船釣り   投げ釣り  防波堤・港内の釣り  ルアーフィッシング
フライフィッシング ウキ釣り 渓流の餌釣り その他の釣り
    余市市場水揚げ概況  ・このページのトップへ戻る

12月6日朝の、余市漁組市場の水揚げです。7日は無いと思います。

 真ダラ50cm〜1m1,700本、宗八20〜25cm20枚、

 赤ガレイ25〜40cm900枚、カジカ27〜35cm100匹、

 助宗30〜50cm500匹、石鰈30〜55cm230枚、

 黒ガシラ27〜35cm60枚、アサバ30cm前後20枚、

 ヒラメ38〜45cm12枚、ナメタ20〜30cm20枚、

 真ガレイ25cm前後5枚、ズワイガニ15cm前後60パイ、

 シマゾイ35cm1匹、ヘラガニ10〜13cm200パイ、

 水イカ胴長16〜30cm72ハイ、真イカ30〜40入り12箱。

12月5日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真ダラ50cm〜1m400本、助宗35〜50cm200匹、

 カジカ30〜35cm22匹、石鰈28〜45cm1,500枚、

 赤ガレイ25〜40cm60枚、コマイ26〜30cm5匹、

 真イカ20〜30入り130箱、ゴッコ30〜35cm45匹、

 水イカ胴長15〜30cm3,500パイ、八角27cm2匹、

 黒ガシラ25〜40cm600枚、黒ゾイ25〜35cm8匹、

 アサバ20〜35cm300枚、河ガレイ20〜30cm30枚、

 ハタハタ13〜20cm400匹、鮟鱇35〜40cm10匹、

 桜鱒500g前後10匹、ヒラメ38〜50cm1,000枚超、

 真ガレイ20〜40cm100枚、アブラコ30〜40cm15匹、

 真イワシ15〜25cm1,500匹。

船 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る
岩内港・その他 川白・神恵内 余別・日司
古平・美国・幌武意 余市町 小樽市など

◆ 12月6日は、吹雪の一日でした。降雪量は10cm前後でしたが、西〜北西の風が強かったです。 沖の波も3m〜4m超の感じでした。

 水イカ 真イカ 好釣カ〜♪  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月5日の釣果(5日記述): 船長から伺いました。 午前8時半に出港し、午後3時半までの釣り。 古平沖の水深50m〜70mで。 水イカを1人あたりで、30パイ〜70パイ 大きさは、胴長で約15cm〜30cm。 真イカを1人あたりで、30パイ〜50パイ 大きさは、胴長で約15cm〜20cm。  棚は、底周辺。 使っていた仕掛けの針は、さかな針14cmだったそうです。 棚が深かったので、いつもの手釣りではなく、電動リールで竿釣りをしていたそうです。

 ヒラメ 数釣り!  小樽港 白龍丸(本間船長090−3390−5423)12月5日の釣果(日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、午後12時半までの釣り。 小樽沖の水深50m前後で。 ヒラメは全体で、134枚、 大きさは 約38cm〜60cm超(45cm〜50cmが多かった)。 バケは600g〜700gで、ミラーバケ、ブルーレーザー、アワビ貝貼りなど。 仕掛のタコキャップの色は、ピンク色、赤色系など。 エサはオオナゴ。

               **********

 水イカ、真イカ 好釣果  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169)月4日の釣果(日記述): 船長から伺いました。 4日の午前11時前に出港し、午後4時半までの釣り。 婦美沖〜美国沖の水深50m前後で。 水イカを1人あたりで、40パイ〜60パイ 大きさは、胴長で約12cm〜30cm。 真イカを1人あたりで、10パイ〜28パ 大きさは、20入りサイズ〜50入りサイズ(良型から小イカまでいろいろ)。 棚は底が多かった。 使っていた仕掛けの針は、さかな針の11cmと14cmだったそうです。 

 水イカ(ヤリイカ) 好釣果  美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2726)月4日の釣果(日記述): 船長から伺いました。 4日の午前10時に出港し、午後4時半までの釣り。 美国沖の水深40m〜60mで。 水イカを1人あたりで、30パイ〜80パイ弱 大きさは、胴長で約15cm〜30cm。 棚は、中層〜底。 使っていた仕掛けの針は、さかな針の11cmと14cmだったそうです。 

 水イカ 好釣果  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)日の釣果(4日記述): 船長から伺いました。 午前8時40分出港し、午後3時半までの釣り。 古平沖の水深47m〜60mで。 水イカを1人あたりで、30パイ〜70パイ 大きさは、胴長で約18cm〜30cm。  棚は、底周辺。 使っていた仕掛けの針は、さかな針14cmだったそうです。

               **********

◆ 12月3日。 低気圧は昨日のうちに北上しましたが、西方向からの風は結構強く、海上の波も朝は4m、午後から2.5m前後で、出港予定の遊漁船は非常に少なかったです。

◆ 12月2日。 またしても、北海道周辺で発達する低気圧によって、全道的に大荒れの天気でした。 

 真ダラ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)11月30日の釣果(12月1日記述): 船長から1日に伺いました。 30日の午前7時に出港し、午後1時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深150m〜180mで。 真ダラを全体で 約30本、 大きさは 50cm〜85cm タラシャクリは250号で、銅パイプ製、ステンレスパイプ製。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク系。 カムイ赤金の1000gでも良く釣れていたそうです。

 水イカ 好釣果   美国漁港 栄 丸(川村船長090−8898−2807)12月1日の釣果(1日記述): 乗船したお客様から釣りの帰りに伺いました。 1日の午前9時半に出港し、午後4時頃までの釣り。 美国沖の水深約40m〜50mで。 水イカを1人あたりで、約60パイ〜120パイ 大きさは胴長で 約15cm〜30cm。 棚は 約25m〜30m。 仕掛の針は、さかな針11cmや、たまご針11cmの仕掛が優勢だったそうです。

               **********

◆ 11月29日。 前日とほぼ同じく西〜北西の風で、沖は時化ましたので遊漁船は出港できませんでした。 30日は回復する予報でした。

◆ 11月28日。 27日の夜釣りと28日の朝〜日昼の釣りは、西〜北西の強めな風のため、沖は時化でした。 遊漁船は出港できませんでした。

 真ダラ  余別漁港 千鳥丸 (山田船長0135−46−5125)11月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 午前6時半に出港し、正午までの釣り。 沼前沖から神威岬沖にかけての水深約100m〜140mで。 真ダラを1人あたりで 5本〜6本、 大きさは 50cm〜70cm タラシャクリは200号〜250号で、銅パイプ製と、ステンレスパイプ製。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク色。 早い時間から風が強くなり時化てきたので、良いポイントまで行けなかったそうです。

 真イカ 好釣果!  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)11月26日の夜の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 26日の午後7時に出港し、午前1時過ぎまでの釣り。 幌武意沖の水深約53mで。  真イカを1人あたり、50パイ〜110パイ 大きさは、20パイ入りサイズ〜30パイ入りサイズ。いろいろなサイズが混じったそうです。 棚は、20m〜底。 仕掛は、7号キラキラおっぱい針の仕掛で数が多く釣れたそうですが、長ヘラ針の仕掛の人も70パイ前後は釣っていたそうです。

