船釣り   投げ釣り  防波堤・港内の釣り  ルアーフィッシング
フライフィッシング ウキ釣り 渓流の餌釣り その他の釣り
    余市市場水揚げ概況  ・このページのトップへ戻る

7月27日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真イカ搬出中で10箱しか見えませんでしたが+α?、

 ヒラメ40〜50cm16枚、真ゾイ30cm1匹、

 ヘラガニ甲羅幅8〜12cm850パイ。

7月25日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真イカ20〜30入り60箱、ヒラメ38〜50cm50枚、

 ブリ・ワラサ・イナダ2〜5kg300本、

 黒ガシラ30〜35cm10枚、ヘラガニ約700パイ。

7月24日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ブリ沖から運搬中(全部で約2トン程の量では?)、

 真イカ20入り11箱/25入り31箱/30入り24箱、

 ヒラメ38〜55cm44枚、宗八20〜30cm30枚、

 黒ガシラ30〜40cm7枚、鮟鱇40〜50cm21匹、

 ヘラガニ甲羅幅8〜11cmが約1,000バイ。

船 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る
岩内港・その他 川白・神恵内 余別・日司
古平・美国・幌武意 余市町 小樽市など

 真ゾイ  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398−2147)月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 27日の午前5時半に出港し、午前11時半までの釣り。 サルワンの水深約40m〜50mで。  真ゾイは全員が1人あたりで30匹超、大きさは 30cm〜48cm。 胴突仕掛は、素針を使った物や、白フラッシャー付きの針を使った様々なタイプのもの。エサは、オオナゴ、イカ。

 ブリのナイトジギング 順調  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月26日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 26日の午後6時半に出港し、午前0時までの釣り。 水無し沖の水深約45mで。 ブリの数は全体で 44本、 大きさは、3kg〜6kgですが、kg〜kgが多かった。 ジグは、ドラッカーハイブリッドタイプX(5)420gの赤金が良く釣れたそうです

 ブリのナイトジギング 好釣果  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月26日夜の釣果(27記述) : 船長から伺いました。 26日の午後7時に出港し、午前1時までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約50mで。 ブリの数は全体で 74本、 大きさは、kg〜kg。 ジグは、様々な物を使っていたそうですが、ジグの色は、赤金と黒金で良く釣れていたそうです。

 ヤナギ数釣り真ダラ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月27日の釣果(27記述) : 船長から伺いました。 27日の午前7時に出港し、午後1時までの釣り。 神威岬沖の水深約150mで。 ヤナギノマイは1人あたりで40匹〜67、大きさは cm〜3cm 真ダラは1人あたりで3本〜6本、大きさは 50cm〜90cm。 ホッケは1人あたりで6匹〜20、大きさは 30cm〜40cm 仕掛は、白フラッシャーやピンクフラッシャーが付いた針を使った様々なタイプの胴突仕掛。 エサは、イカ、赤イカ、サンマ。 

 真イカ  215ハイも  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970月26日夜の釣果(27記述): 船長から伺いました。 26日の午後5時半に出港して、午後12時40分までの釣り。 美国沖の水深約300mから流して約450mまで。数は1人あたりで80パイ〜215ハイ、大きさは、20パイ入りサイズ〜30パイ入りサイズ25ハイ入りと30パイ入りサイズが多め。 棚は、10m〜50mとバラついた。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛が良く釣れたそうですが、さかな針14cmでも釣れていたそうです。

 真イカ 好釣果  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月26日夜の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 26日の午後6時に出港して、午前1時までの釣り。 幌武意沖の水深約160mから船を流した。 真イカを1人あたりで 70パイ〜150パイ、大きさは、20パイ入り30パイ入りサイズ。25ハイ入りと30パイ入りが多かった。  棚は、60m→50m。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛が優勢。さかな針14cmでも釣れていた。 

               **********

 ブリのナイトジギング 好釣果  余別漁港 和光丸 (能代谷船長0135−46−5402)月25日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 25日の午後7時半過ぎに出港し、午前1時までの釣り。 水無し沖の水深約45mで。 ブリの数は全体で 100本超、 大きさは、3kg〜6kgですが、kg〜kgが大半。 ジグは、色々な物の赤金の色で釣れていたそうです。ピンクでも少し釣れたそうです。

 ブリのナイトジギング 好釣果  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月25日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 25日の午後6時半に出港し、午前0時までの釣り。 水無し沖の水深約50mで。 ブリの数は全体で 91本、 大きさは、3kg〜6kgですが、kg〜kgが大半。 ジグは、ドラッカーハイブリッドタイプY(6)420gの赤金が良く釣れたそうです

 真イカ   日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月25日夜の釣果(27記述): 船長から伺いました。 25日の午後6時に出港して、午前0時過ぎまでの釣り。 積丹岬沖の水深約260mで。 真イカを1人あたりで30パイ〜0パイ、大きさは、20パイ入りサイズ〜40パイ入りサイズ 30パイ入り〜40パイ入りサイズが多かった。 棚は、50m→40m。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛が良かったそうです。ブリの群れの来襲で釣れていたのが中断した。

 真イカ   幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970月25日夜の釣果(27記述): 船長から伺いました。 25日の午後6時に出港して、午前0時半までの釣り。 美国沖の水深約350mから流して約700mまで。  真イカを1人あたりで50パイ〜100パイ、大きさは、20パイ入りサイズ〜40パイ入りサイズ30パイ入りサイズが多め。 棚は、20m〜60mとバラついた。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛が釣れたそうです。ブリの群れの来襲で釣れていたのが中断した。

 真イカ   美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月25日夜の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 25日の午後6時に出港して、午前1時までの釣り。 幌武意沖の水深約170mから船を流した。 真イカを1人あたりで 30パイ〜80パイ、大きさは、20パイ入り40パイ入りサイズ。30パイ入りが多かった。  棚は、60m→50m。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛が優勢。さかな針14cmでも釣れていた。 ブリの群れの来襲で釣れていたのが中断した。

 真イカ 110パイも!  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月25日の夜の釣果27日記述): 船長から伺いました。 25日の午後5時に出港して、午前0時半までの釣り。 古平沖の水深約113mで。 真イカを1人あたりで0パイ〜10パイ、大きさは、20パイ入り〜30パイ入り20パイ入りと25ハイ入りサイズが多かった。 棚は、40m〜50m。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛で釣っていたそうです。

 真イカ   古平港 昇龍丸 (依田船長0135−42−3578)月25日の夜の釣果27記述): 船長から伺いました。 25日の午後5時に出港して、午前0時までの釣り。 古平沖の水深約120m〜130mで。 真イカを1人あたりで30パイ〜60パイ、大きさは、20パイ〜30パイ入りですが、20パイ〜25ハイ入りサイズの方が多かった 棚は、50m前後。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛を使ってた。 ブリの群れの来襲で釣れていたのが中断した。

               **********

◆7月25日。 24日の夜のイカ釣りと、25日の朝からの釣りは、風が強かったこともあり、出港した船は少なかったです。 25日は、当店が非常に忙しい日でしたので、船長さん方に電話をかけるタイミングを失いました。大変すみません。 25日の夜は、イカ釣り、ブリの夜釣り、ともに数艘ずつ出港するとの事で、乗船するお客様方から伺いました。

               **********

 ブリのナイトジギング 連日数釣り  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月23日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 23日の午後6時半に出港し、午前1時半までの釣り。 余別前浜の水深約50mで。 ブリの数は全体で 約100、 大きさは、7kg〜8が4本、あとは3kg〜6kgですが、5kg〜6kgが大半で、3kg〜4kgは約20本。 ジグは、赤金の色の様々なジグで釣れていたそうです

 真イカ 釣れました!  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月23日夜の釣果(24記述): 船長から伺いました。 23日の午後6時に出港して、午前0時過ぎまでの釣り。 積丹岬沖の水深約180mで。 真イカを1人あたりで80パイ〜20パイ、大きさは、20パイ入りサイズ〜40パイ入りサイズ 30パイ入りサイズが多かった。 棚は、45m→40m。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛がこの日も良かったそうです。

 真イカ 230パイった人も  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970月23日夜の釣果(24記述): 船長から伺いました。 23日の午後5時に出港して、午前0時までの釣り。 幌武意沖の水深約250mから流して約800mまで。  真イカを1人あたりで60パイ〜230パイ、大きさは、20パイ入りサイズ40パイ入りサイズ30パイ入りサイズが多かった。 棚は、50m前後。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛が釣れていたそうです。

 真イカ 釣れました!  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月23日夜の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 23日の午後6時に出港して、午前1時までの釣り。 幌武意沖の水深約170mから船を流した。 真イカを1人あたりで 40パイ〜100パイ超、大きさは、20パイ入り40パイ入りサイズ。30パイ入りが多かった。  棚は、60m→50m。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛が優勢。 早い時間帯があまり釣れなかったそうですが、午後10時を過ぎてから釣れだしたそうです。

 真イカ 釣れました!  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月23日の夜の釣果24日記述): 船長から伺いました。 23日の午後5時に出港して、午前0時半までの釣り。 美国沖の水深約600mから船を流した。 真イカを1人あたりで50パイ〜100パイ、大きさは、20パイ入り〜40パイ入り30パイ入りサイズが多かった。 棚は、50m→40m。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛で釣っていたそうです。

