船釣り   投げ釣り  防波堤・港内の釣り  ルアーフィッシング
フライフィッシング ウキ釣り 渓流の餌釣り その他の釣り
    余市市場水揚げ概況  ・このページのトップへ戻る

◆13日の朝も30cm前後の積雪があったため、余市郡漁組市場の競りの時間に間に合って行けませんでした。 12日の午後10時頃から13日の朝にかけては、余市から積丹半島にかけて雪がかなり降りましたが、小樽市ではほとんど降らなかったと伺いました。

◆12月11日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 黒ガシラ25〜35cm50枚、コマイ18〜23cm50匹、

 ハタハタ15〜20cm300匹、ヒラメ40〜47cm5枚、

 ニシン22〜28cm20匹。

◆12月10日の朝も20cm超の積雪があったため、余市郡漁組市場の競りの時間に間に合って行けませんでした。

◆12月9日は日曜日で、余市郡漁組市場はお休みでした。

◆12月8日の朝も除雪作業があり、余市郡漁組市場の競りの時間に行けませんでした。

◆12月7日の朝は積雪が結構あり、除雪作業をしていたら、余市郡漁組市場の競りの時間に間に合いませんでした。

◆12月6日は、前日からの時化のため、余市郡漁組市場の水揚げはありませんでした。

◆12月4日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真イカ20〜30入り200箱、真ダラ60〜80cm70匹、

 赤ガレイ25〜35cm100枚、 ブリ 7kg が 1本、

 黒ガシラ25〜34cm360枚、助宗40〜50cm240匹、

 ハタハタ15〜20cm230匹、アサバ28〜35cm60枚、

 石ガレイ24〜36cm200枚、サバ17〜28cm350匹、

 真ガレイ23〜32cm150枚、黒ゾイ25〜38cm50匹、

 ヒラメ38〜50cm1,300枚、砂ガレイ24〜28cm50枚。

◆12月3日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真イカ20〜30入り140箱、赤ガレイ25〜35cm600枚、

 真ダラ60〜90cm3,200本、カジカ35〜45cm70匹、

 石ガレイ24〜50cm250枚、中サバ18〜33cm950匹、

 真ガレイ25〜35cm140枚、黒ゾイ25〜40cm80匹、

 砂ガレイ23〜28cm60枚、黒ガシラ25〜50cm300枚、

 コマイ18〜22cm20匹、ハタハタ15〜21cm1,000匹、

 助宗40〜50cm300匹、ヒラメ37〜60cm2,000枚、

 ヘラガニ甲羅幅8〜12cm120パイ。

◆12月2日は日曜日で、余市郡漁組市場はお休みでした。

◆12月1日は朝に除雪作業があり、余市漁組市場へ行くのが遅くなりました。

 午前9時過ぎに行きましたが、搬出作業がほぼ終わるところでした。

 真ダラ、赤ガレイ、ホッケ、鮟鱇、黒ガシラ、ハタハタ、真イカ、などなどいろいろな魚種が結構あったと伺って来ました。

船 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

  ホッケ好釣果、水イカ、真イカ   幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 12月13日の釣果(13日記述) 船長から伺いました。 午前11時半にお客様お二人を乗せて出港し、午後4時に沖上がり。 まず、幌武意沖の水深約40m〜50mでホッケ釣り。 正味1時間の釣りですが、入れ食い状態だったそうです。
 ホッケは1人あたり 100匹、150匹、大きさは、
45cm超を1人あたり4本〜5本、あとは30cm〜40cm。 
 胴突き仕掛けは、ピンクや白のフラッシャーが付いた針をベースにした様々なもの、エサは付けず。 
 午後1時過ぎから、幌武意沖の水深45m前後でイカ釣り。お二人ともイカ釣り初挑戦。
 水イカ(ヤリイカ)はお一人が 10パイ、大きさは胴長、20cm〜25cm
 真イカはお一人が 20パイ、大きさは良型、15ハイ入り〜20パイ入り。 イカ針は、さかな針11cmの仕掛けを使っていたそうです。  棚は、底周辺。
 <船長からのお知らせです> 15日(土曜日)は、ホッケ釣りと、水イカ(ヤリイカ)、真イカなどを釣りに出港するそうですが、まだ少し空きがあるそうです。 ホッケとイカを釣りたい方は、直接長内船長さんまで電話でお申し込みください。

  水イカ(ヤリイカ)、真イカ  美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2716) 12月12日の釣果(13日記述): 船長から13日に伺いました。 12日の正午過ぎの午後12時半に少人数を乗せて出港しましたが、どんどん時化模様になり午後2時に切り上げたそうです。 美国沖の水深40m〜50mで。
 水イカは1人あたり 5ハイ〜15ハイ、大きさは
20cm〜28cm
 真イカも1人あたり 5ハイ〜15ハイ、大きさは15ハイ入り〜20パイ入りの大きいイカ。 棚は、底周辺。 イカ針は、さかな針11cmの仕掛けを使っていたそうです。

               **********

  ホッケ好釣果 水イカも   幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 12月11日の釣果(11日記述) 船長から伺いました。 午前10時に少人数を乗せて出港し、午後3時までの釣り。 まず、幌武意沖の水深約40m〜50mでホッケ釣り。
 ホッケは1人あたり 100匹〜200匹、大きさは、
45cm超を1人あたり1本〜3本、あとは30cm〜40cm。 
胴突き仕掛けは、ピンクや白のフラッシャーが付いた針をベースにした様々なもの、エサは赤イカ。 
午後1時半過ぎから、幌武意沖の水深37m〜46mで水イカ釣り。約1時間の釣り。
水イカは1人 数ハイ〜30パイ、大きさは胴長、20cm〜29cm。 角針11cmの仕掛けを使っていたそうです。 棚は、底周辺。

  水イカ(ヤリイカ)、真イカも!  美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2716) 12月11日の釣果(11日記述): 船長から伺いました。 正午過ぎの午後12時半に少人数を乗せて出港し、午後4時半までの釣り。 美国沖の水深40m〜50mで。
 水イカは1人あたり 9ハイ〜30パイ、大きさは
20cm〜29cm
 真イカは1人あたり 0ハイ〜30パイ、大きさは15ハイ入り〜20パイ入りの大きいイカ。 棚は、底周辺。 イカ針は、角針11cmを使っていたそうです。波が高めだったせいか、上げてくる途中のバラシが多かったそうです。

               **********

◆ 12月9日(日曜日)も、西方向からの風が強く、沖の波の高さは3mはありそうでした。今週は土曜日、日曜日ともに時化てしまいました。 

◆ 12月8日(土曜日)は、7日からの荒れ模様が続いています。 低気圧の通過で荒れた後、西高東低の冬型の気圧配置になって、西〜北の冷たい風が強めに吹いていますので、収まることなく沖の波は高いままでした。 (残念です)

  ホッケ 短時間でも数釣り!ソイも  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 12月6日の釣果(6日記述) 船長から伺いました。 午前10時に出港し、正午過ぎまでの釣り。 幌武意沖の水深約40m〜50mで。
 ホッケは1人あたり 60匹〜100匹、大きさは、
45cm超を1人あたり2本〜6本、あとは30cm〜40cm。 
胴突き仕掛けは、ピンクや白のフラッシャーが付いた針をベースにした様々なもの、エサは赤イカ。 ソイ釣りの仕掛けを持ってきていた方がお一人いて、良型の真ゾイを1人で5匹、大きさは40cm〜50cm。 シマゾイの40cmを1匹

               **********

  ホッケ 数釣り!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 12月4日の釣果(4日記述) 船長から伺いました。 午前6時半に少人数を乗せて出港し、正午に沖上がり。 幌武意沖の水深約40m〜50mで。
 ホッケは1人あたり 300匹〜350匹、大きさは、
45cm超を1人あたり5本〜8本、あとは30cm〜40cm。 
胴突き仕掛けは、ピンクや白のフラッシャーが付いた針をベースにした様々なもの、エサは赤イカ。   <船長からのお知らせです>これからは、近間で釣れる 水イカ(ヤリイカ)を中心に釣りに出るそうです。 次は、6日の昼から水イカ(ヤリイカ)釣りに出る予定だそうですが、まだ空きがあるそうです。 水イカを釣りたい方は、直接長内船長さんまで電話でお申し込みください。

               **********

  水イカ(ヤリイカ)数釣り、真イカも!  美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2716) 12月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 正午に出港し、午後5時までの釣り。 美国沖の水深40m〜50mで。
 水イカは1人あたり58パイ〜77ハイ、大きさは
胴長15cm〜31cm
真イカは1人あたり10パイ〜30パイ、大きさは15ハイ入り〜20パイ入りの良型サイズ。
 さかな針11cm,ミッドスクイッド11cm、ピカイチスティック11cmなどの仕掛。 タナは底周辺。 

               **********

  水イカ(ヤリイカ)   美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2716) 12月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 午前10時に出港し、午後5時過ぎまでの釣り。 美国沖の水深40m前後で。
 水イカは1人あたり20パイ〜60パイ、大きさは
胴長10cm〜25cm
 さかな針11cm,ミッドスクイッド11cm、ピカイチスティック11cmなどの仕掛。 タナは底〜中層20m前後。 反応は、結構多い。 バラシが多い感じだったそうです。

  真ゾイ、ガヤ、ホッケ→水イカ(ヤリイカ)  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019) 12月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 2日の午前9時半に出港して、午後4時半までの釣り。 古平沖の水深約70m→約50mで。
 真ゾイは1人あたり 10匹〜13匹、大きさは、20cm〜35cm
 ガヤは1人あたり 20匹〜30匹、大きさは、20cm〜30cm
 ホッケは1人あたり 5匹前後、大きさは、30cm前後
仕掛けは、いろいろな胴突き仕掛け。 エサは、赤イカ。 午後12時半頃から水イカ釣り。
 水イカは1人あたり4ハイ〜36パイ、大きさは、胴長12cm〜25cm
仕掛けの針は、さかな針11cmなど。 タナは結構バラバラで、
底〜10mまで。

               **********

◆ 12月1日。 相変わらず西方向からの風が強く、東積丹側でも沖は波が高めでした。 出港予定でお客様方に港まで来ていただいたのに、出港できなかった船や、出港したけどまともに釣りができずに程なく帰港した、そんなお話を数名の船長さんから伺いました。 2日も出港予定の船長さんが多かったです。 出港できればよいですね!。

◆ 30日も西方向からの風が強く、沖は波が高かったです。 遊漁船は出港できませんでした。気象庁の予報によりますと、12月1日も残念ながらあまり良い予報ではありませんでした。

◆ 28日と29日は連日の荒れ模様の天気で、沖も時化でした。 遊漁船も出港できませんでした。 寒波が来ると沖は荒れ模様になることが多いですね。

  ヒラメ   美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2716) 11月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 午前6時40分にお客様2名を乗せて出港し、正午までの釣り。 美国沖の水深40m前後で。
 ヒラメの数は1人あたり 7枚、2枚、大きさは、
38cm〜50cm
 バケは500gで、色は様々。 タコキャップの色も、様々だったそうです。 数枚のバラシがあったそうですが、そのうちの2枚は、結構大きなサイズのヒラメだったそうです。

               **********

  ホッケも、真ダラも!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 11月26日の釣果(26日記述) 船長から伺いました。 午前6時半に出港し、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深約45mと、カムチャッカ根の水深150m〜165mで。まず前浜でホッケを釣ってから真ダラ釣りへ。
 ホッケは1人あたり 60匹〜100匹、大きさは、30cm〜45cm。 
真ダラは1人あたり 10本〜17本、大きさは、1m前後が5本、あとは55cm〜90cm。60cm〜80cmが大半。 タチ入りも結構あったそうです。
胴突き仕掛けは、ピンクや白のフラッシャーが付いた針にグッピーベイトを付けたものなど、エサは赤イカ。 真ダラは、タラシャクリでも釣れていたが、カムイ1000gの赤金が優勢だったそうです。 <船長からのお知らせです>これからも、時化ない日はほぼ毎日、ホッケや真ダラ釣りに出港する予定とのこと、まだ結構な空きがある日もあるそうですから、直接船長まで電話でお申し込みください。

  ヒラメ   美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2716) 11月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 午前6時半過ぎにお客様3名を乗せて出港し、午後1時までの釣り。 美国沖の水深40m前後で。
 ヒラメの数は1人あたり 7枚、3枚、3枚、大きさは、
38cm〜50cm
 バケは500gで、色は様々。 タコキャップの色も、様々だったそうです。 バラシが多い日だったともおっしゃってました。

  ガヤ、ホッケ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019) 11月25日の釣果(26日記述): 船長から26日に伺いました。 25日の午前9時半に出港して、午後4時までの釣り。 古平沖の水深約70m前後で。
 ガヤは1人あたり 60匹〜70匹、大きさは、15cm〜25cm
 ホッケは1人あたり 20匹〜30匹、大きさは、30cm前後
 仕掛けは、宗八釣り用のサビキや、いろいろな胴突き仕掛け。 エサは、赤イカ。

               **********

  真ダラ 好釣果   余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398ー2147) 11月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、午前11時までの釣り。 カムチャッカ根と余別沖の水深150m〜160mで。
 真ダラは1人あたり 7本〜10本、大きさは、1mが1本、80cm〜90cmが6本、あとは50cm〜70cm超
タラシャクリは銅パイプの250号。 カムイ1000g赤金でも数釣り。シャクリやカムイに付けていた針のベイトの色は、ピンク、その他いろいろだったそうです。

  真ダラ 好釣果!  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112) 11月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、午前11時15分までの釣り。 カムチャッカ根と余別沖の水深約150mで。
 真ダラは1人あたり 10本〜15本、大きさは、60cm〜90cm
70cm〜80cmが多かったそうです。
タラシャクリは200号の銅パイプ製。 シャクリ針に付けたベイトの色は、ピンク色、赤色など。 カムイ750gの赤金でも数が釣れていた。

  ホッケ数釣り、真ゾイ   幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 11月25日の釣果(25日記述) 船長から伺いました。 午前6時半に出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深約40m〜50mで。 時化気味でタラ場まで行けず。
 ホッケは1人あたり 60匹〜120匹、大きさは、
30cm〜45cm。 
 真ゾイは1人あたり 1匹〜6匹、大きさは、30cm〜40cm
色々な胴突き仕掛け+赤イカで、数が釣れたそうですが、終始ジギングで釣っていた方は数が釣れなかったそうです。

               **********

◆ 11月24日は、前浜が時化気味の場所が多かったので、ほとんどの遊漁船は出港しませんでした。

  ヒラメ 数釣りも   美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2716) 11月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前7時にお客様2名様だけを乗せて出港し、午後1時までの釣り。 美国沖の水深30m〜40mで。
 ヒラメの数は1人あたり 14枚、0枚、お一人はベテランさんで、もうお一人は初心者だったそうです。大きさは、
63cmが1枚、あとは38cm〜49cm
 バケは500gで、色はピンク系、など。 タコキャップの色は、ピンク、オレンジ、その他。