 水イカ、真イカ どちらもグ〜!   幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)11月26日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 26日の午後2時に出港し、午後6時半までの釣り(短時間の釣り)。 幌武意沖の水深約55mで。 水イカを1人あたりで、30パイ〜68パイ 大きさは、胴長で約12cm〜30cm。 真イカを1人あたりで、40パイ〜100パイ 大きさは、20入りサイズ〜30入りサイズ(20入りの良型が多かった)。 棚は、中層から底までバラバラな感じ。 使っていた仕掛けの針は、さかな針の11cmと14cmだったそうですが、11cmが優勢との事でした。 

 水イカ、真イカ どちらも 大釣り!   幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)11月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 27日の午後1時に出港し、午後5時までの釣り。 幌武意沖の水深約56mで。 水イカを1人あたりで、50パイ〜100パイ 大きさは、胴長で約12cm〜30cm。 真イカを1人あたりで、20パイ〜80パイ 大きさは、20入りサイズの良型がほぼ9割。 棚は、底〜底上5m。 使っていた仕掛けの針は、さかな針の11cmと14cmだったそうですが、11cmが少し優勢との事でした。 

 真ダラ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169)11月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港し、午前11時半までの釣り。 沼前沖からサルワン沖にかけての水深約140m〜150mで。 真ダラを全体で 32本、 大きさは 50cm〜80cm タラシャクリは250号で、銅パイプ製と、ステンレスパイプ製。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク系。 

 水イカ、真イカ ともに好釣果!   美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)11月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 27日の午前11時に出港し、午後5時前までの釣り。 美国沖の水深約40m〜50mで。 水イカを1人あたりで、30パイ〜80パイ超 大きさは、胴長で約12cm〜30cm。 真イカは全体で、約50パイ 大きさは、20入りサイズの良型。 棚は、底周辺。 使っていた仕掛けの針は、さかな針の11cmとの事でした。 

 水イカ また数釣り!  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)11月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 午前9時に出港し、午後3時半までの釣り。 古平沖の水深40m〜43mで。 水イカを1人あたりで、60パイ〜130パイ 大きさは、胴長で約10cm〜30cm超。きょうも大きさは、小から良型まで色々だったそうです。 棚は、中層から底までバラついたそうです。 使っていた仕掛けの針は、さかな針11cmと14cmだったそうです。

               **********

 真ダラ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)11月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 午前7時半に出港し、午後1時までの釣り。 サルワンの水深140m前後で。 真ダラを1人あたり2本〜7本、 大きさは 50cm〜70cm タラシャクリは250号で、銅パイプ製、ステンレスパイプ製。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク系。

 真ダラ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169)11月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、正午までの釣り。 西の河原沖からサルワン沖にかけての水深約145m〜155mで。 真ダラを全体で 約50本、 大きさは 60cm〜90cm70cm前後が大半。 タラシャクリは250号で、銅パイプ製と、ステンレスパイプ製。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク系。 カムイ1,000gの赤金でも釣れたそうです。 

 水イカ(ヤリイカ) 好釣果   美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)11月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 午前11時に出港し、午後5時までの釣り。 美国沖の水深約40m〜50mで。 水イカを1人あたりで、40パイ〜60パイ 大きさは、胴長で約10cm〜30cm。 大きさは、小さい物から良型まで様々なサイズ。 棚は、底〜中層のいろいろ水深で。 使っていた仕掛けの針は、さかな針11cmと14cmだったそうです。 

 水イカ(ヤリイカ) 数釣りも!  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)11月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 午前8時半に出港し、午後3時半までの釣り。 古平沖の水深約40mで。 水イカを1人あたりで、30パイ〜100パイ超 大きさは、胴長で約10cm〜30cm超。きょうも大きさは、小から良型まで様々だったそうです。 棚は、中層から底までバラついたそうです。 使っていた仕掛けの針は、さかな針11cmだったそうです。

               **********

 水イカ(ヤリイカ) 好釣果   幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)11月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 午後1時前に出港し、午後4時半までの釣り(短時間の釣り)。 幌武意沖の水深約55mで。 水イカを1人あたりで、50パイ〜65ハイ 大きさは、胴長で約20cm〜30cm。 棚は、底〜底上10m。 使っていた仕掛けの針は、さかな針11cmだったそうです。 

 水イカ(ヤリイカ) 数釣りも!  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)11月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 午前8時(朝)に出港し、午後3時までの釣り。 古平沖の水深約40mで。 水イカを1人あたりで、40パイ〜140パイ 大きさは、胴長で約12cm〜30cm超。 棚は、中層から底までバラついたそうです。 使っていた仕掛けの針は、さかな針14cmと、たまご針11cmだったそうです。 釣れた水イカの大きさも、様々だったそうです。

               **********

◆ 11月23日。祝日でしたが荒れ模様の天気でしたので、沖は波高く遊漁船は出港できませんでした。

 真ダラ 好釣果  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)11月22日の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 午前6時半に出港し、午後12時半までの釣り。 サルワンの水深約130m〜150mで。 真ダラを1人あたり4本〜10本、 大きさは 50cm〜70cm タラシャクリは250号で、銅パイプ製、ステンレスパイプ製。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク。

 真ダラ 好釣果  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)11月22日の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 午前8時に出港し、午前11時までの釣り。 幌武意沖の水深約100m〜150mで。 真ダラを1人あたりで 5本〜7本、 大きさは 60cm〜80cmタラシャクリは250号で、銅パイプ製と、ステンレスパイプ製。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク。 カムイ1,000gの赤金でも釣れたそうです。 また、21日の夜に、真イカ釣りで出港したそうですが、時化模様になり、ほとんど釣りが出来ずに切り上げたそうです。

               **********

◆ 11月21日。 前日からの強い西風が昼過ぎまで吹きましたので、遊漁船は出港できませんでした。 21日の夜釣りのイカ釣りは、一部の遊漁船の船長が出港出来そうだとおっしゃってました。

 真イカ 好釣果!  余別漁港 千鳥丸 (山田船長0135−46−5125)11月19日の夜の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 19日の午後4時過ぎに出港し、午後10時までの釣り。 神威岬沖の水深約45mで。  真イカを1人あたり、60パイ〜130パイ 大きさは、20パイ入りサイズ〜30パイ入りサイズ。25入りサイズが多かったそうです。 棚は、30m→20m。 仕掛は、7号キラキラおっぱい針の仕掛が良かったそうです。 

 真イカ 好釣果!  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)11月19日の夜の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 19日の午後7時に出港し、午前1時半までの釣り。 水無し沖の水深約46mで。  真イカを1人あたり、50パイ〜140パイ 大きさは、20パイ入りサイズ〜30パイ入りサイズ。いろいろなサイズがほぼ均等に混じったそうです。 棚は、底周辺。 仕掛は、7号と6号のキラキラおっぱい針の仕掛が良かったそうです。

 真イカ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)11月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 19日の午後5時前に出港し、午後11時半までの釣り。 水無し沖の水深約46mで。  真イカを1人あたり、70パイ〜230パイ 大きさは、20パイ入りサイズが8割、30パイ入りサイズが2割。 棚は、20m→15m。午後10時を過ぎてから入れ食いの時間帯があったそうです。 仕掛は、7号キラキラおっぱい針の仕掛が良かったそうです。 230パイを釣った人も、200パイの人も、160パイの人も、いずれも7号キラキラおっぱい針の仕掛で釣ったと伺いました。  船長からのお知らせ最近、イカが好調なので、平日は少人数からでも出港しますので、気軽に船長まで電話でご相談ください、とのお話しでした。

