船釣り   投げ釣り  防波堤・港内の釣り  ルアーフィッシング
フライフィッシング ウキ釣り 渓流の餌釣り その他の釣り
    余市市場水揚げ概況  ・このページのトップへ戻る

5月30日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ヒラメ38〜50cm60枚、シマゾイ45cm1匹、

 真ガレイ20〜30cm10枚、真ゾイ35〜38cm5匹、

 砂ガレイ19〜27cm60枚、宗八22〜30cm30枚、

 サクラマス1.5〜2.5kg11本、ワタリガニ10パイ、

 ヘラガニ甲羅幅9〜12cm70パイ。

5月29日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ヒラメ60cm1枚と、38〜50cmが29枚、

 砂ガレイ18〜25cm6枚、黒ゾイ25〜37cm8匹、

 ボラ40〜62cm9匹、ヘラガニ9〜13cm150パイ、

 ワタリガニ甲羅幅11〜16cm30パイ。

5月28日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ヒラメ 70cm1枚と、 38〜50cmが34枚、

 宗八23〜28cm40枚、真ガレイ23〜28cm10枚、

 砂ガレイ22〜26cm20枚、アンコウ45〜50cm3匹、

 カスベ40〜50cm35匹、ヘラガニ9〜11cm350パイ、

 ワタリガニ甲羅幅13〜17cmが10パイ。

5月26日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ヒラメ40cm前後20枚、砂ガレイ19〜27cm35枚、

 真ガレイ20〜30cm15枚、宗八24〜30cm10枚、

 ヘラガニ9〜13cm120パイ、ワタリ11〜16cm10パイ。

5月25日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ヒラメ38〜47cm15枚、黒ゾイ25〜35cm10匹、

 真ガレイ20〜28cm10枚、シマゾイ30〜36cm5匹、

 砂ガレイ19〜26cm20枚、ヤリイカ20〜33cm30パイ、

 ヘラガニ9〜13cm120パイ、ワタリガニ15ハイ。

5月24日は日曜日で、余市漁組市場はお休みでした。

5月23日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真ガレイ23〜30cm100枚、ヒラメ38〜50cm50枚、

 砂ガレイ22〜27cm160枚、カジカ32〜36cm15匹、

 黒ゾイ30〜50cm10匹、宗八24〜28cm20枚、

 ヤリイカ25〜30cm70パイ、ワタリガニ20パイ、

 ヘラガニ甲羅幅9〜11cm320パイ。

5月22日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 赤ガレイ25〜36cm900枚、サクラマス2.5kg1本、

 真ダラ60〜70cm15本、カジカ35〜40cm10匹、

 ナメタ25〜30cm20枚、アンコウ45〜55cm6匹、

 ヘラガニ9〜11cm250パイ、ワタリガニ13〜17cm10パイ。

5月21日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 黒ゾイ30〜40cm4匹、シマゾイ33〜42cm3匹、

 砂ガレイ20〜30cm30枚、ヒラメ36〜45cm15枚、

 サクラマス3.5kg1本、ヘラガニ9〜12cm40パイ、

 ヤリイカ胴長30cm前後40パイ。

5月19日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 アンコウ45〜55cm10匹、カスベ40〜50cm5匹、

 真ガレイ25〜30cm60cm、黒ゾイ30〜45cm15匹、

 砂ガレイ22〜27cm60枚、シマゾイ27〜36cm5匹、

 ヒラメ38〜46cm6枚、アブラコ40〜50cm4匹、

 シャコ14〜17cm10パイ、ワタリガニ16cm10パイ、

 ヘラガニ甲羅幅9〜12cm350パイ。

5月18日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ヒラメ40〜50cm6枚、石ガレイ30〜35cm3枚、

 砂ガレイ23〜27cm80枚、桜鱒1.3kgが1匹、

 真ガレイ25〜30cm70枚、宗八23〜27cm20枚、

 カスベ45〜55cm15匹、ヤリイカ24〜30cm60パイ、

 ヘラガニ9〜11cm180パイ、ワタリガニ13〜17cm15ハイ。

5月17日は日曜日で、余市漁組市場はお休みでした。

船 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る
岩内港・その他 川白・神恵内 余別・日司
古平・美国・幌武意 余市町 小樽市など

◆ ヤナギ、真ダラ、ホッケ  余別漁港 龍祥丸(飯田船長0135−46−5328)5月30日の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港して、正午までの釣り。 神威岬沖の水深140m前後で。 ヤナギノマイは1人あたり 30匹前後、大きさは 約25cm〜35cm。 真ダラは1人あたり 3本〜5本、大きさは 約40cm〜80cm ホッケは1人あたりで 30匹前後、大きさは 約30cm〜40cm  白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサはイカ、赤イカ、サンマ。

◆ ヤナギ好釣果!、ホッケ、真ダラ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)5月30日の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 午前6時半に出港して、午後12時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深120m〜165mで。 ヤナギノマイは1人あたり 約50匹〜80匹、大きさは 約26cm〜38cm。  ホッケは1人あたりで 3匹〜10匹、大きさは 約30cm〜40cm 真ダラは全体で 8本、大きさは 約55cm〜60cm  白またはピンクフラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサはイカ

◆ ホッケ、ヤナギ、真ダラ  古平港 宝勝丸(本間船長0135−42−3019)5月30日の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 午前5時半に出港して、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深115m〜135mで。 ホッケは1人あたりで 約70匹〜80匹、大きさは 約25cm〜40cm。 ヤナギノマイは1人あたり 約5匹〜15匹、大きさは 約20cm〜35cm。  真ダラは全体で 9本、大きさは 約50cm〜70cm   白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

◆ ヒラメ と 真ゾイ  余市河口漁港  幸運丸(浜田船長090−8900−6695)5月30日の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港して、正午までの釣り。 ヒラメはオタモイ沖の水深35m前後で。 ヒラメは全体で 9枚、大きさは 38cm〜45cm。 バケは500gで、オレンジ色、白色など。 タコキャップは、オレンジ系、ピンク系、その他の色も様々。 エサは、オオナゴ。 午前8時過ぎから余市沖の水深約50mで。 真ゾイを全体で 35匹、大きさは 約25cm〜45cm。素針もしくは白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛。 エサは、オオナゴ、豆イカ。

◆ ヒラメ  余市河口漁港  さ ち 丸(福島船長090−3773−7941)5月30の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に出港して、正午までの釣り。 塩谷沖の水深約30m〜35mで。 ヒラメは1人あたりで 1枚〜6枚、大きさは 約42cm〜49cm。 バケは500gで、水牛バケや、オレンジ色のバケなど。タコキャップの色もオレンジ色が優勢だったそうです。 エサは、オオナゴ。

               **********

◆ ヤナギ好釣果、ホッケ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)5月29日の釣果(29日記述): 船長から伺いました。 午前6時半に出港して、正午までの釣り。 カムチャッカ根の水深100m〜150mで。 ヤナギノマイは1人あたり 約20匹〜55匹(最高55匹、少ない人20匹、ほとんどの人達は30匹前後)、大きさは 約28cm〜36cm。  ホッケは1人あたりで 約10匹〜20匹、大きさは 約30cm〜40cm   白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

               **********

◆ 真ダラ好釣果、ヤナギ、ホッケ、ソイ  余別漁港 千鳥丸(山田船長0135−46−5125)5月28日の釣果(28日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港して、午前11時半までの釣り。 神威岬沖の水深約50m〜60mと、90m〜100mで。 真ダラが1人あたりで 10本前後、大きさは 約60cm〜70cm。 ヤナギノマイは1人あたり 約5匹〜6匹、大きさは 約25cm〜35cm。  ホッケは1人あたりで 20匹前後、大きさは 約30cm〜40cm 真ゾイが1人あたりで 1匹〜2匹、大きさは 約30cm〜40cm シマゾイも1人あたりで 1匹〜2匹、大きさは 約30cm〜40cm  白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

◆ ヤナギ好釣果、ホッケ  余別漁港 広栄丸(広和船長0135−46−5174)5月28日の釣果(28日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港して、午前11時半までの釣り。 西の河原沖の水深100m〜150mで。 ヤナギノマイは1人あたり 約20匹〜50匹、大きさは 約25cm〜35cm。  ホッケは1人あたりで 約30匹〜50匹、大きさは 約30cm〜40cm   白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

◆ 真ガレイ  小樽港 白龍丸(本間船長090−3390−5423)5月28日の釣果(28日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港して、午前11時半までの釣り。 小樽沖の水深30m前後で。 真ガレイは1人あたりで 約50枚〜60枚、大きさは 18cm〜38cm(30cm超が1人あたり15枚前後あったそうです)。 仕掛はほとんどの人が、片天秤タイプを使っていたそうです。 エサは、イソメ。 

               **********

◆ ヒラメ  余別漁港 龍祥丸(飯田船長0135−46−5328)5月27日の釣果(28日記述): 乗船したお客様から、釣りの帰りに伺いました。 午前5時に出港して、正午までの釣り。 サルワンの水深約20m〜30mで。 ヒラメの釣果は全体で 15枚、大きさは 38cm〜50cm。 バケは500gで、カラーはオレンジ色、ブラックレーザーなど。 タコキャップは、ピンク系、グリーン系、その他色々。 エサは、オオナゴ。

◆ ブリのデイ・ジギング  美国漁港 仁成丸(佐藤船長090−8899−1693)5月27日の釣果(28日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港して、午後2時までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約45m〜60mで。 ブリは全体で 5本、大きさは 7kg〜9kg。 使ったジグの重さは180g〜230g、色はピンク色系、赤金など。 

◆ ヒラメ  小樽港 白龍丸(本間船長090−3390−5423)5月27日の釣果(28日記述): 船長から伺いました。 27日の午前4時半に出港して、午前11時半までの釣り。 小樽沖の水深20m〜30mで。 ヒラメは全体で 13枚、大きさは 40cm〜46cm。 バケは600gで、ゴールド、ピンク色、アワビ貝貼りなど。 タコキャップの色は、ピンク、オレンジなど。 エサは、オオナゴ。 

               **********

◆ ヤナギ好釣果、ホッケ、シマゾイ、真ダラ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)5月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港して、午後12時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深110m〜150mで。 ヤナギノマイは1人あたり 約25匹〜45匹、大きさは 約26cm〜36cm。  ホッケは1人あたりで 約10匹〜20匹、大きさは 約30cm〜40cm シマゾイが全体で 6匹、大きさは 約30cm〜40cm オオバ真ダラが全体で 2〜3匹ずつ  白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

◆ ヒラメ  余市河口漁港 幸運丸(浜田船長090−8900−6695)5月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港して、午前11時過ぎまでの釣り。 オタモイ沖の水深約20m〜30mで。 ヒラメの釣果は全体で 10枚、大きさは 38cm〜45cm。 バケは500gで、オレンジ色系など。 タコキャップは、ピンク系、など。 エサは、オオナゴ。 

◆ ヒラメ  小樽港 白龍丸(本間船長090−3390−5423)5月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に出港して、午前11時半までの釣り。 小樽沖の水深30m前後で。 ヒラメは全体で 10枚、大きさは 42cm〜48cm。 バケは600gで、ゴールド系、ピンク色系、など。 タコキャップの色は、赤金系、茶色系など。 エサは、オオナゴ。