◆ 11月23日。 西〜北西の風が強く、沖は波が高めでした。 遊漁船は前日のうちに出港中止を決めていたようです。 23日は真冬並みの寒さになってしまいました。

  ヒラメ 数釣りも!  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112) 11月21日の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 21日の午前6時に出港し、午前11時前までの釣り。 沼前沖の水深45m前後で。
 ヒラメの釣果は全体で 60枚
。 竿頭の方は14枚、大きさは、40cm〜62cm。 全体の約8割が50cm以上と、良型揃い。
 バケは500gで、ピンク、オレンジ、などいろいろ。 タコキャップの色も、ピンク、オレンジ、その他様々。 エサは、オオナゴと小サバ。

  真ダラ 好釣果!  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112) 11月22日の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、正午までの釣り。 カムチャッカ根と余別沖の水深約150mで。
 真ダラは1人あたり 4本〜16本、大きさは、60cm〜85cm

タラシャクリは200号〜250号のステンパイプ製と銅パイプ製。 シャクリ針に付けたベイトの色は、ピンク色、その他いろいろ。 

  真ダラ 数釣り!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 11月22日の釣果(22日記述) 船長から伺いました。 午前5時に出港し、正午前に沖上がり。 カムチャッカ根の水深約150m〜160mで。
 真ダラは1人あたり 15本〜50本、大きさは、
90cm前後が10本あとは60cm〜80cm。70cm〜80cmの大きさがが多かった。 
 タラシャクリは250号で、ステンパイプ製、銅パイプ製。 カムイ1000gピンクホロ+ピンク色のタコベイト付き針を使ったベテランさんが、1人で50本を釣ったそうです。(そのお客様は乗船すると竿頭になることが多いそうです。)

               **********

  真ダラ 好釣果も!  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112) 11月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、午前11時半までの釣り。 カムチャッカ根と余別沖の水深約150mで。
 真ダラは1人あたり 0本、5本〜18本、大きさは、60cm〜90cm

タラシャクリは200号〜250号のステンパイプと銅パイプ。 シャクリ針に付けたベイトの色は、ピンク色、その他いろいろ。 タラシャクリを持ってこなくて、胴突き仕掛けを使ったお客様がオデコだったそうです。

  真ダラ 数釣り!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 11月20日の釣果(20日記述) 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午前10時半過ぎまでの釣り。 カムチャッカ根の水深約150mで。
 真ダラは1人あたり 15本〜40本、大きさは、
1m前後が7本あとは55cm〜80cm。 
 タラシャクリは250号で、ステンパイプ製、銅パイプ製、真鍮パイプ製。カムイ1000g赤金でも数釣り。 タラシャクリの針にはピンク色のヤリイカベイトかタコベイトを付けて。 <船長からのお知らせ21日(水曜日)と、22日(木曜日)も、真ダラ釣りで出港する予定。 まだ空きがあるそうですから、タチ入りの真ダラを釣りたい方は、船長まで直接お電話でお申込みください。

               **********

  真ダラ 良型の数釣り!  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112) 11月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午前6時前に出港し、午前11時までの釣り。 カムチャッカ根と余別沖の水深約150mで。
 真ダラは1人あたり 15本〜20本、大きさは、1m前後が3本、あとは60cm〜90cm超
80cm〜90cmが多かった
タラシャクリは200号〜250号のステンパイプと銅パイプ。 シャクリ針のベイトの色はピンク色が多かった。 カムイか何かのたらジグで数を釣ったお客様もいたそうです。

  真ダラ 良型の数釣り!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 11月19日の釣果(19日記述) 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午前10時20分に沖上がり。 カムチャッカ根の水深約150mで。
 真ダラは1人あたり 15本〜30本、大きさは、
90cm〜1m10cmが7本あとは60cm〜80cm。 
 タラシャクリは250号でステンパイプ製も銅パイプ製も。カムイ1000gで数釣りをしたお客様がいたそうです。 タラシャクリの針にはピンク色のヤリイカベイトかタコベイトを付けていた。 <船長からのお知らせ20日(火曜日)〜22日(木曜日)の平日も毎日真ダラ釣りで出港する予定。 まだ空きがあるそうですから、タチ入りの真ダラを釣りたい方は、船長まで直接お電話でお申込みください。

  ヒラメ   美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2716) 11月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、午後1時過ぎまでの釣り。 美国沖の水深30m前後で。
 ヒラメの数は全体で 9枚、大きさは、
38cm〜58cm
 バケは500gで、色はピンク系、白系などいろいろ。 タコキャップの色は、ピンク、オレンジ、その他。

               **********

  ヒラメ   川白漁港 吉栄丸 (板谷船長 0135−77−6166)11月10日の釣果(10日記述): 乗船したお客様から釣りの帰りに伺いました。 タラ釣りの予定だったそうですが、風が強く時化気味のため、ヒラメ釣りに変更して出港。 午前7時に出港して、午前10時に早上がり。 川白沖の水深約40mで。
 ヒラメの数は1人あたりで 1枚〜3枚、大きさは、
40cm〜50cm
 バケは500g〜600gで、いろいろなタイプのもの。 タコキャップの色は、白夜光、トラシマ、など。

               **********

  真ダラ   幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 11月17日の釣果(17日記述) 船長から伺いました。 午前6時に出港し、間もなく時化模様になり午前10時に早上がり。 積丹岬無線等沖の水深約145m〜155mで。
 真ダラは1人あたり 2本〜9本(船酔いでダウンした方がオデコ)、大きさは、
90cmが1本あとは55cm〜75cm。 (90cmはタチ入りだったそうです)
 タラシャクリは250号でステンパイプも銅パイプも。タラシャクリの針には、ピンク色のヤリイカベイトを付けていたそうです。 <船長からのお知らせ19日(月曜日)〜22日(木曜日)の平日も毎日真ダラ釣りで出港する予定。 まだ空きがあるそうですから、タチ入りの真ダラを釣りたい方は、船長まで直接お電話でお申込みください。

               **********

  真ダラ 好釣果  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 11月12日の釣果(12日記述) 船長から伺いました。 午前8時に出港し、午後1時沖上がり。 カムチャッカ根の水深約145m〜165mで。
 真ダラは1人あたり 10本〜20本、大きさは、
90cm〜1mが16本あとは70cm〜85cm。 80cm前後が多かった。
 タラシャクリは250号でステンパイプも銅パイプも。 タラジグのカムイ1000g赤金でも数釣りあり。 お客様の人数が少なめで、船長も釣りをしたそうで、船長は16本を釣ったそうです。

  真ダラ 好釣果  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083) 11月12日の釣果(12日記述) 船長から伺いました。 午前7時に船長が単独で出港し、午前11時半までの釣り。 幌武意沖の水深約180mで。
 真ダラは船長が1人で 21本、大きさは、
60cm〜80cm。 
 タラシャクリは200号の銅パイプ製。 シャクリ針に付けたタコベイトの色は赤色。

               **********

◆11月11日。 西〜南西の風が強く、沖は時化気味でしたので、出港した遊漁船はほとんどありませんでした。

◆11月10日記述。 9日からの荒れ模様の天気が収まりきれない感じでした。 南西方向からの強めの風がほぼ真西から吹いたりして、東積丹側ですら深場の釣りはできそうもない感じでした。 余市港のシーランチさんは、浅めの場所でヒラメ釣りをしたそうです。↓

  ヒラメ 順調  余市港 シーランチ (加藤船長090−3898−5438)11月10日の釣果(10日記述): 乗船したお客様から釣りの帰りに伺いました。 午前6時に出港して、正午までの釣り。 余市沖の水深25m前後で。
 ヒラメの数は1人あたりで 4枚〜9枚、大きさは、
38cm〜50cm
 バケは500g〜600gで、オレンジ系やピンク系その他のいろいろなもの。 タコキャップの色は、ピンク、オレンジ、など。

               **********

  ヒラメ   美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2716) 11月9日の釣果(9日記述): 船長から伺いました。 午前5時半にお客さま2名だけを乗せて出港し、午前11時半までの釣り。 美国沖の水深40m前後で。
 ヒラメの数は1人あたりで 3枚、4枚、大きさは、
38cm前後
 バケは500g〜600gでいろいろなもの。 タコキャップの色は、ピンク、オレンジ、など。

  真ダラ 好釣果!  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398ー2147) 11月7日の釣果(9日記述): 船長から9日に伺いました。 7日の午前6時に出港し、午前10時までの釣り。 カムチャッカ根と余別沖の水深約150mで。
 真ダラは1人あたり 15本〜20本、大きさは、1m前後が6本、あとは50cm〜90cm。70cm〜80cmが多かった。
タラシャクリは銅パイプの250号。 カムイ1000gでも数釣り。シャクリやカムイに付けていた針のベイトの色は様々だったそうです。

  船長がひとりで真イカ釣り   余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398ー2147) 11月7日の夜の釣果(9日記述) 船長から9日に伺いました。 7日の午後10時半過ぎに出港し、午前3時までの釣り。 カムチャッカ根の水深約140m→120mで。
 真イカは船長が1人で 90パイ、大きさは、20パイ入り
サイズ
 棚は、50m前後。 布巻スッテ針の仕掛けで釣ったそうです。

               **********

  真ダラ 好釣果!  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112) 11月8日の釣果(8日記述): 船長から伺いました。 午前11時に出港し、午後3時50分までの釣り。 カムチャッカ根と余別沖の水深約150mで。
 真ダラは1人あたり 15本〜20本、大きさは、1m前後が8本、あとは60cm〜80cm超。70cm〜80cmが大半を占めた。
タラシャクリは250号のいろいろなタイプ。 タラシャクリを使わずに、タラ用胴突き仕掛けと重りを使ったお客様も数を釣っていたそうです。

               **********

  真ダラヤナギ 順調  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112) 11月6日の釣果(6日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、午後12時半までの釣り。 カムチャッカ根と余別沖の水深約140m〜150mで。
 真ダラは1人あたり 5本〜6本、大きさは、1mが1本、あとは50cm〜80cm
 ヤナギノマイは1人 10匹〜20匹、大きさは、30cm前後
タラシャクリは250号前後のいろいろなタイプ。その上に、様々な胴突き仕掛けを付けていたそうです。 真ダラだけを狙って胴突き仕掛けを使わなかったお客様もいたそうです。

  真ダラ、ヤナギ 好釣果  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 11月6日の釣果(6日記述) 船長から伺いました。 午前5時半に出港し、午前11時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深約145m〜165mで。
 真ダラは1人あたりで 8本〜16本、大きさは、
90cmが3本、あとは60cm〜80cm。60cm〜70cmが大半。 
 ヤナギノマイは1人あたりで 10匹〜30匹、大きさは、28cm〜35cm
タラシャクリは250号でステンレスパイプと銅パイプ。 タラジグの、カムイ1000g(赤金)+ピンク色のベイト付き針。 タラシャクリの上に白やピンクのフラッシャー針をベースにしたいろいろな胴突仕掛けを付けて、エサは赤イカ。 真ダラだけを釣りたいと、胴突き仕掛けを使わなかったお客様もいたそうです。 <長内船長さんからお知らせです: 7日も8日も沖釣りに出港するそうですが、少しずつ空きがあるそうです。船長まで直接お電話でお申し込みください。   プロショップかわぐちからのお知らせ→(当店では、前日にご連絡をいただけますと、出港日の午前4時頃の早朝営業を行っております。当店の定休日でも対応しております。)

               **********

  ヒラメ 数釣り!  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112) 11月5日の釣果(5日記述): 乗船したお客様からと、船長から伺いました。 午前6時に出港し、正午までの釣り。 サルワンの水深45m前後で。
 ヒラメの釣果は1人あたり 16枚〜21枚、大きさは、47cm〜57cm

50cm以上が約7割で、50cm未満が約3割とのこと。
 バケは500gで、ピンク、ブルー、シルバーなど。 タコキャップの色は、ピンク、オレンジ、その他様々。 乗船した帰りに寄ってくださったお客様方が、良い釣りができたと大喜びでした。

  真ダラ 好釣果  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 11月5日の釣果(5日記述) 船長から伺いました。 午前5時半に出港し、正午までの釣り。 カムチャッカ根の水深約145m〜165mで。
 真ダラは1人あたり 10本〜30本、大きさは、
90cmが1本あとは60cm〜80cm超。 70cm〜80cmが多かった。
 タラシャクリは250号でステンパイプも銅パイプも。 タラジグのカムイ1000g赤金でも数釣りあり。タラシャクリの上に3本針の胴突き仕掛けを付けていた人もいたそうです。 後半にヤナギノマイの場所へ行く予定が、潮流れが速くなりヤナギノマイ釣りはしなかったそうです。

  真ダラ、ヤナギ、ホッケ  美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2716)11月5日の釣果(5日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深160m前後で。
 真ダラは全体で 17本、大きさは、50cm〜70cm
 ヤナギノマイは全体で 21匹、大きさは、30cm前後。 
 ホッケは全体で 40匹、大きさは、30cm〜35cm
 
白やピンクまたは赤のフラッシャーが付いた針を使った様々な胴突き仕掛けで、エサは赤イカ。

               **********

  ヒラメ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019) 11月4日の釣果(4日記述): 船長から伺いました。 午前9時に出港し、午後2時半までの釣り。 古平沖の水深28m前後で。
 ヒラメの釣果は1人あたり 2枚〜5枚、大きさは、61cmが1枚、50cmが3枚、あとは40cm〜45cm
 バケは600gで、貝貼りバケ、オレンジ色、その他。 タコキャップの色は、ピンク、オレンジ色、黄色、など。

               **********

  真ダラ、ヤナギ ともに好釣果  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 10月23日の釣果(23日記述) 船長から伺いました。 午前6時に出港し、午後12時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深約145m〜165mで。
 真ダラは1人あたりで 10本〜20本、大きさは、
1m10cmが1本、あとは60cm〜90cm。90cmは3本、70cm〜80cmが多かった。 
 ヤナギノマイは1人あたりで 5匹〜15匹、大きさは、26cm〜35cm
タラシャクリは250号でステンレスパイプと銅パイプ。 タラジグの、カムイ1000g(赤金)+ピンク色のベイト付き針。 タラシャクリの上に白やピンクのフラッシャー針を使ったいろいろな胴突仕掛けを付けて、エサは赤イカ。 左の写真は、船長さんから送っていただきましたが、本日 1m10cmを釣った、札幌市の金沢さんです。よく持ち上げましたね!(それにこの魚はオスでタチの量がハンパ無いでしょう!とのお話でした。)船長からのお知らせです24日の夕方は、イカ釣りで出港するそうですが、まだ数名乗れるそうです。船長まで直接お電話でお申し込みください。

               **********

◆ ブリ 夜釣り 9.5kgも 幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)10月21日の夜の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 21日の午後5時前に出港して、午後11時までの釣り。 水無し沖の水深が約55mで。 ブリの釣果は全体で 11本。 大きさは、9.5kgが1本、7kgが5本、6kgが3本、4kg〜5kgが2本。 左の写真は、札幌市の 山崎さんがエサ釣りで釣った 9.5kgです。船長から写真をいただきました。良い魚ですね〜!  イカを使ったエサ釣りとジギングでの釣果は、ほぼ半々だったそうです。 連日少しずつですが良型が釣れていますね!。

