船釣り   投げ釣り  防波堤・港内の釣り  ルアーフィッシング
フライフィッシング ウキ釣り 渓流の餌釣り その他の釣り
    余市市場水揚げ概況  ・このページのトップへ戻る

7月22日朝の、余市漁組市場の水揚です。

 ブリ7kg1本、6kg10本、5kg24本、4kg33本、

 イナダ1〜3kg約170匹、ヒラメ40cm1枚、

 真イカ搬出中でした20入り20箱、30入り20箱、

 ヘラガニ8〜13cm290パイ、ワタリガニ10〜18cm50パイ。

7月21日朝の、余市漁組市場の水揚です。

 真イカ20入り約100箱、25入り約100箱、30入り70箱、

 ブリこれから搬入で10本だけでした、カスベ50cm1匹、

 アンコウ40〜50cm30匹、黒ゾイ30cm前後10匹、

 ヒラメ40〜70cm15枚、真ガレイ35〜40cm3枚、

 マツカワ40cm2枚、ヘラガニ8〜12cm110パイ、

 ワタリガニ甲羅幅12〜20cm90パイ。

7月20日は日曜日で、余市漁組市場はお休みです。

7月19日朝の、余市漁組市場の水揚です。

 ブリ10kg1本、9kg10本、7kg63本、6kg51本、

 イナダ5kg94本、4kg49本、3kg16本、

 真イカ搬出中25入りが30箱、フグ25〜30cm5匹、

 ヒラメ40〜70cm60枚、マツカワ40cm2枚、

 真ガレイ25,30cmの2枚、カスベ40〜60cm6匹、

 アンコウ40〜60cm30匹、黒ガシラ40cm1枚、

 ヘラガニ6〜12cm60パイ、ワタリガニ10〜15cm40パイ。

7月18日朝の、余市漁組市場の水揚です。

 ブリ8kg2本、7kg2本、6kg3本、5kg49本、

 イナダ4kg40本、3kg6本、2kg3本、

 真イカ30入り前後約300箱+α、黒ゾイ40cm1匹、

 宗八20cm前後15枚、アンコウ45〜55cm10匹、

 フグ20〜22cm3匹、ワタリガニ15cm35ハイ、

 ヘラガニ甲羅幅10〜13cm50パイ。

7月17日朝の、余市漁組市場の水揚です。

 真イカ30入り350箱、25入り80箱、20入り25箱、

 ブリ10.5kg1本、7kg2本、6kg32本、5kg90本、

 イナダ2〜4kg120本、シイラ65〜80cm4匹、

 ヒラメ40〜60cm65枚、アンコウ40〜60cm31匹、

 宗八25〜30cm60枚、黒ガシラ30〜40cm10枚、

 カスベ40〜60cm4匹、ヘラガニ6〜10cm100パイ、

 ワタリガニ甲羅12〜18cm約40パイ。

船 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

 ウインドウズの最新ブラウザの IE10 に当サイトが完全には対応していないため、各船長さんの連絡先が表示されない方は、以下の表からご覧下さい。

岩内港・その他 川白・神恵内 余別・日司
古平・美国・幌武意 余市町 小樽市など

◆ ブリ ナイトジギング 釣れすぎて早上がり! 余別漁港 広栄丸(広和船長0135−46−5174)7月21日の夜の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 21日の午後7時に出港、午後11時頃に釣れすぎて早あがり。 サルワンの水深約40m〜50mで。 釣果は全体で 84本、大きさは6kg〜7kgが16本、あとは3kg〜5kg。 ジグは色々を使っていたそうです。 エサ釣りで釣れたのが1本だけで、83本はジグで釣れたそうです。 

◆ ブリ 夜釣り 好釣果! 余別漁港 和光丸(能代谷船長0135−46−5402)7月21日の夜の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 21日の午後9時半に出港、午前2時半までの釣り。 サルワンの水深約47mで。 釣果は全体で 40本超(船長さんがしっかり数えなかったそうです)、大きさは 10kg1本、7kg1本、あとは3kg〜5kg。 ジグは様々を使っていたそうですが、400gぐらいの赤金が多かったそうです。 買ってきた大きめのイカを使って、エサ釣りをしたお客様が1人だけいたそうですが、エサでは3本を釣っただけだったとの事。 午前0時を過ぎる頃から釣れ始めたそうです。ほとんどは底で釣れたそうですが、中層で釣れた魚は小さかったそうです。

◆ 真イカ   幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月21日夜の釣果(22日記述): 船長から伺いました。時化気味で中止を決めたそうですが、連絡が取れず港に来てしまった初心者のお客様2名を乗せて、21日の午後6時に出港して、午後11時半頃までの釣り。 幌武意沖の水深約500mから流したそうです。 真イカを1人あたりで、 約120パイ と 約30パイ(船酔いでダウン)、大きさは、20入りが約1割、25入りが約3割、30入りが約5割、40入りサイズ約1割。  6号のキラキラオッパイ針の仕掛を使っていたとの事でした。

◆ 真イカ 時化模様で早上がり 余市河口漁港 平安丸(大村船長090−9527−6036)7月21日の夜の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 21日の午後4時に出港し、午後11時までの釣り。 余市沖の水深約130mラインで。 真イカを1人あたりで 30パイ前後 大きさは 35ハイ入り〜40パイ入りサイズ 棚は、45m前後が多かった。 時化模様で浅めの場所で釣ったそうですが、イカが薄い感じの日だったそうです。

               **************

◆ ブリ 夜釣り また好釣果!! 余別漁港 千鳥丸(山田船長0135−46−5125)7月20日の夜の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 20日の午後6時に出港、午前0時前までの釣り。 神威岬沖の水深約40m〜50mで。 釣果は全体で 60本、大きさは 8kg1本、7kg2本、あとは3kg〜6kg。 ジグは400g〜500gの様々な物で、色は赤金だけでなく、オレンジ色系もかなり釣れていたそうです。 この日は、エサ釣りをした人がいなかったそうで、全員がジグを使ったそうです。

