に計測しましたら、 73cm、4.7kgでした。 一ヶ月ほど前からヒラメが小型のソゲばかりで、ヒラメと呼べるサイズが少なかったのですが、ヒラメのエサになる小魚が港内に色々入ってきているせいか、しばらくぶりで良型が釣れましたね。 ワームは、バルト3.5インチのマイワシカラーで、ジグヘッドはムゲンヘッド21gだったそうです。 北川さんは、この良型を釣る前に、リリースサイズを2枚と、50cmを1枚釣っていたそうですが、午後8時頃に73cmを釣ったので、まもなく切り上げたそうです。 2016年の当店ヒラメダービーの登魚第一号です。 当店のヒラメダービーは参加無料です、釣れたらお寄りください。11月23日までです。

◆ ショアの イナダ  泊村  7月12日の釣果(12日記述) 12日に1匹釣ってきたお客様から伺いました。 夜明け前から兜千畳敷に30人程の釣り人が来ていたそうです。午前8時頃に切り上げてきたそうですが、『きょうは、自分が釣った1匹だけだったと思います』とのお話しでした。大きさは 2kg超ではないでしょうか、との事でした。 先週、お友達と3人で4.5kg超を頭に、10匹も釣った事があったそうで、それに比べてきょうは潮が悪いのか、魚があまりいない感じだったそうです。  また、弁慶岬でも12日の朝は、釣れたのは1匹だけだったとのお話しを別のお客様から伺いました。  (このあと、遅くても週末頃にはまた釣れてくると思います。)

◆ ショアの イナダ  積丹町  7月7日の釣果(7日記述) 十坊岬の手前でイナダを釣ってきたお二人から伺いました。 夜明けから午前7時ごろまで釣ってきたそうです。釣果はイナダを2人で5匹。大きさは2kg前後だと思いますとの事。 ジグは35gを使ったそうです。

◆ ショアの イナダ  泊村  7月6日の釣果(7日記述) 6日に1匹釣ってきたお客様から伺いました。 夜明け前から兜千畳敷に20人程の釣り人が来ていたそうです。午前7時頃に切り上げてきたそうですが、全体で 6匹ぐらい釣れていたと思います、大きさは 2kg前後ではないでしょうか、との事でした。ジグは30g〜40gを使ったそうです。

◆ ショアの イナダ  余市町  7月5日の釣果(5日記述) ワッカケ岬でイナダを狙ってみますと午後1時過ぎに来店されたお二人が、午後4時頃に再び来店されました。お伺いしまたら、お一人が約60cmを1匹釣ったそうです。 まだ暮れるまで時間がありますからガンバリますと、ジグを買って再度向かいました。 他に4人ほど来ていたそうです。

◆ ワームでの釣果  古平港、美国漁港  7月4日の釣果(4日記述) 午後4時40分頃来店された、釣りの帰りのお客様から伺いました。 日昼に、とは言っても風が強く曇って暗かったですが、古平港内で黒ゾイ30cm1匹。 そのあと 美国港内でアブラコ40cm超1匹、釣ってきた人がいました。 ワームは、キジハタグラブ4”を使ったそうです。  また、別のお客様から伺いましたが、4日は北風が強く波が高かったですから、ショアの釣りは厳しかったそうです。

◆ ショアの イナダ  泊村、小樽市  7月2日の釣果(2日記述) @ 釣ってきたお客様の弟さんから伺いました。 お兄さんが兜千畳敷の照岸側に入ったそうです、早朝、65cmの3kg弱を1匹、撃投ジグ65gで釣ったそうです。 釣り人がたくさん来ていて、千畳敷も混みあっていたそうです。 午前9時過ぎ頃までに、全体で10匹ぐらい釣れたと思います、とのお話しをいただきました。  A 小樽港の南防波堤の先端周辺は混みあっていたそうで、手前で釣ってきたお客様から伺いましたが、午前7時頃に、先端で1匹釣った人がいたそうです。 離れていたので大きさはよくわからなかったそうですが、大きくはなかった様に思います、との事でした。 ジグが届くような範囲で、小さなナブラが何度も見えた割には食ってこなかったそうです。 はるか沖の射程外でも、ナブラが見えていたそうです。