               **********

◆ ヤナギ、ホッケ  古平港 宝進丸(依田船長0135−42−3578)5月25日の釣果(25日記述): 乗船したお客様方から、釣りの帰りに伺いました。 午前5時半頃に出港して、午後2時前までの釣り。 古平沖の水深約120m〜130mで。 ヤナギノマイは1人あたり 約10匹〜30匹、大きさは 約22cm〜27cm。  ホッケは1人あたりで 約10匹〜20匹、大きさは 約30cm〜36cm  白フラッシャーが付いた何種類かの針の5本針の胴突仕掛で、エサは赤イカ。  当店製の仕掛や、当店オリジナル針で手作りした仕掛が、優勢だったと伺いました。 真ゾイの45cmが1匹と、カジカの50cmが1匹混じって釣れていたそうです。

◆ ヒラメ→真ガレイ、宗八  余市河口漁港 幸運丸(浜田船長090−8900−6695)5月25日の釣果(25日記述): 乗船したお客様から伺いました。 午前4時に出港して、午後12時半までの釣り。 ヒラメ釣り初挑戦の方達が多く、経験者は1名だけを乗せて出港したそうですが、初挑戦の方達に全然釣れてくれないので、途中から真ガレイ釣りに切り替えたそうです。 ヒラメはオタモイ沖の水深約20m〜35mで。 真ガレイはシリパ岬沖の30m〜35mで。 ヒラメは経験者の方が1人で 2枚、大きさは 約40cm。 バケは500gで、オレンジ色系など。 タコキャップは、オレンジ色系、ピンク系、など。 エサは、オオナゴ。 真ガレイと宗八はヒラメ初挑戦の方達が釣ったそうです。真ガレイは1人あたりで 約30枚〜40枚、大きさは 20cm前後。 宗八ガレイは1人あたり10枚前後、大きさは 約25cm〜28cm。真ガレイの仕掛は、スチールリーダー3本針を使っていたそうです。

               **********

◆ ヒラメ   余別漁港 漁福丸(澤船長090−8897−0160)5月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港して、午後12時30分までの釣り。 西河沖〜西の河原沖の水深20m前後で。 ヒラメは全体で 5枚、大きさは 約37cm〜45cm。 バケは500gで、オレンジ色など。 タコキャップは、ピンク色やオレンジ色を付けていたそうです。

◆ ヤナギ、ホッケ  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)5月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港して、午後2時までの釣り。 サルワンの水深約120m〜130mで。 ヤナギノマイは1人あたり 20匹前後、大きさは 約27cm〜33cm。  ホッケは1人あたりで 20匹前後、大きさは 30cm超  白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカと、釣ったホッケの切り身。

◆ ヤナギ好釣果、ホッケ、真ダラ、オオバ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)5月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前10時に出港して、午後3時過ぎまでの釣り。 カムチャッカ根の水深110m〜130mで。 ヤナギノマイは1人あたり 約20匹〜40匹、大きさは 約26cm〜38cm。  ホッケは1人あたりで 2匹〜10匹、大きさは 約30cm〜40cm 真ダラは全体で 11本、大きさは 約50cm前後 オオバが1人あたりで 10匹前後、大きさは 約20cm〜25cm  白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

◆ ブリのデイ・ジギングで6本 10kgも!  美国漁港 仁成丸(佐藤船長090−8899−1693)5月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港して、午後2時30分までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約45m〜60mで。 ブリは全体で 6本、大きさは 10kgが1本、6kg〜7kgが5本。 使ったジグの重さは150g〜230g、色は様々。 この他に、切られたり、バラしたりもあったそうです。  (ブリのデイ・ジギング、シーズン・インですね!)

◆ ヤナギ、ホッケ  美国漁港 栄 丸(川村船長090−8898−2807)5月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港して、午後1時までの釣り。 まず、いつも行く場所を探ったそうですが、サッパリ釣れなかったそうで、午前9時頃にカムチャッカ根へ向かったそうです。水深約115m〜120mで。 ヤナギノマイは1人あたり 約20匹〜30匹、大きさは 約25cm〜35cm。  ホッケは1人あたりで 約40匹〜50匹、大きさは 約30cm〜40cm  白やピンクのフラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

◆ ヤナギ、ホッケ  古平港 宝勝丸(本間船長0135−42−3019)5月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港して、午後1時までの釣り。 古平沖の水深約120m〜135mで。 ヤナギノマイは1人あたり 約5匹〜15匹、大きさは 約20cm〜35cm。  ホッケは1人あたりで 約50匹〜60匹、大きさは 約27cm〜35cm  白やピンクのフラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

◆ ヒラメ  余市河口漁港  幸運丸(浜田船長090−8900−6695)5月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港して、午前9時過ぎまでの釣り。 オタモイ沖の水深約20m〜35mで。 ヒラメは全体で 4枚、大きさは 約40cm〜50cm。 バケは500gで、オレンジ色系、白色系など。 タコキャップは、オレンジ色系、ピンク系、など。 エサは、オオナゴ。 

◆ ヒラメ  余市河口漁港  さ ち 丸(福島船長090−3773−7941)5月24の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に出港して、午前11時半までの釣り。 オタモイ沖〜塩谷沖の水深約22m〜33mで。 ヒラメは1人あたりで 0枚〜2枚、大きさは 40cm前後。 バケは500g〜600gで、色はオレンジ色など色々。 エサは、オオナゴ。

◆ ヒラメ  小樽港 白龍丸(本間船長090−3390−5423)5月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前4時に出港して、午前11時までの釣り。 祝津前浜の水深約25m〜30mで。 ヒラメは全体で 8枚、大きさは 60cmが1枚、あとは42cm〜50cm。 バケは600gで、ゴールド系、オレンジ色系、ピンク色系、貝貼り系など。 タコキャップの色は、シルバー系、茶色系など色々だったそうです。 エサは、オオナゴ。

               **********

◆ 5月23日、西積丹側〜日司漁港の遊漁船は、風向きが悪く出港を取り止めました。 幌武意漁港の遊漁船も出港しましたが、良い場所にも行けず間もなく漁港に引き返しました。 美国漁港と古平港の遊漁船は中止にしました。 余市港の余市港 シーランチさんは早朝からヒラメ釣りの出港したそうですが、1人あたり2枚〜7枚と良い釣りをしたそうです。 24日の日曜日は、風も弱まると予想している船長さん方が多く、出港する予定の遊漁船が多いと思います。

◆ 5月22日、積丹半島の遊漁船の船長さん方に伺いましたが、きょうは出港した船はほとんど無いでしょうとのお話しでした。 西〜南の間で、強風がきょうも吹きました。

◆ ヤナギ好釣果!、ホッケ  余別漁港 千鳥丸(山田船長0135−46−5125)5月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 午前6時に少人数を乗せて出港して、午前11時30分までの釣り。 西の河原沖の水深140m前後で。 ヤナギノマイは1人あたり 約40匹〜50匹、大きさは 約25cm〜35cm。  ホッケは1人あたりで 1匹〜2匹、大きさは 30cm超  白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

               **********

◆ ヤナギ好釣果!、ホッケ  余別漁港 龍祥丸(飯田船長0135−46−5328)5月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港して、午前11時までの釣り。 神威岬沖の水深120m前後で。 ヤナギノマイは1人あたり 約30匹〜60匹、大きさは 約25cm〜40cm。  ホッケは1人あたりで 10匹前後、大きさは 約30cm〜40cm  白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサはイカ、赤イカ、サンマ。

               **********

◆ ヤナギ好釣果!、ホッケ、真ダラ、シマゾイ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)5月18日の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港して、午後12時30分までの釣り。 神威岬沖の水深100m〜150mで。 ヤナギノマイは1人あたり 約30匹〜50匹、大きさは 約26cm〜35cm。  ホッケは1人あたりで 3匹〜10匹、大きさは 約35cm〜40cm 真ダラは全体で 3本、大きさは 約50cm〜60cm シマゾイが全体で 4匹、大きさは 約30cm〜35cm  白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

◆ ヒラメ 連日の好釣果!  余市河口漁港  幸運丸(浜田船長090−8900−6695)5月18日の釣果(18日記述): 乗船したお客様から、釣りの帰りに伺いました。 午前4時30分に出港して、午前11時30分までの釣り。 塩谷沖〜オタモイ沖の水深30m〜40mで。 ヒラメは1人あたりで 2枚〜12枚、大きさは 約37cm〜50cm。 バケは500gで、オレンジ色系、黒色レーザー、ホログラムバケ、ルミシートを貼ったバケなど。 タコキャップは、夜光、濃いグリーン、オレンジ色系、ピンク系、など。 エサは、オオナゴ。 船がほどよく流れた日だったそうです。

               **********

◆ ヒラメ 好釣果!  余市河口漁港  幸運丸(浜田船長090−8900−6695)5月17日の釣果(17日記述): 乗船したお客様から、釣りの帰りに伺いました。 午前4時半に出港して、午前11時半までの釣り。 塩谷沖〜オタモイ沖の水深30m〜40mで。 ヒラメは1人あたりで 2枚〜8枚、大きさは 約38cm〜50cm。 バケは500gで、オレンジ色系、黒色系、ピンク色系など。 タコキャップは、オレンジ色系、ピンク系、夜光系など。 エサは、オオナゴ。 風が強く潮流れもありで、船が速く流れすぎの感があったそうです。

◆ ヒラメ 好釣果!  小樽港 白龍丸(本間船長090−3390−5423)5月17日の釣果(17日記述): 乗船したお客様から釣りの帰りに伺いました。 午前4時に出港して、午前11時半頃までの釣り。 水族館裏沖の水深30m前後で。 ヒラメは1人あたりで 3枚〜8枚、大きさは 58cmが1枚、55cmが1枚、あとは40cm前後。 バケは600gで、オレンジ色系が多かったそうです。 タコキャップの色は、オレンジ色、ピンク色など様々だったそうですが、オレンジ色がやや優勢だったそうです。 エサは、オオナゴ。   (17日は西方向からの風が強く、積丹半島一帯の遊漁船は、出港を取り止めた船が多かったです。

               **********

◆ ヤナギ好釣果!、ホッケ  余別漁港 龍祥丸(飯田船長0135−46−5328)5月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港して、午後12時半までの釣り。 沼前沖の水深120m前後で。 ヤナギノマイは1人あたり 約30匹〜50匹、大きさは 約30cm〜40cm。  ホッケは1人あたりで 20匹前後、大きさは 約30cm〜40cm  白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサはイカ、赤イカ、サンマ。

◆ ヤナギ数釣り!、ホッケ、真ダラ  余別漁港 広栄丸(広和船長0135−46−5174)5月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港して、午前11時半までの釣り。 サルワンの沖水深約120m〜130mで。 ヤナギノマイは1人あたり 約50匹〜100匹、大きさは 約25cm〜35cm。  ホッケは1人あたりで 約15匹〜20匹、大きさは 約30cm〜40cm 真ダラは1人あたりで 2本〜5本、大きさは 約50cm〜70cm  白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

◆ ヤナギ好釣果!、ホッケ、真ダラ  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)5月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 午前5時30分に出港して、午後12時半までの釣り。 十坊岬沖の水深120m前後で。 ヤナギノマイは1人あたり 約30匹〜45匹、大きさは 約30cm〜40cm。  ホッケは1人あたりで 約10匹〜15匹、大きさは 約30cm〜40cm 真ダラは1人あたりで 2本〜5本、大きさは 約40cm〜60cm  白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ、サンマ