 

 

 

               **********

 ← ブリ ナイト・ジギング 11.8kg!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)10月20日の夜の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 20日の午後6時に出港し、午前0時までの釣り。 サルワンの水深約48mで。
 ブリは全体で 17本、 大きさは 11.8kgが1本、5kgが1本、あとは2kg〜3kg。 
 使っていたジグは、ドラッカーハイブリッドタイプX420g赤金と金魚カラーだったそうです。左の写真は、岩内町の熊谷さんが釣った、11.8kgです。船長から写真を送っていただきました。デカイですね〜! 太いですね〜! 釣りて〜!! ドラッカーハイブリッドタイプX420g赤金で釣ったそうです。 熊谷さん、おめでとうございます!。

  真ダラ 数釣り!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)10月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 午前6時半に出港し、午前11時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深150m〜160mで。
 真ダラは1人あたりで 20本〜32本、大きさは、1mが3本、あとは50cm〜80cmですが70cm以上が大半。  
タラシャクリは200号〜250号でステンパイプも銅パイプも、シャクリ針には赤色のベイトを付けていたそうです。 黒金色のタラジグの750gで、数を釣った方もいたそうです。

               **********

 ↑ ブリ 夜釣り 好釣果! 幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)10月13日の夜の釣果(14日記述): 船長から伺いました。 13日の午後5時前に出港し、午後10時45分までの釣り。 水無し沖の水深約40mで。
 ブリは全体で 46本、大きさは、11kgが1本、9kgが1本、8kg〜8.5kgが4本、6kg〜7kgが7本、4kg〜5kgが26本、3kg前後が7本。 上の写真は、11kgを釣った
札幌市の小野さんです。
良型の11kgと9kgは真イカを使ったエサ釣り。エサ釣りとジギングでの釣果がほぼ半々だったそうですが、11kgと9kgは、エサ釣りで釣れたそうです。

 ↑ 真ダラ 連日の1m超!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 10月14日の釣果(14日記述) 船長から伺いました。 午前6時に出港し、正午までの釣り。 カムチャッカ根の水深約135m〜165mで。
 真ダラは1人あたり 10本〜25本、大きさは、60cm〜108cm
 ヤナギノマイは1人 15匹〜30匹、大きさは、28cm〜35cm。 
タラシャクリは250号で、ステンパイプも銅パイプも。 シャクリの組針にはピンク色のヤリイカベイトを付けて。 
タラジグのカムイ1kgの赤金でも数釣り。ヤナギノマイは最後の1時間だけの釣り。シャクリの上に様々な胴突き仕掛けを付けていたそうです。エサは赤イカ。 上の写真は、この日最大の 108cmの写真です。釣り人は、南幌町の 野呂田 新一さんです。良い手応えだったでしょうね〜!。

               **********

 真ダラ 1m超も!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 10月13日の釣果(13日記述) 船長から伺いました。 午前6時半に出港し、正午過ぎまでの釣り。 カムチャッカ根の水深約135m〜155mで。
 真ダラは1人あたり 15本〜30本、大きさは、55cm〜105cm。 
タラシャクリは250号で、ステンパイプも銅パイプも。 シャクリの組針にはピンク色のヤリイカベイトを付けて。 
タラジグのカムイ1kgの赤金でも数釣り。 上の写真は、きょう最大の105cmを釣った、室蘭市の 葛原さんです。「やりましたね!」 船長から写真を送っていただきました。

               **********

  ブリ 夜釣り 好釣果! 幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)10月8日の夜の釣果(9日記述): 船長から伺いました。 8日の午後5時前に出港し、午後11時までの釣り。 水無し沖の水深約44mで。
 ブリは全体で 51本、大きさは、10kg1本、8kg1本、7kgが6本、5kg〜6kgが39本、4kg2本、2kgが2本
イカを使ったエサ釣りで約11本が釣れて、いろいろなジグで約40本が釣れたそうです。使っていたジグは、ドラッカーやジョーカーを始め様々なものだったそうです。10kgと8kgは、エサ釣りで釣れたそうです。左の写真は、札幌市の地主さんが餌で釣ったブリの大物 10kgです。 太いし迫力ありますね!。

  真ダラ、ヤナギ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 10月9日の釣果(9日記述) 船長から伺いました。 午前7時半に出港し、午前11時に沖上がり。 幌武意沖の水深約150m〜160mで。
 真ダラは1人あたり 15本〜25本、大きさは、55cm〜80cm。 
 ヤナギノマイは1人あたり 20匹前後、大きさは、25cm〜30cm
タラシャクリは250号で、ステンパイプも銅パイプも。 シャクリの組針にはピンク色のヤリイカベイトを付けて。 
ヤナギノマイは、タラシャクリの上に胴突き仕掛けを付けていた数名のお客様が釣ったそうです。 <船長さんからのお知らせ10日の朝も真ダラ釣りに出港しますが、まだ空きがあるそうです。直接船長まで電話でお申し込みください。>

               **********

  ブリ ナイト・ジギング ↑ 11.3kg!  余別漁港 漁福丸 (澤船長090−8897−0160) 9月28日の夜の釣果(29日記述): 船長から伺いました。 28日の午後5時半に出港し、午後11時半までの釣り。 水無し沖の水深約40mで。
 ブリは全体で 19本、大きさは、11.3kgが1本、7.5kgが1本、6kgが1本、4kg〜5kgが6本、2kg〜3kgが10本

 上の写真が、澤船長さんから送っていただきました、11.3kgのブリです。 
 使っていたジグは、エース400gのイカカラー、ジョーカー420gの赤金、ナイトスライダー400gの赤金だったそうです。エース400gのイカカラーで11.3kgが釣れたそうです。

               **********

  ブリ デイ・ジギング ヒラメも  日司漁港 NANAV (小笠原船長090−8371−6294)9月24日の釣果(24日記述): 乗船したお客様方から伺いました。 午前6時に出港して、正午までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深55m〜60mで。 ブリの釣果は1人あたりで、1本〜3本。 大きさは 5kg〜6kg。 ジグは150g〜220g。 左の写真は、富良野市の 上原 一正さんが釣ったヒラメです。 当店で、午後2時半に計測しましたら、66cm、2.9kgでした。 上原さんが使っていたジグは、ナナジグー170gのセグロイワシカラーだったそうです。  当店ヒラメダービーの第二位になりました。

               **********

  ブリ デイ・ジギング ヒラメの大物 ↑ 日司漁港 NANAV (小笠原船長090−8371−6294)8月10日の釣果(10日記述): 乗船したお客様方から伺いました。 10日の午前6時に出港して、午後12時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深50m〜60mで。 ブリの釣果は全体で、9本。 大きさは 5kg〜7kg。 ジグは150g〜180gぐらいか。上の写真は、旭川市末広の 松山 秀樹さんが釣ったヒラメの大物です。御本人が「ラッキーにも釣れました。」とおっしゃってました。 当店で、午後2時過ぎに計測しましたら、79cm、5.4kgでした。松山さんが使っていたジグは、鉄ジグスイムライダー150gの頭夜光だったそうです。  当店ヒラメダービーのトップになりました。

                **********

  ヒラメ  数が出ました!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)5月8日の釣果(8日記述): 船長から伺いました。  8日の午前5時に出港して、午前11時半までの釣り。 サルワンの水深30m前後で。船長から写真が届きました。
 ヒラメは1人あたりで
 10枚〜15枚、大きさは、58cm1枚、55cm1枚、50cm1枚、あとは40cm〜47cm
 
バケは500gで、オレンジ色系を使っていた人が多かった。 タコキャップの色も、オレンジ色系が多く、次はピンク色系。 エサは、オオナゴ。

  ヤナギ、ホッケ、真ダラ ともに好釣果!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)5月8日の釣果(8日記述) 船長から伺いました。 午前6時に出港し、正午までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜神威岬沖の水深110m〜150mで。 
 
ヤナギノマイは1人あたりで50匹〜70匹、大きさは、26cm〜36cm
 ホッケは1人あたりで10匹〜15匹、大きさは、35cm〜47cm
 真ダラは1人あたりで
5本〜10本、大きさは、55cm〜70cm
 基本的には白やピンクのフラッシャーが付いた針の胴突き仕掛けですが、市販品か手作り品などの様々なタイプを使っていた。 エサは、赤イカ。
 <船長からのお知らせ>これからも、ヤナギ、ホッケ、真ダラ釣りで、ほぼ毎日出港予定ですが、空きがある日も多いそうです。 ヤナギノマイ、ホッケ、真ダラなど釣りたいお客様は、船長まで気軽に電話でお申し込みください。

               **********

 サクラマス 5.2kgを頭に 定数釣りも↑  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)4月23日の釣果(26日記述): 船長から26日に伺いました。 
23日の午前3時半出港し、正午までの釣り。 水無沖の水深45m〜48mで。 
 サクラマスは1人あたり
5匹〜定数、大きさは、5.2kg、5kg、4.6kg、4.5kgが各1匹、4kgが2匹、あとは1kg〜2kg台。 棚は、針までで15m〜17m。
シャクリを様々使っていたそうです。 4kg台と5kg台はサバイバー250gグリーンゴールドで釣れたそうです。 上の写真の左側は、札幌市南区の 佐藤 募さんが釣った、65cm、5.2kgで、上の写真の右側は、札幌市東区の 四栗 政広さんが釣った 67cm、5.0kg とのことで、船長から画像をいただきました。 (24日分の情報は、すでに掲載済み)

               **********

 サクラマス 5.8kgを頭に好釣果!  日司漁港 北星丸 (杉野船長090−6876−5352)4月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前4時に出港し、午前11時までの釣り。 水無沖の水深約50mで。
 サクラマス
全体で15匹、大きさは5.8kg1匹、4.7kg1匹、4.2kg1匹、2.5kg1匹、2kg1匹、あとは1.5kg前後 棚は、シャクリまでで15m→20m。 5.8kgはグリーン系のアクリル製シャクリで釣れて、4.7kgと4.2kgは深海松で釣れたそうです。 上の写真の、5.8kgを釣ったのは 札幌市の 斉藤 実さんです。すんごい板マスですね!。船長から画像を送っていただきました。

               **********

 サクラマス 5.35kgなど 定数釣り!  余別漁港 光洋丸 (角田船長080−1893−3527)4月22日の釣果(22日記述): 乗船したお客様方から伺いました。 午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 水無沖の水深約40mで。
 サクラマスは全員が
定数釣り、 大きさは5.35kg1匹、4kg台4匹、 3kg〜3.8kgが大半、あとは2kg台。  棚は、シャクリまでで10m→20m。 釣れたシャクリは、アクリル製の水色系など。 上の写真は、札幌市白石区の 行方 義一さんが釣った、大物板マスです。 当店で午後2時頃計測しましたら、尾叉長で 66.5cm、5.35kgでした。見事な板マスですね! サバイバー250gのグリーンゴールドで釣ったそうです。 この魚は午前6時20分に、棚がサバイバーまでで18mで食ったそうです。


 サクラマス 5.35kgを頭に定数釣りも! 日司漁港 安善丸 (斎藤船長090−1527−9777)4月22日の釣果(22日記述): 乗船したお客様から伺いました。 サルワンの水深約50mで。 左の写真は札幌市南区の 中嶋 久雄さんが釣った大物板マスです。 当店で午後2時前に計測しましたら、尾叉長で 64cm、5.35kg ありました。中嶋さんは結構大物釣る人ですよね!。
 サクラマスは1人あたり
6匹、7匹〜定数釣り、大きさは5.35kgが1匹、4kgが1匹、3kg台が大半で、あとは2kg台 棚は、シャクリまでで15m。ほとんどがサバイバー250gのグリーンゴールドで釣れたそうです。 

               **********

  サクラマス 5.1kgを頭に全員定数釣り!  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)4月20日の釣果(20日記述): 乗船したお客様と船長から伺いました。 20日の午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 幌武意前浜の水深40m〜45mで。
サクラマスは 
全員定数、 大きさは5.1kgが1匹、あとは1kg〜4k g多かったのは1.5gk〜2.5kg. 左の写真は、当店で午後3時過ぎに計測しましたら、尾叉長で61.0cm、5.1kgありました。釣ったのは、札幌市厚別区の 三春 昭吾さんです。 マス釣りベテランの三春さんはこの大物を、当店オリジナルの深海松シャクリで釣ったそうです。 棚はシャクリまでで、15m→20m(16m〜17mが多かった)。その他様々なシャクリと、サバイバー250gグリーンゴールドで数釣りをしたそうです。 ホッケも1人あたり40匹〜50匹釣ったそうです。大きさは、30cm〜45cm。

               **********

 板マス 5.1kgを頭に38匹!  日司漁港 北星丸 (杉野船長090−6876−5352)4月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 19日の午前4時に出港し、午前11時までの釣り。 サルワンの水深約40m〜50mで。船長からきょう最大魚の写真を送っていただきました。 板マスよりも玉マスと呼べるぐらいの太さですね。
 サクラマスは全体で
38匹、大きさは5.1kgが1匹(5.15kgぐらい)、4.2kg1匹、3.8kg1匹、3.3kgが2匹、2kg〜2.7kgが約10匹、あとは1kg〜1.8kg 定数釣りをした人あり。 5.1kgは写真の水牛+アワビ貝シャクリで(この、つるの長さはときどき背負うのを承知の上とのこと)。 4.2kgはサバイバー250gのグリーンゴールドで。 3.8kgは緑色のアクリルシャクリで。 3.3kg2匹はサバイバー250gのグリーンゴールドで、釣れたそうです。 棚は、シャクリまでで15m。

               **********

   板マス 連日の5kgオーバー!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)4月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 16日の午前5時10分に出港し、午前11時半までの釣り。 余別前浜の水深40mで。
 サクラマスは全体で
6匹、 大きさは5.1kg、3.7kg、3.4kg、3.1kg、2.8kg、1.2kg。 
 船長から画像を送っていただきました。 上の写真が、帰港してから量って5.1kgの板マスです。 棚が、シャクリまでの深さで20m〜25mだったそうですが、この5.1kgはシャクリまでで30mだったそうです。 この5.1kgは写真にも写ってますが、深海松シャクリで釣れたそうです。 3.7kgがサバイバー250gのグリーンゴールドで釣れて、3.4kgは象牙+白丁貝のシャクリで釣れたそうです。 まだ4月中旬なのに、連日の5kgオーバーはすごいですね!。

               **********

   板マス 5.6kg!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)4月15日の釣果(15日記述): 船長から伺いました。 15日は天気予報が悪かったので、前日のうちに出港を中止にしたそうですが、15日の朝はベタ凪に近かったそうです。お客様1名だけを乗せて15日の午前5時半に出港し、午前9時までの釣り。 余別前浜の水深40mで。船長も釣りをしたそうです。 
 サクラマスは2人で
4匹、 大きさは5.6kg(血抜き後)、2.8kg、1.5kg、1kg。 
 上と左の写真は、飯田船長が釣った5.6kgの板マスです。 船長から画像を送っていただきました。釣ったシャクリも写ってますが、ふちが紫色で、内側はパールホワイトのアクリル板製のものとのことでした。 この大物が釣れた棚は、シャクリまでで28mだったそうです。 飯田船長やりましたね!おめでとうございます!。 まだ、4月15日ですから、これから先は、さらなる大物も期待できますね!。 イルカさえ近くにいなければ、釣れそうですよ。

 

               **********

 サクラマス 定数釣りも、板マス5.3kg↑  日司漁港 北星丸 (杉野船長090−6876−5352)4月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 2日の午前5時に出港し、午前11時半までの釣り。 余別前浜の水深40m〜45mで。
 サクラマスは1人あたり
5匹〜定数、大きさは 5.3kgが1匹、3.2kgが1匹、3kgが1匹、2.7kg〜2.8kgが17匹、あとは1kg〜2kg超。 バケは500g〜600gで、いろいろなもの。 シャクリも様々なもので釣れていたそうですが、5.3kgは深海松シャクリ。上の写真2枚が釣った直後の血抜き前で5.3kgの大物板マスです。午前9時頃に釣れたそうです。 当店で午後1時20分に計測しましたが(血抜き済みで、4時間経過後)、尾叉長で 63.5cm、重さが5.0kg でした。何年ぶりでしょうかこんな大物板マスは!! 申し遅れました、釣り人は札幌市北区の 太田 潔さんです。おめでとうございます!。

               **********

下の写真は↓、アラスカへ遠征したときの写真ではありません、余市です!。 (この魚のせいで、アラスカの雰囲気出ちゃってません?)

