船釣り   投げ釣り  防波堤・港内の釣り  ルアーフィッシング
フライフィッシング ウキ釣り 渓流の餌釣り その他の釣り
    余市市場水揚げ概況  ・このページのトップへ戻る

◆4月20日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 桜鱒4.7kg,4.2kg,3.7kg各1匹と、

 桜鱒1.3〜2.9kgが35匹、ナメタ27〜37cm380枚、

 宗八23〜31cm120枚、黒ゾイ23〜50cm180匹、

 鮟鱇60〜90cm80匹、ヒラメ38〜60cm70枚、

 アサバ28〜35cm140枚、ガヤ20〜24cm210匹、

 シマゾイ28〜35cm15匹、ホッケ27〜36cm250匹、

 カスベ60〜90cm30匹、ヤリイカ25〜37cm1,000バイ、

 赤ガレイ25〜47cm18,000枚、

 真ガレイ23〜35cm8,000枚、

 砂ガレイ23〜30cm1,500枚。

◆4月19日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真ガレイ22〜35cm5,000枚、アサバ30〜40cm30枚、

 赤ガレイ25〜38cm2,400枚、桜鱒1.7〜2.8kg18匹、

 砂ガレイ22〜30cm600枚、黒ガシラ28〜40cm30枚、

 鮟鱇60〜90cm40匹、ガヤ20〜25cm60匹、

 ヒラメ38〜70cm50枚、黒ゾイ23〜50cm60匹、

 宗八25〜30cm20枚、ホッケ25〜41cm100匹、

 ヤリイカ胴長24〜35cm900パイ。

◆4月17日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 赤ガレイ24〜38cm3,800枚、カスベ80cm超6匹、

 ナメタ27〜35cm150枚、真ガレイ23〜33cm60枚、

 ヤリイカ胴長24〜35cm250パイ、桜鱒2.5kg1匹、

 アンコウ70と85cmの2匹、宗八23〜32cm50枚。

◆4月16日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 赤ガレイ20〜40cm12,000枚、ガヤ20cm前後100匹、

 真ガレイ20〜38cm500枚、ナメタ20〜30cm350枚、

 サクラマス3.3/4.2kgの2匹、宗八20〜30cm70枚、

 アサバ30〜35cm75枚、ホッケ28〜40cm300匹、

 シマゾイ28〜40cm18匹、真ゾイ28〜38cm100匹、

 カスベ50〜70cm20匹、アンコウ30〜45cm18匹。

◆4月15日は日曜日で、余市漁組市場はお休みでした。

◆4月14日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真ダラ55〜90cm6本、ナメタ27〜35cm220枚、

 真ガレイ23〜35cm300枚、宗八22〜30cm70枚、

 アサバ26〜35cm100枚、カスベ70〜90cm10匹、

 赤ガレイ24〜40cm約14,000枚。

◆4月13日も、余市漁組市場の水揚げはありませんでした。沖は時化ました。

◆4月12日は、前日からの時化のため余市漁組市場の水揚げはありませんでした。

◆4月10日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 黒ゾイ26〜36cm25匹、シマゾイ30〜36cm4匹、

 ホッケ25〜40cm500匹、助宗28〜40cm15匹、

 ヤリイカ胴長24〜33cm240パイ。

船 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る
岩内港・その他 川白・神恵内 余別・日司
古平・美国・幌武意 余市町 小樽市など

 サクラマス 4.45kgなどで全員定数!  余別漁港 正宝丸 (野宮船長080−6064−4651)4月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 サルワンと水無沖の水深約40mで。
 サクラマス
 全員が定数釣り、 大きさは 4.45kg1匹、3kg超が 3匹、あとは900g〜2.9kg。 棚は、シャクリまでで15m→20m。
 釣れたシャクリは、グリーン系など。 上の写真は、札幌市東区の 佐藤 秀史さんが釣った 尾叉長 61.0cm、4.45kg 当店で午後3時過ぎに計りました。佐藤さんは昨日(19日)がマス釣り初挑戦で、2日目のきょう、この大物を釣りました。使ったのは、サバイバー250gグリーンゴールドです。おめでとうございます!。

 サクラマス 4.85kgなどで全員定数!  来岸漁港 マリU (小山船長090−8709−9285)4月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前7時に出港し、午後2時までの釣り。 来岸沖、水無沖、神威岬沖の水深約40mで。
 サクラマス
全員が定数釣り、 大きさは4.85kg1匹、3kg〜3.8 kgが10匹、あとは1kg〜2.8kg。 棚は、ジグまでで20m→25m。
 シャクリは様々、ジグもサバイバー250gグリーンゴールドをはじめ様々なもの。

 サクラマス 4.6kgなど定数釣り!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)4月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 サルワン→水無沖の水深約40m〜45mで。
 サクラマスは1人あたりで
5匹〜定数、 大きさは4.6kg1匹、4.2kg1 匹、4.0kg1匹、3kg〜3.9kgが6匹、2kg〜2.9kgが10匹、あとは1kg台。 棚は、シャクリまでで15m前後。
 釣れたシャクリは、グリーン系が優勢。 4kg〜4.6kgは全部サバイバー250gグリーンゴールドで釣れたそうです。

 サクラマス 4kg超えなどで全員定数!  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112)4月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前5時に出港し、午前11時半までの釣り。 サルワン→水無沖の水深約40mで。
 サクラマス
全員が定数釣り、大きさは4kg超が5匹、3kg台が10 匹、あとは1kg〜2.2kg。 棚は、シャクリまでで15m前後。
 釣れたのは、シャクリはアクリル製グリーン系、アワビ貝貼りなど。サバイバー250gグリーンゴールドでも数釣り。

 サクラマス 4.6kgを頭に定数釣り!  日司漁港 北星丸 (杉野船長090−6876−5352)4月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前3時50分に出港し、午前11時半までの釣り。サルワン→水無沖の水深約40m〜45mで。
 サクラマス
全員が定数釣り、大きさは4.6kgが1匹、4.2kg1匹 、4.1kg1匹、3.2kg〜3.7kgが6匹、2kg以上が30匹超、あとは1kg〜1.9kg 棚は、シャクリまでで15m→30m。シャクリはグリーン系が優勢。 サバイバー250gのグリーンゴールドと、モスグリーンオオナゴで、数も型も良かった。

 サクラマス 4.7kgを頭に定数釣りも!  日司漁港 安善丸 (斎藤船長090−1527−9777)4月20日の釣果(20日記述): 乗船したお客様から伺いました。 サルワンの水深約40mで。左の写真は札幌市白石区の 佐藤 隆 さんが釣った大物です。当店で午後3時前に計測しましたら、尾叉長で 64cm、4.7kg ありました。やりましたね!
 サクラマスは全体で
約50匹、大きさは4.7kgが1匹、約4.5kg1匹、 あとは3kg台、2kg台、1kg台少し 棚は、シャクリまでで15m。シャクリはグリーン系が優勢。

 ←サクラマス 5.1kgを頭に 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)4月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前5時過ぎに出港し、正午過ぎまでの釣り。 サルワン→水無沖の水深40m〜45mで。 
 サクラマスは全体で
約55匹、 大きさは、5.1kg1匹、3kg〜3.6kg7 匹、2kg台が8匹、あとは1kg前後。 棚は、針までで10m〜20m。 シャクリはアクリル製の水色や、マンモスの牙などとのこと。 サバイバー250gのグリーンゴールドでも数釣り。 左の写真が船長から届きました、きょう5.1kgを釣った札幌市北区の 宮田 孝義さんです。

 

 

 

 

 

  サクラマス 5.1kgを頭に全員定数釣り!  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)4月20日の釣果(20日記述): 乗船したお客様と船長から伺いました。 20日の午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 幌武意前浜の水深40m〜45mで。
サクラマスは 
全員定数、 大きさは5.1kgが1匹、あとは1kg〜4k g多かったのは1.5gk〜2.5kg. 左の写真は、当店で午後3時過ぎに計測しましたら、尾叉長で61.0cm、5.1kgありました。釣ったのは、札幌市厚別区の 三春 昭吾さんです。 マス釣りベテランの三春さんはこの大物を、当店オリジナルの深海松シャクリで釣ったそうです。 棚はシャクリまでで、15m→20m(16m〜17mが多かった)。その他様々なシャクリと、サバイバー250gグリーンゴールドで数釣りをしたそうです。 ホッケも1人あたり40匹〜50匹釣ったそうです。大きさは、30cm〜45cm。

  サクラマス、ホッケ  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2716)4月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前5時に出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深約40mで。 
 サクラマスは全体で 
28匹、大きさは、3.2kg1匹、2.8kg1匹、あと は1.5kg〜2kg超
 ホッケは全体で68匹、大きさは30cm〜48cm ミラーバケ500gなどを使ったそうです。 仕掛の毛針には、グリーンやピンクのタコベイトを付けていたそうです。たなは、30m→35m。

               **********

 サクラマス 4.8kgなど  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)4月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 19日の午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 水無沖の水深約40m〜42mで。
 サクラマスは全体で
34匹、 大きさは 4.8kg、4.5kg、3.8kg、3.7kg、3.6kg、3.0kg以上が各1匹、2kg〜2.5kgが7匹、あとは1kg〜1.8kg。 棚は、シャクリまでで15m。
 釣れたシャクリは、白色シャクリ、白丁貝シャクリ、サバイバー250gモスグリーン、深海松シャクリなどとのことでした。

 サクラマス 好釣果! 余別漁港 漁福丸 (澤船長090−8897−0160)4月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 19日の午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 サルワン、水無沖、余別前浜の水深40m前後で
 サクラマスは全体で
30匹、大きさは、3.5kg、3.2kg、2.8kgが各1匹、あとは1kg〜2.5kg。 シャクリは、白丁貝、白色系など。 棚は、シャクリまでで15m。  竿頭はサバイバー250gモスグリーンオオナゴを使い定数釣り、かつ最大の3.5kgも釣ったそうです。

 サクラマス 好釣果!  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398ー2147)4月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 19日の午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 サルワンと余別前浜の水深35m〜45mで。 
 サクラマスは全体で
28匹、 大きさは、3kgが2匹、2kg〜2.8kgが7匹、あとは1kg〜1.5kg。  棚は、シャクリまでで13m→23m。シャクリは、深海松、アワビ貝貼り、ミラーシャクリ、その他いろいろで釣れていたそうです。

 板マス 5.1kgを頭に38匹!  日司漁港 北星丸 (杉野船長090−6876−5352)4月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 19日の午前4時に出港し、午前11時までの釣り。 サルワンの水深約40m〜50mで。船長からきょう最大魚の写真を送っていただきました。 板マスよりも玉マスと呼べるぐらいの太さですね。
 サクラマスは全体で
38匹、大きさは5.1kgが1匹(5.15kgぐらい)、4.2kg1匹、3.8kg1匹、3.3kgが2匹、2kg〜2.7kgが約10匹、あとは1kg〜1.8kg 定数釣りをした人あり。 5.1kgは写真の水牛+アワビ貝シャクリで(この、つるの長さはときどき背負うのを承知の上とのこと)。 4.2kgはサバイバー250gのグリーンゴールドで。 3.8kgは緑色のアクリルシャクリで。 3.3kg2匹はサバイバー250gのグリーンゴールドで、釣れたそうです。 棚は、シャクリまでで15m。

  サクラマス 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)4月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 19日の午前5時半に出港し、正午過ぎまでの釣り。 幌武意沖の水深32m〜38mで。 
 サクラマスは1人あたりで
2匹〜定数、 大きさは、3.5kg1匹、3.0kg1匹、2kg〜2.5kgが約15匹、あとは1kg〜1.4kg。 棚は、針までで20m前後。 シャクリは様々なもので釣れていたそうです。サバイバー250gのグリーンゴールドを使った方が多かったそうです。