◆ ヤナギ好釣果!、ホッケ、真ダラ、ソイ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)5月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港して、午後1時までの釣り。 神威岬沖の水深100m〜130mで。 ヤナギノマイは1人あたり 約20匹〜50匹、大きさは 約26cm〜35cm。  ホッケは1人あたりで 約25匹〜40匹、大きさは 約35cm〜45cm 真ダラは全体で 3本、大きさは 約55cm〜60cm 真ゾイが全体で 1匹、大きさは 約45cm シマゾイが全体で 3匹、大きさは 約40cm〜43cm  白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

◆ ジギングで ソイ、ホッケ  美国漁港 栄 丸(川村船長090−8898−2807)5月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 お客様2名だけを乗せて午前5時に出港して、午後1時までの釣り。 幌武意沖〜美国沖の水深約20m〜250mと、50m〜60mで。 ホッケは2人合わせて 約60匹、大きさは 約30cm〜40cm。 シマゾイは2人で 5匹、大きさは 約55cm1匹、50cm1匹、30cm〜40cm3匹。   真ゾイは2人で 2匹、大きさは 約30cm、約35cm 船長がルアーのジグにはあまり詳しくないそうですが、100g〜150gのイワシ色系だったそうです。

               **********

◆ ヒラメ 好釣果!  余別漁港 龍祥丸(飯田船長0135−46−5328)5月15日の釣果(15日記述): 船長から伺いました。 午前5時に少人数を乗せて出港して、午後1時までの釣り。 西河沖の水深20m前後で。 ヒラメは1人あたりで 2枚〜10枚、大きさは ほとんどが42cm〜52cm (全体で37cm1枚と、38cmが1枚)。 バケは450g〜500gで、色はアクリル製の白いバケを使った方が数を釣ったそうです。 タコキャップの色は、オレンジ色が優勢だったそうです。 エサは、オオナゴ。 1人で10枚を釣った方はいたそうですが、ヒラメの食いは悪い感じだったそうです。

               **********

◆ 5月14日。 13日、14日と連日で予報よりも天気が悪く、遊漁船は出港しませんでした。

◆ 5月12日。 あちこちの船長さん方数名に伺いましたが、伺った限りでは、12日の朝出港した遊漁船は無かったそうです。

◆ ホッケ、ヤナギ、ガヤ、アブラコ いずれも好釣果! 古平港 宝勝丸(本間船長0135−42−3019)5月10日の釣果(12日記述): 12日に船長から伺いました。 10日の午前5時に出港して、正午頃までの釣り。 古平沖の水深約120m〜135mで。 ホッケは1人あたりで 約50匹〜70匹、大きさは 約30cm〜40cm ヤナギノマイは1人あたり 約10匹〜30匹、大きさは 約21cm〜30cm。  ガヤは1人あたりで 7匹〜20匹、大きさは 約25cm〜30cm アブラコは全体で 4本、大きさは 約40〜50cm  白やピンクのフラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

◆ 5月11日。 夜明けから2時間ほどは穏やかでしたが、午前6時半前後から、西〜南西の風が強く吹きました。 遊漁船は全船出港しなかったと思います。

◆ 真ゾイ  川白漁港 あさひ丸(森船長0135−77−6016)5月9日の釣果(9日記述): 船長から伺いました。 午前4時半頃に船長が単独で出港して、午前11時に切り上げたそうです。 川白沖の水深約70で。 真ゾイを船長1人で 22匹、大きさは 約30cm〜43cm 素針の3本針の胴突仕掛で、エサはオオナゴ

◆ ヤナギ数釣り!、ホッケ、真ダラ  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)5月10日の釣果(10日記述): 船長から伺いました。 午前5時過ぎに出港して、午後1時までの釣り。 神威岬沖〜サルワンの水深約100m〜130mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 約50匹〜80匹、大きさは 30cm前後 ホッケは1人あたり 約40匹〜50匹、大きさは 約30cm〜40cm 真ダラは1人あたりで 3本〜4本、大きさは 約40cm〜70cm  白やピンクのフラッシャーが付いた針や、素針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

◆ ヤナギ、ホッケ(根ボッケも)、真ダラ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)5月10日の釣果(10日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港して、午後12時40分までの釣り。 幌武意沖〜無線塔沖の水深約100m〜150mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 約10匹〜25匹、大きさは 約28cm〜40cm ホッケは1人あたり 約10匹〜30匹、大きさは 約30cm〜50cm。(このうち45cm〜50cmの根ボッケが全体で20本。) 真ダラは全体で 5本、大きさは 約90cmが1本、あとは50〜60cm  白やピンクのフラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

◆ ヒラメ 好釣果!  余市河口漁港  幸運丸(浜田船長090−8900−6695)5月9の釣果(10日記述): 乗船してお一人で11枚を釣った方から伺いました。 9日午前4時半に出港して、午前11時半までの釣り。 塩谷沖〜オタモイ沖の水深30m前後で。 ヒラメは1人あたりで 5枚〜11枚(全体で40枚)、大きさは 約37cm〜55cm。 バケは500gで、オレンジ色、黒色、ピンク色など。 タコキャップは、濃いグリーン系、黒系、ピンク系、夜光など。 エサは、オオナゴ。

               **********

◆ 真ゾイ、シマゾイ、ヤナギ、ホッケなど  余別漁港 千鳥丸(山田船長0135−46−5125)5月9日の釣果(9日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港して、正午までの釣り。 神威岬沖の水深約50m〜60mと、110m〜150mで。 真ゾイは1人あたりで 3匹〜5匹、大きさは 約30cm〜40cm シマゾイは全体で 6匹、大きさは 30cm前後 ヤナギノマイは1人あたりで 17匹〜20匹、大きさは 約25cm〜31cm ホッケは1人あたり 10匹〜20匹、大きさは 約30cm〜40cm  白フラッシャー付き針か、素針の3本針の胴突仕掛で、オオナゴ、赤イカ

◆ ホッケがクーラー釣り、ヤナギ   幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)5月9日の釣果(9日記述): 船長から伺いました。 午前7時半に出港して、午後12時までの釣り。 幌武意沖の水深約85m〜150mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 約10匹〜20匹、大きさは 約27cm〜33cm  ホッケは1人あたり 約50匹〜150匹、大きさは 35cm〜50cm  白やピンクのフラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

◆ ヒラメ→真ガレイ、宗八  余市河口漁港  さ ち 丸(福島船長090−3773−7941)5月9の釣果(9日記述): 船長から伺いました。 お客様2名だけを乗せて午前5時に出港して、午後2時までの釣り。 ヒラメ釣りは初心者のお二人でした。まず、小樽オタモイ沖の水深約27m〜33mでヒラメ釣り。 ヒラメは2人で 1枚、大きさは 約40cm。午前9時過ぎにヒラメ釣りを切り上げて、余市沖に移動。シリパ岬沖の水深38m前後で。 真ガレイは1人あたりで 約35枚、約45枚、大きさは 約20cm〜25cm。 宗八ガレイが1人あたりで 約15枚、約20枚、大きさは 約22cm〜25cm。 仕掛は、四方天秤で、エサはイソメ。 

               **************

◆ 真ゾイ、黒ゾイ、ガヤ、ホッケなど  余別漁港 千鳥丸(山田船長0135−46−5125)5月8日の釣果(8日記述): 乗船したお客様と、船長から伺いました。 お客様お二人だけ乗船して、午前6時過ぎに出港して、正午までの釣り。 神威岬沖の水深約50m〜60mで。 真ゾイは1人あたりで 20匹 と 25匹、大きさは 約30cm〜40cm 黒ゾイは1人あたりで 1匹 と 2匹、大きさは 約30cm〜40cm ガヤは1人あたりで 5匹 と 7匹、大きさは 約20cm〜30cm ホッケは1人あたり 2匹 と 3匹、大きさは 約30cm〜35cm シマゾイは1人あたりで 2匹 と 2匹、大きさは 約40cm〜50cm 素針または白フラッシャー付きの針の胴突仕掛で、エサは、オオナゴ、サンマ

◆ ヤナギ好釣果!、ホッケ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)5月8日の釣果(8日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港して、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深約130m〜150mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 約40匹〜50匹、大きさは 約26cm〜33cm  ホッケは1人あたり 5匹〜15匹、大きさは 30cm前後  白フラッシャー付きの針の胴突仕掛で、エサは赤イカ

               **************

◆ ヒラメ 余別でも  余別漁港 和光丸(能代谷船長0135−46−5402)5月7日の釣果(7日記述): 船長から伺いました。 午前5時30分に出港して、正午までの釣り。 西河沖の水深20m前後で。 ヒラメは1人あたりで 1枚〜4枚、大きさは 約37cm〜45cm。 全体では16枚ほど釣れたと思います、との事でした。 500g〜600gのバケで、色はオレンジ色や、ミラータイプバケ。 タコキャップの色は、ピンク系とグリーン系だったそうです。 エサは、オオナゴ。 

◆ ヤナギ、真ゾイ、ホッケ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)5月7日の釣果(7日記述): 船長から伺いました。 お客様お二人だけを乗せて、午前7時30分に出港して、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深約50m〜130mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 5匹 と 11匹、大きさは 約26cm〜38cm 真ゾイは1人あたりで 7匹 と 10匹、大きさは 約27cm〜43cm ホッケは1人あたり 2匹 と 3匹、大きさは 約30cm〜45cm  白フラッシャー付きの針の胴突仕掛で、エサは、オオナゴ、赤イカ

               **************

 5月6日も強い西〜南西の風が吹きましたので、遊漁船はほとんど全船出港できませんでした。 7日は穏やかになる予報でしたので、出港する予定の遊漁船があります。

 5月5日。 あまりの強風に遊漁船の船長さん方が、被害がないかと心配していました。 6日は収まってくれればよいですね!。

◆ 真ゾイ、シマゾイ   余別漁港 広栄丸(広和船長0135−46−5174)5月4日の釣果(4日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港して、午前11時半までの釣り。 神威岬沖の水深40m前後で。 真ゾイは1人あたりで 5匹〜8匹、大きさは 約30cm〜40cm。 シマゾイは1人あたりで 5匹〜8匹、大きさは 約30cm〜45cm。  素針の胴突仕掛、またはソイ半月天秤で、エサは、オオナゴ

◆ 黒ゾイ、真ゾイ  余別漁港 千鳥丸(山田船長0135−46−5125)5月4日の釣果(4日記述): 船長から伺いました。 午前6時半に出港して、正午頃までの釣り。 余別沖の水深約50m〜60mと、80m〜90mで。 黒ゾイは1人あたりで 3匹〜6匹、大きさは 約30cm〜45cm 真ゾイは1人あたりで 3匹〜10匹、大きさは 約30cm〜40cm  素針の胴突仕掛で、エサは、オオナゴ、赤イカ

◆ ライト・タックル で ビッグ・フィッシュ  余別漁港 龍祥丸(飯田船長0135−46−5328)5月4日の釣果(4日記述): 船長から伺いました。 午前4時に出港して、午前11時までの釣り。 サルワンと余別前浜の水深約15m〜20mで。 魚はほとんどをリリースして良型を少しだけキープしていたので、釣った匹数はつかみ辛かったそうです。 シマゾイは1人あたりで 10匹前後でしょうか?、大きさは 約40cm〜55cm  黒ゾイは1人あたり 5匹前後でしょうか?、大きさは 約40cm〜58cm。  使っていたワームは多種。 シンカーは、14g〜21g。