 ↑ サクラマス釣り中に、キングサーモン10.5kg!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)3月19日の釣果(2016年3月19日記述): 乗船したお客様からと、船長から伺いました。 午前6時前に出港し、正午前までの釣り。 余別沖と積丹岬無線塔沖の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 7匹、 大きさは 2.3kgと2kgが各1匹、1.5kgが1匹、500g〜1kgが4匹。 ホッケは1人あたりで 30匹〜50匹、大きさは、30cm〜45cm。 シャクリは、黒水牛、鹿角が活躍。良型のサクラマスにショックリーダーを切られたり、やりとり中にバケ尻の針が折れたりして、良型をばらしたそうです。 しかしながら、上の写真のなんと、10.5kg の マスノスケ(キングサーモン)が釣れて、船上どころか積丹中の遊漁船の間で騒然となったそうです。釣り人は、札幌市豊平区の 金野 祐 さんです。金野さんのお話しによると、釣れたのは午前11時頃で、積丹岬無線塔沖の水深46m、棚は針までで40mだったそうです。 積丹でマスノスケのこのサイズが釣れたのは25年以上無いと思います。アラスカやカナダへ行かないで良型を釣るなんて、宝くじの1等当選に匹敵する確率ではないでしょうか?!。 このマスノスケが、選んで食らいついたのは、サバイバー250gモスグリーンオオナゴでした。 それにしても金野さん、よくぞ無事に釣り上げましたね!、お見事でした。おめでとうございます。 

 
     投 げ 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

★ 釣り会成績:小樽市銀鱗会の成績をご覧下さい。

◆ 真ガレイ、砂ガレイ、イシモチ  国縫漁港  11月6日の釣果(6日記述) 釣りの帰りの美国町のお客様から伺いました。 国縫漁港の北防波堤の中程で、夜明けから釣り始め、お昼前まで釣ってきたそうです。 午前8時過ぎまでにポツポツ釣れて、その後は食いが止まったそうです。 このお客様のお一人の釣果は、真ガレイ2枚28cm25cm。 イシモチ2枚38cm30cm。 砂ガレイ23cmが1枚、とのことでした。 

               **********

◆ 黒ガシラ良型!  石狩湾新港  3月13日の釣果(13日記述) 釣りの帰りの積丹町にお住まいの、中村健治様から伺いました。 石狩湾新港 花畔埠頭の階段状護岸で、お友達と4人で釣りを開始したのが、午前5時過ぎとのこと。風が強めだったそうですが、正午まで釣りをしてきたそうです。ぽつりぽつりと黒ガシラと河ガレイが釣れたそうです。午前1時ごろに切り上げたそうですが 黒ガシラは4人で6枚、大きさは上から、46cm、43cm、42cm、40cm、33cm、30cm。 左の写真は、中村さんが釣った 43cmの黒ガシラです(スマホ画像をいただきました)。 河ガレイ4人で6枚で、大きさは25cm〜30cm弱だったそうです。コマセカゴを使ったそうですが、カゴなしの竿でも黒ガシラが釣れたそうです。エサは、生イソメと塩イソメ。コマセカゴにはオキアミ主体の練りエサなど。 約60m〜70m投げていたそうです。 お友達と、時季的にもうそろそろ釣れるかもと行ってみたそうですが、良型が釣れてよかったと、喜んでました。

 

 

     防波堤・港内の釣り  ・このページのトップへ戻る

◆ チ カ   余市港  12月4日の釣果(3日記述): 雨がザーッときそうな曇って暗い日でしたので、少し早めの午後12時半頃に余市港まで行って見てきました。 @ 余市港の南防波堤の基部の港内側で、きょうも6人がチカ釣りをしていました。 昨日同様午前9時前後から釣っていますとのことでしたが、この時点の釣果はチカを1人あたりで 20匹〜40匹、大きさは 10cm〜15cmでした。 A 漁業協同組合市場前よりも製氷工場側に寄ったところで、おひとりが釣っていました。 釣果は1人で、約30匹でした。大きさは 10cm前後でした。 この2ヶ所ともに、スピード仕掛けの2.5号針で、エサはオキアミでした。

◆ チ カ   余市港  12月3日の釣果(3日記述): 少し早めの午後12時半頃に余市港まで行って見てきました。 余市港の南防波堤の基部の港内側で、6人がチカ釣りをしていました。 午前9時前後から釣っていますとのことでしたが、この時点の釣果はチカを1人あたりで 20匹〜30匹、大きさは 10cm〜15cmでした。 スピード餌付けサビキ仕掛けの2.5号〜3号針で、エサはオキアミ。 天気が良い日でしたの、午後3時頃までは釣ります、とのお話でした。

◆ チ カ   余市港  12月2日の釣果(2日記述): 午後2時半頃に余市港まで行って見てきました。 余市港の南防波堤の基部の港内側で、3人がチカ釣りをしていました。 正午前後から釣っていますとのことでしたが、釣果はチカを1人あたりで 40匹〜50匹、大きさは 9cm〜14cmでした。 スピード餌付けサビキ仕掛けの2.5号〜3号針で、エサはオキアミ。

◆ チ カ   余市港  11月30日の釣果(30日記述): 日中は晴れて少し気温が上がりましたので、チカ釣りをしている方達もいるだろうと、午後2時半頃に余市港まで行ってみましたら、釣り人はお二人だけでした。 しかもお二人とも、きょうは釣れない日だね、と帰り支度をするところでした。 釣果を伺いましたら、お二人とも10cm前後のチカを数匹ずつとのこと。 この冬初のまとまった雪が降ったので、海水温が一気に下がって釣れないのでは?と、おっしゃってました。

◆ チ カ   余市港  11月27日の釣果(27日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。  余市港の南防波堤の基部の、港内側で釣ってきた地元の方でした。 正午から釣り始めて午後3時に切り上げてきたそうです。 釣果はチカを1人で 約70匹、大きさは 8cm〜15cmでした。 スピード餌付けサビキ仕掛けの2.5号と3号針を使ったとのことでした。 13cmを超える大きめサイズが25匹ぐらいだったそうです。

◆ チ カ   余市港、余市河口漁港  11月26日の釣果(26日記述): 午後3時頃に余市港と余市河口漁港に行って見てきました。  @余市港では南防波堤の基部の外海側で、お一人だけがチカ釣りをしていました。 正午過ぎから釣っているとのことでしたが、この時点でチカを1人で 約80匹、大きさは 7cm〜15cmでした。 スピード餌付けサビキ仕掛けの2号〜3号針とのことでした。 A余市河口漁港のほぼ真ん中でチカ釣りをしていた方が、こちらもお一人だけでした。午後12時半頃から釣っているとのことで、釣果はチカを 約60匹、大きさは、約7cm〜14cm。 やはりスピード餌付けサビキ3号針を使っていました。

◆ チ カ、小サバ   余市港  11月25日の釣果(25日記述): 午後2時頃に余市港まで行って見てきました。 前日と打って変わって、気温が高めではありましたが、雨が降った時間が長く、釣り人は少なかったです。 南防波堤のガードレールの並び(外海側)で釣っていた方がお一人と、南防波堤の基部の港内側で釣っていた方がお一人の、お二人だけでした。 チカの釣果は1人あたり、20匹と、50匹 でした。大きさは、約7cm〜14cmと様々。 外海側で釣っていた方がチカは20匹でしたが、小サバの15cm〜18cmを5匹釣っていました。スピード餌付けサビキの2.5号〜3号の仕掛けに、エサはオキアミでした。

◆ チ カ   余市港  11月24日の釣果(24日記述): 午後3時頃に余市港まで行って見てきました。  南防波堤のガードレールよりも道路寄りで、4名の方たちが雪かみぞれの降る中で、チカ釣りをしていました。 正午前後から釣っている方達でしたが、この時点でチカを1人あたりで 約50匹〜120匹、大きさは 8cm〜15cmでした。 スピード餌付けサビキ仕掛けの2.5号〜3号針でした。 エサはオキアミ。 

◆ チ カ   余市港  11月23日の釣果(23日記述): 午後2時頃に余市港まで行って見てきました。  南防波堤のガードレールよりも道路寄りで、おひとりだけがチカ釣りをしていました。 正午から釣っている方でしたが、この時点でチカを1人で 約30匹、大きさは 9cm〜15cmでした。 スピード餌付けサビキ仕掛けの3号針でした。 エサはオキアミ。 22日から急に寒くなり、雪も少しだけですが降りましたので、常連のお父さん方が、きょうは釣りを休みにしましたと、お買い物に来店されていました。

◆ チ カ   余市港  11月20日の釣果(20日記述): 午後1時半頃に余市港まで行って見てきました。 南防波堤のガードレールよりも道路側で、3人がチカ釣りをしていました。 正午前後から釣っている方たちでしたが、この時点でチカを1人あたり 30匹〜40匹、大きさは 10cm〜16cmでしたが、10cm〜12cmが多かったです。 スピード餌付けサビキ仕掛けの、2.5号〜3号針でした。 エサはオキアミ。

◆ チ カ、小サバ   余市港  11月18日の釣果(18日記述): 正午過ぎに余市港まで行って見てきました。 南防波堤のガードレールの並びに、20人前後の方たちが釣りをしていました。 この時点でチカを1人あたり 10匹〜50匹、大きさは 10cm〜15cmでしたが、ほとんどが12cm以下でした。 このときの小サバの釣果は、1人あたり 0匹〜3匹で、前日と全く違ってました。小サバの大きさは、15cm〜20cmでした。 ほとんどの方は、オキアミをエサにしたスピード餌付けサビキ仕掛けで釣っていました。

◆ チ カ、小サバ ともに好釣果!  余市港  11月17日の釣果(17日記述): 午後12時半頃に余市港まで行って見てきました。南防波堤の2ヶ所で数名ずつ釣りをしていました。 @(小サバ) ガードレールのある場所の並びの少し道路寄り(外海側)では、6人の方たちが釣りをしていましたが、サバが少し前から少し釣れてきたとのお話しでした、この時点で小サバを1人あたり 3匹〜15匹、大きさは 約15cm〜21cmでした。その後の午後2時40分頃にここで釣っていたうちのお一人がエサと仕掛けを買いに来店されて、あとから小サバの群れが入って来て入れ食いになったそうで、1人で100匹前後を釣った人もいたそうです。 A(チカ) 上の@の場所と背中合わせの場所(港内)では、2人の方がチカを釣っていました。1人は20匹前後で、もうひとりは30匹前後の感じでした。大きさは10cm〜18cmですが、15cmを超える良型が多かったです。 また別の地元のお父さんが、午前8時半頃から釣って、お昼前に切り上げたそうですが、チカをお一人で40匹超を釣ってきた、とのお話でした。

     ルアーフィッシング  ・このページのトップへ戻る

 バーサスU80シェルのカラーチャートです↓。この他にもお客様からのご注文で多くのカラーのものを製作しております。 なお一番下の2ケはディーヴァ90シェルのオオナゴカラーと、ブルーイワシです。

 

 下の写真は、アルミタイプのカラーチャートです↓。 カラーのバリエーションはこの他に多数ございます。

バーサスU80の、シェル/アルミ/ホロ などのカラーオーダーはお早めにお願い致します。 (特に数多く注文されるお客様にお願いします。1月中のご注文でないと、完成が遅くなってしまいます。)

               **************

◆ エギで豆イカ、水イカ(ヤリイカ)  古平港  12月12日の夜の釣果(13日記述): 昨日の夜に釣って来ましたとおっしゃるお客様から伺いました。 遊漁船乗り場横の広い場所で、12日の午後8時に釣り始めて、午後10時頃に切り上げたそうです。 他に釣り人がいなかったそうです。 釣果は1人あたりで、豆イカを 5ハイ、胴長が10cm前後。 水イカ(ヤリイカ)を3バイ、大きさは胴長で 20cmが2ハイと、30cmが1パイ。 エギは、エギスッテの1.7号を使ったそうです。

◆ アメマス良型  積丹町 余別海岸  12月9日の釣果(9日記述): 釣ってきましたとスマホの画像を見せてくださったお客様から伺いました。 余別川河口の右海岸で、午前8時30分頃に釣れたアメマスは、 63cm だったそうです。 写真でみましたが、太くも細くもない中肉なアメマスでした。 海は時化気味だったそうで、バックに写っていた海岸線は波で白かったです。 ルアーは、このお客様が信頼を置いている、マリンギャング140S とのことでした。 

◆ 水イカ(ヤリイカ)数釣り  幌武意漁港  12月2日の釣果(7日記述): 2日に結構釣れましたよとおっしゃる余市町にお住まいのお客様から、6日にお話を伺いました。 釣ったのは2日の午後3時前から午後6時半ごろまで。 幌武意漁港の東防波堤(内防波堤)の先端で。 エギで水イカ(ヤリイカ)を1人で 43バイ、大きさは胴長で 20cm〜30cm超。 少しだけ大きくなったようです、とのこと。このとき、胴長13cmぐらいの大きめの豆イカが2ハイ混じって釣れたそうです。 エギは、2.5号を使ったそうです。 3日の夕方にも行ってみたそうですが、1人で 7ハイだけだったそうです。 4日以降は天気が悪かったので行ってないとのことで、荒れ模様が収まったらまた行ってみます、とのお話でした。 

◆ サケの大物 ↑  長万部川河口  12月2日の釣果(2日記述) 上の写真は、余市町にお住まいの 大友 裕幸さんが釣ってきたサケの大物です。 当店で午後1時20分に計測しましたら、尾叉長で 77.5cm で、重さが 6.1kg(血抜き後)でした。 体高がハンパないですよね! 釣った場所は、長万部川河口の右の長い導流堤で、先端から3番目に入れたそうです(午前4時半頃)。 釣り上げた時間は、午前7時半頃だったそうです。 スプーンがコータックコンデックスキング45gゴールドダイヤで、内側にご自分で白アワビのシールを貼ったものとのこと。 ピンクのタコベイトでエサはソーダガツオの短冊。 午前11時頃まで河口にいたそうですが、この日釣れたのはこのサケを含んで5匹で、遅くなってからメスの大物を1匹釣った人もいたそうです。 今シーズンは全道的にやや小さめのサケが多かったですが、シーズン終盤にこの2倍サイズ級の大物釣れて良かったですね! バラさず、切られず、よく上げましたね! おめでとうございます!!