               **********

 ヤナギノマイ  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)4月18日の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 18日の午前5時30分に出港し、午前11時30分までの釣り。 神威岬の沖の水深120m前後で。
 ヤナギノマイは1人あたりで
40匹〜50匹、 大きさは 30cm前後。 
 仕掛は、白フラッシャー付き針を使った色々なタイプ。 エサは、赤イカ。

 サクラマス 21匹!、ホッケも数釣り  日司漁港 北星丸 (杉野船長090−6876−5352)4月18日の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 18日の午前5時に出港し、午前11時30分までの釣り。 サルワンの水深約40m〜45mで。
 サクラマスは全体で
21匹、大きさは 3.7kg2匹、3.5kg1匹、3.5kg1匹、3kg1匹、2kg〜2.8kgが10匹、あとは1kg〜1.6kg 竿頭3.7kgを始め1人で6匹を、サバイバー250gのグリーンゴールドと赤金で釣ったそうです。 シャクリは、鹿角シャクリやオオナゴシャクリなどを使っていたそうです。 棚は、シャクリまでで、20m→30m。
 ホッケは1人あたり30匹〜50匹、大きさは30cm〜40cm

  サクラマス好釣果 4.85kgも  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)4月18日の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 18日の午前5時に出港し、正午までの釣り。 余別前浜の水深約45mで。
 サクラマスは1人あたりで 
7匹、4匹、4匹、3匹、3匹、 大きさは 4.85kgが1匹、あとは1.5kg〜2kg 4.85kgは当店で午後2時に計測した重さです。そして、この4.85kgは600gのブルーレーザーバケを使ったお客様が釣ったそうです。その他の魚は、いろいろなシャクリで。 棚は、20m→30m。

  サクラマス、ホッケ  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2716)4月18日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 18日の午前5時に出港し、午後12時半までの釣り。 美国〜幌武意間の水深約37m前後で。 
 サクラマスは全体で 
23匹、大きさは、2.8kgが1匹、あとは1kg〜2.3kg1.5kg前後の大きさが多かった。
 ホッケは全体で60匹、大きさは30cm〜40cm シャクリよりもバケを使った人が数を釣った。 バケは、500g〜600g。 棚は深く、カウンターで30m〜35m。

               **********

 サクラマス  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)4月17日の釣果(17日記述): 船長から伺いました。 17日の午前5時10分に出港し、午前11時30分までの釣り。 余別前浜の水深約40mで。
 サクラマスは全体で
7匹、 大きさは 3.3kg、3.1kg、3kg、2.4kg、2.1kg、1.3kg、1.2kg。 
 竿頭の方は3.3kgを頭に1人で4匹をサバイバー250gのモスグリーンオオナゴで釣ったそうです。 もうひと方もサバイバー250gのモスグリーンオオナゴで2匹を釣って、もう1本はグリーン系のシャクリで釣れたとのことでした。

 サクラマス、ホッケ  日司漁港 北星丸 (杉野船長090−6876−5352)4月17日の釣果(17日記述): 船長から伺いました。 17日の午前5時に出港し、午前11時30分までの釣り。 余別前浜の水深約40mで。
 サクラマスは全体で
5匹、大きさは 3.1kg、2.7kg、2.5kg、1.5kg、1kg 深海松シャクリやアワビ貝貼りシャクリを使っていたそうです。 棚は、20m→25m。
 ホッケは1人あたり20匹〜30匹、大きさは30cm〜40cm

  サクラマス、ホッケ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)4月17日の釣果(17日記述): 船長から伺いました。 17日の午前5時に出港し、午後12時半過ぎまでの釣り。 余別前浜の水深約50mで。
 サクラマスは全体で 
13匹、 大きさは、4.4kgが1匹、2.3kgが1匹、あとは1.5kg前後 この日も、全部がサバイバー250gグリーンゴールドでの釣果。 棚は、カウンターで20m→30m。
 ホッケは1人あたり10匹前後、大きさは35cm〜45cm

               **********

   板マス 連日の5kgオーバー!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)4月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 16日の午前5時10分に出港し、午前11時半までの釣り。 余別前浜の水深40mで。
 サクラマスは全体で
6匹、 大きさは5.1kg、3.7kg、3.4kg、3.1kg、2.8kg、1.2kg。 
 船長から画像を送っていただきました。 上の写真が、帰港してから量って5.1kgの板マスです。 棚が、シャクリまでの深さで20m〜25mだったそうですが、この5.1kgはシャクリまでで30mだったそうです。 この5.1kgは写真にも写ってますが、深海松シャクリで釣れたそうです。 3.7kgがサバイバー250gのグリーンゴールドで釣れて、3.4kgは象牙+白丁貝のシャクリで釣れたそうです。 まだ4月中旬なのに、連日の5kgオーバーはすごいですね!。

               **********

   板マス 5.6kg!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)4月15日の釣果(15日記述): 船長から伺いました。 15日は天気予報が悪かったので、前日のうちに出港を中止にしたそうですが、15日の朝はベタ凪に近かったそうです。お客様1名だけを乗せて15日の午前5時半に出港し、午前9時までの釣り。 余別前浜の水深40mで。船長も釣りをしたそうです。 
 サクラマスは2人で
4匹、 大きさは5.6kg(血抜き後)、2.8kg、1.5kg、1kg。 
 上と左の写真は、飯田船長が釣った5.6kgの板マスです。 船長から画像を送っていただきました。釣ったシャクリも写ってますが、ふちが紫色で、内側はパールホワイトのアクリル板製のものとのことでした。 この大物が釣れた棚は、シャクリまでで28mだったそうです。 飯田船長やりましたね!おめでとうございます!。 まだ、4月15日ですから、これから先は、さらなる大物も期待できますね!。 イルカさえ近くにいなければ、釣れそうですよ。

 

  サクラマス、良型ホッケ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)4月15日の釣果(15日記述): 船長から伺いました。 15日の午前6時に出港し、正午過ぎまでの釣り。 女郎子沖の水深約48mで。 
 サクラマスは全体で
1匹、 大きさは、2.6kg。 棚は、針までで15m。 この1匹は180gのジグのグリーンゴールドで釣れたそうです。
 
ホッケは1人あたり20匹〜40匹、大きさは30cm〜45cm

               **********

  サクラマス、ホッケ  余別漁港 広栄丸 (広和船長0135ー46ー5174)4月14日の釣果(14日記述): 船長から伺いました。 14日の午前5時に出港し、午前11時半までの釣り。 余別前浜の水深約30mで。 
 サクラマス
は全体で 
3匹、 大きさは、3.7kg、2.8kg、1.8kg 棚はカウンターで、15m→20m。  鹿角シャクリと、グリーン系のシャクリで釣れたそうです。
 ホッケは1人 1匹〜3匹、大きさは30cm前後

 サクラマス、ホッケ、黒ゾイ、真ダラ  日司漁港 北星丸 (杉野船長090−6876−5352)4月14日の釣果(14日記述): 乗船したお客様と、船長から伺いました。 14日の午前5時に出港し、午前11時半までの釣り。 余別前浜の水深40m前後で。
 サクラマスは全体で 
2匹、大きさは 3.5kg と 2.8kg超 ブルピン系のシャクリと、グリーン系のシャクリで釣れたそうです。 棚は、20m→25m。
 真ダラは1人あたり2本〜3本、大きさは50cm〜60cm
 
黒ゾイは1人あたり15匹〜20匹、大きさは30cm〜40cm。 
 ホッケは1人あたり20匹〜30匹、大きさは30cm〜40cm

  サクラマス、ホッケ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)4月14日の釣果(14日記述): 船長から伺いました。 14日の午前5時に出港し、正午までの釣り。 幌武意前浜と積丹岬無線塔沖の水深40m〜50mで。
 サクラマスは全体で 
5匹、 大きさは5匹とも、2kg前後 全部がサバイバー250gグリーンゴールドでの釣果。 棚は、カウンターで40m→50m。
 ホッケは1人あたり30匹前後、大きさは30cm〜40cm

  サクラマス、ホッケ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)4月14日の釣果(14日記述): 船長から伺いました。 14日の午前6時に出港し、正午過ぎまでの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約46mで。 
 サクラマスは全体で
1匹、 大きさは、3kg。 棚は、カウンターで10m。 この1匹はTGベイト100gグリーンゴールドで釣れたそうです。
 
ホッケは1人あたり20匹〜40匹、大きさは35cm〜40cm

  真ガレイ、ホッケ  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2716)4月14日の釣果(14日記述): 船長から伺いました。 14日の午前5時に出港し、午後1時までの釣り。 幌武意沖の水深約40mで。 
 真ガレイは1人あたりで 
30枚〜40枚、大きさは、20cm〜35cm
 ホッケは1人あたり10匹〜15匹、大きさは30cm〜45cm 始めは、マスも狙ってバケやシャクリを振っていたそうですが、マスは釣れず、ホッケのみ。 真ガレイは片天秤タイプの様々な仕掛で、エサはイソメ。

               **********

◆ 4月13日。 きょうも北〜北西の風が強く沖は波が高めでしたので、遊漁船は出港できませんでした。

◆ 4月12日(木曜日)記述。 11日の早朝は風が収まっていましたが、日が昇るに連れて強風と雨が降る悪天候の一日でした。 夜にはますますの強烈な風が吹き荒れました。 12日の朝もまだ強めの風が吹いていました。 11日も12日も沖は波が高く、遊漁船は出港できませんでした。

◆ 4月10日。一部の船が出港したと伺いましたが、各船長さんと連絡が取れませんでした。 11日は時化気味になる予報が出ていましたが・・・?。

◆ 4月9日。 西方向からの風が強く、寒い一日でした。 早朝はそれほどでもありませんでしたが、日が昇るに連れて風が強くなり、時化模様になりました。 遊漁船はほとんど全船出港しませんでした。

◆ 4月8日記述。 残念なことに、昨夜からイルカの群れが戻ってきたようで、8日の朝には泳ぎ回るイルカの群れがあちこちで確認されました。 サクラマスもホッケも釣果は悪かったそうです。 どうにかして、イルカさんにお引取り願う方法はないものでしょうか。

 4月7日記述。 何名かの船長さん方から伺いましたが、6日にイルカの群れが来たけど、どこかへ移動したようで、7日にはイルカがいなかったとのお話でした。 3月にもイルカの群れが来ましたが、群れはとどまること無く移動していき、数日後からまた好釣果(定数釣りもあり)が始まりましたので、今回も同じパターンになるように期待したいですね! 4月8日(日曜日)は、釣果の復活を期待して、ほぼ全船がサクラマス釣りに出港するそうです。

               **********

 サクラマス 定数釣り 4.7kgも!  川白漁港 千漁丸 (高田船長090−1643−4439)4月4日の釣果(5日記述): 船長から伺いました。 4日の午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 川白沖の水深40m前後で。
 サクラマスは全員が
定数釣り、大きさは4.7/3.6/3.4/3.3/3.2/3.1/2.9/2.5/2.4kgが各1匹、1.5kg〜2kg超が大半で、1kg未満〜1.3kgがすこし バケを使った方はお一人だけで、あとは全員がシャクリでの釣果。 4.7kgは鹿角シャクリで釣れた。 あとは、深海松シャクリ、カジキのシャクリ、象牙シャクリ、サバイバー250gグリーンゴールドでの釣果。棚は、カウンターで12m〜15m。 左の写真は、船長さんから送っていたものです。

 

 サクラマス 4.5kg!  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398ー2147)4月4日の釣果(5日記述): 船長から伺いました。 4日の午前5時半に出港し、午前11時半までの釣り。 水無沖と余別前浜の水深38m〜50mで。 
 サクラマスは1人あたりで 
2匹〜5匹、 大きさは、4.5kgが1匹、2kg〜2.5kgが3匹、あとは1.5kg〜1.8kg。 4.5kgはバケで釣れたそうです。シャクリは、白丁貝シャクリなどを使っていたそうです。棚は、12m→20m。