◆ ショアの イナダ  積丹町、小樽市  6月29日と30日の釣果(30日記述) @ 29日に沼前岬で釣ってきたお客様から伺いましたが、夜明け前後からブリ狙いの釣り人が3人、ロックフィッシュ狙いの釣り人が2名いたそうです。 奥のほうで釣っていた方が、午前6時ごろと、午前7時ごろに、イナダを1匹ずつ(1人で2匹)を釣ったそうです。大きさは、2kg〜3kgだったと思います、とのお話をいただきました。 A 30日に、小樽港の南防波堤の先端より手前で釣ってきた方から伺いましたが、夜明けに、先端で釣っていた方が1匹イナダを釣ったのを見たそうですが、他には釣れなかったそうです。 大きさは2kg台だと思います、とのお話でした。 30日は、数が釣れない日でした、ともおっしゃってました。

◆ ショアの イナダ  泊村 兜千畳敷  6月28日の釣果(28日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 兜千畳敷で、夜明けから釣れ始めたそうです。釣り人は多かったそうですが、数は先端周辺を中心に全体で 約10匹だったそうです。  大きさは 2kg前後〜4kg。 この情報をくださった2人組のお客様は、2人とも2匹ずつ釣ってきたそうです。 夜明けにシルバーのジグで釣った人がいたそうですが、グリーンゴールドのジグが優勢だったように思います、とのお話しでした。 

◆ サクラマス 1人で2匹  積丹町美国  6月24日の釣果(24日記述) 左の写真は、小樽市の 上家 和幸さんが本日釣ってきました、2匹のサクラマスです。 当店で正午過ぎに計測しましたら、 尾叉長で 62.5cm/3.5kg と 58.0cm/2.65kg でした。上家さんが釣った場所は、美国川河口。 美国漁港の南防波堤の先端から外海側に魚影を見つけてキャスト。 色々なルアーを試したそうですがほとんどが無視されたそうです。ショアラインシャイナーZ140のHITグリーンにだけはアタリがあったそうで、このミノーの引き方を色々変えて試していたら釣れたそうです。大きい方が午前4時頃で、小さい方は午前5時半頃に釣れたそうです。

◆ ショアの イナダ  余市町  6月19日の釣果(19日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 余市町の 出足平漁港の先のワッカケ岬で、夜明けに近くでナブラが出来たりして、短時間でしたが イナダが4人で3匹釣れたそうです。大きさは約2kg前後との事でした。バラシも1匹あったそうです。 60gのピンク系のジグで1匹釣ってきたお客様からの情報です。  また、別のお客様から伺いましたが、小樽港の南防波堤でも結構釣れる日があったそうです。

◆ ショアの イナダ  寿都町  6月18日の釣果(18日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 寿都町の 砂政泊の平盤で、夜が明けてから釣り始めて、午前6時半過ぎに切り上げてきたそうです。 午前5時半頃と、午前6時頃に1匹ずつ釣れたそうです。 大きさは2匹ともに2kg超えとの事。 ジグは、ピーボーイジグ バーチカル45gのブルーバックとのこと。 中層で食ってきたそうです。 特別なアクションを付けず、ただ巻きだったとおっしゃってました。    また、別のお客様から伺いました。政泊海岸は釣り人がとても多かったそうですが、風が強く波が高かったので、釣りが出来る場所が限られたそうです。ポツポツと釣れていたそうです。 帰りに雷電海岸で釣ってみたら、午前11時前に2kg超えが1匹釣れました、とのことでした。今年はショアのイナダ釣りが好調ですね!