               **********

 真ダラ 好釣果!   余別漁港 千鳥丸 (山田船長0135−46−5125)11月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午前6時半に出港し、午前11時半までの釣り。 沼前沖の水深約140mで。 真ダラを全員が 10本超、 大きさは 90cmが1本、あとは50cm〜80cm60cm前後が多かった。 タラシャクリは200号〜250号で、ステンレスパイプも銅パイプも。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク。 カムイ1000gの赤金でも数釣り。

 真ダラ 数釣り!  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)11月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港し、正午までの釣り。 神威岬沖の水深約135m〜150mで。 真ダラを1人あたり10本〜20本、 大きさは 50cm〜90cm超90cm前後が6本、70cm以上が約40本あったそうです。  タラシャクリは250号で、銅パイプ製、ステンレスパイプ製など。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク、赤など。カムイ1000gの赤金でも釣れたそうです。

 ヒラメ 好釣果!  余市河口漁港 幸運丸 (浜田船長090−8900−6695)1119日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午前時に少人数を乗せて出港し、午後1時までの釣り。 余市沖で。 ヒラメは全体で、50枚、 大きさは 40cm〜60cm。 バケは500g前後で、ホログラム系、オレンジ色など様々。 仕掛のタコキャップの色は、ピンク色、オレンジ色など。 エサはオオナゴ。

               **********

11月17日〜18日も、西方向からの風が強く時化模様でしたので、出港した遊漁船は極一部でした。

 水イカ、真イカ 昼に好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)11月18日の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 18日の午前9時前にお客様1名だけを乗せて出港し、午後3時までの釣り。 幌武意沖の水深約46mで。 水イカをお客様がお一人で、50パイ 大きさは、胴長約17cm〜30cm。 真イカをお客様がお一人で、40パイ 大きさは、20パイ入りサイズが9割。 棚は底周辺。 仕掛は、さかな針11cmの仕掛だったそうです。  船長からのお知らせ最近、イカが好調なので、平日は少人数からでも出港しますので、気軽に船長まで電話でご相談ください、とのお話しでした。

11月16日〜17日は沖が時化模様でしたので、出港した遊漁船は無かったと思います。

11月15日は、早朝は穏やかでしたが、予報が悪かったので、遊漁船はほとんど全船出港しなかったと思われます。午前10時前後から風が次第に強くなりました。

 イカメタルでイカ釣り  古平港 アトゥイ (土方船長080−1063−1907)11月14日の昼の釣果(15日記述): 船長から14日に伺いました。 船長が単独で14日の午前10時に出港し、午後3時過ぎまでの釣り。 美国沖の水深40m前後で。 水イカを1人で、60パイ 、大きさは胴長20cm前後。 真イカを1人で、10パイ 、大きさは胴長25cm前後。 イカメタルはタングステンのものを使ったそうです。

               **********

 真イカ 数釣り!  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)11月13日の夜の釣果(14日記述): 船長から伺いました。 13日の午後6時に出港し、午後11時前までの釣り(入れ物が無くなって切り上げ)。 水無し沖の水深約40m〜45mで。 真イカを1人あたりで、100パイ〜250パイ 大きさはいろいろで、20パイ入り〜30パイ入り。20入りサイズと25入りサイズの大きめのイカが多かった壮です。 棚は、バラバラで20mから底近くまで。 7号キラキラおっぱい針の仕掛が優勢だったそうです。

 真ダラ、ヤナギ、ホッケ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)11月14日の釣果(14日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、午後1時までの釣り。 サルワンの沖の水深約130m〜150mで。 真ダラを1人あたり2本〜3本、 大きさは 50cm〜70cm ヤナギノマイを1人あたり5匹〜20匹、 大きさは 25cm〜30cm。 ホッケを1人あたり20匹〜40匹、 大きさは 30cm〜40cm タラシャクリは250号で、銅パイプ製、ステンレスパイプ製など。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク。 タラシャクリの上に、白フラッシャー針ベースのいろいろな胴突仕掛を付けていたそうです。エサは赤イカ。

 真イカ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)11月13日の夜の釣果(14日記述): 船長から伺いました。 13日の午後7時前に出港し、午後11時半までの釣り。 水無し沖の水深約40m〜50mで。 真イカを1人あたりで、100パイ〜150パイ 大きさは、20パイ入り〜30パイ入り。 棚は浅く、12m前後。 仕掛はきょうも、7号キラキラおっぱい針の仕掛で釣れたと伺いました。 船長からのお知らせ最近、真イカが好調なので、平日は少人数からでも出港しますので、気軽に船長まで電話でご相談ください、とのお話しでした。

 真ダラ、ホッケ、ヤナギ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)11月14日の釣果(14日記述): 船長から伺いました。 午前7時前に出港し、午後12時半までの釣り。 沼前沖の水深約140m〜155mで。 真ダラを全体で 約60本、大きさは50cm〜85cmヤナギノマイを1人あたり7匹〜8匹、大きさは30cm前後。 ホッケを1人あたり15匹〜30匹、大きさは30cm〜45cm タラシャクリは250号で、銅パイプ製もステンレスパイプ製も。 カムイ1,000gの赤金でも釣れたそうです。 シャクリの上に付けた胴突仕掛は、白フラッシャーが付いた針を使ったいろいろなタイプ。エサは赤イカ。

               **********

 真ダラ 好釣果!   余別漁港 千鳥丸 (山田船長0135−46−5125)11月13日の釣果(13日記述): 船長から伺いました。 午前6時半に出港し、午前11時過ぎまでの釣り。 沼前沖の水深約140mで。 真ダラを全体1人あたりで 10本〜13本、 大きさは 90cmが1本、あとは50cm〜80cm タラシャクリは200号〜250号で、ステンレスパイプも銅パイプも。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク、赤、カジキなどだったそうですが、ピンク色が優勢だったそうです。

 真イカ 釣れてます!  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)11月12日の夜の釣果(13日記述): 船長から伺いました。 12日の午後6時に出港し、午前0時までの釣り。 サルワンの水深約50mで。 真イカを1人あたりで、80パイ前後 大きさは、20パイ入り〜30パイ入り。 棚は、底周辺。 長ヘラ針の仕掛も、7号キラキラおっぱい針の仕掛も、ともに釣れたそうです。

 真ダラ 好釣果!  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)11月13日の釣果(13日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港し、正午過ぎまでの釣り。 サルワンの沖の水深約140mで。真ダラを1人あたり10本前後、 大きさは 50cm〜80cm タラシャクリは250号で、銅パイプ製など。 カムイ1000gの赤金でも釣れていたそうです。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク。

 真イカ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)11月12日の夜の釣果(13日記述): 船長から伺いました。 12日の午後4時半に出港し、午後10時過ぎまでの釣り。 水無し沖の水深約50mで。 真イカを1人あたりで、60パイ〜150パイ 大きさは、20パイ入り〜30パイ入り。 棚は浅く、20m前後。7号キラキラおっぱい針の仕掛で釣れたそうです。

 真ダラ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)11月13日の釣果(13日記述): 船長から伺いました。 午後1時に出港し、午後5時までの釣り。 幌武意沖の水深約130m〜170mで。 真ダラを全体で 約60本、 大きさは 95cmが1本、あとは60cm〜80cmタラシャクリは250号で、銅パイプ製。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク。 やはりきょうも、カムイ1,000gの赤金でも数が釣れたそうです。