 サクラマス 定数釣りも! 余別漁港 漁福丸 (澤船長090−8897−0160)4月4日の釣果(5日記述): 船長から伺いました。 4日の午前5時半に出港し、午前11時半までの釣り。 サルワンと余別前浜の水深40m前後で
 サクラマスは1人あたり
1匹〜定数、大きさは、3.3kg1匹、2.8kg1匹、2kgが1匹、1.5kg〜1.8kgが8匹、あとは1kg前後。 シャクリは、鹿角、白丁貝、アクリルの白など、白色系がよかった。 棚は、13m→20m。

 サクラマス ←5kgが1匹 定数釣りも!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)4月4日の釣果(5日記述): 船長から伺いました。 4日の午前5時半に出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深32m〜38mで。 
 サクラマスは1人あたりで
1匹〜定数、 大きさは、5kgが1匹、4.1kgが1匹、3kg〜3.5kgが11匹、2kg〜2.8kgが20匹、あとは800g〜1.8kg。 棚は、18m→23m。
 左の写真を船長さんから送っていただきました。 この大物は 5kgあったそうです。釣ったのは 札幌市東区の 長谷川 孝司さんです。
黒水牛のシャクリで釣ったそうです。 他にシャクリはお客様方が様々なもので釣っていたそうです。 4.1kgはアワビ貝貼りシャクリで釣れたとも伺いました。

 サクラマス 好釣果!  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)4月4日の釣果(5日記述): 船長から伺いました。 4日の午前5時に出港し、正午までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約48mで。
 サクラマスは1人あたりで 
5匹〜8匹、 大きさは、3.5kgが3匹、2kg〜2,5kgが10匹、あとは800g〜1,5kg バケいろいろと、シャクリもいろいろなもの、そしてサバイバー250gグリーンゴールドでも釣れたそうです。 棚は、カウンターで15m→20m前後。 

               **********

 サクラマス 定数釣り!  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398ー2147)4月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 3日の午前5時半に出港し、正午前までの釣り。 サルワンと余別前浜の水深33m〜42mで。 
 サクラマスは 
全員が定数釣り、 大きさは、2.1kgが1匹、2.1kgが1匹、1kg超が2匹、あとは1kg未満。 3日は前日よりも型が小さめだった。 棚は、カウンターで12m(針までで15m〜16m)。 サバイバー250gのグリーンゴールドでほとんどが釣れた。 全員が定数釣りでしたが、バラシも多かった。

 サクラマス 定数釣りも! 余別漁港 金比羅丸 (吉田船長090−6698ー1351)4月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 3日の午前5時半に出港し、午前11時半までの釣り。 水無沖と余別前浜の水深40m前後で
 サクラマスは1人あたり
3匹〜定数、大きさは、2.1kgが1匹、あとは800g〜1.3kg。 棚は、針までで18m前後。 サバイバー250gのグリーンゴールドが一番良かったそうです。 マンモスの牙と思われるシャクリでも釣れていた。 バケでの釣果は良くなかった。

 サクラマス 定数釣りも!  日司漁港 北星丸 (杉野船長090−6876−5352)4月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 3日の午前5時に出港し、午前11時半までの釣り。 サルワンと余別前浜の水深45m前後で。
 サクラマスは1人あたりで 
5匹〜定数、大きさは 3.1kgが1匹、2kg〜2.5kgが6匹、あとは500g〜1.5kg。3日は型がやや小さく、1kg前後が多かった。 最大の3.1kgは、サバイバー250gのグリーンゴールドで釣れたそうです。 鹿角シャクリとアワビ貝貼りシャクリでも数釣りをしていたそうです。 棚は、針までで12m→30m。

 サクラマス 定数釣りも!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)4月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 3日の午前5時半に出港し、正午までの釣り。 余別前浜の水深40m〜48mで。 
 サクラマスは1人あたり
5匹〜定数、大きさは、2kg〜2.5kgが6匹、あとは600g〜1.5kgですが、1kg超えが多かった
 
大半がサバイバー250gグリーンゴールドで釣れたそうです。 棚は針までで、12m→20m。 3kg超えと思われる良型をバラした方がいたのが、残念だったそうです。

               **********

 サクラマス 定数釣り!  川白漁港 千漁丸 (高田船長090−1643−4439)4月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 2日の午前5時に出港し、正午過ぎまでの釣り。 川白沖の水深40m前後で。
 サクラマスは1人あたり
9匹〜10匹(定数)、大きさは3kg〜3.6kgが4匹、2kg〜2.8kg15匹、あとは1kg〜1.8kg 象牙シャクリ、三木オオナゴシャクリなど、いろいろなシャクリを使っていたそうです。棚は12m〜15m。

 サクラマス 定数釣りも! 余別漁港 漁福丸 (澤船長090−8897−0160)4月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 2日の午前5時半に出港し、午前11時半までの釣り。サルワンと余別前浜の水深40m〜45mで
 サクラマスは1人あたり
5匹〜定数、大きさは、4.2kgが1匹、3.5kgが1匹、2kg前後が6匹、あとは1kg〜1.5kg。 いろいろなシャクリで釣れたそうですが、深海松シャクリで4.2kgが釣れたそうです。棚は、15m〜20m。

 サクラマス 定数釣り!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)4月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 2日の午前5時半に出港し、午前11時半までの釣り。 サルワンと余別前浜の水深40m前後で。 
 サクラマスは 
全員が定数釣り、 大きさは3.2kg〜3.5kgが8匹、2kg〜2.8kgが14匹、あとは1kg〜1.8kg。 
 釣れていた主なるシャクリは、深海松シャクリ、グリーン系シャクリ、サバイバー250gグリーンゴールドなどだったそうです。 棚は、約20m。

 サクラマス 定数釣りも!  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398ー2147)4月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 2日の午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 サルワンと草内沖の水深約40mで。 
 サクラマスは1人あたりで 
5匹〜定数、 大きさは、3.4kg〜3.7kgが5匹、2kg〜2.8kgが10匹、あとは1kg〜1.8kg。 白丁貝シャクリなどいろいろなシャクリで良型+定数釣り。 バケの方も良型+定数釣り。サバイバー250gグリーンゴールドでも良型+定数釣り。 なにかのジグを使っていた、お二人が5匹ずつだったそうです。左の写真は、山田船長さんから送っていただきました。

 サクラマス 定数釣りも!  余別漁港 広栄丸 (広和船長0135ー46ー5174)4月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 2日の午前5時半に出港し、午前11時半までの釣り。 サルワンの水深40m〜50mで。 
 サクラマス
は1人あたりで 
2匹、7匹、・・・、定数、 大きさは、3.2kgが1匹、2.95kgが1匹、2kg〜2.5kgが6匹、あとは1kg〜1.8kg。 600gのバケのいろいろなもの。 仕掛の毛針に付けたタコベイトの色は、緑色やピンク色、タコベイトなしの毛針でも釣れていた。 棚は、18m〜21m。

 サクラマス 定数釣りも、板マス5.3kg↑  日司漁港 北星丸 (杉野船長090−6876−5352)4月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 2日の午前5時に出港し、午前11時半までの釣り。 余別前浜の水深40m〜45mで。
 サクラマスは1人あたり
5匹〜定数、大きさは 5.3kgが1匹、3.2kgが1匹、3kgが1匹、2.7kg〜2.8kgが17匹、あとは1kg〜2kg超。 バケは500g〜600gで、いろいろなもの。 シャクリも様々なもので釣れていたそうですが、5.3kgは深海松シャクリ。上の写真2枚が釣った直後の血抜き前で5.3kgの大物板マスです。午前9時頃に釣れたそうです。 当店で午後1時20分に計測しましたが(血抜き済みで、4時間経過後)、尾叉長で 63.5cm、重さが5.0kg でした。何年ぶりでしょうかこんな大物板マスは!! 申し遅れました、釣り人は札幌市北区の 太田 潔さんです。おめでとうございます!。

 サクラマス 定数釣りも!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)4月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 2日の午前4時半に出港し、午前11時半までの釣り。 サルワンと余別前浜の水深36m〜47mで。 
 サクラマスは1人あたり
3匹〜定数、大きさは、4kgが1匹、3.8kg1匹、3.3kgが2匹、3kgも2匹、2kg〜2.5kgが10匹、あとは1kg〜1.8kg
 
4kgはサバイバー250gのグリーンゴールドで釣れたそうです。シャクリは様々なもので釣れたそうです。 棚は、13m→23m。 

 サクラマス 定数釣りも!  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)4月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 2日の午前5時に出港し、正午までの釣り。 サルワン〜余別前浜の水深約40mで。
 サクラマスは1人あたりで 
3匹〜定数、 大きさは、3kg前後が4匹、2kg前後が多かった バケでもシャクリでも、いろいろなもので釣れたそうです。 棚は、カウンターで20m前後。 

               **********

 サクラマス 5kgが1匹 定数釣りも!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)3月28日の釣果(29日記述): 船長から28日に電話で伺いました。(28日は当店が情報更新のお休みの日でした。) 28日の午前5時半過ぎに出港し、正午過ぎまでの釣り。 幌武意沖の水深32m〜36mで。 
 サクラマスは1人あたり 
0匹〜10匹(定数)、 大きさは、5kgが1匹、3.3kgが1匹、2kg〜2.5kgが10匹、あとは1kg〜1.6kg。 棚は、20m〜26m。
 上の写真を船長さんから送っていただきました。この大物サクラマスは 65cm、5kgあったそうです。釣ったのは 旭川市永山の 村岸 尚樹さんです。
サバイバー250gグリーンゴールドで釣りました。 3.3kgのサクラマスは別のお客様が、三木製作所オオナゴシャクリで釣ったと伺いました。

               **********

 サクラマス ↑ 全員が定数釣り!  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398ー2147)3月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前6時に出港し、正午前までの釣り。 サルワンの水深40m〜50mで。 
 サクラマスは 
全員が定数釣り、 大きさは、2.8kgが1匹、1.2kg〜1.8kgが約4割、1kg未満が約6割。 バケは600gの様々なもの。 ピンク色、緑色、白色系、などのタコベイトを毛針につけていた。 棚は、20m→25m。 上の写真は、船長から送っていただいた本日の釣果の一部です。上の左は、岩見沢市の高橋さんが釣った 2.8kgで、上の右は、札幌市の磯井さんお一人の釣果だと伺いました。<船長よりのお知らせです24日の土曜日のマス釣り空きがあるそうですから、24日乗船したい方は、船長まで電話でお申し込みください。>

               **********

 サクラマス 全員定数釣り 板マス4kgも!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)3月15日の釣果(15日記述): 船長から伺いました。 15日の午前5時半に出港し、午前11時沖上がり。 余別前浜の水深40m〜42mで。 
 サクラマスは 
全員が定数釣り、 大きさは、4kgが1匹、2kg〜2.3kgが10匹、1kg〜1.5kgが大半。 1kg未満は少しだけ。 バケは600gで、アワビ貝貼り、その他様々なもの。 仕掛の毛針に付けたタコベイトの色は、緑色、ピンク色、茶色、その他いろいろ。シャクリや、サバイバー250gのグリーンゴールドとイワシブルーでも定数釣り。 シャクリで釣っていた人と、サバイバーで釣っていた人達が、魚が水面まで来て明らかに3kg超えのサイズのものをバラしたり、竿をノサレそうになってからバレたりしたのが3匹あったそうです。 棚はカウンターで15m〜20m。上の写真を長内船長さんから、メールでいただきました。きょう最大の板マス4kgです。釣り人は札幌市東区の 佐藤冨士男さんです。やりましたね!!  <長内船長からの強いお願いです: バケでサクラマスを釣る際は、太平洋でよく釣れた仕掛でも、日本海では釣れないことがほとんどですから、必ず日本海用のバケ用のサクラマス仕掛をお持ちください、とのことでした。悲惨なほど差がついてしまう事少なくないそうです。

               **********

 サクラマス 3.4kg超 定数釣りも!  余別漁港 正宝丸 (野宮船長080−6064−4651)3月10日の釣果(10日記述): 乗船したお客様から釣りの帰りに伺いました。 10日の午前7時に出港し、午後12時半までの釣り。 サルワンの水深45m前後で。左の写真は、小樽市オタモイの 成田健太さんが午前11時過ぎに釣った59cm、3.4kg(血抜き後に当店で午後3時15分に計測)です。 サクラマスは 全員が10匹の定数釣り、大きさは、3.4kgが1匹、2kgが1匹、1.2kg〜1.3kgが4匹、あとは600g〜1kg。  バケを使った方は1名だけで、あとは全員シャクリやジグを使用。 バケは600gで、ミラーブルー。 仕掛の毛針に付けたタコベイトの色は、緑色で白丁貝カグラ付き。  棚は、カウンターで20m前後。 本日の最大を釣った成田さんは、ブルー系のシャクリでこの魚を釣ったそうです。

               **********

下の写真は↓、アラスカへ遠征したときの写真ではありません、余市です!。 (この魚のせいで、アラスカの雰囲気出ちゃってません?)

