船釣り   投げ釣り  防波堤・港内の釣り  ルアーフィッシング
フライフィッシング ウキ釣り 渓流の餌釣り その他の釣り
    余市市場水揚げ概況  ・このページのトップへ戻る

5月26日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 鮟鱇40〜60cm30匹、カスベ50〜70cm11匹、

 ヒラメ36〜60cm6枚、シマゾイ25〜30cm3匹、

 真ゾイ25〜30cm7匹、黒ゾイ25cm前後7匹、

 カワハギ25〜30cm22匹、ワタリガニ5ハイ、

 ヘラガニ甲羅幅8〜13cm350パイ。

5月26日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ヒラメ38〜43cm13枚、カスベ50〜65cm20匹、

 砂ガレイ23〜26cm15枚、鮟鱇47〜65cm30匹、

 ヤリイカ胴長22〜26cm20パイ、ワタリガニ10パイ、

 ヘラガニ甲羅幅8〜10cm250パイ。

5月25日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 カスベ50〜70cm40匹、鮟鱇45〜60cm20匹、

 ヒラメ41〜47cm4枚、黒ゾイ25〜30cm7匹。

5月23日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 真鰈20〜35cm33枚、鮟鱇35〜45cm11匹、

 カスベ40〜60cm36匹、砂鰈18〜28cm50枚、

 宗八20〜25cm20枚、ヒラメ38〜43cm10枚、

 ヘラガニ甲羅幅9〜13cm750パイ。

船 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る
岩内港・その他 川白・神恵内 余別・日司
古平・美国・幌武意 余市町 小樽市など

 ヒラメ  余別漁港 金比羅丸 (吉田船長090−6698−1351)月27日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 27日の午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 余別前浜〜浜西河の沖の水深20m前後で。 ヒラメは全員が1人あたりで、 大きさは、71cmが1枚、あとは40cm〜4cm。 バケは500gで、オレンジ色、アワビ貝貼りなど。 タコキャップの色は、オレンジ系、ピンク系、など様々。 エサはオオナゴ。

 ブリ の デイジギング快調でした!  日司漁港 ナナV(小笠原船長090−8371−6294) 5月27日の釣果(27日記述): 乗船してきたお客様から、釣りの帰りに伺いました。 積丹岬無線塔沖で。 ブリは1人あたりで10本前後、大きさは、4kg〜6kgが少しで、3kg〜4kgがほとんど。 全体で、140本ぐらい釣れたと思います、とのお話しでした。

 ヤナギノマイ 数釣り!ホッケ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970)月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 27日の午前5時に出港し、正午までの釣り。 サルワン〜川白沖の水深115m〜145mで。 ヤナギノマイは1人あたりで28匹52匹、大きさは cm〜37cm ホッケは1人あたりで3匹〜8匹、大きさは 30cm〜40cm  真ダラ60cm〜65cmが全体で10本。 白フラッシャーが付いた針の色々な胴突仕掛。 エサは赤イカ。  ★ 船長からのお知らせです28日の日曜日に、ブリのデイ・ジギングの今年初の試し釣りに出るそうです。 空きがあって、まだまだ乗れるそうですので、ブリのデイ・ジギングをしたい方は、船長までお申し込みください。

               **********

 ヒラメ  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月26日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 26日の午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 浜西河の沖の水深15m前後で。 ヒラメは1人あたりで3枚〜5枚、 大きさは、50cm、49cm、48cm、47cmが各1枚、あとは38cm〜4cm。 バケは500gで、色はオレンジ色など。 タコキャップの色は、オレンジ系、ピンク系、赤金系など様々。 エサはオオナゴ。 

 ヒラメ  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398−2147月26日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 26日の午前5時半に出港し、正午までの釣り。 沼前沖〜サルワンの水深20m〜23mで。 ヒラメは1人あたりで3枚、2枚、2枚、 大きさは、38cm〜4cm。 バケは500gで、色は様々。 タコキャップの色は、オレンジ系、ピンク系、その他もいろいろ。 エサはオオナゴ。 

 ヤナギノマイ 数釣り!ホッケ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970)月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 26日の午前6時にお客様2名だけを乗せて出港し、午前11時半までの釣り。 幌武意沖の水深120m〜160mで。 ヤナギノマイは1人あたりで0匹、80匹、大きさは 25cm〜3cm ホッケは1人あたりで5匹、8匹、大きさは 30cm〜40cm 根ボッケ45cm〜50cmが、全体で3匹。 小さめの真ダラ45cm〜60cmが全体で 4本。 白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛。 エサは赤イカ。  ★ 船長からのお知らせです28日の日曜日に、ブリのデイ・ジギングの今年初の試し釣りに出るそうです。 空きがあって、まだまだ乗れるそうですので、ブリのデイ・ジギングをしたい方は、船長までお申し込みください。

               **********

◆ 5月25日。 おそらく何艘かの遊漁船は出港したものと思われますが、いずれの船長さんとも連絡が取れませんでした。

 ヒラメ のち ブリ・ジギング  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月23日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 @<午前便> 23日の午前5時に出港し、午前11時30分までの釣り。 沼前沖の水深15m〜20mで。 ヒラメは1人あたりで5枚前後、 大きさは、37cm〜4cm。 バケは500g、色はオレンジ色、ピンク色など。 タコキャップの色は、オレンジ色が多かった。 エサはオオナゴ。  A<午後便> 23日の正午に出港し、午後5時半までの釣り。 神威岬沖の水深約50mで。 ブリの釣果は全体で 26本、大きさは 4kg〜7kg。 ジグは180gの様々なものを使っていたそうです。 ジグの色は、ブルピン系、シルバー系など。 食ってきたのは、底〜底上15mがほとんど。

 ブリ の デイジギング  来岸漁港 MARIU(小山船長090−8709−9285) 5月23日の釣果(23日記述): 乗船してきたお客様から、釣りの帰りに伺いました。 23日の午前4時半に出港し、正午までの釣り。 前浜の水深約50m前後で。 ブリは1人あたりで(リリースした魚を含めて) 10本前後、大きさは、4kg〜6kg。  