◆ ジギングで ホッケ、ソイ、アブラコ  来岸漁港 MARI U(小山船長090−8709−9285)5月4日の釣果(4日記述): 船長から伺いました。 午前8時に出港して、午後3時までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約25m〜30mで。 ホッケは1人あたりで 約5匹〜20匹、大きさは 約30cm〜50cm  黒ゾイは全体で 2匹、大きさは 30cm、45cm。 アブラコは全体で 15匹、大きさは 30cm〜40cm超。 浅場に入って、ショアラインシャイナーSL14LDSのオオナゴカラーとキャストして サクラマスを1匹釣ったそうです。 ジギングとキャスティング、色々楽しめますので、興味のある方は 上の小山船長の携帯までお電話をどうぞ。

◆ ホッケメイン で ヤナギも  古平港 宝進丸(依田船長0135−42−3578)5月4日の釣果(4日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港して、正午までの釣り。 古平沖の水深135m→40m前後まで。 ホッケは1人あたりで 約30匹〜50匹、大きさは 約30cm〜40cm  ヤナギノマイは1人あたり 2匹〜3匹、大きさは 26cm〜30cm。  白フラッシャー付きの針の胴突仕掛で、エサは、赤イカ、サンマ 午前9時頃に風が強くなったので浅場に移動したら、色々な場所を探ったそうですが、釣果はイマイチだったそうです。

               **************

◆ ヤナギ好釣果!、ホッケ  余別漁港 龍祥丸(飯田船長0135−46−5328)5月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港して、午後12時半までの釣り。 沼前沖の水深120m〜130mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 約20匹〜40匹、大きさは 約30cm〜35cm  ホッケは1人あたり 約20匹〜30匹、大きさは 約30cm〜40cm。  白フラッシャー付きの針の胴突仕掛で、エサは、イカ、赤イカ、サンマ

◆ ヤナギ、真ゾイ、ホッケ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)5月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港して、午後1時半までの釣り。 幌武意沖の水深約50m〜140mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 約20匹〜30匹、大きさは 約26cm〜35cm 真ゾイは全体で 31匹、大きさは 約30cm〜45cm ホッケは1人あたり 約5匹〜10匹、大きさは 約30cm〜40cm  白フラッシャー付きの針の胴突仕掛で、エサは、オオナゴ、赤イカ、豆イカ。

◆ ヒラメ 竿頭7枚  余市河口漁港  さ ち 丸(福島船長090−3773−7941)5月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港して、正午までの釣り。 小樽オタモイ沖の水深35m前後で。 ヒラメは1人あたりで 1枚〜7枚(オデコの方が1人いたそうです)、大きさは 約38cm〜52cm。7枚を釣った竿頭の方は、ブルー系の500gのバケで、タコキャップの色はオレンジ色だったそうです。エサは、オオナゴ。 

               **************

◆ サクラマス 4.05kg、ホッケ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)4月1日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 午前6時前に出港し、正午頃までの釣り。 幌武意沖の水深40m〜45mで。 サクラマスは全体で 7本、 大きさは 4.05kgが1本、3.2kgが1本、1.2kg〜1.5kgが5本 ホッケは1人あたり 約40匹前後、大きさは約30cm〜45cm 棚は、ほぼ底とのこと。 左の写真は、札幌市手稲区の 山崎 久さんが釣ったこの日最大の 尾叉長63.0cm、4.05kgのサクラマスです。当店で計測しましたのは、午後1時45分頃でした。 山崎さんは午前11時頃に、幌武意漁港沖で釣っていたときに釣れたそうです。 棚は、ほぼ底だったそうです。 山崎さんが使っていたのは、サバイバー250gのグリーンゴールドとのこと。オオナゴをたくさん食べたのか?と思わせる板マス型のサクラマス。4kgを越えるサクラマスは立派ですね〜!

              **************

◆ サクラマス4.1kg!、ホッケ  余別漁港 光洋丸(角田船長080−1893−3527)3月21日の釣果(21日記述): 乗船したお客様方から釣りの帰りに伺いました。 左の写真(上下)は、今季最大のサクラマス 尾叉長で 64.0cm、 血抜き後で 4.1kgありました(午後1時頃に計測)。釣り人は、北見市の藤井 清志さんです。『藤井さん、おめでとうございます!。』 光洋丸さんは21日は午前6時に出港し、午前11時半までの釣り。 サルワンの水深40m前後で。 サクラマスは藤井さんが1人で2本を釣っただけだったとの事、もう1本は約1kgだったそうです。藤井さんが使ったのは、サバイバー250gのグリーンゴールド 4.1kgは午前10時頃に、ほぼ底で食ってきたそうです。 朝のうちに約1kgのサクラマスが、棚が約10mで釣れたそうです。 陽が昇ってからは、棚が深くなるはずと、底で釣っていたとおっしゃってました。 体高もありますが、ポッチャリと肉付きが良く、脂が乗っていそうなサクラマスでしたね!。 ホッケは1人あたり 約40匹〜60匹、大きさは約30cm〜40cm 同乗した他の人達は、色々なバケやシャクリを使っていたそうです。 帰りにサバイバー250gのグリーンゴールドをお買い上げいただきました。ありがとうございました。

 
     投 げ 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

 釣り会成績: カルデラFC 小樽市銀鱗会 左のボタンからご覧下さい。

◆ 真ガレイ  古平港   5月15日の釣果(16日記述): 釣ってきた古平在住のお客様から16日に伺いました。 外防波堤の基部に近いあたりから、テトラ越しで外海側へ投げて、午後1時頃から午後5時頃まで2人で釣ってきたそうです。 釣果は  真ガレイを2人で 10枚、大きさは 約20cm〜30cm 中投げの釣り。 エサはイソメ。

◆ 黒ガシラ 6枚  古平港   5月12日の釣果(12日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 古平港の2本ある内防波堤のうちの内側の防波堤の先端より少し手前で、午前7時頃から午後1時頃まで釣ってきたそうです。 釣果は  黒ガシラの 35cm〜39cmを 6枚 友達2人で並んで釣ったそうですが、なんと、1人が6枚を釣り、もう1人は0枚に終わったそうです。 (そりゃあ、参りましたね。) エサは、塩イソメ。 遠投の釣りでは無かったそうです。

◆ ホッケ、真ガレイ  余市港   4月27日の釣果(27日記述): 午前8時半過ぎに余市港の中防波堤を見てきました。 中防波堤全体で4人の人達が釣りをしていました。 釣果は ホッケを1人あたりで 0匹〜2匹、大きさは 30cm前後  真ガレイは1人あたり 0枚〜4枚、大きさは約20cm〜22cmでした。 エサは、イソメで、コマセを入れたカゴを使っていました。 

◆ ハチガラ、ホッケ  せたな町 大成区   4月25日夜の釣果(26日記述): 参加している釣り会の大会で、宮野海岸で釣ってきた小樽市のお客様から伺いました。 このお客様が、30cmのハチガラを釣って優勝したそうです。 全員がホッケをたくさん釣ったそうです。 真ガレイや黒ガシラの良型を釣った方達もいたそうです。夜明けまで風は強くなく、釣りは問題なく出来たそうですが、日が昇るにつれ風が強く吹いてきたそうです。

◆ 黒ガシラ良型、砂ガレイ  古平港   4月25日の釣果(25日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 古平港の2本ある内防波堤のうちの外側の防波堤の先端で、午前6時頃から午前11時頃まで釣ってきたそうです。 釣果は  黒ガシラ40cmをと、35cmを1枚ずつ。 砂ガレイ20cm〜25cmを6枚。 エサは、塩イソメ。 150m近い遠投をしたそうです。 同じ場所で夜明け前から釣っていた人が、砂ガレイ、真ガレイの数釣りをして帰って行ったあとに入ったそうです。

◆ ホッケ、真ガレイ良型も、黒ガシラ  余市港   4月23日の釣果(23日記述): 午前8時半過ぎに余市港の中防波堤を見てきました。 中防波堤全体で4人の人達が釣りをしていました。 釣果は ホッケを1人あたりで 1匹〜5匹、大きさは 約25cm〜33cm  真ガレイは1人あたり 0枚〜2枚、大きさは約20cm〜25cmでした。 黒ガシラ約32cmを1枚釣っていた人がいました。 エサは、イソメで、コマセを入れたカゴを使っていました。  その帰りに、製氷工場の先の右の角で、投げ釣りをしている方がいたので見に行ったら、その方が、真ガレイ約31cmを1枚釣っていて、驚きました。

◆ ホッケ、真ガレイ  余市港   4月20日の釣果(20日記述): 午前8時半過ぎに余市港の中防波堤まで行って来ました。 中防波堤全体で10人ぐらいの人達が釣りをしていました。 釣果は ホッケを1人あたりで 0匹〜5匹、大きさは 約25cm〜30cm  真ガレイは1人あたり 0枚〜2枚、大きさは約18cm〜23cmでした。 エサは、イソメで、コマセを入れたカゴを使っていました。 

     防波堤・港内の釣り  ・このページのトップへ戻る

◆ ホッケ   岩内港   5月28日の釣果(29日記述): 28日に岩内港の旧フェリー埠頭で釣れましたよ、とおっしゃる余市町在住のお客様から伺いました。。 旧フェリー埠頭で午前4時頃から釣り始めたそうです。 投げ釣り仕掛にコマセカゴを付けて、カゴに入れるコマセはオキアミ主体ですが、独自の工夫でニンニクやその他の隠し味を入れたそうです。 釣果は ホッケを1人で 20匹、大きさは 30cm〜35cm ホッケの大きさも大きめですが、太さもあり良いホッケだったそうです。 食わせエサは当店で買った塩イソメ。 周りでほとんど釣れない中で、自分だけが釣れたのは、コマセの工夫もあると思うが、塩イソメも良かった気がすると、塩イソメの大パックを買って行かれました。

◆ ヤリイカ、豆イカ  盃カブト漁港   4月13日〜14日の釣果(14日記述): 釣ってきた余市町のお客様から伺いました。 13日の夕方から釣り始めたそうですが、間もなく釣れ始めて、日が暮れたら止まったそうです。 夜中はサッパリ釣れず、夜が明けてからまた釣れだしたそうです。 エサに鶏ササミ肉を使ったテーラーを使ったウキ釣りで。 ヤリイカの釣果はこのお客様1人で12ハイを釣ったそうです。大きさは、胴長で約18cm〜27cm との事。 ヤリイカに混じって豆イカ5ハイ、大きさは胴長で約10cm〜13cmとの事でした。 このお客様は、盃カブト漁港の西防波堤の先端よりも中程よりで釣ったそうですが、釣り人は多く混みあっていたそうです。

◆ ヤリイカ  余市港   3月28日の釣果(28日記述): 28日の午前中にヤリイカ1パイをテーラーを使ってのエサ釣りで釣ってきた地元のお父さんが、午後からも釣りに行ったそうですが、仕掛のトラブルで釣れなかったそうですが、隣に入ってきた方が昼過ぎから午後3時頃までに、エギとオッパイスッテの仕掛で、1人で3バイを釣ったそうです。 ヤリイカの大きさは、胴長で約20cm〜35cm、との事でした。