               **********

 真ダラ 好釣果!  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)11月12日の釣果(12日記述): 船長から伺いました。 12日の午前6時半に出港し、午後1時までの釣り。 サルワンの沖の水深約140mで。 真ダラを1人あたりで 6本〜13本、 大きさは 60cm〜80cm タラシャクリは250号で、銅パイプ製など。 カムイ1000gの赤金、ピンクホロでも釣れていたそうです。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク、赤、その他。

 ブリエサ釣りで15kg+真イカの数釣り!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)11月11日の夜の釣果(12日記述): 船長から伺いました。 11日の午後5時半に出港し、午後11時までの釣り。 水無し沖の水深約43mで。 真イカを1人あたりで、150パイ〜250パイ 大きさは、20パイ入り〜30パイ入り。 20入りが大半を占めた。 棚は浅く、20m→15m。7号キラキラおっぱい針の仕掛で釣れたそうです。 ブリのエサ釣り(置き竿)しながらの真イカ釣りだったそうです。  真イカは数釣りでしたが、ブリは船中で1本だけ、それが15kgの大物だったそうです。

 真ダラ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)11月12日の釣果(12日記述): 船長から伺いました。 午前6時半に出港し、正午までの釣り。 沼前沖の水深約140m〜155mで。 真ダラを全体で 60本、 大きさは 95cmが1本、あとは55〜80cm。60cm〜70cmが多かった。 タラシャクリは250号で、ステンレスパイプも銅パイプも。 針に付けたヤリイカベイトやタコベイトの色は、ピンク。 カムイ1,000gの赤金でも数が釣れたそうです。

 水イカ(ヤリイカ)   美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)11月12日の釣果(12日記述): 船長から伺いました。 正午(昼)に出港し、午後5時までの釣り。 美国沖の水深40m〜50mで。 水イカを1人あたりで、20パイ〜40パイ 大きさは、胴長で約25cm〜30cm。 棚は、底周辺。さかな針14cmの仕掛を使っていたそうです。

 水イカ(ヤリイカ)   古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)11月12日の釣果(12日記述): 船長から伺いました。 午前9時に出港し、午後4時までの釣り。 厚苫沖の水深約45mで。 水イカを1人あたりで、30パイ〜70パイ 大きさは、胴長で約20cm〜30cm。 棚は、底周辺。さかな針14cmと11cmの仕掛を使っていたそうです。

               **********

 真ダラ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)10月19日の釣果(20日記述): 船長から19日に伺いました。 19日の午前7時に出港し、午後1時前に沖上がり。 カムチャッカ根の水深約150m〜160mで。 真ダラは1人あたりで 6本〜16本、 大きさは 1m5cmが1本、あとは60cm〜80cm。70cm以上がほとんど。 タラシャクリは250号で、ステンレスも銅パイプも。 針に付けたヤリイカベイトは、ピンク色。 カムイ1,000gの赤金でも数釣り。 上の写真は、釣りの帰りに寄ってくださったお客様が見せてくださいました、この日最大の1m5cmの真ダラです。 15kgは超えていそうなメタボな雄の真ダラでした(タチが凄いのですが)。計りが振り切って量れませんでした。 お客様も手に持てませんでした。

               **********

 ブリ  デイ・ジギング ヒラメ良型  日司漁港 NANAV (小笠原船長090−8371−6294)8月28日の釣果(28日記述): 乗船したお客様方から伺いました。 午前5時に出港し、午後1時までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約50m〜60mで。 ブリの釣果は1人あたりで 0本〜2本、大きさは 2kg〜3kg。 上の写真は、富良野市の 上原 一正さんが午前11時過ぎに釣った嬉しい外道の良型ヒラメです。当店で午後3時頃計測しましたら、 73.5cm、4.15kg ありました。 イナダはきょうは食いが悪くイマイチの釣果だったそうですが、ヒラメの良型を釣ったので嬉しそうでした。 上原さんは、自作のジグ150gのブルピンゼブラグローで釣ったそうです。 当店ヒラメダービーの第2位に着けてきました。 ヒラメは全体で3枚釣れたそうで、この73.5cmの他は、約57cmと約55cmだったそうです。

               **********

 サクラマス 好釣果!4.2kgも  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)3月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様方からと、船長から伺いました。 午前5時半に出港し、正午までの釣り。 サルワンの水深60m〜70mで。 サクラマスは1人あたり 5匹〜10匹、 大きさは 4.2kgが1匹、3.5kgが1匹、2kg超がほとんど500g〜800gは数匹  バケは 600gで、アワビ貝貼り、レーザー、その他様々。 タコベイトの色はピンク、グリーン、など様々でしたが、タコベイト無しの毛針だけにも食ってきていた。 棚は、30m〜底周辺との事。 シャクリは様々だったそうです。 サバイバーのブルーイワシも結構釣れたと、オススメをいただきました。 上の写真は、4.2kgを釣った 江別市大麻の 黒田 博幸さんです。黒田さんは午前8時30分過ぎに、サルワンの水深60mで、棚がカウンターで35mの辺りで釣れたそうです。 4kg越えの板マスは実に良いものですね〜!うらやまし〜!! (今シーズンは、日を追ってのサイズアップも順調な感じですね。)               **********

下の写真は↓、アラスカへ遠征したときの写真ではありません、余市です!。 (この魚のせいで、アラスカの雰囲気出ちゃってません?)

 ↑ サクラマス釣り中に、キングサーモン10.5kg!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)3月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様からと、船長から伺いました。 午前6時前に出港し、正午前までの釣り。 余別沖と積丹岬無線塔沖の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 7匹、 大きさは 2.3kgと2kgが各1匹、1.5kgが1匹、500g〜1kgが4匹。 ホッケは1人あたりで 30匹〜50匹、大きさは、30cm〜45cm シャクリは、黒水牛、鹿角が活躍。良型のサクラマスにショックリーダーを切られたり、やりとり中にバケ尻の針が折れたりして、良型をばらしたそうです。 しかしながら、上の写真のなんと、10.5kg の マスノスケ(キングサーモン)が釣れて、船上どころか積丹中の遊漁船の間で騒然となったそうです。釣り人は、札幌市豊平区の 金野 祐 さんです。金野さんのお話しによると、釣れたのは午前11時頃で、積丹岬無線塔沖の水深46m、棚は針までで40mだったそうです。 積丹でマスノスケのこのサイズが釣れたのは25年以上無いと思います。アラスカやカナダへ行かないで良型を釣るなんて、宝くじの1等当選に匹敵する確率ではないでしょうか?!。 このマスノスケが、選んで食らいついたのは、サバイバー250gモスグリーンオオナゴでした。 それにしても金野さん、よくぞ無事に釣り上げましたね!、お見事でした。おめでとうございます。 

               **********

 ブリのデイ・ジギング 13kgも↑  美国漁港 仁成丸(佐藤船長090−8899−1693)11月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 午前7時に美国漁港から出港して、午後1時40分までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深約60m〜85mで。 ブリは全体で 36本、大きさは帰港後計測、 13kgが1本、9kg前後が2本、4kg〜6kgが30本、3kg前後が3本。 ジグは、200g前後。上の写真は、この日最大の 13kg、尾叉長86cmを釣った 旭川市東旭川の 山崎 清さんです。『大物です、やりましたね〜!!』 これほどの脂が乗った大物ブリですと、超高級魚になると思われます。 <持ち上げるのが大変なサイズです!!>

