船釣り   投げ釣り  防波堤・港内の釣り  ルアーフィッシング
フライフィッシング ウキ釣り 渓流の餌釣り その他の釣り
    余市市場水揚げ概況  ・このページのトップへ戻る

6月28日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ヒラメ40〜60cm15枚、鮟鱇50〜65cm120匹、

 カスベ55〜70cm7匹、宗八25〜30cm70枚、

 ヘラガニ甲羅幅9〜12cm約450パイ。

6月27日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ヒラメ40〜45cm20枚、鮟鱇50cmが2匹、

 石ガレイ25cm1枚、黒ガシラ30cm1枚、

 黒ゾイ25cm2匹、ヘラガニ9〜12cm800パイ。

6月26日は日曜日で、余市漁組市場はお休みでした。

6月25日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ヒラメ40〜55cm70枚、鮟鱇45〜65cm80匹、

 宗八25〜30cm40枚、ヘラガニ9〜12cm450ハイ。

6月24日は朝のうち忙しく、余市漁組市場まで行けませんでした。

6月23日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ヒラメ40〜50cm35枚、宗八25〜30cm60枚、

 鮟鱇45〜60cm65匹、ヘラガニ9〜12cm400パイ。

船 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る
岩内港・その他 川白・神恵内 余別・日司
古平・美国・幌武意 余市町 小樽市など

 真イカ 日昼の釣り  余別漁港 千鳥丸 (山田船長0135−46−5125)6月28日の釣果(28日記述) : 船長から伺いました。 28日の午前5時に出港し、正午までの釣り。 カムチャッカ根の水深140m〜500mで。 真イカを1人あたりで、20パイ〜50パイ。 大きさは、30パイ入り〜50パイ入りサイズ。  棚は、110m〜130m。 イカ針は6号きらきらオッパイ針と、さかな針14cmの仕掛で釣れたそうです。

 真ダラ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長0135−45−6176)6月28日の釣果(28日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 幌武意沖の水深110m〜120mで。  真ダラは1人あたりで 5本〜10本、 大きさは 約60cm〜70cm  200号のタラシャクリを使用、ステンレスパイプも銅パイプも釣れたそうです。

 真ダラ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169)6月28日の釣果(28日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港し、午後12時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深140m〜150mで。  真ダラは全体で 80本、 大きさは 1mが2本、あとは約60cm〜80cm  250号のタラシャクリを使用、ステンレスパイプでも銅パイプでも釣れたそうです。 カムイの1000gの赤金で結構釣っていた方もいたそうです。 シャクリの針に付けたヤリイカベイトは、ピンク色や赤色。

 真イカ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)6月2日の夜の釣果(28日記述) : 船長から伺いました。 27日の午後5時過ぎに出港し、午前1時までの釣り。 幌武意沖の水深約180mから流して、約400mまで。 真イカを1人あたりで、約20パイ〜90パイ。 大きさは、30パイ入り〜50パイ入りサイズ。  棚は、30m前後。 イカ針は、6号きらきらオッパイ針の仕掛で釣れていたそうです。 午後9時を過ぎてから釣れ始めた日だったそうです。

 真イカ  古平港 宝進丸 (依田船長0135−42−3578)6月2日の夜の釣果(28日記述) : 船長から伺いました。 27日の午後6時前に出港し、午前1時までの釣り。 古平沖の水深約500mから流して、約600mまで。 真イカを1人あたりで、約50パイ〜100パイ。 大きさは、30パイ入り〜50パイ入りサイズ。  棚は、40m前後。 イカ針は、6号きらきらオッパイ針の仕掛で釣っていたそうです。 

 ホッケ、真ダラ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)6月28日の釣果(28日記述): 船長から伺いました。 午前5時半に出港し、正午までの釣り。 古平沖の水深138m前後で。 ホッケは1人あたりで 約50匹〜80匹、大きさは 330cm〜35cm。  真ダラは全体で 6本、 大きさは 60cm〜70cm  白やインクのフラッシャーが付いた毛針の色々な胴突仕掛。エサは、赤イカ、サンマ。  

 真イカ  小樽港 白龍丸 (本間船長090−3390−5423)6月2日の夜の釣果(28日記述) : 船長から伺いました。 27日の午後4時に出港し、午前0時半までの釣り。 水深約370mから流して、約290mまで。 真イカを1人あたりで、約100パイ〜160パイ。 大きさは、30パイ入り〜40パイ入りサイズが8割を占めたそうです。  棚は、40m前後。 イカ針は、6号きらきらオッパイ針の仕掛が良かったそうです。 

               **********

 ヤナギ数釣りも、真ダラ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)6月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 午前6時前に出港し、正午前までの釣り。 幌武意沖の水深130m〜165mで。 ヤナギノマイは1人あたり、35匹〜80匹、 大きさは 25cm〜34cm。 真ダラは全体で 7本、 大きさは 約50cm〜70cm  白フラッシャーが付いた毛針を使った、いろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。  <船長から>29日のブリのデイジギングにまだ空きがありますので、ブリのジギングをしたい方は、船長まで電話で予約を入れてください。

 ホッケ、真ダラ  古平港 宝進丸 (依田船長0135−42−3578)6月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 午前5時半に出港し、午後12時半までの釣り。 古平沖の水深138m前後で。 ホッケは1人あたりで 50匹〜60匹、大きさは 30cm〜40cm。  真ダラは1人あたりで 3本〜8本、 大きさは 60cm〜80cm   白フラッシャーが付いた毛針を使ったいろいろな胴突仕掛。エサは、赤イカ。  

               **********

◆ 6月26日は時化の予報でしたので、25日のうちに26日の出港のとりやめが決まりました。

 真イカ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)6月24日の夜の釣果(25日記述) : 船長から伺いました。 24日の午後8時45分に出港し、午前2時半までの釣り。 余別沖の水深110m〜140mで。 真イカを1人あたりで、約130パイ〜250パイ。 大きさは、30パイ入り〜50パイ入りサイズ。  棚は、30m前後。 イカ針は6号きらきらオッパイ針の仕掛で釣れていたそうです。 

 真イカ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)6月24日の夜の釣果(24日記述) : 船長から伺いました。 24日の午後6時前に出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深450m前後で。 真イカを1人あたりで、約100パイ〜200パイ。 大きさは、30パイ入り〜50パイ入りサイズ。  棚は、20m前後。 イカ針は6号きらきらオッパイ針の仕掛と、さかな針14cmの仕掛で釣れていたそうです。 

               **********

 ヤナギノマイ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)6月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前5時半に出港し、午前11時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深140m〜150mで。 ヤナギノマイは1人あたり、約50匹〜70匹、 大きさは 27cm〜35cm 白フラッシャーが付いた毛針を使った、いろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ、サンマ。 

 ブリ  デイ・ジギング  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)6月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前4時40分に幌武意漁港から出港し、午前11時40分までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深50m前後で。 釣果は全体で 52本、大きさは 4kg〜5kgが8本、あとは2kg〜3kg。 ジグは150g前後で、カラーは色々。 ヒットゾーンは中層周辺。

               **********

 真ダラ、ホッケ、ヤナギ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)6月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 午前6時半に出港し、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深130m〜160mで。 真ダラは全体で 50本、 大きさは 1mが1本、あとは約60cm〜80cm ヤナギノマイは1人あたり、5匹〜10匹、 大きさは 25cm〜40cm ホッケは1人あたり、30匹〜50匹、 大きさは 30cm〜45cm。  白フラッシャーが付いた毛針を使った、いろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。 

 ブリ デイジギング  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)6月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 午前5時に幌武意漁港から出港し、正午までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深50m前後で。 釣果は全体で 50本、大きさは 4kg〜5kgが6本、あとは2kg〜3kg。 ジグは150g前後で、カラーは色々。 ヒットゾーンは中層周辺ですが、やや浅め。

               **********

 真ダラ 、ヤナギ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)6月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 午前5時に少人数を乗せて出港し、午前10時に沖上がり。 積丹岬無線塔沖の水深150m〜160mで。 真ダラは1人あたりで 12本〜15本、 大きさは 約60cm〜65cm ヤナギノマイは1人あたり、10匹前後、 大きさは 25cm〜33cm。  白フラッシャーやピンクフラッシャーが付いた毛針を使ったいろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。 

 ブリ の デイジギング  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)6月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 午前6時にお客様2名を乗せて出港し、午後1時までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深40m〜50mで。 釣果は1人あたりで 5本、10本、大きさは 2kg〜3kg。  ジグは150g前後で、カラーは、ピンク、ブルピン、赤金などいろいろ。  ヒットゾーンは、中層周辺から底までいろいろ。  <平日はブリのデイジギングで毎日出港する予定だそうですが、まだ空きがあるそうです、乗りたい方は長内船長まで電話してください!>

 ブリ デイジギング  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)6月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に幌武意漁港から出港し、午前11時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約50m〜60mで。 釣果は全体で 43本、大きさは 5kg超1本、4kgが1本、あとは2kg〜3kg。 ジグは150g〜160gで、カラーは色々。 ヒットゾーンは中層周辺から底までいろいろ。

 ホッケ、真ダラ  古平港 宝進丸 (依田船長0135−42−3578)6月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、午後12時半までの釣り。 古平沖の水深140m前後で。 ホッケは1人あたりで 40匹〜50匹、大きさは 30cm〜40cm。  真ダラは1人あたりで 3本〜4本、 大きさは 50cm〜60cm   白フラッシャーが付いた毛針のいろいろな胴突仕掛。エサは、赤イカ。  

 ホッケ、真ダラ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)6月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 午前5時半に出港し、午前11時半までの釣り。 古平沖の水深135m〜140mで。 ホッケは全員が 100匹超、大きさは 30cm〜50cm。  真ダラは全体で 8本、 大きさは 50cm〜70cm   白フラッシャーが付いた毛針のいろいろな胴突仕掛。エサは、赤イカ。  

               **********

 ブリ の デイジギング  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)6月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 午前7時にお客様3名を乗せて出港し、午後2時までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深45m前後で。 釣果は1人あたりで 0本、1本、6本、大きさは 5kgが1本、4kgが1本、あとは2kg〜3kg。  ジグは180g〜200gで、カラーは色々ですが、ブルピン、シルバー系など。  ヒットゾーンは、ほぼ底。  <平日はブリのデイジギングで毎日出港する予定だそうですが、まだ空きがあるそうです、乗りたい方は長内船長まで電話してください!>

 真イカ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)6月1日の夜の釣果(20日記述) : 船長から伺いました。 19日の午後6時半に出港し、午前0時までの釣り。 幌武意沖の水深800m前後で。 真イカを1人あたりで、約30パイ〜80パイ。 大きさは、30パイ入りがわずかで30パイ入り〜50パイ入りサイズ。  棚は、50m前後。 イカ針は6号きらきらオッパイ針の仕掛で釣れていたそうです。 満月のせいか、数が釣れなかったとの事でした。

               **********

 真イカ 今年も始まりました! 余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−11326月1日の夜の釣果(1日記述) : 船長から伺いました。 午後5時半に出港し、午前0時までの釣り。 神威岬沖の水深600m前後で。 真イカを1人あたりで、約100パイ〜230パイ。 大きさは、30パイ入りが少し混じりましたが40パイ入り〜50パイ入りサイズがほとんど。初期の小さくて美味しいイカですね!!。 棚は、40m前後→30m前後。 イカ針は6号小型(新型)きらきらオッパイ針の仕掛で、数が釣れていたそうです。

 真イカ 良いスタートです! 日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)6月1日の夜の釣果(1日記述) : 船長から伺いました。 午後5時半に出港し、午後11時45分までの釣り。 余別沖の水深500m前後で。 真イカを1人あたりで、約140パイ〜240パイ。 大きさは、30パイ入りが少しで40パイ入り〜50パイ入りサイズがほとんど。 小さくて美味しいイカですね!。 棚は、40m前後→30m前後。 イカ針は6号きらきらオッパイ針の仕掛、さかな針14cmの仕掛、その他で釣れていたそうです。

