船釣り   投げ釣り  防波堤・港内の釣り  ルアーフィッシング
フライフィッシング ウキ釣り 渓流の餌釣り その他の釣り
    余市市場水揚げ概況  ・このページのトップへ戻る

1月17日も、余市漁組市場の水揚げはありませんでした。時化続きでした。

1月16日は、余市漁組市場の水揚げはありませんでした。

1月15日は日曜日で、余市漁組市場はお休みでした。

1月14日も、余市漁組市場の水揚げはありませんでした。

1月13日も、余市漁組市場の水揚げはありませんでした。

1月11日・12日の両日は、余市漁組市場の水揚げはありませんでした。

1月10日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真ダラ55〜85cm60匹、カジカ40〜65cm10匹、

 赤ガレイ26〜35cm250枚、鮟鱇50〜80cm20匹、

 石鰈25〜32cm40枚、アサバ25〜30cm450枚、

 黒ガシラ25〜30cm30枚、ヒラメ38〜60cm30枚、

 真ガレイ24〜33cm20枚、カスベ65〜80cm60匹。

1月9日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真ダラ55cm〜1m2,100本、鮟鱇47〜70cm80匹、

 赤ガレイ26〜38cm2,500枚、宗八23〜32cm80枚、

 カジカ36〜50cm300匹、アサバ25〜35cm5,300枚、

 黒ガシラ24〜33cm400枚、ヒラメ38〜56cm100枚、

 石鰈25〜50cm800枚、真ガレイ25〜33cm450枚、

 ナメタ26〜34cm260枚、カスベ65〜80cm90匹。

1月8日は日曜日で、余市漁組市場はお休みでした。

1月7日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真ダラ55〜90cm2,000本、宗八25〜30cm60枚、

 赤ガレイ25〜35cm2,500枚、カスベ60〜75cm50匹、

 ナメタ26〜34cm80枚、カジカ30〜42cm140匹、

 アサバ26〜35cm400枚、鮟鱇45〜60cm160匹、

 ゴッコ20cm前後70匹、ヒラメ38〜46cm50枚。

1月6日の朝は積雪が無く、余市漁組市場まで早めの時間に行けましたが、水揚げが無い日でした。5日が時化でしたので沖へ行けなかったようです。

1月5日の朝も除雪作業があり、余市漁組市場まで行けませんでした。 いままでのところ、北後志は雪が多いですよ。

船 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る
岩内港・その他 川白・神恵内 余別・日司
古平・美国・幌武意 余市町 小樽市など

 サクラマス ダブルヘッダー  川白漁港 千漁丸 高田船長090−1643−4439)1月17日の釣果(17日記述): 船長から電話で伺いました。 @ 17日の午前7時半に船長単独で出港し、午前10時半までの釣り。 川白沖の水深約35m〜40mで。  サクラマスを船長1人で 41匹 大きさは、1.5kgが1匹、あとは500g〜1.2kg アザラシがいた為なのか、オオナゴが底にいたからなのか、棚は底だったそうです。 午前中がよく釣れたので午後からも出港したそうです。 A 午後1時に出港して午後3時半までの釣り。 数は船長1人で 15匹 大きさは、1.kgが1匹、あとは500g〜1.2kg バケは600gを使用。仕掛は船長の手作り。(仕掛に使ったマス毛針は、プロショップかわぐちオリジナル毛針の日本海用)。   また、川白漁港の他の船の船長さんの釣果ですが、やや深めの場所でホッケを数釣りしたり、サクラマスを船長1人で約30匹釣った船もあったそうです。

               **********

◆1月16日。 夜明け前からほぼ一日中、北〜北東の強烈な風が吹き荒れました。沖は大時化で、遊漁船は出港できませんでした。

◆1月15日。 西方向からの風が強く、東積丹側の沿岸以外は大時化の状況でした。遊漁船はほとんど全船出港できませんでした。

◆1月14日。 余市町では、朝のうちは穏やかでしたが、昼頃から少しずつ雪が降ったり風が断続的に吹きまして、天気は下り坂となってきました。 多くの船長さん方は出港を中止にしたそうです。  金比羅丸の吉田船長(090−6698−1351)さんから伺いましたが、3月19日の日曜日にサクラマス釣りで出港するそうですが、まだ空きがあるそうです。 日曜日の予約は取るのが難しいですから、乗りたいお客様は、吉田さんまで電話でお申し込みください。

◆1月13日。 余市町は晴れ間が結構長くありましたし、午後から風も収まり、久々に気持ちが良い半日でした。 明日になってからでしょうか?、また天気は下り坂とのことで残念です。 お二人の船長さんがたから伺いましたら、この土・日も遊漁船の出港は難しいとのことでした。

◆1月12日。 荒れ模様が続いております。 気温もかなり低い日が続いておりますので、風をひかないようにお気をつけください。 今週末まで荒れ気味の日が続きそうですので、遊漁船の出港も来週になってからになりそうです。 出られればヤリイカとサクラマスが釣れるので、早く収まって欲しいものです。

◆1月10日。 早朝から夜まで吹雪き気味で荒れ模様の一日でした。遊漁船は全く出港できませんでした。 ある船長さんが、今週末まで天気は荒れ模様が続きそうです、とおっしゃってました。

 ヤリイカ、サクラマス   川白漁港 千漁丸 高田船長090−1643−4439)1月9日の釣果(10日記述): 船長から10日に伺いました。 9日の午前6時半にお客様1名だけ乗せて出港し、正午までの釣り。 川白沖の水深約45m〜60mで。船長も釣りをしたそうです。  ヤリイカを1人あたりで、39ハイ、17ハイ 大きさは、胴長30cm〜38cm。  サクラマスを1人あたりで、9匹、7匹 大きさは、700g〜1.2kg 棚は、ヤリイカは底周辺で、サクラマスは24m〜28m。

◆1月9日。 積丹全体でおそらく1艘か2艘の遊漁船が出港した情報をお客様からいただきましたので、詳細情報を伺いたく電話を掛けましたが、船長さんがご不在でお話しを伺えませんでした。

◆1月8日。 朝のうち北方向からの風が強かったです。 一部の遊漁船が出港予定でしたが、予報が悪く出港を取り止めたそうです。8日に出港した遊漁船は、ほとんど無かったと思います。

 黒ゾイ、シマゾイ、ホッケ   幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)1月7日の釣果(7日記述): 船長から伺いました。 7日の午前7時過ぎに出港し、正午過ぎまでの釣り。 幌武意沖の水深約50m〜100mで。 黒ゾイを1人あたりで、8匹〜13匹 大きさは、30cm〜46cm シマゾイを1人あたりで、2匹〜4匹 大きさは、30cm〜40cm。 青ゾイが船中で、1匹 大きさは、40cm超 ホッケを1人あたりで、50匹〜60匹 大きさは、30cm〜45cm。 仕掛は様々な胴突仕掛を使っていたそうです。 エサは、イカ、オオナゴ。 胴突仕掛でなくバケを使ってホッケを釣っていたお客様が、1.7kgのサクラマスを1匹釣ったそうです。  船長からのお知らせです: 8日も、ソイ類とホッケ釣りで出港するそうです。 <まだ、空きがあるそうですから、釣りたいお客様は長内船長さんまで電話でお申し込みください。>

 真ゾイ、黒ゾイ、シマゾイ、ガヤ、ホッケ   古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)1月7日の釣果(7日記述): 船長から伺いました。 7日の午前6時半に出港し、午後1時までの釣り。 古平沖の水深約67m〜75mで。  真ゾイを1人あたりで、4匹〜13匹 大きさは、25cm〜35cm。  黒ゾイを全体で、10匹 大きさは、30cm〜40cm シマゾイを全体で、13匹 大きさは、30cm〜35cm ホッケを全体で、10匹 大きさは、30cm前後。 ガヤを全体で、30匹 大きさは、20cm〜25cm。 仕掛は様々な胴突仕掛を使っていたそうです。 エサは、オオナゴ。