               **********

 ブリのデイ・ジギング 12kgオーバーを頭に 20本  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)10月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 午前5時半過ぎ、時化気味の中を美国漁港から出港して、午前9時半過ぎまでの釣り。 幌武意沖の水深65m前後で。 ブリは全体で 20本、大きさは帰港後計測して、 血抜き後 12.5kg超が1本、11kgが3本、10kgが1本、あとは6kg〜8kg。 ジグは、180g〜250g。  食ってきたのは底近くから中層まで。 上の写真は、尾叉長85.5cm、血抜き後11.0kgを釣った、仁木町の 堀 隆義さんです。 堀さんは、7kg〜11kgを3本釣りました。使ったジグは、スライドアクター240gアルミシルバーなどとの事でした。 <最近、良型〜大物が連日釣れていますね! 数年前に釣れた16kg〜17kg級を越えていく夢が・・・・。 誰かに釣れてくれれば良いですね!!>

               **********

 ブリのデイ・ジギング 13.5kg頭に 1人で7本  余別漁港 マイボート (札幌市南区の 久末 勝 さん10月17日の釣果(18日記述): ご本人から18日に伺いました。 18日の朝は強風で時化たので、出港せずに帰ってきたそうです。 17日に釣れたブリを積んで立ち寄ってくださいました。 17日の午前9時に出港して、午後1時30分までの釣り。神威岬沖の水深が約50m〜60mで釣ったとのこと。左の写真のブリは、当店で18日の午前9時に計測しましたが、 尾叉長で88cm、13.5kg(血抜き後) ありました。 ほぼ同じぐらいの大きさのブリがもう1本、あとは7kg〜10kgが5本、合計で7本を釣ったそうです。 使ったジグは、ドラッカーハイブリッドタイプU 220g の赤金だったそうです。 ランクルに積まれていた、100リッター前後のクーラーは3コでした。 脂の乗りきった大物ブリばかりでしたので、大喜びでした。

 
     投 げ 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

 釣り会成績: カルデラFC 小樽市銀鱗会 左のボタンからご覧下さい。

◆ カジカ6匹、ハチガラ2匹   積丹町 来岸海岸  11月19日の夜の釣果(20日記述): 来岸の岩場で釣ってきましたと、20日の昼過ぎに来店されたお客様から伺いました。 19日の午後5時頃に釣り開始し、20日の午前3時に切り上げたそうです。 当店で20日の正午過ぎに計りましたが、 カジカが6匹、35cm〜39cm。ハチガラが2匹、27cmと25cm でした。

◆ 砂ガレイ   古平港  11月19日の釣果(20日記述): 昨日釣れましたよと、おっしゃるお客様から伺いました。 19日の午前中の釣果ですが、古平港の西外防波堤から外海側に投げて、砂ガレイが 7枚、大きさは 20cm前後。 黒ゾイ3匹、大きさは20cm前後

     防波堤・港内の釣り  ・このページのトップへ戻る

◆ チ カ   余市港  11月28日の釣果(28日記述):  釣りの帰りのお客様から伺いました。 午前9時頃に漁組市場前から製氷工場側に寄った所で釣り始め、正午に切り上げてきたそうです。 チカは結構見えているそうですが食いが悪かったそうです。 釣果は1人で 25匹 との事。 大きさは、約8cm〜10cm。 スピードサビキ2.5号針の仕掛で、エサはオキアミ。

 11月14日記述。 天気の良い日には必ず、余市港か余市河口漁港でチカ釣りをしていますとおっしゃる地元のお客様から伺いました。最近は、チカのサイズが7cm〜8cmと小さめですが、50匹〜100匹ぐらいは釣れますよ、とのお話しでした。

◆ チ カ   余市港  10月28日の釣果(28日記述):  午前9時頃に港まで見に行ったときは、漁組市場前から製氷工場側に50m程寄った所で、地元の方が1人だけチカ釣りをしていました。 午前8時過ぎに釣りを開始したとの事で、午前9時の時点で、1人で 約20匹超を釣っていました。大きさは、約8cm〜11cmでした。 午前11時30分前に来店されたお客様が、午前9時過ぎに、朝から釣っていた方の横で釣り、午前11時頃までに1人で約30匹を釣ったそうです。 朝から釣っていた方は順調に数を伸ばして、約60匹超を釣ったとのお話しでした。 このお二人、1人はエサ付けサビキ、もう1人は皮付きサビキを使ったとのことでした。

◆ チ カ   余市港  10月24日の釣果(24日記述):  釣りの帰りの地元のお客様から伺いました。余市港の漁組市場から製氷工場側に少し寄った場所で、午前9時過ぎから正午過ぎまで釣って来たそうです。 チカの釣果は1人で 約60匹。 大きさは 約8cm〜10cm。 仕掛はティンセル付きサビキ2.5号針。 オキアミは付けず。

◆ チ カ   余市港、余市河口漁港  10月23日の釣果(23日記述):  午後3時頃に、余市港と余市河口漁港を見て来ました。 @余市港の南防波堤のガードレールのある場所の基部で2人がチカを釣っていました。 この時の釣果は2人で 約15匹。 大きさは 約8cm〜10cm。 仕掛はスピードサビキ3号針で、エサはオキアミ。  A余市河口漁港の真ん中より右側でやはり2人が釣っていました。 釣果はチカを2人で 約13匹、大きさは、約8cm〜13cm。スピードエサ付けサビキ3号針で、エサはオキアミ。

     ルアーフィッシング  ・このページのトップへ戻る

 バーサスU80シェルのカラーチャートです↓。この他にもお客様からのご注文で多くのカラーのものを製作しております。 なお一番下の2ケはディーヴァ90シェルのオオナゴカラーと、ブルーイワシです。

 

 下の写真は、アルミタイプのカラーチャートです↓。 カラーのバリエーションはこの他に多数ございます。

               **************

◆ 豆イカ、真イワシ!   美国港  12月日の釣果日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 美国港の南防波堤の先端で、5日の午前3時から午前7時まで釣ってきたそうです。豆イカの釣果は1人で 約50パイ、大きさは胴長で10cm前後。 グミグミスッテを使用したそうです。 これに先立って、4日の午後2時頃に美国港内に真イワシの群れが入ってきて、サビキでしばらくの間 入れ食いになったそうです。 このお客様は1人で真イワシを 約80匹を釣ったそうです。 大きさは約20cm〜25cm。 真イワシがこの時季に大群で岸寄りするのも珍しいですね! 少し前に小樽港内でも真イワシがたくさん釣れた話を伺いました。 ハタハタも数年ぶりで来ているようですが、いまのところ前回来たときほどの数ではないようです。

◆ 豆イカ   余市港  12月4日の釣果日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 2日〜3日の大荒れで、底荒れや濁りがあるためか、4日の朝から日昼にかけてはあまり釣れなかったそうです。 しかし、3日の夜遅くから4日の朝までの間には、中防波堤で1人あたりで30パイ〜80パイを釣った人達がいたと伺いました。 エギは、1.5号と1.6号で釣れたそうです。

◆ 豆イカ   余市港  12月1日の釣果(1日記述) 午後4時頃余市港まで行って見てきました。 @ 南防波堤の高台の上では6人が釣りをしていました。1人あたりで 約1パイ〜12ハイの釣果でした。 A 製氷工場の先では、4人が釣りをしていました。 1人あたりバイ〜6パイでした。 B 中防波堤では、最初の角から2番目の角の間に5人が釣りをしていました。 1人あたりの釣果は 約3バイ〜20パイでした。 夕方の3時前後から結構釣れ始めたそうです。  1.5号のエギを使っていた方がほとんどでした。

