船釣り   投げ釣り  防波堤・港内の釣り  ルアーフィッシング
フライフィッシング ウキ釣り 渓流の餌釣り その他の釣り
    余市市場水揚げ概況  ・このページのトップへ戻る

5月3日、4日は余市漁組市場はお休みです。

5月2日、朝の余市漁組市場の水揚げです。

 赤ガレイ24〜40cm 約10,000枚、

 ホッケ25〜33cm80匹、カジカ30〜50cm120匹、

 ナメタ24〜35cm約1,000枚、黒ゾイ25〜50cm50匹、

 カスベ45〜70cm200匹、宗八23〜30cm1,300枚、

 ヒラメ40〜65cm20枚、真ガレイ20〜33cm300枚、

 アサバ26〜33cm250枚、アメマス43〜50cm7匹、

 サクラマス1.2〜3.5kg50匹、ガヤ23〜30cm400匹。

5月1日は日曜日で余市漁組市場はお休みでした。

4月30日は大荒れの天気でしたから、開店時間を遅れさせましたので、余市漁組市場の水揚げを見に行けませんでした。前日から荒れ気味でしたから、水揚げ量は、あっても少なめだったと思います。 5月1日は回復する予報でした。

4月29日の朝の余市漁組市場の水揚げです。

 桜鱒3.8, 3.7, 3.5kg各1匹, 2.4〜2.7kg8匹, 1.7kg1匹、

 赤ガレイ24〜40cm超が約10,000枚、

 真ガレイ20〜33cm約1,700枚、

 ホッケ30cm前後40匹、アサバ25〜38cm200枚、

 宗八22〜30cm約1,600枚、カジカ30〜50cm140匹、

 カスベ35〜70cm150匹、ナメタ25〜36cm1,000枚、

 砂ガレイ19〜28cm400枚、ヤリイカ23〜33cm100パイ。

4月28日の朝の余市漁組市場の水揚げです。

 真ガレイ25〜40cm250枚、真ゾイ25〜35cm50匹、

 赤ガレイ25〜40cm120枚、黒ガシラ25〜35cm20枚、

 砂ガレイ20〜26cm600枚、宗八24〜30cm180枚、

 サクラマス1.7〜2.7kg12匹、ガヤ21〜30cm300匹、

 ホッケ25〜35cm100匹、黒ゾイ25〜40cm40匹、

 ヤリイカ胴長24〜35cm220パイ。

4月26日の朝の余市漁組市場の水揚げです。

 真ガレイ20〜35cm約4,000枚、石ガレイ35cm5枚、

 砂ガレイ19〜29cm約1,400枚、ヒラメ40cm8枚、

 赤ガレイ20〜40cm約1,400枚、シマゾイ40cm4匹、

 宗八20〜26cm約400枚、黒ガシラ30〜40cm45枚、

 桜鱒0.7〜3.6kg27匹、ホッケ30〜35cm130匹、

 アンコウ40〜50cm15匹、マゾイ30〜40cm27匹、

 黒ゾイ25〜33cm150匹、ヤリイカ25〜35cm約1,200パイ。

船 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る
岩内港・その他 川白・神恵内 余別・日司
古平・美国・幌武意 余市町 小樽市など

 サクラマス  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)5月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に出港し、午前11時半までの釣り。 余別沖の水深35m〜38mで。 サクラマスは全体で1匹、大きさは2.5kg 棚は、底。 シャクリで釣れたそうです。 イルカがいたので、数が釣れなかったそうです。

               **********

 ヤナギ好釣果!、ホッケ  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−11325月日の釣果(日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午前11時半までの釣り。 カムイ岬沖の水深120m前後で。 ヤナギノマイは1人あたりで、30匹〜60匹、 大きさは 25cm〜30cm。 ホッケは1人あたり 10匹前後、大きさは 30cm〜40cm。  赤フーセンやフラッシャーなどが付いた針の色々な胴突仕掛で、エサなしで。 なんと深場でヤナギのマイを釣っていたときに、胴突仕掛にサクラマス2.2kgが、水深40mの辺りで食ってきたので、サクラマスの仕掛を付けてバケを降ろしてみたら、3.2kgのサクラマスが釣れたそうです。

 サクラマス、ヒラメ → ヤナギノマイ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)5月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に出港し、正午までの釣り。 余別沖の水深30m〜50mで。 サクラマスは全体で 1匹、 大きさは 2.3kg ヒラメは全体で 2枚、 大きさは 55cm前後 その後神威岬沖の水深100m〜120mでヤナギノマイ釣り。 ヤナギノマイは1人あたり、約10匹〜30匹、 大きさは約25cm〜30cm。 ホッケは数匹ずつ釣れたそうです。

 ヤナギノマイ、黒ゾイ  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)5月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 午前4時半過ぎに出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深約70m〜160mで。  ヤナギノマイは1人あたり、10匹〜40匹、 大きさは 25cm〜30cm。  黒ゾイは1人あたり 10匹〜20匹30cm〜50cm。 白色やピンクなどの色々なフラーッシャーが付いた針の様々な胴突仕掛で、エサは赤イカ。

               **********

 サクラマス、ホッケ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)5月1日の釣果(1日記述): 乗船したお客様からと、船長から伺いました。 午前4時半に出港し、午前11時半までの釣り。 余別沖の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 5匹、 大きさは 2.3kg、2kg、1.8kg、1.5kg、1.3kg 棚は、30m前後。 ブルーのシャクリで2匹と、サバイバー250gのブルーイワシで1匹、合計3匹を1人で釣ってしまった方がいました。 そのご本人が『きょうはブルーの日でしたね。』と、おっしゃってました。 ホッケは1人あたり、約15匹〜20匹、 大きさは約30cm〜35cm

 サクラマス、ホッケ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−10835月1日の釣果(1日記述): 乗船したお客様からと、船長から伺いました。 午前5時に出港し、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 1匹、 大きさは 3.5kg 棚は、約30m。 サバイバー250gのグリーンゴールドで釣れたそうです。 ホッケは1人あたり、20匹前後、 大きさは約30cm〜40cm

 黒ゾイ、ヤナギ、根ボッケ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)5月1日の釣果(1日記述): 船長から伺いました。 午前6時半に出港し、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深約110m〜165mで。 黒ゾイは全体で 約20匹、 大きさは 30cm〜40cm ヤナギノマイは1人あたり、15匹〜30匹、 大きさは 27cm〜35cm。 根ボッケは1人あたり 2匹〜7匹40cm〜50cm。 ピンクや赤のフラッシャーが付いた針の色々な胴突仕掛で、エサはオオナゴ、赤イカ。

 ホッケ、ヤナギ、真ゾイ、ガヤ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)5月1日の釣果(1日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午後12時半までの釣り。 古平沖の水深約90m〜130mで。 ホッケは1人あたり 50匹〜60匹、大きさは30cm〜35cm ヤナギノマイは全体で、10匹、 大きさは 25cm前後。 真ゾイは全体で 30匹、大きさは25cm〜40cm ガヤは1人あたり 5匹前後、大きさは25cm前後。  色々な胴突仕掛で、エサはオオナゴ、赤イカ、マメイカ。