               **********

 黒ゾイ、シマゾイ、真ゾイ、ホッケ   幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)1月6日の釣果(6日記述): 船長から伺いました。 6日の午前8時半に出港し、午後2時までの釣り。 幌武意沖の水深約50m〜100mで。 黒ゾイを1人あたりで、10匹〜20匹 大きさは、26cm〜46cm シマゾイを1人あたりで、4匹〜11匹 大きさは、30cm〜43cm。 真ゾイを1人あたりで、2匹〜5匹 大きさは、26cm〜35cm ホッケを1人あたりで、5匹〜6匹 大きさは、30cm〜35cm。 仕掛は様々な胴突仕掛を使っていたそうです。 エサは、赤イカ、オオナゴ。船長からのお知らせです: 7日も、ソイ類とホッケ釣りで出港するそうです。 <まだ、空きがあるそうですから、釣りたいお客様は長内船長さんまで電話でお申し込みください。>

               **********

◆ 1月5日。 4日はほとんどの遊漁船が出港しなかったと伺いました。 5日は、風が強く吹雪の時間帯が多い悪い天気でしたので、遊漁船は出港できなかったです。 6日の朝に、幌武意漁港の 浜 丸(長内船長090−3116−6970)で、サクラマス、ホッケ、ソイなどを釣りにでるとおっしゃるお客様が来店されましたが、『まだ結構空きがあって乗れるようですよ。』とのお話でした。

◆ 1月3日。 ほとんどの遊漁船が出港しませんでしたが、余市港のシーランチさんは出港したそうです。 乗船したお客様に釣りの帰りに伺いましたら、『真ゾイとガヤが中心でしたが、数もまずまず釣れたし、型もそこそこでしたよ。』とのお話しでした。

 シマゾイ、真ゾイ、ホッケ   幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 2日の午前7時半に出港し、午後1時までの釣り。 幌武意沖の水深約50m〜60mで。 シマゾイを1人あたりで、5匹16匹 大きさは、約30cm〜45cm。 真ゾイを1人あたりで、1匹〜4匹 大きさは、約30cm〜35cm ホッケを1人あたりで、15匹〜30匹 大きさは、約30cm〜40cm。 仕掛は様々な胴突仕掛を使っていたそうです。 エサは、赤イカ、ホッケの切り身。船長からのお知らせです: これからも凪の日は、ソイ・ホッケをメインに出港するそうです。 <釣りたいお客様は長内船長さんまで電話でお申し込みください。>

               **********

◆ 2017年元旦。 余市町も穏やかな日になりました。 雪も昨日からほとんど降りませんでしたので、年の瀬の慌ただしさの中でも、少し長めに寛げました。ありがたかったです。 さて、2017年はどんな年になるのでしょうか・・・? 災害や事故などが無い一年であって欲しいものです。 もちろん、魚が豊富な年であって欲しいですよね。 また、頑張っていきましょうね!。 

◆ 12月31日。 非常に微妙な予報が出ておりましたので、出港を止めましたとおっしゃる船長さんがいましたが、大晦日なのでお客様方の予約は多くはなかったようです。 海岸の釣りでの初釣りは元旦とおっしゃるお客様もいますが、積丹の船の釣りでの初釣りは元旦なのか、2日になるのか・・・?。  2017年は気象的に穏やかな年になりますように祈っております。

◆ 12月30日。 東積丹側の沿岸(浅いところ)は比較的穏やかでしたが、西方向から吹いた風が強く、沖は荒れ模様でした。 伺った限りでは出港した遊漁船はありませんでした。新年早々は穏やかになる予報が出ていましたので、期待しましょう!。

◆ 12月29日。 28日は午後から少し穏やかになりましたが長くは続きませんでした。 29日は朝から西方向からの風が強く、沖は時化気味でした。 31日から回復してくるような予報でしたので、期待しております。

◆ 12月27日。 朝イチの短時間だけ穏やかでしたが、北方向からの風が強くなりました。 伺った限りでは、遊漁船の出港はありませんでした。

◆ 12月26日。 船長さん方に電話で伺いましたが、出港した遊漁船はありませんでした。 27日以降も微妙な感じだと見ている船長さんが多かったです。

 シマゾイ、真ゾイ、ホッケ、根ボッケ   幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 25日の午前7時半に出港し、午前11時40分までの釣り。 幌武意沖の水深約50m〜60mで。 シマゾイを1人あたりで、5匹〜14匹 大きさは、約30cm〜48cm。 真ゾイを1人あたりで、2匹〜6匹 大きさは、約27cm〜35cm ホッケを1人あたりで、約30匹〜100匹 大きさは、約30cm〜40cm。 根ボッケを1人あたりで、1匹〜2匹 大きさは、45cm超。 仕掛は様々な胴突仕掛を使っていたそうです。 エサはオオナゴと赤イカ。 船長からのお知らせです:年末年始も、凪さえ良ければ、ソイ釣り、ホッケ釣り、ヤリイカ釣りなどに出港する予定とのことです。 まだ空きがあるそうです

 ホッケ   美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2726)月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 25日の午前9時に出港し、午後4時前までの釣り。 美国沖の水深約50m〜60mで。 ホッケを1人あたりで、約40匹〜80匹 大きさは、約30cm〜40cm。 色々な胴突仕掛を使った方達(エサは赤イカ)と、500gのバケを使った方がいたそうです。 魚探に水イカ(ヤリイカ)の反応が結構出ていたので、水イカも釣ってみたそうですが、乗りの悪い日で、全体で5ハイが釣れただけだったそうです。

 真ゾイ、シマゾイ   古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 25日の午前7時に出港し、午前11時までの釣り。 古平沖の水深約70m〜80mで。 真ゾイとシマゾイを合わせた数で1人あたりで、2匹〜8匹 大きさは、約25cm〜35cm。 真ゾイが多く、シマゾイは少し混じったそうです。仕掛は様々な胴突仕掛を使っていたそうです。 エサはオオナゴと赤イカ。 お客様方の都合で、早上がりをしたそうで、短時間の釣りだったそうです。

               **********

◆ 12月24日。朝のうちはまだ東〜北東の強い風が吹いていましたが、午後から次第に収まり、午後4時頃の余市の前浜はべた凪でした。25日は出港できそうな感じです。

◆ 12月23日。 祝日(三連休の人達もあり)なのに悲惨といえる天気になってしまいました。 気温が高めのため水分を多く含んだべたべたの重い雪が、腕や腰を直撃!。 首から肩がバンバンに張っても、べたべた吹雪は容赦せず、一日中どころか24日の朝までも続くとのこと。 この冬三度目の嵐ですね。

◆ 12月22日は、荒れ始める時間がいつ頃からかの判断が難しく、予約が入っている船長さんも、念のため出港を取り止めたとの事でした。

 水イカ(ヤリイカ)  美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2726)月21日の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 21日の午前10時に出港し、午後4時過ぎまでの釣り。 美国沖の水深40m〜50mで。 水イカを1人あたりで、10パイ〜28パイ 大きさは、胴長が約12cm〜30cm。 棚は、底周辺。 使っていた仕掛けの針はこの日も、さかな針の11cm。 

               **********

 真ゾイ、シマゾイ  余別漁港 千鳥丸 (山田船長0135−46−5125)月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前7時に出港し、正午までの釣り。 水無し沖〜サルワンの水深約40m〜50mで。 真ゾイを1人あたりで、5匹〜10匹 大きさは、約30cm〜40cm。 シマゾイを1人あたりで、2匹〜3匹 大きさは、30cm前後 仕掛は、いろいろな胴突仕掛だったそうです。 エサは、オオナゴ。

 ホッケ、真ゾイ、シマゾイ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前7時に出港し、午後1時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜神威岬沖の水深約35m〜60mで。 ホッケを1人あたり、50匹〜80匹 大きさは、約30cm〜40cm 真ゾイを1人あたり、2匹〜3匹 大きさは、30cm前後。 シマゾイも1人あたり、2匹〜3匹 大きさは、30cm前後 仕掛は、白フラッシャーが付いた針を使ったいろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