 ヤナギ数釣りも!、真ダラ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)6月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午前6時半に出港し、午前0時までの釣り。 カムチャッカ根の水深150m〜160mで。 ヤナギノマイは1人あたり、 約40匹〜80匹、 大きさは 26cm〜38cm 真ダラは全体で 5本、 大きさは 60cm〜70cm  白フラッシャーやピンクフラッシャー付き毛針のいろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。 <平日は、ブリのデイジギングで毎日出港する予定だそうです。 まだ空きがあるそうですから、乗りたい方は長内船長まで電話してください!>

 真イカ 来ました! 幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)6月1日の夜の釣果(1日記述) : 船長から伺いました。 午後5時半に出港し、午前0時半までの釣り。 幌武意沖の水深1,000m前後で。 真イカを1人あたりで、約100パイ〜300パイ。 大きさは、30パイ入りがわずかで40パイ入り〜50パイ入りサイズがほとんど。 小さくて美味しいイカです!。 棚は、40m前後。 イカ針は6号きらきらオッパイ針の仕掛、さかな針14cmと18cmの仕掛、その他で釣れていたそうです。

 ブリ デイジギング  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)6月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に幌武意漁港から出港し、午前11時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖、幌武意前浜など広い範囲の水深40m〜60mで。 釣果は全体で 約20匹、大きさは 5kgが1本、あとは2kg〜3kg台。 ジグは150g〜200gで、カラーは様々。 19日は魚影がやや薄い上に、食いが渋い日だったそうです。

 真ダラ、ヤナギ、ホッケ  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)6月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午前4時過ぎに出港し、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深150m〜160mで。 ヤナギノマイは全体で、 約40匹、 大きさは 25cm〜35cm 真ダラは1人あたりで 4本〜9本、 大きさは 50cm〜82cm  ホッケは全体で 約30匹、大きさは 30cm〜40cm。  白フラッシャーやピンクフラッシャー付き毛針のいろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。 

 真イカ 始まりました!! 古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)6月1日の夜の釣果(1日記述) : 船長から伺いました。 午後5時半に出港し、午前0時半までの釣り。 幌武意と美国の間の水深160m前後で。 真イカを1人あたりで、約200パイ〜300パイ。 大きさは、25ハイ入りと30パイ入りがわずかで40パイ入り〜50パイ入りサイズがほとんど。  棚は、50m→30m。 イカ針は6号きらきらオッパイ針の仕掛で釣れていたそうです。

               **********

 ブリ デイジギング 連日好調!  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)6月18日の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に幌武意漁港から出港し、午前11時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意前浜の水深50m前後で。 釣果は全体で 約85本、大きさは 7kgが1本、あとは2kg〜3kg台。 ジグは150g〜200gで、カラーは様々。 ヒットゾーンは中上層から底近くまでいろいろ。

               **********

 ヤナギ好釣果!、真ダラ、ホッケ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)6月17日の釣果(17日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、午前11時半までの釣り。 カムチャッカ根〜無線塔沖の水深150m前後で。 ヤナギノマイは1人あたり、 38匹〜108匹、 大きさは 26cm〜35cm 真ダラは全体で 35本、 大きさは 50cm〜80cm  ホッケは全体で 約10匹、大きさは 40cm前後。  白フラッシャーやピンクフラッシャー付き毛針のいろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。 <来週も平日は、ブリのデイジギングで毎日出港する予定だそうです。 まだ空きがあるそうですから、乗りたい方は長内船長まで電話してください!>

 ブリ デイジギング 連日好調!  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)6月17日の釣果(17日記述): 船長から伺いました。 午前6時に幌武意漁港から出港し、午後1時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意前浜の水深45mm〜55mで。 釣果は全体で 110本以上、大きさは 4kg〜5kgが6本、あとは2kg〜3kg台。 ジグは150g〜200gで、カラーはブルー、ブルピン、赤金、フルシルバー、グリーン系、紫色など様々。 ヒットゾーンは中層から底まで。 

               **********

 ヤナギ、真ダラ、ホッケ いずれも好釣果! 川白漁港 あさひ丸 (森船長0135−77−6016)6月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に出港し、午前10時前までの釣り。 川白沖の水深110m〜130mで。 真ダラは全体で 約50本、 大きさは 1m前後が8本、あとは50cm〜80cm ヤナギノマイは1人あたり、約30匹〜40匹、 大きさは 30cm前後  ホッケは1人あたりで 約30匹〜40匹、大きさは 30cm〜45cm。  白やピンクなどのフラッシャーが付いた毛針を使ったいろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ、サンマ。

 ブリ の デイジギング 連日好釣果  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)6月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午前11時過ぎまでの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深40m〜50mで。 釣果は1人あたりで 10本〜16本、大きさは 5kgが2本、4kgが3本、あとは2kg〜3kg。  ジグは150g〜200gで、カラーは色々ですが、赤金、ブルピン、ゴールド系など。 ヒットゾーンは、底周辺。   【また、昨日の15日も調子良く釣れたそうです。 全体で約90本、大きさは、7kg、5kgが各1本、4kg台が8本、あとは2kg〜3kg。 15日のお客様方は、ご年配の釣り師の皆様だったそうで、連続釣れて来るので、体力的にきつかったそうです。】  <これからも平日は、ブリのデイジギングで毎日出港する予定だそうです。 まだ空きがあるそうですから、乗りたい方は長内船長まで電話してください!>

               **********

 ブリ の デイジギング 好釣果  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)6月14日の釣果(14日記述): 船長から伺いました。 午前6時に少人数を乗せて出港し、午前11時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深50m前後で。 釣果は1人あたりで 11本〜24本、大きさは 5kgが1本、4kgが3本、あとは2kg〜3kg。  ジグは180g〜200gで、カラーは色々ですが、ブルピン、ピンク系など。 インチクを使った人が竿頭だったそうです。 ヒットゾーンは、中層〜底。  <6月15日・16日と、ブリのデイジギングで毎日出港する予定だそうですが、まだ空きがあるそうです、乗りたい方は長内船長まで電話してください!>

               **********

 ブリ の デイジギング 余別漁港 漁福丸 (澤船長090−8897−0160)6月13日の釣果(13日記述) : 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 水無し沖の水深約45m〜55mで。 釣果は1人あたりで 9本〜15本、大きさは 4kg〜5kgが6本、あとは2kg〜3kg。  ジグは、150g〜200gで色は様々。ヒットゾーンは、中層〜底。 

 ブリ の デイジギング   幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)6月13日の釣果(13日記述): 船長から伺いました。 午前6時過ぎに少人数を乗せて出港し、正午までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深45m〜50mで。 釣果は1人あたりで 12本〜17本、大きさは 6kgが1本、5kgが1本、あとは2kg〜4kg。 3kg前後が大半。 ジグは170g〜200gで、カラーは色々ですが、ブルピン、ブルー、ピンク、シルバーなど。 途中から、銅パイプやステンレスパイプ製のテンテンを使い、底近くでヨーヨー釣りをした方も釣ったそうです。 ヒットゾーンは、底周辺が多かったそうです。  <6月14日・15日・16日と、ブリのデイジギングで毎日出港する予定だそうですが、まだ空きがあるそうです、乗りたい方は長内船長まで電話してください!>

               **********

 ブリ  ナイトジギング 初日  余別漁港 和光丸 (能代谷船長0135−46−5402)6月11日の夜の釣果(12日記述): 船長から伺いました。 11日の午後5時に出港し、午後11時半までの釣り。 サルワンの水深47m前後で。 釣果は全体で 約30本(1人あたり1本〜8本)、大きさは 7kgが1本、6kgが1本、あとは4kg〜5kg。 ジグは、ドラッカーハイブリッドタイプX420g赤金、ステイ400g赤金、ゾロ400gなどだったそうです。

 ブリ の デイジギング 余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132月12日の釣果(12日記述) : 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午前10時半にお客様の要望で早上がり。 神威岬沖の水深約40m〜50mで。 釣果は全体で 約120本、大きさは 4kg〜6kgが約15本、あとは2kg〜3kg。  ジグは180gでマサムネやブラスター、その他色々。 カラーは、様々だったそうですが、グリーゴールドやグリーンピンクを使った方が多かったそうです。 ヒットゾーンも、中層から底までバラバラだったとのお話しでした。

 ブリ デイジギング 9.4kg!  マイボート 来岸漁港 6月12日の釣果(12日記述): 釣りの帰りのお客様が、ブリの大きさを計ってくださいと来店されまして、早速計測しました。 午後3時15分頃に計測しましたが、尾叉長で 88.0cm、重さが血抜き後で 9.4kg もありました。 夜明け前から、神威岬沖の水深40m〜50mで釣ったそうですが、夜明けにこの魚が釣れたそうです。 ジグは、ジャックナイフ180gのグローピンクだったそうです。食ったのは、底とのこと。この他に7匹を釣ったそうですが、2kg〜3kgで小さかったのでリリースしたそうです。 血抜き済みで時間も経過していましたから、釣ったときは10kg近くあったのでは無いでしょうか?

 ホッケ、ヤナギ、真ダラ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)6月12日の釣果(12日記述): 船長から伺いました。 午前4時に出港し、午前10時に沖上がり。 カムチャッカ根の水深160m〜170mで。 ホッケは1人あたり、約50匹〜60匹、 大きさは 30cm〜40cm ヤナギノマイは1人あたり、約5匹〜10匹、 大きさは 25cm〜33cm。 真ダラは1人あたりで 5本前後、 大きさは 約60cm〜70cm 白フラッシャー付き毛針のいろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。 

 ヤナギ好釣果!、真ダラ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)6月12日の釣果(12日記述): 船長から伺いました。 午前6時半に出港し、午後1時半までの釣り。 カムチャッカ根〜無線塔沖の水深110m〜160mで。 ヤナギノマイは1人あたり、約20匹〜50匹、 大きさは 26cm〜35cm 真ダラは全体で 約40本、 大きさは 50cm〜82cm  ホッケは全体で 約10匹、大きさは 30cm〜45cm。  白フラッシャーやピンクフラッシャー付き毛針のいろいろな胴突仕掛。エサは、赤イカ。  <6月13日から16日まで、ブリのデイジギングで毎日出港する予定だそうですが、まだ空きがあるそうです、乗りたい方は長内船長まで電話してください!>

 ヤナギ、真ダラ、ホッケ  古平港 宝進丸 (依田船長0135−42−3578)6月12日の釣果(12日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午後1時前までの釣り。 無線塔沖の水深120m〜155mで。 ヤナギノマイは1人あたり、約10匹〜30匹、 大きさは 25cm〜35cm 真ダラは1人あたりで 5本前後、 大きさは 50cm〜60cm ホッケは1人あたりで 約5匹〜10匹、大きさは 30cm〜40cm。  白やピンクなどのフラッシャーが付いた毛針のいろいろな胴突仕掛。エサは、赤イカ、サンマ。

               **********

 ヤナギ好釣果、真ダラ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長0135−45−6176)6月11日の釣果(11日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、正午までの釣り。 マッカ岬沖の水深170m〜200mで。 ヤナギノマイは1人あたり、約30匹〜40匹、 大きさは 25cm〜35cm。 真ダラは1人あたりで 10本前後、 大きさは 約60cm〜70cm 白フラッシャー付き毛針のいろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。 

 ブリ デイジギング 連日好調!  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)6月11日の釣果(11日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に幌武意漁港から出港し、午前11時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約50m〜60mで。 釣果は全体で 約105本、大きさは 4kg〜6kgが約2割、2kg〜3kg台が約8割。 ジグは150g〜160gで、カラーは色々。 ヒットゾーンは上から底まで。 

               **********

 ブリ の デイジギング 余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132月10日の釣果(10日記述) : 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約40m〜50mで。 釣果は全体で 約50本、大きさは 5kg〜6kgが約4本、あとは2kg〜4kg。  ジグは150g〜200gで、カラーは、ピンク、ブルピン、グリピン、その他色々なもの。 ヒットゾーンは、底上10mよりも下側で釣れたものが多かったそうです。