◆ チ カ  小樽港   1月10日の釣果(10日記述): 10日の正午過ぎ頃、色内埠頭を見てきましたとおっしゃるお客様から、お話しを伺いました。 色内埠頭の右角よりも手前(山側)で、チカ釣りをしていた2人が合わせて約60匹超を釣っていたそうです。 大きさは約7cm〜13cm。 仕掛はスピードサビキで、エサはオキアミだったそうです。

     ルアーフィッシング  ・このページのトップへ戻る
No.1 No.2 No.3

バーサスのカラーチャートの一部です、オーダーの際の参考にどうぞ

バーサスをプロデュースした佐藤淳一さんが、さらに進化したジグミノーを開発しました。 下の写真の乱舞(らんぶ)90は、初代バーサス並みの派手なアクションでターゲットの測線を刺激し、またそのリアルなボディは、ターゲットの視覚に強烈にアピールします!。 フォールさせれば、ひらひら揺れながらも姿勢は水平を保ち続けます。 基本はただ巻きでターゲットに食らいつかせますが、ロッドワークにより平打ち、ダートも可能です。 サイズは全長90ミリ(アイを含まず)、重さが32g(標準)。 カラーは、上から 赤金、ピンクバック、ブルピン、マイワシ、ニシン、カタクチ、オオナゴ、サケ稚魚。 価格は1ケ¥3,240です。 どうぞよろしくお願いいたします。

               **************

◆ サクラマス  小樽市、積丹町  5月30日の釣果(30日記述):  @左の写真は、当店に立ち寄っていただいた後に、塩谷川河口の左側海岸にサクラマスのモジリを見つけたお客様が、午前10時頃に釣ったサクラマスの写真を送ってくださいました。 大きさは50cm弱 とのことでした。 ルアーは写真に写っている、乱舞90ホロのサケ稚魚カラーだったそうです。これを釣った後にもう1回アタリが来たそうですが、針掛かりしなかったそうです。 A釣りの帰りの別のお客様から伺いました。積丹町の浜西河海岸で釣ってきたそうで、ご自身は釣れなかったそうですが、釣った人を見てきたそうです。 浜西河海岸の砂浜の、民宿北都さんの前で、午前6時頃に 約50cm(ぐらいに見えた)のサクラマスを1本釣った人がいたそうです。 少し離れた場所にいたそうで、ルアーや正確な大きさはわからなかったそうです。

◆ 磯ロック  積丹町、余市町  5月29日の釣果(29日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 早朝からワームを使って、磯や岩場を探ってきた人達の中で、アブラコ40cm超、カジカ35cm超、黒ゾイ30cm超、真ゾイ25cm超、ガヤ約20cm、ヒラメ50cmなど結構良いサイズを釣ってきた人達がいました。 15cm〜20cmのガヤも結構な数で釣れたそうです。 釣った真ゾイと黒ゾイの腹の中に、中型の豆イカが入っていましたと、教えてくれた方もいました。 

◆ サクラマス  古平町  5月28日の釣果(29日記述): 古平町在住のお客様から29日に伺いました。 古平川河口の右側の海岸で、28日の空が少し青くなってきた頃に(夜明け前)サクラマスを 1本 釣った人がいたそうです。 釣れたルアーは、バーサスのピンクだったとも伺いました。 『29日の朝は釣れませんでした。』とのお話しでした。

◆ ワームで真ゾイ・黒ゾイ  余市港  5月28日の夜の釣果(29日記述): 昨晩釣ってきた方から伺いました。 余市港の中防波堤で、午後7時半頃から釣り始めて、中防を移動しながら午後9時まで釣ったそうです。で、黒ゾイ20cm〜25cmを3匹、真ゾイ27cm1匹、ガヤの15cm前後を6匹、との事でした。使ったワームは、グラスミノーMのチカチカ室蘭、ロックンベイト2インチのピンクで、シンカーは5gを使ったそうです。

◆ サクラマス  積丹町、古平町  5月26日の釣果(26日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 @沖村川河口のず〜っと右側に離れた海岸(セタカムイの右の岩場)で、午前4時前に、1人でサクラマスを 2本 釣って、1本バラシたそうです。 釣った2本は当店で午前9時半頃に計測しましたら、大きいほうが54cm、2.3kg でした。小さい方は1kg未満でした。 ルアーは、モアザンジプシー82Sのピンクサケ稚魚で釣ったそうです。 セタカムイで食いが止まった後、 A美国町の小泊海岸で釣ってみたそうですが釣れなかったそうです。 小泊海岸のログハウス下で釣っていた方からお話を聞いたら、やはり朝早くに 50cm弱のサクラマスを1本釣ったとのことだったそうです。

◆ サクラマス  積丹町、余市町  5月24日と25日の釣果(25日記述): @余別川河口の右側海岸(規制の標柱よりも約100mほど外側=来岸の岩場)で、24日の午前5時頃から午前9時頃までの間に、1人でサクラマスを 3本 を釣ったそうです。大きさは約45cm〜50cm との事。 ルアーは、魚道110MDのマコイワシと、シーミッション35gのサケ稚魚カラーを使ったそうです。 また、別のお客様から伺いましたが、 A余市町の 登川河口の右側海岸で、25日の午前5時30分頃に、サクラマスを 1本 を釣ったそうです。大きさは 約50cm だったそうです。ルアーは、28gの安いジグで、カラーはピンクバックだったと伺いました。 このお客様は今日のこの1本が、登川の河口右海岸で、今シーズンの 4本目ですと、おっしゃってました。

◆ ヒラメ大物!  岩内港  5月23日の釣果(24日記述): 左の写真は、札幌市西区の 築山 純一郎 さんが、23日の午後7時半頃に釣ったヒラメの大物です。 当店で24日の午前5時過ぎに計りましたら、 89.0cm、9.6kg もありました。釣ってから10時間近く経っていますので、この大きさですと2cm前後は縮んでいると推測出来ますので、釣り上げた直後は確実に90cm越えだったと思われます。 築山さんはタモを持参していなかったそうで、近くにいた釣り人の皆さんが3人がかりでタモ入れしてくださったそうです。 場所は、岩内港内の東外防波堤の港内側で、最初の左側に折れている角だったそうです。 ルアーはジグで、ジオピック45gのピンクバックとのことでした。昨年も当店のヒラメダービーが始まる前の6月の頭に大物ヒラメが釣れましたので、今年は前倒しして、6月1日からヒラメダービーを開始しようかと計画していましたが、さらに早くに大物が釣れちゃいましたね。

◆ サクラマス狙い  積丹町、古平町  5月23日の釣果(23日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 積丹川河口のず〜っと右の平盤で、午前8時頃に外道でアメマスの70cm弱が釣れてリリースしたそうです。魚体は、かなり太さもあったそうです。 ルアーは、岡ジグLT-30のマジョーラグリーンとのこと。 古平川河口の右海岸で、早朝にサクラマスが食ってきたそうですが、間もなくバラシましたと、残念がっていたお客様もいらっしゃいました。

◆ サクラマス狙いでヒラメ  寿都町  5月22日の釣果(22日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 寿都町弁慶茶屋の右の軍艦岩で、午前5時頃に外道のヒラメが釣れたそうです。大きさは、約50cmとのお話しで、ルアーはサーフトリップ40gぼピンクを使っていたときだったそうです。 本命のサクラマスは気配がなかったとのお話しでした。 また、35cm前後のホッケが5本釣れたそうです。

◆ サクラマス2本  古平町  5月20日の釣果(21日記述): 古平川河口の右側海岸で、午前6時過ぎに釣ったお客様と、午前7時頃に釣ったお客様が、それぞれ釣りの帰りに寄っていただきまして、大きさを計らせていただきました。 午前6時過ぎに釣れた魚は、 尾叉長で 50cm、1.85kg でした。 ルアーは、KJー11の赤金で釣ったそうです。 人生初のサクラマスですと、喜んでました。 午前7時頃に、小樽市銭函の 下山さんが釣った魚は、 尾叉長 55cm、2.95kg でした。 下山さんは自己記録の更新にはなりませんでしたが、またまた良い魚を釣りましたね! 下山さんは今シーズンも、数をかなり釣っているようです。 ルアーは、やはり自作のエゾアワビ貝貼りのジグミノーでした。

◆ サクラマス  積丹町  5月19日の釣果(19日記述): @左の写真は、小樽市入船の 土岐 健太 さんが、午前6時過ぎに、浜西河の民宿北都さんの少し右側の砂浜で釣ったサクラマスです。 当店で午前9時20分頃に計測しましたら、尾叉長で 51.0cm、1.8kg でした。 ルアーは、コンタクトイーノ129(30g)のグリーンピンクカラーだったそうです。  土岐さんが帰り道に幌武意漁港に寄ってみたら、A幌武意漁港の東防波堤の中程のテトラの上から、ちょうど帰ろうとしている方が1人いて、その方がサクラマスを1匹手に提げていたそうです。  B釣りの帰りに伺いました。 古平川河口の右側の海岸で、午前8時過ぎに、1匹釣り上げたのを見てきましたとの事でした。 50cmあるかなしかのサイズのように見えたそうです。

◆ サクラマス  積丹町  5月18日の釣果(18日記述): 左の写真は、札幌市東区の 畑 智幸 さんが午前5時頃に釣ったサクラマスです。釣った場所は、浜西河の海岸で、民宿北都さんの前浜の少し左側。 ルアーは、岡ジグLT35の赤金だったそうです。 当店で午後1時過ぎに計測しましたら、尾叉長で 50.0cm、血抜き後1.8kg でした。 畑さんは毎春、結構サクラマス釣行に力を入れており、数も結構釣りますが、今シーズンは仕事が忙しかった上に、自分が釣りに行ける日には時化ることが多くて、全然釣りに行けてなかったそうです。 小さくて恥ずかしいですが、今季初のサクラマスは嬉しかったと、話してました。 (畑さんよかったですね、今シーズンは、まだ釣れてない方も少なくありませんよ。)

◆ サクラマス 2本  古平町 沢江海岸  5月16日の釣果(16日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 夜明けに、古平町の沢江の海岸を、余市町方向へだいぶ歩いて岩場から釣ったそうです。 午前6時過ぎから午前6時半頃までの間に、2人ともサクラマスを1本ずつ釣ったそうです。 大きさは、約50cmと、約45cm だったそうです。 ルアーは2人共に、アスリートスリム14SS改の北海道カタクチカラーとのことでした。

◆ サクラマス 55cm  神恵内村 珊内  5月16日の釣果(16日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 夜明けから珊内川河口よりも左方向に少し離れた場所で釣ったそうです。 午前5時過ぎにサクラマスを1本を釣りましたとの事で、当店で午前6時半過ぎに計測しましたら、55cm、2.8kgありました。 ルアーは、ディーヴァ90アルミ40gのブルーバック・ピンクベリーで釣ったと伺いました。

◆ サクラマス狙い  神恵内村  5月15日の釣果(15日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 珊内漁港の珊内川河口とは反対側の、漁港の右のゴロタ場に午前6時過ぎに釣りに入った方が、午前7時頃に、約58cmのアメマスを釣ってリリースしたそうです。太った魚だったそうです。 ルアーは、かなり昔の21gぐらいのスプーンを使っていたときに釣れたとのことでした。

◆ サクラマス  古平町 5月13日と、14日の釣果(14日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 13日は、午前5時頃に、古平川河口の右海岸で、約55cmを釣って来ました、との事。 ルアーは、ソルトフラッパー30gのサケチギョカラーで釣ったとのことでした。  A 14日は、釣った方の近くで釣っていた人達から伺いました。 やはり、古平川河口の右海岸で、午前7時頃に、60cmぐらいの良型だったそうです。 ルアーは、ショアラインシャイナー SLZ14のヒットグリーンだったそうです。