◆ 豆イカ   余市港  11月28日の釣果(29日記述) 『きのう釣れましたよ!』とおっしゃる地元のお客様から伺いました。 余市港の南防波堤の高台で、28日の午後2時頃に釣り始めて午後5時まで釣ったそうです。 釣った数は70パイを超えたそうです。大きさは、胴長で約10cm前後。 エギは、1.5号のイワシカラーを使ったとの事でした。 また、29日に来店された、古平町のお客様と、美国町のお客様が、ともに28日の午後からは、良い釣れ具合でしたよ、とのお話しでした。

◆ 豆イカ、水イカ   古平港、美国港  11月28日の釣果(28日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 28日の午前0時より前に、古平港の外防波堤の突堤で釣り始め、午前10時半頃まで釣ってきたお客様が、 豆イカを1人で 約50パイと、 水イカを1人で8パイ釣ったと伺いました。豆イカは胴長が10cm前後で、水イカは胴長が30cm超だったそうです。 エギは、1.5号と1.8号の色々な色で釣ったそうです。 水イカは夜明け頃に連続釣れたそうです。 A 美国漁港の南防波堤の先端で、水イカのエサ釣りをしていた方が、とても調子良く釣り上げていたのを偶然見たら、その方が側で釣りなさいと行ってくれたそうです。 27日の午後10時過ぎから28日の午前3時頃までお友達と2人で釣ってきたそうです。 釣果は、水イカを1人あたりで 約35ハイと、約25ハイ 、 豆イカを 約40パイと、約30パイ 釣ったそうです。 水イカは 胴長で 約15cm〜30cm。 豆イカは、胴長で10cm前後。 側で釣らせてくれたエサ釣り(テーラーを使用)の方は、水イカを1人で、恐らく100パイを超えて釣ったと思われるとのお話しでした。 

◆ 豆イカ   余市港  11月26日〜27日の釣果(27日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 余市港の南防波堤のガードレールがある場所よりも、少し道路に寄った場所で、26日の午後3時頃に釣り始めて27日の朝まで、寝たり休憩を入れながら釣って来たそうです。 良い調子で釣れた時間帯は、26日の午後3時半頃から午後7時過ぎまでだったそうです。 その他の時間帯は、ポツリポツリだったそうです。 釣った数は60パイを超えたそうです。大きさは、胴長で約10cm前後。 エギは、1.5号と1.6号で釣ったとのことでした。

◆ 豆イカ   余市港  11月26日の釣果(26日記述) 午後4時前に余市港まで行って釣れ具合を見てきました。 @南防波堤のガードレールの周辺には、釣り人が15人超でした。釣果は1人あたり 0ハイ〜5ハイでした。 A南防波堤の高台の上には、釣り人が20人超でした。 釣果は1人あたりで 0ハイ〜10パイ。 B製氷工場の奥周辺には、釣り人が7人前後でした。釣果は1人あたりで、0ハイ〜5ハイ。 C中防波堤には全体で20人以上いました。釣果は1人あたり0ハイ〜10パイ超でした。 いずれの場所も豆イカの大きさは、胴長で10cm前後。 エギ単体で釣っていた人が多かったです。 エギの大きさは、1.5号、1.6号、1.7号、1.8号でした。

◆ 豆イカ   余市港、古平港  11月25日の釣果(25日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 @ 余市港中防波堤の中程の港内側で、早朝の午前5時過ぎから午前9時まで釣ってきたそうです。 (豆イカ釣りはこの秋から始めたばかりです、との事でしたが。) この日の釣果は1人で 20パイ。 大きさが胴長で10cmを超えていたそうで、前回釣った時よりも、少し大きかったですともおっしゃってました。 エギは、1.5号を使ったそうです。 A 正午過ぎから午後4時半過ぎまで、古平港の外防波堤の突堤と、西外防波堤の港内側の2カ所で釣ってきたお客様が、1人で 50パイ超を釣ってきたと、伺いました。

◆ 豆イカ好調です!  古平港  11月23日の釣果(23日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 古平港の外防波堤の突堤で(港内側)、午前8時頃に釣り始めて、午後1時過ぎに切り上げてきたそうです。 豆イカの釣果はこの方が1人で約50パイ。 大きさは胴長で10cm前後。 エギは1.5号を使ったそうです。 外防波堤には釣り人がほとんどいなかったそうですが、西外防波堤の港内側には、釣り人が多かったそうです。

◆ 豆イカ好調です!  余市港  11月22日の釣果(22日記述) 22日の午後4時50分に来店されたお客様から伺いました。 余市港南防波堤のガードレールのあるところより少し道路寄りで、午後1時頃から釣っていたそうですが、午後4時半頃までに、このお客様1人で 約120パイの豆イカを釣ったそうです。 『きょうは良い日ですよ!。 日が暮れてからも良い調子で釣れていますから、もう少し釣っていきます。』 と、エギを買って行かれました。 豆イカの大きさは、小さくは無い、ともおっしゃってました。

◆ 海アメ 7匹  島牧村  11月20日の釣果(20日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 18番の右側に鳥山を見つけて、そこに釣りに入ったのが午前8時半頃。切り上げたのが午前10時半頃だったそうです。 始めはアタリやショートバイトだけだったそうですが、 鰯が打ち上げられて入るのを見つけて、岡ジグLT40のイワシカラーに替えたら釣れ始めたそうです。 釣果は 7匹、大きさは約40cm〜55cm。 全部リリースしたそうです。 18番には釣り人がいなかったそうですが、大平には結構な人数が釣りをしていたそうです。

◆ 豆イカ好調です!  古平港  11月20日の釣果(20日記述) 古平町にお住まいのお客様から伺いました。 古平港の遊漁船乗り場の隣の広い場所で、午前5時前に釣り始めて、午前8時過ぎに切り上げてきたそうです。 豆イカの釣果はこの方が1人で約30パイ。 大きさは胴長で約8cm〜11cm。 エギは1.5号と1.6号を使ったそうです。 夜中からとか前日から釣っていた人達の中には、1人で50パイ〜100パイを釣っていた人達もいたそうです。

◆ 豆イカ好調です!  古平港  11月19日の釣果(19日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 古平港の西外防波堤の港内側で、午前4時頃に3人で釣り開始、午前7時半頃に切り上げてきたそうです。 豆イカの釣果は3人合わせて 約100パイ。 大きさは胴長で約8cm〜11cm。 エギは1.5号を使ったそうです。 A 古平港の外防波堤の先端よりも手前の港内側で、午前8時過ぎに釣り始め、休憩を入れながら、同行した初心者の方に教えながら釣ったそうです。 豆イカの釣果は、この方1人で約80パイ、大きさは胴長で 10cm前後。 エギは、1.5号を使ったそうです。 少しではありますが、ヤリイカ(水イカ)も釣れるそうです。

◆ ジグでホッケ!  積丹町  11月19日の釣果(19日記述) 神岬漁港の外防波堤の上からジグをキャストしてホッケを釣ってきましたと、釣りの帰りのお客様から伺いました。 夜明けから午前8時頃までの釣果ですが、ホッケを1人で10匹。大きさは、30cm〜35cmで、ほとんどが抱卵のホッケだったそうです。 外海側は強風と波で釣りづらかったそうです。 港内側では投げ釣りの人達もホッケを狙っていたそうですが、数は釣れてなかったそうです。