 ブリ の デイジギング 来岸漁港 MARI U 小山船長090−8709−9285)月10日の釣果(10日記述) : 船長から伺いました。 午前5時に出港し、正午までの釣り。 神威岬沖の水深約50m〜60mで。 釣果は全体で 約45本、大きさは 6kgが1本、5kgが1本、4kgが1本、あとは2kg〜3kg。  ジグは150g〜200gで、カラーは色々なもの。 ヒットゾーンは、底から中層まで。多くをリリースしたそうです。

 ヤナギ好釣果!、ホッケ、真ダラ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)6月10日の釣果(10日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深120m〜170mで。 ヤナギノマイは1人あたり、約40匹〜65匹、 大きさは 26cm〜35cm。 ホッケは1人あたりで 5匹〜10匹、大きさは 30cm〜45cm。 真ダラは1人あたりで 2本〜10本、 大きさは 約60cm〜80cm 白フラッシャーやピンクフラッシャー付き毛針のいろいろな胴突仕掛。エサは、イカ、赤イカ。  <来週の13日から16日まで、ブリ釣りで毎日出港する予定だそうですが、日によってまだ空きがあるそうです、乗りたい方は長内船長まで電話してください!>

 ブリ デイジギング 数釣り!  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)6月10日の釣果(10日記述): 船長から伺いました。 午前6時に幌武意漁港から出港し、午後1時前までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意前浜の水深約50m〜60mで。 釣果は全体で 150本以上!、大きさは 7kg前後4kg〜6kgが約3割、2kg〜3kg台が約7割。 ジグは150g〜200gで、カラーは多くの色々な色。 ヒットゾーンは上から底まで!。 

               **********

 ヒラメ   余別漁港 広栄丸(広和船長0135−46−5174)日の釣果(日記述): 乗船したお客様から釣りの帰りに伺いました。 午前4時半に出港し、午前11時までの釣り。 西河沖〜水無し沖の水深30m〜40mで。 ヒラメは1人あたりで、2枚〜6枚、 大きさは 約40cm〜50cm。 バケは500gで、オレンジ色、ピンク色、黒っぽい物など色々。 仕掛のタコキャップの色は、ピンク色、オレンジ色、赤色系など。 エサはオオナゴ。

 ブリ の デイジギング  余別漁港 漁福丸 (澤船長090−8897−0160)6月9日の釣果(9日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約45m〜55mで。 釣果は全体で 17本、大きさは 2kg〜4kg。 3kg前後が大半だったそうです。 ジグは150g〜200gで、カラーは、ブルー系、ピンク系、シルバー系など色々なもの。 ヒットゾーンは中層が多かったそうです。

 ブリ の デイジギング  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)6月9日の釣果(9日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、正午までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深48m〜56mで。 釣果は1人あたりで 2本〜5本、大きさは 2kg〜4kg。 ジグは100g〜180gで、カラーは、ブルピン、シルバー系、100gのインチクで釣った人もいたそうです。 ヒットゾーンは中層が多かったそうです。

 ブリ デイジギング 好釣果  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)6月9日の釣果(9日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に幌武意漁港から出港し、午前11時過ぎまでの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約50m前後で。 釣果は全体で 64本、大きさは 7kg前後が2本、4kg〜6kgが約10本、あとは2kg〜3kg。 ジグは150g〜170gで、カラーは色々。 ヒットゾーンは中層から上。 

               **********

 ヤナギ、真ダラ  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132日の釣果(日記述): 船長から伺いました。 午5時に出港し、午前11時までの釣り。 神威岬沖の水深130m前後で。 ヤナギノマイは1人あたり 20匹〜40匹、大きさは 約25cm〜33cm 真ダラは1人あたり 4本〜5本、大きさは 約50cm〜70cm。 白やピンクのフラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛で、エサはイカ、赤イカ。

 ブリ デイジギング 好調です  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)6月7日の釣果(7日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に幌武意漁港から出港し、午前11時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深約50m〜60mで。 釣果は全体で 約60本、大きさは 8kg弱が1本、あとは3kg〜7kg。 きょうも4kg〜5kgが大半だったそうです。 ジグは150g〜200gで、カラーは色々。 ヒットゾーンは上層から底まで様々。 

               **********

 サクラマス 好釣果!4.2kgも  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)3月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様方からと、船長から伺いました。 午前5時半に出港し、正午までの釣り。 サルワンの水深60m〜70mで。 サクラマスは1人あたり 5匹〜10匹、 大きさは 4.2kgが1匹、3.5kgが1匹、2kg超がほとんど500g〜800gは数匹  バケは 600gで、アワビ貝貼り、レーザー、その他様々。 タコベイトの色はピンク、グリーン、など様々でしたが、タコベイト無しの毛針だけにも食ってきていた。 棚は、30m〜底周辺との事。 シャクリは様々だったそうです。 サバイバーのブルーイワシも結構釣れたと、オススメをいただきました。 上の写真は、4.2kgを釣った 江別市大麻の 黒田 博幸さんです。黒田さんは午前8時30分過ぎに、サルワンの水深60mで、棚がカウンターで35mの辺りで釣れたそうです。 4kg越えの板マスは実に良いものですね〜!うらやまし〜!! (今シーズンは、日を追ってのサイズアップも順調な感じですね。)

               **********

下の写真は↓、アラスカへ遠征したときの写真ではありません、余市です!。 (この魚のせいで、アラスカの雰囲気出ちゃってません?)

 ↑ サクラマス釣り中に、キングサーモン10.5kg!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)3月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様からと、船長から伺いました。 午前6時前に出港し、正午前までの釣り。 余別沖と積丹岬無線塔沖の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 7匹、 大きさは 2.3kgと2kgが各1匹、1.5kgが1匹、500g〜1kgが4匹。 ホッケは1人あたりで 30匹〜50匹、大きさは、30cm〜45cm シャクリは、黒水牛、鹿角が活躍。良型のサクラマスにショックリーダーを切られたり、やりとり中にバケ尻の針が折れたりして、良型をばらしたそうです。 しかしながら、上の写真のなんと、10.5kg の マスノスケ(キングサーモン)が釣れて、船上どころか積丹中の遊漁船の間で騒然となったそうです。釣り人は、札幌市豊平区の 金野 祐 さんです。金野さんのお話しによると、釣れたのは午前11時頃で、積丹岬無線塔沖の水深46m、棚は針までで40mだったそうです。 積丹でマスノスケのこのサイズが釣れたのは25年以上無いと思います。アラスカやカナダへ行かないで良型を釣るなんて、宝くじの1等当選に匹敵する確率ではないでしょうか?!。 このマスノスケが、選んで食らいついたのは、サバイバー250gモスグリーンオオナゴでした。 それにしても金野さん、よくぞ無事に釣り上げましたね!、お見事でした。おめでとうございます。 

               **********

 ブリのデイ・ジギング 13kgも↑  美国漁港 仁成丸(佐藤船長090−8899−1693)11月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 午前7時に美国漁港から出港して、午後1時40分までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深約60m〜85mで。 ブリは全体で 36本、大きさは帰港後計測、 13kgが1本、9kg前後が2本、4kg〜6kgが30本、3kg前後が3本。 ジグは、200g前後。上の写真は、この日最大の 13kg、尾叉長86cmを釣った 旭川市東旭川の 山崎 清さんです。『大物です、やりましたね〜!!』 これほどの脂が乗った大物ブリですと、超高級魚になると思われます。 <持ち上げるのが大変なサイズです!!>

               **********

 ブリのデイ・ジギング 12kgオーバーを頭に 20本  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)10月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午前5時半過ぎ、時化気味の中を美国漁港から出港して、午前9時半過ぎまでの釣り。 幌武意沖の水深65m前後で。 ブリは全体で 20本、大きさは帰港後計測して、 血抜き後 12.5kg超が1本、11kgが3本、10kgが1本、あとは6kg〜8kg。 ジグは、180g〜250g。  食ってきたのは底近くから中層まで。 上の写真は、尾叉長85.5cm、血抜き後11.0kgを釣った、仁木町の 堀 隆義さんです。 堀さんは、7kg〜11kgを3本釣りました。使ったジグは、スライドアクター240gアルミシルバーなどとの事でした。 <最近、良型〜大物が連日釣れていますね! 数年前に釣れた16kg〜17kg級を越えていく夢が・・・・。 誰かに釣れてくれれば良いですね!!>

               **********

 ブリのデイ・ジギング 13.5kg頭に 1人で7本  余別漁港 マイボート (札幌市南区の 久末 勝 さん10月17日の釣果(18日記述): ご本人から18日に伺いました。 18日の朝は強風で時化たので、出港せずに帰ってきたそうです。 17日に釣れたブリを積んで立ち寄ってくださいました。 17日の午前9時に出港して、午後1時30分までの釣り。神威岬沖の水深が約50m〜60mで釣ったとのこと。左の写真のブリは、当店で18日の午前9時に計測しましたが、 尾叉長で88cm、13.5kg(血抜き後) ありました。 ほぼ同じぐらいの大きさのブリがもう1本、あとは7kg〜10kgが5本、合計で7本を釣ったそうです。 使ったジグは、ドラッカーハイブリッドタイプU 220g の赤金だったそうです。 ランクルに積まれていた、100リッター前後のクーラーは3コでした。 脂の乗りきった大物ブリばかりでしたので、大喜びでした。

 
     投 げ 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

 釣り会成績: カルデラFC 小樽市銀鱗会 左のボタンからご覧下さい。

◆ 真ガレイ   兜千畳敷  5月29日の釣果(29日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 泊村の兜千畳敷の先端よりもだいぶ左側で釣りを始めたのが午前3時。午前9時過ぎに切り上げたそうですが、午前4時過ぎに1枚釣れた1枚が最後だったそうです。 午前4時以降は周りでもほとんど釣れなかったそうです。 釣果は1人で真ガレイを 5枚、大きさは、 20cm前後。 側で釣っていた人達の中で 37cmの真ガレイを1枚釣った人がいたそうです。 また、近くでジギングをしていた方が、3kg前後のイナダを2匹釣ったのを見たそうです。

◆ アブラコ43cm  余市港  5月19日の釣果(19日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 夜中から朝方まで余市港で投げ釣りをしてきた2人組のお客様の内のお一人が、43cmのアブラコが釣れて良い引きだったとの事でした。詳しいお話しは伺う時間がありませんでした。

◆ 真ガレイ   兜千畳敷  5月15日の釣果(16日記述): 『15日釣れました』と16日に伺いました。 15日の午後2時過ぎに千畳敷に到着したそうで、先端よりも左側に空きがあり釣りを始めたのが午後2時半とのこと。 午後4時半前に切り上げてきたそうで、短時間の釣りだったそうですが、 真ガレイをちょうど10枚、大きさは 30cmが1枚、あとの9枚は20cm〜25cm。 塩イソメと生のイソメ両方を使ったそうです。 オモリは三角30号。針14号。70m前後投げたとのことでした。

◆ 真ガレイ、ホッケ  兜千畳敷  5月1日の釣果(3日記述): 余市町のお客様から3日に伺いました。 このお客様が、4月30日の夜遅くに兜千畳敷に行ったら、運良く先端部が空いていて釣り座を構えることが出来たそうです。 真夜中からコマセカゴにオキアミブロックを中心にして作った撒きエサを詰めて、同じ場所に投げ続けたそうです。そのかいあって、夜明け前から、真ガレイがポツポツと釣れたそうです。午前10時過ぎに切り上げたときの釣果は、 真ガレイが15枚、大きさは20cm〜35cm(25cm〜30cmが10枚)。 宗八ガレイの25cmが1枚。 ホッケが4匹、大きさは25cm〜30cm。 コマセカゴで撒きエサを撒きながらヤリイカもエギで釣ってみたそうです、ヤリイカは2ハイ、大きさは胴長20cmと25cm

◆ ホッケ  神岬漁港  4月24日の釣果(25日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 神岬漁港の外防波堤で釣りを始めたのが、24日の午後3時半頃だったそうです。午後4時頃からホッケが寄ってきたようで、まずまずのペースで釣れたそうです。 ところが日が沈んで暗くなったら止まったそうです。午後7時前にやめたそうです。 ホッケの釣果は1人あたりで 約20匹〜30匹。大きさは 約30cm〜40cm。1匹だけ 45cmの根ボッケ級を釣った人もいたそうです。 エサは、サンマ、オキアミなど。 コマセカゴを使い、オキアミブロックを入れていたそうです。 サビキ仕掛で釣っていた人もいたそうです。