 ヤナギ数釣りも、ホッケ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169)月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前6時に出港し、正午過ぎまでの釣り。 サルワン〜川白沖の水深約140m〜150mで。 ヤナギノマイを1人あたり、5匹〜50匹 大きさは、約25cm〜35cm ホッケを1人あたり、5匹〜40匹 大きさは、30cm〜40cm。 仕掛は、白フラッシャーが付いた針を使ったいろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。 数が釣れなかったお客様は、仕掛が合わなかったようです、とのお話しでした。

               **********

 ホッケ、宗八  美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2726)月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 19日の午前9時前に出港し、午後4時半までの釣り。 幌武意沖の水深約70m〜150mで。 ホッケを1人あたりで、20匹〜60匹 大きさは、約30cm〜45cm。 宗八を1人あたりで、2枚〜10枚 大きさは、約27cm〜30cm 仕掛は、白フラッシャーが付いた針を使ったいろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

               **********

◆ 12月18日(日曜日)。 日が昇るにつれて風は強さを増しました。 日昼は台風並みの、おそらくは風速20mを超えているだろう、強烈な西〜南西方向からの風が吹き荒れました。 テレビの天気予報からは全く想像できない実際の天気でした。 東積丹側の極一部の遊漁船が、お客様達を呼びましたが、残念ながら出港することが出来ませんでした。 午後3時半頃に少し風が弱くなりました。

◆ 12月17日。 きょうの朝起きましたら。積雪が3cm前後と少なかったです、助かりました。 西方向からの風が吹いていましたが強くはありませんでした。 念のため出港を取り止めたり、お客様のグループのほうから別の日への変更依頼がありましたからとかで、出港した遊漁船はほとんどありませんでした。 多くの船長さん方が、18日と19日は出港できそうだと、おっしゃってました。

◆ 12月16日。 余市町では15日の午後6時半頃から激しく雪が降りましたが、午後10時半頃に止んでくれたので助かりました。 16日の朝には少ないところでも30cm前後ありました。 12月中に大雪が9日〜10日と、15日〜16日の、2回もありました。 街中の積雪の多さは、1ヶ月ほど先の景色かと思わせるほどです。 きょうは、沖はそれほど荒れてはいませんでしたが、遊漁船の出港はありませんでした。

◆ 12月14日、15日と沖は時化模様でしたので、出港した遊漁船はほとんど無かったと思います。 厳しい冬の到来ですね。

 水イカ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)1213日の釣果(13日記述): 船長から伺いました。 気温が高めで南風の予報でしたので、お客様を呼んだそうですが、沖は予想以上の強風が吹いていて、退散せざるを得なかったそうです。

               **********

 水イカ(ヤリイカ) 好釣果  美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2726)月12日の釣果(12日記述): 船長から伺いました。 12日の午前10時に出港し、午後4時半までの釣り。 美国沖の水深45m〜60mで。 水イカを1人あたりで、30パイ〜55ハイ 大きさは、胴長が約15cm〜30cm。 棚は、底周辺。 使っていた仕掛けの針は、さかな針の11cmだったそうです。 

               **********

◆12月11日(日曜日)。本日も残念ながら荒れ模様の天気でした。 極一部の船長さんがヤリイカ釣りでお客さんを呼んだそうですが、風が収まるどころかさらに強くなり、断念せざるを得なかったそうです。

◆12月10日(土曜日)。9日の夜から雪が降り続けました。10日の午前8時、当店の駐車場の積雪は、吹きだまって無いところで、30cm前後でした。 風も強く、吹雪いた時間帯も長かったです。 天気予報の番組によれば、ほぼ全道的に荒れ模様の日ですが、降雪量が多かったのは、石狩と後志だったそうです。11日は収まって欲しいものです。

 ホッケ、ヤナギ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)12月9日の釣果(9日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港し、午後1時までの釣り。 神威岬沖の水深約85m〜145mで。 ホッケを1人あたり30匹〜50匹、 大きさは 30cm〜40cm ヤナギノマイを1人あたり7匹〜13匹、 大きさは 25cm〜30cm。 仕掛は、白フラッシャー付きの毛針を使ったいろいろなタイプの胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

 水イカ(ヤリイカ) 好釣果  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169)月9日の釣果(9日記述): 船長から伺いました。 9日の午前9時に出港し、午後3時までの釣り。 古平沖の水深約59mで。 水イカを1人あたりで、55ハイ〜75ハイ 大きさは、胴長で約15cm〜30cm超。  乗って来た棚は、底上5m〜6mが多かった。 使っていた仕掛けの針は、さかな針の11cmとの事でした。 船長からのお知らせです:今年は水イカ(=ヤリイカ)の釣れ具合が良いので、この後も毎日水イカ釣りに出港する予定との事です。まだ、空きがあって乗船できるそうですから、水イカを釣りたいお客様は、船長まで電話でお申し込みください。船長の携帯電話の番号は、090−3116−6970 です。

               **********

 水イカ(ヤリイカ) 好釣果  美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2726)月8日の釣果(8日記述): 船長から伺いました。 8日の午前10時に出港し、午後5時前までの釣り。 美国沖の水深45m〜50mで。 水イカを1人あたりで、30パイ〜50パイ超 大きさは、胴長が約15cm〜30cm。 棚は、中層から底まで いろいろだったそうです。 使っていた仕掛けの針は、さかな針の11cmだったそうです。 

               **********

◆ 12月6日は、吹雪の一日でした。降雪量は10cm前後でしたが、西〜北西の風が強かったです。 沖の波も3m〜4m超の感じでした。

 水イカ 真イカ 好釣カ〜♪  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月5日の釣果(5日記述): 船長から伺いました。 午前8時半に出港し、午後3時半までの釣り。 古平沖の水深50m〜70mで。 水イカを1人あたりで、30パイ〜70パイ 大きさは、胴長で約15cm〜30cm。 真イカを1人あたりで、30パイ〜50パイ 大きさは、胴長で約15cm〜20cm。  棚は、底周辺。 使っていた仕掛けの針は、さかな針14cmだったそうです。 棚が深かったので、いつもの手釣りではなく、電動リールで竿釣りをしていたそうです。

 ヒラメ 数釣り!  小樽港 白龍丸(本間船長090−3390−5423)12月5日の釣果(日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、午後12時半までの釣り。 小樽沖の水深50m前後で。 ヒラメは全体で、134枚、 大きさは 約38cm〜60cm超(45cm〜50cmが多かった)。 バケは600g〜700gで、ミラーバケ、ブルーレーザー、アワビ貝貼りなど。 仕掛のタコキャップの色は、ピンク色、赤色系など。 エサはオオナゴ。

               **********

 水イカ、真イカ 好釣果  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169)月4日の釣果(日記述): 船長から伺いました。 4日の午前11時前に出港し、午後4時半までの釣り。 婦美沖〜美国沖の水深50m前後で。 水イカを1人あたりで、40パイ〜60パイ 大きさは、胴長で約12cm〜30cm。 真イカを1人あたりで、10パイ〜28パ 大きさは、20入りサイズ〜50入りサイズ(良型から小イカまでいろいろ)。 棚は底が多かった。 使っていた仕掛けの針は、さかな針の11cmと14cmだったそうです。 

 水イカ(ヤリイカ) 好釣果  美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2726)月4日の釣果(日記述): 船長から伺いました。 4日の午前10時に出港し、午後4時半までの釣り。 美国沖の水深40m〜60mで。 水イカを1人あたりで、30パイ〜80パイ弱 大きさは、胴長で約15cm〜30cm。 棚は、中層〜底。 使っていた仕掛けの針は、さかな針の11cmと14cmだったそうです。 