               **********

◆4月30日。北西の風が強く沖は荒れました。遊漁船は全船、出港しませんでした。5月1日は、穏やかになると見ている船長さんが多く、出港する船は多いと思います。

◆4月29日。北東の風が強くなり時化てくる予報が出てましたので、遊漁船はほとんど全船出港を取り止めましたが、極一部の遊漁船が出港しました。

 サクラマス 釣れました!ホッケも 日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)4月29日の釣果(29日記述): 乗船したお客様方から釣りの帰りに伺いましたし、船長からも伺いました。 午前4時半に出港し、午前11時までの釣り。 余別沖の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 16匹、 大きさは 3.8kg1匹、2.9kg1匹、2kg〜2.7kgが10匹、1.5kg前後が3匹、500gが1匹 棚は、15m〜25m。 釣れたのは、サバイバー250gブルーイワシとグリーンゴールド、深海松シャクリ、メキシコ貝を貼ったブルーのシャクリなど、との事。 3.8kgを釣ったお客様が帰りに寄ってくださって伺いましたが、『3.8kgは、サバイバー250gのブルーイワシ』で釣りました、とのお話しでした。ホッケが濃い日だったそうです。 ホッケは1人あたり、約50匹〜70匹、 大きさは約25cm〜40cm

 サクラマス 釣れました!ホッケも 来岸漁港 プレジャーボート (3名乗船して)4月29日の釣果(29日記述): 乗船したお客様方から釣りの帰りに伺いました。 午前4時前に出港し、午前9時までの釣り。 余別沖の水深40m前後で。 サクラマスは3人で 5匹、 大きさは当店で午前11時過ぎに計って、 3.kg(59cm)が1匹、2.kg(58cm)が1匹、kg前後が 棚は、15m〜20m。 釣れたのは、3.1kgはサバイバー250gグリーンゴールドで、2.8kgは深海松シャクリだったと伺いました。 ホッケがとても濃い日だったそうです。3人とも小さいホッケをリリースして、約30cm〜40cmをクーラー釣りだったそうです。

               **********

 サクラマス  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−11324月28日の釣果(28日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午前11時半までの釣り。 水無し沖の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 5匹、 大きさは 4.3kg、2.2kg、2kg、1.6kg、1.4kg 棚は、27m前後。 色々なシャクリで3匹が釣れ、バケで2匹が釣れたそうです。 4.3kgはシルバーミラーのシャクリで釣れたそうです。

               **********

◆4月26日も、遊漁船情報はありませんでした。ほとんど出港した船はなかったと思います。

◆4月25日は、遊漁船情報はありませんでした。ほとんどが出港しなかったと思います。

 ヤナギ、ホッケ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)4月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午後12時半までの釣り。 カムイ岬沖の水深約90m〜110mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 10匹〜15匹、 大きさは 25cm〜30cm ホッケは1人あたりで 10匹〜25匹、 大きさは 30cm〜40cm 白フラッシャーや赤フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で色々なタイプ。 エサは、イカ、赤イカ、オオナゴなど。

               **********

 サクラマス まだ釣れてます!  余別漁港 金比羅丸 (吉田船長090−6698−1351)4月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港、午前11時までの釣り。 余別前浜〜水無し沖の水深35m〜50mで。 サクラマスは全体で 8匹、 大きさは 3.4kgが1匹、3.1kg1匹、2.6kgが1匹、2.3kgが2匹、1.6kgが2匹、1kgが1匹 棚は、30m前後。 バケの人シャクリの人がそれぞれ色々を使っていたそうですが、最大の3.4kgはサバイバー250gのグリーンゴールドで釣れたそうです。

 サクラマス まだ釣れてます! 余別漁港 広栄丸 (広和船長0135−46−5174)4月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港して、午前11時半までの釣り。 余別前浜沖の水深約40mで。 サクラマスは全体で 7匹、 大きさは 2.6kgが2匹、2kgが2匹、800g〜1.3kgが3匹 棚は、30m〜底。 シャクリは、白丁貝シャクリや、グリーン系の物など。 バケもグリーン系を使っていたそうです。

 サクラマス まだ釣れてます!  余別漁港 光洋丸 (角田船長080−1893−3527)4月23日の釣果(23日記述): 乗船したお客様から、釣りの帰りに伺いました。 午前5時に出港、午前11時半までの釣り。 余別前浜の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 5匹、 大きさは 3.3kgが1匹(サバイバー250gグリーンゴールドで、棚15m)、3.2kgが1匹(ブルーのシャクリで、棚20m)、3.1kgが1匹(サバイバー250gグリーンゴールドで、棚15m)、2.0kgが1匹(サバイバー250gグリーンゴールドで、棚15m)、1kgが1匹(サバイバー250gグリーンゴールドで、棚15m) 

 サクラマス まだ釣れてます! 日司漁港 北星丸 (杉野船長090−6876−5352)4月22日の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午後12時半までの釣り。 余別水無し沖の水深約45m〜60mで。 サクラマスは全体で 10匹、 大きさは 3.7kg、3.3kg、2.7kg、2.1kgが各1匹、1kg〜1.5kgが6匹 棚はバラバラで、25m前後。 この日釣れたサクラマスは、すべて、サバイバー250gグリーンゴールドで釣れたそうです。

 サクラマス まだ釣れてます! 日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)4月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午後1時前までの釣り。 余別沖〜水無し沖の水深約42m〜50mで。 サクラマスは全体で 14匹、 大きさは 3.2kg、2.9kg、2.5kg、2kg〜2.3kgが8匹、1kg前後が3匹 棚は、25m〜30m。 釣れたのは、サバイバー250gグリーンゴールド、白丁貝シャクリ、グリーン系のシャクリ、との事でした。

 サクラマス 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)4月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 午前5時前に出港し、午前11時までの釣り。 幌武意沖の水深約33m〜36mで。 サクラマスは全体で 32匹、 大きさは 3.6kg〜3.9kgが6匹、3kg〜3.4kgが6匹、2kg〜2.8kgが11匹、1kg超が9匹 棚は、カウンターで15m〜25m。 釣れたのは、黒水牛のシャクリ、サバイバー250gグリーンゴールド、オオナゴシャクリ(天然素材)、白丁貝シャクリ、深海松シャクリ。

 サクラマス まだ釣れてます! 幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)4月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深約40mで。 サクラマスは全体で 13匹、 大きさは 4kg弱が1匹、3kg〜3.5kgが7匹、2.5kg〜2.7kgが5匹  棚は、20m前後。 サバイバー250gのグリーンゴールドと、白色のシャクリで釣れたそうです。

               **********

 好調!サクラマス 余別漁港 金比羅丸 (吉田船長090−6698−1351)4月13日の釣果(14日記述): 船長から伺いました。 13日午前5時に出港、正午までの釣り。 余別前浜の水深35m〜50mで。 サクラマスは1人あたりで 2匹〜10匹、 大きさは 左の写真の3.5kgが1匹、3.1kg2匹、2.9kg2匹、2kg〜2.6kgが5匹、あとは1kg前後 棚は20m〜35m。 ほとんどが、サバイバー250gのグリーンゴールドと、モスグリーンオオナゴで釣れたそうです。

               **********

 サクラマス 好釣果!4.2kgも  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)3月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様方からと、船長から伺いました。 午前5時半に出港し、正午までの釣り。 サルワンの水深60m〜70mで。 サクラマスは1人あたり 5匹〜10匹、 大きさは 4.2kgが1匹、3.5kgが1匹、2kg超がほとんど500g〜800gは数匹  バケは 600gで、アワビ貝貼り、レーザー、その他様々。 タコベイトの色はピンク、グリーン、など様々でしたが、タコベイト無しの毛針だけにも食ってきていた。 棚は、30m〜底周辺との事。 シャクリは様々だったそうです。 サバイバーのブルーイワシも結構釣れたと、オススメをいただきました。 上の写真は、4.2kgを釣った 江別市大麻の 黒田 博幸さんです。黒田さんは午前8時30分過ぎに、サルワンの水深60mで、棚がカウンターで35mの辺りで釣れたそうです。 4kg越えの板マスは実に良いものですね〜!うらやまし〜!! (今シーズンは、日を追ってのサイズアップも順調な感じですね。)

               **********

下の写真は↓、アラスカへ遠征したときの写真ではありません、余市です!。 (この魚のせいで、アラスカの雰囲気出ちゃってません?)