 ↑ サクラマス釣り中に、キングサーモン10.5kg!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)3月19日の釣果(2016年3月19日記述): 乗船したお客様からと、船長から伺いました。 午前6時前に出港し、正午前までの釣り。 余別沖と積丹岬無線塔沖の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 7匹、 大きさは 2.3kgと2kgが各1匹、1.5kgが1匹、500g〜1kgが4匹。 ホッケは1人あたりで 30匹〜50匹、大きさは、30cm〜45cm。 シャクリは、黒水牛、鹿角が活躍。良型のサクラマスにショックリーダーを切られたり、やりとり中にバケ尻の針が折れたりして、良型をばらしたそうです。 しかしながら、上の写真のなんと、10.5kg の マスノスケ(キングサーモン)が釣れて、船上どころか積丹中の遊漁船の間で騒然となったそうです。釣り人は、札幌市豊平区の 金野 祐 さんです。金野さんのお話しによると、釣れたのは午前11時頃で、積丹岬無線塔沖の水深46m、棚は針までで40mだったそうです。 積丹でマスノスケのこのサイズが釣れたのは25年以上無いと思います。アラスカやカナダへ行かないで良型を釣るなんて、宝くじの1等当選に匹敵する確率ではないでしょうか?!。 このマスノスケが、選んで食らいついたのは、サバイバー250gモスグリーンオオナゴでした。 それにしても金野さん、よくぞ無事に釣り上げましたね!、お見事でした。おめでとうございます。 

 
     投 げ 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

★ 釣り会成績:小樽市銀鱗会の成績をご覧下さい。

◆ 真ガレイ  余市港  4月18日の朝の釣果(18日記述) 余市港の南防波堤の高台の上で釣りをしていた人達を、午前7時過ぎからしばらく見てきましたとおっしゃる地元のお客様から伺いました。 南防波堤で高台に上がる階段の側で、舟道に投げていた方がよく釣っていたそうです。 夜明けか前から午前7時50分ごろまでの釣果ですが、
 真ガレイを1人で 15枚、大きさは 約20cm〜32cm。 
 エサはイソメ。 昨日までの底荒れが収まったような釣れ方だったそうです。

◆ 真ガレイ、ホッケ  余市港  4月17日の朝の釣果(17日記述) 午前8時半頃に余市港の中防波堤まで行って見てきました。 中防波堤での最初の角の右並びで、4人が釣りをしていました。 夜明けか前後から釣っているとのことでした。
 真ガレイが1人あたりで 0枚〜1枚、大きさは 約20cm。 
 ホッケが 2匹〜5匹、 大きさは 25cm〜30cm。 
 エサはイソメ。 オキアミを入れたコマセカゴは使っていました。まだ底荒れが有るようです、とのお話でした。 毎日のように日中に強風が吹くので、底荒れが収まりきれない感じです。

◆ ホッケ  余市港  4月16日の朝の釣果(16日記述) 午前8時半頃に余市港の中防波堤まで行って見てきました。 中防波堤での最初の角の右並びには、8人が釣りをしていました。 夜明けか前後から釣っているとのことで、釣果は
 ホッケが 2匹〜5匹、 大きさは 24cm〜30cm。 
 エサはイソメ。 オキアミを入れたコマセカゴは使っていました。前夜に強風で時化てましたので、底荒れがあったのか、きょうは真ガレイの釣果がほとんど無かったです。17日になって底荒れが収まれば、また釣れてくると思います。

◆ 真ガレイ、ホッケ  余市港  4月13日の朝の釣果(13日記述) 午前8時半頃に余市港の中防波堤まで行って見てきました。 中防波堤での最初の角の右並びには、10人が釣りをしていました。 夜明けか前後から釣っているとのことでした。
 真ガレイが1人あたりで 2枚〜10枚、大きさは 18cm〜25cm。 
 ホッケが 2匹〜10匹超、 大きさは 24cm〜30cm。 
 エサはイソメ。 オキアミを入れたコマセカゴは使っていました。

◆ 真ガレイ、ホッケ  余市港  4月12日の朝の釣果(12日記述) 午前8時半頃に余市港の中防波堤まで行って見てきました。 中防波堤での最初の角の右並びで釣っていた5人の方達の釣果です。 夜明けか前後から始めたそうです。
 真ガレイが1人あたりで 2枚〜3枚、大きさは 19cm〜25cm。 
 ホッケが 5匹〜6匹、 大きさは 25cm〜30cm。 
 エサはイソメ。 オキアミを入れたコマセカゴは使っていました。 午前6時頃から釣れ始めたそうです。

◆ 真ガレイ、ホッケ  積丹町美国 河口導流堤  4月10日の釣果(10日記述) 美国の小泊海岸の美国川河口にある導流堤の上からの投げ釣りを、午前5時頃から4人でしてきたそうです。 切り上げたのは正午だったそうです。真ガレイの手のひらサイズはたくさん釣れたそうですが、リリースしたそうです。以下はキープした魚ですが、
 真ガレイの33cm1枚河ガレイの36cm1枚。 ホッケは36cmと40cmが各1匹。 黒ガシラは30cmが1枚
 エサはイソメと塩イソメ。 

◆ 真ガレイ、ホッケ  余市港  4月10日の朝の釣果(10日記述) 午前8時半頃に余市港の中防波堤まで行って見てきました。 中防波堤での最初の角の右並びで釣っていた方達の釣果です。 夜明けから釣れ始めたそうです。
 真ガレイが1人あたりで 4枚〜5枚、大きさは 18cm〜25cm35cmを1枚釣った人がいました。 
 ホッケが 6匹〜10匹、 大きさは 25cm〜30cm。 
 エサはイソメ。 オキアミを入れたコマセカゴは使っていました。 

◆ 真ガレイ  余市港  4月9日の朝の釣果(9日記述) 午前8時半過ぎに余市港まで行って見てきました。 中防波堤で4人の方達が投げ釣りをしていました。
 真ガレイが1人あたり 4枚〜5枚、大きさは 20cm前後。 
 エサはイソメ。 小さいガヤが釣れてエサが取られるので困ってました。ガヤはリリースしていました。

◆ ホッケ  余市港  4月7日の朝の釣果(7日記述) 午前8時半頃に余市港の中防波堤まで行って見てきました。 中防波堤では8人ほどが釣りをしていました。そのなかの最初の角の右で釣っていた方の釣果です。 前日夜から釣っていた人達だそうです。
 ホッケが1人あたりで 10匹〜30匹、 大きさは 24cm〜32cm。 
 エサはイソメ。 オキアミを入れたコマセカゴをつけていました。

◆ ホッケ、真ガレイ  余市港  4月6日の朝の釣果(6日記述) 寒い日で霧雨やみぞれが降る天気でしたので、港内で投げ釣りをしていた人も少ない日でした。 @朝は、午前8時半頃に余市港まで行って見てきました。中防波堤での最初の角の右で釣っていた方の 午前5時から午前8時半までの釣果です。
 ホッケが 10匹、 大きさは 25cm〜31cm。 
 エサは塩イソメ。 オキアミを入れたコマセカゴは使っていました。

 A午後3時半頃にも、余市港の中防波堤まで行ってみてきました。やはり寒くて雨の降る天気でしたので、中防波堤に釣り人は2人だけでした。お二人のうちのお一方がまずまず釣っていましたので伺いましたら、キープしていたのは、
  真ガレイを 2枚、大きさは 30cm超。 手のひらサイズの真ガレイが結構釣れたそうですがリリースしているとのことでした。 また、小さなガヤもうるさいほど釣れてくるがリリースしているとのことでした。この方は、正午過ぎから午後3時半までの釣果でした。

◆ ホッケ  余市港  4月3日の朝の釣果(3日記述) 午前8時半過ぎに余市港の中防波堤まで行って見てきました。 中防波堤での最初の角の右で釣っていた方の釣果です。 夜明けから釣れ始めたそうです。
 ホッケが 15匹、 大きさは 25cm〜33cm。 
 エサはイソメ。 オキアミを入れたコマセカゴをつけていました。小さいガヤがうるさかったそうです。 

◆ 真ガレイ、ホッケ  余市港  3月31日の朝の釣果(31日記述) 午前8時半過ぎに余市港まで行って見てきました。 中防波堤での最初の角の右で釣っていた方の釣果です。 夜明けから釣れ始めたそうです。
 真ガレイが 5枚、大きさは 20cm〜28cm。 
 ホッケが 10匹、 大きさは 25cm〜32cm。 
 エサはイソメ。 オキアミを入れたコマセカゴは使っていました。 

◆ 真ガレイ、ホッケ  余市港  3月30日の釣果(30日記述) 午前8時半過ぎに余市港まで行って見てきました。 南防波堤の高台の上で1人が投げ釣りをしていました。 前日の夜遅くから釣っていたそうですが、夜のうちはまったく釣れず午前5時半過ぎから釣れ始めたそうです。 この時の釣果は、
 真ガレイが 5枚、大きさは 24cm〜28cm。 
 ホッケが 4匹、 大きさは 25cm〜33cm。 
 エサはイソメ。 コマセカゴは使っていませんでした。 

               **********

◆ 黒ガシラ良型!  石狩湾新港  3月13日の釣果(13日記述) 釣りの帰りの積丹町にお住まいの、中村健治様から伺いました。 石狩湾新港 花畔埠頭の階段状護岸で、お友達と4人で釣りを開始したのが、午前5時過ぎとのこと。風が強めだったそうですが、正午まで釣りをしてきたそうです。ぽつりぽつりと黒ガシラと河ガレイが釣れたそうです。午前1時ごろに切り上げたそうですが 黒ガシラは4人で6枚、大きさは上から、46cm、43cm、42cm、40cm、33cm、30cm。 左の写真は、中村さんが釣った 43cmの黒ガシラです(スマホ画像をいただきました)。 河ガレイ4人で6枚で、大きさは25cm〜30cm弱だったそうです。コマセカゴを使ったそうですが、カゴなしの竿でも黒ガシラが釣れたそうです。エサは、生イソメと塩イソメ。コマセカゴにはオキアミ主体の練りエサなど。 約60m〜70m投げていたそうです。 お友達と、時季的にもうそろそろ釣れるかもと行ってみたそうですが、良型が釣れてよかったと、喜んでました。

 

 

     防波堤・港内の釣り  ・このページのトップへ戻る

◆ 2月27日。 今年の冬は、寒いだけでなく、荒れ模様の日が多いので、港内の釣りを楽しめる日が、ほとんどありません。 年配の方たちは、風邪をひくので暖かくなるまでお休みのようです。

◆ 2月16日。 昨年(2017年)の2月中旬、余市川河口横にあるモイレ漁港内に、ニシンの大群が入って、サビキで入れ食いになった日もありましたが、今年は港の外側で群来の現象は見られたものの、港内にはまだほとんど入ってきてないようです。