◆ ブリ ナイトジギングで数釣り!  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)7月20日の夜の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 20日の午後5時に出港して午前1時までの釣り。 神威岬沖の水深約40m〜45mで。 釣果は1人あたりで 5本〜10本、大きさは 2kg〜6.5kg。 午後8時を過ぎてから釣れてきたそうです。 色々なジグで釣れたそうで、色は赤金で釣れていたそうです。

◆ 真ダラ 好釣果!! 幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港し、午後1時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約150mで。 真ダラは全体で 約120本、大きさは約50cm〜1m超(1m前後が10本超)  タラシャクリは200号〜250号で、ステンレスパイプと銅パイプ。シャクリの針には、赤やピンクのヤリイカベイトを付けていたそうです。 ピンク色のベイトに良型が釣れていたそうです。

◆ 真イカ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月20日夜の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 20日の午後5時に出港して、午前0時半までの釣り。 幌武意沖の水深約300m〜400mで。 真イカを1人あたりで、 約150パイ〜400パイ、大きさは、25入りサイズ〜40入りサイズ(30パイ入りサイズが大半)。 棚は、50m前後→15m前後。 6号のキラキラオッパイ針の仕掛で良く釣れていたとの事でした。 

◆ ブリ デイジギング 好釣果!!  美国漁港 仁成丸(佐藤船長090−8899−1693)7月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 積丹岬無線塔沖の水深約50m〜60mで。 午前4時半に出港して、午前11時半までの釣り。 釣果は全体で 61本、大きさは 5kg〜7kgが約10本で、あとは2kg〜3kg。 ジグは様々なもので釣れたそうです(食いが良く何でも良かった感じだったそうです)。 ヒットしたのは底から中層まで。 竿頭がなんと初心者の女性、電動ジギングでの初挑戦だったのに一番釣ったとのことでした。

◆ 真イカ 好釣果!  古平港 宝進丸(お父さん)(依田船長0135−42−3578)7月20日の夜の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 20日の午後5時過ぎに出港して、午前1時半までの釣り。 古平沖の水深約80m〜100mで。 真イカを1人あたりで全員が、200パイ超、大きさは、25入りサイズ〜40入りサイズまで(30パイ入りサイズが大半)。 棚は、30m前後が多かった。 6号キラキラオッパイ針の仕掛で釣れていたとの事。 

◆ 真イカ 好釣果!  古平港 昇龍丸(息子さん)(依田船長0135−42−3578)7月20日の夜の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 20日の午後5時に出港して、午前1時半までの釣り。 古平沖の水深約50m〜100mで。 真イカを1人あたりで全員が、200パイ超、大きさは、25入りサイズ〜40入りサイズまで(30パイ入りサイズが大半だったそうですが、前日より25ハイ入りが少し多かった)。 棚は、30m〜35m。 6号キラキラオッパイ針の仕掛で釣れていたそうです。

◆ 真イカ 順調!  余市河口漁港 平安丸(大村船長090−9527−6036)7月20日の夜の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 20日の午後4時に出港し、午前2時までの釣り。 余市沖の水深約300mから流して、約450mまで。 真イカを1人あたりで 約100パイ〜300パイ超 大きさは 25ハイ入り〜40パイ入りサイズ(30入りサイズと40入りサイズを合わせると大半になったそうです)。 棚は、45m前後が多かった。 さかな針18cm、ひし形針18cm、その他を使っていたそうですが、6号きらきらオッパイ針が一番良かったそうです。

               **************

◆ 真ダラ、ヤナギ、ホッケ 好釣果! 余別漁港 千鳥丸(山田船長0135−46−5125)7月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、午前11時までの釣り。 カムチャッカ根の水深約100m〜150mで。 真ダラは1人あたりで約15本〜20本、大きさは約50cm〜80cm ヤナギノマイは1人あたりで約10匹〜15匹大きさは約25cm〜35cm  ホッケは1人あたりで 約10匹〜15匹大きさは約30cm〜40cm 胴突仕掛は、白フラッシャーが付いた針がベースの色々な胴突仕掛で、エサは赤イカ。 タラシャクリは200号〜250号で、銅パイプのタイプを使っていたそうです。

◆ ブリ 夜釣り 好釣果!! 余別漁港 千鳥丸(山田船長0135−46−5125)7月19日の夜の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 19日の午後6時に出港、午前0時までの釣り。 水無し沖の水深約40mで。 釣果は全体で 31本、大きさは 4kg〜6kgが約15本、2kg〜3kgが約16本。 ジグは400g〜500gの様々な物(何でも釣れた感じ)で、色は赤金を使っていた人が多かったそうです。 28本がジグで釣れて、3本がエサ釣りで釣れたそうです。

◆ ブリ ナイトジギング 好釣果!! 余別漁港 漁福丸(澤船長090−8897−0160)7月19日の夜の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 19日の午後8時半に出港、午前2時までの釣り。 神威岬沖の水深約40m〜47mで。 釣果は全体で 53本、大きさは 4kg〜6kgが16本、2kg〜3kgが37本。 ジグは様々な物で、色も様々。 具体的にはドラッカーハイブリッドタイプX、ジョーカー420g、ヤバイジグ、など。

◆ 真イカ 好釣果!  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)7月19日の夜の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 19日の午後6時15分に出港して、午前0時15分までの釣り。 幌武意沖の水深約200mから流して〜約600mまで。 真イカを1人あたりで、 170パイ〜330パイ、大きさは、20入りサイズ〜40入りサイズまで(30パイ入りと40パイ入りサイズで大半を占めた)。 棚は、約35m→30m。 7号よりも6号のキラキラオッパイ針の仕掛が良かったそうです。