◆ ジグで小サバ、中サバ  小樽市 高島漁港  11月27日の夜の釣果(29日記述): 昨日の夜に釣って来ましたとおっしゃるお客様から28日に伺いました。 東防波堤の先端で、釣り始めたのが午後6時前、切り上げたのは午後7時30分頃とのこと。 外海に向かってジグを遠投したら、ちょうどサバの群れが来ていたようで、ほぼワンキャストワンヒットと言って良いくらいバイトが頻繁にあったそうです。 キープしたのは30cm前後の中サバを6匹だったそうですが、リリースした20cm弱〜25cm超は40匹近くあったそうです。 キャストしてフォーリング中に中層で食ってきたそうです。 運が良かったですと、喜んでました。

◆ 豆イカ  余市港  11月26日の夜の釣果(27日記述): 昨日の夜に釣って来ましたとおっしゃる方から伺いました。 南防波堤のガードレールのある場所で、午後6時半過ぎに釣り始めて、午後8時に切り上げたそうです。 釣り人が4人いたそうで、釣果は1人あたりで、豆イカを 2ハイ〜4ハイ、胴長が8cm〜10cm。 エギは、1.5号と1.8号を使っていたそうです。

◆ アメマス  島牧村 江ノ島海岸  11月25日の釣果(25日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 早朝から 江ノ島海岸の18番〜赤灯の間を、移動しながら釣ってきたそうです。 赤灯前で、アメマスの約53cmが1匹と、約40cmが1匹釣れたそうです。 ルアーは、アスリート(ミノー)12SSPの赤金と、カタクチカラーで釣ったとのことでした。 島牧村のアメマスダービーがまだ始まっていないせいか、釣り人は3人だけだったそうです。 

◆ 水イカ(ヤリイカ)、豆イカ   余市港  11月8日の夜の釣果(9日記述): 昨日の夜に釣ってみましたとおっしゃる方から伺いました。 南防波堤のガードレールのある場所で、午後7時に始めて、午後9時15分に切り上げたそうです。釣果は1人で、水イカ(ヤリイカ)を2ハイ、胴長が15cm。 豆イカを1パイ、胴長が8cm。 遅い時間帯に結構釣れた日があったことは聞いていたそうですが、寒いので早めに切り上げたそうです。使ったエギは、ナオリーRH1.5Bコノシロカラーと、1.5BSイエロー、とのことでした。

◆ 水イカ(ヤリイカ)   余市港  11月7日の夜の釣果(8日記述): 昨日釣ってきましたとおっしゃるお客様方から伺いました。 @ 余市港の南防波堤のガードレールがある場所で、7日の午後9時頃から午後11時頃まで釣ってきた方が、水イカ(ヤリイカ)を1人で約30パイ釣ったそうです。 大きさは、胴長で約10cm〜13cmと、小さめだったそうです。エギはナオリーRH1.5Sのナチュラルカラーを主体に使ったそうです。 A 余市港の中防波堤の最初の角周辺で、午後9時過ぎから釣り始め、午後11時前に切り上げた方が、水イカ(ヤリイカ)を1人で11パイ釣ったそうです。 大きさは、胴長で約15cm〜18cm。エギはナオリーRH1.8Bのナチュラルカラーを使ったそうです。

◆ アメマス 良型  余市町 浜中海岸  11月4日の釣果(4日記述) 午前10時半頃に来店されたお客様が、携帯画像を見せてくださいまして、興奮気味に情報を教えてくださいました。 ヒラメでも釣れないかなと、当店店舗からほど近い、夏場の浜中海水浴場よりも河口漁港に寄った砂浜で、ジグをキャストしてみたそうです。 午前9時半頃に、アメマスが釣れて、測ってみたら 70cmあったそうです。 携帯画像も見せてくださいましたが、魚体は細めで、降海して間もない感じがしました。 釣れたジグは、名も知れてないような安いものとのこと、カラーはブルピンだったそうです。 思いがけない良型アメマスが釣れて、大変喜んでました。

◆ サケ  古平川河口海岸  11月4日の釣果(4日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 早朝に、プール内で釣っていた人たちの後ろに、サケが1匹置いてあったそうです。ウキルアーの人もウキ釣りの人もいたので、どちらで釣れたのかは、わからなかったそうです。 午前8時30分頃に切り上げてきたそうですが、その1匹以上は釣れなかったそうです。

◆ サケ  古平川河口海岸、美国漁港  11月3日の釣果(3日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 古平川河口海岸では、早朝に、プール内で(左岸側から)ウキルアーで3匹、やはり左岸側の外海でウキルアーで1匹が、釣れたと思いますとのことでした。外海で釣れた魚は中型で銀ピカだったそうです。午前8時頃まで釣ってきた方から伺いました。 A 美国川河口の導流堤の上からウキ釣りで 2匹が釣れたそうです。夜明けから午前10時頃まで釣って帰ってきた方から伺いました。小さめのサケだったとも伺いました。

◆ サケ  古平川河口海岸、美国漁港  10月29日の釣果(29日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 古平川河口海岸では、早朝、2匹か3匹がウキルアーで釣れたと思います、とのお話をお二人のお客さまから別々に伺いました。 強風と雨という悪い天気だったので、釣り人は多いときで10人前後だったそうです。 A 美国漁港内の外防波堤の基部周辺でウキ釣りで釣っていた人たちも、悪い天気でしたので数名だけだったそうで、釣れたのは 1匹だけだったと思いますと、美国在住のお客さまから伺いました。

◆ サケ  古平川河口海岸  10月28日の釣果(28日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 古平川河口海岸の、プール状の場所からの流れ出している辺から外海側にかけてで、午前6時前後に釣れたそうで、短時間だけ釣れて止まったそうで、ウキルアーで 8匹か9匹 が釣れたそうです。川からの濁りがあまりきつくならなければ、日中も釣れるのでは?とのご意見もありました。

◆ サケ  古平川河口海岸  10月22日の釣果(22日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 古平川河口海岸の、プール状の場所からの流れ出している辺で、午前4時頃から釣り始めた方が、午前6時前後に連続釣れたそうで、午前9時頃に切り上げるまでに1人でウキルアーで 7匹を釣ったそうです。周囲を見てなかったそうですが、そばで釣っていた方で1人で 2匹を釣った方がいたそうです。

◆ サケ  古平川河口海岸  10月20日の釣果(20日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 古平川河口海岸の、プール状の場所からの流れ出している辺から外海側で、午前6時頃から釣れ始めて午前7時頃には止まった感じがあったそうです。 この間にウキルアーで 15匹前後は釣れたそうです。 同じ頃にプール状の場所では、全体で4匹か5匹がウキ釣りで釣れたそうです。 そのあと暫くの間はほとんど釣れなかったそうですが、やや釣り人釣り人が少なくなった午前10時頃に、サケの群れが遡上して来たようで、再び止まった午前11時頃までの間に、ほとんどがウキ釣りで、数は20匹前後が釣れたお思います、とのお話もいただきました。

◆ サケ  古平川河口海岸  10月19日の釣果(19日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 古平川河口海岸の、プール状の場所からの流れ出しいる辺を中心に、午前5時半過ぎ頃から釣れ始めたそうですが、午前6時頃で止まってしまったそうです。短時間で止まったので、釣れた数は両側合わせて 10匹前後ぐらいだったそうです。この10匹前後はウキルアーでの釣果とのこと。  その後、6時半頃に、河口左海岸の外海側でウキルアーで釣っていた人達が合わせて 4匹か5匹を釣ったと思います、とのお話でした。

◆ サケ  古平川河口海岸、美国漁港、古宇川河口海岸  10月18日の釣果(18日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 古平川河口海岸は、プール状の場所からの流れ出しいる辺を中心に、夜明け前からウキルアーとウキ釣りの両方で、切れ間もあるそうですが止まってしまうこと無く、ポツポツと釣れたそうです。 なかでも、長い時間粘った人や、良い場所に入れた人達、さらにはウキ釣りのベテランさん達が、1人で複数〜数釣りをしたそうです。 1人で1匹〜2匹を釣った人達の他に、1人で5匹〜10匹を釣ったウキ釣りの方が数名いたそうですから、18日は一日をとうして釣れた数が、ウキ釣りとウキルアー釣りを合わせて50匹は行ったでしょうと、おっしゃってました。 A 美国漁港内でも釣れたそうです。 午前5時前から午前7時ごろまでに、外防波堤の基部周辺では、8匹か9匹が釣れたそうです。これはウキ釣りでの釣果とのことでした。 同じ美国漁港内の製氷工場のある堤防の先でも、1人でウキルアーで2匹を釣ってきた方がいました。 B 神恵内村の古宇川河口海岸では、午前2時過ぎに到着して午前7時前まで釣ってきた方から伺いました。 午前6時前後にあまり間を空けずに全体で 7匹がウキルアーで釣れたそうですが、その後は止まったそうです。釣り人は7人だけだったそうです。 この時、(7匹中の)3匹を1人で釣った人がいたそうです。

◆ サケ  古平川河口海岸  10月16日の釣果(16日記述) 釣りの帰りに寄っていただいたお客様が少なく、これから釣りに行きますと、買い物をされたお客様は多かったです。 その中で、「朝釣れたし、沖に群れがいるから釣りに来たほうが良い。」と、連絡が来たので行ってきます、とおしゃってた方がいました。 また、別のお客さまが、午後2時前に河口右の駐車場に着いて釣りはして来ましたが、混んでいたしあまり釣れてなかったので、午後3時半頃に帰ってきましたとおっしゃるお客様でしたが、外海側でウキ釣りで2匹釣れたのを見ましたが、銀ピカでした、とのこと。 流れ出しの上下でも何匹か釣れてましたが、ブナが強い魚でリリースした人がいたそうです。 「ただ、外海側にサケの群れが来ていたので、16日の夕方か、17日の朝に釣れるかもしれませんよ。」と、おっしゃってました。

◆ サケ  古平川河口海岸、古宇川河口海岸  10月15日の釣果(15日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 古平川河口海岸では、夜明け頃に、河口の左海岸の外海側で、ウキルアーで 2匹が釣れたそうです。 また同じ頃に、駐車場側からウキ釣りで釣っていた人達も釣ったそうで 5匹前後だったと思います、とのことでした。 さらには、午前7時を過ぎてから午前8時過ぎまでの間に、ウキ釣りの方がお一人で連続で釣ったそうで、左岸側の流れ出しで、ウキ釣りで1人で 7匹も釣ったそうです。 A 古宇川河口海岸では、午前6時から午前7時頃までの間に、ウキ釣りとウキルアーで 5匹前後が釣れたと思います、とのことでした。

◆ サケ  古平川河口海岸、 美国  10月14日の釣果(14日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 数名の方達から伺いましたが、数に食い違いがありましたので、少なめの数を記載させていただきました。@ 古平川河口海岸では、夜明け前後から正午前までに、河口流れ出し周辺で、ウキ釣りで 10匹前後 が釣れて、ウキルアーで 5匹前後が釣れたそうです。 河口左岸の外海側では、早朝に、ウキルアーで 8匹前後が釣れたそうです。 A 美国漁港では、製氷工場のある堤防の先で、午前5時半から午前6時頃までの短時間に、ウキルアーで 2匹が釣れて、そのあとは止まったそうです。 B 美国河口海岸の導流堤の上から、ウキ釣りなのかウキルアーなのかわかりませんが、早朝に 5匹か6匹が釣れたそうです。 美国の地元の方が船で沖から釣っていたときに、見えたそうです。

◆ サケ  古平川河口海岸  10月13日の釣果(13日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 古平川河口海岸では、夜明け前後に、河口流れ出し周辺で、ウキ釣りで 2匹 が釣れたそうです。 外海側では、ウキルアーで 2匹が釣れたそうです。 そのあと日が昇ってからも少し釣れたようですが、釣れた数は多くなかったようです。

◆ サケ  古平川河口海岸  10月12日の釣果(12日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 古平川河口海岸では、午前6時前後の短時間に、河口流れ出し周辺で、ほとんどがウキ釣りで 5匹 が釣れたそうです。 外海側では、ウキルアーで 2匹が釣れたそうです。

◆ サケ  古平川河口海岸、美国漁港、余別川河口海岸  10月10日の釣果(10日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 古平川河口海岸では、午前6時前後の短時間に、河口流れ出し周辺で、ほとんどがウキ釣りで 8匹前後 が釣れたそうです。(1匹はウキルアーだったも?、ともおっしゃってました)  A 美国川河口の導流堤の上で、午前6時頃に、ウキ釣りで 2匹 が釣れたそうです。 B 余別川河口海岸でも、午前6時頃に、ウキルアーで2匹(2人が1匹ずつ)釣れたそうです。

◆ サケ 数釣りも! 古平川河口海岸  10月9日の釣果(9日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 午前5時前に、駐車場側から流れ出しのやや上の場所で釣り始め、一度食いが止まったと思われた午前6時過ぎに切り上げてきた古平町のお客様は、ウキ釣りで1人で2匹を釣って来たそうです。 ウキルアーの人も釣ってはいましたが、ウキ釣りの人達が釣り上げる数では上回ったそうです。 対岸側で釣れた数も合わせると、全体でこの約1時間に 30匹くらい釣れたと思います、とのお話でした。 A 午後3時前に釣りの帰りに来店されたお客様は、正午ごろ古平の河口に釣りに入ってそうですが、ウキ釣りで1匹を釣って、午後2時半頃に切り上げてきたそうですが、この方がいた2時間半ほどの間に、全体で 10匹ほど釣れました、とのお話でした。

◆ サケ 数釣りも! 古平川河口海岸  10月8日の釣果(8日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 河口の左岸側の流れ出し周辺で釣っていた人達が、午前4時半頃から午前6時半頃までの間に調子よく釣ったそうです。その中の方で午前8時頃に切り上げてきたお客さまは、1人で7匹をウキ釣りで釣ったそうです。この方の近くでウキルアーで11匹を釣った人がいたそうですし、2匹〜6匹の間での数釣りをした方達が多かったそうですから、左岸側だけで50匹近く釣れたと思います、との情報をいただきました。 A 午前10時前に来店されたお客様は、河口の駐車場側(右岸流れ出し)で釣ってきたそうで、早朝の連続釣れた時間帯に、1人で9匹をウキルアーで釣ったそうです。 駐車場側では 30匹前後は釣れたと思います、との情報をいただきました。 B 午後4時前に来店されたお客様が、日中もポツリポツリと釣れていたので、きょう一日で100匹以上釣れたと思います、とのお話でした。このお客様はウキ釣りで1人で9匹を釣ってきたとのことでした。良型が1匹混じったし、銀ピカも結構釣れていたそうです。