 水イカ 好釣果  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)日の釣果(4日記述): 船長から伺いました。 午前8時40分出港し、午後3時半までの釣り。 古平沖の水深47m〜60mで。 水イカを1人あたりで、30パイ〜70パイ 大きさは、胴長で約18cm〜30cm。  棚は、底周辺。 使っていた仕掛けの針は、さかな針14cmだったそうです。

               **********

◆ 12月3日。 低気圧は昨日のうちに北上しましたが、西方向からの風は結構強く、海上の波も朝は4m、午後から2.5m前後で、出港予定の遊漁船は非常に少なかったです。

◆ 12月2日。 またしても、北海道周辺で発達する低気圧によって、全道的に大荒れの天気でした。 

 真ダラ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)11月30日の釣果(12月1日記述): 船長から1日に伺いました。 30日の午前7時に出港し、午後1時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深150m〜180mで。 真ダラを全体で 約30本、 大きさは 50cm〜85cm タラシャクリは250号で、銅パイプ製、ステンレスパイプ製。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク系。 カムイ赤金の1000gでも良く釣れていたそうです。

 水イカ 好釣果   美国漁港 栄 丸(川村船長090−8898−2807)12月1日の釣果(1日記述): 乗船したお客様から釣りの帰りに伺いました。 1日の午前9時半に出港し、午後4時頃までの釣り。 美国沖の水深約40m〜50mで。 水イカを1人あたりで、約60パイ〜120パイ 大きさは胴長で 約15cm〜30cm。 棚は 約25m〜30m。 仕掛の針は、さかな針11cmや、たまご針11cmの仕掛が優勢だったそうです。

               **********

 真ダラ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)10月19日の釣果(20日記述): 船長から19日に伺いました。 19日の午前7時に出港し、午後1時前に沖上がり。 カムチャッカ根の水深約150m〜160mで。 真ダラは1人あたりで 6本〜16本、 大きさは 1m5cmが1本、あとは60cm〜80cm。70cm以上がほとんど。 タラシャクリは250号で、ステンレスも銅パイプも。 針に付けたヤリイカベイトは、ピンク色。 カムイ1,000gの赤金でも数釣り。 上の写真は、釣りの帰りに寄ってくださったお客様が見せてくださいました、この日最大の1m5cmの真ダラです。 15kgは超えていそうなメタボな雄の真ダラでした(タチが凄いのですが)。計りが振り切って量れませんでした。 お客様も手に持てませんでした。

               **********

 ブリ  デイ・ジギング ヒラメ良型  日司漁港 NANAV (小笠原船長090−8371−6294)8月28日の釣果(28日記述): 乗船したお客様方から伺いました。 午前5時に出港し、午後1時までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約50m〜60mで。 ブリの釣果は1人あたりで 0本〜2本、大きさは 2kg〜3kg。 上の写真は、富良野市の 上原 一正さんが午前11時過ぎに釣った嬉しい外道の良型ヒラメです。当店で午後3時頃計測しましたら、 73.5cm、4.15kg ありました。 イナダはきょうは食いが悪くイマイチの釣果だったそうですが、ヒラメの良型を釣ったので嬉しそうでした。 上原さんは、自作のジグ150gのブルピンゼブラグローで釣ったそうです。 当店ヒラメダービーの第2位に着けてきました。 ヒラメは全体で3枚釣れたそうで、この73.5cmの他は、約57cmと約55cmだったそうです。

               **********

 サクラマス 好釣果!4.2kgも  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)3月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様方からと、船長から伺いました。 午前5時半に出港し、正午までの釣り。 サルワンの水深60m〜70mで。 サクラマスは1人あたり 5匹〜10匹、 大きさは 4.2kgが1匹、3.5kgが1匹、2kg超がほとんど500g〜800gは数匹  バケは 600gで、アワビ貝貼り、レーザー、その他様々。 タコベイトの色はピンク、グリーン、など様々でしたが、タコベイト無しの毛針だけにも食ってきていた。 棚は、30m〜底周辺との事。 シャクリは様々だったそうです。 サバイバーのブルーイワシも結構釣れたと、オススメをいただきました。 上の写真は、4.2kgを釣った 江別市大麻の 黒田 博幸さんです。黒田さんは午前8時30分過ぎに、サルワンの水深60mで、棚がカウンターで35mの辺りで釣れたそうです。 4kg越えの板マスは実に良いものですね〜!うらやまし〜!! (今シーズンは、日を追ってのサイズアップも順調な感じですね。)               **********

下の写真は↓、アラスカへ遠征したときの写真ではありません、余市です!。 (この魚のせいで、アラスカの雰囲気出ちゃってません?)

 ↑ サクラマス釣り中に、キングサーモン10.5kg!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)3月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様からと、船長から伺いました。 午前6時前に出港し、正午前までの釣り。 余別沖と積丹岬無線塔沖の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 7匹、 大きさは 2.3kgと2kgが各1匹、1.5kgが1匹、500g〜1kgが4匹。 ホッケは1人あたりで 30匹〜50匹、大きさは、30cm〜45cm シャクリは、黒水牛、鹿角が活躍。良型のサクラマスにショックリーダーを切られたり、やりとり中にバケ尻の針が折れたりして、良型をばらしたそうです。 しかしながら、上の写真のなんと、10.5kg の マスノスケ(キングサーモン)が釣れて、船上どころか積丹中の遊漁船の間で騒然となったそうです。釣り人は、札幌市豊平区の 金野 祐 さんです。金野さんのお話しによると、釣れたのは午前11時頃で、積丹岬無線塔沖の水深46m、棚は針までで40mだったそうです。 積丹でマスノスケのこのサイズが釣れたのは25年以上無いと思います。アラスカやカナダへ行かないで良型を釣るなんて、宝くじの1等当選に匹敵する確率ではないでしょうか?!。 このマスノスケが、選んで食らいついたのは、サバイバー250gモスグリーンオオナゴでした。 それにしても金野さん、よくぞ無事に釣り上げましたね!、お見事でした。おめでとうございます。 

               **********

 ブリのデイ・ジギング 13kgも↑  美国漁港 仁成丸(佐藤船長090−8899−1693)11月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 午前7時に美国漁港から出港して、午後1時40分までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深約60m〜85mで。 ブリは全体で 36本、大きさは帰港後計測、 13kgが1本、9kg前後が2本、4kg〜6kgが30本、3kg前後が3本。 ジグは、200g前後。上の写真は、この日最大の 13kg、尾叉長86cmを釣った 旭川市東旭川の 山崎 清さんです。『大物です、やりましたね〜!!』 これほどの脂が乗った大物ブリですと、超高級魚になると思われます。 <持ち上げるのが大変なサイズです!!>

               **********

 ブリのデイ・ジギング 12kgオーバーを頭に 20本  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)10月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午前5時半過ぎ、時化気味の中を美国漁港から出港して、午前9時半過ぎまでの釣り。 幌武意沖の水深65m前後で。 ブリは全体で 20本、大きさは帰港後計測して、 血抜き後 12.5kg超が1本、11kgが3本、10kgが1本、あとは6kg〜8kg。 ジグは、180g〜250g。  食ってきたのは底近くから中層まで。 上の写真は、尾叉長85.5cm、血抜き後11.0kgを釣った、仁木町の 堀 隆義さんです。 堀さんは、7kg〜11kgを3本釣りました。使ったジグは、スライドアクター240gアルミシルバーなどとの事でした。 <最近、良型〜大物が連日釣れていますね! 数年前に釣れた16kg〜17kg級を越えていく夢が・・・・。 誰かに釣れてくれれば良いですね!!>