 真イカ 釣れました!  古平港 宝進丸 (依田船長0135−42−3578)月23日の夜の釣果24記述): 船長から伺いました。 23日の午後5時に出港して、午前1時までの釣り。 美国沖の水深約480mから船を流した。 真イカを1人あたりで60パイ〜100パイ、大きさは、25ハイ〜40パイ入りですが、30パイ〜40パイ入りサイズの方が多かった 棚は、50m→30m。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛を使ってた人達が多かったが、長へら針で釣ってみた人もいた。

               **********

 真ダラ、ヤナギ  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398−2147)月22日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 22日の午前5時半に出港し、正午までの釣り。 カムチャッカ根の水深約150m〜160mで。  真ダラは1人あたりで本前後、大きさは 0cm〜80cm。70cm前後が大半。 ヤナギノマイは1人あたりで20匹前後、大きさは 25cm〜3cm。タラシャクリを使わず胴突仕掛だけ使用。 胴突仕掛は、赤毛針を使った物や、白フラッシャー付きの針を使った、様々なタイプのもの。エサは、赤イカ。

 ブリのナイトジギング 好釣果  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398−2147)月22日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 22日の午後6時に出港し、数が釣れたので午後10時前に早上がり。 水無し沖の水深約50mで。 ブリの数は1人あたりで 10本〜19、 大きさは、約6kgが2本、あとは3kg〜kg 暗くなる前にはデイジギング用の軽いジグのグリーン系が良かったそうですが、暮れてからは400g以上の赤金のジグが優勢だったそうです。

 ブリのナイトジギング 数釣り  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月22日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 22日の午後7時に出港し、数が釣れたので午後10時30分に早上がり。 サルワンの水深約50mで。 ブリの数は全体で 13、 大きさは、7kgが数、あとは3kg〜6kgですが、5kg前後が大半。 ジグは、ドラッカーハイブリッド・タイプX420g赤金を使っていた人達が多く、ほとんどがドラッカーハイブリッド・タイプX420g赤金で釣れたそうです。

 ブリのナイトジギング 数釣り  余別漁港 金比羅丸 (吉田船長090−6698−1351)月22日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 22日の午後9時に出港し、午前0時までの釣り。 水無し沖の水深約42mで。 ブリの数は全体で 104本、 大きさは、3kg〜6kgですが、4kg〜5kgが大半。 ジグは、いろいろなもので釣れたそうです。ドラッカーハイブリッド・タイプX。サブマリン、ジョーカーなど。 ジグの色は、赤金、オレンジなど。

 ブリのナイトジギング 数釣り  余別漁港 和光丸 (能代谷船長0135−46−5402)月22日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 22日の午後6時半に出港し、午後11時までの釣り。 水無し沖の水深約46mで。 ブリの数は全体で 約80本、 大きさは、3kg〜kg超ですが、4kg〜5kgが大半。 ジグは、いろいろなもので釣れたそうです。ジグの色は、赤金、ピンクなど。

 真イカ 釣れました!  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月22日夜の釣果(18記述): 船長から伺いました。 22日の午後6時に出港して、午前0時半までの釣り。 積丹岬沖の水深約130mで。 真イカを1人あたりで100パイ〜150パイ、大きさは、20パイ入りサイズ〜40パイ入りサイズ 25ハイ入りと30パイ入りサイズが多かった。 棚は、60m→50m。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛が優勢だったそうです。

 ブリのナイトジギング 数釣り  日司漁港 ひろみ丸 (横山船長=遊漁船ではありません)月22日の夜の釣果(2日記述): 船長のご友人から伺いました。 22日の午後7時に4人で出港し、数が釣れたので午後10時前に切り上げた(短時間の釣り)。 神威岬沖の水深約42mで。 ブリの数は4人で 41本、 大きさは、6kgが3本、あとは4kg〜5kg。 ジグは、ドラゴンショート420gの赤/オレンジで連発したので、他の方達もドラゴンショートに替えて釣ったそうです。

 真イカ 釣れました!  日司漁港 北星丸 (杉野船長090−6876−5352)月22日夜の釣果(23記述): 船長から伺いました。 22日の午後5時に出港して、午前0時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約200mで。 真イカを1人あたりで60パイ〜20パイ、大きさは、20パイ入りサイズ〜30パイ入りサイズ 電動リールを使った竿釣りの人達が多く、仕掛けを深くまで下げたので棚は浅くならず、100m前後。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛が優勢だったそうです。スッテ針にも良く釣れてきていたそうです。

 真イカ 釣れました!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970月22日夜の釣果(23記述): 船長から伺いました。 22日の午後5時に出港して、午前0時半までの釣り。 幌武意沖の水深約600mから流した。 真イカを1人あたりで50パイ〜0パイ、大きさは、20パイ入りサイズ〜30パイ入りサイズ 棚は、50m→30m(50mよりも深く下げないようにお客様方にお願いしたそうです)。 イカ針は、6号と7号のキラキラおっぱい針の仕掛で釣っていたそうです。

 真ダラ、ヤナギ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 23日の午前6時に出港し、午前11時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深約150m〜160mで。  真ダラは全体で約90本、大きさは 60cm〜90cm。70cm〜80cmが多かった。  ヤナギノマイは1人あたりで5匹〜10、大きさは 28cm〜3cm ヤナギノマイ用にお客様方が持ってきた仕掛けが合わなかったそうです。 タラシャクリは、250号のステンレス製と銅パイプ製。カムイ750g〜1000gの赤金。 シャクリ針にはピンク色のタコベイトやヤリイカベイトを付けて。 

 真イカ  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月22日夜の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 22日の午後6時に出港して、午前1時までの釣り。 幌武意沖の水深約120mで。 真イカを1人あたりで 20パイ〜80パイ、大きさは、20パイ入り30パイ入りサイズ。  棚は、40m〜50m。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛を使っていた人がほとんどだったそうです。 

 真イカ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月22日の夜の釣果23日記述): 船長から伺いました。 22日の午後4時半に出港して、午前1時までの釣り。 美国沖の水深約600m前後で。 真イカを1人あたりで40パイ〜0パイ、大きさは、20パイ入り〜40パイ入り30パイ入りサイズが多かった。 棚は、50m前後→40m前後。 イカ針は、7号のキラキラおっぱい針の仕掛で釣れていたそうです。

 真ダラ、ホッケ、ヤナギ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 23日の午前5時半に出港し、午後12時半までの釣り。 古平沖の水深約120m〜140mで。 真ダラは全体で 約30本、大きさは 60cm〜90cm70cm以下のタラが大半。 ホッケは1人あたりで 5匹〜6匹、大きさは、30cm〜40cm ヤナギノマイは1人あたりで2匹〜3、大きさは 25cm〜3cm タラシャクリの250号(ステンレスパイプ製や銅パイプ製で)、シャクリ針にはピンク色のヤリイカベイトやタコベイトを付けて。白やピンクのフラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは赤イカ。

               **********

 ブリ デイジギング 好釣果  来岸漁港 MARI U(小山船長090−8709−9285)月22日の釣果(22日記述): 乗船したお客様から釣りの帰りに伺いました。 22日の午前7時に出港して、午後1時での釣り。 余別沖の水深60m〜80mで。 お客様は3名乗船。 ブリの釣果はキープした数が1人あたりで、 20本超、9本、5本(初挑戦)。 大きさは4kg〜6kg超。 ジグは180g〜200gで、色々なもの。 中層から底までの間で、ほとんどがヒットしたそうです。 3kg前後の魚はリリースしたそうですが、リリースした数は3人で20匹ぐらいあったのでは?とのお話しでした。 

 ブリ デイジギング ヒラメも  豊浜沖(余市町) ゴムボート月22日の釣果(22日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 早朝からゴムボートで、ローソク岩の周辺で釣ってきたそうです。 イナダ3kg〜4kgを3匹。 ヒラメ60cm前後を2枚

 真ダラ、ヤナギ ともに好釣果  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970月22日の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 22日の午前8時に出港し、午後1時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深約150m〜160mで。  真ダラは全体で約90本、大きさは 50cm〜90cm。  ヤナギノマイは1人あたりで10匹〜30、大きさは 30cm〜3cm タラシャクリは、250号のステンレス製と銅パイプ製。シャクリ針にはピンク色のタコベイトやヤリイカベイトを付けて。 胴突仕掛は、白フラッシャーが付いた針を使った様々なタイプ。 エサは赤イカ。 

               **********

◆ 7月20日〜21日は、南〜西方向からの風が強く、沖は荒れ模様でした。 出港した遊漁船は1、2艘だけだったと思われます。 22日の土曜日は出港できそうだとおっしゃる船長さんが数名いました。

 ブリ デイジギング  美国漁港 仁成丸(佐藤船長090−8899−1693)月19日の釣果(19日記述): 乗船して釣ってきたお客様から伺いました。時間が無く、詳しくは伺えませんでしたが、この日は食いが割と良い日だったとの事で、全体で 44本。 大きさは4kg〜6kg超とのことでした。