◆ 真ダラ 好釣果! 幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月20日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港し、午前11時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深約100m〜160mで。 真ダラは全体で 約70本、大きさは約70cm〜110cm(1m超が14本)  胴突仕掛は、白フラッシャーが付いた針がベースの色々な胴突仕掛で、エサは赤イカ。 タラシャクリは200号〜250号で、ステンレスパイプと銅パイプ。シャクリの針には、赤やピンクのヤリイカベイトを付けていたそうです。 カムイ1kgの赤金でも釣れていたそうです。

◆ 真イカ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月19日夜の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 19日の午後5時半に出港して、午前0時半までの釣り。 幌武意沖の水深約300m〜400mで。 真イカを1人あたりで、 約100パイ〜350パイ、大きさは、25入りサイズ〜40入りサイズ(30パイ入りサイズが大半)。 棚は、50m前後→15m前後。 6号と7号のキラキラオッパイ針の仕掛で釣れていたとの事。 

◆ ブリ デイジギング 好釣果!  美国漁港 仁成丸(佐藤船長090−8899−1693)7月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 積丹岬無線塔沖の水深約50m〜70mで。 午前4時半に出港して、午前11時半までの釣り。 釣果は全体で 48本、大きさは 8.4kgが1本、4kg〜6kgが11本で、あとは2kg〜3kg。 ジグは様々なもので釣れたそうです(食いが良く何でも良かった感じだったそうです)。 ヒットしたのは底から中層まで。  仁成丸さんは、午後便に空きがあるそうです、午後からブリ釣りをしたい方は、お早めにお申し込みください。

◆ 真イカ 好釣果!  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)7月19日の夜の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 19日の午後6時に出港して、午前0時過ぎまでの釣り。 美国沖の水深約400mラインで。 真イカを1人あたりで、 150パイ〜300パイ、大きさは、25入りサイズ〜40入りサイズまで(30パイ入りと40パイ入りサイズで大半を占めた)。 棚は、約50m→40m。 6号のキラキラオッパイ針の仕掛が良かったそうです。

◆ 真イカ 順調!  美国漁港 第一漁栄丸(新井船長090−9755−9108)7月19日の夜の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 19日の午後5時半に出港して、午前0時半までの釣り。 美国沖の水深約120m〜130mで。 真イカを1人あたりで、 100パイ〜150パイ、大きさは、30入りサイズ〜40入りサイズ。 棚は、約35m前後。 7号のキラキラオッパイ針の仕掛を使っていたそうです。 26日土曜日の夜のイカ釣り、まだ空きがあるそうです。

◆ 真イカ 好釣果!  古平港 宝進丸(お父さん)(依田船長0135−42−3578)7月19日の夜の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 19日の午後5時半に出港して、午前0時までの釣り。 古平沖の水深約80m〜100mで。 真イカを1人あたりで全員が、200パイ超、大きさは、25入りサイズ〜40入りサイズまで(30パイ入りサイズが大半)。 棚は、50m前後→30m前後。 6号または7号のキラキラオッパイ針の仕掛で釣れていたそうです。 

◆ 真イカ 好釣果!  古平港 昇龍丸(息子さん)(依田船長0135−42−3578)7月19日の夜の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 19日の午後5時に出港して、午前0時までの釣り。 古平沖の水深約80m〜100mで。 真イカを1人あたりで全員が、200パイ超、大きさは、25入りサイズ〜40入りサイズまで(30パイ入りサイズが大半)。 棚は、50m前後→30m前後。 6号または7号のキラキラオッパイ針の仕掛で釣れていたそうです。

◆ 真イカ 順調!  余市河口漁港 平安丸(大村船長090−9527−6036)7月19日の夜の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 19日の午後3時半に出港し、午前2時までの釣り。 余市沖の水深約130mから流して、約110mまで。  真イカを1人あたりで 約100パイ〜180パイ 大きさは 25ハイ入り〜40パイ入りサイズ(30入りサイズが多かった)。 棚は、50m前後→30m前後。 お客様方が使っていたイカ針はきょうも、きらきらオッパイ針6号と7号、さかな針18cm、ひし型針18cm、などだったそうです。

◆ 真イカ 好釣果!  小樽港 シェイク(吉野船長080−5598−4819)7月19日の夜の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 19日の午後4時半に出港して、午前2時までの釣り。 余市沖の水深約130mから流して、約500mまで。 真イカを1人あたりで、 120パイ〜200パイ超、大きさは、25入りサイズ〜40入りサイズまで(30パイ入りと40パイ入りサイズで大半を占めた)。 棚は、約50m→35m前後。 6号と7号のキラキラオッパイ針の仕掛が良かったそうです。

               **************

◆ 真ダラ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港し、午後12時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深約100m〜150mで。 真ダラは全体で 160本、大きさは 約50cm〜1m タラシャクリ250号を使用、ステンレスも銅パイプも共に釣れたそうです。カムイの750gで釣った方もいたそうです。 白フラッシャー針の胴突仕掛に赤イカを付けて釣った方いたそうです。

◆ ブリ デイジギング好釣果!  来岸漁港 MARI U(小山船長090−8709−9285)7月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午後1時に出港、午後5時までの釣り。 釣果はお客様5人で 50本超、大きさは 5kg弱〜7kgが45本超、2kg前後が5本。 食ってきたのは、底から中層までとの事。 ジグは、150g〜180gの色々なものですが、AKジグマリのタイプTの150gが一番活躍したそうです。

◆ ブリ デイジギング 好釣果  美国漁港 仁成丸(佐藤船長090−8899−1693)7月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 積丹岬無線塔沖の水深約50m〜60mで。 午前4時半に出港して、午前11時半までの釣り。 釣果は全体で 36本、大きさは 4kg〜7kgが約半分で、2kg〜3kgが約半分。 ジグは様々なもので釣れたそうです。 ヒットしたのは底から中層まで。 仁成丸さんは、午後便に空きがあるそうです、午後からブリ釣りをしたい方は、お早めにお申し込みください。