               **********

 ブリのデイ・ジギング 13.5kg頭に 1人で7本  余別漁港 マイボート (札幌市南区の 久末 勝 さん10月17日の釣果(18日記述): ご本人から18日に伺いました。 18日の朝は強風で時化たので、出港せずに帰ってきたそうです。 17日に釣れたブリを積んで立ち寄ってくださいました。 17日の午前9時に出港して、午後1時30分までの釣り。神威岬沖の水深が約50m〜60mで釣ったとのこと。左の写真のブリは、当店で18日の午前9時に計測しましたが、 尾叉長で88cm、13.5kg(血抜き後) ありました。 ほぼ同じぐらいの大きさのブリがもう1本、あとは7kg〜10kgが5本、合計で7本を釣ったそうです。 使ったジグは、ドラッカーハイブリッドタイプU 220g の赤金だったそうです。 ランクルに積まれていた、100リッター前後のクーラーは3コでした。 脂の乗りきった大物ブリばかりでしたので、大喜びでした。

 
     投 げ 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

 釣り会成績: カルデラFC 小樽市銀鱗会 左のボタンからご覧下さい。

◆ カジカ6匹、ハチガラ2匹   積丹町 来岸海岸  11月19日の夜の釣果(20日記述): 来岸の岩場で釣ってきましたと、20日の昼過ぎに来店されたお客様から伺いました。 19日の午後5時頃に釣り開始し、20日の午前3時に切り上げたそうです。 当店で20日の正午過ぎに計りましたが、 カジカが6匹、35cm〜39cm。ハチガラが2匹、27cmと25cm でした。

◆ 砂ガレイ   古平港  11月19日の釣果(20日記述): 昨日釣れましたよと、おっしゃるお客様から伺いました。 19日の午前中の釣果ですが、古平港の西外防波堤から外海側に投げて、砂ガレイが 7枚、大きさは 20cm前後。 黒ゾイ3匹、大きさは20cm前後

     防波堤・港内の釣り  ・このページのトップへ戻る

◆ 豆イカ   幌武意漁港  1月9日の釣果(9日記述):  午前0時過ぎに幌武意漁港に着いて、外防波堤でエギで水イカか豆イカを狙ったお客様から伺いました。 エギ単体にはさっぱり反応しなかったそうですが、近くでエサ巻きエギを使っていた方が、3時間ほどで約20パイの豆イカを釣りあげたようでした、とのお話しをいただきました。

◆ チ カ   余市港  11月28日の釣果(28日記述):  釣りの帰りのお客様から伺いました。 午前9時頃に漁組市場前から製氷工場側に寄った所で釣り始め、正午に切り上げてきたそうです。 チカは結構見えているそうですが食いが悪かったそうです。 釣果は1人で 25匹 との事。 大きさは、約8cm〜10cm。 スピードサビキ2.5号針の仕掛で、エサはオキアミ。

 11月14日記述。 天気の良い日には必ず、余市港か余市河口漁港でチカ釣りをしていますとおっしゃる地元のお客様から伺いました。最近は、チカのサイズが7cm〜8cmと小さめですが、50匹〜100匹ぐらいは釣れますよ、とのお話しでした。

◆ チ カ   余市港  10月28日の釣果(28日記述):  午前9時頃に港まで見に行ったときは、漁組市場前から製氷工場側に50m程寄った所で、地元の方が1人だけチカ釣りをしていました。 午前8時過ぎに釣りを開始したとの事で、午前9時の時点で、1人で 約20匹超を釣っていました。大きさは、約8cm〜11cmでした。 午前11時30分前に来店されたお客様が、午前9時過ぎに、朝から釣っていた方の横で釣り、午前11時頃までに1人で約30匹を釣ったそうです。 朝から釣っていた方は順調に数を伸ばして、約60匹超を釣ったとのお話しでした。 このお二人、1人はエサ付けサビキ、もう1人は皮付きサビキを使ったとのことでした。

◆ チ カ   余市港  10月24日の釣果(24日記述):  釣りの帰りの地元のお客様から伺いました。余市港の漁組市場から製氷工場側に少し寄った場所で、午前9時過ぎから正午過ぎまで釣って来たそうです。 チカの釣果は1人で 約60匹。 大きさは 約8cm〜10cm。 仕掛はティンセル付きサビキ2.5号針。 オキアミは付けず。

◆ チ カ   余市港、余市河口漁港  10月23日の釣果(23日記述):  午後3時頃に、余市港と余市河口漁港を見て来ました。 @余市港の南防波堤のガードレールのある場所の基部で2人がチカを釣っていました。 この時の釣果は2人で 約15匹。 大きさは 約8cm〜10cm。 仕掛はスピードサビキ3号針で、エサはオキアミ。  A余市河口漁港の真ん中より右側でやはり2人が釣っていました。 釣果はチカを2人で 約13匹、大きさは、約8cm〜13cm。スピードエサ付けサビキ3号針で、エサはオキアミ。

     ルアーフィッシング  ・このページのトップへ戻る

 バーサスU80シェルのカラーチャートです↓。この他にもお客様からのご注文で多くのカラーのものを製作しております。 なお一番下の2ケはディーヴァ90シェルのオオナゴカラーと、ブルーイワシです。

 

 下の写真は、アルミタイプのカラーチャートです↓。 カラーのバリエーションはこの他に多数ございます。

               **************

 

◆ アメマス 63cm、2.6kg  積丹町 野塚海岸  1月15日の釣果(1日記述) 左の写真は、野塚海岸の通称ゼロワンドで午後1時頃に釣れたアメマスです。当店で午後2時過ぎに計測しましたら、尾叉長で63.0cm、2.6kg でした。釣り人は、白石区の松島清人さんです。 この日は島牧村で釣ろうと夜明け前に江の島に着いたそうですが、強風と高波の大荒れだったそうです。釣り人もほとんどいなかったそうです。 すぐに島牧村を諦めて帰り道方向でもある積丹半島を目指したそうです。 積丹に来てみてもほとんどは大荒れの状態だったそうですが、比較的波が低かった野塚海岸のゼロワンドで釣り開始したのが午前9時過ぎ。 午後1時頃に上の写真のアメマスが釣れたので、水槽箱+エアーポンプで活かした状態で、すでに参加手続きをしていた当店のアメマスダービーに登録に来てくれました。 この日使ったのは、ジグのクレセント30gのオオナゴカラーだったそうです。 当店、アメマス・サクラマスダービー アメマス部門の第2位に着けてきました。 急いで計測と写真撮影を終えて水槽箱に戻しました。余市でリリースするそうです。  (また、別のお客様からですが、1月2日に65cmのアメマスを余別河口の右の海岸で釣ってリリースしました、とのお話しを12日に聞きましたので、積丹も少し大きめがいるようですよ。)

◆ アメマス  積丹町  1月14日の釣果14日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 積丹町の野塚海岸、浜西河海岸、余別海岸、神岬漁港周辺など、いろいろな場所をランガンしてきたそうです。 正午過ぎに、民宿北都前で 50cm弱を1匹釣ってリリースしたそうです。 その後、午後3時頃に、野塚で1回アタリがあっただけだった、とのお話しでした。 天気予報が悪かったので、釣り出来ないか?と思って行ってみたそうですが、大荒れでは無く釣りが出来たそうです。 釣り人はエサ釣りらしい方が1人いただけで、ルアーの人は誰も来ていなかったそうです。

◆ 1月13日。 朝方はかなり西風が強かったので、東積丹側はなんとか釣りが出来そうと、美国でしばらくジグをキャストしてきたお客様が、小さいアタリが多かったそうですが、釣れなかったですと、帰りに教えてくださいました。

◆ アメマス6匹、サクラマス1匹  島牧村  1月9日の釣果日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 コベチャナイで、午前7時頃から午前6時半ごろから午前10時頃まで釣ってきたとのことでした。 釣果は、アメマスを6匹、大きさは、約65cmが1匹、40cm〜48cmが5匹。アメマスは全部リリースしたそうです。 サクラマスは44cmが1匹。 6時半過ぎからポツポツ釣れて、午前8時頃を最後に食いが止まったそうです。 使ったのはジグの桜舞ホログラム35gのオレンジバックと、グリーンバックとのことでした。