◆ 豆イカ試し釣り  余市港 10月5日の夜の釣果(6日記述): 釣ってきた方から伺いました。 5日の午後7時過ぎから午後8時過ぎまでの、短時間だけ釣ってきたそうです。余市港の南防波堤のガードレールのある場所で。 豆イカの釣果は1人で 5ハイ、大きさは胴長が7cm〜8cm。 予想したよりも大きめでしたとのお話。 エギはナオリーRH1.5Bのオールピンクで釣ったそうです。

               **********

◆ サケ   古平町 2018年 9月9日の釣果(9日記述) 左の写真は、余市町にお住まいの 石崎 海斗 さんが、美国漁港の南防波堤のテトラの上から外海側で、午前6時半過ぎに釣ったサケです。 当店で午前8時15分に計測しましたら、尾叉長で 61.0cmで、2.4kgありました。 新製品の45gの鮭勝のブルピンを使って3投目で釣れたそうです。エサは塩カツオの短冊とのこと。 朝イチは古平川河口に入ったそうですが、釣り人の数がすごくて、すでに釣り場が殆どなかったそうです。古平川河口ではこの日、ウキ釣りの人達が数を釣ったそうで、プールの流れ出し周辺で、午前4時頃から午前6時前までの時間帯だけで20匹前後が釣れたと思います、とのお話もいただきました。 (美国へ行ってみてよかったですね。) 午後3時過ぎに石崎さんが再度来店されて、ウキ釣りの準備をしてから昼前に古平川河口に行ってみたら、流れ出しに入れて、午後1時頃にウキ釣りで、こんどはメスを1匹釣ったそうです。 さらに、別のお客さま方から別々に伺いましたのは、神恵内村の古宇川河口で釣って来ましたが釣れませんでした、という情報です。お一人は8日に釣ってみて、もうお一人は9日に行ってきたとのことでした。

               **********

◆ ヒラメ 良型   長万部町 国縫   7月21日の釣果(21日記述) 左の写真は、小樽市の 本藤 茂さんが、国縫海岸の砂浜で、午前8時前に釣ったヒラメです。 当店で午後12時半過ぎに計測しましたら、58.5cm、2.0kg(血抜き後)でした。 当店のヒラメダービーが始まっておりますが、まだ登録に来てくださった方がおりませんので、こちらからお願いして、今年のヒラメダービー登録魚第一号になっていただきました。(「ありがとうございます。」) 本藤さんが釣ったルアーは、撃投ジグ40gのピンクだったそうです。 また、これが釣れる20分ぐらい前に、本藤さんと同行したご友人が、かなりの大物ヒラメ(70cmオーバー)を寄せて、砂浜にズリ上げる直前にバラしたそうで、同行したご友人がかなり悔しがっていました。

◆ ヒラメ 80cm↑   古平港   6月30日夜の釣果(7月1日記述) 30日の夜、良型ヒラメが釣れましたと、7月1日の午前10時過ぎに来店された、積丹町美国にお住まいの中村健治さんからのお話を伺い、お願いして画像をいただきました。 古平港の2本ある西防波堤(外防波堤に向かって国道側からでている)の内側の堤防、その中程から港内側を釣っていた午後9時半頃にこの良型が釣れたそうです。 釣ってすぐメジャーの横に置いて撮影したのが上の写真の右側です。 80cmあったそうです。 一人でタモ入れに手こずっていたら、近くで釣りをしていたご夫婦の奥さんが、タモ入れをしてくれて、とても助かったと話してました。 中村さんはこの時、5gのジグヘッドに、デスアダーカーリー5”のワームの、色がケイムラクリアホログラムを使っていたそうです。 (80cmはいいですね!羨ましいです。) 中村さんが、自宅で捌き始めてから、プロショップかわぐちのヒラメ・ダービーを思い出したそうですが、そのまま捌いてしまった、と笑ってました。

◆ サクラマス 今季初   古平町 古平川河口海岸  5月22日の釣果(22日記述) 左の写真は、22日の午前4時半頃に、古平川河口の右海岸で釣れたサクラマスです。 釣り人は、白石区の 村上 大輔 さん です。 当店で22日の午前9時40分に計測しましたら、尾叉長で 50.5cm、1.9kg ありました。 ルアーは、プレスベイトカムイ110の赤金とのことでした。 村上さんは当店ダービーに早くからご参加を頂いておりましたが、今シーズンは忙しくて、ほとんど釣りに行けてなかったそうで、きょう釣れたのがとても嬉しかったようです。 他に2人が近くで釣りをしていたそうですが、もうひとりが同じくらいのサイズを1匹釣り上げたそうです。 (22日の早朝は、古平川河口右海岸で2匹です。)  さらに、22日の午前10時半頃になってから、来岸漁港の右の磯で、約50cmのサクラマスを1匹釣った方が、帰りに寄っていただき、情報をいただきました。ルアーは、岡ジグAT−30のホロピンクだったそうです。  ◆ また別のお客様から伺いました。 珊内河口の右海岸で早朝からお昼ごろまで釣ってきたそうですが、2回バラした人がいただけで、22日の午前中は釣れなかったそうです。 ◆ 幌武意漁港の東防波堤(内防)の先端で、早朝から午後2時ごろまで粘ってきたお客様がいました。 回遊するサクラマスが時々近間で見えるので、粘ってしまいましたが、2回バラシがあったそうですが、釣り上げることはできなかったそうです。

◆ サクラマス 3.9kg  岩内町 敷島内海岸  5月15日の釣果(15日記述) 左の写真は、15日の午前4時過ぎ頃、岩内町の敷島内海岸(岩場)で釣れたサクラマスです。 釣り人は、倶知安町の 高橋 竜馬さん です。 当店で15日の午後6時過ぎに計測しましたら、尾叉長で 63.0cm、3.90kg ありました。 ルアーは、ショアラインシャイナーZ140LD-Sのオオナゴカラーとのことでした。 高橋さんは、今年度ダービーの自己記録(4月7日の2.9kg)を、1kgアップで更新しました。 サクラマスダービーの順位更新が半月以上ぶりでした。 4月は良型サクラマスのラッシュでしたが、5月に入ってからは、やや小型が釣れていましたので、このサイズは嬉しいですね!。 ダービー期間もあと一ヶ月です、大物目指して頑張りましょう!。

◆ サクラマス 大物!  神恵内村  5月1日の釣果(1日記述) 左の写真は、当別町の 鈴木 知秋さんが、午前11時過ぎに来店されて、『良型を釣りました』 とのことでしたので、早速計測しましたら、尾叉長で 66.0cm、重さが 4.95kgありました。 釣った時刻は午前5時15分とのことですし、血抜きもしたとのことですから、釣り上げたときは間違いなく5kgを超えていたと思われます。この魚は、いわゆる板マス体型では無く、キングサーモン体型のサクラマスでしたね。 釣った場所は、鈴木さんが6年前の5月26日に超大物を釣り上げた所と同じ、竜神岬。 ルアーも同じだそうで、タイドミノー145Fのサヨリカラーとのことでした。今年は、5月1日にこのサイズが釣れましたので、この先は、さらなる大物が期待できそうです。 皆さん頑張ってください!   その他の5月1日の釣果です:5月1日は、美国で数が釣れました。 小泊海岸で、1人で3匹(52cm、56cm、60cm)を釣った方がいたそうです。 同じ美国内の別の場所で、2匹と釣った方と、3匹を釣った方がいたそうです。

◆ サクラマス ↑  神恵内村  4月27日の釣果(28日記述) 上の写真は、珊内川河口の右海岸で、午前10時頃から午後5時頃釣ってきた札幌市東区の 森田さんとお友達が釣ったサクラマスです。当店で午後6時過ぎに計測しました。 左側は 森田 康祐さん森田が釣った、62.5cm、3.82kg です。ショアラインシャイナーZ120Fのサケ稚魚で釣ったそうです。ご自分の記録を更新して、当店ダービーの第7位に入ってきました。 右側の写真は、森田さんに同行してサクラマス釣り初挑戦だった 札幌市北区の 湯野 健太郎さんです。 湯野さんの魚は、61.5cm、3.65kgありました。 初めてで良型が釣れたので大変喜んでいました。湯野さんはバーティス120Sの赤鮭稚魚で釣ったそうです。 森田さんはこの日、お一人で6匹を釣り上げて、その他にバラシもあったそうです。 風が強く時化気味だったそうですが、近くにイルカの跳ねも見えたそうで、イルカに追われたサクラマスの群れが岸寄りを回遊していたのではないかと、おっしゃってました。

◆ サクラマス 3.82kg  珊内海岸  4月23日の釣果(23日記述)左の写真は、珊内漁港の右側のゴロタ場で、午前5時半頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、小樽市桜の 前 哲睦さんです。 当店で午前11時40分に計測しましたら、尾叉長で 61.0cm、3.82kgありました。 ルアーは、アスリート12SS(ミノー)の以前のカタクチカラーで釣ったそうです。 他に近くで3人が釣っていたそうですが、釣れてなかったそうです。ベタ凪の日だったそうです。  その他の釣果情報では、いずれも釣った御本人から伺いましたが、江ノ島海岸の18番で、午前6時に約50cm1匹、午前7時頃に約60cmを1匹の、合計2匹を釣っていた方がいました。 更に、精進川河口の右海岸で、午前4時半過ぎに1匹釣ってきた方がいまして、袋に入った魚を見ましたら、3kgありそうな感じでした。当店サクラマスダービーの第7位にくい込んできました。

◆ サクラマス 2.7kg  古平川河口海岸  4月22日の釣果(22日記述)左の写真は、古平川河口の右側約200mで、午前5時半頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、札幌市西区の 薄井 博行さんです。 当店で計測しましたら、尾叉長 56.0cmで、2.70kg ありました。 ルアーは、ネッサのミノーで14cmのシンキング、カラーはブルーバックだったそうです。火口周辺は濁っていたので離れて釣ってみたそうです。 伺った限りでは、その他の場所では、22日はあまり釣果が無かったような感じでした。

 

◆ サクラマス 4.55kg  島牧村 第二栄浜漁港  4月14日の釣果(14日記述)左の写真は、第二栄浜漁港の外防波堤の外側の岩場で、午前9時半頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、余市町の 稲沢 武さん です。 当店で午後4時頃に計測しましたら、尾叉長 65.5cmで、4.55kg ありました。 実績ポイントは釣り人で混雑しているので、数年前に、混雑していない場所を探していて、この場所で釣ったことがあり、今回ここに入ったそうです。今年も釣ってますね!。 ルアーは、タイドミノースリム175のカタクチカラーで釣ったそうです。

◆ サクラマス 4.25kg  寿都町 政泊海岸  4月14日の釣果(14日記述)左の写真は、政泊海岸の磯で、午前5時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、小樽市新光の 村山 徳生さん です。 当店で午前11時40分頃に計測しましたら、尾叉長 63.0cmで、4.25kg ありました。 ルアーは、AKジグMari40gの フルピンク。 4kgオーバーのサクラマスを釣ったのは、村山さんは初めてとのことで、大変喜んでました。本当に良かったですね!。 (4kg超はまだの方はがんばりましょう!、今年は大きなチャンスです。)

◆ サクラマス 4.50kg  神恵内村 竜神岬  4月13日の釣果(13日記述)左の写真は、竜神岬の先端の左側で、午後2時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、小樽市桜の 若見 昌三さん です。 当店で午後3時15分頃に計測しましたら、尾叉長 65.0cmで、4.5kg ありました。 ルアーは、自作ジグ35gで、カラーはチャートバックサケ稚魚とのこと。 若見さんは、午前5時前から竜神岬に入り、午前8時までにアメマス、ホッケ、小サクラを釣ったそうですが、その後は午後1時頃まで車内で睡眠をとったそうです。午後1時過ぎから釣りを再開。 午後2時前にサクラマスの跳ねが見えたそうで、その方向へジグを遠投して、3投目にこの大物がヒットしたそうです。これもまた大物をよく上げましたね!。当店サクラマスダービーのトップがまた入れ替わりました。   また、この釣果の他にも、釣りの帰りのお客様方から伺いましたのは、西積丹側の海岸で1人で2匹、東積丹側の海岸で1人で2匹(1匹は4kg超)、早朝に龍神岬で2kg超1匹。

◆ サクラマス 4.30kg  積丹町 幌武意漁港  4月12日の釣果(12日記述)左の写真は、幌武意漁港の東防波堤の中程から外海側で、午後3時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、札幌市手稲区の 熊谷 利正さんです。 当店で午後4時20分頃に計測しましたら、尾叉長 64.0cmで、4.3kgありました。ルアーは、バーサスU80シェルのサケ稚魚カラー。 熊谷さんは毎年のようにバーサスU80サケ稚魚カラーで良型を釣っていますが、御本人は『このルアーだけあれば、この時期の良型サクラマスは大丈夫。』とおっしゃいました。当店サクラマスダービーのトップに出ました!。 熊谷さんはこの日が今シーズン初のサクラマス釣行だったそうです。 この魚を釣る直前に釣ったという、2kg超ぐらいのサクラマスをもう1匹持ってました。 午後2時前から幌武意で釣り始め、次第に波が高くなってきていた中での釣果だったそうです。 この日も撮影時は雨が降っていましたので、玄関の軒下での撮影になりました。

◆ サクラマス 3.60kgで自己記録更新  寿都町 樽岸海岸  4月12日の釣果(12日記述)左の写真は、樽岸海岸の建岩漁港寄りの磯で、午前5時半頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、古平町の 鈴木 篤志さん です。当店で午前10時前に計測しましたら、尾叉長 57.0cmで、3.6kg ありました。背中の盛り上がりが具合は完全板マスですね!。 ルアーは、カブキメタル35gのサケ稚魚カラーだったそうです。 鈴木さんはこの魚で、順位は変わりませんが、自己記録の更新です。鈴木さんは、他に3匹(2.8kg1匹と2kg弱が2匹)釣ってました。合計4匹の釣果でした。 また、他のお客様からの情報ですが、余別川河口海岸で、早朝に2匹。 幌武意漁港外側のゴロタ場で、朝のうちに6匹前後(1匹4kg超えを含む)。

◆ サクラマス 4.70kg↑  神恵内村  4月11日の釣果(12日記述) 左の写真は、神恵内村の海岸で、午前7時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、札幌市中央区の 梅木 直哉さん です。 当店で午後12時半に計測しましたら、尾叉長 64.0cmで、4.70kgもありました。  釣りの帰りにきょう釣ったジグを買うのに来店された際、結構良い型を釣りましたとのお話でしたので、計らせてくださいとお願いしました。 クーラーから取り出した時、入り切らずに湾曲した魚を見た時思わず 『おーーー!』と声をあげていました。 予想を上回る大きさの迫力に驚かされました。 でかい!。 よく上げましたね!。 おめでとうございます。 この大物は、AKジグ Mari40gのグリピンで釣ったそうです。 (計測時は、雨と風の悪天候になってましたので、当店玄関軒下での撮影になりました。)