◆ 真イカ 好釣果!  古平港 宝進丸(依田船長0135−42−3578)7月18日夜の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 18日の午後5時に出港して、午前1時までの釣り。 古平沖の水深約80m〜100mで。 真イカを1人あたりで、 200パイ前後、大きさは、25入りサイズ〜40入りサイズまで(30パイ入りサイズが多かった)。 棚は、50m前後→20m前後。 ほとんどは6号のキラキラオッパイ針の仕掛で釣れていたそうですが、さかな針14cmの仕掛を使っていた人も釣れていたそうです。 

◆ 真イカ 順調!  余市河口漁港 平安丸(大村船長090−9527−6036)7月18日の夜の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 18日の午後4時に出港し、午前1時までの釣り。 余市沖の水深約130mから流して、約300mまで。  真イカを1人あたりで 約70パイ〜130パイ 大きさは 25ハイ入り〜40パイ入りサイズ(30入りサイズが多かったそうです)。 棚は、50m前後で、あまり浮いてこなかったそうです。 お客様方が使っていたイカ針は、きらきらオッパイ針6号、さかな針18cm、ひし型針18cm、などだったそうです。

               **************

◆ ブリ デイジギング好釣果!  来岸漁港 MARI U(小山船長090−8709−9285)7月18日の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 午前5時にお客様2名だけ乗せて出港、午前11時までの釣り。 神威岬沖の水深約50m〜60mで。 釣果はお客様が1人あたり 10本、12本、大きさは 約6.5kg1本、あとは4kg〜6kg。 食ってきたのは、底から中層までとの事。 ジグは、150g〜200gで、サクリファイスU200gや、AKジグ150gで、カラーはフルシルバー、赤金、ブルーバックなどの様々な色。 マリUの小山船長が、19日の午前便に空きあるとのことでした。

◆ ブリ 夜釣りで 80本!  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)7月17日の夜の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 17日の午後8時半に出港して午前1時までの釣り。 神威岬沖の水深約45mで。 釣果は全体で 約80本、大きさは 3kg〜4kg超が4割で、5kg前後〜7kgが6割。 非常に食いが良く、ジグは何でも釣れた感じだったそうです、ドラッカーハイブリッド、ジョーカー、カムイ500g、など色々なもので、船長さんが見たことがないジグの黄色を使っていた方が竿頭で、35本を釣ったそうです。 潮流れが悪く、エサ釣りの方達がオマツリが多かったので、ジグに切り替えて結構釣ったそうです。 ほとんどが底で食ったそうです。

◆ 真イカ 好釣果!  幌武意漁港 栄久丸(加藤船長0135−45−6176)7月17日夜の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 17日の午後5時半に出港して、午前1時までの釣り。 幌武意沖の水深約130m前後で。 真イカを1人あたりで、 約150パイ〜200パイ超、大きさは、25入りサイズ〜40入りサイズまでバラバラ(30パイ入りサイズが多かった)。 棚は、30m前後→20m前後。 6号と7号のキラキラオッパイ針の仕掛が釣れていたそうです。

◆ 真イカ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月17日夜の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 17日の午後5時に出港して、午前0時までの釣り。 古平沖の水深約400m前後で。 真イカを1人あたりで、 約70パイ〜300パイ、大きさは、20入りサイズ〜40入りサイズまでバラバラ(30パイ入りサイズが多かった)。 棚は、50m前後→10m前後。 6号と7号のキラキラオッパイ針の仕掛で釣れていたとの事。 釣果の差は経験の差だったようです。

◆ ブリ デイジギング  美国漁港 仁成丸(佐藤船長090−8899−1693)7月18日の釣果(18日記述): 船長から伺いました。積丹岬無線塔沖の水深約50m〜60mで。 午前4時半に出港して、午前11時40分までの釣り。 釣果は全体で 12本、大きさは 4kg〜6kg。 ジグは様々なもので釣れたそうです。 水面近くにブリが浮いてきて、ブリはたくさんいるのにジグにあまり食ってこなかったそうです。 仁成丸さんは、午後便に空きがあるそうです、午後からブリ釣りをしたい方は、お早めにお申し込みください。

◆ 真イカ 好釣果!  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)7月17日夜の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 17日の午後6時に出港して、午前1時までの釣り。 マッカ沖の水深約80m〜90mで。 真イカを1人あたりで、 約150パイ〜200パイ超、大きさは、25入りサイズ〜40入りサイズまで(30パイ入りサイズが多かったそうです)。 棚は、40m前後→20m前後。 6号と7号のキラキラオッパイ針の仕掛を使っていたそうです。 

◆ 真イカ 好釣果!  古平港 宝進丸(依田船長0135−42−3578)7月17日夜の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 17日の午後5時過ぎに出港して、午前1時までの釣り。 古平沖の水深約200m前後で。 真イカを1人あたりで、 約150パイ〜300パイ超、大きさは、25入りサイズ〜40入りサイズまでバラバラ(30パイ入りサイズが多かった)。 棚は、40m前後→10m前後。 6号と7号のキラキラオッパイ針の仕掛で釣れていたとの事。 

◆ 真イカ 好釣果!  余市河口漁港 平安丸(大村船長090−9527−6036)7月17日の夜の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 17日の午後3時半に出港し、午前2時までの釣り。 余市沖の水深約200mから流して、約400mまで。  真イカを1人あたりで 約120パイ〜250パイ 大きさは 20パイ入り〜40パイ入り(30入りと40入りで大半を占めた) 棚は、50m前後→約20m。 イカ針は、イカの乗りがよい日で色々なもので釣れていたそうです。 平安丸さんは、平日にまだ乗れる日があるそうです。 