◆ サクラマス 7匹  せたな町 後志利別川河口左海岸  1月8日の釣果日記述) 釣りの帰りのお客様から8日の午後7時前に伺いました。 8日の早朝から、後志利別川の河口よりも左の海岸で釣り始めたそうです。 正午までその場所で釣ったそうです。 釣果は1人でサクラマスを 7匹。 大きさが35cm〜45cmと小さかったそうです。 色々なジグを使ったとの事でした。 釣り人がとても多かったそうですし、周りでも釣れていたそうです。 

◆ アメマス  島牧村  1月8日の釣果日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 18番で、午前7時頃から午前10時過ぎ頃まで釣ってきた人達が、ご自分達も釣れませんでしたが、周りでも釣れてはいなかったと思います、との事。  別のお客様で、生コン裏周辺で釣ってきた方から伺いましたが、生コン裏では午前9時頃から数匹がポツポツと釣れたそうです。40cm前後のように見えたそうですが、1匹だけ60cm越え?の良型を釣った方がいたそうです。

◆ アメマス狙い  島牧村、共和町  1月7日の釣果日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 島牧村内の2カ所で夜明けから午前10時頃まで釣ってきたそうですが、『きょうは魚は釣れませんでした。』とのことでした。 このお客様はアメマスをいつも釣ってくる事が多く、当店のアメマス・ダービーでも入賞することが何度もあるお客様ですので、アメマスが岸寄りにいなかったのだと思います。  また、堀株川河口海岸で釣ってきたお二人も、『きょうはさっぱり魚がいませんでしたよ。』と、おっしゃってました。

◆ サクラマス 2匹ずつ  島牧村 泊川河口右海岸  1月3日の釣果日記述) 釣りの帰りの余市町のお客様から伺いました。 午前6時頃から、泊川河口から右側に50mほど離れた辺りで釣ってきたそうです。午前6時半頃から7時頃までの間に、このお客様がサクラマスを2匹釣ったそうです。ルアーは、ケニー40gの赤だったそうです。 大きさは、40cm弱と30cm弱で小さかったので、ともにリリースしたそうです。 少し離れたところで釣っていた人が、やはり小さめを2匹釣ったのが見えたそうです。 その後はしばらく釣れなかったそうで、午前10時頃に切り上げてきたとのことでした。   また、午後3時半過ぎに来店された、江の島で釣ってきたお客様が、ご本人は釣れなかったそうですが、『釣った人はいましたよ、なかに2kgぐらいありそうなサクラマスを釣り上げた人がいましたよ。』との情報をくださいました。この時季ですから2kgは大きいサイズですね!(島牧村のどこで釣ってきたかは、伺えませんでした。)

◆ サクラマス 2匹  島牧村 大平海岸  1月2日の釣果日記述) 釣りの帰りの札幌市お客様から伺いました。 早朝から大平のワンド内で釣ってきたそうです。午前7時頃にサクラマス2匹続けて釣れたそうです。 2匹の大きさは、40cm前後との事でした。 使ったジグはサーフトリップ40gピンクと、釣研のガンガンジグ40gのピンクだったそうです。 (サクラマスの出足は悪くないですね、時期的にまだ小さめではありますが、数がいれば春になってからの釣果に期待できますよね!)

◆ アメマス、サクラマス  せたな町 南川海岸  12月3131日記述) 釣りの帰りの札幌市のお客様から伺いました。 夜明け前から時化模様だったそうで、比較的穏やかで釣りが出来そうな南川海岸の、二つの防砂堤の間で釣ることにしたそうです。 最内川寄りの防砂堤の先端付近から内側にジグをキャストしたそうです。 この情報をくださったお客様の他にもう一人が近くに釣りに入ったそうです。 午前7時過ぎに、二人とも1匹ずつ魚を釣ったそうです。 1匹は約40cmのサクラマスで、もう1匹は約45cmのアメマスだったそうです。 その後はしばらく粘ったそうですが釣れなかったそうですが、他の場所は荒れ模様だし、大晦日なので早めに切り上げて帰ってきたそうです。 二つの防砂堤の間の砂浜にあと5人前後が釣りに来ていたそうです。 帰りに江の島海岸の18番を通ったときは、すこし波が穏やかになってきているように見えたとの事で、釣り人も横並びで結構な人数が釣りをしていたそうです。

◆ アメマス狙い  島牧村 江の島海岸  12月3030日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 江の島まで行ってきたそうですが、竿を出さずに引き返してきたそうです。 ほとんどの場所は大波で釣りは無理だったそうです。 予報以上の風と波だったと伺いました。

◆ アメマス 3匹  島牧村 江の島海岸  12月27日の釣果27日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 夜明けから、生コン裏で釣り始めて、お昼頃までの間に、1人で3匹を釣って3匹ともリリースしたそうです。 大きさは、62cm、50cm超、40cm超、との事でした。 使ったジグは、古いタイプの岡ジグ40gのグリーンバックで釣ったと伺いました。

◆ アメマス  島牧村 江の島海岸  12月25日の釣果25日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 明るくなってからの短時間、穏やかな時間帯があったそうですが、午前8時頃に西方向からの風が吹き始め、どんどん強くなったそうです。 波も高くなってきたので60gのジグまでキャストしたそうですが、アタリもありませんでした、とのお話しを伺いました。

◆ アメマス  島牧村 江の島海岸  12月20日の釣果22日記述) 20日に良型を掛けましたが、針が開いてバラしました、というお話しを22日に伺いました。 18番の赤灯寄りで、午前8時前だったそうです。 45gのジグを使っていた時だったそうです。

◆ アメマス3匹  積丹町の余別海岸  12月20日の釣果20日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 余別川河口から来岸方向に50m前後離れた海岸で、早朝からジグで釣り始めたそうですが、アタリがくるのに乗らない感じがジグを替えても何度かあったそうです。 午前7時過ぎにミノーに替えて2匹、その後スプーンで1匹釣れたそうです。 大きさが 3匹ともに40cm前後で、全部リリースしたそうです。 使ったルアーは、ショアラインシャイナーZ140LD−Sのヒットグリーン、同じく120LD−Sのオオナゴ、イワシカラーの18gのスプーン との事でした。 午前8時を過ぎたら、アタリもなくなったそうで切り上げたそうです。 帰りに美国漁港に寄ったら、真鰯が釣れていたそうで、サビキで40匹釣ってきたとも伺いました。

               ********** 

◆ 海アメ 5匹と3匹 ↑  島牧村  12月17日の釣果(18日記述) 上の写真は、17日に島牧村の千走海岸で釣れた海アメです。 左は、小樽市の 若見 昌三さんが釣った 61cm、2.7kg。  右は、余市町の 輪島 常夫さんが釣った 57cm、2.1kgです。 当店で17日の午後7時頃に計測しました。 お二人は釣り友達で、17日は朝から夕方まで、二人並んで千走海岸で、おもにジグを使って釣りを楽しんだそうです。 若見さんは5匹、輪島さんは3匹を釣ったと伺いました。 お二人とも当店のアメマス・サクラマスダービーに参加してくださってましたので現時点での、若見さんがトップに、輪島さんが第3位になります。 使ったジグは、お二人ともに、若見さんが手作りしたもので、40gのチャートバックと、28gのイワシカラーとのことでした。 冬から春の海アメ釣り、島牧村は今シーズンも良い出足ですね!。   また、18日は非常に強い風が吹いたために、釣りはかなり厳しかったそうで、早めに撤収してきた方達が多かったです。

◆ アメマス   島牧村、積丹町  12月17日の釣果17日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 島牧村と積丹町でそれぞれジグでアメマスを釣ってきた方がいました。 大きさが40cm超と小さめなこともあり、魚はリリースしてきましたとの事でした。

◆ 港内をワームで探る   余市港、古平港  12月16日の釣果16日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 余市港内を広くと、古平港内の何カ所かを、ワームで釣ってきた方が、『きょう(16日)は非常に渋かったです。』とおっしゃってました。 時化続きの後に、寒気が入っての大雪でしたので、沿岸の浅い海は影響を受けてしまうと思われます。 18日からは気温がやや高めで、雪も降らないとの予報が出ていますので、期待したいです。