 ヤナギノマイ 好釣果!ホッケ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970)月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 23日の午前6時にお客様1名だけを乗せて出港し、午前11時半までの釣り。 幌武意沖の水深140m〜150mで。 ヤナギノマイはお客様1人で約50匹、大きさは 25cm〜30cm ホッケはお客様1人で約7匹、大きさは 30cm〜40cm 白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛。 エサは赤イカ。

               **********

 ヒラメ、真ゾイ  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月22日の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 22日の午前5時に出港し、午前11時30分までの釣り。 沼前沖の水深20m前後で。 ヒラメの数は全体で約30枚、 大きさは、1cmが1枚、あとは37cm〜46cm。 40cm前後が大半。 真ゾイが全体で約15匹、大きさは、cm〜4cm バケは500gで、オレンジ色、アワビ貝貼りなど。 タコキャップの色は、オレンジ色を使っていた人が多かったそうです

 ヒラメ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月22日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 22日の午前4時半に出港し、午前11時半までの釣り。 サルワンの水深約10m〜23mで。 ヒラメの数は1人あたりで 2枚〜7枚、 大きさは、50cmが1枚、40cm〜45cmがほとんど、37cm〜39cmが数枚。 バケは500gで、赤色、アワビ貝貼りなど。 タコキャップの色は、オレンジ色、ピンク色、緑色など

 ブリ の デイジギング  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693) 5月22日の釣果(22日記述): 乗船してきたお客様から、釣りの帰りに伺いました。 22日の午前4時半に出港し、午後12時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖から幌武意沖にかけての水深約50m〜60mで。 ブリは全体で 約45本、大きさは、約4kg〜7kg。  ジグは、150g〜200g。 朝のうちは底で食っていたそうですが、後半は中層でも釣れたそうです。 乗船した人数が多くない日だったそうです。 1人あたりで10本を越えて釣った方が2名いたそうです。

               **********

 ヤナギノマイ、ホッケ  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132) 5月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 21日の午前5時に出港し、午前11時半までの釣り。 神威岬沖の水深約150mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 30匹前後、大きさは、25cm〜30cm。  ホッケも1人あたり 30匹前後、大きさは 30cm〜40cm。 様々な胴突仕掛を使っていたそうです。 エサは、赤イカ。

 ヒラメ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月21日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 21日の午前5時前に出港し、午後1時までの釣り。 サルワンの水深約12m〜16mで。 ヒラメの数は1人あたりで 0枚〜6枚、 大きさは、38cm〜59cm。 バケは500gで、オレンジ色、ピンク色、アワビ貝貼りなど。 タコキャップの色は、オレンジ色、ピンク色、赤金系、クリアーなど

 ヤナギノマイ 好釣果!ホッケ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970)月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 21日の午前6時に出港し、午後12時半までの釣り。 幌武意沖とサルワンの水深110m〜140mで。 ヤナギノマイは1人あたりで31匹〜100匹、大きさは 25cm〜28cm ホッケは全体で約30匹、大きさは 30cm〜40cm ピンクフラッシャーや白フラッシャーが付いた針バルーンやグッピーベイトなどの色々な胴突仕掛。 エサは赤イカ。

               **********

 ヒラメ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前7時に出港し、午後1時までの釣り。 野塚沖の水深16m前後で。 ヒラメの数は全体で 28枚、 大きさは、cmが1枚、あとは38cm〜48cm。 40cmcm前後が大半。 バケは500gで、オレンジ色、ピンク色、ミラーバケなど。 タコキャップの色は、オレンジ色、ピンク色、クリアーなど

 ヤナギノマイ、ホッケ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970)月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前7時に出港し、午後2時までの釣り。 幌武意沖の水深110m〜140mで。 ヤナギノマイは1人あたりで15匹〜40匹、大きさは 25cm〜37cm  ホッケは1人あたりで20匹〜50匹、大きさは 30cm〜40cm ピンクフラッシャーや白フラッシャーが付いた針バルーンやグッピーベイトなどの胴突仕掛。 エサは赤イカ。

 ヤナギノマイ、ホッケ、オオバ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 20日の午前6時に出港し、午後12時半までの釣り。 古平沖の水深138m前後で。 ヤナギノマイは1人あたりで20匹〜30匹、大きさは cm〜30cm ホッケは1人あたりで20匹〜30匹、大きさは 30cm〜35cm オオバは1人あたりで5匹〜10匹、大きさは 17cm〜20cm 白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛。 エサは赤イカ。

               **********

◆ 5月19日も風が強い日でした。数軒伺いましたが、遊漁船は出港しなかったそうです。 20日の土曜日は、出港する予定の船長さんが多かったです。

 ヒラメ 好釣果 続いてます! 余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月17日の釣果(1日記述): 船長から伺いました。 17日の午前5時半に出港し、午前11時までの釣り。 サルワンの水深15m前後で。 ヒラメの数は1人あたりで5枚〜15枚、 大きさは、61cmが1枚、50cm〜54cm4枚、40cm〜49cmが40枚超、cm弱が4枚。  バケは500gで、オレンジ色、ピンク色など。 タコキャップの色は、オレンジ、ピンク、夜光系など色々で釣れていたそうです

 ヒラメ 好釣果 57枚! 日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月17日の釣果(1日記述): 船長から伺いました。 17日の午前5時半に出港し、午前11時半までの釣り。 サルワンから野塚沖にかけての水深18m〜23mで。 ヒラメの数は全体で 57枚、 大きさは、50cm〜5cmが4枚、40cm〜48cmがほとんど、cm弱も数。  バケは500gで、赤色系、オレンジ色系など。 タコキャップの色は、オレンジ色系をはじめ様々だったそうです

               **********

 ヤナギノマイ、ホッケ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970)月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 12日の午前6時に少人数を乗せて出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深110m〜150mで。 ヤナギノマイは1人あたりで40匹〜50匹、大きさは 25cm〜3cm  ホッケは1人あたりで50匹〜60匹、大きさは 30cm〜45cm 白フラッシャーが付いた針を使った胴突仕掛。 エサは赤イカ。