◆ ショアの イナダ  兜千畳敷  6月17日の釣果(17日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 泊村の兜千畳敷で、17日は夜明け前後に続けて釣れたそうですが、数は10匹前後だったそうです。 長い時間は釣れず、朝イチだけで止まったそうです。 大きさは2kg前後〜3kg前後。 ジグは、ピンク系で釣っていた人が多かったそうです。

◆ ショアの イナダ  兜千畳敷  6月16日の釣果(16日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 泊村の兜千畳敷で、夜明け前から多くの釣り人が来ていたそうです。16日は千畳敷の左側で数が釣れた日だったそうです。(15日は右側が良かったですとの、話を聞いてきたそうです。) 早朝から釣れたそうですが、午前8時前にはほとんど止まったそうです。 ただ、この情報をくださったお客様が、1人で8本を釣った人が切り上げて行って、その場所に入ったら、午前10時を過ぎてから、運良く1本を釣ったそうです。1人で8本を釣った方の次は、5本、3本、2本、2本、とかで、全体で20本は釣れました、との事でした。魚の重さは、約2kg〜3kgとの事。 皆さんそれぞれ色々なジグを使っていたそうです。 ジグは、35g〜50g以上。

◆ ショアの イナダ  泊村  6月14日の釣果(14日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 泊村の兜千畳敷で、夜明け前から多くの釣り人が来ていたそうです。 この日はあまり数が釣れなかったそうですが、イナダ1匹と、ヒラメ1枚を釣ってきた方がいました。詳細まではお伺いできませんでした。

◆ ショアの イナダ  積丹町  6月13日の釣果(13日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 沼前岬で午前6時半頃から午前9時過ぎまで釣ってきた方が、約2kgのイナダを1匹釣ったそうです。 60gのグリーンのジグで釣ったそうです。 雨の予報で、南の風が強い日だった為か、釣り人はいなかったそうです。 海は全く穏やかだったそうです。

◆ ショアの イナダ  寿都町、泊村  6月12日の釣果(12日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @寿都町の政泊海岸では、早朝からブリ、イナダ狙いの人達が多かったそうです。 早朝からポツポツと釣れていたそうです。 釣った人で1人あたり 1匹〜2匹ぐらとの事でした。 大きさは 約2kg〜3kg超との事。 色々なジグで釣れていたそうです。  A泊村の兜千畳敷でも、夜明け前から多くの釣り人が来ていたそうです。 午前7時頃に切り上げてきたお客様からのお話ですが、釣り人も多かったですが、全体で釣れた数は40匹を超えて釣れていたと思います、との事でした。 

◆ サクラマス   神恵内村  6月12日の釣果(12日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 珊内川河口の左の岩場で、午前5時半頃に、サクラマスを釣りましたとの事で、当店で午前8時15分頃に計測しましたら、尾叉長で58cm、 重さが2.6kgでした。ショアラインシャイナー14cmのシンキングのオオナゴカラーで釣ったと伺いました。 

◆ ショアの イナダ  寿都町  6月11日の釣果(11日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 寿都町の弁慶立像下の海岸では、早朝からブリ、イナダ狙いの人達が多かったそうです。 夜明けから午前9時半頃までの釣果で、1人あたりで 1匹〜5匹ぐらとの事でした。 大きさは 2kg前後〜3kg超だったそうです。また、具体的な数字の情報でありませんが、イナダ〜ブリのショアジギングは、色々な場所で釣れているそうです。