◆ サクラマス 3.2kg  積丹町 5月12日の釣果(12日記述): 午後4時20分頃サクラマスの重さを計ってくださいと、釣りの帰りに来店されたお客様方から伺いました。 神岬の海岸で午前4時頃に釣ったそうで、当店で午後4時25分頃に、袋ごとではありますが、計りに乗せましたら、3.2kgありました。 ルアーは、ショアラインシャイナーSL14LDS-Gのオオナゴカラーだったそうです。

◆ サクラマス  積丹町、神恵内村 5月12日の釣果(12日記述): 釣りの帰りに来店されたお客様方から伺いました。@ 幌武意漁港の東防波堤の外側のゴロタ場で釣りをしてきた人達の中でお一人、午前8時頃になって1本を掛けたそうですが、バラシてしまったそうです。 たぶん口切れだったようですとおっしゃってました。 先週ほぼ同じ場所で2.5kgを釣ったそうで、それよりは大きい感じだったと、残念がってました。ルアーは、ジグミノーのコンタクトイーノ129だったそうです。 これよりも早い時間帯に、東防波堤のテトラの上で釣っていた人が、やはり1匹を掛けて、バラシタのが見えたそうです。  A珊内川河口で釣ろうと早くに現地に到着し、夜明け前から釣り始めたお二人が、まもなくサクラマスの跳ねを見てテンションが上がったそうですが、しばらくしてトドらしい頭が見えてテンションが下がったそうです。それでもしばらく釣ってきたそうですが、周りでも1本も釣れなかったそうです。

◆ サクラマス  5月11日の釣果(11日記述): 島牧村、西積丹側、幌武意、古平などから釣りを終えて帰って来たお客様方からお話しを伺いましたが、11日は朝から風が強くなってきたこともあり、釣ったお話しは伺うことが出来ませんでした。

◆ サクラマス  古平町  5月10日の釣果(10日記述): 左の写真は、小樽市高島の 清野 一樹 さんが午前4時半頃に釣ったサクラマスです。 当店で午前8時ごろに計測しましたら、尾叉長で 55.0cm、2.75kg でした。 釣った場所は、古平川河口の右海岸。 ルアーは、ウインドリップ95Sの、赤金だったそうです。 当店のサクラマスダービーにご参加をいただいておりまして、第6位に入ってきました。 清野さんはサクラマスを釣ったのは初めてとのことで、大変喜んでらっしゃいました。

◆ サクラマス  積丹町  5月9日の釣果(9日記述): 釣りの帰りに来店されたお客様方から伺いました。 @又聞きの間接情報で恐れ入りますが、 幌武意漁港の東防波堤の中程のテトラの上から、午前7時頃に 1本 を釣りましたとおっしゃる方から、お話を聞いてきたそうです。 大きさは 約64cm だったとおしゃっていたそうです。 A釣って来たお客様方から伺いました。 積丹川河口の右にある平磯の右側で、午前7時頃に、約45cmのサクラマスを1匹釣ったそうです。 ルアーは、以前あったジグミノーの、RJミノー28gの赤金、だったそうです。

◆ サクラマス  積丹町美国と古平町  5月8日の釣果(8日記述): @左の写真は、札幌市中央区の 山本 太永 さんが午前5時半頃に釣ったサクラマスです。 当店で午前10時過ぎに計測しましたら、尾叉長で 57.0cm、2.90kg でした。 釣った場所は、美国町厚苫の出崎になっている下の岩場。 ルアーは、リザルトのグリーンバックとのこと。 当店サクラマスダービーの第3位に入ってきました。 今シーズンのサクラマス、積丹半島は順調な感じですね!。   Aまた、午後12時半頃に来店された別のお客様から伺いましたが、古平川河口の左側海岸で、釣り人がほとんどいなくなった午前10時半になってから、約50cmのサクラマスが1本釣れたとのことでした。 ルアーは、岡ジグ未−30のブラックラメで釣ったと伺いました。

◆ サクラマス  岩内町  5月7日の釣果(7日記述): 左の写真は、札幌市東区の 高橋 利幸 さんが釣ったサクラマスです。 当店で午前11時35分に計測しましたら、尾叉長で 51.0cm、2.05kg でした。 場所は、岩内港東外防波堤の基部の外海側。 ルアーは、モアザンX-ロール148Fのイワシカラーだったそうです。 強風と濁りの中で釣れたのはラッキーでしたとおっしゃってました。 当店サクラマス・ダービーの第7位に着けました。

 

◆ サクラマス 釣れてます!大物も  島牧村、積丹町  5月6日の釣果(6日記述): 釣りの帰りに来店されたお客様方から伺いました。 @左の写真は、札幌市西区の 稲沢 明 さんが釣った大物サクラマスです。 当店で午前8時20分に計測しましたら、尾叉長で 63.0cm、4.1kg もありました。今シーズンはまだ良型がショアでは釣れておりませんし、船釣りではシーズン終了の感が強くなっておりますので、稲沢さんだけでなく私達釣り人にとっても、元気が出てくる1尾になりました。とても嬉しいです。稲沢さんは当店ダービーには毎年参加してくださっておりまして、当然この魚でトップに出ました。 釣った場所は、島牧村の永豊漁港の外防波堤のテトラの上。 釣った時刻は午前5時半頃とのこと。 風が強く吹いていたのと、タモを持参してなかったそうで、手でランディングするのが大変だったそうです。ルアーは、ショアラインシャイナーSL17Fのサケ稚魚ブルーだったそうです。 (良い板マスですね〜。) A幌武意漁港の東防波堤のテトラの上と、ゴロタ場の両方で6日は釣れたそうです。 午前8時半頃までの釣果ですが、合計で 5本か6本 ではないでしょうか?とのお話しを伺いました。

               *************

◆ サクラマス  積丹町  4月24日の釣果(24日記述):  左の写真は、幌武意漁港の東防波堤の外側のゴロタ場で、午前6時半頃に釣れたサクラマスです、当店で正午前に計りましたら、尾叉長で 54.5cm、2.45kg ありました。釣った方は、余市町の 岩田 隆夫さん です。 すこし周りの人達のルアーと変えて、14gのシェルスプーン(ベースカラーは赤)をキャストしたら釣れたそうです。 このサクラマスの他に、約30cmと約40cmのアメマスも釣れたそうですがリリースしたそうです。板マス体型の良い魚でした。 また、別のお客様で幌武意漁港の東防波堤の中程で釣ってきた方から伺いましたが、早朝に中程のテトラ上から外海側で、50cm未満のサクラマスが1本釣れたのを見てきたそうです。

               **************

◆ サクラマス  積丹町、古平町  4月19日(19日記述): 左の写真は、幌武意漁港の東防波堤の中程で、午前5時頃に釣れたサクラマス 尾叉長が54.0cm、血抜き後2.55kg でした(当店で午後12時半頃計測)。 釣ったのは、小樽市真栄の 浅瀬石 貴也 君です。 ルアーは、ショアラインシャイナーSL12LDSのサクラピンクだったそうです。 前日の18日にも同じルアーで、約50cmを釣ったと伺いました。 午前11時頃に切り上げて来たそうですが、夜明けからで幌武意では6本が釣れたと思います、と伺いました。  A古平川河口の右側海岸でも、午前5時頃に、右テトラポッド寄りで、2kgぐらいありそうなサクラマスを1本釣ったのを見て来ましたと、釣りの帰りのお客様から伺いました。 

◆ サクラマス 良い釣果でした!  積丹町、古平町、余市町  4月18日(18日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @幌武意海岸で釣ってきた人達からの情報です。 幌武意漁港の東防波堤の上から外海側と、東防波堤の外側のゴロタ場で、18日の夜明けから約1時間ほどの間に、サクラマスが数釣れたそうです。 釣り人の人数も多かったそうですが、10本以上は確実に確認できたそうで、20本近く釣れたのではないでしょうか!?とのお話しでした。 その内の1本が左の魚です。数が釣れたお話しを伺ったのは午前8時前でしたが、午後3時45分頃に魚を持って来店してくださったのは余市町の 舟橋秀仁さんです。 夜明け前から東防波堤の中程のテトラポッドの上から釣っていて、午前5時頃にこの魚を釣ったそうです。当店で午後3時50分頃に計測しましたら、尾叉長で59.0cm、3.35kgありました。 ルアーは、アスリート140SSの北海道限定カタクチカラーと伺いました。 A古平川河口では、午前5時頃に、2本釣れたそうです。 河口右海岸で1本釣ったお客様が帰りに教えてくださいましたが、大きさが約50cmで、釣ったルアーはウインドリップ95Sのピンクゴールドだったそうです。 河口の左側海岸でも1本釣れたのが見えたそうです。 B余市町の栄町の砂浜で、やはり午前5時頃に1本、52cmのサクラマスを釣った方がいらっしゃいました。 ルアーは、ウインドリップ95Sで、カラーはSP稚魚だったと伺いました。

◆ サクラマス 数釣りした人も  積丹町  4月17日(17日記述): 左の写真は、札幌市西区の 戸松 孝人さん と 森竹純也さんが、幌武意漁港の東防波堤で、17日の午前5時頃から午前10時頃までに、サクラマスを1人あたり 3本と1本を釣ったそうで、二人とも釣れたので記念撮影させていただきました。良かったですね! 大きさは 3.05kg、2.4kg、2.05kg、1kg この4本でした。  ルアーは、アスリート12SS改のオオナゴカラーと赤金と、ウインドリップ95Sのオオナゴカラーで釣れたそうです。 沖の少し遠めに鳥山が見えて、その後にミノーの針にオオナゴがなんども引っ掛かって来たそうです。  このお二人の他に、野塚と浜西河などで自作のジグミノーで、1人で7本を釣ってきた人もいました。当店で午前10時半頃に計りましたら、1kg弱から3kgまでの7本でした。  また積丹にお住まいのお客様が早朝に、沼前のゴロタ場で 約1kg超を1本。  さらに別の方から伺いましたが、正午前に余別川河口の右側の海岸で、サクラマスを2本釣っていた人を見てきました、とのお話しも伺いましたので、17日は積丹で結構な数が釣れた日だと思います。

               **********               

◆ サクラマス 3.35kg  積丹町 浜西河海岸  4月13日(13日記述): 左の写真は、小樽市銭函の 下山 和広さんが、浜西河海岸で、13日の午前6時頃に釣ったサクラマスです。 午前10時過ぎに計測しましたら、 尾叉長60.5cmで 3.35kg ありました。  ルアーは、手作りジグミノー34gで、カラーは背中が黒、サイドはエゾアワビを薄く加工して貼ってありました。 ベリーがピンクでした。 昨年か一昨年にも下山さんが自作したジグミノーで良型を何本も釣ったことがありました。とても綺麗な仕上げで、売って欲しいと言う方がいそうな、釣れそうなジグミノーでした。 下山さんはこの魚で、当店のサクラマスダービーのトップに出ました。

◆ アメマス  神恵内村 古宇川河口海岸  4月12日(12日記述): 左の写真は、共和町の 福井 達雄さんが、古宇川河口右海岸で、12日の午前4時前に釣ったアメマスです。 当店で12日の午前5時過ぎに計測しましたら、 尾叉長54.0cmで、2.0kg でした。  ルアーは、シーランチャー30gのピンクバックだったそうです。 当店アメマスダービーの第4位に着けてきました。