 ↑ サクラマス釣り中に、キングサーモン10.5kg!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)3月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様からと、船長から伺いました。 午前6時前に出港し、正午前までの釣り。 余別沖と積丹岬無線塔沖の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 7匹、 大きさは 2.3kgと2kgが各1匹、1.5kgが1匹、500g〜1kgが4匹。 ホッケは1人あたりで 30匹〜50匹、大きさは、30cm〜45cm シャクリは、黒水牛、鹿角が活躍。良型のサクラマスにショックリーダーを切られたり、やりとり中にバケ尻の針が折れたりして、良型をばらしたそうです。 しかしながら、上の写真のなんと、10.5kg の マスノスケ(キングサーモン)が釣れて、船上どころか積丹中の遊漁船の間で騒然となったそうです。釣り人は、札幌市豊平区の 金野 祐 さんです。金野さんのお話しによると、釣れたのは午前11時頃で、積丹岬無線塔沖の水深46m、棚は針までで40mだったそうです。 積丹でマスノスケのこのサイズが釣れたのは25年以上無いと思います。アラスカやカナダへ行かないで良型を釣るなんて、宝くじの1等当選に匹敵する確率ではないでしょうか?!。 このマスノスケが、選んで食らいついたのは、サバイバー250gモスグリーンオオナゴでした。 それにしても金野さん、よくぞ無事に釣り上げましたね!、お見事でした。おめでとうございます。 

               **********

 サクラマス 好釣果!3kgも  余別漁港 漁福丸(澤船長090−8897−0160)3月5日の釣果(5日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、正午までの釣り。 余別前浜とサルワンの水深約30m〜50mで。 サクラマスは1人あたりで 8匹〜定数、 大きさは 3kgが1匹、2.5kgが1匹、2.2kgが1匹、1kg超が約10匹、あとは500g〜900g バケは500g〜600gで、アワビ貝貼り、ミラーバケなど色々。 毛針に付けたタコベイトの色は、ピンク、グリーン、ゴールド。 棚は、20m〜30mが多かった。上の写真は、サルワンで午前10時頃に棚30mで釣れた 3kgです。 釣り人は、札幌市西区の 関口 忠幸さんです。関口さんは、500gのブルー系のバケで、金ラメのタコベイトに白丁貝のカグラを付けた16号毛針のバケ尻針に食って来ました、とおっしゃってました。 いい魚ですね〜。順調に大きくなってきましたね!!(おいしそ〜!)   また、きょうの早朝、『初めて使います』と、当店でサバイバー250gのグリーンゴールドを買って、シャクリ方などを聞いていったお客様が帰りによってくださって、『2.5kgを釣りました。』とのご報告をいただきました。(良かったです!、大変うれしいです。)

               **********

 ブリのデイ・ジギング 13kgも↑  美国漁港 仁成丸(佐藤船長090−8899−1693)11月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 午前7時に美国漁港から出港して、午後1時40分までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深約60m〜85mで。 ブリは全体で 36本、大きさは帰港後計測、 13kgが1本、9kg前後が2本、4kg〜6kgが30本、3kg前後が3本。 ジグは、200g前後。上の写真は、この日最大の 13kg、尾叉長86cmを釣った 旭川市東旭川の 山崎 清さんです。『大物です、やりましたね〜!!』 これほどの脂が乗った大物ブリですと、超高級魚になると思われます。 <持ち上げるのが大変なサイズです!!>

               **********

 ブリのデイ・ジギング 12kgオーバーを頭に 20本  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)10月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午前5時半過ぎ、時化気味の中を美国漁港から出港して、午前9時半過ぎまでの釣り。 幌武意沖の水深65m前後で。 ブリは全体で 20本、大きさは帰港後計測して、 血抜き後 12.5kg超が1本、11kgが3本、10kgが1本、あとは6kg〜8kg。 ジグは、180g〜250g。  食ってきたのは底近くから中層まで。 上の写真は、尾叉長85.5cm、血抜き後11.0kgを釣った、仁木町の 堀 隆義さんです。 堀さんは、7kg〜11kgを3本釣りました。使ったジグは、スライドアクター240gアルミシルバーなどとの事でした。 <最近、良型〜大物が連日釣れていますね! 数年前に釣れた16kg〜17kg級を越えていく夢が・・・・。 誰かに釣れてくれれば良いですね!!>

               **********

 ブリのデイ・ジギング 13.5kg頭に 1人で7本  余別漁港 マイボート (札幌市南区の 久末 勝 さん10月17日の釣果(18日記述): ご本人から18日に伺いました。 18日の朝は強風で時化たので、出港せずに帰ってきたそうです。 17日に釣れたブリを積んで立ち寄ってくださいました。 17日の午前9時に出港して、午後1時30分までの釣り。神威岬沖の水深が約50m〜60mで釣ったとのこと。左の写真のブリは、当店で18日の午前9時に計測しましたが、 尾叉長で88cm、13.5kg(血抜き後) ありました。 ほぼ同じぐらいの大きさのブリがもう1本、あとは7kg〜10kgが5本、合計で7本を釣ったそうです。 使ったジグは、ドラッカーハイブリッドタイプU 220g の赤金だったそうです。 ランクルに積まれていた、100リッター前後のクーラーは3コでした。 脂の乗りきった大物ブリばかりでしたので、大喜びでした。

 
     投 げ 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

 釣り会成績: カルデラFC 小樽市銀鱗会 左のボタンからご覧下さい。

◆ 真ガレイ、ホッケ  兜千畳敷  5月1日の釣果(3日記述): 余市町のお客様から3日に伺いました。 このお客様が、4月30日の夜遅くに兜千畳敷に行ったら、運良く先端部が空いていて釣り座を構えることが出来たそうです。 真夜中からコマセカゴにオキアミブロックを中心にして作った撒きエサを詰めて、同じ場所に投げ続けたそうです。そのかいあって、夜明け前から、真ガレイがポツポツと釣れたそうです。午前10時過ぎに切り上げたときの釣果は、 真ガレイが15枚、大きさは20cm〜35cm(25cm〜30cmが10枚)。 宗八ガレイの25cmが1枚。 ホッケが4匹、大きさは25cm〜30cm。 コマセカゴで撒きエサを撒きながらヤリイカもエギで釣ってみたそうです、ヤリイカは2ハイ、大きさは胴長20cmと25cm

◆ ホッケ  神岬漁港  4月24日の釣果(25日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 神岬漁港の外防波堤で釣りを始めたのが、24日の午後3時半頃だったそうです。午後4時頃からホッケが寄ってきたようで、まずまずのペースで釣れたそうです。 ところが日が沈んで暗くなったら止まったそうです。午後7時前にやめたそうです。 ホッケの釣果は1人あたりで 約20匹〜30匹。大きさは 約30cm〜40cm。1匹だけ 45cmの根ボッケ級を釣った人もいたそうです。 エサは、サンマ、オキアミなど。 コマセカゴを使い、オキアミブロックを入れていたそうです。 サビキ仕掛で釣っていた人もいたそうです。

◆ カレイ4種、ホッケ  幌武意漁港  4月8日の釣果(8日記述): 幌武意漁港の北防波堤で釣ってきた3人のお客様方から、釣りの帰りに伺いました。 午前4時から午前8時半まで釣ってきたそうです。 3人合わせての釣果ですが、 黒ガシラ3枚30cm〜40cm。 アサバガレイ25cm前後8枚。 真ガレイ4枚、19cm〜27cm。 宗八ガレイ4枚、20cm〜23cm ホッケは25cm〜30cmを3匹。 エサはイソメ。 金曜日でしたが、釣り人が他にほとんどいなかったそうです。 