               **************

◆ ブリ デイ・ジギング ヒラメ大物も  来岸漁港 北都V(高橋船長0135−46−5800)6月16日の釣果(16日記述): 乗船したお客様から伺いました。 午前5時に出港して、正午までの釣り。 神威岬沖の水深約50m〜60mで。 ブリの数は全体で 8本、大きさは 7kgが1本、あとは 2kg〜3kg。 食ってきたのは、底〜中層。 ジグは、ディープスライダー剱180gの赤金が良かったそうです。 上の写真は、帯広市の 三島 貫三さんが釣った、大物ヒラメ。 当店で午後1時40分に計測しましたら、 79.0cm、5.85kg(血抜き後)ありました。 ジグはやはり剱180gの赤金で、午前10時半頃に釣れたそうです。 6月16日からは、ヒラメダービー2014がスタートしました。ダービー第1号はイキナリ80cm級でした!。 北都Vさんは、毎日ブリ釣りに出港しています。ブリのジギングをしたい方は、お早めに予約を入れてくださいね。

               **************

◆ ブリ デイ・ジギング 好釣果!  美国漁港 仁成丸(佐藤船長090−8899−1693)6月2日の釣果(2日記述): 乗船したお客様方3人と、船長から伺いました。 午前5時前に美国漁港から出港して、午後12時過ぎまでの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深約50m〜60mで。 数は全体で 31本、大きさは、10kgが1本、あとは約5kg〜8kg。 ヒットしたのは、底から中層までの間がほとんどだったそうですが、かなり上の方でヒットした魚が少しあったそうです。 ジグは色々で、重さは約150g〜200g。 ジグの色も様々だったそうです。 上の写真は、余市町の 佐々木 龍生さんが釣った 7.8kg(当店で午後2時前に計って)です。この魚は、ディープスライダー剱180gのグリーン/ピンクで釣ったそうですが、剱のブルピンで良型の魚に切られたそうです。 この他に佐々木さんは6.6kgと6kg弱の合計3本を釣っていました。 親子で5本ずつ(2人で10本)を釣った方達は、ディープスライダー剱のオオナゴカラーと、ピンクシルバーで釣っていましたとお客様から伺いました。

               **************

◆ ブリ デイ・ジギング いきなり数釣り!!  来岸漁港 北都V(高橋船長0135−46−5800)5月31日の釣果(31日記述): 左の写真は、手稲区星置の 大河原 陽一さん7本釣ったうちの2本(血抜き後で、7kg強と6kg強)を持っていただいての記念撮影でした。 午前5時に出港して、積丹岬無線塔沖の50m前後で釣ったそうです。 大河原さんは、ディープスライダー剱180gのブルー/ピンクで釣ったそうです。 竿頭の方は1人で8本を釣ったそうで、その中に9kg近い魚が1本あったそうです。 北都Vさん全体では約26本釣れたそうです。 あまり脂は乗っていないとはいえ、このサイズが7本以上も釣れれば、腕が痛くて大変だと思いますよ。

 

 
     投 げ 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

 釣り会成績: カルデラFC 小樽市銀鱗会 左のボタンからご覧下さい。

6月29日記述。 水温が上がってきましたので、遠浅のサーフや水深が浅い漁港内は、釣果が冴えなくなってきました。 足下すぐから深くなるような西積丹側の岩場や、普段釣り人が少ない歩いて時間の掛かる岩場、または渡船で磯まで渡してもらう釣り場は、良い釣果があります。

◆ 黒ゾイ54cm、ホッケ、アブラコ   幌武意漁港から船渡し   6月10日〜11日の釣果(14日記述): 上の写真は、小樽市の 高橋 誠一さんがご友人と二人で、10日夕方から11日朝に掛けて、幌武意漁港からの船渡しで、穴澗の離れに渡ったそうです。 途中2時間ほどの仮眠時間をもうけたそうですが、 高橋さんお一人の釣果は、黒ゾイの54cm1匹、 真ゾイ32cm1匹、 シマゾイ30cm1匹、ホッケ36cmと39cmを1匹ずつ。 アブラコ33cm1匹、ガヤ24cm〜26cmを13匹、釣ったそうです。 食わせエサは、サンマ。

◆ 真ゾイ、アブラコ、黒ガシラ   沼前岬   6月10日の釣果(10日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 沼前岬の奥の方まで行かずに手前側に釣り座を構えたのが9日の午後7時半頃で、切り上げたのが10日の午前0時過ぎとの事。 釣果は、真ゾイ約30cmと約38cmを1匹ずつ。 アブラコ約40cm、45cm、47cmを各1匹。 黒ガシラ約33cmと、35cmを各1枚釣ったそうです。食わせエサは、サンマと塩イソメ。

◆ 真ガレイ   神恵内漁港   6月8日の釣果(8日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 神恵内漁港の南防波堤の左角から、テトラ越しの遠投で、龍神岬方向へ投げたそうです。 釣り始めたのは午前4時頃で、切り上げたのが午前8時頃。午前6時頃で完全に食いが止まってしまったそうです。 真ガレイを1人で11枚、大きさは 約23cm〜29cm。 エサは、自作の塩イソメ。 コマセカゴは今回は使わなかったそうですが、ホッケは1匹も釣れなかったそうです。 今年は真ガレイの数はイマイチですが、サイズが大きめな年ですね、とのお話しでした。 (同じようにおっしゃる他のお客様が多かったです。)

◆ ホッケ   積丹町 入舸漁港   6月3日の釣果(3日記述): 釣りの途中にエサを買いに来てくださったお客様から伺いました。 入舸漁港の中防波堤で、2日の夜から3日の朝までの間に、断続的にホッケが小さな群れで入ってきて、パタパタと釣れて止まり、釣れて止まりを繰り返してますとの事。 多い人はホッケはお一人で 30匹以上との事、大きさは 35cm前後が多いそうです。 投げ釣りでも、ウキ釣りでも釣れていますとの事でした。

◆ 真ガレイ   余市町 出足平漁港   5月31日の釣果(31日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 真夜中に釣り開始、午前9時半過ぎに切り上げてきたそうです。 真ガレイを2人で10枚、大きさは 約20cm〜25cm。 エサは、塩イソメ。 20cmに満たない物はリリースしたそうです。 午前4時頃から午前5時頃までの間に釣れて、その後は止まったそうです。