 

◆ サクラマス 2.4kg  島牧村 千走川河口海岸  4月11日(12日記述): 左の写真は、札幌市北区の 仲谷 浩幸さんが、千走川河口左海岸で、11日の午前5時頃に釣ったサクラマスです。 当店で12日の午前11時頃に計測しましたら、 尾叉長54.5cmで、2.4kg ありました。  ルアーは、シースパロー95Sのヒラメリョクとのことでした。 12日の朝まで粘ってきたそうですが、この魚のあとは釣れなかったそうです。 当店サクラマスダービーの第4位に入ってきました。

               ***************

◆ サクラマス 2.9kg  余別河口海岸  4月9日(9日記述): 左の写真は、江別市の 堀口 昌広さんが、余別川河口右海岸で、午前6時半頃に釣ったサクラマスです。 当店で午前9時半頃に計測しましたら、 尾叉長56.0cmで、2.9kg ありました。  ルアーは、バーサス80シェルのパープルバック/ピンクベリーでした。 午前6時過ぎに余別川河口の右側のゴロタ場に釣りに入って、間もなくにかなり遠投したときに食って来たそうです。 この魚も板マス体型の格好の良いサクラマスでしたね。当店サクラマスダービーのトップに出ました。 また、その他の情報ですが、9日の午前6時前に、幌武意漁港の内防波堤の中程のテトラの上から、小さめですが1匹釣ってきました、とおっしゃるお客様がいらっしゃいました。 ルアーはプレスベイトカムイ110のピンクバックだったそうです。

◆ サクラマス 2.7kg  美国小泊海岸  4月8日(9日記述): 左の写真は、小樽市稲穂の 上家 和幸さんが、美国小泊海岸のガソリンスタンド下で、午前9時過ぎに釣ったサクラマスです。 当店で正午頃に計測しましたら、 尾叉長55.0cmで、2.7kg ありました。  上家さんはこの日大当たりで、まず午前6時頃に幌武意のゴロタ場で、43cm、1kgを釣り、少し粘ってから美国に移動。 午前9時から午前11時過ぎまでの間に、スタンド下で3本のサクラマスを釣ったそうです。 当店で正午頃に4本を計測しましたら、写真の 55cm2.7kgと、52cm2.05kg、43cm1kgの同じ大きさが幌武意と美国で1本ずつで合わせて2本。 幌武意で1本、美国で3本、合計4本も釣りました。 使ったルアーは、バーサス80シェルのピンクサケ稚魚30gで2本、P-Boyジグキャスティング25gオオナゴで2.7kgともう1本を釣ったそうです。4月9日の時点で、当店ダービーの第3位に着けました。

               ***************

◆ サクラマス 3.25kg  精進川河口左海岸  4月5日(5日記述): 左の写真は、札幌市東区の 渡部 裕文さんが、精進川河口よりも左に寄った海岸(砕石場下)で、午前6時頃に釣ったサクラマスです。 当店で午前9時頃に計測しましたら、 尾叉長60.0cmで、3.25kg ありました。  板マス体型の綺麗な魚でした。ルアーは、ウインドリップ95Sのピンクバックサケ稚魚だったそうです。 このサクラマスの他に、アメマスの約45cmも釣れたそうですが、アメマスはリリースしたそうです。 周辺には釣り人が20人前後いたそうですが、他に1人が魚を入れたビニール袋を持っていたのを見たそうです。渡部さんは当店ダービーに事前のエントリー手続きがありませんでしたので、この魚は残念ながらダービー対象にはなりませんが、本日、エントリーをしてくださいました。 まだ、これからが本番のシーズンですから、頑張ってくださいね!!

               ***************               

◆ サクラマス  古平町  3月27日 (27日記述): 左の写真は、27日の午後2時半頃に、古平川河口の左側海岸で釣れたサクラマスです。 当店で午後4時20分頃に計測しましたら、尾叉長で54.0cm、1.8kg ありました。 釣り人は札幌市の 熊谷 利正さんです。 今シーズンは仕事が忙しくてほとんど釣りに行けてなかったそうで、『全然小さいから・・・』とは言いながらも嬉しかったようです。 熊谷さんは海アメや海サクラの釣り歴も長い、ベテランルアーマンです。 都合により今回は魚だけの写真になりましたが、過去には何度も当店のダービーに顔を出した経験のある方です。 次回釣ったときは、普通に魚を持ったポーズで撮ってもらいますよ、とおっしゃってました。 サクラマスダービーの第2位に着けました。 きょう使ったルアーは、バーサス80シェルのサケ稚魚カラーと伺いました。

               ***************

◆ アメマス 63cm  島牧村  3月18日の釣果(19日記述): 左の写真は、札幌市東区の 高橋 利幸さんが、島牧村元町の新甫川河口で、午後3時半頃に釣ったアメマスです。 当店で午後6時半頃に計測しましたが、63.0cm、2.5kg ありました。 ルアーは、自作のジグ40gで、カラーは背中がワカサギ系の色で、ボディがゼブラグローとの事。 高橋さんは毎年結構な数のアメマスを釣る方ですが、今回は自作のジグで釣れたので、さらに嬉しい感じでした。 当店アメマスダービーの第3位に着けました。

               **************

◆ サクラマス58cm、2.75kg  せたな町  3月6日の釣果(6日記述): 左の写真は、札幌市東区の 星 啓さんが、大成区の道の駅”てっくいランド大成”前の砂浜で、午前10時半頃に釣ったそうです。 当店で午後3時20分頃に計りましたら、尾叉長で 58cm、2.75kg ありました。 ルアーは、バーサス80シェルのニジマスカラー(星さんの奥の手)だったそうです。 当店では、今シーズンのショアサクラで、まだ2kg越えを見ていませんでしたので、とても大きく感じました。 昨シーズンは残念ながら期待はずれのシーズンでしたので、これから順調にさらなる良型が、そして最終的には4kgオーバーが釣れて欲しいものですね。 このサクラマス、星さんにとっては今シーズン3匹目ですが、サクラマスの星さんの自己記録を更新した魚になったそうで、喜んでました。 たいへん良かったですね。 これからがサクラマスの本格的なシーズンですから、頑張ってくださいね!。 当店サクラマスダービーの最初の1本になりました。

               **************

◆ 海アメ 大物!  島牧村  12月28日の釣果(28日記述): 左の写真は、倶知安町の 津村 眞司さん が、28日の午前9時頃に釣った、海アメの大物です。 当店で午前11時30分頃に計測しましたが、尾叉長で75.0cm で、4.3kg もありました。 当店アメマス・サクラマスダービーへのご参加をいただいておりましたので、今シーズン登録魚第1号が、この大物になりました!。 太さもある見事な魚でした。 津村さんは、早朝からエネオス下に入ったそうですが、他にも釣り人が10人前後来ていたそうです。 周囲でも釣れない状況の中、釣り人が少しずつ移動を始め、午前9時前には津村さん以外のほとんどの釣り人達がエネオス下にいなくなってしまったそうです。 そんな中でこの大物が、津村さんがキャストしていた、岡ジグLT-30のブラックシェルに食らいついて来たそうです。 (津村さん良かったですね、おめでとうございます。)

◆ 海アメ 67cm  島牧村  12月28日の釣果(28日記述): 左の写真は、美唄市の 橋本 雄太郎さん が、28日の午後4時前に釣った海アメです。 当店で午後6時前に計測しましたら、尾叉長で67.0cm で、2.8kg でした。 当店アメマス・サクラマスダービーへのご参加をいただいており、今シーズン登録魚第2号となりました(第2位に着けました)。 朝から他の場所何カ所かで釣ってみたそうですが釣れず、午後からの釣りで生コン裏に入って、まず40cm程を1匹釣って、その後にこの良型が釣れたそうです。この写真のさかなを釣ったルアーは、サスケ裂波120Fのブルーバック/パールホワイト(北海道限定色)でしたと、ルアーの現物も見せてくださいまして、確認をさせていただきました。 実は、橋本さんは、上の津村さんが75cmを釣った時に、近くで釣っていたそうで、津村さんが釣り上げた後に魚を見せてもらったそうです。 (きょうは数的には多く釣れてはいなかったそうですが、良型が釣れる日だったのですね。橋本さん良かったですね。)

               **************

<下の8枚の画像は、バーサスの作者が最近リリースした、ニュータイプ ハンドメイド・ジグミノーの ”Diva (ディーヴァ)”です。 カラー設定は、バーサス同様非常に豊富です。 ディーヴァの特徴は、究極の好バランスが生み出す、飛行距離とナチュラルな泳ぎです。 想定を超えるような飛びと、リトリーブ・スピードが速くても低速でも、とても綺麗でリアルに泳ぐことです。 構造はバルサ+金属です。 先ずはアルミタイプのみの生産ですが、シェルタイプのご注文もお受けいたします。 33g〜38gのアルミが¥2200、シェルが¥2750。 40g〜45gのアルミが¥2350、シェルが¥2900でございます。 少し残念なのは、下の写真がうまく撮れてないことです。 現物をご覧になれば、その美しさにため息が出るかもしれませんよ!。 作者は、『バーサスを凌ぐほどのサクラマスの釣果を期待し欲しいです。』 と おっしゃってます。>

     フライフィッシング  ・このページのトップへ戻る

◆ サクラマス  島牧村  5月2日の釣果(2日記述): 来店されたお客様から伺いました。 島牧村の北国澗の右側で、早朝にフライで 4本 を釣った方がいたそうです。 2日にサケ稚魚の群れが江の島海岸でたくさん目撃されていますので、フライパターンは、サケ稚魚ではないでしょうか?とのお話しでした。 江の島海岸でルアーで釣ってきた方は、沖でサクラが跳ねていたそうですが、色々替えて使ったルアーにはバイトもヒットも無かったそうです。

◆ 海アメ2匹 積丹町   12月28日の釣果(28日記述): 午後5時前に来店された、小樽市のKさんから釣りの帰りに伺いました。 午前11時前に、浜西河の滝ノ沢川の河口に入ったそうですが、お昼前に約51cmの海アメを1匹釣ったそうです。この魚はやや細めだったとのことでした。 そのあと午後1時半過ぎに野塚のゼロワンドに入って、しばらくして、約55cmの太めの海アメを釣ったそうです。 きょう使ったフライは、#6フックに巻いたオリーブ系色のスカッドとの事でした。 

◆ ニジマス 『納竿の日にの51cmが・・・』  尻別川の支流   10月27日の釣果(28日記述): 小樽市幸の石澤一樹さんから、今シーズンの”淡水の釣り納竿の日”の釣果のお知らせをいただきました。 メールの全文及び、添付してくださったニジマスの写真を、掲載させていただきました。 (10月27日の夜に送信してくださいました。)  

 『こんばんわ!
今回、今年最後の渓流で尻別川の支流に入りました。
天候が悪く、時折激しい雨の中釣り続け、数匹のニジマスが釣れました。
深瀬の流心で#6のヘビーウエイトのニンフで釣れたのが、今日最大の51センチ
メスのニジマスでした。
最後の渓流! 今年は納竿です!』

 

 

 


石澤さん、いつもありがとうございます。 また、良い魚を釣ったんですね!今シーズンは良いシーズンでしたね!!