◆ アメマス   積丹町  12月12日と13日の釣果15日記述) 釣ってきたお客様から伺いました。 12日に来岸漁港の内防波堤の外側の砂浜で、ジグで1匹、連れの方が小さめのオオナゴ(当店で購入した)をエサにしたウキ釣りで2匹 13日に野塚ジグで1匹。 大きさは40cm前後で、全部リリースをしたそうです。

◆ アメマス狙い   島牧村  12月11日の釣果11日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 島牧村も朝から波が高く、風も強かったそうです。 18番には多いときで車が3台だったそうです。 18番の右側で午前中の4時間、粘って竿を振ってきた方がいましたが、何かの魚が1度ヒットしてすぐバレタだけでした、とのお話しでした。 別のもうひとかたのお客様は午後からもしばらく頑張ってみたそうですが、アタリもありませんでした、とのお話しでした。 (この週末は、大雪に吹雪きで天気が悪すぎましたね。)

◆ アメマス狙い   余市川  12月日の釣果日記述) 余市町にお住まいの方が、9日の午後、余市総合体育館の裏で、アメマスを狙って来たそうですが、はじめは、スプーンを使ったそうですが、アタリが2回あったけどバイトに至らなかったそうで、ミノーに替えたら、早速ヒットし良型と思える良い手応えが来たそうです。 ところが、傷でも入っていたのかショックリーダーから切れてしまったそうで、とても悔しがっていました。 『魚は総合体育館裏に入ってきていましたね。』と、おっしゃってました。(9日は雪のち雨の、日昼少し気温が高めの日でした。)

◆ 豆イカ、真イワシ!   美国港  12月日の釣果日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 美国港の南防波堤の先端で、5日の午前3時から午前7時まで釣ってきたそうです。豆イカの釣果は1人で 約50パイ、大きさは胴長で10cm前後。 グミグミスッテを使用したそうです。 これに先立って、4日の午後2時頃に美国港内に真イワシの群れが入ってきて、サビキでしばらくの間 入れ食いになったそうです。 このお客様は1人で真イワシを 約80匹を釣ったそうです。 大きさは約20cm〜25cm。 真イワシがこの時季に大群で岸寄りするのも珍しいですね! 少し前に小樽港内でも真イワシがたくさん釣れた話を伺いました。 ハタハタも数年ぶりで来ているようですが、いまのところ前回来たときほどの数ではないようです。

◆ 豆イカ   余市港  12月4日の釣果日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 2日〜3日の大荒れで、底荒れや濁りがあるためか、4日の朝から日昼にかけてはあまり釣れなかったそうです。 しかし、3日の夜遅くから4日の朝までの間には、中防波堤で1人あたりで30パイ〜80パイを釣った人達がいたと伺いました。 エギは、1.5号と1.6号で釣れたそうです。

◆ 豆イカ   余市港  12月1日の釣果(1日記述) 午後4時頃余市港まで行って見てきました。 @ 南防波堤の高台の上では6人が釣りをしていました。1人あたりで 約1パイ〜12ハイの釣果でした。 A 製氷工場の先では、4人が釣りをしていました。 1人あたりバイ〜6パイでした。 B 中防波堤では、最初の角から2番目の角の間に5人が釣りをしていました。 1人あたりの釣果は 約3バイ〜20パイでした。 夕方の3時前後から結構釣れ始めたそうです。  1.5号のエギを使っていた方がほとんどでした。

                **********

◆ 海アメ第一号!  島牧村  11月14日の釣果(14日記述) 左の写真は、島牧村大平海岸の左の磯場で、午前9時頃に釣れた海アメです。 当店で午後1時頃に計測しましたが、67.0cm、2.35kg ありました。釣り人は、札幌市厚別区の 富樫 恭兵さんです。 ルアーは、カブキメタル35gのベイトフィッシュカラーだったそうです。 当店の第35回アメマスダービーの登録魚第一号です。富樫さんはもう1匹を釣ったそうですが、小さかったのでリリースしたそうです。 また、午前7時頃に、同行したご友人が隣で、61cmを釣り、後から良型を掛けてバラシタそうで、悔しがってました。

 

               **********

◆ サーフで ヒラメ72cm!  せたな町  11月7日の釣果(10日記述) 左の写真は、札幌市東区の 金澤 恭兵さんが、11月7日の午後4時頃に釣った ヒラメ 72cm、4.0kgです。 11月8日の午後4時頃に金澤さんが当店に来店されたので、すぐ計測しました。釣った場所は、利別川河口の左側の砂浜との事。 本命は、海アメ狙いだったそうです。 釣ったルアーは、リザルトSSR95で、カラーは赤金オレンジベリーだったそうです。 当店ヒラメダービーの第3位に着けました。ヒラメダービーは11月23日までですので皆さん頑張ってください。

 

               **********

◆ イワナ良型  長万部町  9月2日の釣果(3日記述) 左の写真は、仁木町にお住まいの 原島 勝成さんが、2日に長万部川の上流部で釣ってきたイワナの画像です。 2日の午前6時半頃入釣して、午前9時頃切り上げたそうです。 イワナばかり結構な数を釣ったそうです。なかでも良型の、40cm超えと、35cmの写真を掲載させていただきました。使ったルアーは、ハンドメイドミノー45F(ウッドモデル)とのこと。 魚は全部リリースしたそうです。 ロッドはテンリュウのレイズ・スペクトラ51LL、リールはカーディナル33Xを使用したそうです。

 

               **********

◆ 古平河口でサケ、今季初もの  古平町  8月31日の釣果(9月1日記述) 左の写真は、大阪府池田市在住の 小笠原さんが、古平川河口のすぐ右海岸で、31日の午後2時頃から午後3時の間に釣ったサケです。2匹釣って、大きい方を持っての記念撮影です。 当店で31日の午後5時半頃に計測しましたら、 71cm、3.95kg と、69.5cm、3.60kgでした。 遠方から通って2シーズン目でのゲットとのことでしたが、今年はドンピシャのタイミングの釣りでしたね。GREAT! アキアジクルセイダー40g+ソーダガツオのウキルアーでの釣果と伺いました。 もうお一人の近くで釣っていた方が、少し早くに第1号を釣って、その後に小笠原さんが第2号第3号を釣ったそうです。 31日、少し遅れての第1号のサケでしたが、釣れて良かったです。今シーズンも始まりましたね!! 皆さん頑張ってください。 サケ釣りは釣り場が混みあいますが、お互いに譲り合いながら良い思い出を作りましょうね!!。

               **********

◆ ワームで良型ヒラメ  岩内港  7月17日の釣果(18日記述) 左の写真は、仁木町の 北川 健司さんが、岩内港内の漁業埠頭先端部で、17日の午後8時頃に釣ったヒラメの良型です。 当店で18日の午前8時前に計測しましたら、 73cm、4.7kgでした。 一ヶ月ほど前からヒラメが小型のソゲばかりで、ヒラメと呼べるサイズが少なかったのですが、ヒラメのエサになる小魚が港内に色々入ってきているせいか、しばらくぶりで良型が釣れましたね。 ワームは、バルト3.5インチのマイワシカラーで、ジグヘッドはムゲンヘッド21gだったそうです。 北川さんは、この良型を釣る前に、リリースサイズを2枚と、50cmを1枚釣っていたそうですが、午後8時頃に73cmを釣ったので、まもなく切り上げたそうです。 2016年の当店ヒラメダービーの登魚第一号です。 当店のヒラメダービーは参加無料です、釣れたらお寄りください。11月23日までです。