◆ サクラマス 今シーズンの最大か?  岩内町  6月5日の釣果(6日記述) 上の写真は、札幌市北区の 広永 俊章さんが、雷電海岸の岩場で釣った、サクラマスの大物です。 当店で午後5時40分に計測しましたが、尾叉長で 70.0cmで 4.8kg もありました。 鼻曲がりの雄でした。 釣り上げたのは午前4時頃とのことで、ルアーはタイドミノースリム175のピンクバックだったそうです。 今年の春は、サクラマスの釣れ方は順調なシーズンでしたが、魚影が濃い年の割には、良型が少ないと感じていました。 最近は跳ねているのに、ルアーに反応が鈍く、釣果は下降気味でした。 5月に入ってからヒラメが釣れ始めたと思いきや、もう型物まで釣れたとか。 ショアのブリ〜イナダも早めの釣れ始めですし、淡水の釣りものが気になり始めたりで、サクラマス熱も冷めかけてきていた時季でしたが、まだ熱い情熱を維持している人がいたのですね。 広永さんは、この大物の他に2匹、3.3kgと、2.3kgも釣っていました。 その2匹もタイドミノースリム175のオオナゴと、140カタクチで釣ったとのことでした。

◆ ショアの イナダ、ヒラメ  泊村、寿都町  6月5日の釣果(5日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @弁天島から右方向に歩く、大岩周辺の岩場で、早朝からヒラメ、ブリ狙いのルアーマンが多かったそうです。 午前5時前後にポツポツと数人の人達が釣ったそうです。 このお話をしてくださったお客様は、約50cmのヒラメをヒラメタル40gで釣ったそうですが、 近くにいた方が、2kg超のイナダを2匹釣ったそうです。 他にもヒラメを1枚釣った方や、イナダを1匹釣った方がいたそうです。 A別のお客様が、兜千畳敷のすぐ左の岩場(照岸側)で、午前4時頃にイナダを釣ったそうで、当店で午前8時20分頃に計測しましたら、尾叉長で67cm、3.4kgありました。 ジグは撃投ジグ85gを使ったそうです。 B寿都町の政泊海岸では、早朝からブリ、イナダ狙いの人達が多かったそうです。 5日は早朝にまったく釣れず、午前7時前からイナダがポツポツと釣れだして、午前9時前に止まったそうです。 夜明け前から釣りに入っていた人達も大かったそうですが、早朝釣れなかったので、場所を変えようと引き上げた人達も多かったそうです。 帰りに当店に立ち寄ってくださった方達の釣果は、1人あたりで 8匹、5匹、2匹 などでした。 大きさは約2kg〜3kg超だったそうです。

◆ ショアジギ イナダ  泊村  6月3日の釣果(3日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 弁天島の右側で、早朝からブリ狙いのジギングをしてきたそうです。 午前7時頃に、約60cmのイナダが1匹釣れたそうです。 ルアーは、ジグのイボンヌ65gで、カラーは、グリーンシェルだったそうです。 ブリの良型を上げられるタックルでは無かったそうで、釣れたサイズがちょうど良かったと喜んでいました。

◆ サクラマス   島牧村、積丹町  6月3日の釣果(3日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。@島牧村江の島海岸の北国澗の右側に、午前4時頃に、友達と二人で釣りに入った方達が、サクラマスが午前5時前から釣れたそうで、午前6時前頃までに、サクラマスを1人あたり 4匹 と 1匹。大きさは2kg〜3kg超。 さらにはオマケで フクラギの2kg超も釣れたそうです。 反応が良かったのが14cmのミノーで、カラーはイワシだったそうです。  A美国の厚苫海岸の岩場で、午前5時頃に、海藻だらけの悪コンディションの中、運良く 50cm超のサクラマスを1匹釣ったそうです。 ルアーは、岡ジグLT−35のグリーンだったそうです。 波も高めで、海藻がルアーに団子状になって付いてくるので、思い切って場所を変えてみようと、珊内まで走ったそうです。 沖でサクラマスが時々跳ねているのと、河口よりも左の岩の上に、付いてからあまり時間の経っていない鱗と、血を見つけたそうで、気合いが入ったそうですが、色々なルアーを替えながら、ルアーへのアクションの付け方も色々試したそうですが、1〜2度ショートバイトがあっただけで、釣れなかったそうです。