               **********

 ヒラメ 船長単独で 25枚!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月15日の釣果(1日記述): 船長から伺いました。 15日はヤナギノマイ釣りで出港する予定だったそうですが、強い風が吹く予報だったので、深場の釣りは難しいだろうと中止にしたそうです。 朝になってヒラメ釣りならできそうな海の状況だったので、船長が一人で午前8時に出港し、午前11時までの釣ってきたそうです。 サルワンの水深15m前後で。 ヒラメの数は、飯田船長1人で25枚!、 大きさは、50cm〜5cm5枚、40cm〜49cmが20枚。 40cm未満はリリースしたそうです。 バケは500gで、赤色系貝貼りバケ。 仕掛けのタコキャップの色は、オレンジとグリーンを付けていたそうです。 持って行ったオオナゴが無くなって、切り上げてきたそうです。

               **********

 オフショアのブリ 第1号!  来岸漁港 マイボート 月14日の釣果(1日記述): 左の写真は、14日の午前10時半過ぎに、神威岬沖の水深約40mの場所で釣れたブリです。 当店で午後12時半過ぎに計測しましたら、尾叉長で77cm、血抜き後5.4kgでした。 釣り人は、恵庭市の田村さんです。 田村さんは14日は、友人のボートで、今シーズンから始めようと決めていたスロージギングの初回の練習を、ホッケを相手にやってみようと、ホッケをポツポツ釣っていたら、底から10mぐらい上で、この魚がヒットしたそうです。 釣れたとき使っていたのは、スロージギング専用のジグでは無く、細めの150gのブルーピンクのジグだったそうです。13日の朝に、大成の海岸で4kg〜5kg台が数匹釣れた話を聞いたばかりでしたので、『もう来たのか!』って感じですね(笑い)。

 真ゾイ、シマゾイ、黒ゾイ  余別漁港 漁福丸 (澤船長090−8897−0160) 5月14日の釣果(14日記述): 船長から伺いました。 14日の午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 サルワンから神威岬沖にかけての水深約40m〜50mで。 真ゾイは1人あたりで 2匹〜8匹、大きさは、30cm〜45cm。  シマゾイは全体で 5匹、大きさは 35cm〜45cm。 黒ゾイも全体で 5匹、大きさは 30cm〜5cm 胴突仕掛を使っていた方と、ソイ天秤を使っていた方がいたそうです。エサは、オオナゴ。

 ヒラメ 好釣果 46枚!  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月14日の釣果(1日記述): 船長から伺いました。 14日の午前5時半に出港し、午後12時半までの釣り。 野塚沖から十坊の沖にかけての水深12m〜18mで。 ヒラメの数は全体で 46枚、 大きさは、50cm〜5cm1枚、41cm〜48cmが大半、cm〜4cmが約10枚。  バケは500gで、赤色系バケ、アワビシート貼りバケなど。 タコキャップの色は、赤、赤金、ピンク、だったそうです

               **********

 ヒラメ 好釣果 85枚!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月13日の釣果(13日記述): 船長から伺いました。 13日の午前5時半に出港し、午前11時半までの釣り。 サルワンの水深20m前後で。 ヒラメの数は全体で 85枚!、 大きさは、50cm〜59cm15枚、43cm〜48cmが60枚、37cm〜4cmが10枚。  バケは500gで、オレンジ色、赤色系バケ、アワビ貝貼りバケなど。 タコキャップの色は、オレンジと、夜光が優勢だったそうです

 ヤナギノマイ、ホッケ、真ダラ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月13日の釣果(13日記述): 船長から伺いました。 13日の午前5時に出港し、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深120m前後で。 ヤナギノマイは1人あたりで 20匹〜35匹、大きさは 20cm〜35cm ホッケは1人あたり 20匹〜30匹、大きさは 30cm〜35cm 真ダラが全体で7本、大きさは約60cm〜70cm。  白やピンクのフラッシャーが付いた針をベースにした色々な胴突仕掛。 エサは、赤イカ。 

               **********

 ヤナギノマイ、ホッケ  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132) 5月12日の釣果(12日記述): 船長から伺いました。 12日の午前5時半に出港し、午前10時半までの釣り。 神威岬沖の水深約120mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 30匹〜40匹、大きさは、25cm〜30cm。  ホッケは1人あたり 50匹〜60匹、大きさは 30cm〜40cm。 様々な胴突仕掛を使っていたそうです。 エサは、赤イカ。

               **********

 ヤナギノマイ、ホッケ  古平港 宝進丸 (依田船長0135−42−3578)月10日の釣果(11日記述): 船長から11日に伺いました。 10日の午前5時半に出港し、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深120m前後で。 ヤナギノマイは1人あたりで 20匹前後、大きさは 20cm〜25cm ホッケは1人あたり 20匹〜30匹、大きさは 30cm〜35cm  白やピンクのフラッシャーが付いた針をベースにした色々な胴突仕掛。 エサは、赤イカ。オモリ200号。

               **********

 ヒラメ 好釣果 32枚!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月9日の釣果(日記述): 船長から伺いました。 日の午前5時に出港し、午前11時半までの釣り。 来岸沖の水深15m前後で。 ヒラメの数は全体で32枚、 大きさは、50cm超が4枚、45cm〜50cmが18枚、37cm〜43cmが10枚。  ホッケは1人あたり 20匹〜40匹、大きさは 30cm〜45cm。 黒ゾイは全体で20匹、大きさは、40cm〜50cm バケは450g〜500gで、木製のバケ、ミラー系バケ、アワビ貝貼りバケなど。 タコキャップの色は、ピンクとオレンジで釣れたそうですが、ピンク色系がやや優勢だったそうです。 今後は、ブリ釣りが始まるまでですが、ヒラメ釣りや、ヤナギノマイ釣りに出港するそうです。

               **********

◆ 5月8日。 前日までの強烈な強さではありませんでしたが、きょうも強めの風が、東積丹側では午前9時前後から吹いてきました。遊漁船は全船出港できなかったと思います。