     防波堤・港内の釣り  ・このページのトップへ戻る

6月29日記述。ここ数年ほど前から、日本海側の春のチカ釣りが良くありません。 10年ほど前までは、春から秋までず〜っと各漁港内で釣れた物ですが、近年は夏場になってから釣れ始めたり、秋になってからようやく釣れたりになってしまいました。非常に残念な事です。

     ルアーフィッシング  ・このページのトップへ戻る
No.1 No.2 No.3

バーサスのカラーチャートの一部です、オーダーの際の参考にどうぞ

◆ ショアのブリ・ジギング  泊村  兜千畳敷   7月13日の釣果(13日記述): 午前8時過ぎに来店されたお客様が、ショアでブリ(イナダ)を釣ってきましたので、計ってくださいとのことで、早速計りました。 尾叉長で70.0cm、5.2kg(血抜き後)でした。 釣った方は札幌市白石区の 入江 智也さん。 兜千畳敷の先端の少し左で、午前4時頃に釣れたそうです。 ルアーは、P-Boyジグ バーチカル45gのブルーバックとのこと。 ヒラメでもと思い、ジグをフルキャストして着底させ、シャクリながら巻き上げていたそうですが、底からあまり上がってない段階でヒットしたとのことでした。 サクラマスやヒラメ狙い用のタックルなので、周りの人達の強力を得て、時間を掛けてゆっくりと寄せてランディングしたそうです。 照岸海岸寄りでも1本釣り上げた人がいたそうです。 ショアからのブリ狙いと思われる釣り人が10人前後はいたそうです。ナブラが何度も出来たそうですが、早朝は近かったのが、次第に沖に遠のき、全然届かないところまで行ってしまったので、午前6時過ぎに切り上げて来たそうです。

◆ ショアブリ(イナダ) 2人で4本  神恵内村 沼前岬   7月3日の釣果(3日記述): 釣りの帰りのお客様方お二人から伺いました。 沼前岬に着いたのが午前3時半頃で、午前4時頃から釣り始めて、間もなく釣れたそうです。 1人が3本、もうひと方が1本。 大きさは2kg〜3kgとの事。  午前4時過ぎに続けて釣れて止まったそうです。 少し離れたところで釣っていた人も1人で3本を釣っていたのとの事。 午前6時半頃に切り上げてきたそうです。 ルアーはジグの60g〜80g。 2人ともピンク色系のジグを使ったとのことでした。

 サクラマス 2匹 古平町 沖村川河口海岸   6月24日の釣果(24日記述): 6月3日に釣ってきた同じ場所で(沖村川河口よりも約500mほど古平川方向へ歩いた海岸で)、小樽市稲穂の 上家 和幸さんが、きょうまたサクラマスを2匹釣ったそうです。 さらに一番大きい4kgを越えていそうなサクラマスを、タモ入れを失敗して逃がしてしまったそうです。 午前4時過ぎに約45cmを、午前5時前に約55cmと釣り、そのあとにさらに良型をバラシタので悔しがっていました。 使ったルアーは、コンタクトノードのピンクバックゴールドと、ショアラインシャイナーZ140LDS−GのHKSPサンライズゴールド(赤金)だったそうです。 上家さんは、この後も釣れるかもしれないと、おっしゃってました。

 ヤマベ 約35cmなど  余市川の支流 白井川   6月24日の釣果(24日記述): 余市川の支流の白井川(赤井川村)と余市川の合流点周辺と、白井川に釣り上がって、白井川下流域(管理釣り場ドロームさんの横)での釣果を、余市町のKさんから伺いました。 午前6時頃から午前9時過ぎ頃までの釣果とのこと。 ヤマベの約35cmを1匹釣ったそうです、しっかりとパーマークがあったそうです。 あとは、15cm〜20cmを7匹か8匹釣ったそうです。 魚は全部リリースしたそうです。 使ったルアーは、ソウルズの5.5cmシンキングミノーで、ニジマスカラーだったと伺いました。 このミノーは、ヒラ打ち系のタイプですともおっしゃってました。

 サクラマス  幌武意漁港   6月18日の釣果(18日記述): 『サクラマスダービーは終わったばかりですが、小さいのが釣れました。』と、18日の午前7時半過ぎに来店してくださったのが、サクラマスダービーに参加してくださった、札幌市北区の 対馬 由貴さんです。 当店で午前7時40分に計りましたら、尾叉長51.0cm、1.7kgでした。 釣れた時刻は4時半頃、場所は幌武意漁港東防波堤の角のテトラ上から外海側(おなじみの良く釣れるポイント)とのこと。 他にもう一人、近くでサクラ狙いで釣りをしていた人がいたそうですが、その方はアタリがあっただけだったとのお話しを聞いてきたそうです。 ルアーは、ショアラインシャイナーSL14LD-SGのサケ稚魚リアルだったと伺いました。 ラッキーでしたと喜んでいましたが、さすがにこれからは、ヒラメ狙いに切り替えていこうかな、とおっしゃってました。

◆ ショアのブリ・ジギングで97.5cm  日司海岸  6月8日の釣果(8日記述): 午後2時20分頃釣りの帰りに来店されたお客様が、ショアでブリを釣ってきましたので、計ってくださいとのことで、早速計りました。 なんと、尾叉長で97.5cm、7.45kgでした。釣り人は札幌市西区の 阿部 勝彦さん。 釣った場所は、積丹川河口の右側の岩場とのこと。 釣れた時刻は、午前11時半頃。 ルアーは、SSP40gにご自分で黒系のシェルシートを貼ってチューンアップした物とのことでした。 釣った後に、ロックフィッシュ狙いの人達が来て、この魚を見て驚いていたそうです。 波が無く穏やかだったので、低いところから岩場にズリ揚げたそうです。

 