◆ マツカワ、イシモチ、黒ガシラ  兜千畳敷  3月18日の釣果(18日記述): 午後3時過ぎに来店されたお客様がマツカワを釣ってきたとの事で、計ってみましたら 42cm、950g ありました。 あとは、25cm前後の黒ガシラが2枚。 27cmのイシモチが1枚でした。 早朝、千畳敷に着いたらすでに釣り人が多かったそうです。 左側のワンドよりも道路よりに入ったそうですが、朝は周囲でもほとんど釣れなかったそうです。午前11時を過ぎてからポツポツと釣れだしたそうです。 40m〜50mの中投げの釣りだったそうです。 遠投していた人達も、数、型ともに良くなかったようですと、おっしゃってました。

◆ 砂ガレイ、河ガレイ  岩内港  3月4日の釣果(4日記述): 釣りの帰りのお客様方(お二人)から伺いました。 岩内港の東外防波堤で、午前7時から釣り始めて、午後1時まで釣ってきたそうです。 2人の釣果で、河ガレイの30cm前後を7枚。 砂ガレイの20cm前後を2枚。 エサはエビ粉をまぶしたイソメ。

◆ アブラコ、黒ゾイ  古平港  2月20日の釣果(20日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 20日の午前0時頃から夜明けまで、休憩を入れながら釣ってきたそうです。 投げ釣りをしながら、その周辺でワームで黒ゾイを釣ったそうです。 黒ゾイは数が釣れたそうですが、キープしたのは25cm越えの2匹だけで、あとはリリースしたそうです。 2月20日という時季の割には黒ゾイが数が釣れたそうです。 また、驚いたのは投げ竿の仕掛に アブラコの40cmが1匹釣れたとのこと。 これも時季からすると大きいと思います。 水温が高めなせいだと思います。 東積丹側のカレイ類も早めに釣れ始めてくれれば良いですね!。

◆ 真ガレイ、宗八、ホッケ  兜千畳敷  2月12日の釣果(13日記述): お友達が釣ってきたお話しを教えていただきました。 2月12日の早朝から、兜千畳敷の先端で、遠投したそうです。 昼過ぎまで釣った釣果です。 真ガレイの34cmを1枚。 宗八ガレイを4枚、大きさは約25cm〜30cm。 ホッケを8匹、大きさは約30cm〜35cm。 エサは塩イソメ。

 2月9日。 2016年は、平地では降雪量が少なく、気温も少し高めですから、春の魚が早いかもしれませんよ。 海水温もやや高めだそうです。

     防波堤・港内の釣り  ・このページのトップへ戻る

◆ ウキ釣りでヤリイカ   余市港  4月22日〜23日の釣果(23日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @製氷工場の先で、22日の午後10時過ぎから、23日の午前2時前まで釣ってきた方が、ヤリイカを1人で 12ハイ。 大きさは胴長で 約20cm〜30cm超。 テーラー針仕掛に、エサは鶏ササミ。 A23日の午前3時半前から、午前4時半過ぎまで、中防波堤の最初の角で釣ってきた方が、1人で 6パイ、大きさは胴長で、約20cm〜30cm。 やはりテーラ1本針仕掛けに、エサは鶏ササミ。

◆ ヤリイカ   余市港   4月19日の釣果:  午前8時半頃、製氷工場のある堤防の先端周辺で3人がヤリイカを釣っていました。 その中のお一人が、早朝は釣れなかったのに、午前8時を過ぎてから少しの間に連続釣れたそうで、1人で 4ハイ を釣っていました。 大きさは胴長で 約25cm〜30cm。 釣ったエギは、1.5号のイワシカラーだったそうです。 底で乗ったとのことでした。

◆ ヤリイカ   余市港   4月5日の釣果: @午前8時40分頃、製氷工場のある堤防の右角でヤリイカ釣りをしていた人達が5人いました。もう、かなり強う風が吹いていましたので、釣りするには厳しい状況でしたが、その中のお一人が3バイか4ハイを釣っていました。胴長で25cm〜30cmでした。 1.8号のエギで、色はブルーを使っていました。  A午前9時前に来店された余市町のお客様から伺いましたが、4日の夕方から午後8時過ぎ頃にかけて、ポツポツと釣れていたそうです。釣った人で10パイ近く釣ったと思います、とのお話しでした。3号ぐらいの大きめのエギで数を釣った方と、テーラー仕掛のウキ釣り(エサ釣り)で数を釣った方もいたそうです。 B5日の午後3時頃に、製氷工場の先の左角に(風が真後ろから吹く場所だったそうで)入った方が、午後4時半頃までの間に(短時間に)、1人で6パイ を釣ったそうです。 大きさは胴長で 約25cm〜35cm。 エギは2.2号のグリーン系の色だったそうです。

◆ ヤリイカ   余市港   4月3日の釣果: 午前6時半頃に余市港に着いて、製氷工場が在る堤防の先で釣っていた人達が3人いたので、見てきましたとおっしゃるお客様から伺いました。 3人とも5ハイ前後釣っていたそうです。 大きさは胴長で約25cm〜30cm。 エギは1.8号か2号を使っていたように思います、との事でした。

◆ マメイカ   美国漁港   4月3日の釣果: 南防波堤の先端で、午前6時半頃から午前7時半頃までの約1時間だけ、お父さんと小学生の息子さんが2人でマメイカを釣ってきました。 数は2人で 約30パイ。 大きさは胴長で約10cm〜12cm。エギは、1.8号と2号を使ったそうです。

◆ ヤリイカ   余市港   4月2日の釣果: 午後2時頃に余市港で見てきましたとおっしゃるお客様から伺いました。 製氷工場が在る堤防の先で釣っていた人が、午後2時の時点で1人で 4ハイ 釣っていたそうです。 大きさは 胴長で約25cm〜30cmぐらいだったそうです。 エギは1.8号が2.0号のオレンジ色を使っていたそうです。

◆ ヤリイカ   余市港   4月1日の釣果: 釣りの帰りのお客様方から伺いました。製氷工場の先の左側で、午前5時半頃から午前7時半頃まで、2人で釣ってきたそうです。 ヤリイカを2人で 11パイ、大きさは 胴長で約30cm〜40cm。 エギは1.8号のオレンジ色を使ったそうです。

     ルアーフィッシング  ・このページのトップへ戻る

 2016年2月23日。 バーサスU80シェルがまとまって入荷しました。 多くのお客様方からカラーオーダーをいただいておりましたので、その製作に追われて店頭販売分をまとめて仕上げることが出来ませんでしたが、久々にかためて仕上がってきました。下の写真が2月23日入荷分の全部です。上側の17個がバーサスU80シェルで、下の2ケが、ディーヴァ90シェルです。↓ (私がデジカメで綺麗に写せないのが残念です、申し訳ございません。) カラーは、まだまだたくさんございますが、オーダーをする際の参考にしてください。

 

 あのバーサスが、リニューアル しました! 。 

2010年1月、”バーサス80”を世に出してまもなく、予想を遙かに超える多くの賞賛をいただき、その春のサクラマスのシーズンには全く製作が間に合わなくて(注文に追いつかない)ばかりか、入荷日には購入順番待ちの列が出来るほどの人気振りになりました。2011年は、さらに売れて製作がまったく間に合いませんでした。 