◆ サクラマス 4.20kg  古平町 沖村海岸  4月10日の釣果(10日記述)左の写真は、沖村海岸の磯場で、午前5時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、仁木町の 堀 新弥さんです。7日に釣った3.35kgを大きく更新しました。 当店で午前8時前に計測しましたら、尾叉長 63.5cmで、4.20kg ありました。 ルアーは、AKジグ Mari 40gのピンクイワシカラーとのこと。当店サクラマスダービーのトップに出ました!。  昨日、幌武意でも釣れてきているとのお話も聞きましたので、東積丹側の広い範囲で最盛期に入った感じです!  これからしばらくの間は、毎日のように、目まぐるしいほど順位の入れ替わることが予想されます。  <その他の情報>ですが、いずれも間接的な未確認情報で恐れ入ります。 島牧村千走海岸(数釣りも)、寿都町浜中海岸、神恵内村、幌武意海岸、などで早朝に少しずつ釣れたそうですが、まもなく風が強くなり切り上げてきた人達が多かったです。

◆ サクラマス 3.35kg  神恵内村町  4月10日の釣果(10日記述) 左の写真は、神恵内村の海岸で、昼過ぎに釣れたサクラマスです。 釣り人は、札幌市東区の森田 康祐さん です。 当店で午後5時過ぎに計測しましたら、尾叉長 57.0cmで、3.35kgありました。 ルアーは、桜舞ジグシェル35gの サケ稚魚カラーとのこと。当店サクラマスダービーの第4位に入ってきました。 森田さんは、この他に、54.0cm2.6kgと、57.0cm2.8kgも釣ってますが、バラシも多かったそうです。

◆ ヤリイカ、豆イカ  余市港  4月9日の夜の釣果(10日記述) 9日の夜に少し釣れましたと、情報をいただきました。 9日の午後8時ごろから午後9時過ぎまで、製氷工場のある堤防の先端で、餌巻きエギで釣ってみたそうです(短時間の釣り)。 釣果は、ヤリイカ3バイ、大きさは胴長で 20cm〜25cm。 豆イカ2ハイ、胴長で13cm前後。 エサは鶏ささみ肉。 ヤリイカはメスイカのサイズだったそうですが、豆イカが大きいので驚いたとのことでした。

◆ サクラマス 釣果情報  島牧村、神恵内村、積丹町  4月9日の釣果(9日記述)釣りの帰りのお客さま方から伺いました。 神恵内村の竜神岬では朝のうちだけ釣りができたそうですが、午前6時頃から波が高くなってしまったそうです。 このお客様が午前5時過ぎに1匹釣ったそうで、秤にのせさせていただきましたら、1.6kgでした。 また、別のお客様から伺いましたら、島牧村江ノ島海岸の整備工場裏周辺で、午前8時前までに 3匹が釣れた話を聞いてきたそうです。 さらに、積丹町にお住まいのお客様から伺いましたが、余別川河口海岸で、早朝に1匹釣った人がいたそうです。 大きさが2.5kgぐらいだったそうです。

◆ サクラマス 4.3kg  余市町 潮見町の海岸  4月9日の釣果(9日記述) 左の写真は、潮見町のゴロタ場で、積丹町美国の 原田研二さん が午後1時半頃に釣ったサクラマスです。 来店された午後3時30分に計測しましたら、尾叉長 61.0cm で、4.3kg でした。 釣ったルアーは、AKジグミノー9cm22gの、ブルーバックとのことでした。 原田さんは当店ダービーには入っていただいてはおりませんが、記念にホームページに出してほしいとのご要望でしたので、掲載いたしました。雨降りでしたので玄関の軒下での撮影になりました。(東積丹にも本格的なサクラマスシーズンが到来したようです。)

◆ サクラマス 3.7kgで自己記録更新  寿都町 浜中海岸  4月8日の釣果(8日記述) 左の写真は、浜中海岸(トイレ前よりも朱太川河口方向によった場所)で、札幌市手稲区の 野村 啓太さん が午前5時頃に釣ったサクラマスです。 当店で午後12時40分に計測しましたら、尾叉長 60.0cm で、3.7kg でした。 野村さんは3月31日に釣った2.9kgの自己記録を更新して、当店サクラマスダービーのトップに出ました。 釣ったルアーは、AKジグミノー37gのパールピンクカラーだったそうです。 野村さん絶好調ですね!寿都一帯は昨日の7日から魚影が非常に濃くなっております。 8日の早朝からお昼すぎ頃までの釣果ですが、樽岸側では約15匹、歌棄(鰊御殿前)海岸では10匹超、中間の浜中海岸でも5匹前後が釣れたとの情報を、数名のお客様から伺いました。

◆ アメマス 65cm   島牧村 千走海岸  4月8日の釣果(8日記述): 左の写真は、8日の午前7時半頃に、千走漁港の左のゴロタ場で釣れたアメマスです。 釣り人は倶知安町の高橋 竜馬さんです。 当店で8日の午後4時40分頃に計測しましたら。 尾叉長で65cm、重さは3.35kgでした。ルアーは、ショアラインシャイナーSL17-Sのサケ稚魚だったそうです。



◆ サクラマス 3.5kg、2.5kg  神恵内村 竜神岬  4月8日の釣果(8日記述)釣りの帰りのお客さまお二人が、サクラマスを計らせてくださいとのことで、午前9時半頃に来店されました。 早速重さだけ計りましたら、3.5kg と 2.5kg ありました。 竜神岬の河口寄りで、午前6時過ぎに仲良く一人一匹ずつ釣れたそうです。 ルアーは、手作りジグミノーの、ピンクサケ稚魚とオオナゴカラーだったそうです。 風が強くなり、波も高くなってきたので、午前8時頃に切り上げてきたそうです。 この二人の他にも2人が左側で釣っていたそうです。  また、別のお客様から伺いましたが、美国の小泊海岸で釣ってきたそうですが、大きくないサクラマスが1匹釣れたのを見たそうです。

◆ アメマス 65cm   島牧村 千走海岸  4月7日の釣果(8日記述): 左の写真は、7日の午前6頃に、千走漁港の左の岩場で釣れたアメマスです。釣り人は札幌市の松島 清人さん。3ヶ月前にやはり島牧でアメマスの大物を釣った方です。 当店に持ってこられたのが8日の午後2時過ぎでした。 すぐ計測しましたら、尾叉長で65cm、重さは3.4kgでした。 いずれにしても(笑い)、当店アメマスダービーのトップに出ました。 ルアーは、ショアラインシャイナーSL17-Fのホログラムタイプのほうのオオナゴカラーとのことでした。


◆ サクラマス 2.9kg  島牧村 千走海岸  4月7日の釣果(8日記述) 左の写真は、千走漁港の左のゴロタ場で、7日の午前5時半頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、倶知安町の 高橋 竜馬さん です。 当店で8日の午後4時40分頃に計測しましたら、尾叉長 58.0cmで、2.90kgありました。 ルアーは、ショアラインシャイナーZ140LD-Sのグリーンバックとのことでした。

 

 

◆ サクラマス 大物出ました!↑  寿都町 浜中海岸風車下  4月7日の釣果(7日記述) 左の写真は、風車下のトイレ前で、午前7時頃に釣れた大物サクラマスです。 釣り人は、札幌市東区の 池田 こづえさん です。当店で正午過ぎに計測しましたら、尾叉長 62.0cmで、4.7kg もありました。(オスの板マス) 血も抜いてありましたし、釣ってから5時間を経過してましたので、おそらく釣った直後は、ほぼ5kgだったのではないでしょうか? 御本人も秤に乗せるまでここまで重いとは思って無く、重さを聞いて驚いてました。 また、池田さんはこの魚の他にサクラマスを4匹、合計5匹を同じ場所で釣ったそうです。(羨ましすぎですよね!) ルアーは、プレスベイトフュージョン90(31g)のRSカラー。 当店のダービーにはご参加いただいて無かったのが残念です。 それからなんと、池田さんから少し離れたところで釣っていた方が、お一人で良型を頭に、やはり5匹を釣り。 池田さんと同行された方が、お一人で 3匹を釣ったそうです。(『なんて日だ!』)

◆ サクラマス 3.35kg  古平町 沢江海岸  4月7日の釣果(7日記述)左の写真は、沢江海岸の砂浜で、午前7時前に釣れたサクラマスです。 釣り人は、仁木町の 堀 新弥さんです。 朝の仕事前に釣って、仕事が終わってから持参してくださいました。 当店で午後5時前に計測しましたら、尾叉長 58.0cmで、3.35 kgありました。 ルアーは、AKジグ Mari 40gのイワシカラーとのこと。この魚の他にも3匹釣っておりましたが、他の3匹は同じ AKジグ Mari 40gのピンクバックで釣ったそうです。 堀さんも1人で4匹ですか。 (『な、なんて日だ!』)   当店ダービーサクラマス部門の第2位に着けました。

◆ ヤリイカ  余市港 南防波堤  4月6日夜の釣果(7日記述): 6日の夜に釣ってきましたとおっしゃる地元のお客様から伺いました。 6日の午後11時頃に余市港に行ってみたら、南防波堤のガードレールの周辺に釣り人がたくさんいて、ヤリイカを狙っていたそうです。 すぐにエギで狙ってみたそうですが、なかなか釣れずに、午前2時頃まで粘ったそうです。釣果はこのお客様がお一人で 2ハイ、大きさは胴長で 40cm前後。 鶏ささみ肉などを使ったエサ釣りの方達は、結構な数を釣っていた方もいたそうです。

◆ サクラマス 3.3kg  積丹町 神崎海岸  4月6日の釣果(6日記述)左の写真は、神崎漁港の右の砂浜で、午前5時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、仁木町の 金澤 正也さん です。 当店で午前8時15分頃に計測しましたら、尾叉長 59.0cmで、3.30 kgありました。 使っていたルアーは、ジグで ルアーズケミストのクレセント30gで、カラーはパープルバック/ピンクとのことでした。4日の朝と5日の朝に、同じ場所で1回ずつバラシていたそうで、3度めの正直でしたね! 当店ダービーサクラマス部門の第2位に着けてきました。

◆ サクラマスもアメマスも  島牧村 江ノ島海岸  4月4日の釣果(5日記述)左の写真は、江ノ島海岸 北国澗で、午前4時頃にアメマスが釣れて、午前7時半頃にサクラマスが釣れました。 釣り人は、札幌市豊平区の 松下 亨さん です。当店で午後4時頃に計測しましたら、アメマスは尾叉長 63.0cmで、3.05kg。 サクラマスは 尾叉長 56.0cmで、2.65kg ありました。 アメマスはサーフスイング147Fピンクヘッドグリッターで、サクラマスはディアンワイド40gのピンクグロースパークルで釣れたと伺いました。 松下さんは当店のダービーに参加していただいてますので、両部門にイッキに登録されます。 やりましたね!

◆ アメマス  岩内町 野束川河口右海岸  4月2日の釣果(2日記述): 左の写真は、小樽市の 五十嵐 努さんが釣った海アメです。 午前8時頃に、岩内町の野束川河口の右側で釣りました。 当店で正午過ぎに計測しましたら、尾叉長で 54.0cm、重さが 1.75kg でした。 ミノーの Masu Meshi 90MDFの赤金で釣ったそうです。 今シーズンは冬の間非常に寒く、天気が荒れ模様の日が多かったので、海アメに関しては良い釣果が、島牧村を除いてほとんどありませんでした。当店ダービーのアメマス部門にまだ登録魚が無く寂しかったとのことで、五十嵐さんが登録に来てくれました。

◆ サクラマス 3.55kg  島牧村 江ノ島海岸  4月1日の釣果(1日記述)左の写真は、江ノ島海岸のレストハウス前よりもトンネル寄りで、午前6時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、古平町の 鈴木 篤志さん です。当店で午前11時頃に計測しましたら、尾叉長 60.0cmで、3.55kgありました。ルアーは、MSP34gのグリーンシルバーで釣ったそうです。 江ノ島海岸に釣り人は多かったそうですが、近くには釣り人はいなくて、赤灯前から18番周辺にかけては多かったそうです。当店ダービーの暫定トップに出ました。

 

◆ サクラマス 2.9kg  寿都町 樽岸海岸  3月31日の釣果(31日記述)左の写真は、樽岸海岸で、札幌市手稲区の 野村 啓太さん が午後12時15分頃に釣ったサクラマスです。 当店で午後1時45分に計測しましたら、尾叉長 59.0cm で、2.9kg でした。エラは全部取ってあり血抜きもしてありましたので、釣った時は3kgはあったと思われます。 釣ったルアーは、ぶっ飛び君95Sの背黒メッキカラーとのこと。ジグミノーと言えるルアーです。野村さんは午前9時頃に樽岸に入ったそうです。その時は他にも釣り人が見えていたそうですが、どんどん帰って行って、釣ったときは近くには誰もいなかったそうです。 ほぼ3kgの良型が釣れましたので、4月からは大いに期待できますね! このサクラマスは当店サクラマスダービーの暫定トップになります。

◆ サクラマス 2.4kg  島牧村 江ノ島海岸  3月25日の釣果(25日記述)左の写真は、泊川河口の右海岸で、午後1時20分頃に釣れたサクラマスです。 当店で午後4時30分頃に計測しましたら、尾叉長 51.5cm で、2.4kg でした。釣り人は、小樽市緑の 荒内 亮さんです。 釣ったルアーは、岡ジグLT−30のホロピンクとのこと。近くに数人釣り人がいたそうですが、他に釣れた人はいなかったと思います、とのことでした。 当店サクラマスダービーの暫定1位です。

 

◆ サクラマス 2.3kg  島牧村 江ノ島海岸  3月25日の釣果(25日記述)左の写真は、生コン裏の泊川寄りで、午前9時半頃に釣れたサクラマスです。 当店で午後2時に計測しましたら、尾叉長 52cm で、2.3kg ありました。 釣り人は小樽市銭函の 長谷川 徹さんです。 釣ったルアーは、長谷川さんのご友人の下山さんが手作りしたシェル貼りジグミノーで、カタクチイワシ系のカラーでした。重さは30gチョイっ感じでした。 この日は早朝から生コン裏に入ったそうですが、朝のうち小さいアメマスが釣れただけでアタリもなかったそうで、千走海岸に一回移動したそうですが、そちらでも釣れずに、また生コン裏に戻ってきたら釣れたそうです。周囲に釣り人は少なかったそうです。当店サクラマスダービーの暫定2位です。

               **********

◆ アメマスダービー第1号!と思いきや・・・   島牧村 コベチャナイ海岸  1月7日の釣果(7日記述): 左の写真は、7日の午後2時頃に来店された、札幌市の松島清人さんが釣ってきた海アメです。 『当店ダービー今季の登録魚第一号は良型だ!』と私達が色めき立ちましたが、ご本人が『エントリー手続きがまだなんです。』とのこと。さらに伺うと、この魚はリリースしようとしたそうですが、ジグを呑み込まれてて、針を外すのに時間がかかり弱ってしまったと、少し複雑な表情でした。計測しましたら、尾叉長で72cm、重さは3.8kgでした。 釣った場所は、中ノ川河口の左海岸。午前10時頃に釣れたそうです。 ジグは、ディアン60gのグリーンシェルとのこと。 このあと、当店ダービーに参加申し込みをしてお帰りになりました (ありがとうございました松島さん、さらなる大物目指して頑張ってください!。)

フライフイッシング  ・このページのトップへ戻る

 

◆ ニジマス  尻別川  8月13日の釣果(14日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、写真付きのクールな釣り便りをお送りいただきましたので、掲載させていただきました。

 以下は、いただきましたコメントを、そのまま引用致しました。 (#5のスイッチロッドでコンディションの良い60cmオーバー! スリリングで楽しすぎる釣りでしたね。)

いつもお世話になっております。
本日、尻別川釣行でした。前回と同じ場所から釣り下りまして、対岸にテトラポットが入ってる大場所で大型魚の気配を感じたので粘り、#8ブラックのマドラーミノーにヒットしました。
フッキング後下流に猛烈に走られ、#5スイッチロッドであった為、ランディングには少々手こずりましたが無事にネットイン! あいにくメジャーを忘れた為、魚のサイズを測れませんでしたが、60cmは超えていました。
その後、小型のニジマスが数匹釣れましたが、昼頃から雨脚が強くなり終了しました。
またチャレンジしたいと思っています。

 (石澤さん、いつもありがとうございます。)

 

◆ ニジマス  尻別川  7月23日の釣果(23日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、写真付きでホットな釣り日誌をお送りいただきましたので、掲載させていただきました。 

石澤さん、いつもありがとうございます!