 真ダラ、ホッケ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 19日の午前5時半に出港し、午後12時半までの釣り。 古平沖の水深約140mで。 真ダラは1人あたりで3本〜6本、大きさは 60cm〜0cm ホッケは1人あたりで匹〜3匹、大きさは、cm〜40cm  タラシャクリの250号(ステンレスパイプ製や銅パイプ製で)、シャクリ針にはピンク色のヤリイカベイトやタコベイトを付けて。食いが悪い日だったそうです。

 真イカ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月18日の夜の釣果19日記述): 船長から伺いました。 18日の午後5時に出港して、午前1時までの釣り。 美国と幌武意の間の水深約350m〜400mで。 真イカを1人あたりで20パイ〜0パイ、大きさは、25ハイ入り〜40パイ入り 棚は、50m前後→30m前後。 イカ針は、6号と7号のキラキラおっぱい針の仕掛で釣れたそうです。

               **********

 真イカ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月17日夜の釣果(18記述): 船長から伺いました。 17日の午後6時に出港して、午前0時半までの釣り。 神威岬沖の水深約160mで。 真イカを1人あたりで30パイ〜80パイ、大きさは、20パイ入りサイズ〜40パイ入りサイズ 25ハイ入りと30パイ入りサイズが多かった。 棚は、40m→35m。 イカ針は、6号キラキラおっぱい針と、さかn針14cmの仕掛けでも釣れていたそうですが、7号のキラキラおっぱい針の仕掛が優勢だったそうです。  ブリの群れの襲来によって釣れなくなる中断が、何度もあったそうです。

 真イカ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970月17日の夜の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 17日の午後5時に出港して、午前0時までの釣り。 幌武意沖の水深約300mから流して約800mまで。 真イカを1人あたりで20パイ〜0パイ、大きさは、20パイ入り〜40パイ入りサイズ(25ハイ入りと30パイ入りが多かった) 棚は、40m〜50m。 イカ針は、6号と7号のキラキラおっぱい針の仕掛けで良く釣れたそうです。ウネリが大きく、船酔いしてしまった方がいたそうです。

 真ダラ、ヤナギ ともに数釣り  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970月18日の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 18日の午前6時に出港し、午前11時半までの釣り。 幌武意沖の水深約120m〜165mで。  真ダラは全体で約140本、大きさは 1m10cm1本、1mが1本、あとは50cm〜80cmですが、60cm前後が多かった。  ヤナギノマイは1人あたりで20匹〜60、大きさは cm〜3cm タラシャクリは、250号のステンレス製と銅パイプ製。シャクリ針にはピンク色のタコベイトやヤリイカベイトを付けて。 胴突仕掛は、白フラッシャーが付いた針を使った様々なタイプ。 エサは赤イカ。 

 真イカ  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月17日夜の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 17日の午後5時半に出港して、午前0時までの釣り。 幌武意沖の水深約150mで。 真イカを1人あたりで 15ハイ〜50パイ、大きさは、20パイ入り30パイ入りサイズ(30パイ入りが多かった)。  棚は、40m〜50m。 イカ針は、6号と7号のキラキラおっぱい針の仕掛を使っていた人が多かったそうですが、さかな針14cmの仕掛けでも釣れていたそうです。 

               **********

 ブリ デイジギング シイラも  来岸漁港 MARI U(小山船長090−8709−9285)月17日の釣果(17日記述): 船長から伺いました。 17日の午前5時に出港して、午後11時半までの釣り。 神威岬沖の水深60m〜75mで。 この日お客様は2名乗船。 ブリの釣果は2人ともに 10本越え。 大きさは4kg〜6kg。 ジグは180g〜200gで、マリVR190gや、マリV200gなど。 カラーは、シルバーやグリーンゴールドなど。 ほかに、シイラが3本、大きさが3kg〜5kg。また、ブリもシイラもトップでも釣れているそうですから、フローティングのプラグも持参すれば楽しいと思います。

 真イカ 釣れました!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970月16日の夜の釣果(17日記述): 船長から伺いました。 16日の午後5時に出港して、午後11時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深約150m〜220mで。 真イカを1人あたりで40パイ〜120パイ、大きさは、20パイ入り〜30パイ入りサイズ(30パイ入りが多かった) 棚は、40m〜50m。 イカ針は、6号と7号のキラキラおっぱい針の仕掛けで釣っていたそうです。

 真ダラ、ヤナギ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970月17日の釣果(17日記述): 船長から伺いました。 17日の午前6時に出港し、正午までの釣り。 積丹岬無線塔沖と、カムチャッカ根の水深約140m〜150mで。  真ダラは全体で約50本、大きさは 50cm〜1mですが、60cm〜70cmが多い。 ヤナギノマイは1人あたりで10匹〜25、大きさは 28cm〜3cm タラシャクリは、250号のステンレス製と銅パイプ製。シャクリ針にはピンク色のタコベイトやヤリイカベイトを付けて。胴突仕掛は、白フラッシャーが付いた針を使った様々はタイプ。 エサは赤イカ。 

 真イカ 釣れました!  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月16日夜の釣果(17日記述): 船長から伺いました。 16日の午後5時に出港して、午前0時半までの釣り。 マッカ沖の水深約100mから流して、約400mまで。 真イカを1人あたりで40パイ〜100パイ超、大きさは、20パイ入り30パイ入りサイズ(30パイ入りが多かった)。  棚は、50m〜60m。 イカ針は、6号と7号のキラキラおっぱい針の仕掛を使っていたそうです。 

               **********

 真ダラ、ヤナギ、ホッケ  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398−2147)月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 16日の午前6時に出港し、正午までの釣り。 カムチャッカ根の水深約140m〜155mで。  真ダラは1人あたりで5本〜13本、大きさは 70cm〜80cm。 ヤナギノマイは1人あたりで20匹〜30、大きさは 25cm〜3cmホッケは1人あたりで2匹〜5匹、大きさは 30cm〜40cm タラシャクリは、250号のステンレス製と銅パイプ製。シャクリ針にはピンク色のタコベイトやヤリイカベイトを付けて。 胴突仕掛は、白フラッシャー付きの針を使った、様々なタイプのもの。エサは、赤イカ。

 真ダラ、ヤナギ、ホッケ  余別漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 16日の午前5時に出港し、午前9時半沖上がり。 カムチャッカ根の水深約180mで。  真ダラは1人あたりで5本〜13本、大きさは 0cm〜65cm。 ヤナギノマイは1人あたりで約30匹〜40匹、大きさは 25cm〜3cm ホッケは1人あたりで約40匹〜50匹、大きさは 30cm〜40cm 胴突仕掛は、白やピンクのフラッシャーが付いた針を使った、様々なタイプのもの。エサは、イカと赤イカ。

 真イカ  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月15日夜の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 15日の午後5時半に出港して、午前0時までの釣り。 幌武意沖の水深約200mから流した。 真イカを1人あたりで20パイ〜70パイ、大きさは、20パイ入り30パイ入りサイズ(30パイ入りが多かった)。  棚は、50m前後→40m前後。 イカ針は、6号と7号のキラキラおっぱい針の仕掛を使っていた人達が多かったそうですが、長へら針の仕掛けで釣っていた人もいたそうです。 

 ヒラメ  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。  16日の午前5時に出港し、正午までの釣り。 美国沖の水深40m〜50mで。 ヒラメは全体で6枚、 大きさは、60cmが1枚、あとは40cm前後。 バケは500gで、白色系、オレンジ系など。 タコキャップの色は、ピンク色など。 エサはオオナゴ。 ブリの6kgも1本釣れたそうです。 

 ヤナギ、真ダラ、ホッケ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 16日の午前5時に出港し、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深約120m〜140mで。ヤナギノマイは1人あたりで約20匹〜30匹、大きさは cm〜3cm 真ダラは1人あたりで3本〜4本、大きさは 0cm〜0cm ホッケは全体で約15、大きさは、cm〜40cm  胴突仕掛は、白やピンクのフラッシャーが付いた針を使った様々なタイプ。 エサは赤イカ。 

               **********

 真ダラ、ホッケ   古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月15日の釣果(15日記述): 船長から伺いました。 15日の午前5時半に出港し、正午までの釣り。 古平沖の水深約140mで。 真ダラは全体で35、大きさは 0cm〜80cm ホッケは1人あたりで2匹〜12匹、大きさは、cm〜35cm  胴突仕掛は、白フラッシャーが付いた針を使った様々なタイプのもの。 エサは赤イカ。 タラシャクリは250号、ステンレスパイプも銅パイプもともに釣れていたそうです。シャクリの針に付けていたのは、ピンク色のヤリイカベイト。

               **********

 真イカ  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月13日夜の釣果(14日記述): 船長から伺いました。 13日の午後6時前に出港して、午前2時までの釣り。 幌武意沖の水深約80mで。 真イカを1人あたりで20パイ〜40パイ、大きさは、20パイ入り40パイ入りサイズ。  棚は、50m前後と深かった。 イカ針は、6号と7号のキラキラおっぱい針の仕掛を使っていたそうです。 