◆ カレイ4種、ホッケ  幌武意漁港  4月8日の釣果(8日記述): 幌武意漁港の北防波堤で釣ってきた3人のお客様方から、釣りの帰りに伺いました。 午前4時から午前8時半まで釣ってきたそうです。 3人合わせての釣果ですが、 黒ガシラ3枚30cm〜40cm。 アサバガレイ25cm前後8枚。 真ガレイ4枚、19cm〜27cm。 宗八ガレイ4枚、20cm〜23cm ホッケは25cm〜30cmを3匹。 エサはイソメ。 金曜日でしたが、釣り人が他にほとんどいなかったそうです。 

     防波堤・港内の釣り  ・このページのトップへ戻る

◆ 真イワシ   古平港  6月26日の釣果(26日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 神恵内漁港で投げ釣りでもと、午前8時半頃に余市をスタートしたお客様が、午後1時過ぎに来店され、神恵内側は強風で時化ていたので、東積丹側に当丸峠を通って戻ってきたそうです。 古平港を覗いたら、地元の方がサビキでマイワシを釣っていたので、車に入っていた1ケしかなかった6号針のサビキで釣ってみたそうです。 午前11時半頃から1時間程しか釣らなかったそうですが、20cm前後の真イワシを1人で10匹釣ったそうです。 早くから釣っていた地元の方は、7号針のサビキで30匹以上を釣っていたそうです。 だいぶ前からマイワシが少しずつ釣れていたと聞いたそうで、昔と時季がずいぶん違ってしまったと、おっしゃってました。

◆ ホッケのサビキ釣り   岩内港  5月8日の釣果(9日記述): 昨日釣ってきましたとおっしゃる地元のお客様から伺いました。 8日のお昼過ぎに旧フェリー埠頭で釣りを開始したそうです。 午後4時過ぎに切り上げるまでの釣果は、1人あたり、約5匹〜15匹、大きさは 約25cm〜35cm。 撒きエサを撒いて、サビキ仕掛の一部の針にオキアミを付けたそうです。 先週までは、ホッケが小さすぎて持って帰る物がなかったそうですが、8日のホッケはまずまずの大きさで喜んでました。 同じ埠頭でも場所によっては、ホッケが小さかったそうです。

     ルアーフィッシング  ・このページのトップへ戻る

 バーサスU80シェルのカラーチャートです↓。この他にもお客様からのご注文で多くのカラーのものを製作しております。 なお一番下の2ケはディーヴァ90シェルのオオナゴカラーと、ブルーイワシです。

 

 2015年9月にリニューアルして、バーサスはバーサスUとなりました。 下の写真は、アルミタイプのカラーチャートです↓。 カラーのバリエーションはこの他に多数ございます。

               **************

◆ ショアの イナダ  泊村 兜千畳敷  6月28日の釣果(28日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 兜千畳敷で、夜明けから釣れ始めたそうです。釣り人は多かったそうですが、数は先端周辺を中心に全体で 約10匹だったそうです。  大きさは 2kg前後〜4kg。 この情報をくださった2人組のお客様は、2人とも2匹ずつ釣ってきたそうです。 夜明けにシルバーのジグで釣った人がいたそうですが、グリーンゴールドのジグが優勢だったように思います、とのお話しでした。 

◆ サクラマス 1人で2匹  積丹町美国  6月24日の釣果(24日記述) 左の写真は、小樽市の 上家 和幸さんが本日釣ってきました、2匹のサクラマスです。 当店で正午過ぎに計測しましたら、 尾叉長で 62.5cm/3.5kg と 58.0cm/2.65kg でした。上家さんが釣った場所は、美国川河口。 美国漁港の南防波堤の先端から外海側に魚影を見つけてキャスト。 色々なルアーを試したそうですがほとんどが無視されたそうです。ショアラインシャイナーZ140のHITグリーンにだけはアタリがあったそうで、このミノーの引き方を色々変えて試していたら釣れたそうです。大きい方が午前4時頃で、小さい方は午前5時半頃に釣れたそうです。

◆ ショアの イナダ  余市町  6月19日の釣果(19日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 余市町の 出足平漁港の先のワッカケ岬で、夜明けに近くでナブラが出来たりして、短時間でしたが イナダが4人で3匹釣れたそうです。大きさは約2kg前後との事でした。バラシも1匹あったそうです。 60gのピンク系のジグで1匹釣ってきたお客様からの情報です。  また、別のお客様から伺いましたが、小樽港の南防波堤でも結構釣れる日があったそうです。

◆ ショアの イナダ  寿都町  6月18日の釣果(18日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 寿都町の 砂政泊の平盤で、夜が明けてから釣り始めて、午前6時半過ぎに切り上げてきたそうです。 午前5時半頃と、午前6時頃に1匹ずつ釣れたそうです。 大きさは2匹ともに2kg超えとの事。 ジグは、ピーボーイジグ バーチカル45gのブルーバックとのこと。 中層で食ってきたそうです。 特別なアクションを付けず、ただ巻きだったとおっしゃってました。    また、別のお客様から伺いました。政泊海岸は釣り人がとても多かったそうですが、風が強く波が高かったので、釣りが出来る場所が限られたそうです。ポツポツと釣れていたそうです。 帰りに雷電海岸で釣ってみたら、午前11時前に2kg超えが1匹釣れました、とのことでした。今年はショアのイナダ釣りが好調ですね!

◆ ショアの イナダ  兜千畳敷  6月17日の釣果(17日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 泊村の兜千畳敷で、17日は夜明け前後に続けて釣れたそうですが、数は10匹前後だったそうです。 長い時間は釣れず、朝イチだけで止まったそうです。 大きさは2kg前後〜3kg前後。 ジグは、ピンク系で釣っていた人が多かったそうです。

◆ ショアの イナダ  兜千畳敷  6月16日の釣果(16日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 泊村の兜千畳敷で、夜明け前から多くの釣り人が来ていたそうです。16日は千畳敷の左側で数が釣れた日だったそうです。(15日は右側が良かったですとの、話を聞いてきたそうです。) 早朝から釣れたそうですが、午前8時前にはほとんど止まったそうです。 ただ、この情報をくださったお客様が、1人で8本を釣った人が切り上げて行って、その場所に入ったら、午前10時を過ぎてから、運良く1本を釣ったそうです。1人で8本を釣った方の次は、5本、3本、2本、2本、とかで、全体で20本は釣れました、との事でした。魚の重さは、約2kg〜3kgとの事。 皆さんそれぞれ色々なジグを使っていたそうです。 ジグは、35g〜50g以上。

◆ ショアの イナダ  泊村  6月14日の釣果(14日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 泊村の兜千畳敷で、夜明け前から多くの釣り人が来ていたそうです。 この日はあまり数が釣れなかったそうですが、イナダ1匹と、ヒラメ1枚を釣ってきた方がいました。詳細まではお伺いできませんでした。

◆ ショアの イナダ  積丹町  6月13日の釣果(13日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 沼前岬で午前6時半頃から午前9時過ぎまで釣ってきた方が、約2kgのイナダを1匹釣ったそうです。 60gのグリーンのジグで釣ったそうです。 雨の予報で、南の風が強い日だった為か、釣り人はいなかったそうです。 海は全く穏やかだったそうです。

◆ ショアの イナダ  寿都町、泊村  6月12日の釣果(12日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @寿都町の政泊海岸では、早朝からブリ、イナダ狙いの人達が多かったそうです。 早朝からポツポツと釣れていたそうです。 釣った人で1人あたり 1匹〜2匹ぐらとの事でした。 大きさは 約2kg〜3kg超との事。 色々なジグで釣れていたそうです。  A泊村の兜千畳敷でも、夜明け前から多くの釣り人が来ていたそうです。 午前7時頃に切り上げてきたお客様からのお話ですが、釣り人も多かったですが、全体で釣れた数は40匹を超えて釣れていたと思います、との事でした。 

◆ サクラマス   神恵内村  6月12日の釣果(12日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 珊内川河口の左の岩場で、午前5時半頃に、サクラマスを釣りましたとの事で、当店で午前8時15分頃に計測しましたら、尾叉長で58cm、 重さが2.6kgでした。ショアラインシャイナー14cmのシンキングのオオナゴカラーで釣ったと伺いました。 

◆ ショアの イナダ  寿都町  6月11日の釣果(11日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 寿都町の弁慶立像下の海岸では、早朝からブリ、イナダ狙いの人達が多かったそうです。 夜明けから午前9時半頃までの釣果で、1人あたりで 1匹〜5匹ぐらとの事でした。 大きさは 2kg前後〜3kg超だったそうです。また、具体的な数字の情報でありませんが、イナダ〜ブリのショアジギングは、色々な場所で釣れているそうです。

◆ サクラマス 今シーズンの最大か?  岩内町  6月5日の釣果(6日記述) 上の写真は、札幌市北区の 広永 俊章さんが、雷電海岸の岩場で釣った、サクラマスの大物です。 当店で午後5時40分に計測しましたが、尾叉長で 70.0cmで 4.8kg もありました。 鼻曲がりの雄でした。 釣り上げたのは午前4時頃とのことで、ルアーはタイドミノースリム175のピンクバックだったそうです。 今年の春は、サクラマスの釣れ方は順調なシーズンでしたが、魚影が濃い年の割には、良型が少ないと感じていました。 最近は跳ねているのに、ルアーに反応が鈍く、釣果は下降気味でした。 5月に入ってからヒラメが釣れ始めたと思いきや、もう型物まで釣れたとか。 ショアのブリ〜イナダも早めの釣れ始めですし、淡水の釣りものが気になり始めたりで、サクラマス熱も冷めかけてきていた時季でしたが、まだ熱い情熱を維持している人がいたのですね。 広永さんは、この大物の他に2匹、3.3kgと、2.3kgも釣っていました。 その2匹もタイドミノースリム175のオオナゴと、140カタクチで釣ったとのことでした。

◆ ショアの イナダ、ヒラメ  泊村、寿都町  6月5日の釣果(5日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @弁天島から右方向に歩く、大岩周辺の岩場で、早朝からヒラメ、ブリ狙いのルアーマンが多かったそうです。 午前5時前後にポツポツと数人の人達が釣ったそうです。 このお話をしてくださったお客様は、約50cmのヒラメをヒラメタル40gで釣ったそうですが、 近くにいた方が、2kg超のイナダを2匹釣ったそうです。 他にもヒラメを1枚釣った方や、イナダを1匹釣った方がいたそうです。 A別のお客様が、兜千畳敷のすぐ左の岩場(照岸側)で、午前4時頃にイナダを釣ったそうで、当店で午前8時20分頃に計測しましたら、尾叉長で67cm、3.4kgありました。 ジグは撃投ジグ85gを使ったそうです。 B寿都町の政泊海岸では、早朝からブリ、イナダ狙いの人達が多かったそうです。 5日は早朝にまったく釣れず、午前7時前からイナダがポツポツと釣れだして、午前9時前に止まったそうです。 夜明け前から釣りに入っていた人達も大かったそうですが、早朝釣れなかったので、場所を変えようと引き上げた人達も多かったそうです。 帰りに当店に立ち寄ってくださった方達の釣果は、1人あたりで 8匹、5匹、2匹 などでした。 大きさは約2kg〜3kg超だったそうです。

◆ ショアジギ イナダ  泊村  6月3日の釣果(3日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 弁天島の右側で、早朝からブリ狙いのジギングをしてきたそうです。 午前7時頃に、約60cmのイナダが1匹釣れたそうです。 ルアーは、ジグのイボンヌ65gで、カラーは、グリーンシェルだったそうです。 ブリの良型を上げられるタックルでは無かったそうで、釣れたサイズがちょうど良かったと喜んでいました。