以下のコメントは、そのまま引用させていただきました。 ↓(今回は短時間の釣りなのに、またまた良い釣りをしたんですね!。)

本日、久々の尻別川釣行でした。
時間がなくて、一時間程しか釣りが出来ませんでしたが、何とか53センチのニジマスが釣れました。
まあまあのサイズでしたが、体高のある良い魚でした。フライは#8のセッジ系のウエットフライです!
この後、一回りデカイニジマスが掛かりましたが、フックが外れてしまいました。次回リベンジします。

 

◆ ブラウン  千歳市  2018年6月26日の釣果(28日記述): 小樽市にお住まいの 石栗 輝さんから 27日に写真付きの釣果情報を初めていただきましたので、石栗さんの了解を得まして、このコーナーでご紹介させていただきました。いい魚を釣りましたね! #5のバンブーでこの魚、さぞ楽しかったでしょうね!! 文面は石栗さんからいただいたそのままを、記載させていただきました。↓

 昨日、今シーズン初の
千歳近郊のスプリングクリークへ行って来ました!
ポイントに着くと、少ないながらも
コカゲロウのハッチがあり、それに
ライズしている魚を見つけました。
ティペットは6x。さっそくドライフライを結び、プレゼンテーションが決まり流していると「ゴポッ」と出ました!最後の最後まで暴れましたが#5のバンブーでいなしネットに収まったのは58cmのブラウンでした!

◆ ニジマス  尻別川  2018年6月9日の釣果(11日記述): 左の写真は、小樽市桃内の 北村 雄さんが9日の午後3時頃に、尻別川の本流(中流域)で釣ったニジマスです。上の写真は釣った直後に、同行したご友人に撮影してもらったものを、北村さんからいただきました。釣った直後に計測しましたら、尾びれの先端までで 67cmあったそうです。 下の写真は、その日の午後7時前に当店で撮影したものですが、その時計測しましたら、尾叉長で63cm、3.5kgでした。どの魚も時間の経過とともに縮みますし軽くなります。このニジマスは体高のある見事な魚でした。使ったフライは、#8フックに巻いた創作ウエットフライとのことでした。

◆ サクラマス  島牧村 江の島海岸  3月4日の釣果(4日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 江ノ島海岸の赤灯前で、午前8時半ごろに、サクラマスの50cm超が1匹釣れたそうです。 フライは、6番フック、オリーブのマラブーだったそうです。

◆ ニジマス  尻別川  9月4日の釣果(5日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、新しい釣り日誌をお送りいただきましたので、掲載させていただきました。 石澤さん、いつもありがとうございます。 以下のコメントは、そのまま引用させていただきました。↓(今回は、ドライフライで数釣りをした上に、ウエットフライでの良型攻略も!。 楽しい一日でしたね!。)

本日、今年二回目の渓流です。また尻別渓流でした。
友人と二人で釣り上がり、友人はビッグドライ中心でその後を私がウェットフライで、ドライでは攻略しにくい白泡に沈めたりと、丹念に釣って行きました!二人で30cm〜40cmの虹鱒を20匹程つりました。
そして友人がプールの底にへばり付いているドライには無関心の魚を見つけ、すかさず私が8番のウェットフライ、アレキサンドラを沈め、数回流しヒットさせた魚が本日の最大魚、54.5センチ!ま〜5 5センチって事にしといて下さい!(笑)
またまた私が釣ってしまいました!
さすがに渓流でこのサイズとなるとランディングに手こずり、100メートル程下られましたが、5番ロッドと3Xティペットが功を奏し、無事に友人のビッグネットでネットインして頂きました。
雪が降る前にもう一度来れればと思っています!
それではまた………

 

◆ ニジマス  尻別川  8月21日の釣果(22日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、新しい釣り日誌をお送りいただきましたので、掲載させていただきました。 石澤さん、いつもありがとうございます。 以下のコメントは、そのまま引用させていただきました。

お世話になっております!
本日、本州から釣友が来まして、地元の仲間といっしょに尻別川支流に虹鱒釣りに行きました!
ドライフライで釣り上がり、最大50センチ、48センチと大きい魚は私が釣ってしまいました! 
天気が良く清々しい渓流でしたが、久々の釣りで疲れました………!
それではまた…………!

(石澤さん、今回は皆さんで行ってきましたか、それは楽しかったですね!  お友達の皆さんも、次回はリベンジしてくださいね。(笑)  ありがとうございます。)

     ウ キ 釣 り  ・このページのトップへ戻る

◆ 水イカ(ヤリイカ)の ウキ釣り  古平港  11月28日の釣果(29日記述) 古平在住のお客様からまたお話を伺いました。  古平港の遊漁船乗り場横で、28日の午前0時(夜中)過ぎから釣り始め、午前5時過ぎに切り上げたそうです。 水イカの釣果はこのお客様1人で 3バイ。大きさは胴長で 約15cm〜20cm。 やはりチカをエサにしたウキ釣りでした。

◆ 水イカ(ヤリイカ)の ウキ釣り  古平港  11月27日の釣果(27日記述) 古平在住のお客様から釣ってきたお話を伺いました。  古平港の遊漁船乗り場横で、27日の午前0時(夜中)頃から釣り始め、夜明け前の午前6時過ぎに切り上げたそうです。 水イカの釣果はこのお客様1人で 5ハイ。大きさは胴長で 約15cm〜20cm。 ご自分で釣ったチカをエサにしたウキ釣りとのことでした。

◆ 水イカ(ヤリイカ)の ウキ釣り  古平港  11月21日の釣果(22日記述) 古平在住のお客様が21日に釣ってきたお話を伺いました。  古平港の遊漁船乗り場横の広いところで、21日の午前0時(夜中)過ぎから釣り始め、夜明け前の午前5時半過ぎに切り上げたそうです。 近くで釣っていた人たち(ほとんど地元の方たち)が数人いたそうですが、水イカの釣果は1人あたり 7ハイ〜20パイ。大きさは胴長で 約15cm〜25cm。 皆さんがご自分で釣ったチカをエサにしたウキ釣りだったそうです。

◆ サケ  古平川河口海岸  11月4日の釣果(4日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 早朝に、プール内で釣っていた人たちの後ろに、サケが1匹置いてあったそうです。ウキルアーの人もウキ釣りの人もいたので、どちらで釣れたのかは、わからなかったそうです。 午前8時30分頃に切り上げてきたそうですが、その1匹以上は釣れなかったそうです。

◆ サケ  古平川河口海岸、美国漁港  11月3日の釣果(3日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 古平川河口海岸では、早朝に、プール内で(左岸側から)ウキルアーで3匹、やはり左岸側の外海でウキルアーで1匹が、釣れたと思いますとのことでした。外海で釣れた魚は中型で銀ピカだったそうです。午前8時頃まで釣ってきた方から伺いました。 A 美国川河口の導流堤の上からウキ釣りで 2匹が釣れたそうです。夜明けから午前10時頃まで釣って帰ってきた方から伺いました。小さめのサケだったとも伺いました。

◆ サケ  古平川河口海岸  10月31日の釣果(31日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 古平川河口海岸に早朝行けずに、午前7時過ぎに付いたお客さまが運良く河口のプール状の場所で 1匹をウキ釣りで釣ったそうです。 夜明け前から釣りに入っていた方から聞いたそうですが、やはりプール状の場所で夜明けにウキ釣りで2匹が釣れたそうです。 午前10時半頃までは、この3匹しか釣れてないとのことでした。 外海側は波が高く、釣りができなかったそうです。

◆ サケ  古平川河口海岸、美国漁港  10月29日の釣果(29日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 古平川河口海岸では、早朝、2匹か3匹がウキルアーで釣れたと思います、とのお話をお二人のお客さまから別々に伺いました。 強風と雨という悪い天気だったので、釣り人は多いときで10人前後だったそうです。 A 美国漁港内の外防波堤の基部周辺でウキ釣りで釣っていた人たちも、悪い天気でしたので数名だけだったそうで、釣れたのは 1匹だけだったと思いますと、美国在住のお客さまから伺いました。

◆ サケ  古平川河口海岸  10月25日の釣果(25日記述) 釣りの帰りのお客さま方から伺いました。 25日の朝は、午前5時半頃から午前6時過ぎくらいの間に釣れて、その後は一旦止まったそうです。夜明け頃の短時間に、河口のプール場の場所の流れ出し周辺で釣れた数は、10匹前後だったそうです。 24日の朝は18匹前後釣れたと、24日に伺いました。

◆ サケ  古平川河口海岸、美国漁港  10月23日の釣果(23日記述) 古平川河口を見てきたお客様方から伺いました。@ 古平川河口海岸の、プール状の場所からの流れ出している辺で日中でもウキ釣りでポツリポツリと釣れていたそうです。  A 美国漁港で早朝から釣ってきた方が、ご自分は釣れなかったそうですが、地元の方らしき人が、午前6時頃に ウキ釣りで1匹釣ったのを見たそうですが、それ以降は釣れなかったそうです。

◆ サケ  美国漁港  10月22日の釣果(22日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 外防波堤基部周辺で、プール状の中と、そこからの流れ出ししで、午前6時前後に、ウキ釣りで3匹が釣れて止まった感じだったそうです。午前中はそれ以上は釣れなかったと思います、とのお話でした。

◆ サケ  古平川河口海岸  10月21日の釣果(21日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 古平川河口海岸の、プール状の中と、そこからの流れ出ししで、早朝に8匹前後が釣れて、その後は正午前後に5匹か6匹が釣れたそうです。

◆ サケ  古平川河口海岸  10月20日の釣果(20日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 古平川河口海岸の、プール状の場所からの流れ出しいる辺から外海側で、午前6時頃から釣れ始めて午前7時頃には止まった感じがあったそうです。 この間にウキルアーで 15匹前後は釣れたそうです。 同じ頃にプール状の場所では、全体で4匹か5匹がウキ釣りで釣れたそうです。 そのあと暫くの間はほとんど釣れなかったそうですが、やや釣り人釣り人が少なくなった午前10時頃に、サケの群れが遡上して来たようで、再び止まった午前11時頃までの間に、ほとんどがウキ釣りで、数は20匹前後が釣れたお思います、とのお話もいただきました。

◆ サケ  古平川河口海岸  10月19日の釣果(19日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 古平川河口海岸の、プール状の場所からの流れ出しいる辺を中心に、午前5時半過ぎ頃から釣れ始めたそうですが、午前6時頃で止まってしまったそうです。短時間で止まったので、釣れた数は両側合わせて 10匹前後ぐらいだったそうです。この10匹前後はウキルアーでの釣果とのこと。  その後、6時半頃に、河口左海岸の外海側でウキルアーで釣っていた人達が合わせて 4匹か5匹を釣ったと思います、とのお話でした。

     渓流の餌釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ ヤマベ釣り  美国川  9月28日の釣果(28日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 美国川の中〜下流域で、午前6時頃から釣り始め、午前9時頃に切り上げてきたそうです。 釣果はヤマベを1人で 30匹超、大きさは 15cm〜19cm。 エサは、ブドウ虫。

◆ ヤマベ、岩魚、アメマス  余市川  9月17日の釣果(17日記述) 釣りの帰りの余市町のお客様から伺いました。 午前10時前に、赤井川の常磐公園のゲートボール場の裏から入釣(余市川の本流ですが)、金橋の下流まで釣り上がったそうです。 釣果は、ヤマベ15cm〜21cmを4匹。 12cm前後の小型は5匹ぐらいリリースしたそうです。 岩魚約20cmを1匹。 アメマス約40cmを1匹。 餌は、そろそろイクラの季節だと思って行ったそうですが、イクラよりもブドウ虫でよく釣れたそうです。

◆ ヤマベ釣り  美国川  8月21日の釣果(21日記述) 釣りの帰りの小樽市のお客様から伺いました。 美国川の下流域で、午前6時半頃から釣り始め、約2時間後の午前8時半頃に切り上げてきたそうです。 釣果はヤマベを1人で 20匹超、大きさは 13cm〜16cm。 エサは、ご自分で取ったイタドリ虫、とのことでした。天気予報で午後から雨が降る、その前の釣行でしたが、水量が多かったそうです。

     その他の釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ 8月16日。 多くの鮎釣り愛好家にとって、道内ばかりでなく本州から遠征で釣りにくる鮎釣り師の方たちも、頼みの綱だった黒松内町の朱太川の釣果が芳しく無かったのは、とても残念なことです。 道内の数河川においては、6月の涼しすぎる天気の悪影響の後には、7月中旬からの暑さと水の少なさがあり、中盤に望みをかけるも、降り始めたら止まらない雨による増水の後にやってきたのは低温。 お盆の頃に気温が下がり始めるのは、北海道では珍しくないこではありますが、もともと多くない鮎が錆びて下ってしまわないでくれ、との心配も毎年のことではあります。 希望を持ちたいのは、8月後半から9月上旬の間に、台風の直接間接の被害が無く、残暑的なものが続いてくれることです。 このラスト・チャンスに賭けたい! もう少しだけ希望をください。

◆ 7月15日記述。 なかなかお陽様の顔が見られない上に、低温と雨のために苔の成長が良くないのか、道南方面の河川も朱太川も、残念ながらあまり釣れてない情報が入っております。 このあとの天気次第だと思います。 夏らしい天気が早く来てほしいものです。