◆ ニジマス   尻別川 上流部の支流   8月25日の釣果(26日記述): 小樽市幸の石澤一樹さんから8月25日の釣果のお知らせをいただきました。 メールの全文及び、添付してくださったニジマスとフライの写真を、掲載させていただきました。 (25日の夜に送信してくださいまして、26日に当店が受信しましたメールです。) 石澤さんいつもありがとうございます。さらに良い魚を釣りましたね!。

 『こんにちは! いつもお世話になります。
本日、また尻別水系に入りました。先日の雨の影響で水の濁りを避けて、支流に入りました。
本日は友人と二人でドライフライでの釣りです。
#12のエルクヘアカディスを主体に釣り上がり、二人で20匹程のニジマスを釣りました。
今日の最大魚は私の釣った50センチジャストのニジマスです。
オスの厳つい顔をした良いコンディションの魚でした。
フライは#4のマドラー系のビッグドライです。
岸部には同サイズのホッパーが多数見られた為、フライがマッチしたのでしょう!
ぐずついた天候でしたが、暑くなく清々しい釣りでした。

それではまた...... 』

◆ ニジマス47cm   尻別川 上流部   7月15日の釣果(7月17日記述): 小樽市幸の石澤一樹さんから7月15日の釣果のお知らせをいただきました。 メールの全文と、添付してくださった綺麗なニジマスの写真を、掲載させていただきました。16日にいただいたメールです。

『おはようございます。
昨日ですが、また前回と同じ尻別上流に入りました。
暑かったせいか魚の出がしぶく、最初はなかなか釣れませんでしたが、テトラの脇の深い所を丹念に流してようやく47cmのオスの綺麗なニジマスを釣りました。
その後5〜6匹の小型が釣れて終了しました。今回は全てニジマスでした。
47cmを釣ったフライはドロッパーのマドラーミノーでした。
また報告いたします。』

石澤さん、大変ありがとうございました。

また、良い釣りをしましたね。写真の腕前も良いですね!

◆ ニジマスなど  尻別川 上流部   6月30日の釣果(7月1日記述): 左の写真は、小樽市幸の石澤一樹さんが6月30日に、ご友人と2人で、尻別川の上流部で、ウェットフライの釣りを楽しんで来たそうで、写真を添えて釣果の情報を送ってくださいました。 今回の場所は、今シーズン初入釣だったそうです。2人合わせての釣果ですが、ニジマスを約10匹、中型のブラウンを1匹、小さいヤマメとイワナウグイも釣れたそうで。魚種的にも様々で楽しかったそうです(五目釣りだねと、笑ってました。)。 写真は石澤さんが釣ったこの日最大のニジマス48cmです。 フライは、#8のプロフェッサーを使ったそうです。 ご友人が残念なことに、60cmオーバーと思われるニジマスを掛けて寄せたのにバラシてしまったそうです。 悔しいので、近々二人でリベンジでまた同じ場所に行ってくるとのことでした。 石澤さん、また良い釣りをしましたね!

     ウ キ 釣 り  ・このページのトップへ戻る

◆ ホッケ  積丹町 神岬漁港  5月18日の釣果(18日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 神岬漁港に付いたのが正午前だったそうです。夜明けから釣って帰って行った方が、1人で0匹超を釣ったと聞いたそうです。 時間帯的に食いが悪くてなかなか釣れないのを承知で、このお客様は中防波堤の先端手前(港内側)で、昼過ぎに釣り始め、午後4時過ぎに切り上げてきたそうです。 ホッケの数は、3匹、大きさは 35cm前後の太め。 食わせエサは、オキアミとマグロ。 型は良かったと喜んでいました。 近いうちにもう一度、夜明けから釣りに入ってみたい、とおっしゃってました。

◆ ヒラメ 62cm  古平港  5月12日の釣果(12日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 左の写真は、室蘭市の 藤村さんが、12日の午前0時頃に、古平港の遊漁船乗り場横の広い場所で釣ったヒラメです。 当店で午前9時頃に計測しましたら、 62.0cm、3.05kg ありました。 藤村さんは、ヤリイカのウキ釣り(エサはチカ)をしていたそうですが、チカをヒラメが食ってきたそうです。 仕掛がイカのウキ釣り用のブランコ仕掛だったそうで、取り込みにはもちろん慎重にタモを使ったそうです。 この後、午前3時頃に、本命のヤリイカ1パイ釣れたそうです。 大きさは、胴長で30cmだったと伺いました。 このヒラメはとても嬉しい外道でしたね!

◆ ホッケ  積丹町 草内海岸  4月30日の釣果(5月1日記述): 30日に釣りの帰りのお客様から伺いました。 余別漁港から少しだけ神威岬方向にある、”食堂うしお”さんの前を通って行く岩場で、午前5時頃に釣り始め、午前10時過ぎに切り上げてきたそうです。 2人合わせての釣果ですが、 ホッケの数は、約40匹、大きさは 約30cm〜35cm。 食わせエサはオキアミ。  

◆ ホッケ  珊内漁港  4月28日の釣果(28日記述): 28日の午前中、珊内漁港の外防波堤(西防波堤)の先端周辺で釣れ方が良かったそうです。先端から離れると、釣果は半減だったそうです。 数を釣っていた人で 約20匹超、大きさは約25cm〜35cm。 食わせエサは、オキアミ、マグロなど。 朝早くから行かなかったそうで、早朝の釣果はわからないです、との事でした。 

◆ ホッケ 好釣果!  積丹町 来岸漁港  4月25日の釣果(25日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 来岸漁港外防波堤の外側の岩場で、午前4時過ぎ頃に釣り始め、午前11時頃に切り上げてきたそうです。 2人合わせての釣果ですが、 ホッケの数は、約70匹、大きさは 約27cm〜35cm、30cm前後の魚がほとんどとの事。 食わせエサはオキアミ。  

◆ ヤリイカ、豆イカ  盃カブト漁港   4月13日〜14日の釣果(14日記述): 釣ってきた余市町のお客様から伺いました。 13日の夕方から釣り始めたそうですが、間もなく釣れ始めて、日が暮れたら止まったそうです。 夜中はサッパリ釣れず、夜が明けてからまた釣れだしたそうです。 エサに鶏ササミ肉を使ったテーラーを使ったウキ釣りで。 ヤリイカの釣果はこのお客様1人で12ハイを釣ったそうです。大きさは、胴長で約18cm〜27cm との事。 ヤリイカに混じって豆イカ5ハイ、大きさは胴長で約10cm〜13cmとの事でした。 このお客様は、盃カブト漁港の西防波堤の先端よりも中程よりで釣ったそうですが、釣り人は多く混みあっていたそうです。

◆ ホッケ 好釣果!  せたな町 藻岩岬の藻岩トンネル  4月12日の釣果(12日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 須築漁港の少し南の藻岩岬の側の、藻岩トンネルの北側口の下の岩場に、午前4時半頃に釣りに入った方が、午前5時頃から釣れ始めたそうですが、間もなく食いが渋くなったそうで、ハリスを1.7号にして、ウキ下を長くして、底にいる良型を狙ったそうです。 午前9時過ぎに切り上げたそうです。 ホッケの数は、1人で37匹、大きさは 約27cm〜39cm、35cm前後の魚がほとんどとの事。 食わせエサは大粒の3Lのオキアミ。 魚体は太く、良いホッケだったそうです。 

◆ ホッケ 好釣果!  兜千畳敷、草内海岸  4月10日の釣果(10日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 兜千畳敷に午前4時半頃に釣りに入った方が、先端周辺はすでに釣り人が多く来ていて、先端よりも右側に場所を見つけて入ったそうです。 午前9時前から食いが止まった感じがあり、午前9時過ぎに切り上げたそうです。ホッケの数は、1人で50匹超、大きさは約30cm〜35cmがほとんどとの事。 食わせエサはオキアミ。  別のお客様方は、午前9時半頃から余別漁港の裏のワリシリ岬(草内海岸)に2人で釣りに入ったそうです。 午後3時前に切り上げて来たそうですが、ホッケの釣果は2人で約40匹、 大きさは約30cm〜35cmの魚がほとんどだったそうです。 こちらも食わせエサはオキアミ。

◆ ホッケ 好釣果  珊内漁港  4月8日の釣果(9日記述): 8日に珊内漁港の内防波堤の先端で釣ってきた方から伺いました。午前10時前から始めて、午後4時頃までの釣果で、2人で 約50匹、大きさは約28cm〜35cm。 食わせエサはオキアミ。

◆ ホッケ 好釣果  珊内漁港  4月6日の釣果(7日記述): 6日に珊内漁港の内防波堤の先端から港内側で釣れ方が良かったので、きょう(7日)も行ってきますとおっしゃるお客様が、撒きエサと食わせエサを買いに来店されました。 6日の正午過ぎから午後4時までに、2人で(一人はベテラン、一人は初挑戦)の釣果ですが、 約40匹、大きさは約28cm〜38cm。 食わせエサのオキアミは、ウルトラバイオのオキアミがとても食いが良かった、とおっしゃってました。 6日に同行した初挑戦の方が、仕掛のトラブルが多く、それを直すことに時間が掛かり、あまり楽しめなかったので、7日に1人で釣ってきます、とのお話しでした。 

◆ ホッケ 好釣果 神岬漁港  4月5日の釣果(5日記述): 午前9時半頃来店されたお客様方が、神岬漁港の外防波堤の先端付近で、午前5時頃から午前8時半頃まで、ホッケのウキ釣りとサビキ釣りをして、クーラーがいっぱいになったので止めてきました、とのお話しでした。 大きさは 約30cm弱〜38cmで、30cm超のホッケが多かったそうです。 撒きエサを撒いてホッケの群れを寄せて、始めはウキ釣りだったそうですが、途中から3本針のサビキ仕掛にマグロの餌を付けたそうです。 釣り人もたくさんいたそうですが、釣果は人によって差がついていたそうです。1人あたり 10匹前後〜50匹超

◆ ホッケ  盃カブト漁港  4月4日の釣果(4日記述): ルアーでサクラマスを釣りに来たお客様が、釣りの帰りに兜千畳敷に寄ったら、ウキ釣りでホッケを釣っていた人達がたくさんいて、数をたくさん釣っていた人がいたそうです。 ホッケ釣りに来ていた人のほとんどが調子良く釣っていたそうです。大きさは、25cm前後〜35cmぐらいだったそうです。

     渓流の餌釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ ヤマベ、ニジマス   古平町 古平川  12月21日の釣果(21日記述): 釣りの帰りの若者お二人からお話しを伺いました。 古平川の下流域にある、一番下の堰堤の上下で2人で釣ってきたそうです。 午前9時過ぎ釣り始め、風強く寒いので正午過ぎに切り上げたそうです。 釣果は2人合わせて、 ヤマベの 約15cm〜20cm を 21匹。 ニジマスの、約30cm〜40cm  3匹。  エサはブドウ虫。 

     その他の釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ ホッケのサビキ釣り 好釣果!  神恵内村 珊内漁港  4月21日の釣果(21日記述): 釣りの帰りにホッケのサビキ仕掛を買いに来てくださったお客様から、お話を伺いました。 珊内漁港の外防波堤の外側の岩場で、21日の午前4時から釣り始め、風がかなり強くなった午後1時頃に切り上げてきたそうです。 釣果は1人で、 約100匹、大きさは約25cm〜35cm。 30cmぐらいの魚が多かったそうです。