◆ サクラマス   島牧村、積丹町  6月3日の釣果(3日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。@島牧村江の島海岸の北国澗の右側に、午前4時頃に、友達と二人で釣りに入った方達が、サクラマスが午前5時前から釣れたそうで、午前6時前頃までに、サクラマスを1人あたり 4匹 と 1匹。大きさは2kg〜3kg超。 さらにはオマケで フクラギの2kg超も釣れたそうです。 反応が良かったのが14cmのミノーで、カラーはイワシだったそうです。  A美国の厚苫海岸の岩場で、午前5時頃に、海藻だらけの悪コンディションの中、運良く 50cm超のサクラマスを1匹釣ったそうです。 ルアーは、岡ジグLT−35のグリーンだったそうです。 波も高めで、海藻がルアーに団子状になって付いてくるので、思い切って場所を変えてみようと、珊内まで走ったそうです。 沖でサクラマスが時々跳ねているのと、河口よりも左の岩の上に、付いてからあまり時間の経っていない鱗と、血を見つけたそうで、気合いが入ったそうですが、色々なルアーを替えながら、ルアーへのアクションの付け方も色々試したそうですが、1〜2度ショートバイトがあっただけで、釣れなかったそうです。

◆ ショアジギ イナダ〜フクラギ  泊村  6月1日の釣果(2日記述) 1日に釣りの帰りのお客様から伺いました。 兜千畳敷で、早朝からブリ狙いのジギングをしてきたそうです。 このお客様は、約60cm〜70cm(約2kg〜3kg)を 3本釣ったそうです。 他に何人も釣りに来ていたそうで、ほとんど皆さんが1人あたり 2本〜3本を釣っていたそうです。 このお客様は、85gの撃投ジグを使ったそうです。

◆ サクラマス   神恵内村、余市町  5月30日の釣果(30日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 @珊内川河口の左側の岩場で、早朝に1匹釣れたのを見てきたとのことでした。 少し遠かったので、大きさや、ルアーはわかりませんでした、との事でした。 A余市町の豊浜町の手前の、潮見町の小さな漁港(島泊漁港)の右のゴロタ場で、午後4時過ぎに1匹釣りましたと、午後5時頃に当店に来店された札幌市のお客様がいました。当店ですぐに計りましたら、尾叉長で56cmで、2.6kgありました。 釣ったルアーは、初期型バーサス90シェルのグリーンバックとのお話しでした。

◆ ショアの ”いなだ”  寿都町  5月29日の釣果(29日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 左の写真は、弁慶岬の政泊海岸で釣った いなだ2匹です。 釣り人は、余市町の 神 正徳さん(じん まさのり さん)。 この2匹は、午前3時50分と4時30分に釣れたそうです。 そのほかにバラシが数回あったそうです。 神さんのこの日のタックルはサクラマス用のもので、ルアーウエイトが42gまでのロッドに、ラインが1.2号のPE。 ラインブレイクが恐くて強引なやりとりは出来なかったそうです。 ルアーは、岡ジグLT−40のサケ稚魚カラーだったそうです。 近くで釣っていたイナダ〜ブリ狙いの人達も、1人あたり2匹〜5匹(午前7時半頃までの釣果ですが)を釣っていたそうです。その中には4kgを超えていそうな魚もあったそうです。 写真の2匹、当店で午前9時15分に計測しましたら、尾叉長で59cmで2.95kgと、57cmで2.2kgでした。 ライトなタックルだったので、とても楽しかったと喜んでましたが、良型が来たらどうしようと次回のタックルの心配をしていました。

◆ サクラマス   神恵内村、積丹町  5月29日の釣果(29日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @珊内川の河口海岸で、午前4時半頃と、午前6時頃に、1匹ずつ(合計2匹) 釣れたのを見てきた方達がいました。 大きさは 58cm超ぐらいに見えたそうです。 また、同じ方達が美国の小泊海岸まで移動した午前10時頃に、そこで 50cm後半の大きさのサクラマスを釣った人がいたそうです。 A余別川河口海岸の右側規制の外側で、午前9時頃になってから、サクラマスが1匹釣れたのを、沖からボートでサクラを狙っていた人が見てきたとの事でした。 大きさなどは船の上からは判断できなかったそうです。

◆ サクラマス   神恵内村、古平町  5月27日と28日の釣果(28日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @珊内川の内防波堤の先端部で、27日の午後4時半頃に、約58cm(尾叉長では55cmぐらいとのこと)のサクラマスを釣ったそうです。 サクラマスの跳ねが少なくなかったそうですが、食い気がある魚が少ない感じだったそうです。 釣ったルアーは、アスリートスリム140SSのカタクチカラーだったそうです。  A積丹町美国の厚苫のゴロタ場で、午前4時頃に、約46cmのサクラマスを1匹釣ったそうです。 他に2匹をバラしたそうで、それも釣った魚よりも大きい物ばかりで、悔しがっていました。 釣ったルアーは、岡ジグLT−30のサケ稚魚カラーだったそうです。

◆ 岩魚38cm お客様からの写真付き情報を、27日にいただきました。 川の名前は内緒でしたが、38cmもある岩魚の良型を見るのは久々でした。春と秋はそれほど上流でなくても岩魚は釣れますが、近年は、良型〜大物のエゾ岩魚の釣果の報告はほとんど無かったです。

◆ サクラマス   積丹町  5月27日の釣果(27日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 幌武意で早朝から釣ってきたそうです。 サクラマスの跳ねは何度も見たそうですが、食ってきた魚は無かったそうです。 最近、他の場所(珊内、積丹町など)でも、跳ねているけど食ってこない、という話を良く聞くようになってきました。

◆ 海アメ   神恵内村 珊内  5月22日の釣果(23日記述) 左の写真は、共和町の 福井 達雄さんが、午後7時頃に、 珊内漁港右の岩場で釣ったアメマスです。 当店で午後8時過ぎに計測しましたら 尾叉長で 61.7cm 2.45kgでした。 ルアーは、P−Boyジグキャスティング35gのピンクバックとのこと。当店ダービーアメマス部門の第2位に入ってきました。

 

 

 

◆ 海アメ   積丹町 浜西河  5月22日の釣果(22日記述) 左の写真は、小樽市の 斉藤 直人さんが、午前4時頃に、 幌内府川の河口(海)で釣ったアメマスです。 当店で午前9時頃に計測しましたら 尾叉長で 60.0cm 2.25kgでした。 ルアーは、アスリートスリム12SSのオオナゴカラーだったそうです。   また、22日は、各所でサクラマス本命のルアーマンがたくさん釣りをしましたが、釣れない日でした。 場所によっては、サクラマスの跳ねが多く見えた場所がありましたが、ルアーが届いていたそうですが、『さっぱりサクラが反応してくれなかった』とおっしゃる方達ばかりでした。 べた凪の好天でしたので、魚が食いが立つ条件ではありませんでした。

◆ サクラマス   神恵内村、古平町  5月21日の釣果(21日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @珊内川の河口海岸に午前11時まえに到着したお客様方が、着いてまもなくに 1匹 釣り上げた方を見たそうです。60cmは超えていたように見えたそうです。 ルアーは、ウインドリップ95Sのサケ稚魚のように見えたとのことでした。 その後、気合いを入れてしばらく釣ってみたそうですが、さっぱり。1匹も釣れなかったそうです。 目撃したサクラマスの跳ねは、結構多かったそうですが、食ってこないので疲れた、とのお話しでした。  A古平川河口の左海岸で釣りをしてきた方から伺いましたが、午前7時頃に、河口の右海岸で、50cmぐらいのサクラマスを1匹釣り上げた人がいたのを見たそうです。 

◆ サクラマス   神恵内村  5月19日と20日の釣果(20日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 19日の正午過ぎに、龍神岬で釣り開始して、午後2時頃に、約62cmが1匹釣れたそうです。 明けて20日の午前6時頃に、約63cmを1匹釣ったと伺いました。 4年前の2012年5月26日に、6kg超が釣れましたが、そこまでの大物は難しいだろうとは思いつつも、やはり足が向いてしまいますね。

◆ サクラマス   積丹町 美国  5月18日の釣果(19日記述) 美国にお住まいのお客様が、18日の早朝、小泊海岸の厚苫寄りで、52cmのサクラマスを釣ったそうです。 ルアーは、ショアラインシャイナーSLZ120LD-Sのオオナゴカラーだったそうです。  19日は釣れたお話しは伺えませんでしたが、午後3時半過ぎに来店されたお客様が、『いま、ここに向かって浜中町の海岸を車で走っていた時に、砂浜のテトラの少し向こう側で、サクラマスの跳ねが見えましたよ』と、おっしゃってました。

◆ サクラマス  積丹町、古平町  5月17日の釣果(17日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @古平町のセタカムイ岬方向(沖村川河口よりもかなり右の岩場)で釣ってきたお客様が、午前5時頃と午前6時ごろに1匹ずつ。 その後幌武意に移動して、外防波堤の基部に近い所の外海側で、午前7時半頃に1匹の、合計3匹を釣ったとの事。 当店で午前10時過ぎに計測しましたら、 57.5cmで2.8kg、52cmで2.15kg、51cmで1.65kg でした。 2カ所ともにサケ稚魚らしい小魚が多かったせいか、魚影が薄く無かったそうです。(魚の計測は3匹同時に、午前10時過ぎに当店で行いました。)   A沖村川河口の右海岸で、午前6時頃に、50cm超を1匹釣って来ました、と午前8時頃に来店されたお客様から伺いました。

◆ サクラマス 2匹   積丹町 美国  5月16日の釣果(16日記述) 午前9時40分頃に来店された、札幌にお住まいのお客様がサクラマスを2匹釣ってきましたとのことで早速計測しましたら、 61.5cm、3.4kg、と 59.0cm、2.9kg でした。 釣ったルアーは、フュージョンの赤金と、アスリートスリム14SSのカタクチカラーだったそうです。 場所は、厚苫海岸の岩場とのことでした。

◆ サクラマス  神恵内村、古平町、余市町  5月15日の釣果(15日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @神恵内村の龍神岬の左側で釣ってきたお客様が、午前4時頃に自分より右側に入っていた人達の中で、2匹釣れたと思いますとの事でした。  A珊内川河口の右海岸で、午前6時頃に、53cm、1.8kgを1匹釣って来た方がいました。(当店で午前7時半頃に計測)  また別のお客様からの情報ですが、河口の左海岸で、午前8時から午前9時の間に、2匹釣れたのを見てきたそうです。  B古平川河口のすぐ左側で、午前4時過ぎに、約50cmが1匹釣れたそうです。 近くで釣っていたお客様から伺いました。  C余市町の大浜中海岸で、午前8時40分頃に、50cm越えのサクラマスを釣った方がいました。 ルアーは、バーティス120Sのイワシカラーだったそうです。

◆ サクラマス 2匹ゲット!  古平町  5月14日の釣果(14日記述) 左の写真は、幕別町の  金丸 勝人 さんが 古平川河口から右側へ歩いて突き当たりの、シャロがあるところで釣ったサクラマス2匹です。 当店で午後6時頃に計測しましたら、 54.0cm、2.5kg、と 54.0cm、2.2kg でした。 釣ったルアーは、スプーンで、ノーザンバイト19gでカラーはブラックシェルだったそうです。 早朝この場所で釣りをしていた人達を見て、あとから釣りに入ったそうです。釣れた時間は、午前10時半と午前11時頃とのお話しでした。 遠くから来た甲斐がありましたね。

◆ サクラマス  古平町  5月13日の釣果(13日記述) 午前11時頃に来店されたお客様が 古平川河口のすぐ右海岸で、午前8時半頃にサクラマスを1匹釣りました、との事で当店ですぐ計測しましたら、尾叉長で55.5cm、重さが2.5kgでした。 ルアーは、岡ジグ申−30のブルピンだったそうです。 他には釣れていなかったとのことでした。 

◆ サクラマス  島牧村  5月11日と12日の釣果(12日記述)釣りの帰りのお客様方から伺いました。  神恵内村、積丹町、古平町などで釣りをしてきたお客様方がいらっしゃいましたが、残念ながら釣果がありませんでした。 時化模様だったり、逆にべた凪だったり、濁りすぎたりと、条件的にもイマイチな二日でした。