2012年に入った頃、バーサスの製作に追われながらも、時々佐藤氏の脳裏をよぎるのは、『バーサスを越える泳ぎのジグミノーは出来ないものか? もっと飛んで、もっとサクラマスが釣れるジグミノーを作りたい。』 という湧いてくるような強い思いだったそうです。 そして、そんな強い思いから生まれたのが、Newジグミノー”ディーヴァ”でした。 完成は、妥協を許さず厳しい調整をクリアーした2013年の2月で、もうサクラマス・シーズンが始まっていましたので、『バーサスとはどのように違うのか?』という、バーサスファンの皆様方の興味を誘い、バーサスからディーヴァに乗り換える人が出るほどのヒット・ルアーとなりました。 

その後、少しずつ自分の技術が向上していくのを、お客様方の声によって知らされた佐藤氏でしたが、この道に入った頃にはしたくても出来なかったことは、手の込んだ細工を施したルアーを作ることでした。それがついに2014年9月、活きている魚のように美しいジグミノーを完成させ ”乱舞” と名づけてリリースできたのです。 

そして現在、バーサス、ディーヴァ、乱舞 と 3種の押しも押されぬ佐藤氏の手作りジグミノーは、いまだに快進撃を続けております。 シーズンオフにでさえ、お客様方からのカラーオーダーが途切れることがなく、とても忙しい毎日であります。 

2015年春、その佐藤氏の留まることを知らない向上心がまたもや首をもたげた始めました。 

小さな違いなれど、それは大きな変化をもたらす。』 

バーサスはバーサス以外であってはならず。 しかしながら新しいバーサスの泳ぎは、前のバーサスのそれとは違う。』 

その違いはバーサスの進化でなければならない。』 

そんな言葉が頭から離れず、改良してスイムテスト、また改良しては泳がせる、これを何度も繰り返した後の2015年9月、ついに納得の形が結実したのです。 

 バージョン・アップしたバーサス ”バーサスU” の誕生です!。 販売開始。

 まずは手にとって、その違いをお確かめください。 (2015年9月18日記述)

               **************

◆ サクラマス  積丹町、余市町  5月3日の釣果(3日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @積丹町の幌武意漁港の東防波堤の外側のゴロタ場で、早朝に、サクラマスが 2匹 釣れたのを見てきた方がいました。 他にもつれたかもしれません、ともおっしゃってました。 A余市町の大川町の砂浜の、旭中学校の裏周辺で、午前5時前に、50cm弱 を1匹釣ってきましたとおっしゃるお客様が来店されました。 近くでもう1匹、おそらく60cmぐらいのサクラマスを釣った方もいたそうです。

◆ サクラマス 自己記録更新  余市町  5月2日の釣果(2日記述) 左の写真は、仁木町の 堀 新弥さんが、余市町の大川町の砂浜(旭中学校裏)で、午前5時30分頃に釣ったサクラマスです。 当店で午前7時半頃に計測しましたら、 尾叉長で 65.0cmで、3.80kg ありました。 当店サクラマスダービーの自己記録を更新しました。 釣ったルアーは今回も、堀さんお気に入りの、バーサスU80アルミの赤金です。

◆ サクラマス 自己記録更新  積丹町  5月2日の釣果(2日記述) 左の写真は、小樽市の 土岐 健太 さんが 午前4時30分頃に釣ったサクラマスです。 場所は、積丹町の西河と野塚の間の海岸。 当店で午前9時10分に計測しましたら、尾叉長で 61.0cm、 重量が 3.25kg ありました。 釣ったルアーは、ウインドリップ95Sのサケ稚魚カラーとのことでした。 土岐さんも、当店サクラマスダービーの自己記録を更新しました。  少し離れた所で釣っていた方も、同じような大きさのサクラマスを1匹釣ったそうです。

◆ サクラマス  積丹町、古平町、余市町  5月2日の釣果(2日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @積丹町の浜西河の砂浜で、早朝に 約50cmのサクラマスを釣ったそうです。 ルアーは、岡ジグLT-40の赤金だったそうです。 A古平港の、内(外)防波堤の外海の浅い砂浜で。午前6時半頃に、54cm、2.2kg(当店で9時半頃に計測)を1匹、プレスベイトカムイ110のピンクバックで釣ってきた人がいました。 B余市町の豊浜漁港横の砂浜の右側で、午前9時前に、63.0cm、3.7kg(当店で午前10時頃計測) を1匹釣ってきた方がいました。 (東積丹側も良い調子で釣れています。)

◆ サクラマス  島牧村、神恵内町  5月1日の釣果(1日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @神恵内村の珊内漁港の外防波堤の外側の岩場で、午後1時半頃に、2.7kgのサクラマスを1匹釣って来たお客様がいました(午後4時40分に当店で計測)。ルアーは、アスリートスリム12SS改のカタクチカラーだったそうです。 また、別のお客様から伺いましたが、早朝に、珊内川河口海岸でも、1匹釣れたのを見ました、とのお話しも伺いました。 A江の島海岸のレストハウス前から北国澗方向に少し歩いた場所で、午前5時半頃に良型のサクラマスを1匹釣ってきたお客様がいました。 当店で午前8時45分に計測しましたら、尾叉長で 65cm、4.25kg ありました。 板マス型の良い魚でした。 ルアーは、バーティス120の生オオナゴとの事。

◆ サクラマス  神恵内村、古平町  4月30日の釣果(30日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @神恵内の古宇川河口の右のテトラの上から釣っていた方が、午前4時半頃に、54cmのサクラマスを1匹釣ったそうです。ルアーは、当店で買っていただいた、ディーヴァ90アルミの背中の黒い物だったそうです。 A古平川の河口のすぐ右海岸で釣ってきたお客様から伺いました。 午前5時半と午前6時頃に、1匹ずつバラしてしまったそうです。 ルアーは、乱舞90アルミのサケ稚魚カラーと、シースパローのピンクだったと伺いました。 残念がっていました。 周りでも釣れていなかったそうです。

◆ サクラマス  積丹町  4月29日の釣果(29日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました29日は早朝は釣りが出来ましたが、次第に荒れ模様になり、皆さん早めに切り上げてきていました。 @余別川河口海岸に、午前6時頃着いてしばらく釣ったそうですが釣れず。近くにいた方が、早朝に1匹釣った方がいましたと、教えてくれたそうです。 A幌武意漁港の東防波堤の中程のテトラの上から釣っていた方が、午前5時頃に、50cm台後半を1匹釣ったそうです。同じ方がもう1匹掛けたそうですが、残念ながらバレタそうです。 B積丹川河口から右方向に少し離れた海岸で、風を避けられそうだったので、午前10時から釣り始めたそうですが、14cmのミノー、17cmのミノーと、ショートバイトが来るだけで、さっぱり針掛かりしないので、思い切ってタイドミノースリム200(20cm)のグリーンバックをキャストしたら、間もなく釣れたそうです、しかも3匹。 当店で午後1時前に計測しましたら、3.3kg、2.9kg、約1kgの3匹でした。 (タイドミノースリム200を持って行っていたのが、凄いですね!)