◆ ショアジギ イナダ〜フクラギ  泊村  6月1日の釣果(2日記述) 1日に釣りの帰りのお客様から伺いました。 兜千畳敷で、早朝からブリ狙いのジギングをしてきたそうです。 このお客様は、約60cm〜70cm(約2kg〜3kg)を 3本釣ったそうです。 他に何人も釣りに来ていたそうで、ほとんど皆さんが1人あたり 2本〜3本を釣っていたそうです。 このお客様は、85gの撃投ジグを使ったそうです。

◆ サクラマス   神恵内村、余市町  5月30日の釣果(30日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 @珊内川河口の左側の岩場で、早朝に1匹釣れたのを見てきたとのことでした。 少し遠かったので、大きさや、ルアーはわかりませんでした、との事でした。 A余市町の豊浜町の手前の、潮見町の小さな漁港(島泊漁港)の右のゴロタ場で、午後4時過ぎに1匹釣りましたと、午後5時頃に当店に来店された札幌市のお客様がいました。当店ですぐに計りましたら、尾叉長で56cmで、2.6kgありました。 釣ったルアーは、初期型バーサス90シェルのグリーンバックとのお話しでした。

◆ ショアの ”いなだ”  寿都町  5月29日の釣果(29日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 左の写真は、弁慶岬の政泊海岸で釣った いなだ2匹です。 釣り人は、余市町の 神 正徳さん(じん まさのり さん)。 この2匹は、午前3時50分と4時30分に釣れたそうです。 そのほかにバラシが数回あったそうです。 神さんのこの日のタックルはサクラマス用のもので、ルアーウエイトが42gまでのロッドに、ラインが1.2号のPE。 ラインブレイクが恐くて強引なやりとりは出来なかったそうです。 ルアーは、岡ジグLT−40のサケ稚魚カラーだったそうです。 近くで釣っていたイナダ〜ブリ狙いの人達も、1人あたり2匹〜5匹(午前7時半頃までの釣果ですが)を釣っていたそうです。その中には4kgを超えていそうな魚もあったそうです。 写真の2匹、当店で午前9時15分に計測しましたら、尾叉長で59cmで2.95kgと、57cmで2.2kgでした。 ライトなタックルだったので、とても楽しかったと喜んでましたが、良型が来たらどうしようと次回のタックルの心配をしていました。

               **********

<下の8枚の画像は、バーサスの作者が最近リリースした、ニュータイプ ハンドメイド・ジグミノーの ”Diva (ディーヴァ)”です。 カラー設定は、バーサス同様非常に豊富です。 ディーヴァの特徴は、究極の好バランスが生み出す、飛行距離とナチュラルな泳ぎです。 想定を超えるような飛びと、リトリーブ・スピードが速くても低速でも、とても綺麗でリアルに泳ぐことです。 構造はバルサ+金属です。 先ずはアルミタイプのみの生産ですが、シェルタイプのご注文もお受けいたします。 33g〜38gのアルミが¥2200、シェルが¥2750。 40g〜45gのアルミが¥2350、シェルが¥2900でございます。 少し残念なのは、下の写真がうまく撮れてないことです。 現物をご覧になれば、その美しさにため息が出るかもしれませんよ!。 作者は、『バーサスを凌ぐほどのサクラマスの釣果を期待し欲しいです。』 と おっしゃってます。>

フライフイッシング  ・このページのトップへ戻る

 

◆ ニジマス  尻別川  3月14日の釣果(15日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、今シーズン初の釣り日誌を(14日の夜に)いただきましたので、掲載させていただきました。 石澤さんの今シーズンの『初尻別釣行』は、ニューロッドのを携えてでしたが、早速、良型ニジマスで入魂で来たそうです。 相性の良いロッドになってくれればよいです。 以下のコメントは、そのまま引用させていただきました。

いつもお世話になっています! 石澤です!
本日、雪代前の尻別川に行って来ました!
今日の尻別川は濁りもなくいい感じで、#4のブラックマドラーゾンカーを沈めて61センチのニジマスが釣れました。
先日、購入させて頂いたロッドにも入魂出来ました!
それではまた!