◆ サクラマス  島牧村  5月10日の釣果(10日記述)釣りの帰りのお客様から伺いました。  江の島海岸のレストハウス前で、午前4時半頃に、サクラマスを1匹釣ったそうです。大きさは釣った直後で 約55cmだったそうです。 ルアーは、ディスタンスヴィクセン28gのオオナゴカラーとのことでした。

◆ サクラマス  積丹町、古平町  5月9日の釣果(9日記述)  @美国の小泊海岸の古平に寄った所の岩場で、夜明け前に釣り始めたお客様が、午前4時半頃から午前5時頃までの短い間に、2匹のサクラマスを釣ったそうです。大きさは 約50cmと 約53cm との事でした。 ルアーは、コンタクトイーノ129(30g)赤金だったそうです。 A古平川河口のすぐ右海岸で、午前4時半頃に、約63cmを1匹釣った人がいましたと、近くで見てきたお客様から伺いました。 ルアーは、何かの赤金のジグだったそうです。  

◆ サクラマス  積丹町、古平町  5月8日の釣果(8日記述)  @幌武意漁港の東防波堤のテトラの上で釣ってきたお客様が、午前8時頃に来店されてサクラマスのサイズを計ってくださいとの事で、すぐに計ってみましたら、 尾叉長 63.0cm、3.85kg でした。ルアーは、アスリートスリム12SS改のカタクチカラーだったそうです。このお客様はもう1匹釣ってましたが、そちらは小さめでした。 このお客様以外にも何人も同じ場所で釣ってきた人達がいましたが、午前中で全部で4匹では?というお話しと、2匹だけでは?というお話しとの、二通りでした。  A古平町の沢江の砂浜で、午前4時半頃に、50cm弱を1匹釣ってきました、とのお話しを上の@とは別のお客様からいただきました。

◆ サクラマス  積丹町、余市町  5月7日の釣果(7日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @幌武意漁港の東防波堤のテトラの上から、午前中に 3匹が釣れたそうです。 3匹目を午前8時頃に釣ってきたお客様が、当店で午後1時前に計ってみましたら、 尾叉長 54.0cm、2.35kg でした。ルアーは、アスリートスリム12SS改のオオナゴカラーだったそうです。この魚よりも前に釣れた2匹も、ミノーで釣れたのを見たそうです。  A余市町の当店の近くの浜中町の砂浜で、午前8時前に釣りましたと来店され、当店で午前11時頃に計測しましたら、尾叉長 58cm、2.75kg でした。ルアーは、だいぶ前に購入した、黒いジグだったそうで、釣った後にロストしてしまったそうです。 それにしても、今までほとんど実績のない浜中町の砂浜(夏になれば海水浴場、ほぼセイコマ前)で釣れたとは驚きました。 考えてみれば、確かに釣れても不思議がない場所ですね。<ここは駐車場所に注意してください>

◆ サクラマス  古平町  5月6日の釣果(6日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 古平町内の海岸で(古平川河口海岸ではないそうです)、午前4時半頃に、約60cmを1匹、午前67時頃に、約45cmを1匹 釣ったそうです。 詳細は伺うことが出来ませんでした。

◆ サクラマス  古平町  5月5日の釣果(5日記述) 釣りの帰りの余市町のお客様から伺いました。 古平川河口の左海岸で、午前4時半頃に、61cmを1匹、午前6時頃に、50cmを1匹 釣ったそうです。 釣ったルアーは2匹とも、プレスベイトカムイ95のピンクバックだったそうです。 川からの濁り水で、海は濁っていたそうです。 (日昼も風は収まらず、川からの濁りも出ていましたので、条件はどんどん悪くなったようです。 5日の早朝の2匹ゲットは、運が良かったですね!)

◆ サクラマス 3.65kgを頭に5匹  古平町  5月4日の釣果(4日記述) 左の写真は、余市町の  稲沢 武 さんが 古平町沢江の海岸で午前5時前後に釣ったサクラマスです。 当店で午前11時頃に計測しましたら、尾叉長で 61.0cm、 重量が 3.65kg ありました。 釣ったルアーは、タイドミノースリム175Fのスケールマイワシカラーだったそうです。 稲沢さんはこの日、同じルアーで 5匹を 釣りました。最大がこの3.65kgでした。 他は3.0kg、2.65kg、1.5kgが2匹でした。

 

 

◆ サクラマス 3.65kg  岩内町  5月4日の釣果(4日記述) 左の写真は、倶知安町の  高橋 竜馬 さんが 岩内町敷島内の岩場で午前4時過ぎに釣ったサクラマスです。 当店で午前11時頃に計測しましたら、尾叉長で 0.0cm、 重量が 3.65kg ありました。 釣ったルアーは、ショアラインシャイナーZ140Fのイワシカラーとの事。  実は、上の稲沢さんと高橋さんは親友で、同じ日にそれぞれ違う場所でサクラマスを釣り、携帯電話で『オレの魚が大きい!』、『いや、こっちの方だ。』などと言い合いながら、それぞれ当店に来て、当店のダービー計測用のメジャーとスケールで計ってみたら、ほとんど同じ大きさだったので、二人で大笑いをしていました。

 

◆ サクラマス 自己記録更新  積丹町  5月4日の釣果(4日記述) 左の写真は、小樽市の 荒内 亮 さんが、余別漁港先の草内海岸の岩場で、午前6時20分頃に釣ったサクラマスです。 当店で午後1時過ぎに計測しましたら、 尾叉長で 60.0cmで、3.25kg ありました。 当店サクラマスダービーでのご本人の自己記録を更新しました。 釣ったルアーは、タイドミノースリム140Sのピンクバックだったそうです。

 

◆ サクラマス  島牧村、積丹町、古平町  5月4日の釣果(4日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @島牧村の泊川河口の左側の砂浜で、午前4時半頃に、サクラマスの 60cm、3kg(当店で午前10時半に計測) を釣ってきた方がいました。ルアーは、アスリートスリム14SSの赤金だったそうです。 A古平町の古平川河口の右海岸で、午前4時半頃に、50cm超のサクラマスを1匹釣ったそうです。ルアーは、プレスベイトカムイ110のピンクバックだったそうです。そのあと午前5時半頃に、2匹目がヒットしたそうですが、それをバラシタそうです。 B幌武意漁港の東防波堤の外側のゴロタ場で、早朝2匹が釣れたとの間接情報も伺いました。

◆ サクラマス  積丹町、余市町  5月3日の釣果(3日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @積丹町の幌武意漁港の東防波堤の外側のゴロタ場で、早朝に、サクラマスが 2匹 釣れたのを見てきた方がいました。 他にもつれたかもしれません、ともおっしゃってました。 A余市町の大川町の砂浜の、旭中学校の裏周辺で、午前5時前に、50cm弱 を1匹釣ってきましたとおっしゃるお客様が来店されました。 近くでもう1匹、おそらく60cmぐらいのサクラマスを釣った方もいたそうです。

◆ サクラマス 自己記録更新  余市町  5月2日の釣果(2日記述) 左の写真は、仁木町の 堀 新弥さんが、余市町の大川町の砂浜(旭中学校裏)で、午前5時30分頃に釣ったサクラマスです。 当店で午前7時半頃に計測しましたら、 尾叉長で 65.0cmで、3.80kg ありました。 当店サクラマスダービーの自己記録を更新しました。 釣ったルアーは今回も、堀さんお気に入りの、バーサスU80アルミの赤金です。

 

 

◆ サクラマス 自己記録更新  積丹町  5月2日の釣果(2日記述) 左の写真は、小樽市の 土岐 健太 さんが 午前4時30分頃に釣ったサクラマスです。 場所は、積丹町の西河と野塚の間の海岸。 当店で午前9時10分に計測しましたら、尾叉長で 61.0cm、 重量が 3.25kg ありました。 釣ったルアーは、ウインドリップ95Sのサケ稚魚カラーとのことでした。 土岐さんも、当店サクラマスダービーの自己記録を更新しました。  少し離れた所で釣っていた方も、同じような大きさのサクラマスを1匹釣ったそうです。

◆ サクラマス  積丹町、古平町、余市町  5月2日の釣果(2日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @積丹町の浜西河の砂浜で、早朝に 約50cmのサクラマスを釣ったそうです。 ルアーは、岡ジグLT-40の赤金だったそうです。 A古平港の、内(外)防波堤の外海の浅い砂浜で。午前6時半頃に、54cm、2.2kg(当店で9時半頃に計測)を1匹、プレスベイトカムイ110のピンクバックで釣ってきた人がいました。 B余市町の豊浜漁港横の砂浜の右側で、午前9時前に、63.0cm、3.7kg(当店で午前10時頃計測) を1匹釣ってきた方がいました。 (東積丹側も良い調子で釣れています。)

◆ サクラマス  島牧村、神恵内町  5月1日の釣果(1日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @神恵内村の珊内漁港の外防波堤の外側の岩場で、午後1時半頃に、2.7kgのサクラマスを1匹釣って来たお客様がいました(午後4時40分に当店で計測)。ルアーは、アスリートスリム12SS改のカタクチカラーだったそうです。 また、別のお客様から伺いましたが、早朝に、珊内川河口海岸でも、1匹釣れたのを見ました、とのお話しも伺いました。 A江の島海岸のレストハウス前から北国澗方向に少し歩いた場所で、午前5時半頃に良型のサクラマスを1匹釣ってきたお客様がいました。 当店で午前8時45分に計測しましたら、尾叉長で 65cm、4.25kg ありました。 板マス型の良い魚でした。 ルアーは、バーティス120の生オオナゴとの事。

◆ サクラマス  神恵内村、古平町  4月30日の釣果(30日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @神恵内の古宇川河口の右のテトラの上から釣っていた方が、午前4時半頃に、54cmのサクラマスを1匹釣ったそうです。ルアーは、当店で買っていただいた、ディーヴァ90アルミの背中の黒い物だったそうです。 A古平川の河口のすぐ右海岸で釣ってきたお客様から伺いました。 午前5時半と午前6時頃に、1匹ずつバラしてしまったそうです。 ルアーは、乱舞90アルミのサケ稚魚カラーと、シースパローのピンクだったと伺いました。 残念がっていました。 周りでも釣れていなかったそうです。

◆ サクラマス  積丹町  4月29日の釣果(29日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました29日は早朝は釣りが出来ましたが、次第に荒れ模様になり、皆さん早めに切り上げてきていました。 @余別川河口海岸に、午前6時頃着いてしばらく釣ったそうですが釣れず。近くにいた方が、早朝に1匹釣った方がいましたと、教えてくれたそうです。 A幌武意漁港の東防波堤の中程のテトラの上から釣っていた方が、午前5時頃に、50cm台後半を1匹釣ったそうです。同じ方がもう1匹掛けたそうですが、残念ながらバレタそうです。 B積丹川河口から右方向に少し離れた海岸で、風を避けられそうだったので、午前10時から釣り始めたそうですが、14cmのミノー、17cmのミノーと、ショートバイトが来るだけで、さっぱり針掛かりしないので、思い切ってタイドミノースリム200(20cm)のグリーンバックをキャストしたら、間もなく釣れたそうです、しかも3匹。 当店で午後1時前に計測しましたら、3.3kg、2.9kg、約1kgの3匹でした。 (タイドミノースリム200を持って行っていたのが、凄いですね!)