                **********

◆ 海アメ第一号!  島牧村  11月14日の釣果(14日記述) 左の写真は、島牧村大平海岸の左の磯場で、午前9時頃に釣れた海アメです。 当店で午後1時頃に計測しましたが、67.0cm、2.35kg ありました。釣り人は、札幌市厚別区の 富樫 恭兵さんです。 ルアーは、カブキメタル35gのベイトフィッシュカラーだったそうです。 当店の第35回アメマスダービーの登録魚第一号です。富樫さんはもう1匹を釣ったそうですが、小さかったのでリリースしたそうです。 また、午前7時頃に、同行したご友人が隣で、61cmを釣り、後から良型を掛けてバラシタそうで、悔しがってました。

               **********

◆ サーフで ヒラメ72cm!  せたな町  11月7日の釣果(10日記述) 左の写真は、札幌市東区の 金澤 恭兵さんが、11月7日の午後4時頃に釣った ヒラメ 72cm、4.0kgです。 11月8日の午後4時頃に金澤さんが当店に来店されたので、すぐ計測しました。釣った場所は、利別川河口の左側の砂浜との事。 本命は、海アメ狙いだったそうです。 釣ったルアーは、リザルトSSR95で、カラーは赤金オレンジベリーだったそうです。 当店ヒラメダービーの第3位に着けました。ヒラメダービーは11月23日までですので皆さん頑張ってください。

               **********

◆ イワナ良型  長万部町  9月2日の釣果(3日記述) 左の写真は、仁木町にお住まいの 原島 勝成さんが、2日に長万部川の上流部で釣ってきたイワナの画像です。 2日の午前6時半頃入釣して、午前9時頃切り上げたそうです。 イワナばかり結構な数を釣ったそうです。なかでも良型の、40cm超えと、35cmの写真を掲載させていただきました。使ったルアーは、ハンドメイドミノー45F(ウッドモデル)とのこと。 魚は全部リリースしたそうです。 ロッドはテンリュウのレイズ・スペクトラ51LL、リールはカーディナル33Xを使用したそうです。

               **********

◆ 古平河口でサケ、今季初もの  古平町  8月31日の釣果(9月1日記述) 左の写真は、大阪府池田市在住の 小笠原さんが、古平川河口のすぐ右海岸で、31日の午後2時頃から午後3時の間に釣ったサケです。2匹釣って、大きい方を持っての記念撮影です。 当店で31日の午後5時半頃に計測しましたら、 71cm、3.95kg と、69.5cm、3.60kgでした。 遠方から通って2シーズン目でのゲットとのことでしたが、今年はドンピシャのタイミングの釣りでしたね。GREAT! アキアジクルセイダー40g+ソーダガツオのウキルアーでの釣果と伺いました。 もうお一人の近くで釣っていた方が、少し早くに第1号を釣って、その後に小笠原さんが第2号第3号を釣ったそうです。 31日、少し遅れての第1号のサケでしたが、釣れて良かったです。今シーズンも始まりましたね!! 皆さん頑張ってください。 サケ釣りは釣り場が混みあいますが、お互いに譲り合いながら良い思い出を作りましょうね!!。

               **********

◆ ワームで良型ヒラメ  岩内港  7月17日の釣果(18日記述) 左の写真は、仁木町の 北川 健司さんが、岩内港内の漁業埠頭先端部で、17日の午後8時頃に釣ったヒラメの良型です。 当店で18日の午前8時前に計測しましたら、 73cm、4.7kgでした。 一ヶ月ほど前からヒラメが小型のソゲばかりで、ヒラメと呼べるサイズが少なかったのですが、ヒラメのエサになる小魚が港内に色々入ってきているせいか、しばらくぶりで良型が釣れましたね。 ワームは、バルト3.5インチのマイワシカラーで、ジグヘッドはムゲンヘッド21gだったそうです。 北川さんは、この良型を釣る前に、リリースサイズを2枚と、50cmを1枚釣っていたそうですが、午後8時頃に73cmを釣ったので、まもなく切り上げたそうです。 2016年の当店ヒラメダービーの登魚第一号です。 当店のヒラメダービーは参加無料です、釣れたらお寄りください。11月23日までです。

               **********

◆ サクラマス 1人で2匹  積丹町美国  6月24日の釣果(24日記述) 左の写真は、小樽市の 上家 和幸さんが本日釣ってきました、2匹のサクラマスです。 当店で正午過ぎに計測しましたら、 尾叉長で 62.5cm/3.5kg と 58.0cm/2.65kg でした。上家さんが釣った場所は、美国川河口。 美国漁港の南防波堤の先端から外海側に魚影を見つけてキャスト。 色々なルアーを試したそうですがほとんどが無視されたそうです。ショアラインシャイナーZ140のHITグリーンにだけはアタリがあったそうで、このミノーの引き方を色々変えて試していたら釣れたそうです。大きい方が午前4時頃で、小さい方は午前5時半頃に釣れたそうです。

               **********

◆ サクラマス 今シーズンの最大か?  岩内町  6月5日の釣果(6日記述) 上の写真は、札幌市北区の 広永 俊章さんが、雷電海岸の岩場で釣った、サクラマスの大物です。 当店で午後5時40分に計測しましたが、尾叉長で 70.0cmで 4.8kg もありました。 鼻曲がりの雄でした。 釣り上げたのは午前4時頃とのことで、ルアーはタイドミノースリム175のピンクバックだったそうです。 今年の春は、サクラマスの釣れ方は順調なシーズンでしたが、魚影が濃い年の割には、良型が少ないと感じていました。 最近は跳ねているのに、ルアーに反応が鈍く、釣果は下降気味でした。 5月に入ってからヒラメが釣れ始めたと思いきや、もう型物まで釣れたとか。 ショアのブリ〜イナダも早めの釣れ始めですし、淡水の釣りものが気になり始めたりで、サクラマス熱も冷めかけてきていた時季でしたが、まだ熱い情熱を維持している人がいたのですね。 広永さんは、この大物の他に2匹、3.3kgと、2.3kgも釣っていました。 その2匹もタイドミノースリム175のオオナゴと、140カタクチで釣ったとのことでした。

               **********

<下の8枚の画像は、バーサスの作者が最近リリースした、ニュータイプ ハンドメイド・ジグミノーの ”Diva (ディーヴァ)”です。 カラー設定は、バーサス同様非常に豊富です。 ディーヴァの特徴は、究極の好バランスが生み出す、飛行距離とナチュラルな泳ぎです。 想定を超えるような飛びと、リトリーブ・スピードが速くても低速でも、とても綺麗でリアルに泳ぐことです。 構造はバルサ+金属です。 先ずはアルミタイプのみの生産ですが、シェルタイプのご注文もお受けいたします。 33g〜38gのアルミが¥2200、シェルが¥2750。 40g〜45gのアルミが¥2350、シェルが¥2900でございます。 少し残念なのは、下の写真がうまく撮れてないことです。 現物をご覧になれば、その美しさにため息が出るかもしれませんよ!。 作者は、『バーサスを凌ぐほどのサクラマスの釣果を期待し欲しいです。』 と おっしゃってます。>

フライフイッシング  ・このページのトップへ戻る

 