 ヒラメ  岩内港   6月7日の釣果(8日記述): 午前8時頃に来店された、釣りの帰りのお客様から伺いました。 7日の午後7時半頃に、岩内港の東防波堤で、60cm超のヒラメを釣ってきましたとの事でした。 25gのジグで釣りました、と伺いました。 岩内港内のヒラメは最近良い調子のようですね。

 ヒラメ 大物 86cm  美国漁港  6月7日の釣果(7日記述): 左の写真は、美国漁港の外防波堤の先端部で、午前6時頃に釣れた大物ヒラメ 86.0cm、7.65kg(血抜き後)です。 釣り人は、札幌市南区石山の 柳原 秀遵さんです。 当店で午前9時40分頃に計測しました。 ルアーは、40gのジグで、色はピンクバック/シルバー。柳原さんは早朝、サクラマスかホッケでも釣れてくれないかと、この場所にご兄弟の方とお二人で入ったそうです。 ホッケとアブラコを釣ったり、ウミアメがルアーを追って来ていたりしていたそうですが、まさかこんな大物ヒラメが自分のルアーを食ってくるとは、寄せて姿を見るまで考えもしなかったそうです。 無理をしないで弱らせてから揚げようと、時間を掛けたそうです。 柳原さん、ヒラメを釣ったのは今回が初めてとのことで、非常に喜んでましたが、『私達のほうが、そ何倍も驚いてますよ、初物が86cmなんて!』

 サクラマスとヒラメ  蘭越町 精進川河口海岸   6月7日の釣果(7日記述): 左の写真は、精進川河口の左側の海岸で、午前4時半に釣れたヒラメ 40cmと、午前5時半に釣れたサクラマス 尾叉長50cmです。 釣り人は、南幌町の 広川 義勝さんです。 当店で午前8時20分頃に計測しました。 最近サクラマスの釣果が少なくなって来ていますが、ヒラメのオマケまで付けて釣ってきたのですね。 ルアーは、アスリート12SSの限定カラーピンクバックグローと、同じアスリート12SSのカタクチとのことでした。

<ご注意ください> 6月4日の早朝、美国小泊海岸で、午前3時半から午前7時まで、サクラマス狙いで釣りをしていた方が、車上荒らしに遭ったそうです。 窓ガラスを割られ、鞄を持って行かれたそうです。釣り具はそのまま在ったそうです。 警察にも届けを出してきたそうですが、どうか釣り人の皆さんに十分気をつけていただきたいと、おっしゃってました。

               **************

<下の8枚の画像は、バーサスの作者が最近リリースした、ニュータイプ ハンドメイド・ジグミノーの ”Diva (ディーヴァ)”です。 カラー設定は、バーサス同様非常に豊富です。 ディーヴァの特徴は、究極の好バランスが生み出す、飛行距離とナチュラルな泳ぎです。 想定を超えるような飛びと、リトリーブ・スピードが速くても低速でも、とても綺麗でリアルに泳ぐことです。 構造はバルサ+金属です。 先ずはアルミタイプのみの生産ですが、シェルタイプのご注文もお受けいたします。 33g〜38gのアルミが¥2200、シェルが¥2550。 40g〜45gのアルミが¥2300、シェルが¥2650でございます。 少し残念なのは、下の写真がうまく撮れてないことです。 現物をご覧になれば、その美しさにため息が出るかもしれませんよ!。 作者は、『バーサスを凌ぐほどのサクラマスの釣果を期待し欲しいです。』 と おっしゃってます。>

     フライフィッシング  ・このページのトップへ戻る

◆ ニジマス47cm   尻別川 上流部   7月15日の釣果(7月17日記述): 小樽市幸の石澤一樹さんから7月15日の釣果のお知らせをいただきました。 メールの全文と、添付してくださった綺麗なニジマスの写真を、掲載させていただきました。16日にいただいたメールです。

『おはようございます。
昨日ですが、また前回と同じ尻別上流に入りました。
暑かったせいか魚の出がしぶく、最初はなかなか釣れませんでしたが、テトラの脇の深い所を丹念に流してようやく47cmのオスの綺麗なニジマスを釣りました。
その後5〜6匹の小型が釣れて終了しました。今回は全てニジマスでした。
47cmを釣ったフライはドロッパーのマドラーミノーでした。
また報告いたします。』

石澤さん、大変ありがとうございました。

また、良い釣りをしましたね。写真の腕前も良いですね!

◆ ニジマスなど  尻別川 上流部   6月30日の釣果(7月1日記述): 左の写真は、小樽市幸の石澤一樹さんが6月30日に、ご友人と2人で、尻別川の上流部で、ウェットフライの釣りを楽しんで来たそうで、写真を添えて釣果の情報を送ってくださいました。 今回の場所は、今シーズン初入釣だったそうです。2人合わせての釣果ですが、ニジマスを約10匹、中型のブラウンを1匹、小さいヤマメとイワナウグイも釣れたそうで。魚種的にも様々で楽しかったそうです(五目釣りだねと、笑ってました。)。 写真は石澤さんが釣ったこの日最大のニジマス48cmです。 フライは、#8のプロフェッサーを使ったそうです。 ご友人が残念なことに、60cmオーバーと思われるニジマスを掛けて寄せたのにバラシてしまったそうです。 悔しいので、近々二人でリベンジでまた同じ場所に行ってくるとのことでした。 石澤さん、また良い釣りをしましたね!