               **********

 ヤナギノマイ数釣りも!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970月13日の釣果(13日記述): 船長から伺いました。 13日の午前6時に出港し、午後12時前までの釣り。 幌武意沖の水深約110m〜165mで。 ヤナギノマイを1人あたりで約40匹〜70匹、大きさは 28cm〜36cm 胴突仕掛は、白やピンクのフラッシャーが付いた針をベースにしたいろいろなタイプのもの。 エサは赤イカを付けた人が多かったそうですが、エサ無しの仕掛けだけで数を釣った人もいたそうです。 船長より14日の朝もヤナギノマイ釣りに出るそうですが、空きがあってまだ乗れるそうです。お電話をかけてお申し込みください。

               **********

 オフショアのブリ 第1号!  来岸漁港 マイボート 月14日の釣果(1日記述): 左の写真は、14日の午前10時半過ぎに、神威岬沖の水深約40mの場所で釣れたブリです。 当店で午後12時半過ぎに計測しましたら、尾叉長で77cm、血抜き後5.4kgでした。 釣り人は、恵庭市の田村さんです。 田村さんは14日は、友人のボートで、今シーズンから始めようと決めていたスロージギングの初回の練習を、ホッケを相手にやってみようと、ホッケをポツポツ釣っていたら、底から10mぐらい上で、この魚がヒットしたそうです。 釣れたとき使っていたのは、スロージギング専用のジグでは無く、細めの150gのブルーピンクのジグだったそうです。13日の朝に、大成の海岸で4kg〜5kg台が数匹釣れた話を聞いたばかりでしたので、『もう来たのか!』って感じですね(笑い)。

               **********

 ↑ ホッケ・根ボッケ好釣果!、ヤナギも  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970)月5日の釣果(日記述): 全体の釣果情報は船長から伺いましたが、良型の数釣りをしたお客様の奥井さんと宮崎さんからスマホ画像をいただきました。 5日の午前6時半に出港し、正午前までの釣り。 沼前沖の水深140m前後で。  ホッケは1人あたりで35匹〜80匹、大きさは 30cm〜51cm ヤナギノマイは1人あたりで10匹〜30匹、大きさは 24cm〜30cm  白フラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは赤イカ。 上の写真は、宮崎さんが根ボッケ51cmを頭に一度に根ボッケ5匹とヤナギノマイを1匹上げた時の記念に、奥井さんがスマホで撮影したものです。

               **********

下の写真は↓、アラスカへ遠征したときの写真ではありません、余市です!。 (この魚のせいで、アラスカの雰囲気出ちゃってません?)

 ↑ サクラマス釣り中に、キングサーモン10.5kg!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)3月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様からと、船長から伺いました。 午前6時前に出港し、正午前までの釣り。 余別沖と積丹岬無線塔沖の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 7匹、 大きさは 2.3kgと2kgが各1匹、1.5kgが1匹、500g〜1kgが4匹。 ホッケは1人あたりで 30匹〜50匹、大きさは、30cm〜45cm シャクリは、黒水牛、鹿角が活躍。良型のサクラマスにショックリーダーを切られたり、やりとり中にバケ尻の針が折れたりして、良型をばらしたそうです。 しかしながら、上の写真のなんと、10.5kg の マスノスケ(キングサーモン)が釣れて、船上どころか積丹中の遊漁船の間で騒然となったそうです。釣り人は、札幌市豊平区の 金野 祐 さんです。金野さんのお話しによると、釣れたのは午前11時頃で、積丹岬無線塔沖の水深46m、棚は針までで40mだったそうです。 積丹でマスノスケのこのサイズが釣れたのは25年以上無いと思います。アラスカやカナダへ行かないで良型を釣るなんて、宝くじの1等当選に匹敵する確率ではないでしょうか?!。 このマスノスケが、選んで食らいついたのは、サバイバー250gモスグリーンオオナゴでした。 それにしても金野さん、よくぞ無事に釣り上げましたね!、お見事でした。おめでとうございます。 

 
     投 げ 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

 釣り会成績: 小樽市銀鱗会 の成績をご覧下さい。

◆ アナゴ!  余市港  7月6日の夜の釣果(7日記述): 7月6日の午後8時前に、当店の職員が、余市港の中防波堤の最初の角で、ワームで釣り始めて間もなく、右側で投げ釣りをしていた2人のうちの一人が、『また、アナゴだ!』と言って竿を上げたので見たら、なるほど30cm越えのアナゴだったそうです。 また、その釣った方が、前に来たときにもアナゴが1匹釣れたんですよ、とおっしゃったそうです。 イソメをつけた中投げの竿で釣れたように、当店の職員には見えたそうです。 その後、当店の職員は、ワームでガヤの入れ食いだったそうです。 大きさは15cm前後ばかりだったそうですが、1匹だけ25cmがあって楽しかったそうです。

◆ ハチガラ 8匹!  神恵内村川白  6月23日の夜の釣果(24日記述): 川白の海岸でのチョイ投げで、ハチガラが8匹も釣れて驚きましたと、積丹町のお客様から伺いました。 23日の夕方から釣りに入ったそうですが、はじめはサッパリ釣れなかったそうです。 午後9時を過ぎたころ、2匹が続けて釣れたので喜んだそうですが、午前0時を過ぎてからポツポツとハチガラばかりが釣れて、午前2時頃に切り上げるまでに、さらに6匹、合計で8匹も釣れて驚いたそうです。しかもその内の1匹は33cmの良型。 あとの7匹の大きさは、20cm〜25cmとの事でした。 今回釣った場所は友人からのオススメポイントだったそうです。

◆ 黒ゾイ 大物!  神恵内村川白  6月4日の釣果(4日記述): 左の写真は、6月3日の午後11時半頃に、神恵内村川白のトド岩近くの磯場で釣れた黒ゾイの大物です、当店に持ち込まれた4日の午前9時45分に計測しましたら、尾叉長で52.0cm、 重さが2.75kg ありました。 釣り人は、余市町在住の 高橋 英樹さんです。 船釣りの良型サイズが、磯場でのチョイ投げの釣りで釣れてしまいました。離島でもないのに。 エサはサンマの切り身だったそうです。 釣り大会中だったそうで、この黒ゾイで優勝したそうですが、準優勝が、やはり黒ゾイの47cmとは、またまた驚きです。 

     防波堤・港内の釣り  ・このページのトップへ戻る

◆ チ カ 夜釣りと早朝の釣り  余市河口漁港  7月15日〜16日の釣果(16日記述): 釣ってきた地元のお客様方からお話しを伺いました。 15日の午後10時頃から17日の午前1時まで、河口漁港の港内の中央の外灯したで、投光器を点けて釣ってみたら釣れました、との事。 約3時間の釣果は、1人でチカを50匹。大きさは約13cm〜15cm。 スピード仕掛けの3号針で、エサはオキアミ。 また、別のお客様が、同じ場所で午前4時から午前7時半頃まで釣って、1人で54匹、大きさは14cm〜15cmだったそうです。 この方も、スピード仕掛け3号針に、オキアミを付けたそうです。午前7時を過ぎたら、食いが止まったそうです。

◆ チ カ   余市河口漁港  7月7日の釣果(8日記述): 釣ってきた地元のお客様からお話しを伺いましたし、携帯画像も見せてくださいました。 7日の午前10時頃から正午まで、河口漁港の港内で釣ってみたら釣れました、との事。 2時間の釣果は、1人でチカを22匹。大きさは約13cm〜16cm。 余市にしては、やや良型のチカでした。 スピード仕掛けの3号針で、エサはオキアミ。

◆ ヤリイカ 7ハイ   余市港  6月10日〜11日の釣果(11日記述): 釣ってきたお客様から伺いました。 10日は雨が降っていましたので、雨が上がった午後11時頃から釣りを始めたそうです。 ポツリポツリと釣れて、11日の午前2時頃まで粘ったそうです。 釣果は1人で7ハイ。 大きさは、胴長35cm(全長40cm超)が1パイ、あとの6パイは20cm前後。 豆イカシャクリで3バイで、テーラー針を使ったウキ釣りで4ハイ。 エサは鶏ササミ肉。

◆ ヤリイカ 6パイ、8パイ   余市港  6月8日、9日の釣果(10日記述): 8日の午後7時半過ぎから深夜まで釣って、1人で6パイ。 9日の午後7時過ぎから10日の午前1時過ぎまで釣って、1人で8パイ。 大きさは、8日の夜は8パイ中1パイだけ胴長30cmが有り、あとは20cm。 9日の夜は、6パイ中1パイだけ30cm、あとは20cm。 鶏ササミをを乗せたテーラー針のウキ釣りと、豆イカシャクリで、ほぼ半々の釣果だったそうです。

◆ ヤリイカ 36パイ!   余市港  6月6日〜7日の釣果(9日記述): 8日の午後6時半過ぎに来店されたお客様が、6日夜から7日にかけて36パイも釣れて嬉しかったので、8日の夜も釣りに行ってみますとのことで、6日から7日にかけて釣れた情報をくださいました。 6日の午後10時頃から釣り始めて、ポツポツとまずまず良いペースで釣れたのでやめられず、7日の午前2時まで釣ってしまいました、とのこと。 釣果はこのお客様が1人で 36パイ、大きさは胴長が30cmが1パイ、 あとは20cm前後との事。 鶏ササミ肉を乗せたテーラー針を使ったウキ釣りで 6パイ。 あとの30パイは、豆イカシャクリで釣ったそうです。