◆ 5月7日(日曜日)。きょうもまた大変残念な天気でした。 日が高くなるにつれ強烈な南〜南西の風が吹き荒れた日でした。 東積丹側では夜明けは穏やかでしたが、午前7時半頃から少しずつ強くなり、午前10時半過ぎからは断続的に激しく吹き、家がゆれて恐ろしくなるほど強烈に吹いた時間帯が何度もありました。 暴風警報に匹敵するのでは?と思うほどでした。 今年のゴールデンウイークは、”強風週間”という感じでしたね。

◆5月6日(土曜日)。 早朝は風が弱く穏やかでしたが、午前8時頃から風が強くなり始め、午前9時頃から午後1時頃までの間が雨風が強くひどい天気でしたが、その後は雨が上がりました。 風は収まりきることが無く、やや強めに吹き続けています。 6日は遊漁船は出港しませんでした。 7日も難しいのでは?と、見ている船長さんが多かったです。 連休最後の土日なのに残念です。

 ヒラメ 上向きです!  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月5日の釣果(日記述): 乗船したお客様方と、船長から伺いました。 日の午前5時に出港し、午前11時半までの釣り。 余別沖の水深約17m〜25mで。 ヒラメは全体で18枚、大きさは、58cmが1枚、あとは38cm〜43cm。 バケは500g〜600gを使用、オレンジ色、レーザー、ミラー、赤金など色々を使っていたそうです。 オオナゴのタコキャップの色は、オレンジ色がやや優勢で、ピンクや白でも。

 真ゾイ、黒ゾイ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)月5日の釣果(日記述): 船長から伺いました。 日の午前6時に少人数を乗せて出港し、正午前までの釣り。 幌武意沖の水深60m前後で。 真ゾイを全体で10匹〜25匹、大きさは、30cm〜35cm エサ釣りの人たちはいろいろな胴突き仕掛けで、餌は、赤イカ。 サバイバー250gのグリーンゴールドで頑張った人もいたそうですが、食いが悪いのか、魚が離れていいるのか、釣れない日だったそうです。  (他にも、出港した遊漁船は少し

 ↑ ホッケ・根ボッケ好釣果!、ヤナギも  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970)月5日の釣果(日記述): 全体の釣果情報は船長から伺いましたが、良型の数釣りをしたお客様の奥井さんと宮崎さんからスマホ画像をいただきました。 5日の午前6時半に出港し、正午前までの釣り。 沼前沖の水深140m前後で。  ホッケは1人あたりで35匹〜80匹、大きさは 30cm〜51cm ヤナギノマイは1人あたりで10匹〜30匹、大きさは 24cm〜30cm  白フラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは赤イカ。 上の写真は、宮崎さんが根ボッケ51cmを頭に一度に根ボッケ5匹とヤナギノマイを1匹上げた時の記念に、奥井さんがスマホで撮影したものです。

 ホッケ(根ボッケも)数釣り!  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月5日の釣果(日記述): 船長から伺いました。 日の午前4時半に出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深約80mで。 ホッケを1人あたりで 20匹〜100匹、大きさは、30cm〜47cm 白フラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは、赤イカ、オオナゴの小さいもの。

 ヤナギ、ホッケ  古平港 宝進丸 (依田船長0135−42−3578)月5日の釣果(日記述): 船長から伺いました。 日の午前5時半に出港し、午後1時までの釣り。 幌武意沖の水深120m前後で。 ヤナギノマイは1人あたりで 10匹前後、大きさは 25cm〜30cm。 ホッケも1人あたりで 10匹前後、大きさは、30cm〜40cm  白やピンクのフラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは、赤イカ。  

               **********

 真ゾイ、宗八、ガヤ、ホッケ   古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)月3日の釣果(日記述): 船長から伺いました。 日の午前5時に出港し、正午までの釣り。 古平沖の水深80m前後で。 真ゾイは1人あたりで 10匹〜13匹、 大きさは、25cm〜3cm。 宗八は1人あたりで 10枚前後、大きさは 23cm〜25cm。 ホッケは全体で 約20匹、大きさは 30cm〜35cm ガヤは全体で 20匹前後、大きさは 22cm〜28cm。   白フラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは、赤イカ。 

               **********

 真ゾイ、シマゾイ  川白漁港 あさひ丸 (森船長0135−77−6016)月2日の釣果(日記述): 船長から伺いました。 日の午前5時に出港し、午前9時半までの釣り。 川白沖の水深約60m〜70mで。 真ゾイ1人あたりで5匹〜6匹、大きさは、30cm〜40cm シマゾイ1人あたりで匹〜、大きさは、30cm〜40cm いろいろな胴突き仕掛けを使っていたそうです。 餌は、オオナゴ。 朝イチまずまずのペースで釣れたそうですが、イルカの群れが現れたら食いが止まったそうです。

 ヤナギ、ホッケオオバ、真ダラ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970)月2日の釣果(日記述): 船長から伺いました。 日の午前5時半に出港し、正午までの釣り。 西の河原沖の水深100m〜150m前で。 ヤナギノマイは1人あたりで 匹〜40匹、大きさは、cm〜3cm ホッケは1人あたりで10匹〜20匹、大きさは 30cm〜40cm オオバは1人あたりで10匹〜20匹、大きさは 25cm〜27cm 真ダラは全体で10本、大きさは 45cm〜60cm  白フラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは赤イカ。

               **********

◆ 5月1日。 きょうも風が強い日でした。 出港した遊漁船は1艘か2艘あったと伺いましたが、船長さんと連絡が取れず釣果情報を伺うことができませんでした。

 ホッケ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)月30日の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 30日の午前5時に出港し、午前11時半までの釣り。 幌武意沖の水深50m前後で。 ホッケを1人あたりで10匹〜25匹、大きさは、30cm〜35cm エサ釣りの人たちはいろいろな胴突き仕掛けで、餌は、赤イカ。 サバイバー250gのグリーンゴールドで頑張った人もいたそうですが、食いが悪いのか、魚が離れていいるのか、釣れない日だったそうです。  (他にも、出港した遊漁船は少しだけありましたが、船長さんと連絡が取れませんでした。余別漁港、日司漁港、美国漁港、古平漁港などの遊漁船は出港しませんでした。 小樽港の遊漁船も、真ガレイ釣りをしていたそうですが、強風が吹いてきて、午前9時頃に港に引き返したそうです。)