◆ サクラマス  神恵内村、積丹町、古平町  4月28日の釣果(28日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @珊内漁港の外側の磯で、右側に何組もホッケのウキ釣りの人達が入っていたそうで、左側に入ったそうです。 まだ夜が明けない午前4時頃に (当店で正午ごろ計りましたが)2.7kgが1匹釣れたそうです。ルアーは、ウインドリップ95Sのサケ稚魚(2015年カラー)だったそうです。 A幌武意漁港の東防波堤の中程の角よりも陸側のテトラの上から、やはり午前4時頃に、65cmを超える良型を釣ったそうです。 血抜き、ワタ抜きをしてしまったそうで、当店で計測はしませんでした。 ルアーは、バーサス80シェルのグリーンバックだったそうです。 ゴロタ場から釣っていた人達のなかで、2カ所で1匹ずつ(合計2匹)釣れたのを見たそうです。 大きさは50cmあるかなしかに見えたそうです。 B古平川河口のすぐ右海岸で、午前5時から午前6時ごろまでの間に、1人で2匹を釣った方がいたそうです。大きさはどちらも50cm超に見えたそうです。 2匹の内1匹はショアライシャイナーSL14のイワシカラーで釣ったようでした、との事。  また、別な方が、午前7時頃に1匹を釣ったそうです。こちらは、ウインドリップで釣れたように見えたとおっしゃってました。

◆ サクラマス 3.0kg  寿都町  4月27日の釣果(28日記述) 左の写真は、札幌市の 市川 弥生 さんが 午後5時頃に釣ったサクラマスです。 場所は、寿都の弁慶岬の岩場。 当店で午後7時過ぎに計測しましたら、尾叉長で 59.0cm、 重量が 3.0kg ありました。 釣ったルアーは、バーサス80アルミの赤金だったそうです。 市川さんはいつも旦那さんとお二人で釣りに行っていますが、今回は旦那さんには釣れず奥さんに釣れたので、旦那さんが悔しがっていました。(奥さんに花を持たせることが出来て良かったですね!)

◆ サクラマス  積丹半島  4月26日の釣果(26日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @神恵内村の龍神岬に遅くに入った方が、午前10時前後に、50cm超 2匹釣ったそうです。早くからそこで釣っていた別の方が、早朝に1匹釣りましたと教えてくれたそうです。  A幌武意漁港の東防波堤(内防波堤)の中程のテトラの上から外海側で、午前6時前後に2匹、、3.65kg と 2kg超 を合計2匹釣ってきた方がいました。周りでも同じ頃に数匹釣れたそうです。 B余市川河口の導流堤で、早朝から釣っていたそうですが釣れず、午前10時前後に、 3.5kg と3kg超 の2匹を釣ってきた方がいました。 C精進川河口海岸で釣った後に、余別川河口で釣ってきた方達が、ご本人方は釣れなかったそうですが、早朝に1匹釣った人がいましたと聞いたそうです。

◆ サクラマス  積丹半島  4月24日の釣果(24日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @珊内の河口のすぐ左で、午前9時頃に、52cm、2.25kgが1匹。 珊内漁港の右側のゴロタ場で、午前5時過ぎに、52cm、2.05kg。 A古平町の沖村川河口の左海岸で、午前5時頃に、61.0cm、3.3kg。 B余市町の登川の左岸で、河口から少し離れた場所で、午前6時前に、60cm、3.35kg。 C午後4時前に来店されたお客様方が、サクラマスを計らせてくださいとのことで、計りましたら、一番大きい物が 尾叉長63cmで、4.0kgありました。 お二人で良型ばかり2匹ずつ釣ってきたそうで、他は3.5kgが1匹と、3kg前後が2匹ありました。 朝は釣れなかったそうですが、遅くなってから釣れたそうです。ルアーは、40gのジグにご自分でシェルシートを貼ったものとの事でした。場所の詳細は内緒とのことでした。 Dその他間接情報ですが、島牧村の整備工場裏で2匹、千走海岸で1匹。

◆ エギで ヤリイカ  泊村  4月23日〜24日の釣果(24日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 兜千畳敷の先端より左側で、23日の午後10時頃から、エギでヤリイカを狙ったそうです。 夜が明けたらホッケを釣りたかったそうで、午前2時頃にヤリイカ釣りを止めたそうです。 ヤリイカの釣果は1人で、12ハイ、大きさは胴長で 約25cm〜35cmだったそうです。 2号のエギで、色は替えながら釣ったそうです。 

◆ サクラマス 3.05kg  島牧村  4月24日の釣果(24日記述) 左の写真は、小樽市の 土岐 健太 さんが 午前4時45分頃に釣ったサクラマスです。 場所は、島牧村江の島海岸の、泊村河口の左海岸。 当店で午前10時20分に計測しましたら、尾叉長で 57.5cm、 重量が 3.05kg ありました。 釣ったルアーは、福女子28gのカタクチカラーだったそうです。

 

 

 

◆ サクラマス 3.3kg  共和町  4月24日の釣果(24日記述) 左の写真は、札幌市の 船水 良太 さんが 午前5時頃に釣ったサクラマスです。 場所は、堀株川河口海岸。 当店で午前7時過ぎに計測しましたら、尾叉長で 58.0cm、 重量が 3.3kg ありました。 釣ったルアーは、リリック42gのサケ稚魚カラーだったそうです。

 

 

 

◆ サクラマス 3.85kg  神恵内村  4月23日の釣果(23日記述) 左の写真は、札幌市の 熊谷 利正 さんが 23日の午前5時半に釣ったサクラマスです。 場所は、龍神岬と古宇川河口の間の中間辺りの岩場で、浅く海に立ち込んで釣る場所。 当店で午前10時過ぎに計測しましたら、尾叉長で 1.5cm、 重量が 3.85kg ありました。 釣ったルアーは、バーサスT80シェルのサケ稚魚カラーだったそうです。 当店サクラマスダービーのトップに出ました。 撮影時は雨が降っていまして、雨を避けられる玄関前での記念撮影でした。

 

 

◆ サクラマス 3kg  神恵内村  4月23日の釣果(23日記述) 左の写真は、札幌市の  森田 さんが 23日の午後3時に釣ったサクラマスです。 場所は、珊内川河口のすぐ左。 当店で午後6時前に計測しましたら、尾叉長で 58.5cm、 重量が 3kgちょうど でした。 釣ったルアーは、ジグで、ディアン40g赤金との事でした。

◆ サクラマス  積丹町  4月23日の釣果(23日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @幌武意漁港の中防波堤の外側の、すぐのゴロタ場で、早朝に、50cm超を1匹釣った方がいたそうです。 A沼前海岸のゴロタ場で、午前5時頃に、約50cmを1匹釣った方がいらっしゃいました。

◆ サクラマス  積丹町、余市町  4月22日の釣果(22日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @積丹町の余別川河口の右海岸で、午前6時頃に、約50cmを1匹釣った方がいたそうです。 A余市町の登川の河口海岸で、午前3時頃から釣り始め、夜が明ける前までに、1人で3匹を釣った方がいました。 使ったルアーは、Dコン85のヤマメ系カラー。 大きさは、約55cm〜60cm。 この3匹はすべて口に食わせた、とおっしゃってました。 B余市川の河口でも、

◆ サクラマス 3.65kg と 2.35kg  積丹町余別  4月22日の釣果(22日記述) 左の写真は、小樽市の 長谷川 徹 さんが 午後3時前後に釣ったサクラマスです。 場所は、余別川河口の右海岸。 当店で午後5時前に計測しましたら、1匹目が尾叉長で 62.5cm、 重量が 3.65kg 、2匹目が、 56.0cm、2.35kgありました。 ルアーは、長谷川さんのご友人が手作りしたジグミノー30gのグリーンシェルとの事でした。 粘って正解だったと喜んでました。

 

 

◆ サクラマス 1人で3匹  江の島海岸  4月22日の釣果(22日記述) 左の写真は、小樽市の 佐々木 雄一 さんが 午前6時〜午前7時の間に釣ったサクラマスです。 場所は、江の島海岸の生コン裏。 当店で正午過ぎに計測しましたら、1匹目が尾叉長で 62.0cm、 重量が 3.60kg 、2匹目と3匹目が、 3kgでした。 ルアーは、ジグミノーの煌鱗30gのサケ稚魚カラーとのことでした。 千走が凄く混みあっていて入られなかったので、泊川の左岸から入ったそうです。

◆ サクラマス 2匹ずつ  積丹町  4月21日の釣果(21日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @余別川河口の右海岸で、午前6時頃と、午前8時頃に1匹ずつ釣ってきた方がいました。 当店で計測はしませんでしたが、約60cmと、約55cmだったそうです。 ルアーは、バーサスU80シェルのピンクで1匹、同じバーサス80シェルのグリーンで1匹釣ったとのことでした。 A美国の小泊海岸のエネオス下で、 午前5時過ぎ頃に、約59cmと、約55cmを各1匹釣った方がいました。 ルアーは、ジグミノーのワイズミノーの赤金だったそうです。

◆ サクラマス 2.75kg と 2.7kg  積丹町余別  4月20日の釣果(21日記述) 左の写真は、江別市の 堀口 昌広 さんが 20日の午前5時前後に釣ったサクラマスです。 場所は、余別川河口の右海岸で河口から少し離れた所。 当店で午前8時頃に計測しましたら、1匹目が尾叉長で 58.5cm、 重量が 2.75kg 、2匹目が、 59.0cm、2.7kgありました。 ルアーは、ご本人が名前が忘れたそうですがジグミノーのグリーンピンクとのこと。 実は3匹目もヒットしたそうですが、3匹目はバラシタそうです。 側で釣った地元の人らしい方も、同じような大きさのサクラを釣って、早々に引き上げていったそうです。 堀口さん曰く、『今シーズンは出遅れたけど、これを弾みにさらなる良型を目指して頑張りたい!』とのお話しでした。 (まだまだシーズンはこれからです。毎年釣ってる方ですから、いけるでしょ!。)

◆ サクラマス 2.88kg  積丹町幌武意  4月20日の釣果(21日記述) 左の写真は、小樽市の 中村 美喜雄 さんが 20日の午前5時過ぎに、幌武意漁港の右のゴロタ場を、マッカ岬方向にかなり進んだ場所で釣ったサクラマスです。 当店で計測しましたら、尾叉長で 58.0cm、 重量が 2.88kg ありました。釣り始めたのは午前5時前、何度も見えていたサクラマスの跳ねが無くなった、午前8時過ぎに切り上げてきたそうです。 同行したご友人も、約2kgを1匹釣ったそうです。 ルアーは、岡ジグ 申−35の ケイムラブルーピンクとのことでした。

◆ サクラマス   積丹町、余市町、小樽市  4月19日の釣果(19日記述) 釣りの帰りのお客様方から、情報をいただきました。 @幌武意漁港の南防波堤中程のテトラポッドの上から外海側で、午前5時前に、サクラマスを1人で 2匹 釣ったそうです。大きさは、53cmと50cmだったそうです。 ルアーは、KJ−11のサケ稚魚と、ウインドリップ95SのGBP稚魚だったそうです。 A美国小泊の海水浴場になる砂浜で、午前7時半頃に、約60cmを1匹 釣ったと伺いました。 B余市町の登川河口の右海岸で、午前9時50分に約60cmが1匹釣れたそうです。 ルアーは、岡ジグLT40のブルーだったそうです。 C小樽の塩谷川河口の少し左で、午前10時半頃に、59cmが1匹釣ったそうです。 ルアーは、ジグの桜舞35g オレンジだったそうです。そのすぐ後に59cmより少し小さめを掛けて寄せたそうですが、バラシたそうです。

◆ サクラマス 3.2kgと2.6kg  古平町  4月18日の釣果(18日記述) 左の写真は、小樽市の 上家 和幸 さんが 18日の午後7時頃に、古平町群来海岸の厚苫寄りで釣ったサクラマスです。 当店で9時半頃に計測しましたら、尾叉長で 60.0cm、 重量が 3.2kg ありました。 ルアーは、バーサスU80アルミのサケ稚魚カラーとの事。 強風と波高の上に、濁りがきついところばかりで、釣りが出来るところを見つけるのが大変な日だったそうです。 この魚を釣る前に、沖村川河口の左側の海岸も釣りが出来そうだったので、入ってみたそうです。 そしたら、午前6時頃に、1匹釣れたそうです。沖村で釣れた魚も計りましたら、58.0cm、2.6kg でした。 どこに行っても時化気味で濁りがキツイ所ばかりの状況でしたので、『きょうは無理だろうと、少しキャストしてダメならすぐ帰ろうと思っていたら、2匹も釣れちゃって、まいったよ!。』、『気合い入れても釣れない日が続いたあとの、諦めムードを全身から出しているに日に2匹も釣れるんだからね、それも、濁っているから目立つカラーを投げたら、軽くあたってくるだけで乗らず、だめだろうとナチュラル系を投げたら、一発ヒットだもんね、わかりません!。』と笑ってました。 (写真のサクラマスの頭の傷と血は、シメタときのものです。)