     ルアーフィッシング  ・このページのトップへ戻る

 バーサスU80シェルのカラーチャートです↓。この他にもお客様からのご注文で多くのカラーのものを製作しております。 なお一番下の2ケはディーヴァ90シェルのオオナゴカラーと、ブルーイワシです。

 

 下の写真は、アルミタイプのカラーチャートです↓。 カラーのバリエーションはこの他に多数ございます。

               **************

◆ 兜千畳敷でシイラ  泊村  7月17日の午後の釣果(18日記述) 17日の夕方に兜千畳敷で釣りをした方から伺いました。 17日の午後から午後5時過ぎまでの間に、シイラが7匹か8匹釣れた話を聞いてきました、とのこと。 また、ジグには反応が悪く、プラグでの釣果だったとも伺いました。

◆ 兜千畳敷でイナダとシイラ、竜神岬でイナダ  泊村、神恵内村  7月16日の釣果(16日記述) 兜千畳敷が混みあっていたので、左側の照岸海岸寄りに入ったそうです。 午前6時過ぎにシイラを1匹釣ったそうで、当店で午前8時35分に計測しましたら、尾叉長で77cm、重さが3.7kgでした。ポッパーでの釣果だったそうです。  また、近くで釣っていた方が、シイラをかけてラインを切られたそうです。 兜千畳敷では、イナダが2匹釣れたように思います、とも伺いました。  次に、また別のお客様から釣りの帰りに伺いましたが、 竜神岬では、午前4時過ぎに イナダが2匹釣れたそうです。 大きさは、約2kgと約3kgぐらいに見えました、とのこと。 ジグとプラグ各1匹の釣果だったそうです。

◆ 千畳敷でイナダとシイラ  泊村  7月13日の釣果(13日記述) 兜千畳敷で、夜明けから午前7時半まで釣ってきたお客様と、午前5時半から午前10時半まで釣ってきた、お客様方お二人から、帰りにお話しを伺いました。教えてくださったお二人ともゲットは出来なかったそうで残念です。  シイラが3匹、大きさが約60cm〜70cm。 3kgぐらいか?という感じのイナダが1匹、13日の早朝から午前11時前までに釣れたそうです。 全部がジグで釣れたと思います、とのお話しでした。 他に、バラシや切られた人が結構いたようです。 お話しをくださったお二人の内の1人が、バラシ1回と、切られ1回だったそうです。近いうちにリベンジに行きますと、リールのラインを巻き替えて、ショックリーダーも少しだけ太いものを買って行かれました。

◆ ショアイナダ  泊村  7月10日の釣果(11日記述) 10日の午後6時半頃にお客様から電話をいただき、最近の弁天島周辺でのショアイナダの釣れ具合を教えてくださいました。 ちょうど10日の午後6時半頃に1本釣りました、とのお話しから始まり、早朝の仕事前に短時間釣りをしたり、仕事帰りに暮れる頃まで釣りをしたりで、頑張ってますとの事。 今シーズンは今のところ、1人で12本を釣りましたとのこと。 撃投ジグ40g、65gでも釣りましたが、岡ジグLT35で結構釣れたそうです。 このお電話をいただいたときに釣れた1本は、3kg無い感じのやや細めだったそうですが、12本の大きさは、2.5kg〜5kg、との事でした。

◆ ワームで シマゾイ、ガヤ  余市港  7月9日の夜の釣果(10日記述): 9日の午後7時半頃から、午後10時までの2人合わせての釣果。 中防波堤の最初の角周辺で。 シマゾイを2匹、20cmと25cm。 ガヤを20匹以上、15cm前後。 ワームは、グラスミノーMのチカチカ室蘭と、ロックンベイト2”の黒、ピンク夜光。 魚は全部リリースしたそうです。

◆ ヒラメ   八雲町  7月8日の釣果(9日記述) 左の写真は、8日の午後7時頃に、八雲町の豊津海岸のサーフで釣れたヒラメです。  釣り人は札幌市西区の 築山 純一郎 さんです。 当店で9日の午後1時前に計測しましたら、尾叉長で 64.0cm、重さは 2.80kgでした。 釣れたルアーはジグで、リリック52gのSSYレッドだったそうです。 8日が土曜日で、9日の日曜日も釣りをする予定だったので、エラと内臓を取り、血抜きもしてありました。 もう1枚54cmも釣っていました。 当店ヒラメダービー2017の第3位に着けてきました。

◆ ワームで シマゾイ、ガヤ  余市港  7月7日の夜の釣果(8日記述): 7日の午後8時頃から、午後11時までの釣果。 中防波堤の最初の角周辺で。 シマゾイを3匹、20cm〜25cm。 ガヤを20匹以上、15cm〜20cm。 ワームは、グラスミノーMのカタクチと、ロックンベイトの黒とピンク。 シマゾイの25cm以外は全部リリースしたそうです。

◆ ヒラメ 大物   神恵内村  7月6日の釣果(7日記述) 7月6日の午後6時35分頃来店された時々おいでになるお客様が、ヒラメを計ってくださいとのことで、午後6時40分頃に当店で計測しましたら、尾叉長で83.5cm、重さが5.9kgありました。 そのお客様が、事情がありご自身の写真や名前は公表できないので、当店のダービーには登録することは出来ませんが、釣果情報はホームページに載せてくださいとのお話しでした。 釣った場所は、神恵内漁港の外防波堤(西防波堤)。 時刻は午後5時頃。 ルアーはジグで、MMジグ40gイワシカラー。 

◆ ショアイナダ  余市町  7月3日の釣果(3日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 余市町のワッカケ岬(早春のカレイ投げ釣り場所)で、早朝に尾叉長で80cmを越える丸みを帯びた良型が1本釣れたのを、側で見てきた方から伺いました。 また別のお客様ですが、早朝に、ワッカケ岬の手前の磯で、フクラギ(2kg無いような)サイズを1匹釣ってきた方がいらっしゃいました。

◆ ショアイナダ、ヒラメ  神恵内村、余市町  7月1日〜2日の釣果(2日記述) @神恵内村や泊村の海岸のイナダ狙い、最近は、早朝に数が釣れる日が少なく、夕方の方が少し多めに釣れていますという情報を、地元に住んでいるお客様方から伺いました。  Aまた、別のお客様から伺いましたが、7月2日は余市港の海岸で早朝に、1人でイナダを2本(約2kgと約3.5kg)釣った方がいたそうです。その近くで、イナダを狙っていた別の方が、ヒラメの50cm台後半のサイズを1枚釣ったそうです。

◆ ショアイナダ  泊村  6月30日の釣果(30日記述) 兜千畳敷で釣りをして来たお客様から、お話しを伺いました。 午前3時前に左側に釣りに入ったそうですが、30日は、午前5時前に先端近くで 1匹が釣れたのを見ただけでした、とのお話しでした。 釣り人は20人前後が来ていたそうです。 釣れた魚の大きさは、離れていたのでよく見えなかったそうですが、3kg前後ぐらではないでしょうか?、とのお話しでした。

◆ ヒラメ   八雲町  6月27日の釣果(27日記述) 左の写真は、27日の午前9時頃に、八雲町の黒岩漁港近くの砂浜で釣れたヒラメです。  釣り人は余市町の 小野 修治 さんです。 当店で27日の午後1時20分に計測しましたら、尾叉長で 53.5cm、重さは 1.80kgでした。 釣れたルアーは、ウォーターソニック21gのチャートカラーとのことでした。 当店ヒラメダービーの3位に着けてきました。

◆ ショアイナダ  泊村  6月24日の釣果(24日記述) 兜千畳敷で釣りをして来た皆さんから、お話しを伺いました。 前日から入っていて、午前8時頃まで釣ってきた方が、約3kgぐらいのイナダを1匹釣ってきました、ほかに数匹釣れたと思います、とのお話しでした。  また、午後1時を過ぎてから来店されたお二人が、弁慶で早朝から釣ってみたそうですが、この日の弁慶は全く釣れない日だったそうで、帰り道に千畳敷に着いたのが午前10時頃だったそうで、その時、3kg前後が3匹釣れたのを見てきました、とのお話しでしたので、午前中の合計で6匹前後は釣れたものと思われます。

◆ ショアイナダ  泊村  6月22日の夕方の釣果(23日記述) 盃にお住まいのお客様から伺いました。 22日夕方に盃の海岸で、40gのピンク色のジグをキャストしてみたそうです。30分ほどして1匹がヒットしたそうですが、引きがあまり強くなく、フクラギクラスかと重いながら寄せたら、引きが強くない割には大きめだったので意外だったそうです。 自宅で計ったら、74cmで4kgあったそうです。 このお客様にとってこの魚は、今シーズンの10匹目のイナダだったそうです。 

◆ ヒラメ デカ!  積丹町  6月18日の釣果(18日記述) 左の写真は、18日の午前1時頃に、岩内港の漁業者埠頭で釣れたヒラメです。  釣り人は余市町の 北川 健司 さんです。 当店で18日の午前9時50分に計測しましたら尾叉長で 78.0cm、重さは 5.65kgでした。 釣れたルアーは、ワームでバルト3.5インチのイワシカラー、ジグヘッドが21gだったそうです。 当店のヒラメダービーのトップに出ました。