     ルアーフィッシング  ・このページのトップへ戻る

 バーサスU80シェルのカラーチャートです↓。この他にもお客様からのご注文で多くのカラーのものを製作しております。 なお一番下の2ケはディーヴァ90シェルのオオナゴカラーと、ブルーイワシです。

 

 下の写真は、アルミタイプのカラーチャートです↓。 カラーのバリエーションはこの他に多数ございます。

バーサスU80の、シェル/アルミ/ホロ などのカラーオーダーはお早めにお願い致します。 (特に数多く注文されるお客様にお願いします。1月中のご注文でないと、完成が遅くなってしまいます。)

               **************

◆ ヤリイカ   余市港  4月19日の夜の釣果(20日記述) 釣ってきた方から伺いました。 南防波堤の高台の中ほどに、19日の午後7時半ごろに釣りに入った方が、午後9時過ぎに切り上げたそうです。 釣果は1人で 3バイ。 大きさは、胴長で30cm〜40cm。餌巻きエギを使ったそうです。エサは、鶏ささみ肉

◆ ヤリイカ   余市港  4月18日の夜の釣果(19日記述) 釣ってきた方から伺いました。 南防波堤の高台の中ほどに午後8時ごろに釣りに入った方が、午後10時に切り上げたそうです。 釣果は1人で 3バイ。 大きさは、胴長で28cm、33cm、40cm。 餌巻きエギを使ったそうです。エサは、鶏ささみ肉

◆ サクラマス  神恵内村  4月19日の釣果(19日記述): 午前6時頃に珊内川河口海岸に釣りに行った方が、河口右で釣っていたお一人の方の足元に、魚を入れた袋が置いてあったのを見たそうです。 1匹入っていたそうです。60cm弱らいに見えたそうです。 最近は、余市町内の登川河口海岸〜大浜中海岸でも少しずつ釣れています。

◆ サクラマス  神恵内村  4月17日の釣果(17日記述) 釣りの帰りのお客様が、重さを量っていただけませんか?との依頼があり、午前10時45分頃に計りましたら、尾叉長で 64cmで、4.1kg ありました。 釣った場所は、珊内川河口の右海岸で、夜明けに釣れたそうです。 釣ったルアーは、岡ジグLT−35の、サケ稚魚赤金だったそうです。

◆ サクラマス   積丹町、神恵内村  4月15日の釣果(15日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @余別川河口の右海岸(河口から離れた場所)で、午前6時頃に、60cm超のサクラマスを1匹釣ったそうです。ルアーは、福女子の根ボッケカラーで釣ったそうです。   また、別のおきゃくさまですが A古宇川河口のすぐ右海岸で、午前7時頃に、60cm超のサクラマスを1匹釣ったそうです。ルアーは、バーサスU80シェルで、カラーがブラックシェルだったそうです。同じ頃に、河口の左海岸で釣っていた方が、50cm弱のサクラマスを1匹釣ったのを見たそうです。

◆ ヤリイカ   余市港  4月15日の釣果(15日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 14日の夜にヤリイカ狙いで余市港の中防波堤に入ったそうです。 外海側を時々ヤリイカの群れが移動して行くのが見えていたそうですが、ご自分も周りの方達もほとんど釣れなかったそうです。 午前2時を過ぎる頃、中防波堤の内側でヤリイカが濃くなって、ポツポツと釣れ始めたそうです。午前3時過ぎまでまずまずのペースで釣れたそうですが、その後はペースが落ちてきて、夜明け前に止まったそうです。 このお客様は1人でエギで4ハイを釣ったそうですが、1〜2ハイの方も10パイ近く釣った方もいたと思います、とのことでした。 テーラーに餌を乗せてウキ釣りで釣っていた人達の中には、20パイほどを釣った方もいたように思います、とのお話でした。 これよりもかなり前の時間帯(夕方)に、エギで数ハイ釣った方もいましたよと、また別なお客様から伺いました。

◆ サクラマス 4.55kg  島牧村 第二栄浜漁港  4月14日の釣果(14日記述)左の写真は、第二栄浜漁港の外防波堤の外側の岩場で、午前9時半頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、余市町の 稲沢 武さん です。 当店で午後4時頃に計測しましたら、尾叉長 65.5cmで、4.55kg ありました。 実績ポイントは釣り人で混雑しているので、数年前に、混雑していない場所を探していて、この場所で釣ったことがあり、今回ここに入ったそうです。今年も釣ってますね!。 ルアーは、タイドミノースリム175のカタクチカラーで釣ったそうです。

◆ サクラマス 4.25kg  寿都町 政泊海岸  4月14日の釣果(14日記述)左の写真は、政泊海岸の磯で、午前5時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、小樽市新光の 村山 徳生さん です。 当店で午前11時40分頃に計測しましたら、尾叉長 63.0cmで、4.25kg ありました。 ルアーは、AKジグMari40gの フルピンク。 4kgオーバーのサクラマスを釣ったのは、村山さんは初めてとのことで、大変喜んでました。本当に良かったですね!。 (4kg超はまだの方はがんばりましょう!、今年は大きなチャンスです。)

◆ サクラマス 4.85kg  寿都町 建岩海岸  4月13日の釣果(13日記述)左の写真は、建岩海岸の岩場で、午後2時40分に釣れたサクラマスです。 釣り人は、仁木町の 金澤 正也さん です。 当店で午後5時25分頃に計測しましたら、尾叉長 65.0cmで、4.85kg ありました。 ルアーは、AKジグMari40gの アルミオオナゴカラーとのこと。 同行したお父さんがタモ入れしたそうです。 これもまた、すごい魚でした!。 やりましたね! 自己記録を更新して、またもトップ交代です。撮影した時は、晴れて西日が眩しかったようですね、ごめんなさい。

◆ サクラマス 4.50kg  神恵内村 竜神岬  4月13日の釣果(13日記述)左の写真は、竜神岬の先端の左側で、午後2時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、小樽市桜の 若見 昌三さん です。 当店で午後3時15分頃に計測しましたら、尾叉長 65.0cmで、4.5kg ありました。 ルアーは、自作ジグ35gで、カラーはチャートバックサケ稚魚とのこと。 若見さんは、午前5時前から竜神岬に入り、午前8時までにアメマス、ホッケ、小サクラを釣ったそうですが、その後は午後1時頃まで車内で睡眠をとったそうです。午後1時過ぎから釣りを再開。 午後2時前にサクラマスの跳ねが見えたそうで、その方向へジグを遠投して、3投目にこの大物がヒットしたそうです。これもまた大物をよく上げましたね!。当店サクラマスダービーのトップがまた入れ替わりました。   また、この釣果の他にも、釣りの帰りのお客様方から伺いましたのは、西積丹側の海岸で1人で2匹、東積丹側の海岸で1人で2匹(1匹は4kg超)、早朝に龍神岬で2kg超1匹。

◆ サクラマス 4.30kg  積丹町 幌武意漁港  4月12日の釣果(12日記述)左の写真は、幌武意漁港の東防波堤の中程から外海側で、午後3時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、札幌市手稲区の 熊谷 利正さんです。 当店で午後4時20分頃に計測しましたら、尾叉長 64.0cmで、4.3kgありました。ルアーは、バーサスU80シェルのサケ稚魚カラー。 熊谷さんは毎年のようにバーサスU80サケ稚魚カラーで良型を釣っていますが、御本人は『このルアーだけあれば、この時期の良型サクラマスは大丈夫。』とおっしゃいました。当店サクラマスダービーのトップに出ました!。 熊谷さんはこの日が今シーズン初のサクラマス釣行だったそうです。 この魚を釣る直前に釣ったという、2kg超ぐらいのサクラマスをもう1匹持ってました。 午後2時前から幌武意で釣り始め、次第に波が高くなってきていた中での釣果だったそうです。 この日も撮影時は雨が降っていましたので、玄関の軒下での撮影になりました。

◆ サクラマス 3.60kgで自己記録更新  寿都町 樽岸海岸  4月12日の釣果(12日記述)左の写真は、樽岸海岸の建岩漁港寄りの磯で、午前5時半頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、古平町の 鈴木 篤志さん です。当店で午前10時前に計測しましたら、尾叉長 57.0cmで、3.6kg ありました。背中の盛り上がりが具合は完全板マスですね!。 ルアーは、カブキメタル35gのサケ稚魚カラーだったそうです。 鈴木さんはこの魚で、順位は変わりませんが、自己記録の更新です。鈴木さんは、他に3匹(2.8kg1匹と2kg弱が2匹)釣ってました。合計4匹の釣果でした。 また、他のお客様からの情報ですが、余別川河口海岸で、早朝に2匹。 幌武意漁港外側のゴロタ場で、朝のうちに6匹前後(1匹4kg超えを含む)。

◆ サクラマス 4.70kg↑  神恵内村  4月11日の釣果(12日記述) 左の写真は、神恵内村の海岸で、午前7時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、札幌市中央区の 梅木 直哉さん です。 当店で午後12時半に計測しましたら、尾叉長 64.0cmで、4.70kgもありました。  釣りの帰りにきょう釣ったジグを買うのに来店された際、結構良い型を釣りましたとのお話でしたので、計らせてくださいとお願いしました。 クーラーから取り出した時、入り切らずに湾曲した魚を見た時思わず 『おーーー!』と声をあげていました。 予想を上回る大きさの迫力に驚かされました。 でかい!。 よく上げましたね!。 おめでとうございます。 この大物は、AKジグ Mari40gのグリピンで釣ったそうです。 (計測時は、雨と風の悪天候になってましたので、当店玄関軒下での撮影になりました。)

◆ サクラマス 4.20kg  古平町 沖村海岸  4月10日の釣果(10日記述)左の写真は、沖村海岸の磯場で、午前5時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、仁木町の 堀 新弥さんです。7日に釣った3.35kgを大きく更新しました。 当店で午前8時前に計測しましたら、尾叉長 63.5cmで、4.20kg ありました。 ルアーは、AKジグ Mari 40gのピンクイワシカラーとのこと。当店サクラマスダービーのトップに出ました!。  昨日、幌武意でも釣れてきているとのお話も聞きましたので、東積丹側の広い範囲で最盛期に入った感じです!  これからしばらくの間は、毎日のように、目まぐるしいほど順位の入れ替わることが予想されます。  <その他の情報>ですが、いずれも間接的な未確認情報で恐れ入ります。 島牧村千走海岸(数釣りも)、寿都町浜中海岸、神恵内村、幌武意海岸、などで早朝に少しずつ釣れたそうですが、まもなく風が強くなり切り上げてきた人達が多かったです。

◆ サクラマス 3.35kg  神恵内村町  4月10日の釣果(10日記述) 左の写真は、神恵内村の海岸で、昼過ぎに釣れたサクラマスです。 釣り人は、札幌市東区の森田 康祐さん です。 当店で午後5時過ぎに計測しましたら、尾叉長 57.0cmで、3.35kgありました。 ルアーは、桜舞ジグシェル35gの サケ稚魚カラーとのこと。当店サクラマスダービーの第4位に入ってきました。 森田さんは、この他に、54.0cm2.6kgと、57.0cm2.8kgも釣ってますが、バラシも多かったそうです。

◆ ヤリイカ、豆イカ  余市港  4月9日の夜の釣果(10日記述) 9日の夜に少し釣れましたと、情報をいただきました。 9日の午後8時ごろから午後9時過ぎまで、製氷工場のある堤防の先端で、餌巻きエギで釣ってみたそうです(短時間の釣り)。 釣果は、ヤリイカ3バイ、大きさは胴長で 20cm〜25cm。 豆イカ2ハイ、胴長で13cm前後。 エサは鶏ささみ肉。 ヤリイカはメスイカのサイズだったそうですが、豆イカが大きいので驚いたとのことでした。