               **********

 真ゾイ、シマゾイ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)月29日の釣果(29日記述): 船長から伺いました。 29日の午前6時に出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深50m前後で。 真ゾイ、シマゾイを合わせて1人あたりで3匹〜10匹、大きさは、30cm〜35cm いろいろな胴突き仕掛けを使っていたそうです。 餌は、オオナゴ、イカ。 潮が悪いのか、非常に食いが悪い日だったそうです。  真ゾイとシマゾイの割合は、3匹を釣った方は全部真ゾイ、10匹釣った方は、真ゾイ7匹、シマゾイ3匹、黒ゾイ1匹。

 ホッケ、真ゾイ  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月29日の釣果(29日記述): 船長から伺いました。 29日の午前5時に出港し、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深約90mで。 ホッケを1人あたりで 13匹〜55匹、大きさは、30cm〜40cm 真ゾイ1人あたりで 1匹〜5匹、大きさは 28cm〜35cm 白フラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは、赤イカ。 潮流れが非常に早い日だったと、伺いました。 5匹釣ったうちの4匹は真ゾイで、1匹がシマゾイだったそうです。

               ************

 ホッケヤナギ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169/ 090-3116-6970)月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 27日の午前5時に出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深23m前後と、150m前後で。 ホッケは1人あたりで10匹〜20匹、大きさは 30cm〜40cm。 ヤナギノマイは1人あたりで 匹〜30匹、大きさは、26cm〜36cm 白フラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは赤イカ。 【船長からお知らせです、連休中はヤナギノマイ、ホッケを中心に沖釣りをする予定だそうですが、まだ空きがあるそうですので、高級魚のヤナギノマイとホッケを釣りたいお客様は、長内船長さんまで電話でお申込みしてください。】

 ホッケ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 27日の午前6時に出港し、正午前までの釣り。 幌武意沖の水深50m前後で。 ホッケを1人あたりで30匹〜40匹、大きさは、30cm〜40cm シャクリを使っていた人もいたそうですが、ほとんどお客様がサバイバー250gのグリーンゴールドで釣っていたそうです。

 ホッケ、ガヤ  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 27日の午前5時にお客様2名だけ乗せて出港し、正午までの釣り。 マッカ岬沖〜幌武意沖の水深約50m〜70mで。 ホッケを1人あたりで 30匹、80匹、大きさは、30cm〜40cm ガヤ1人あたりで 5匹、30匹、大きさは 23cm〜28cm 白フラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは、赤イカ、サンマ。 

               **********

◆ 4月26日。 お客様を乗せて出港した遊漁船はほとんどありませんでした。 1艘うだけ出港予定の船がありましたが、船長さんが忙しくて連絡が取れませんでした。

 サクラマスホッケ、黒ゾイ   余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 25日の午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 余別前浜の水深30m前後で。 サクラマスは全体で1匹、 大きさは、1.5kg。  ホッケは1人あたり 20匹〜40匹、大きさは 30cm〜45cm。 黒ゾイは全体で20匹、大きさは、40cm〜50cm お客様方が使っていたのは、深海松シャクリ、グリーン系のシャクリ、サバイバー250gのグリーンゴールドとモスグリーンオオナゴなど、だったそうです。

 ヒラメ 今季初釣り!  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月25日の釣果(25日記述): 乗船したお客様方と、船長から伺いました。 25日の午前6時に出港し、午前11時半までの釣り。 野塚沖の水深約20m〜24mで。 ヒラメは1人あたりで0枚〜4枚(全体で18枚)大きさは、38cm〜43cm。 バケは500gを使用、アワビ貝貼りタイプ、オレンジ色、黒色など色々を使っていたそうです。 オオナゴのタコキャップの色は、オレンジ色がやや優勢。

               **********

 真ゾイ、シマゾイ、ホッケ  川白漁港 あさひ丸 (森船長0135−77−6016)月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 24日の午前5時に出港し、午前11時半までの釣り。 川白沖の水深60m〜70mで。 真ゾイとシマゾイを合わせて1人あたりで 10匹〜15匹(真ゾイとシマゾイの割合はほぼ半々ぐらい)、大きさは 27cm〜35cm ホッケは1人あたり 15匹前後、大きさは、28cm〜38cm 白やピンクのフラッシャーが付いた毛針を使った様々なタイプの胴突仕掛で、エサは赤イカ。

 ホッケ   幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 24日の午前6時に船長が単独で出港し、午前10時までの釣り。 幌武意沖の水深45m前後で。 ホッケを船長が1人で120匹、大きさは、30cm〜40cm 白フラッシャーが付いた針にタコベイトを付けた胴突仕掛。 エサは、付けず。 

               **********

 真ゾイ、ホッケ、真ダラ   余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398−2147)月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 23日の午前5時に出港し、正午までの釣り。 神威岬沖の水深80m〜90mで。 真ゾイは1人あたりで 3匹〜5匹、 大きさは、cm〜35cm。 ホッケは1人あたり 30匹〜40匹、大きさは 30cm〜40cm 真ダラは1人あたり 2匹〜3匹、大きさは 50cm〜70cm。 白フラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは、赤イカ、サンマ、オオナゴ。 

 ヤナギノマイ好釣果、ホッケ  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 23日の午前5時半に出港し、午前11時半までの釣り。 神威岬沖〜十坊岬沖の水深約120m〜150mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 30匹〜60匹、大きさは、23cm〜30cm。  ホッケは1人あたり 20匹〜30匹、大きさは 30cm〜45cm。 ピンクや白のフラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは、赤イカ、サンマ。

 ホッケ好釣果、ヤナギ、真ゾイ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169)月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 23日の午前5時10分に出港し、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深23m〜50mと、神威岬沖〜西の河原沖の110m〜135mで。 ホッケは1人あたりで30匹〜100匹、大きさは 30cm〜45cm。 ヤナギノマイは1人あたりで 15匹〜30匹、大きさは、6cm〜3cm 真ゾイは1人あたり0匹〜4匹、大きさは、30cm〜43cm 白フラッシャーが付いた針に、ピンクバルーンやタコベイトを付けた胴突仕掛など。 エサは赤イカ、オオナゴ。