               **********

◆ サクラマス 1人で2匹  積丹町美国  6月24日の釣果(24日記述) 左の写真は、小樽市の 上家 和幸さんが本日釣ってきました、2匹のサクラマスです。 当店で正午過ぎに計測しましたら、 尾叉長で 62.5cm/3.5kg と 58.0cm/2.65kg でした。上家さんが釣った場所は、美国川河口。 美国漁港の南防波堤の先端から外海側に魚影を見つけてキャスト。 色々なルアーを試したそうですがほとんどが無視されたそうです。ショアラインシャイナーZ140のHITグリーンにだけはアタリがあったそうで、このミノーの引き方を色々変えて試していたら釣れたそうです。大きい方が午前4時頃で、小さい方は午前5時半頃に釣れたそうです。

 

               **********

◆ サクラマス 今シーズンの最大か?  岩内町  6月5日の釣果(6日記述) 上の写真は、札幌市北区の 広永 俊章さんが、雷電海岸の岩場で釣った、サクラマスの大物です。 当店で午後5時40分に計測しましたが、尾叉長で 70.0cmで 4.8kg もありました。 鼻曲がりの雄でした。 釣り上げたのは午前4時頃とのことで、ルアーはタイドミノースリム175のピンクバックだったそうです。 今年の春は、サクラマスの釣れ方は順調なシーズンでしたが、魚影が濃い年の割には、良型が少ないと感じていました。 最近は跳ねているのに、ルアーに反応が鈍く、釣果は下降気味でした。 5月に入ってからヒラメが釣れ始めたと思いきや、もう型物まで釣れたとか。 ショアのブリ〜イナダも早めの釣れ始めですし、淡水の釣りものが気になり始めたりで、サクラマス熱も冷めかけてきていた時季でしたが、まだ熱い情熱を維持している人がいたのですね。 広永さんは、この大物の他に2匹、3.3kgと、2.3kgも釣っていました。 その2匹もタイドミノースリム175のオオナゴと、140カタクチで釣ったとのことでした。

               **********

<下の8枚の画像は、バーサスの作者が最近リリースした、ニュータイプ ハンドメイド・ジグミノーの ”Diva (ディーヴァ)”です。 カラー設定は、バーサス同様非常に豊富です。 ディーヴァの特徴は、究極の好バランスが生み出す、飛行距離とナチュラルな泳ぎです。 想定を超えるような飛びと、リトリーブ・スピードが速くても低速でも、とても綺麗でリアルに泳ぐことです。 構造はバルサ+金属です。 先ずはアルミタイプのみの生産ですが、シェルタイプのご注文もお受けいたします。 33g〜38gのアルミが¥2200、シェルが¥2750。 40g〜45gのアルミが¥2350、シェルが¥2900でございます。 少し残念なのは、下の写真がうまく撮れてないことです。 現物をご覧になれば、その美しさにため息が出るかもしれませんよ!。 作者は、『バーサスを凌ぐほどのサクラマスの釣果を期待し欲しいです。』 と おっしゃってます。>

フライフイッシング  ・このページのトップへ戻る

 アメマス  余市川  12月5日(12月6日記述): 釣りの帰りのお客様から5日に伺いました。 余市総合体育館の裏で、早朝からストリーマーで釣ってみたそうですが、アメマスは釣れなかったそうです。 初めて総体裏で釣ってみた方でした。まだ少し早かったようです。

◆ ニジマス  尻別川  10月31日の釣果(31日記述): 上の写真は小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、晩秋の渓流釣り日誌をいただきましたので、掲載させていただきました。 以下の石澤さんのコメントは、そのまま引用させていただきました。石澤さん、いつもありがとうございます。 今シーズンの渓流釣りの締めの釣りで、また良型まじりでよい釣りを堪能できたようですね、よかったですね!。

『本日は、尻別川の支流で、今年最後の渓流に行って来ました。

久々の釣りでした。

ウェットフライで釣り下り、30cm〜40cmのニジマスが釣れました。

画像は本日の最大魚、53cmです。

フライを沈めて、しつこく粘り、ようやくフライに食いつきました。

時折みぞれまじりの雨で、寒い一日でした。 』

 

◆ ニジマス  尻別川  3月14日の釣果(15日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、今シーズン初の釣り日誌を(14日の夜に)いただきましたので、掲載させていただきました。 石澤さんの今シーズンの『初尻別釣行』は、ニューロッドのを携えてでしたが、早速、良型ニジマスで入魂で来たそうです。 相性の良いロッドになってくれればよいです。 以下のコメントは、そのまま引用させていただきました。

いつもお世話になっています! 石澤です!
本日、雪代前の尻別川に行って来ました!
今日の尻別川は濁りもなくいい感じで、#4のブラックマドラーゾンカーを沈めて61センチのニジマスが釣れました。
先日、購入させて頂いたロッドにも入魂出来ました!
それではまた!

     ウ キ 釣 り  ・このページのトップへ戻る

◆ ホッケ 泊の兜千畳敷  1月9日の釣果(9日記述) ジグをはじめ色々なルアーを持って、早朝から兜千畳敷の先端付近に入って、サクラマスとホッケを狙ってみたそうですが、サクラマスはこの日は釣れず。 ルアーにはホッケも反応が悪かったそうです。 オキアミをエサにしたウキ釣りと、サビキにマグロを付けて釣っていた方達が、30cm前後の細めのホッケを 10匹前後釣っていたのを見てきたそうです。午前7時頃からポツポツと釣れて、午前8時頃には食いが止まっていたそうです。

◆ アメマス   積丹町  12月12日と13日の釣果15日記述) 釣ってきたお客様から伺いました。 12日に来岸漁港の内防波堤の外側の砂浜で、ジグで1匹、連れの方が小さめのオオナゴ(当店で購入した)をエサにしたウキ釣りで2匹 13日に野塚ジグで1匹。 大きさは40cm前後で、全部リリースをしたそうです。

◆ ホッケ 寿都、岩内、泊  12月13日の釣果(13日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 釣り始めは、寿都の弁慶だったそうですが、強風ですぐに撤収。 帰り道になるので、岩内港のフェリー埠頭に入ったら、一部の繊細なタックルの人がウキ釣りで少し釣っていたそうですが食いが悪い感じで、少しずつしか釣れていなかったそうですが、30cm前後で細くないホッケだったそうです。  さらにその後、兜千畳敷に行ったら、左側は波を被っていたそうですが右側で、サビキで10匹ほど釣っていた人がいたそうです。ここのホッケは細くてやや小さめだったそうです。

◆ ホッケ 泊の兜千畳敷  11月22日の釣果(22日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 午前8時前に千畳敷に到着したお二人が、早朝から釣ってみたけど釣れなかったのでと引き上げて行った人達が入っていた場所(先端)に入ったそうです。  ところがなんと、午前8時を過ぎた頃からホッケの群れが来たようで、周りでも釣れ始めたそうです。 少しずつ波が高くなり始めていたそうで、ホッケの食いが立ってきたのかも?ともおっしゃってました。 午前11時頃まで粘ったそうですが、波がさらに高くなったので、切り上げてきたそうです。 ホッケノ釣果は、2人で 40匹。大きさは30cm前後。 抱卵ホッケがほとんどだったそうです。 先端よりも右側で釣っていた人達の方が釣れ方がかなり良かったそうで、おそらく2倍ぐらい釣ったと思われますとの事でした。

◆ 豆イカ好調です!  余市港  11月15日の釣果(15日記述) 15日も豆イカ釣りに来た方達が多かったです。 釣ってきましたと言う情報も多かったので、午後3時半過ぎに余市港まで行って見てきました。 南防波堤ではガードレールの前で、エギで釣っていた人達に混じって、エサでウキ釣りをしていた地元の方が1人いました。午後3時半過ぎの時点の釣果は 約40パイでした。大きさは胴長が約8cm〜12cm。 エサはご自分で釣ったチカでした。

     渓流の餌釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆道央地区は、4月1日〜5月31日の間が、やまべ(=ヤマメ、山女魚)の禁漁期間です。 解禁日は6月1日です。

     その他の釣り情報  ・このページのトップへ戻る