     ウ キ 釣 り  ・このページのトップへ戻る

7月15日記述。 真イカのウキ釣りやエギングが、東積丹側の各港は、今のところ芳しくありません。兜千畳敷では、良い日と悪い日のムラはありますが、結構釣れる日があるそうです。1人あたり10パイ〜30パイ。エギでも釣れますが、最近優勢なのは、鶏ササミ肉をテーラー針に乗せたウキ釣りだそうです。

     渓流の餌釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ ヤマベ、ニジマス、アメマス   余市川   7月21日の釣果(21日記述): 小樽市の 細川さん が釣りの帰りに寄ってくださいまして、きょうの釣果を教えてくださいました。 午前5時頃から午前8時前まで、余市川の上流の金橋の下流域を釣ったそうです。 ヤマベはキープしたのは、23cm、19cm、17cm、16cm、15cm 各一匹の合計5匹。 ヤマベの10cm〜13cmを約15匹ほどリリースしたそうです。 ニジマスの約30cmを2匹リリース。 アメマスの35cm前後も2匹リリースしたそうです。 使ったエサは、ブドウ虫とミミズ。 ヤマベの良型はミミズを使っていたときに釣れたそうです。 川の水量は少なめでコンディションは良くない上に、三連休の三日目なので、もっと釣れないのではと思ったそうですが、結構楽しめたそうです。 細川さんは、長めの竿を使い、細糸仕掛で繊細な釣りをする方です。

◆ ニジマス   岩内町 幌内川  7月20日の釣果(20日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 幌内川の鳴神の滝よりも上の、道路と川が交差する場所から2人で入釣。 釣り上がって、午前4時半から午前10時半までの釣り。 釣果は、ニジマスを1人あたり約15匹と20匹。 大きさは、15cm〜25cm。 エサはブドウ虫。 20cm以下の小さめが多く、ほとんどリリースをしたそうです。

◆ ヤマベ   余市町  ヌッチ川   7月12日の釣果(12日記述): 釣りの帰りのお客様から、お話しを伺いました。 午前5時前にヌッチ川の中流域から釣り上がり、上流域まで釣って、午前8時半頃切り上げたそうです。 釣果はヤマベが 17匹、大きさは15cm〜21cm。15cm未満は5匹ほどリリースしたそうです。 エサは、ブドウ虫と、ミミズ(ミミズへの反応が良くなったそうです)。 

 ニジマス   岩内町 幌内川  6月20日の釣果(20日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 幌内川の鳴神の滝よりも上の、道路と川が交差する場所から入釣し(午前10時頃)、釣り下がって、鳴神の滝に着いたのが午後1時頃で釣り終了。釣り下ってきた所をまた登って戻ってきたそうです。 釣果は、ニジマスを12匹。 大きさは、24cmと23cmが各1匹で、あとは12cm〜19cm。 エサはブドウ虫。

 ヤマベ   古平川支流  下二股川  6月18日の釣果(19日記述): 釣りの帰りのお客様から18日に伺いました。 冷水側の支流の下二俣川の、午前6時前に入釣し、午前8時半頃まで釣ってきたそうです。 釣果は、ヤマベを13匹。 大きさは、約20cmが1匹で、あとは12cm〜16cm。 その他に10cm前後を数匹リリースしたそうです。  エサはブドウ虫。 そのあと美国川を見に行ってみたそうですが、まだ水量が多すぎたので釣らずに帰ってきたとの事でした。

 ヤマベ   余市町  登川   6月1日の釣果(2日記述): 6月の1日と2日の二日続けて釣ってみましたとおっしゃるお客様から、2日にお話しを伺いました。 余市川はまだ早いのでは?と考えて、登川の中流域に、解禁日の6月1日に入釣したそうです。 釣果はヤマベが 9匹。大きさは 17cmが1匹で、あとは11cm〜14cmでリリースしたそうです。 エサはブドウ虫。 2日には、テンカラの竿だけ持って釣りに入ってみたそうですが、『自分の毛針には、まったく反応が無く、釣果はゼロに終わりました。』とのお話しでした。 登川は水量も多くなく、濁りもなく、良い感じにだったともおっしゃってました。

2014年5月30日記述。 山女魚解禁日は、この地域(道央・道南)は、6月1日です。 目前に迫って参りました。 順調な天候が続くことを願っております。

     その他の釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ 鮎 解禁日の釣果  上ノ国町  天の川   7月1日の釣果(3日記述): 解禁日の7月1日に釣りに行ってきたお客様から伺いました。 午前10時過ぎにご友人と釣りに入り、午後6時前まで釣ってきたとのこと。 釣った数は、1人あたり 5匹と6匹。 大きさは約16cm〜18cm。 支流の宮越内川で釣った方が10匹釣ったとの話を聞いたそうです。 水量が少なかったそうで、少し雨が欲しいところですと、おっしゃってました。

 6月30日記述。 平成26年度 余市川鮎稚魚放流状況 余市郡漁業協同組合さまからの資料を転記いたしました。 秋田県阿仁川あゆセンター産の稚鮎です。 放流日は6月13日でした。

放流場所 放流量 推定放流尾数
大正橋 100kg 8,000尾
大江橋 100kg 8,000尾
然別橋 100kg 8,000尾
仁木大橋 50kg 4,000尾
鮎見橋 50kg 4,000尾
合計 400kg 32,000尾

おとり(種)鮎の販売は、当面は以下の2カ所です(1尾¥800)

@余市郡漁業協同組合さけ、ますふ化場(あゆ見荘の裏手) 0135−22−6345 平日と土曜日の午前8時から正午まで販売。

Aラック・ル・ジューンさん(仁木町の国道5号線沿いの喫茶店):0135−32−3460 日曜日と祭日に販売。

2014年6月14日記述。 余市川の稚鮎放流が、余市郡漁業協同組合さんにより、13日に行われました。 秋田県阿仁川産の稚鮎で、放流した総重量は400kg。 1匹の体長が12cm前後で、体重13g前後の魚が多いそうです。 天然遡上物と区別して釣ったときにわかるように、放流物はアブラビレを切ってあるそうです。 鮎釣りが解禁になってから、アブラビレのない鮎を釣りましたら、場所と日時、大きさ(体長)を、漁組さんに教えてあげてください。 当店に教えてくださっても結構です。お願いいたします。 放流場所と量=大正橋100kg、大江橋100kg、然別橋100kg、仁木大橋周辺100kg。