 ホッケ、ガヤ   幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 23日の午前6時前に出港し、午後1時前までの釣り。 幌武意沖の水深約50m〜100mで。  ホッケを1人あたりで 20匹〜30匹、大きさは、30cm〜40cm ガヤは1人あたり 20匹〜30匹、大きさは 23cm〜28cm ピンクまたは白フラッシャーが付いた針にタコベイトを付けた色々な胴突仕掛。 エサは、付けず。 

 ヤナギ、ガヤ  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 23日の午前5時に出港し、午後12時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約90mで。  ヤナギノマイを1人あたりで 20匹前後、大きさは、25cm〜30cm ガヤ全体で 約60匹、大きさは 23cm〜30cm 白フラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは、赤イカ、サンマ。 

 ガヤ  古平港 宝進丸 (依田船長0135−42−3578)月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 23日の午前5時半に出港し、午後1時半までの釣り。 古平沖の水深60m前後で。 ガヤ1人あたりで 30匹〜50匹、大きさは 23cm〜28cm 白フラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは、赤イカ、サンマ。 

               **********

 ヤナギノマホッケ   余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月22日の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 22日の午前5時半に出港し、正午までの釣り。 沼前沖周辺の水深120m前後で。 ヤナギノマイは1人あたりで 20匹前後、 大きさは、30cm前後。  ホッケは1人あたり 50匹前後、大きさは 30cm〜45cm。 白フラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは、赤イカとサンマを使っていたそうですが、きょうはサンマに食いが良かったそうです。  

 ヤナギノマオオバ   日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月22日の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 22日の午前5時半に出港し、午後1時半までの釣り。 サルワン〜余別前浜の水深約110m〜150mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 10匹〜15匹、大きさは、23cm〜30cm。  オオバは1人あたり 20匹前後、大きさは 19cm〜23cm。 ピンクや白のフラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは、赤イカやサンマ。 魚の食いが悪い日だったそうです。

 ホッケ、ガヤ   幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長0135−45−6176)月22日の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 22日の午前6時に出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深100m前後で。  ホッケを1人あたりで 10匹〜30匹、大きさは、30cm〜40cm ガヤは1人あたり 20匹〜30匹、大きさは 22cm〜26cm。 白フラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは、赤イカ。 魚の食いが悪い日だったそうです。

 真ガレイ 良型   小樽港 武 蔵 (山田船長090−8708−7652)月22日の釣果(22日記述): 乗船したお客様から釣りの帰りに伺いました。 22日の午前7時に出港し、正午過ぎまでの釣り。 小樽沖の水深30m〜35mで。  真ガレイを1人あたりで 25枚〜48枚、 大きさは、20cm〜40cm 色々な天秤系の仕掛。 エサは、いそめ。

               **********

 ヤナギノマ好釣果、ホッケも  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 1日の午前5時半に出港し、午後1時半までの釣り(午前11時半ごろから食いが良くなったので延長)。 サルワンの水深約120m〜150mで。 ヤナギノマイは1人あたりで 20匹〜0匹、大きさは、25cm〜30cm。  ホッケは1人あたり 10匹〜30匹、大きさは 30cm〜40cm。 ピンクや白のフラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

 ホッケ好釣果、真ゾイも  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長0135−45−6169)月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 21日の午前6時半に出港し、正午過ぎまでの釣り。 幌武意沖の水深23m〜40mで。 ホッケは1人あたりで30匹〜50匹、大きさは 30cm〜45cm 真ゾイは1人あたり3匹〜6匹、大きさは、30cm〜47cm メタルジグを色々替えながら釣った方、サバイバー250gだけで釣った方、胴突仕掛で釣った方と、様々だったそうですが、ホッケ50匹の竿頭の方はサバイバー250gを使った方だったそうです。

 ホッケ好釣果  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長0135−45−6176)月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 21日の午前6時に出港し、午前11時半までの釣り。 幌武意沖の水深50m前後で。  ホッケを1人あたりで 30匹〜50匹、大きさは、30cm〜40cm超 真ゾイ、シマゾイ、黒ゾイを合わせて全体で10匹ぐらいだったそうです。 色々なマスシャクリや、サバイバー250gのグリーンゴールドで釣れたそうです。 竿頭のかたはサバイバー250gのグリーンゴールドを使っていました、と伺いました。

               **********

◆ 4月20日。 連日強い風が吹いています。 20日は北〜北西の風が午前中は非常に強かったです。 午後から少しずつ弱まり、夕方になって沖の白波も無くなりましたので、明日21日は出港できそうです。

◆ 4月18日。 積丹半島では午前6時前後までは、雨は降っていましたがまだ荒れてませんでした。午前6時半頃から次第に風が強くなり、午前中が大荒れでしたが、午後から一時的に穏やかになりました。夜になるとまた雨が強く降って荒れてくるような予報でした。 遊漁船どころか海岸や港内の釣りも、念のため19日いっぱいは、控えた方が良いと思います。 予報が良い方へ外れてくれば良いですね。  遊漁船の出港は、金曜日では?とみている船長さんが多かったです。

 サクラマス、ホッケ  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)月17日の釣果(17日記述): 船長から伺いました。 17日の午前5時半に出港し、正午までの釣り。 余別前浜の水深25m〜28mで。  サクラマスが全体で1匹、大きさは、kg ホッケは1人あたり 30匹〜50匹、大きさは 30cm〜40cm 500gのバケを使った方が2名。 他の方達は色々なシャクリを使っていたそうです。 2.5kgのサクラマスは、グリーン色系のシャクリで釣れたそうです。

 ホッケ好釣果!  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長0135−45−6176)月17日の釣果(17日記述): 船長から伺いました。 17日の午前6時に、お客様お一人だけを乗せて出港し、午前11時半までの釣り。 幌武意沖の水深約50mで。  ホッケをお客様が1人で 80匹、大きさは、30cm〜40cm お客様は、500gのバケを使っ手の釣果。 船長はきょうも、緑色のマスシャクリでホッケを約130匹を釣り上げたそうです。