◆ サクラマス 釣果情報  島牧村、神恵内村、積丹町  4月9日の釣果(9日記述)釣りの帰りのお客さま方から伺いました。 神恵内村の竜神岬では朝のうちだけ釣りができたそうですが、午前6時頃から波が高くなってしまったそうです。 このお客様が午前5時過ぎに1匹釣ったそうで、秤にのせさせていただきましたら、1.6kgでした。 また、別のお客様から伺いましたら、島牧村江ノ島海岸の整備工場裏周辺で、午前8時前までに 3匹が釣れた話を聞いてきたそうです。 さらに、積丹町にお住まいのお客様から伺いましたが、余別川河口海岸で、早朝に1匹釣った人がいたそうです。 大きさが2.5kgぐらいだったそうです。

◆ サクラマス 4.3kg  余市町 潮見町の海岸  4月9日の釣果(9日記述) 左の写真は、潮見町のゴロタ場で、積丹町美国の 原田研二さん が午後1時半頃に釣ったサクラマスです。 来店された午後3時30分に計測しましたら、尾叉長 61.0cm で、4.3kg でした。 釣ったルアーは、AKジグミノー9cm22gの、ブルーバックとのことでした。 原田さんは当店ダービーには入っていただいてはおりませんが、記念にホームページに出してほしいとのご要望でしたので、掲載いたしました。雨降りでしたので玄関の軒下での撮影になりました。(東積丹にも本格的なサクラマスシーズンが到来したようです。)

◆ サクラマス 3.7kgで自己記録更新  寿都町 浜中海岸  4月8日の釣果(8日記述) 左の写真は、浜中海岸(トイレ前よりも朱太川河口方向によった場所)で、札幌市手稲区の 野村 啓太さん が午前5時頃に釣ったサクラマスです。 当店で午後12時40分に計測しましたら、尾叉長 60.0cm で、3.7kg でした。 野村さんは3月31日に釣った2.9kgの自己記録を更新して、当店サクラマスダービーのトップに出ました。 釣ったルアーは、AKジグミノー37gのパールピンクカラーだったそうです。 野村さん絶好調ですね!寿都一帯は昨日の7日から魚影が非常に濃くなっております。 8日の早朝からお昼すぎ頃までの釣果ですが、樽岸側では約15匹、歌棄(鰊御殿前)海岸では10匹超、中間の浜中海岸でも5匹前後が釣れたとの情報を、数名のお客様から伺いました。

◆ アメマス 65cm   島牧村 千走海岸  4月8日の釣果(8日記述): 左の写真は、8日の午前7時半頃に、千走漁港の左のゴロタ場で釣れたアメマスです。 釣り人は倶知安町の高橋 竜馬さんです。 当店で8日の午後4時40分頃に計測しましたら。 尾叉長で65cm、重さは3.35kgでした。ルアーは、ショアラインシャイナーSL17-Sのサケ稚魚だったそうです。



◆ サクラマス 3.5kg、2.5kg  神恵内村 竜神岬  4月8日の釣果(8日記述)釣りの帰りのお客さまお二人が、サクラマスを計らせてくださいとのことで、午前9時半頃に来店されました。 早速重さだけ計りましたら、3.5kg と 2.5kg ありました。 竜神岬の河口寄りで、午前6時過ぎに仲良く一人一匹ずつ釣れたそうです。 ルアーは、手作りジグミノーの、ピンクサケ稚魚とオオナゴカラーだったそうです。 風が強くなり、波も高くなってきたので、午前8時頃に切り上げてきたそうです。 この二人の他にも2人が左側で釣っていたそうです。  また、別のお客様から伺いましたが、美国の小泊海岸で釣ってきたそうですが、大きくないサクラマスが1匹釣れたのを見たそうです。

◆ アメマス 65cm   島牧村 千走海岸  4月7日の釣果(8日記述): 左の写真は、7日の午前6頃に、千走漁港の左の岩場で釣れたアメマスです。釣り人は札幌市の松島 清人さん。3ヶ月前にやはり島牧でアメマスの大物を釣った方です。 当店に持ってこられたのが8日の午後2時過ぎでした。 すぐ計測しましたら、尾叉長で65cm、重さは3.4kgでした。 いずれにしても(笑い)、当店アメマスダービーのトップに出ました。 ルアーは、ショアラインシャイナーSL17-Fのホログラムタイプのほうのオオナゴカラーとのことでした。


◆ サクラマス 2.9kg  島牧村 千走海岸  4月7日の釣果(8日記述) 左の写真は、千走漁港の左のゴロタ場で、7日の午前5時半頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、倶知安町の 高橋 竜馬さん です。 当店で8日の午後4時40分頃に計測しましたら、尾叉長 58.0cmで、2.90kgありました。 ルアーは、ショアラインシャイナーZ140LD-Sのグリーンバックとのことでした。

 

 

◆ サクラマス 大物出ました!↑  寿都町 浜中海岸風車下  4月7日の釣果(7日記述) 左の写真は、風車下のトイレ前で、午前7時頃に釣れた大物サクラマスです。 釣り人は、札幌市東区の 池田 こづえさん です。当店で正午過ぎに計測しましたら、尾叉長 62.0cmで、4.7kg もありました。(オスの板マス) 血も抜いてありましたし、釣ってから5時間を経過してましたので、おそらく釣った直後は、ほぼ5kgだったのではないでしょうか? 御本人も秤に乗せるまでここまで重いとは思って無く、重さを聞いて驚いてました。 また、池田さんはこの魚の他にサクラマスを4匹、合計5匹を同じ場所で釣ったそうです。(羨ましすぎですよね!) ルアーは、プレスベイトフュージョン90(31g)のRSカラー。 当店のダービーにはご参加いただいて無かったのが残念です。 それからなんと、池田さんから少し離れたところで釣っていた方が、お一人で良型を頭に、やはり5匹を釣り。 池田さんと同行された方が、お一人で 3匹を釣ったそうです。(『なんて日だ!』)

◆ サクラマス 3.35kg  古平町 沢江海岸  4月7日の釣果(7日記述)左の写真は、沢江海岸の砂浜で、午前7時前に釣れたサクラマスです。 釣り人は、仁木町の 堀 新弥さんです。 朝の仕事前に釣って、仕事が終わってから持参してくださいました。 当店で午後5時前に計測しましたら、尾叉長 58.0cmで、3.35 kgありました。 ルアーは、AKジグ Mari 40gのイワシカラーとのこと。この魚の他にも3匹釣っておりましたが、他の3匹は同じ AKジグ Mari 40gのピンクバックで釣ったそうです。 堀さんも1人で4匹ですか。 (『な、なんて日だ!』)   当店ダービーサクラマス部門の第2位に着けました。

◆ ヤリイカ  余市港 南防波堤  4月6日夜の釣果(7日記述): 6日の夜に釣ってきましたとおっしゃる地元のお客様から伺いました。 6日の午後11時頃に余市港に行ってみたら、南防波堤のガードレールの周辺に釣り人がたくさんいて、ヤリイカを狙っていたそうです。 すぐにエギで狙ってみたそうですが、なかなか釣れずに、午前2時頃まで粘ったそうです。釣果はこのお客様がお一人で 2ハイ、大きさは胴長で 40cm前後。 鶏ささみ肉などを使ったエサ釣りの方達は、結構な数を釣っていた方もいたそうです。

◆ サクラマス 3.3kg  積丹町 神崎海岸  4月6日の釣果(6日記述)左の写真は、神崎漁港の右の砂浜で、午前5時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、仁木町の 金澤 正也さん です。 当店で午前8時15分頃に計測しましたら、尾叉長 59.0cmで、3.30 kgありました。 使っていたルアーは、ジグで ルアーズケミストのクレセント30gで、カラーはパープルバック/ピンクとのことでした。4日の朝と5日の朝に、同じ場所で1回ずつバラシていたそうで、3度めの正直でしたね! 当店ダービーサクラマス部門の第2位に着けてきました。

◆ サクラマスもアメマスも  島牧村 江ノ島海岸  4月4日の釣果(5日記述)左の写真は、江ノ島海岸 北国澗で、午前4時頃にアメマスが釣れて、午前7時半頃にサクラマスが釣れました。 釣り人は、札幌市豊平区の 松下 亨さん です。当店で午後4時頃に計測しましたら、アメマスは尾叉長 63.0cmで、3.05kg。 サクラマスは 尾叉長 56.0cmで、2.65kg ありました。 アメマスはサーフスイング147Fピンクヘッドグリッターで、サクラマスはディアンワイド40gのピンクグロースパークルで釣れたと伺いました。 松下さんは当店のダービーに参加していただいてますので、両部門にイッキに登録されます。 やりましたね!

◆ アメマス  岩内町 野束川河口右海岸  4月2日の釣果(2日記述): 左の写真は、小樽市の 五十嵐 努さんが釣った海アメです。 午前8時頃に、岩内町の野束川河口の右側で釣りました。 当店で正午過ぎに計測しましたら、尾叉長で 54.0cm、重さが 1.75kg でした。 ミノーの Masu Meshi 90MDFの赤金で釣ったそうです。 今シーズンは冬の間非常に寒く、天気が荒れ模様の日が多かったので、海アメに関しては良い釣果が、島牧村を除いてほとんどありませんでした。当店ダービーのアメマス部門にまだ登録魚が無く寂しかったとのことで、五十嵐さんが登録に来てくれました。

◆ サクラマス 3.55kg  島牧村 江ノ島海岸  4月1日の釣果(1日記述)左の写真は、江ノ島海岸のレストハウス前よりもトンネル寄りで、午前6時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、古平町の 鈴木 篤志さん です。当店で午前11時頃に計測しましたら、尾叉長 60.0cmで、3.55kgありました。ルアーは、MSP34gのグリーンシルバーで釣ったそうです。 江ノ島海岸に釣り人は多かったそうですが、近くには釣り人はいなくて、赤灯前から18番周辺にかけては多かったそうです。当店ダービーの暫定トップに出ました。

 

◆ サクラマス 2.9kg  寿都町 樽岸海岸  3月31日の釣果(31日記述)左の写真は、樽岸海岸で、札幌市手稲区の 野村 啓太さん が午後12時15分頃に釣ったサクラマスです。 当店で午後1時45分に計測しましたら、尾叉長 59.0cm で、2.9kg でした。エラは全部取ってあり血抜きもしてありましたので、釣った時は3kgはあったと思われます。 釣ったルアーは、ぶっ飛び君95Sの背黒メッキカラーとのこと。ジグミノーと言えるルアーです。野村さんは午前9時頃に樽岸に入ったそうです。その時は他にも釣り人が見えていたそうですが、どんどん帰って行って、釣ったときは近くには誰もいなかったそうです。 ほぼ3kgの良型が釣れましたので、4月からは大いに期待できますね! このサクラマスは当店サクラマスダービーの暫定トップになります。

◆ サクラマス 2.4kg  島牧村 江ノ島海岸  3月25日の釣果(25日記述)左の写真は、泊川河口の右海岸で、午後1時20分頃に釣れたサクラマスです。 当店で午後4時30分頃に計測しましたら、尾叉長 51.5cm で、2.4kg でした。釣り人は、小樽市緑の 荒内 亮さんです。 釣ったルアーは、岡ジグLT−30のホロピンクとのこと。近くに数人釣り人がいたそうですが、他に釣れた人はいなかったと思います、とのことでした。 当店サクラマスダービーの暫定1位です。

 

◆ サクラマス 2.3kg  島牧村 江ノ島海岸  3月25日の釣果(25日記述)左の写真は、生コン裏の泊川寄りで、午前9時半頃に釣れたサクラマスです。 当店で午後2時に計測しましたら、尾叉長 52cm で、2.3kg ありました。 釣り人は小樽市銭函の 長谷川 徹さんです。 釣ったルアーは、長谷川さんのご友人の下山さんが手作りしたシェル貼りジグミノーで、カタクチイワシ系のカラーでした。重さは30gチョイっ感じでした。 この日は早朝から生コン裏に入ったそうですが、朝のうち小さいアメマスが釣れただけでアタリもなかったそうで、千走海岸に一回移動したそうですが、そちらでも釣れずに、また生コン裏に戻ってきたら釣れたそうです。周囲に釣り人は少なかったそうです。当店サクラマスダービーの暫定2位です。