◆ サクラマス  神恵内村、積丹町、古平町  4月28日の釣果(28日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @珊内漁港の外側の磯で、右側に何組もホッケのウキ釣りの人達が入っていたそうで、左側に入ったそうです。 まだ夜が明けない午前4時頃に (当店で正午ごろ計りましたが)2.7kgが1匹釣れたそうです。ルアーは、ウインドリップ95Sのサケ稚魚(2015年カラー)だったそうです。 A幌武意漁港の東防波堤の中程の角よりも陸側のテトラの上から、やはり午前4時頃に、65cmを超える良型を釣ったそうです。 血抜き、ワタ抜きをしてしまったそうで、当店で計測はしませんでした。 ルアーは、バーサス80シェルのグリーンバックだったそうです。 ゴロタ場から釣っていた人達のなかで、2カ所で1匹ずつ(合計2匹)釣れたのを見たそうです。 大きさは50cmあるかなしかに見えたそうです。 B古平川河口のすぐ右海岸で、午前5時から午前6時ごろまでの間に、1人で2匹を釣った方がいたそうです。大きさはどちらも50cm超に見えたそうです。 2匹の内1匹はショアライシャイナーSL14のイワシカラーで釣ったようでした、との事。  また、別な方が、午前7時頃に1匹を釣ったそうです。こちらは、ウインドリップで釣れたように見えたとおっしゃってました。

◆ サクラマス 3.0kg  寿都町  4月27日の釣果(28日記述) 左の写真は、札幌市の 市川 弥生 さんが 午後5時頃に釣ったサクラマスです。 場所は、寿都の弁慶岬の岩場。 当店で午後7時過ぎに計測しましたら、尾叉長で 59.0cm、 重量が 3.0kg ありました。 釣ったルアーは、バーサス80アルミの赤金だったそうです。 市川さんはいつも旦那さんとお二人で釣りに行っていますが、今回は旦那さんには釣れず奥さんに釣れたので、旦那さんが悔しがっていました。(奥さんに花を持たせることが出来て良かったですね!)

◆ サクラマス  積丹半島  4月26日の釣果(26日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @神恵内村の龍神岬に遅くに入った方が、午前10時前後に、50cm超 2匹釣ったそうです。早くからそこで釣っていた別の方が、早朝に1匹釣りましたと教えてくれたそうです。  A幌武意漁港の東防波堤(内防波堤)の中程のテトラの上から外海側で、午前6時前後に2匹、、3.65kg と 2kg超 を合計2匹釣ってきた方がいました。周りでも同じ頃に数匹釣れたそうです。 B余市川河口の導流堤で、早朝から釣っていたそうですが釣れず、午前10時前後に、 3.5kg と3kg超 の2匹を釣ってきた方がいました。 C精進川河口海岸で釣った後に、余別川河口で釣ってきた方達が、ご本人方は釣れなかったそうですが、早朝に1匹釣った人がいましたと聞いたそうです。

◆ サクラマス  積丹半島  4月24日の釣果(24日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @珊内の河口のすぐ左で、午前9時頃に、52cm、2.25kgが1匹。 珊内漁港の右側のゴロタ場で、午前5時過ぎに、52cm、2.05kg。 A古平町の沖村川河口の左海岸で、午前5時頃に、61.0cm、3.3kg。 B余市町の登川の左岸で、河口から少し離れた場所で、午前6時前に、60cm、3.35kg。 C午後4時前に来店されたお客様方が、サクラマスを計らせてくださいとのことで、計りましたら、一番大きい物が 尾叉長63cmで、4.0kgありました。 お二人で良型ばかり2匹ずつ釣ってきたそうで、他は3.5kgが1匹と、3kg前後が2匹ありました。 朝は釣れなかったそうですが、遅くなってから釣れたそうです。ルアーは、40gのジグにご自分でシェルシートを貼ったものとの事でした。場所の詳細は内緒とのことでした。 Dその他間接情報ですが、島牧村の整備工場裏で2匹、千走海岸で1匹。

◆ エギで ヤリイカ  泊村  4月23日〜24日の釣果(24日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 兜千畳敷の先端より左側で、23日の午後10時頃から、エギでヤリイカを狙ったそうです。 夜が明けたらホッケを釣りたかったそうで、午前2時頃にヤリイカ釣りを止めたそうです。 ヤリイカの釣果は1人で、12ハイ、大きさは胴長で 約25cm〜35cmだったそうです。 2号のエギで、色は替えながら釣ったそうです。 

◆ サクラマス 3.05kg  島牧村  4月24日の釣果(24日記述) 左の写真は、小樽市の 土岐 健太 さんが 午前4時45分頃に釣ったサクラマスです。 場所は、島牧村江の島海岸の、泊村河口の左海岸。 当店で午前10時20分に計測しましたら、尾叉長で 57.5cm、 重量が 3.05kg ありました。 釣ったルアーは、福女子28gのカタクチカラーだったそうです。

◆ サクラマス 3.3kg  共和町  4月24日の釣果(24日記述) 左の写真は、札幌市の 船水 良太 さんが 午前5時頃に釣ったサクラマスです。 場所は、堀株川河口海岸。 当店で午前7時過ぎに計測しましたら、尾叉長で 58.0cm、 重量が 3.3kg ありました。 釣ったルアーは、リリック42gのサケ稚魚カラーだったそうです。

 

 

◆ サクラマス 3.85kg  神恵内村  4月23日の釣果(23日記述) 左の写真は、札幌市の 熊谷 利正 さんが 23日の午前5時半に釣ったサクラマスです。 場所は、龍神岬と古宇川河口の間の中間辺りの岩場で、浅く海に立ち込んで釣る場所。 当店で午前10時過ぎに計測しましたら、尾叉長で 1.5cm、 重量が 3.85kg ありました。 釣ったルアーは、バーサスT80シェルのサケ稚魚カラーだったそうです。 当店サクラマスダービーのトップに出ました。 撮影時は雨が降っていまして、雨を避けられる玄関前での記念撮影でした。

◆ サクラマス 3kg  神恵内村  4月23日の釣果(23日記述) 左の写真は、札幌市の  森田 さんが 23日の午後3時に釣ったサクラマスです。 場所は、珊内川河口のすぐ左。 当店で午後6時前に計測しましたら、尾叉長で 58.5cm、 重量が 3kgちょうど でした。 釣ったルアーは、ジグで、ディアン40g赤金との事でした。

◆ サクラマス  積丹町  4月23日の釣果(23日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @幌武意漁港の中防波堤の外側の、すぐのゴロタ場で、早朝に、50cm超を1匹釣った方がいたそうです。 A沼前海岸のゴロタ場で、午前5時頃に、約50cmを1匹釣った方がいらっしゃいました。

◆ サクラマス  積丹町、余市町  4月22日の釣果(22日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @積丹町の余別川河口の右海岸で、午前6時頃に、約50cmを1匹釣った方がいたそうです。 A余市町の登川の河口海岸で、午前3時頃から釣り始め、夜が明ける前までに、1人で3匹を釣った方がいました。 使ったルアーは、Dコン85のヤマメ系カラー。 大きさは、約55cm〜60cm。 この3匹はすべて口に食わせた、とおっしゃってました。 B余市川の河口でも、

◆ サクラマス 3.65kg と 2.35kg  積丹町余別  4月22日の釣果(22日記述) 左の写真は、小樽市の 長谷川 徹 さんが 午後3時前後に釣ったサクラマスです。 場所は、余別川河口の右海岸。 当店で午後5時前に計測しましたら、1匹目が尾叉長で 62.5cm、 重量が 3.65kg 、2匹目が、 56.0cm、2.35kgありました。 ルアーは、長谷川さんのご友人が手作りしたジグミノー30gのグリーンシェルとの事でした。 粘って正解だったと喜んでました。

 

◆ サクラマス 1人で3匹  江の島海岸  4月22日の釣果(22日記述) 左の写真は、小樽市の 佐々木 雄一 さんが 午前6時〜午前7時の間に釣ったサクラマスです。 場所は、江の島海岸の生コン裏。 当店で正午過ぎに計測しましたら、1匹目が尾叉長で 62.0cm、 重量が 3.60kg 、2匹目と3匹目が、 3kgでした。 ルアーは、ジグミノーの煌鱗30gのサケ稚魚カラーとのことでした。 千走が凄く混みあっていて入られなかったので、泊川の左岸から入ったそうです。