◆ ショアイナダ   神恵内村、積丹町  6月17日の釣果(17日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 竜神岬に立ち寄ったのが午前8時頃だったお客様が、2本のイナダを持って引き上げていく人とすれ違う時に釣果を聞けたそうです。 午前4時から午前5時頃の間に、全体で 6本が釣れたそうです。A 沼前岬では、夜明け頃から午前8時過ぎまでの間に、6本は釣れたと思います、とのお話しをいただきました。

◆ ショアイナダ   岩内町、積丹町  6月13日の釣果(13日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 岩内港の西防波堤の先端近くで、午前4時頃から釣り始めたそうですが、残念ながら釣れなかった方でしたが、帰ってくるときに、中程で釣っていた方達の内のお二人が1本ずつ釣っていたのを見てきたそうです。 大きさは、約60cmと約70cmぐらいだったそうです。 約3A 沼前岬で約3kgを1本釣って来たお客様でしたが、近くにいた他の人達は釣れなかったそうです。 離れたところ釣っていたお一人が複数本を釣った話を聞いてきたそうです。

◆ ショアイナダ、ヒラメ、アブラコ  神恵内村  6月12日の釣果(12日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 午前4時前に、キナウシの磯に入釣したそうです。 潮目が近くに見えていて良い感じだったそうです。 2投目で、イナダの3kg超で4kg未満のサイズを釣り、その後間もなくほぼ同じサイズをもう1本釣ったそうです。 ルアーは、40gのジグでイワシカラー。 まだ釣れそうだったそうですが、イルカの群れが近づいてきてイナダも消えたそうです。 ワームに替えて足もとを探ったら、45cmのアブラコ1匹ヒラメの37cmが1枚釣れたそうです。 ガヤは10匹以上釣れたそうです。使ったワームは、パルスワーム3.2”。 魚は、すべてリリースして来たそうです。 投げ釣りの人達も釣りに来ていたそうですが、釣果は芳しくないように見えたそうです。

◆ サクラ狙いがヒラメ良型!  積丹町  6月11日の釣果(11日記述) 左の写真は、11日の午前5時頃に、積丹町の野塚漁港で釣れたヒラメです。  釣り人は手稲区の 駒見 実 さんです。 当店で11日の午前8時に計測しましたら尾叉長で 72.5cm、重さは 4.4kgでした。 釣れたルアーは、バーサスU80シェルのブルピンだったそうです。 実は、駒見さんはこの日、今シーズンあまり数を釣っていないサクラマスに期待をしての入釣だったそうです。 釣り場は、毎シーズンサクラマスで良い思いをしている野塚漁港。当店ヒラメダービーの登録魚第一号となりました。 <お知らせ>ヒラメダービーは参加無料です。期間は、11月23日までです。 釣れたら魚とともにお寄りください。

◆ ショアイナダ、ヒラメ  神恵内村  6月10日の釣果(10日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 夜中に泊村の兜千畳敷に着いたら、たくさんの釣り人で賑わっていて、入れる場所が無い感じだったそうで、 神恵内村の祈石海岸の岩場に移動、イナダ狙いで65gのジグをキャストしたそうです。 午前3時30分過ぎに ヒラメの53cmが1枚、ジグに食ってきたそうです。 使ったジグは、撃投ジグ65gのピンク夜光だったそうです。 近くで釣っていた人達が合計で3本イナダを釣ったのを見たそうです。

◆ ショアブリ(イナダ)  神恵内村、積丹町  6月6日の釣果(6日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 神恵内村の竜神岬で、午前3時30分過ぎに釣り開始、すぐ釣れてかつ連続釣れたそうです、釣り上げたのは(1人で)7本。大きさは3kg前後。使ったルアーは、撃投ジグ40g。 7本の内キープは2本でリリースが5本。 ちょっと悔しかったのが、持参したショックリーダーがなんとサクラマスで使っていた16ポンドだったそうで、リーダーをやむを得ず16ポンドに替えてからは、切られが続いちゃったそうです。5回も切られたとの事でした。 底で食った魚が多かったそうです。 A 別のお客様から伺いました。午前5時半頃に沼前岬で釣り開始して、午後まで粘ってきたお客様から伺いました。釣り人が全体で4人か5人だったそうで、釣れた数は、5本か6本だったと思います、とのこと。残念ながらご本人は釣れなかったそうです。 大きさは、3kg〜5kgぐらいでは、との事。 大きさはわかりませんが、ヒラメを1枚釣った方もいたそうです。 午前7時前後に続けて釣れていたとのことでした。

◆ ショアブリ(イナダ)  神恵内村、積丹町  6月4日の釣果(4日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 早朝に神恵内村の竜神岬に行ったら、すでに左右に分かれて5人ずつ(合計10人)が釣りをしていたそうです。ほぼ真ん中あたりで釣りを始めたそうですが、午前6時前後に、続けて2本を釣ったそうです。大きさは3kg超で4kg未満とのこと。使ったルアーは、撃投ジグ40gのピンクグローと、ピンクGだったそうです。 また、このお客様の場所よりも右側(河口方向)で釣っていた人達のなかで、お二人が1本ずつ釣り上げたのが見えたそうです。このお一人で2本釣ったお客様は、午前7時過ぎに切り上げて来たそうです。  A 沼前岬で早朝から釣ってきたお客様でしたが、釣り人は6人だったそうです。1人あたり1本〜2本を全員が釣ったと思います、とのお話しでした。 大きさは3kg〜4kgぐらいだったと思います、とのこと。 この日は、ジグの大きさが小さいものの方が反応が良かったそうです。 午前9時頃に他の方達が引き上げて、このお客様がお一人になったので、波が高くならないとも限らないので、用心のために引き上げてきたそうです。

◆ サクラマス 1匹はオスでした!  神恵内村  6月3日の釣果(3日記述) 左の写真は、3日の午前4時頃に、珊内の岩場で釣れたサクラマスです。  釣り人は小樽市の 小林 千洋 さんです。 当店で3日の午前8時過ぎに計測しましたら尾叉長で 59.0cm、重さは 2.75kgでした。  珍しくオスのサクラマスでした!。当店サクラマスダービーの第2位に入ってきました。 ルアーは、ショアラインシャイナーSL-14 LD-SGのオオナゴカラーとのこと。 この日は天気予報が悪かったためか釣り人があまり来て無く、珊内川河口海岸にもう一人がいただけだったそうです。実際に波が高めだったそうです。 小林さんは、このサクラを釣りあげた後すぐに、もう1匹が釣れたそうで、この2匹目は、尾叉長54.0cm、2.05kgのメスでした。 ダービーも大詰めが近づいて来ました(15日クローズです)、最後がんばりしましょう!!

               **********

◆ 出ました!サクラマス 3.4kg!!  島牧村  5月27日の釣果(27日記述) 左の写真は、27日の午前5時半頃に、江の島海岸の北国澗で釣れたサクラマスです。  釣り人は手稲区の 熊谷 利正 さんです。 当店で27日の正午頃に計測しましたら尾叉長で 60.0cm、重さは 3.4kgでした。 ルアーは、バーサスU80シェルのオオナゴカラーでした。雨は降っていたそうですが、風も波も無かったそうです。 釣り人もほとんど来ていなかったそうです。 今シーズンは、昨シーズンまでと違って、数も型も冴えない状況が続いてましたが、ようやく良型を見ることが出来ました。 熊谷さん良かったですね!おめでとうございます。 そして、ありがとうございます。 当店ダービーのサクラマス部門では、もちろん、トップに出ました!。

                **********

◆ サクラマス 自己記録更新  余市町  5月22日の釣果(22日記述) 左の写真は、21日の午後5時頃に、余市町の白岩町の海岸で釣れたサクラマスです。  釣り人は仁木町の 金澤 正也さんです。 当店で21日の午後6時半頃に計測しましたら尾叉長で 57.0cm、重さは 2.4kgでした。 ルアーは、アスリートスリム120SSのピンクバック/シルバーだったそうです。 金澤さんは自己記録の更新でしたが、順位は変わらずの2位でした。

 

 

               **********

◆ サクラマス  小樽市  5月18日の釣果(18日記述) 左の写真は、18日の午前6時30分頃に、小樽市の朝里川河口で釣れたサクラマスです。  釣り人は仁木町の 金澤 正也さんです。 当店で18日の午前8時頃に計測しましたら尾叉長で 56.0cm、重さは 2.3kgでした。 ルアーは、ルアーズケミストのジグのディアン40gで、カラーは背中が黒く、ボディがエンボスのグリーンシートを貼ったものだったそうです。 当店ダービーのサクラマス部門の第2位に入ってきました。  その他に、積丹町の草内海岸(うしお食堂さんの先の磯)で、午前4時頃に、43cmのサクラマスを1匹釣ってきた方がいました。 この方はヴィクセン28gの赤金稚魚で釣ったそうです。 近くで、ホッケをウキ釣りでポツポツと釣っていた人達もいたそうです。

◆ サクラマス自己記録更新  岩内町  5月15日の釣果(16日記述) 左の写真は、15日の午後6時頃に、岩内町の野束川河口右の、テトラポッドの上で釣れたサクラマスです。  釣り人は10日にも同じ場所で釣りました、小樽市桂岡町の 五十嵐 誠さんです。 当店で15日の午後7時40分頃に計測しましたが尾叉長で 58.0cm、重さは 2.4kgでした。 ルアーは、アスリートスリム14SSのグリーンゴールドだったそうです。  16日の夜明けから釣る予定で、早めに現地入りしたそうです。釣り場を下見的に見ておこうと思って15日の夕方に到着したら、いきなりサクラマスの跳ねが見えたそうで、すぐ竿を持って釣り開始。1投目でこのサクラマスがヒットしたそうです。 五十嵐さんは、自己記録を更新して、サクラマスダービーのトップに出ました。 (この調子で、少しずつ良型が釣れてくれると良いですね!)