◆ サクラマス 2匹  島牧村 コベチャナイ  3月24日の釣果(24日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 コベチャナイ海岸の、中の川河口の左側で、午前5時半頃と、午前6時過ぎに、1匹ずつ合計2匹のサクラマスを釣ってきたとのお話を伺いました。 大きさが 44cmと40cmの小さめでした、とのこと。 この2匹の他に、アタリが1回、バラシが1回あったそうです。 釣ったルアーはジグで、ピンクグローと、グリーンピンク、だったそうです。 他にも釣り人が数名いたそうですが、釣った姿は見えなかったそうです。

◆ サクラマス 2.2kgを頭に 1人で6匹も!  島牧村  3月8日の釣果(8日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 江ノ島海岸の、通称エネオス下で、早朝はさっぱり釣れなかったそうですが、午前9時頃に群れが来たのか、ぽつりぽつりと断続的に正午前まで釣れたそうです。 お話を教えてくださったのは小樽市在住のKさん。Kさんは52cm2.2kg1匹、53cm2.2kg1匹、1kg前後を2匹、500g〜600gぐらいか?を2匹(この2匹はリリースできたそうです)を釣ったそうです。 近くにいた方が秤を持っていて図ってくれたそうです。ルアーは、ショアアラインシャイナーZ120LDSと、アスリート12SSとのこと。カラーは様々。 食いが良かったようで、周りの人達も釣っていたそうです。

◆ ワームで黒ゾイ 3匹  美国漁港  2月25日の夜の釣果(26日記述): 釣ってこられた美国在住のお客様から伺いました。 25日の午後9時頃から午後10時過ぎまで、美国漁港内の製氷工場のある堤防で釣りをしたそうです。 釣れたのは、黒ゾイの、18cm、23cm、27cm の3匹。 ワームは、2インチのカーリーテール系のもので、カラーはホワイトだったそうです。 この3匹はリリースしたそうです。

◆ アメマス  積丹町  2月23日の釣果(23日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 午前9時頃に、野塚の駐車場の海中の岩がある場所よりも右の、少し深くなっている所で釣り開始。 この時、波は少し高めだったそうですが、風はまだ弱かったそうです。 ルアーをチェンジしながら探っていたそうですが、プロズワンのジグの、ブルーオリオンのグリーンゴールドの色を使っていたとき(午前9時半頃に)、足元で、アメマスの43cmが1匹 釣れたそうです。写真を撮って魚はリリースしたそうです。この写真も見せていただきましたが、やや太めで海アメだなって体型の魚でした。

◆ ジグでホッケ  積丹町入舸  2月22日の釣果(22日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 入舸漁港に到着しての外側の磯を見たとき、なんとか釣りができると思ったのが午後1時前だったそうです。 すかさずジグをキャストしたら、すぐホッケがヒット!。 それもローソクボッケではなく、持って帰ったら喜ばれそうなホッケだったそうで、気合が入ったそうです。 ところが間もなく風が強くなり始めて、波もでてきたので約30分後に5匹目を釣ったところで、無理をしないで切り上げたそうです。 当店に持参されたホッケを見ましたら、大きさが約35cm〜40cmでした。使ったルアーは、サムライジグ40gのサゴシ竜宮城と、AKジグMari40gのオオナゴカラーだったそうです。  このお客様が、『磯場は凍っていて滑るのでスパイク付きの履物をオススメしていました。』 また、『断続的な強風にだまされないように、波の変化に十分注意してください』とのことでした。 ライフジャケットも必携ですね!。

◆ アメマス  寿都町、蘭越町  2月17日の釣果(17日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 @ 午前6時過ぎに、歌棄海岸の風車の一番岩内側の1本がある側に入ったそうです。 午前6時半頃に、アメマスの約40cmが1匹釣れたそうです。結構太い魚だったとのことでした(魚はリリース)。 ルアーは、赤金のジグミノーだったそうです。 南方向からの風が強かったそうですが、寿都の歌棄海岸には、まだ風が強く当たっていなかったそうです。午前9時過ぎに切り上げてきたそうです。帰り道にあちこち見てきたそうですが、荒れ模様の場所が多かったそうです。 A 午前中に蘭越町の精進川河口海岸に釣りに入った方から伺いました。 ちょうど正午頃に、アメマスの約50cmを1匹釣ったそうです。ルアーは、岡ジグLT−35のピンクだったそうです。 かなり荒れている時化の中での釣りで、他には誰もいなかったそうです。

◆ ホッケ  泊村  2月17日の釣果(17日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 早朝に兜千畳敷に釣りに入ったそうです。 朝のうちは風もそれほど強くなく、波もなかったそうです。 釣り人は10人以上で、ジグをキャストしていた人が多かったそうです。 ホッケがポツポツと釣れていたそうですが、風が強くなってきて波も高くなり始めたので、午前9時前後にはほとんどの人が引き上げたそうです。

◆ 黒ゾイ 3匹  余市港  2月4日の夜の釣果(5日記述): 余市町のお客様から伺いました。 4日の夜、余市港の中防波堤で1時間弱の釣りをしてきたそうです。 釣れたのは、最近あまり釣れていなかった黒ゾイで大きさが、21cm、25cm、28cm の3匹。 ルアーは、ノリーズのバイブレーションの、ラトリンジェッターでカラーはアユカラーだったそうです。 タックルはベイトタックル 久しぶりの黒ゾイで嬉しかったようです。 魚は全部リリースしたそうです。

◆ 豆イカ 狙ってみました  余市港  1月29日の夜の釣果(30日記述): 最近は豆イカ狙いの釣り人が少なくなりましたが、当店社員の高橋がお知り合いの方と2人で釣ってみました。 余市港南防波堤のガードレールが有る所で、29日の午後8時から、(寒かったので)午後9時頃までの約1時間だけ釣ってきました。 豆イカを1人あたりで 6パイ と 1パイ。 大きさは 胴長で 6cm〜7cm。 エギのサイズは、1.8号。 エギのカラーは、オレンジを使用。 <このガードレール前(外灯の下)で釣る際は、冬の間は雪が除雪車に押されて山になるところも有り、高くなっていますので、海に落ちないようにご注意ください。>

◆ サクラマス   泊村 兜千畳敷  1月23日の釣果(23日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 夜明け前から20人以上の釣り人が来ていたそうです。午前8時過ぎから風が強くなり、どんどん悪くなってきたそうです。40gのオレンジゴールドのジグで、約500gのサクラマスを1匹釣ってきたお客様から、ほかに4匹か5匹が釣れたと思います、とのお話を伺いました。午前9時前から引き上げる人もいたそうですが、粘った人たちも午前10時頃には諦めて引き上げたそうです。24日にかけてさらに荒れてくる予報が出ていました。

◆ 豆イカ   幌武意漁港  1月20日の夜〜21日の夜中までの釣果(21日記述): 釣りの帰りのお客様お二人から別々にお話を伺いました。20日の夕方から、東防波堤(内防波堤)の先端周辺で豆イカ狙いをしたそうですが、早い時間帯はあまり釣れなかったそうです。 午後10時をすぎる頃に、群れが寄ってきた感があり、良いペースで釣れたそうです。午前3時ごろまで頑張った方が、1人で30パイ以上を釣ったそうです。エギは1.5号か1.8号で、上におっぱいスッテを付けたそうです。豆イカの大きさは、胴長で約7cm〜13cm。 小さめのエギを使って数を釣った方と、2.2号のエギで比較的大きめを10パイ前後釣った方がいたそうです。 気温が低く風も結構吹いたので、寒さがこたえたそうで、時々車内で休憩を取ったそうです。

◆ 豆イカ   余市町  1月20日の夜の釣果(21日記述): 釣ってきた方から伺いました。 余市港の製氷工場の有る堤防の先端周辺で、20日の午後6時半過ぎから、午後10時頃まで釣ってきたそうです。 豆イカを1人で 10パイ 。 大きさは 胴長で 7cm〜10cm とのことでした。 エギのサイズは、1.8号〜2.5号。 カラーは、ピンク系とオレンジ系。

◆ ワームフィッシング初挑戦 ガヤ、アブラコ   余市港  1月20日〜21日の夜釣りの釣果(21日記述): 20日の夕方に当店に、ワームの釣りに挑戦したいので教えてくださいと来店されたお客様が、21日の朝に再度来店されて、『たくさん釣れて楽しかったです、ありがとうございました。』と、お礼を言ってくださいました。 20日の午後6時半頃から、休み休みで、午前2時頃までの釣果ですが、小さなガヤを50匹以上小さめのアブラコを約10匹、とのことでした。 ジグヘッドは3g、ワームは2インチ。 釣っては放しの繰り返しだったようですが、連続釣れるので、笑いながらの楽しい釣りだったそうです。

◆ サクラマスの間接情報   泊村 兜千畳敷  1月20日の釣果(21日記述): 21日に来店されたお客様から伺いました。 このお客様のお兄さんが、20日に兜千畳敷にサクラマス狙いで釣りに行ってきたそうです。 早朝に全体で10匹以上釣れたのを見てきたそうです。 

◆ サクラマスの間接情報   泊村 兜千畳敷  1月19日の釣果(19日記述): 午前11時頃に来店されたお客様から伺いました。 朝早くに千畳敷に入りたかったそうですが遅れたそうで、着いたら間もなく風が吹いてきて波も高くなってしまったそうです。 早くから来ていた方から、早朝にサクラマスが1匹釣れた話を聞いたそうです。 

◆ ワームでシマゾイ、ガヤ   余市港  1月18日〜19日の夜釣りの釣果(19日記述): 釣りを終えて帰ってこられたお二人から、お話を伺いました。 余市港の中防波堤で、18日の夜遅くから、19日の午前5時頃まで、休憩を入れながら釣ってきたそうです。 シマゾイの 約25cm〜27cmが3匹。 エゾメバル(ガヤ)の 25cmが1匹。 その他に、小さい黒ゾイと、小さいガヤはたくさん釣れてリリースしたそうです。 お客様が、『25cmのガヤの大きさに驚きました、メバルと呼んであげないといけないですね!』と笑ってました。 ジグヘッド2.5g〜3.5g。ワームは2インチ〜2.5インチ。

               **********

◆ アメマスダービー第1号!と思いきや・・・   島牧村 コベチャナイ海岸  1月7日の釣果(7日記述): 左の写真は、7日の午後2時頃に来店された、札幌市の松島清人さんが釣ってきた海アメです。 『当店ダービー今季の登録魚第一号は良型だ!』と私達が色めき立ちましたが、ご本人が『エントリー手続きがまだなんです。』とのこと。さらに伺うと、この魚はリリースしようとしたそうですが、ジグを呑み込まれてて、針を外すのに時間がかかり弱ってしまったと、少し複雑な表情でした。計測しましたら、尾叉長で72cm、重さは3.8kgでした。 釣った場所は、中ノ川河口の左海岸。午前10時頃に釣れたそうです。 ジグは、ディアン60gのグリーンシェルとのこと。 このあと、当店ダービーに参加申し込みをしてお帰りになりました (ありがとうございました松島さん、さらなる大物目指して頑張ってください!。)

               **********

◆ ヒラメ   古平港内  10月16日の釣果(16日記述) 左の写真は、古平港内の遊漁船乗り場の横で、午後3時半頃に釣れたヒラメです。 釣り人は、小樽市入船の 濱井 陽平さんです。 ソイでもガヤでも釣れないかと、21gのオールシルバーのスプーンを投げていたら、ラッキーなことにこのヒラメが釣れたそうです。 当店で午後4時過ぎに計測しましたら、 63cm、2.2kgでした。(血を抜いた後の重さです。)当店のヒラメダービーの第4位に入りました。

 

               **********

◆ サケ2匹  神恵内村 古宇川河口海岸  9月21日の釣果(22日記述) 左の写真は、小樽市の 高橋 誠一さんが、古宇川河口の左海岸で釣ってきたサケです。 午後1時から午後1時半までのほぼ30分間に、この2匹が釣れたそうです。 当店で午後4時頃に計測しましたら、尾叉長で61.0cmの2.5kgと、65.0cmの3.05kg でした。 赤ベースに黒点のスプーンを使ったウキルアー。 もう1匹近くにいた方が釣ったのを見たそうです。 積丹半島では例年は、やや遅れてサケが来る古宇川河口海岸ですが、釣れ始めたようですね!