 真ガレイ 好釣果!  余市沖 マイボート (余市町にお住まいのお客様)月17日の釣果(17日記述): 17日の午前8時前に出港し、正午に切り上げ。 余市沖の水深約30mで。 4時間足らずの間に、1人で真ガレイを100枚超、大きさは 約18cm〜35cm。 20cm〜22cmのサイズが大半。 時間を掛ければもっと釣れそうだったそうです。 

               **********

 真ダラ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)10月19日の釣果(20日記述): 船長から19日に伺いました。 19日の午前7時に出港し、午後1時前に沖上がり。 カムチャッカ根の水深約150m〜160mで。 真ダラは1人あたりで 6本〜16本、 大きさは 1m5cmが1本、あとは60cm〜80cm。70cm以上がほとんど。 タラシャクリは250号で、ステンレスも銅パイプも。 針に付けたヤリイカベイトは、ピンク色。 カムイ1,000gの赤金でも数釣り。 上の写真は、釣りの帰りに寄ってくださったお客様が見せてくださいました、この日最大の1m5cmの真ダラです。 15kgは超えていそうなメタボな雄の真ダラでした(タチが凄いのですが)。計りが振り切って量れませんでした。 お客様も手に持てませんでした。

               **********

 ブリ  デイ・ジギング ヒラメ良型  日司漁港 NANAV (小笠原船長090−8371−6294)8月28日の釣果(28日記述): 乗船したお客様方から伺いました。 午前5時に出港し、午後1時までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約50m〜60mで。 ブリの釣果は1人あたりで 0本〜2本、大きさは 2kg〜3kg。 上の写真は、富良野市の 上原 一正さんが午前11時過ぎに釣った嬉しい外道の良型ヒラメです。当店で午後3時頃計測しましたら、 73.5cm、4.15kg ありました。 イナダはきょうは食いが悪くイマイチの釣果だったそうですが、ヒラメの良型を釣ったので嬉しそうでした。 上原さんは、自作のジグ150gのブルピンゼブラグローで釣ったそうです。 当店ヒラメダービーの第2位に着けてきました。 ヒラメは全体で3枚釣れたそうで、この73.5cmの他は、約57cmと約55cmだったそうです。

               **********

 サクラマス 好釣果!4.2kgも  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)2016年3月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様方からと、船長から伺いました。 午前5時半に出港し、正午までの釣り。 サルワンの水深60m〜70mで。 サクラマスは1人あたり 5匹〜10匹、 大きさは 4.2kgが1匹、3.5kgが1匹、2kg超がほとんど500g〜800gは数匹  バケは 600gで、アワビ貝貼り、レーザー、その他様々。 タコベイトの色はピンク、グリーン、など様々でしたが、タコベイト無しの毛針だけにも食ってきていた。 棚は、30m〜底周辺との事。 シャクリは様々だったそうです。 サバイバーのブルーイワシも結構釣れたと、オススメをいただきました。 上の写真は、4.2kgを釣った 江別市大麻の 黒田 博幸さんです。黒田さんは午前8時30分過ぎに、サルワンの水深60mで、棚がカウンターで35mの辺りで釣れたそうです。 4kg越えの板マスは実に良いものですね〜!うらやまし〜!! (今シーズンは、日を追ってのサイズアップも順調な感じですね。)

               **********

下の写真は↓、アラスカへ遠征したときの写真ではありません、余市です!。 (この魚のせいで、アラスカの雰囲気出ちゃってません?)

 ↑ サクラマス釣り中に、キングサーモン10.5kg!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)3月19日の釣果(19日記述): 乗船したお客様からと、船長から伺いました。 午前6時前に出港し、正午前までの釣り。 余別沖と積丹岬無線塔沖の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 7匹、 大きさは 2.3kgと2kgが各1匹、1.5kgが1匹、500g〜1kgが4匹。 ホッケは1人あたりで 30匹〜50匹、大きさは、30cm〜45cm シャクリは、黒水牛、鹿角が活躍。良型のサクラマスにショックリーダーを切られたり、やりとり中にバケ尻の針が折れたりして、良型をばらしたそうです。 しかしながら、上の写真のなんと、10.5kg の マスノスケ(キングサーモン)が釣れて、船上どころか積丹中の遊漁船の間で騒然となったそうです。釣り人は、札幌市豊平区の 金野 祐 さんです。金野さんのお話しによると、釣れたのは午前11時頃で、積丹岬無線塔沖の水深46m、棚は針までで40mだったそうです。 積丹でマスノスケのこのサイズが釣れたのは25年以上無いと思います。アラスカやカナダへ行かないで良型を釣るなんて、宝くじの1等当選に匹敵する確率ではないでしょうか?!。 このマスノスケが、選んで食らいついたのは、サバイバー250gモスグリーンオオナゴでした。 それにしても金野さん、よくぞ無事に釣り上げましたね!、お見事でした。おめでとうございます。 

 
     投 げ 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

 釣り会成績: カルデラFC 小樽市銀鱗会 左のボタンからご覧下さい。

◆ 黒ガシラ、河ガレイ、真ガレイ  余市港の南防波堤  5月8日の釣果(8日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。  8日の午後2時半、南防波堤の高台の上から、2人で釣り開始。1人竿1本ずつで合計竿2本。 午後4時頃切り上げたそうです。  釣果は 黒ガシラ約30cmが2枚、河ガレイ30cm前後を3枚、真ガレイの20cm前後を5枚 とのこと。 南防波堤の高台の上の真ん中あたりからの遠投。 餌はイソメ。

◆ 真ガレイ  余市町の白岩漁港  5月3日の釣果(3日記述): 3日の午後5時半頃に来店されたお客様から情報をいただきました。 外防波堤の外側に投げて。真ガレイがポツポツと釣れています。 3日の午後1時半から午後5時頃まで釣ってきたそうですが、1人あたり 3枚〜15枚、 大きさは 約20cm〜30cm超。 餌はイソメ。中投げの釣り。