◆ ニジマス  尻別川  10月31日の釣果(31日記述): 上の写真は小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、晩秋の渓流釣り日誌をいただきましたので、掲載させていただきました。 以下の石澤さんのコメントは、そのまま引用させていただきました。石澤さん、いつもありがとうございます。 今シーズンの渓流釣りの締めの釣りで、また良型まじりでよい釣りを堪能できたようですね、よかったですね!。

『本日は、尻別川の支流で、今年最後の渓流に行って来ました。

久々の釣りでした。

ウェットフライで釣り下り、30cm〜40cmのニジマスが釣れました。

画像は本日の最大魚、53cmです。

フライを沈めて、しつこく粘り、ようやくフライに食いつきました。

時折みぞれまじりの雨で、寒い一日でした。 』

 

◆ ニジマス  尻別川  3月14日の釣果(15日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、今シーズン初の釣り日誌を(14日の夜に)いただきましたので、掲載させていただきました。 石澤さんの今シーズンの『初尻別釣行』は、ニューロッドのを携えてでしたが、早速、良型ニジマスで入魂で来たそうです。 相性の良いロッドになってくれればよいです。 以下のコメントは、そのまま引用させていただきました。

いつもお世話になっています! 石澤です!
本日、雪代前の尻別川に行って来ました!
今日の尻別川は濁りもなくいい感じで、#4のブラックマドラーゾンカーを沈めて61センチのニジマスが釣れました。
先日、購入させて頂いたロッドにも入魂出来ました!
それではまた!

 アメマス  余市川  12月5日(12月6日記述): 釣りの帰りのお客様から5日に伺いました。 余市総合体育館の裏で、早朝からストリーマーで釣ってみたそうですが、アメマスは釣れなかったそうです。 初めて総体裏で釣ってみた方でした。まだ少し早かったようです。

     ウ キ 釣 り  ・このページのトップへ戻る

◆ ホッケ 泊の兜千畳敷  11月22日の釣果(22日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 午前8時前に千畳敷に到着したお二人が、早朝から釣ってみたけど釣れなかったのでと引き上げて行った人達が入っていた場所(先端)に入ったそうです。  ところがなんと、午前8時を過ぎた頃からホッケの群れが来たようで、周りでも釣れ始めたそうです。 少しずつ波が高くなり始めていたそうで、ホッケの食いが立ってきたのかも?ともおっしゃってました。 午前11時頃まで粘ったそうですが、波がさらに高くなったので、切り上げてきたそうです。 ホッケノ釣果は、2人で 40匹。大きさは30cm前後。 抱卵ホッケがほとんどだったそうです。 先端よりも右側で釣っていた人達の方が釣れ方がかなり良かったそうで、おそらく2倍ぐらい釣ったと思われますとの事でした。

◆ 豆イカ好調です!  余市港  11月15日の釣果(15日記述) 15日も豆イカ釣りに来た方達が多かったです。 釣ってきましたと言う情報も多かったので、午後3時半過ぎに余市港まで行って見てきました。 南防波堤ではガードレールの前で、エギで釣っていた人達に混じって、エサでウキ釣りをしていた地元の方が1人いました。午後3時半過ぎの時点の釣果は 約40パイでした。大きさは胴長が約8cm〜12cm。 エサはご自分で釣ったチカでした。

◆ ホッケ 泊の兜千畳敷  11月14日の釣果(14日記述) ジグで1人で20匹釣ってきたお客様から伺いました。 ウキ釣りの人達がかなり調子良く連続釣っていたそうです。 大きさは35cm前後で、抱卵ものが多かったそうです。

◆ サ ケ   古平川河口海岸、余別(よべつ)川河口海岸  10月16日の釣果(16日記述) @古平川河口の左右の海岸で釣ってきたお客様方から伺いました。 河口の左海岸で、午前6時前に、ウキ釣りで1匹が釣れたと伺いました。 A余別川河口で、朝のうちにウキ釣りで2匹、日昼にウキ釣りで3匹で、合計で5匹が釣れたそうです。

◆ サ ケ 7匹  古平町  10月15日の釣果(15日記述) 河口の左右海岸で釣ってきたお客様方から伺いました。 夜明け前の午前4時から午前5時の間に、河口の右海岸で、ウキルアーで4匹 が釣れたそうです。さらに午前6時前後にもウキルアーで1匹が右側で釣れたそうです。  河口の左海岸では午前6時前後に、ウキ釣りで2匹が釣れたと伺いました。 相変わらず、フグの群れにエサが食われるそうです。

     渓流の餌釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ ニジマス、イワナ   岩内町  7月3日の釣果(3日記述) 幌内川の上流域で釣ってきたお客様から伺いました。 午前5時前に、ご友人と2人で入釣し、午前10時半過ぎまで釣ってきたそうです。 雨の後だったので水量が多めで、魚の食いが良かったそうです。 ニジマスを1人あたりで、約20匹 と 約25匹。 このうちキープが約半分の数で、約半分をリリース。ニジマスの大きさは、約20cm〜35cm。 イワナを 2匹 と 3匹。大きさは約20cm〜25cm。イワナはリリースしたそうです。 使ったエサは、ぶどう虫。

◆ ヤマベ   積丹半島  6月5日の釣果(6日記述) ヤマベ(山女魚)が6月1日から解禁になりましたが、積丹半島では、まだ良い釣果が無い人が多いようです。毎年、解禁当初はイマイチの釣果なことが多いのですが、月中から少しずつ上向くと思います。 一部の南側斜面を流れるような河川では、多少の釣果があったようです。

◆道央地区は、4月1日〜5月31日まで、やまべ(=ヤマメ、山女魚)の禁漁期間です。 解禁日は6月1日です。

     その他の釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ 鮎友釣り   厚沢部町  7月1日の釣果(7日記述) 7月1日と2日にお友達数人と厚沢部川本流と、支流の鶉川で釣りをしてきたお客様から伺いました。 本流、支流ともに好調な滑り出しだったそうです。 1人あたり半日で30匹を超えたり、朝から夕方までで1人あたりで70匹を超えたりと良い釣りが出来たそうです。 大きさが様々で、約13cm〜18cmだったそうです。 ただ、小さくても追い気が強い鮎が多かったそうです。 6日に釣りに入ったご友人も半日で40匹近く釣ったそうで、中で一番大きな鮎が、19.5cmだったそうです。 『厚沢部川のほぼ全域で今のところ調子良く釣れているよ!』と、おっしゃってました。

 

◆ アユ   余市川   6月30日記述 余市郡漁業協同組合さんからいただきました、『あゆ釣り愛好家の皆様へ』というリーフレットから、転記させていただきます。

 【平成28年度 あゆ種苗放流状況】 放流日:平成28年6月21日

放流場所 種苗放流量 合計放流量 推定放流尾数
平均12cm、14.4g
七曲橋 75kg 75kg 6,200尾
然別橋 75kg 75kg 6,200尾
       
合計 150kg 150kg 12,400尾

 秋田県の、阿仁川あゆセンター産種苗。

 オトリあゆの販売は、余市郡漁業協同組合の、さけ・ますふ化場 で行います。

 住所: 余市町山田町718番地 電話:0135-22-6345

 さけ・ますふ化場での販売は、平日と土曜日の午前8時〜正午です。

 日曜日・祝祭日は、余市郡仁木町大江1−66−3 丸谷健二さん宅で販売。

 丸谷健二さん宅 電話番号: 0135−22−6345  1尾は¥800。