◆ サクラマス 2匹ずつ  積丹町  4月21日の釣果(21日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @余別川河口の右海岸で、午前6時頃と、午前8時頃に1匹ずつ釣ってきた方がいました。 当店で計測はしませんでしたが、約60cmと、約55cmだったそうです。 ルアーは、バーサスU80シェルのピンクで1匹、同じバーサス80シェルのグリーンで1匹釣ったとのことでした。 A美国の小泊海岸のエネオス下で、 午前5時過ぎ頃に、約59cmと、約55cmを各1匹釣った方がいました。 ルアーは、ジグミノーのワイズミノーの赤金だったそうです。

◆ サクラマス 2.75kg と 2.7kg  積丹町余別  4月20日の釣果(21日記述) 左の写真は、江別市の 堀口 昌広 さんが 20日の午前5時前後に釣ったサクラマスです。 場所は、余別川河口の右海岸で河口から少し離れた所。 当店で午前8時頃に計測しましたら、1匹目が尾叉長で 58.5cm、 重量が 2.75kg 、2匹目が、 59.0cm、2.7kgありました。 ルアーは、ご本人が名前が忘れたそうですがジグミノーのグリーンピンクとのこと。 実は3匹目もヒットしたそうですが、3匹目はバラシタそうです。 側で釣った地元の人らしい方も、同じような大きさのサクラを釣って、早々に引き上げていったそうです。 堀口さん曰く、『今シーズンは出遅れたけど、これを弾みにさらなる良型を目指して頑張りたい!』とのお話しでした。 (まだまだシーズンはこれからです。毎年釣ってる方ですから、いけるでしょ!。)

◆ サクラマス 2.88kg  積丹町幌武意  4月20日の釣果(21日記述) 左の写真は、小樽市の 中村 美喜雄 さんが 20日の午前5時過ぎに、幌武意漁港の右のゴロタ場を、マッカ岬方向にかなり進んだ場所で釣ったサクラマスです。 当店で計測しましたら、尾叉長で 58.0cm、 重量が 2.88kg ありました。釣り始めたのは午前5時前、何度も見えていたサクラマスの跳ねが無くなった、午前8時過ぎに切り上げてきたそうです。 同行したご友人も、約2kgを1匹釣ったそうです。 ルアーは、岡ジグ 申−35の ケイムラブルーピンクとのことでした。

◆ サクラマス   積丹町、余市町、小樽市  4月19日の釣果(19日記述) 釣りの帰りのお客様方から、情報をいただきました。 @幌武意漁港の南防波堤中程のテトラポッドの上から外海側で、午前5時前に、サクラマスを1人で 2匹 釣ったそうです。大きさは、53cmと50cmだったそうです。 ルアーは、KJ−11のサケ稚魚と、ウインドリップ95SのGBP稚魚だったそうです。 A美国小泊の海水浴場になる砂浜で、午前7時半頃に、約60cmを1匹 釣ったと伺いました。 B余市町の登川河口の右海岸で、午前9時50分に約60cmが1匹釣れたそうです。 ルアーは、岡ジグLT40のブルーだったそうです。 C小樽の塩谷川河口の少し左で、午前10時半頃に、59cmが1匹釣ったそうです。 ルアーは、ジグの桜舞35g オレンジだったそうです。そのすぐ後に59cmより少し小さめを掛けて寄せたそうですが、バラシたそうです。

◆ サクラマス 3.2kgと2.6kg  古平町  4月18日の釣果(18日記述) 左の写真は、小樽市の 上家 和幸 さんが 18日の午後7時頃に、古平町群来海岸の厚苫寄りで釣ったサクラマスです。 当店で9時半頃に計測しましたら、尾叉長で 60.0cm、 重量が 3.2kg ありました。 ルアーは、バーサスU80アルミのサケ稚魚カラーとの事。 強風と波高の上に、濁りがきついところばかりで、釣りが出来るところを見つけるのが大変な日だったそうです。 この魚を釣る前に、沖村川河口の左側の海岸も釣りが出来そうだったので、入ってみたそうです。 そしたら、午前6時頃に、1匹釣れたそうです。沖村で釣れた魚も計りましたら、58.0cm、2.6kg でした。 どこに行っても時化気味で濁りがキツイ所ばかりの状況でしたので、『きょうは無理だろうと、少しキャストしてダメならすぐ帰ろうと思っていたら、2匹も釣れちゃって、まいったよ!。』、『気合い入れても釣れない日が続いたあとの、諦めムードを全身から出しているに日に2匹も釣れるんだからね、それも、濁っているから目立つカラーを投げたら、軽くあたってくるだけで乗らず、だめだろうとナチュラル系を投げたら、一発ヒットだもんね、わかりません!。』と笑ってました。 (写真のサクラマスの頭の傷と血は、シメタときのものです。)

◆ サクラマス 2.75kg  岩内町  4月17日の釣果(18日記述) 左の写真は、共和町の 福井 達雄 さんが 17日の午後6時頃に、岩内町の雷電海岸で釣ったサクラマスです。 午後7時半頃に当店で計測しましたら、尾叉長で 58.0cm、 重量が 2.75kg ありました。 ルアーは、スピンドリフト80HSで、カラーはヒラメリョクとの事でした。 当店のサクラマスダービーの第9位に着けました。 今シーズンは魚影が濃い感じですから、記録更新に頑張ってください。

 サクラマス: 4月17日は、いろんな場所でサクラマスが釣れました!。 ショアのベストシーズンが来た感じですね!。 島牧村は千走海岸、北国澗、江の島海岸。共和町の堀株海岸。神恵内村の珊内川河口海岸。積丹町の余別川河口海岸と、野塚海岸、古平町の古平川河口海岸。その他もいろいろな場所で釣れたと思われます。 これからしばらくの間は、日を追って良型が釣れてくると思われますので、皆さん頑張ってください。 本日、当店に持ち込んで来られて、重さを計った魚もたくさんありました。 どこでどんなサイズのサクラマスが釣れたか、詳しく書きたかったのですが、非常に店が忙しくなり、時間がありませんでした。

◆ サクラマス 3.5kg  古平町  4月17日の釣果(17日記述) 左の写真は、小樽市桜の 若見 昌三さんが 古平川河口から古平港側に100mほど寄ったサーフで釣ったサクラマスです。 午前6時頃に釣れたそうです。 当店で午前8時45分頃に計測しましたら、尾叉長で 61.0cm、 重量が 3.5kg ありました。 当店のサクラマスダービーの第2位に着けてきました。 ルアーは、トライデント115をご自分でチューンアップしたもので、カラーはピンク系でした。

 

◆ サクラマス 2.95kg  積丹町  4月17日の釣果(17日記述) 左の写真は、小樽市緑の  荒内 亮さんが 余別川河口の右海岸で、午前11時50分頃に釣ったサクラマスです。 当店で午後3時時45分頃に計測しましたら、尾叉長で 55.0cm、 重量が 2.95kg ありました。 ルアーは、岡ジグ LT−30のホロピンクだったそうです。 今シーズンの初物をゲットできて、喜んでました。 今シーズンはサクラマスが濃い感じですから、これからさらに良型が釣れると思います。 来週も頑張ってください。

 

◆ サクラマス 3.45kg と 2.65kg  寿都町  4月16日の釣果(16日記述) 当店の アメマス・サクラマスダービーに参加してくださっている、仁木町の 堀 新弥さんが、サクラマスを2匹釣ってきました。 場所は、寿都歌棄海岸の岩場。 1匹目が左の写真で、午前7時過ぎに釣れたそうです。当店で午後1時頃に計測いたしました。 尾叉長で 59.0cmで、3.45kg ありました。 午前8時頃に釣ったもう1匹は、56.0cm、2.65kgでした。 2匹とも、バーサスU80アルミの赤金で釣ったそうです。 浜中海岸には釣り人がいたそうですが、歌棄には釣り人がいなかったそうです。