 アメマス  余市川  12月5日(12月6日記述): 釣りの帰りのお客様から5日に伺いました。 余市総合体育館の裏で、早朝からストリーマーで釣ってみたそうですが、アメマスは釣れなかったそうです。 初めて総体裏で釣ってみた方でした。まだ少し早かったようです。

     ウ キ 釣 り  ・このページのトップへ戻る

◆ ホッケ   寿都町弁慶岬  5月15日の釣果(15日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 政泊漁港の外の磯で、午前4時頃から撒きエサを開始。午前7時頃に切り上げてきたそうです。 この日は、ホッケのサイズが小さめでリリースしたものが多かったそうです。 比較的大きめを20匹ほどキープしたそうですが、キープしたホッケの大きさは25cm前後だったそうです。 色々仕掛を繊細にした上で、いつもなら底の方にいる良型を狙ってみたそうですが、やはり小さめばかりが釣れてきた日だったそうです。

     渓流の餌釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ ニジマス、イワナ   岩内町  7月3日の釣果(3日記述) 幌内川の上流域で釣ってきたお客様から伺いました。 午前5時前に、ご友人と2人で入釣し、午前10時半過ぎまで釣ってきたそうです。 雨の後だったので水量が多めで、魚の食いが良かったそうです。 ニジマスを1人あたりで、約20匹 と 約25匹。 このうちキープが約半分の数で、約半分をリリース。ニジマスの大きさは、約20cm〜35cm。 イワナを 2匹 と 3匹。大きさは約20cm〜25cm。イワナはリリースしたそうです。 使ったエサは、ぶどう虫。

◆ ヤマベ   積丹半島  6月5日の釣果(6日記述) ヤマベ(山女魚)が6月1日から解禁になりましたが、積丹半島では、まだ良い釣果が無い人が多いようです。毎年、解禁当初はイマイチの釣果なことが多いのですが、月中から少しずつ上向くと思います。 一部の南側斜面を流れるような河川では、多少の釣果があったようです。

◆道央地区は、4月1日〜5月31日まで、やまべ(=ヤマメ、山女魚)の禁漁期間です。 解禁日は6月1日です。

     その他の釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ 鮎友釣り   厚沢部町  7月1日の釣果(7日記述) 7月1日と2日にお友達数人と厚沢部川本流と、支流の鶉川で釣りをしてきたお客様から伺いました。 本流、支流ともに好調な滑り出しだったそうです。 1人あたり半日で30匹を超えたり、朝から夕方までで1人あたりで70匹を超えたりと良い釣りが出来たそうです。 大きさが様々で、約13cm〜18cmだったそうです。 ただ、小さくても追い気が強い鮎が多かったそうです。 6日に釣りに入ったご友人も半日で40匹近く釣ったそうで、中で一番大きな鮎が、19.5cmだったそうです。 『厚沢部川のほぼ全域で今のところ調子良く釣れているよ!』と、おっしゃってました。

 

◆ アユ   余市川   6月30日記述 余市郡漁業協同組合さんからいただきました、『あゆ釣り愛好家の皆様へ』というリーフレットから、転記させていただきます。

 【平成28年度 あゆ種苗放流状況】 放流日:平成28年6月21日

放流場所 種苗放流量 合計放流量 推定放流尾数
平均12cm、14.4g
七曲橋 75kg 75kg 6,200尾
然別橋 75kg 75kg 6,200尾
       
合計 150kg 150kg 12,400尾

 秋田県の、阿仁川あゆセンター産種苗。

 オトリあゆの販売は、余市郡漁業協同組合の、さけ・ますふ化場 で行います。

 住所: 余市町山田町718番地 電話:0135-22-6345

 さけ・ますふ化場での販売は、平日と土曜日の午前8時〜正午です。

 日曜日・祝祭日は、余市郡仁木町大江1−66−3 丸谷健二さん宅で販売。

 丸谷健二さん宅 電話番号: 0135−22−6345  1尾は¥800。