◆ サクラマス 2.75kg  岩内町  4月17日の釣果(18日記述) 左の写真は、共和町の 福井 達雄 さんが 17日の午後6時頃に、岩内町の雷電海岸で釣ったサクラマスです。 午後7時半頃に当店で計測しましたら、尾叉長で 58.0cm、 重量が 2.75kg ありました。 ルアーは、スピンドリフト80HSで、カラーはヒラメリョクとの事でした。 当店のサクラマスダービーの第9位に着けました。 今シーズンは魚影が濃い感じですから、記録更新に頑張ってください。

 サクラマス: 4月17日は、いろんな場所でサクラマスが釣れました!。 ショアのベストシーズンが来た感じですね!。 島牧村は千走海岸、北国澗、江の島海岸。共和町の堀株海岸。神恵内村の珊内川河口海岸。積丹町の余別川河口海岸と、野塚海岸、古平町の古平川河口海岸。その他もいろいろな場所で釣れたと思われます。 これからしばらくの間は、日を追って良型が釣れてくると思われますので、皆さん頑張ってください。 本日、当店に持ち込んで来られて、重さを計った魚もたくさんありました。 どこでどんなサイズのサクラマスが釣れたか、詳しく書きたかったのですが、非常に店が忙しくなり、時間がありませんでした。

◆ サクラマス 3.5kg  古平町  4月17日の釣果(17日記述) 左の写真は、小樽市桜の 若見 昌三さんが 古平川河口から古平港側に100mほど寄ったサーフで釣ったサクラマスです。 午前6時頃に釣れたそうです。 当店で午前8時45分頃に計測しましたら、尾叉長で 61.0cm、 重量が 3.5kg ありました。 当店のサクラマスダービーの第2位に着けてきました。 ルアーは、トライデント115をご自分でチューンアップしたもので、カラーはピンク系でした。

 

 

◆ サクラマス 2.95kg  積丹町  4月17日の釣果(17日記述) 左の写真は、小樽市緑の  荒内 亮さんが 余別川河口の右海岸で、午前11時50分頃に釣ったサクラマスです。 当店で午後3時時45分頃に計測しましたら、尾叉長で 55.0cm、 重量が 2.95kg ありました。 ルアーは、岡ジグ LT−30のホロピンクだったそうです。 今シーズンの初物をゲットできて、喜んでました。 今シーズンはサクラマスが濃い感じですから、これからさらに良型が釣れると思います。 来週も頑張ってください。

 

 

◆ サクラマス 3.45kg と 2.65kg  寿都町  4月16日の釣果(16日記述) 当店の アメマス・サクラマスダービーに参加してくださっている、仁木町の 堀 新弥さんが、サクラマスを2匹釣ってきました。 場所は、寿都歌棄海岸の岩場。 1匹目が左の写真で、午前7時過ぎに釣れたそうです。当店で午後1時頃に計測いたしました。 尾叉長で 59.0cmで、3.45kg ありました。 午前8時頃に釣ったもう1匹は、56.0cm、2.65kgでした。 2匹とも、バーサスU80アルミの赤金で釣ったそうです。 浜中海岸には釣り人がいたそうですが、歌棄には釣り人がいなかったそうです。

               **********

◆ 海アメ 57cm   寿都町  2月13日の釣果(13日記述): 左の写真は、13日の午前8時頃に、寿都町の朱太川河口で釣れたアメマスです。釣り人は、小樽市奥沢の 小林 千洋さんです。 当店で午後12時15分に計測しましたら、尾叉長が57.0cmで、2.40kgありました。 当店の第34回アメマス・サクラマスダービーにご参加をいただいているお客様です。 ルアーは、岡ジグLT−35のブルーシェルとのことでした。 小林さんは、リリースしたい意向でしたので、計測後手に持って撮影せずに、すぐ余市港へ行ってリリースしてきたそうです。 意外に元気に泳いでいったそうです。(良かったです。) 当店ダービーアメマス部門の第2位に着けてきました。

               **********

◆ 海アメ 62cm   島牧村  12月13日の釣果(13日記述): 左の写真は、13日の午前7時に、大平川河口平盤の右側の磯で釣れたアメマスです。釣り人は、余市町の 輪島 常夫さんです。 当店で午後12時45分に計測しましたら、尾叉長が62.0cmで、2.75kgありました。 当店の第34回アメマス・サクラマスダービーの登録魚第一号です。ルアーは、ジャクソンアスリート12SSの背黒カタクチカラーです。大平海岸は最近好調ですね。 輪島さん、今シーズンの初釣りで良いサイズが釣れて良かったですね!。

               **********

<下の8枚の画像は、バーサスの作者が最近リリースした、ニュータイプ ハンドメイド・ジグミノーの ”Diva (ディーヴァ)”です。 カラー設定は、バーサス同様非常に豊富です。 ディーヴァの特徴は、究極の好バランスが生み出す、飛行距離とナチュラルな泳ぎです。 想定を超えるような飛びと、リトリーブ・スピードが速くても低速でも、とても綺麗でリアルに泳ぐことです。 構造はバルサ+金属です。 先ずはアルミタイプのみの生産ですが、シェルタイプのご注文もお受けいたします。 33g〜38gのアルミが¥2200、シェルが¥2750。 40g〜45gのアルミが¥2350、シェルが¥2900でございます。 少し残念なのは、下の写真がうまく撮れてないことです。 現物をご覧になれば、その美しさにため息が出るかもしれませんよ!。 作者は、『バーサスを凌ぐほどのサクラマスの釣果を期待し欲しいです。』 と おっしゃってます。>

フライフイッシング  ・このページのトップへ戻る

 

◆ ニジマス  尻別川  3月14日の釣果(15日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、今シーズン初の釣り日誌を(14日の夜に)いただきましたので、掲載させていただきました。 石澤さんの今シーズンの『初尻別釣行』は、ニューロッドのを携えてでしたが、早速、良型ニジマスで入魂で来たそうです。 相性の良いロッドになってくれればよいです。 以下のコメントは、そのまま引用させていただきました。

いつもお世話になっています! 石澤です!
本日、雪代前の尻別川に行って来ました!
今日の尻別川は濁りもなくいい感じで、#4のブラックマドラーゾンカーを沈めて61センチのニジマスが釣れました。
先日、購入させて頂いたロッドにも入魂出来ました!
それではまた!

 アメマス  余市川  12月5日(12月6日記述): 釣りの帰りのお客様から5日に伺いました。 余市総合体育館の裏で、早朝からストリーマーで釣ってみたそうですが、アメマスは釣れなかったそうです。 初めて総体裏で釣ってみた方でした。まだ少し早かったようです。

     ウ キ 釣 り  ・このページのトップへ戻る

◆ ホッケ   寿都町弁慶岬  5月15日の釣果(15日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 政泊漁港の外の磯で、午前4時頃から撒きエサを開始。午前7時頃に切り上げてきたそうです。 この日は、ホッケのサイズが小さめでリリースしたものが多かったそうです。 比較的大きめを20匹ほどキープしたそうですが、キープしたホッケの大きさは25cm前後だったそうです。 色々仕掛を繊細にした上で、いつもなら底の方にいる良型を狙ってみたそうですが、やはり小さめばかりが釣れてきた日だったそうです。

◆ ウキ釣りでホッケ   寿都弁慶岬  4月24日の釣果(24日記述): 余市町のお客様が、政泊漁港の磯でホッケを釣ってきました。 午前4時頃から撒き餌を開始して、間もなく釣れ始めたそうです。 良型は少ない日だったそうですが、午前9時過ぎに切り上げるまでに、1人で 61匹 を釣ったそうです。 大きさは、27cm〜35cm。 30cmぐらいの魚が多かったそうです。 食わせエサは、オキアミの新製法のもの。 ウキ釣りに来ていた人達が多く、混みあっていたそうです。 隣で釣っていた方も数を同じぐらい釣っていたそうですが、撒きエサを撒かない人達は、あまり釣れていませんでしたと、おっしゃってました。

◆ ウキ釣りでヤリイカ   余市港  4月21日の釣果(22日記述):  余市にお住まいのお客様が、21日の午後3時頃から、午後8時過ぎまで、製氷工場の先で、テーラー仕掛でウキ釣りをしたそうです。 釣果は1人で 5ハイを釣ったそうです。 大きさは、胴長で、約25cm〜35cmとのことでした。 エサは、鶏ササミ。

◆ ウキ釣りでヤリイカ   古平港  4月20日の釣果(21日記述):  古平にお住まいのお客様が、20日の夕方、ヤリイカ狙いで古平港内に釣りに行ったそうです。まず、エギを色々使ったそうですが釣れず。 側にいたエサ釣りの方が釣っていたので、ご自分も鶏ササミを付けたテーラー仕掛に替えたそうです。 間もなく釣れ始めて、2時間で1人で 9ハイを釣ったそうです。大きさは、胴長で、約25cm〜35cmだったそうです。

◆ ウキ釣りでホッケ   寿都弁慶岬  4月17日の釣果(17日記述): 余市町のお客様が、政泊漁港の磯でホッケを釣ってきました。 午前4時15分頃から撒き餌を開始して、30分ほどで1匹目が釣れたそうですが、食いは渋い日だったそうです。撒きエサの撒き方ばかりでなく、ガン玉やハリスを替えながら頑張ったそうです。 風が強くなって午前7時半頃に切り上げたそうです。釣果は1人で 53匹、大きさは ほとんどが30cm〜35cm、40cmの魚が2匹あったそうです。 エサはオキアミ。 

◆ ウキ釣りで サクラマス   積丹 野塚海岸  4月9日の釣果(9日記述):  午前9時頃来店されたお客様が、サクラマスの重さを計ってくださいとの事で、早速計りましたら、 2.9kg でした。 伺いましたら、午前6時半頃に、野塚海岸のキャンプ場前で釣ったとのこと。 エサはキビナゴを使ったそうです。 当店で海から上がったばかりで鮮度の良い、小さめのオオナゴを買って、『この小さめのオオナゴが欲しかったんです、これならもっと釣れたかも。』とのお話しでした。 風が非常に強くなり、午前8時頃に切り上げてきたそうです。

◆ ウキ釣りでヤリイカ   余市港  4月6日の釣果(7日記述):  6日の午後7時過ぎに余市港に釣りに行った方から伺いました。 南防波堤のガードレールがあるところで、ウキ釣りをしていた人達が1人あたり 2ハイ〜3バイ釣っていたそうです。 大きさは、胴長で25cm〜30cm。 午後8時過ぎまで釣ってきたそうですが、この時エギで釣っていた人達には反応が悪かったそうです。

◆ ウキ釣りでホッケ   寿都弁慶岬  4月3日の釣果(3日記述): 余市町のお客様が、弁慶岬の磯でホッケを釣ってきました。 午前7時から午後12時半までの釣り。 数は 38匹、大きさは ほとんどが35cm前後の良型。 エサはオキアミ。 ウキ下を長くとり、底近くの良型ホッケを狙ったそうです。 午前9時頃に側で釣り始めた別のお一人も数を釣ったそうですが、ほとんど釣れなかった人もいたそうです。

     渓流の餌釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ ヤマベ   積丹半島  6月5日の釣果(6日記述) ヤマベ(山女魚)が6月1日から解禁になりましたが、積丹半島では、まだ良い釣果が無い人が多いようです。毎年、解禁当初はイマイチの釣果なことが多いのですが、月中から少しずつ上向くと思います。 一部の南側斜面を流れるような河川では、多少の釣果があったようです。

◆道央地区は、4月1日〜5月31日まで、やまべ(=ヤマメ、山女魚)の禁漁期間です。 解禁日は6月1日です。

     その他の釣り情報  ・このページのトップへ戻る
◆6月21日、余市川に稚鮎の放流予定の日ですが、結果はまだ入ってきておりません。 鮎の友釣りは7月1日解禁ですので、ここ数日中に余市郡漁業協同組合からお知らせがあります。