               **********

◆ サクラマス  岩内町  5月10日の釣果(11日記述) 左の写真は、10日の午前4時50分頃に、岩内町の野束川河口右の、テトラポッドの上からキャストして釣れたサクラマスです。  釣り人は小樽市桂岡町の 五十嵐 誠さんです。 当店で10日の午前8時15分頃に計測しましたら尾叉長で 52.0cm、重さは 2.0kgでした。 ルアーは、ショアラインシャイナーSL14LD−SGのライブオオナゴカラーとの事でした。  風が強くなる前の午前6時前に切り上げたそうです。 当店ダービーサクラマス部門の第2位に入ってきました。

 

◆ サクラマス   積丹町  5月10日の釣果(11日記述)  10日に、釣りの帰りのお客様から伺いました。 10日の午前5時頃に、幌武意漁港の内防波堤の外側のゴロタ場でサクラマスが1匹釣れたそうです。 大きさは、約50cmだったそうです。ルアーは、ダントのピンクだったと伺いました。

◆ サクラマス  小樽港  5月9日の釣果(11日記述) 左の写真は、9日の午後4時15分頃に、小樽港内中央埠頭の冬期間の雪捨て場で釣れたサクラマスです。  釣り人は小樽市新光の 本藤 茂さんです。 当店で9日の午後6時半過ぎに計測しましたら尾叉長で 49.0cm、重さは 1.65kgでした。 ルアーは、Duelのハードコアヘビーシンキングミノー32gのチャートバックゴールドだったそうです。 当店ダービーサクラマス部門の第4位に着けてきました。 この日は南防波堤で数名がサクラマス狙いで釣っていたそうですが、釣れていないと言う情報を聞いて、この場所でダメ元でやってみたそうです。小さめではありますが、意外な場所で釣れたので、嬉しかったそうです。

               **********

◆ 鮭 みたいな アメマス  島牧村  4月29日の釣果(29日記述) 左の写真は、倶知安町にお住まいの 高橋 竜馬さんが、16日とほぼ同じ場所の島牧村の木巻海岸(岩場)で午前4時30分頃に釣った、鮭 みたいな アメマス(笑)です。 高橋さんが来店されてすぐの午後4時25分に当店で計測しました。 尾叉長で 73.5cm、重さが4.05kg でした。 前回は板マスみたいな・・・・で、こんどは鮭みたいなんですね!(今年はブリも早いと高橋さんの頭にあったせいで、この魚を寄せた時背中の緑色を見て、もうブリが来たのかと、一瞬思ったそうです。けっこう笑えるでしょ!) 使ったルアーは、ショアラインシャイナーZ140Sのグリーンゴールドとのこと。 大物アメマスでダービーのトップに出ました。 高橋さんは今シーズン、大当たりですから、来週こそ大本命の良型サクラマスが釣れるかもしれませんね!(ヽ(^o^)丿)  『ブリみたいなサクラマス』、まさかその線はあり得ないですよね!?

               **********

◆ サクラマス  古平町沖村川河口海岸、その他  4月23日の釣果(23日記述) 左の写真は、23日の午前9時半過ぎに、沖村川河口よりも左側へ少し離れた場所に、サクラマスの跳ねを見つけて釣りに入って、釣れたサクラマスです。  釣り人は小樽市高島の 清野 一樹さんです。 当店で午前11時頃に計測しましたら尾叉長で 52.0cm、重さは 2.05kgでした。 ルアーは、AKジグミノー40gのグリーンバックだったそうです。 当店ダービーサクラマス部門のトップに出ました。 サクラマスも中型サイズが釣れ始めました。 これから、少しずつ良型が釣れてくれれば良いですね!。 また、23日は広い範囲のアチコチでサクラマスが釣れた日でした。 @蘭越町の精進川河口の左海岸で、午前6時過ぎに1匹、53cm。ディーヴァ40gピンクバック。 A神恵内村の古宇川河口から龍神岬方向へ行った場所で、午前5時頃に 54cmが1匹。 ウインドリップ95Sのアルミリアル稚魚で。 B積丹川河口の右と左の海岸で、早朝4匹か5匹が釣れましたよ、とのお話しを聞いてきた方がいました。 C初めてサクラマス釣りに挑戦したお客様が、古平川河口で早朝1匹釣れたと聞いてきたので、ルアーを買って自分も行きます、とのお話しがありました。 D余市町内の某(?)海岸で、午前5時半頃に 60cm超1匹が アスリートスリム140SSで釣れ。 午前7時頃に、50cm超が釣れたそうです。  (おそらく、上記の他にも釣れた魚があると思われます。)

               **********

◆ アメマス 62cmですが3.35kg  島牧村  4月16日の釣果(16日記述) 左の写真は、倶知安町にお住まいの 高橋 竜馬さんが、島牧村の木巻海岸(岩場)で午前5時頃に釣った、板マス体型のアメマス(笑)です。 高橋さんが来店された午後5時過ぎに当店で計測しました。 尾叉長で 62.0cm、3.35kg でした。かなりメタボなアメマスですね! 使ったルアーは、モアザンXロール148Sのコハダカラーだったそうです。 高橋さんはこの他にアメマスを5匹釣ってリリースしたそうです。 当店ダービーアメマス部門の第2位に入ってきました。

               **********

◆ アメマス 64cm  寿都町  4月4日の釣果(6日記述) 左の写真は、4日に寿都町の樽岸海岸で釣れたアメマスです。 釣った方は札幌市豊平区の 松下 亨さんです。 釣ったのは4月4日の午前5時過ぎですが、当店に来店されたのは4月5日の午前10時頃です。 すぐ計測しましたら 尾叉長で 64.0cm、2.3kg でした。 釣ったルアーは、サイレントアサシン160FのレッドヘッドHGだったそうです。 当店ダービーアメマス部門の第4位に入ってきました。

 

               **********

◆ サクラマス 釣れました! ↑ 余別川河口海岸  3月29日の釣果(29日記述) 上の写真は、29日午前8時過ぎに余別川河口よりも右側の海岸で相継いで釣れたサクラマスです。 当店で正午頃計測しました。 まず、左側は 小樽市稲穂の 上家 和幸さんが午前8時半頃に釣った、尾叉長 50.0cm、1.95kg。 そして右側は 小樽市新光の 木戸 隆行さんが午前8時過ぎに釣った、尾叉長 55.0cm、2.6kgです。 お二人は友人で二人一緒の釣行も多いそうです。 きょうはお二人とも釣れて良かったですね!。 上家さんは当店のダービー参加者です、今シーズン最初のサクラマス登録魚になりました。 木戸さんはダービー未参加でしたが、本日釣りの帰りにエントリー手続きをしていただきました。 お二人とも自己記録の更新目指して次回も頑張ってください。 ヒットルアーは、上家さんはギーガ33gアワビピンク、木戸さんはプレスベイトカムイ95のグリーンバックだったそうです。 サクラマスの跳ねは何度も見たそうです。 (良いシーズンが来たようですね!)

               **********

◆ アメマス 70.5cm  島牧村  3月24日の釣果(24日記述) 左の写真は、24日に島牧村の北国澗で釣れたアメマスです。 釣ったのは小樽市の 若見 昌三さんです。当店で午後1時前に計測しましたら 尾叉長で 70.5cm、3.5kg でした。 若見さんはきょうは精進川河口海岸を皮切りに、次に寿都樽岸海岸で釣り、いずれも釣れず。 そのあと風を避けて釣り易い場所を探して島牧に着いたら、北国澗の先端よりも左側が良い感じだったそうです。 午前10時頃にこの良型が、また自作の36gのジグで、グリーンバックサケ稚魚カラーに食ってきたそうです。 当店ダービーの自己記録の更新になりました。 この魚は今回も水槽で活かして持ってきました。 また近くの海にリリースするそうです。 若見さんは先日、大きくないですがサクラマスを4匹も釣ったそうで、アメもサクラも今シーズン好調ですね!