               **********

◆ 海アメ 57cm   寿都町  2月13日の釣果(13日記述): 左の写真は、13日の午前8時頃に、寿都町の朱太川河口で釣れたアメマスです。釣り人は、小樽市奥沢の 小林 千洋さんです。 当店で午後12時15分に計測しましたら、尾叉長が57.0cmで、2.40kgありました。 当店の第34回アメマス・サクラマスダービーにご参加をいただいているお客様です。 ルアーは、岡ジグLT−35のブルーシェルとのことでした。 小林さんは、リリースしたい意向でしたので、計測後手に持って撮影せずに、すぐ余市港へ行ってリリースしてきたそうです。 意外に元気に泳いでいったそうです。(良かったです。) 当店ダービーアメマス部門の第2位に着けてきました。

               **********

◆ 海アメ 62cm   島牧村  12月13日の釣果(13日記述): 左の写真は、13日の午前7時に、大平川河口平盤の右側の磯で釣れたアメマスです。釣り人は、余市町の 輪島 常夫さんです。 当店で午後12時45分に計測しましたら、尾叉長が62.0cmで、2.75kgありました。 当店の第34回アメマス・サクラマスダービーの登録魚第一号です。ルアーは、ジャクソンアスリート12SSの背黒カタクチカラーです。大平海岸は最近好調ですね。 輪島さん、今シーズンの初釣りで良いサイズが釣れて良かったですね!。

               **********

<下の8枚の画像は、バーサスの作者が最近リリースした、ニュータイプ ハンドメイド・ジグミノーの ”Diva (ディーヴァ)”です。 カラー設定は、バーサス同様非常に豊富です。 ディーヴァの特徴は、究極の好バランスが生み出す、飛行距離とナチュラルな泳ぎです。 想定を超えるような飛びと、リトリーブ・スピードが速くても低速でも、とても綺麗でリアルに泳ぐことです。 構造はバルサ+金属です。 先ずはアルミタイプのみの生産ですが、シェルタイプのご注文もお受けいたします。 33g〜38gのアルミが¥2200、シェルが¥2750。 40g〜45gのアルミが¥2350、シェルが¥2900でございます。 少し残念なのは、下の写真がうまく撮れてないことです。 現物をご覧になれば、その美しさにため息が出るかもしれませんよ!。 作者は、『バーサスを凌ぐほどのサクラマスの釣果を期待し欲しいです。』 と おっしゃってます。>

フライフイッシング  ・このページのトップへ戻る

 

◆ ニジマス  尻別川  3月14日の釣果(15日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、今シーズン初の釣り日誌を(14日の夜に)いただきましたので、掲載させていただきました。 石澤さんの今シーズンの『初尻別釣行』は、ニューロッドのを携えてでしたが、早速、良型ニジマスで入魂で来たそうです。 相性の良いロッドになってくれればよいです。 以下のコメントは、そのまま引用させていただきました。

いつもお世話になっています! 石澤です!
本日、雪代前の尻別川に行って来ました!
今日の尻別川は濁りもなくいい感じで、#4のブラックマドラーゾンカーを沈めて61センチのニジマスが釣れました。
先日、購入させて頂いたロッドにも入魂出来ました!
それではまた!

 アメマス  余市川  12月5日(12月6日記述): 釣りの帰りのお客様から5日に伺いました。 余市総合体育館の裏で、早朝からストリーマーで釣ってみたそうですが、アメマスは釣れなかったそうです。 初めて総体裏で釣ってみた方でした。まだ少し早かったようです。

     ウ キ 釣 り  ・このページのトップへ戻る

◆ ウキ釣りでホッケ   寿都弁慶岬  4月24日の釣果(24日記述): 余市町のお客様が、政泊漁港の磯でホッケを釣ってきました。 午前4時頃から撒き餌を開始して、間もなく釣れ始めたそうです。 良型は少ない日だったそうですが、午前9時過ぎに切り上げるまでに、1人で 61匹 を釣ったそうです。 大きさは、27cm〜35cm。 30cmぐらいの魚が多かったそうです。 食わせエサは、オキアミの新製法のもの。 ウキ釣りに来ていた人達が多く、混みあっていたそうです。 隣で釣っていた方も数を同じぐらい釣っていたそうですが、撒きエサを撒かない人達は、あまり釣れていませんでしたと、おっしゃってました。

◆ ウキ釣りでヤリイカ   余市港  4月21日の釣果(22日記述):  余市にお住まいのお客様が、21日の午後3時頃から、午後8時過ぎまで、製氷工場の先で、テーラー仕掛でウキ釣りをしたそうです。 釣果は1人で 5ハイを釣ったそうです。 大きさは、胴長で、約25cm〜35cmとのことでした。 エサは、鶏ササミ。

◆ ウキ釣りでヤリイカ   古平港  4月20日の釣果(21日記述):  古平にお住まいのお客様が、20日の夕方、ヤリイカ狙いで古平港内に釣りに行ったそうです。まず、エギを色々使ったそうですが釣れず。 側にいたエサ釣りの方が釣っていたので、ご自分も鶏ササミを付けたテーラー仕掛に替えたそうです。 間もなく釣れ始めて、2時間で1人で 9ハイを釣ったそうです。大きさは、胴長で、約25cm〜35cmだったそうです。

◆ ウキ釣りでホッケ   寿都弁慶岬  4月17日の釣果(17日記述): 余市町のお客様が、政泊漁港の磯でホッケを釣ってきました。 午前4時15分頃から撒き餌を開始して、30分ほどで1匹目が釣れたそうですが、食いは渋い日だったそうです。撒きエサの撒き方ばかりでなく、ガン玉やハリスを替えながら頑張ったそうです。 風が強くなって午前7時半頃に切り上げたそうです。釣果は1人で 53匹、大きさは ほとんどが30cm〜35cm、40cmの魚が2匹あったそうです。 エサはオキアミ。 

◆ ウキ釣りで サクラマス   積丹 野塚海岸  4月9日の釣果(9日記述):  午前9時頃来店されたお客様が、サクラマスの重さを計ってくださいとの事で、早速計りましたら、 2.9kg でした。 伺いましたら、午前6時半頃に、野塚海岸のキャンプ場前で釣ったとのこと。 エサはキビナゴを使ったそうです。 当店で海から上がったばかりで鮮度の良い、小さめのオオナゴを買って、『この小さめのオオナゴが欲しかったんです、これならもっと釣れたかも。』とのお話しでした。 風が非常に強くなり、午前8時頃に切り上げてきたそうです。

◆ ウキ釣りでヤリイカ   余市港  4月6日の釣果(7日記述):  6日の午後7時過ぎに余市港に釣りに行った方から伺いました。 南防波堤のガードレールがあるところで、ウキ釣りをしていた人達が1人あたり 2ハイ〜3バイ釣っていたそうです。 大きさは、胴長で25cm〜30cm。 午後8時過ぎまで釣ってきたそうですが、この時エギで釣っていた人達には反応が悪かったそうです。

◆ ウキ釣りでホッケ   寿都弁慶岬  4月3日の釣果(3日記述): 余市町のお客様が、弁慶岬の磯でホッケを釣ってきました。 午前7時から午後12時半までの釣り。 数は 38匹、大きさは ほとんどが35cm前後の良型。 エサはオキアミ。 ウキ下を長くとり、底近くの良型ホッケを狙ったそうです。 午前9時頃に側で釣り始めた別のお一人も数を釣ったそうですが、ほとんど釣れなかった人もいたそうです。

     渓流の餌釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆道央地区は、4月1日〜5月31日まで、やまべ(=ヤマメ、山女魚)の禁漁期間です。 解禁日は6月1日です。

     その他の釣り情報  ・このページのトップへ戻る