               **********

◆ ヒラメ   八雲町  7月8日の釣果(9日記述) 左の写真は、8日の午後7時頃に、八雲町の豊津海岸のサーフで釣れたヒラメです。  釣り人は札幌市西区の 築山 純一郎 さんです。 当店で9日の午後1時前に計測しましたら、尾叉長で 64.0cm、重さは 2.80kgでした。 釣れたルアーはジグで、リリック52gのSSYレッドだったそうです。 8日が土曜日で、9日の日曜日も釣りをする予定だったので、エラと内臓を取り、血抜きもしてありました。 もう1枚54cmも釣っていました。 当店ヒラメダービー2017の第3位に着けてきました。

 

               **********

◆ ヒラメ   八雲町  6月27日の釣果(27日記述) 左の写真は、27日の午前9時頃に、八雲町の黒岩漁港近くの砂浜で釣れたヒラメです。  釣り人は余市町の 小野 修治 さんです。 当店で27日の午後1時20分に計測しましたら、尾叉長で 53.5cm、重さは 1.80kgでした。 釣れたルアーは、ウォーターソニック21gのチャートカラーとのことでした。 当店ヒラメダービーの3位に着けてきました。

 

 

               **********

◆ ヒラメ デカ!  積丹町  6月18日の釣果(18日記述) 左の写真は、18日の午前1時頃に、岩内港の漁業者埠頭で釣れたヒラメです。  釣り人は余市町の 北川 健司 さんです。 当店で18日の午前9時50分に計測しましたら尾叉長で 78.0cm、重さは 5.65kgでした。 釣れたルアーは、ワームでバルト3.5インチのイワシカラー、ジグヘッドが21gだったそうです。 当店のヒラメダービーのトップに出ました。

◆ ショアイナダ   神恵内村、積丹町  6月17日の釣果(17日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 竜神岬に立ち寄ったのが午前8時頃だったお客様が、2本のイナダを持って引き上げていく人とすれ違う時に釣果を聞けたそうです。 午前4時から午前5時頃の間に、全体で 6本が釣れたそうです。A 沼前岬では、夜明け頃から午前8時過ぎまでの間に、6本は釣れたと思います、とのお話しをいただきました。

               **********

◆ サクラ狙いがヒラメ良型!  積丹町  6月11日の釣果(11日記述) 左の写真は、11日の午前5時頃に、積丹町の野塚漁港で釣れたヒラメです。  釣り人は手稲区の 駒見 実 さんです。 当店で11日の午前8時に計測しましたら尾叉長で 72.5cm、重さは 4.4kgでした。 釣れたルアーは、バーサスU80シェルのブルピンだったそうです。 実は、駒見さんはこの日、今シーズンあまり数を釣っていないサクラマスに期待をしての入釣だったそうです。 釣り場は、毎シーズンサクラマスで良い思いをしている野塚漁港。当店ヒラメダービーの登録魚第一号となりました。 <お知らせ>ヒラメダービーは参加無料です。期間は、11月23日までです。 釣れたら魚とともにお寄りください。

フライフイッシング  ・このページのトップへ戻る

◆ サクラマス  島牧村 江の島海岸  3月4日の釣果(4日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 江ノ島海岸の赤灯前で、午前8時半ごろに、サクラマスの50cm超が1匹釣れたそうです。 フライは、6番フック、オリーブのマラブーだったそうです。

◆ ニジマス  尻別川  9月4日の釣果(5日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、新しい釣り日誌をお送りいただきましたので、掲載させていただきました。 石澤さん、いつもありがとうございます。 以下のコメントは、そのまま引用させていただきました。↓(今回は、ドライフライで数釣りをした上に、ウエットフライでの良型攻略も!。 楽しい一日でしたね!。)

本日、今年二回目の渓流です。また尻別渓流でした。
友人と二人で釣り上がり、友人はビッグドライ中心でその後を私がウェットフライで、ドライでは攻略しにくい白泡に沈めたりと、丹念に釣って行きました!二人で30cm〜40cmの虹鱒を20匹程つりました。
そして友人がプールの底にへばり付いているドライには無関心の魚を見つけ、すかさず私が8番のウェットフライ、アレキサンドラを沈め、数回流しヒットさせた魚が本日の最大魚、54.5センチ!ま〜5 5センチって事にしといて下さい!(笑)
またまた私が釣ってしまいました!
さすがに渓流でこのサイズとなるとランディングに手こずり、100メートル程下られましたが、5番ロッドと3Xティペットが功を奏し、無事に友人のビッグネットでネットインして頂きました。
雪が降る前にもう一度来れればと思っています!
それではまた………

 

◆ ニジマス  尻別川  8月21日の釣果(22日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、新しい釣り日誌をお送りいただきましたので、掲載させていただきました。 石澤さん、いつもありがとうございます。 以下のコメントは、そのまま引用させていただきました。

お世話になっております!
本日、本州から釣友が来まして、地元の仲間といっしょに尻別川支流に虹鱒釣りに行きました!
ドライフライで釣り上がり、最大50センチ、48センチと大きい魚は私が釣ってしまいました! 
天気が良く清々しい渓流でしたが、久々の釣りで疲れました………!
それではまた…………!

(石澤さん、今回は皆さんで行ってきましたか、それは楽しかったですね!  お友達の皆さんも、次回はリベンジしてくださいね。(笑)  ありがとうございます。)

               **********

◆ ニジマス65cm  尻別川  3月13日の釣果(13日記述): 上の写真は小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、雪代前の尻別川の釣果をいただきましたので、掲載させていただきました。 以下は、石澤さんのコメントをそのまま記述させていただきました。

『小樽の石澤です!
先日はありがとうございました!
今日は天気も良く、気温も上がりそうなので尻別川に行きました。
深瀬のポイント1箇所にしぼり、フライを深く沈め65センチのニジマスが釣れました。
フライは黒のジェネラルプラクティショナーでした!久々の大物で腕が疲れました。 』

 〜『65cmですか! またですか! やりますね!』

 アメマス  余市川  3月11日(11日記述): 釣りの帰りに来店されたお客様から伺いました。 田川橋から100m以上上流の、上流に向かって右岸側で、午前10時頃から釣りを開始したそうです。 午後2時半過ぎに、40cm超のアメマスが1匹釣れたそうです。 フライは#8フックのサケ稚魚。

 アメマス  余市川  3月5日(5日記述): 釣りを終えて、正午ごろに来店された小樽市のお客様から伺いました。 田川橋から100mほど上流の、上流に向かって右岸側で、午前9時頃から釣りを開始したそうです。 午前9時半頃に、約65cmの中肉のアメマスが釣れましたと、携帯画像を見せてくださいました。 フライは#8フックに巻いたゾンカー。カラーは、チャートリュースとの事。ロッドは6番ツーハンド。ラインはシンキングタイプV。リトリーブは、早めだったそうです。 風が強く巻いてきたので、やむを得ず切り上げて来たそうです。

 アメマス  余市川  12月5日(12月6日記述): 釣りの帰りのお客様から5日に伺いました。 余市総合体育館の裏で、早朝からストリーマーで釣ってみたそうですが、アメマスは釣れなかったそうです。 初めて総体裏で釣ってみた方でした。まだ少し早かったようです。

     ウ キ 釣 り  ・このページのトップへ戻る

◆ ホッケ   泊村の弁天島  12月10日の釣果(10日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 弁天島の右側に入ったのが午前10時頃で、すぐ撒きエサを撒き始めたそうです。 1時間ほどした午前11時頃に釣れ始めたそうで、午後2時に切り上げるまでに、このお客様が1人で 30匹。 大きさは、約30cm〜35cm。 食わせエサは、オキアミ。

◆ サケ   美国川河口海岸  10月29日の釣果(29日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 ご本人は釣れなかったそうですが、 美国川河口の導流堤の上からウキ釣りで釣っていた人が、朝のうちに1匹釣り上げたのを見てきました、とのお話しをいただきました。 古平川河口海岸では、29日は釣れなかったようです。

◆ サケ   美国川河口海岸  10月24日の釣果(24日記述) 1匹釣ってきた釣りの帰りのお客様から伺いました。 美国川河口の導流堤で、午後1時頃から釣り開始して、午後4時半頃に切り上げてきたそうです。 導流堤の上と下で釣れた数を合わせると、おそらく10匹前後は釣れたと思います、との事。 ご自身も1匹オスを釣ったそうですが、釣った他に1匹をバラシて、さらにもう1匹は良型でラインブレイクしたそうで、悔しがっていました。 

◆ サケ   美国川河口海岸  10月17日の釣果(17日記述) 釣りの帰りの余市町のお客様と、美国在住のお客様から伺いました。 美国川河口の導流堤では、早朝から午前8時過ぎまでの釣果ですが、釣った人で1人あたり 1匹〜5匹、全体で15匹超が釣れたそうです。 地元の方が、沖にサケがいるし、もう少しの間は釣れそうです、とおっしゃってました。

◆ サケ   古平川河口海岸  10月15日の釣果(15日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。現場に到着した時刻の差で、目にした釣果に差がでたのか?、三者三様のお話しを伺いました。 夜明け前から、午前8時前後までの釣果ですが、左岸のプールではウキ釣りで、『2匹だと思います』、『4匹か5匹釣れてました』、『7匹か8匹ではないでしょうか?』、これらの三通りでした。

               **********

◆ サケ2匹  神恵内村 古宇川河口海岸  9月21日の釣果(22日記述) 左の写真は、小樽市の 高橋 誠一さんが、古宇川河口の左海岸で釣ってきたサケです。 午後1時から午後1時半までのほぼ30分間に、この2匹が釣れたそうです。 当店で午後4時頃に計測しましたら、尾叉長で61.0cmの2.5kgと、65.0cmの3.05kg でした。 赤ベースに黒点のスプーンを使ったウキルアー。 もう1匹近くにいた方が釣ったのを見たそうです。 積丹半島では例年は、やや遅れてサケが来る古宇川河口海岸ですが、釣れ始めたようですね!

               **********

◆ サケ釣れました!朝のうちで15匹か?  古平川河口海岸  9月16日の釣果(16日記述) 左の写真は、古平川河口の新しく掘って出来たプールの中で、午前5時頃に釣れたサケです。 当店で午前8時20分頃に計測しましたら、尾叉長で63cm、重さが2.6kgありました。 釣り人は、札幌市西区八軒の 薄井 博行さんです。ソーダガツオをエサにしたウキ釣りで釣ったそうです。 16日の朝は、午前4時半頃から午前5時過ぎ頃までの間に、新しくユンボで掘って作られたプールの中で、おそらく10匹前後がウキ釣りで釣れたと思います、との事。 その後、午前6時過ぎ頃までのまでの間に、5匹前後が釣れて、そのあとは食いが止まった感があったそうで、写真の薄井さんは午前7時半頃に切り上げてきたそうです。 外海側の釣果は把握できなかったとの事でした。 第二陣が来た感じですね! これから続いて釣れてくれればよいですね!。

     渓流の餌釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆道央地区は、4月1日〜5月31日の間が、やまべ(=ヤマメ、山女魚)の禁漁期間です。 解禁日は6月1日です。

     その他の釣り情報  ・このページのトップへ戻る