               **********

<下の8枚の画像は、バーサスの作者による、ニュータイプ ハンドメイド・ジグミノーの ”Diva (ディーヴァ)”です。 カラー設定は、バーサス同様非常に豊富です。 ディーヴァの特徴は、究極の好バランスが生み出す、飛行距離とナチュラルな泳ぎです。 想定を超えるような飛びと、リトリーブ・スピードが速くても低速でも、とても綺麗でリアルに泳ぐことです。 構造はバルサ+金属です。 先ずはアルミタイプのみの生産ですが、シェルタイプのご注文もお受けいたします。 33g〜38gのアルミが¥2200、シェルが¥2750。 40g〜45gのアルミが¥2350、シェルが¥2900でございます。 少し残念なのは、下の写真がうまく撮れてないことです。 現物をご覧になれば、その美しさにため息が出るかもしれませんよ!。 作者は、『バーサスを凌ぐほどのサクラマスの釣果を期待し欲しいです。』 と おっしゃってます。>

 
フライフイッシング  ・このページのトップへ戻る

 

◆ ニジマス65cm  尻別川  3月13日の釣果(13日記述): 上の写真は小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、雪代前の尻別川の釣果をいただきましたので、掲載させていただきました。 以下は、石澤さんのコメントをそのまま記述させていただきました。

『小樽の石澤です!
先日はありがとうございました!
今日は天気も良く、気温も上がりそうなので尻別川に行きました。
深瀬のポイント1箇所にしぼり、フライを深く沈め65センチのニジマスが釣れました。
フライは黒のジェネラルプラクティショナーでした!久々の大物で腕が疲れました。 』

 〜『65cmですか! またですか! やりますね!』

 アメマス  余市川  3月11日(11日記述): 釣りの帰りに来店されたお客様から伺いました。 田川橋から100m以上上流の、上流に向かって右岸側で、午前10時頃から釣りを開始したそうです。 午後2時半過ぎに、40cm超のアメマスが1匹釣れたそうです。 フライは#8フックのサケ稚魚。

 アメマス  余市川  3月5日(5日記述): 釣りを終えて、正午ごろに来店された小樽市のお客様から伺いました。 田川橋から100mほど上流の、上流に向かって右岸側で、午前9時頃から釣りを開始したそうです。 午前9時半頃に、約65cmの中肉のアメマスが釣れましたと、携帯画像を見せてくださいました。 フライは#8フックに巻いたゾンカー。カラーは、チャートリュースとの事。ロッドは6番ツーハンド。ラインはシンキングタイプV。リトリーブは、早めだったそうです。 風が強く巻いてきたので、やむを得ず切り上げて来たそうです。

 アメマス  余市川  12月5日(12月6日記述): 釣りの帰りのお客様から5日に伺いました。 余市総合体育館の裏で、早朝からストリーマーで釣ってみたそうですが、アメマスは釣れなかったそうです。 初めて総体裏で釣ってみた方でした。まだ少し早かったようです。

◆ ニジマス  尻別川  10月31日の釣果(31日記述): 上の写真は小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、晩秋の渓流釣り日誌をいただきましたので、掲載させていただきました。 以下の石澤さんのコメントは、そのまま引用させていただきました。石澤さん、いつもありがとうございます。 今シーズンの渓流釣りの締めの釣りで、また良型まじりでよい釣りを堪能できたようですね、よかったですね!。

『本日は、尻別川の支流で、今年最後の渓流に行って来ました。

久々の釣りでした。

ウェットフライで釣り下り、30cm〜40cmのニジマスが釣れました。

画像は本日の最大魚、53cmです。

フライを沈めて、しつこく粘り、ようやくフライに食いつきました。

時折みぞれまじりの雨で、寒い一日でした。 』

 

◆ ニジマス  尻別川  3月14日の釣果(15日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、今シーズン初の釣り日誌を(14日の夜に)いただきましたので、掲載させていただきました。 石澤さんの今シーズンの『初尻別釣行』は、ニューロッドのを携えてでしたが、早速、良型ニジマスで入魂で来たそうです。 相性の良いロッドになってくれればよいです。 以下のコメントは、そのまま引用させていただきました。

いつもお世話になっています! 石澤です!
本日、雪代前の尻別川に行って来ました!
今日の尻別川は濁りもなくいい感じで、#4のブラックマドラーゾンカーを沈めて61センチのニジマスが釣れました。
先日、購入させて頂いたロッドにも入魂出来ました!
それではまた!

     ウ キ 釣 り  ・このページのトップへ戻る

◆ ホッケ ウキ釣り   寿都町 弁慶茶屋海岸  5月6日の釣果(6日記述) 釣ってきたお客様から伺いました。 午前6時前から釣りに入ったそうです。 ポツポツと釣れていたそうですが、風が強くなってきて危ないので、午前8時過ぎに切り上げたそうです。 釣果は、ホッケを1人で 9匹。 大きさは、約30cm〜35cm。 やや太めのホッケだったそうです。 食わせ餌は、オキアミ

◆ ホッケ ウキ釣り   神恵内村 トラセ海岸  5月4日の釣果(5日記述) 4日の朝にたまたま入った場所でホッケを釣ってきましたと、お客様から情報をいただきました。 神恵内村のトラセ地区のバス停【トラセ】の下から海岸への降り口があり、その下の岩場で釣りをしてみたそうです。 撒きエサを撒いて10分ぐらいでホッケの群れが寄ってきて釣れ始めたそうです。 2時間ほどで60匹近く釣れたので切り上げたそうです。大きさは30cm〜35cm。 餌はオキアミとマグロ。この日は、他に釣り人が来てはいなかったそうです。  (どこの場所も同じですが、風が吹き始めたり、波が高めになったら、早めに切り上げましょう!、波に足下を洗われる前に撤収してくださいね。)

◆ ホッケ ウキ釣り   積丹町 草内海岸  5月3日の釣果(3日記述) 初めてウキ釣りでホッケを釣ってきた客様から伺いました。 余別漁港の裏側の草内海岸、うしお食堂の先の磯で、3日の昼過ぎから釣り始めて、午後4時前までの釣果とのことでしたが、 このお客様がお一人で 10匹、大きさは 30cm前後。 餌は、マグロを使ったそうですが、オキアミやイソメでも釣れていたそうです。 場所の違いなのか、他に原因があるのかわからなかったそうですが、釣果に大きな差がでていたそうです。 1人あたり5匹前後〜50匹超。 

     渓流の餌釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ ヤマベ  余市川 中流  6月3日の釣果(3日記述) 釣りの帰りの客様から伺いました。 午前8時頃から、仁木町銀山地区で釣ってみたそうです。 あいにくの肌寒い日で、水温も低く、川に膝ぐらいまで立ち込んでも自分の身体がすぐ冷えてしまったそうです。 魚の活性が低い感じで、小さなヤマベが2匹釣れただけだったそうです。小さかったので、リリースして帰ってきたとのことでした。 『6月6日頃から気温が上がっていく天気予報だったので、そのあとに期待します。』 とおっしゃってました。

◆道央地区は、4月1日〜5月31日の間が、やまべ(=ヤマメ、山女魚)の禁漁期間です。 解禁日は6月1日です。

     その他の釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ 鮎の友釣り  厚沢部町 厚沢部川 中流  7月14日の釣果(16日記述) 14日に釣ってきたお客様からお話しを伺いました。 14日の午前11時頃から、鶉越橋の上流で釣り開始。 午後6時過ぎまで釣って、1人で、約40匹を釣ったそうです。 移動しながらの拾い釣りで疲れたそうです。 大きさは、13cm〜15cm18cmが1匹あったそうです。 水量が少なめで、根掛かりが多かったとも、伺いました。

◆ 鮎の友釣り  上ノ国町 天の川 中流  7月2日の釣果(3日記述) 2日に釣りをして、3日に戻ってきたお客様が釣果を教えてくださいました。 2日の午前7時頃に、支流の宮越内川が本流に合流するところの少し上流で釣り開始。 正午までその周辺で釣って、釣り上げた数が、約40匹。 午後1時頃から、合流よりも下流に入って、午後5時頃までに約20匹、合計で約60匹を釣ったそうです。 大きさは、ほとんどが15cm〜18cmだったそうですが、19cmと20cmが1匹ずつあったそうです。 解禁日の1日には、もっと上流で1人で100匹をだいぶ越えて釣った方がいたとの話を聞いてきたそうです。

 

◆ 余市郡漁業協同組合さんからいただきました、2017年(平成29年)の余市川への、鮎稚魚の放流情報です。

1.放流日 : 2017年6月15日

2.放流場所 : 七曲橋、然別橋

3.放流量、及び 推定放流尾数

 七曲橋、然別橋 ともに 75kgで、推定5,000尾。

 合計 150kg で推定 10,000尾。 放流時の大きさが平均で13cm、15g。

◆ 余市川の鮎友釣り

1.期間は、7月1日〜9月15日

2.入川券料金 1日券: 税込 ¥2,000。 

          年券(シーズン券): 税込 ¥15,000。

3.入川券は当店でも毎日販売しております。

4.おとり鮎の販売は、余市郡漁業協同組合の、さけ・ますふ化場です。

  ただし、平日の月曜日〜土曜日の午前8時から正午まで営業。

  さけ・ますふ化場の住所は、余市郡余市町山田町718番地

  電話番号は、0135−22−6345 。

  おとり鮎代金は 1尾¥800です。

 また、日曜日と、祝祭日は 丸谷健二さん宅にて販売。

  丸谷さん住所:仁木町大江1−66−3

  丸谷さん電話番号: 0135−32−2739

5.さけ・ますふ化場では、7月1日より、