◆ 真ガレイ  余市港の中防波堤  5月2日の釣果(2日記述): 2日の午前8時半頃に中防まで行ってきました。 釣り人は連休前日で4人だけでした。 釣果は 真ガレイを 1枚〜5枚 でした。 大きさは、20cm前後。 あとは、20cm前後の黒ゾイとガヤを10匹前後釣っていた人もいました。 (コマセカゴを付けていた人がいませんでした。 カゴを付けて良い釣りをした人が、幌武意でも古平でもいましたので、試してみて欲しいものです。)

◆ ホッケ 9匹  古平港の外防波堤  4月17日の釣果(18日記述): 17日に釣ってこられたお客様から、18日に伺いました。 17日の午後1時半頃に、古平港の外防波堤の先端よりも少し基部よりの港内側で釣りを始めたそうです。 切り上げたのは午後7時半頃とのこと。 釣果は、コマセカゴを付けた投げ釣りで ホッケを9匹 釣ったそうです。 大きさは、33cm〜36cm。 オキアミブロックを入れたコマセカゴを使い、食わせエサにはイソメをつけたそうです。 この日はサンマは食わなかったそうです。

◆ ホッケ  幌武意港の内防波堤  4月7日の釣果(7日記述): 7日に来店されたお客様から伺いました。 このお客様のお知り合いの方が、7日の午前5時頃から正午前まで、幌武意漁港の内防波堤の先端で、投げ釣りで ホッケを5匹 釣ってきたそうです。 大きさは、約30cm〜35cm。 オキアミブロックを入れたコマセカゴを使い、食わせエサにはイソメをつけたそうです。

◆ 真ガレイ、黒ガシラ、砂ガレイ  ワッカケ岬  4月6日の釣果(6日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 余市町の白岩漁港の裏のワッカケ岬で、6日の午前5時頃から釣り始めて、正午前に切り上げて来たそうです。 釣果は、このお客様お一人で約40枚 、真ガレイが全体の約半分、砂ガレイが約2割、アサバと黒ガシラが各5〜6枚ずつ。 良型は無くやや小さめとのことで、最大は真ガレイの30cm、あとの大きさは20cm〜25cmとのこと。 黒ガシラの良型が混じらないどころか小さめばかりで残念がっていました。 130m以上の遠投をしたそうです。

◆ 黒ガシラ、真ガレイ、河ガレイ  岩内港  4月3日の夜の釣果(4日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 3日の夕方岩内港の旧フェリー埠頭で釣りを開始したそうです。 午後8時前後にポツポツと釣れて食いが止まり、4日の夜明けにも期待したそうですが、朝方は釣れなかったそうです。 釣果は、黒ガシラ 38cmが1枚、 真ガレイ 20cm前後が2枚、 河ガレイ 25cmが1枚。 エサは、イソメ。

◆ 真ガレイ、黒ガシラ、ホッケ   兜千畳敷  4月2日の釣果(2日記述): 2日に千畳敷で釣ってきたお客様と、見てきたお客様から伺いました。 まず、午前3時半頃に到着した方が降りていったら、もうあまり入れる場所が無いくらい釣り人が多かったそうです。 照岸側の基部が空いていたので入ったそうです。 午前5時前からポツリポツリとアチコチで釣れているのが見えたそうですが、午前8時頃に食いがほとんど止まった感じだったそうです。この方は午前10時まで粘って見たそうです。この方の釣果は、黒ガシラの42cmが1枚、20cm前後の真ガレイが5枚、だったそうです。また、午前10時頃に千畳敷に到着してしばらく見てきたお客様から伺いましたら、10時過ぎから11時頃までに釣れたのは、真ガレイが2枚だったそうです。 また、早朝からの投げ釣りで、ホッケを3匹釣っていた人がいたそうです。

◆ 真ガレイ、アサバ、黒ガシラ   キナウシ岬  4月1日の釣果(1日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 午前5時頃から午前11時頃まで釣ってきたそうです。 釣果は、39cmの黒ガシラが1枚、約30cmのアサバが1枚、20cm〜30cmの真ガレイが3枚。 遠投の釣りです。

◆ 真ガレイ40cm超   兜千畳敷、照岸海岸  3月27日の釣果(27日記述): 27日、照岸海岸で釣った方のご友人から伺いました。 先週千畳敷で真ガレイの大物を釣った話を聞いて、27日釣りに行って照岸海岸に入ったそうです。 午前8時を過ぎてから、40cmを超えている真ガレイを1枚釣ったので、もうしばらく釣っていくとの話だったそうです。 数は多く釣れないそうですが、型が良いと喜んでいたそうです。

◆ 砂ガレイ   岩内港  2月12日の釣果(12日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 12日の午前6時半頃から午前8時過ぎまでの短時間、岩内港の旧フェリー埠頭で釣ってきたそうです。風が強く早めに切り上げたそうです。 釣果は、砂ガレイが 3枚、大きさは 20cm〜25cm。 エサは塩イソメ。

     防波堤・港内の釣り  ・このページのトップへ戻る

◆ ヤリイカ!   余市港  5月21日の釣果(22日記述): 21日の午後6時半頃来店されたお客様お二人からお話しを伺いました。 余市港の製氷工場の在る堤防の先の方で、1人で ヤリイカを8パイ釣っていた方がいたそうです。 エギに鶏ササミ肉を乗せて釣っていたそうです。

◆ ヤリイカ!   西積丹側の某漁港  4月22日の釣果(22日記述): 2人で釣ってきましたけど場所は内緒でお願いします、との約束で情報をいただきました。 某港の港内に、22日の午前1時頃にヤリイカの群れが入ってきたそうです。 夜明けまで粘ったそうですが、1人が30パイ、もうひとかたが20パイを釣ったそうです。 大きさは胴長が25cm〜35cm。 テーラー針を使ったウキ釣りで、エサは鶏ササミ肉。

◆ ニシン   余市河口漁港  2月15日の釣果(17日記述):  釣りの帰りのお客様から伺いました。 15日の朝、余市河口漁港内にニシンの大きな群れが入っていたそうです。 見つけた人達がサビキでたくさん釣ったそうです。 大きさが約25cm〜35cm。 港内が産卵で真っ白、いわゆる群来(くき)、になったそうです。 16日にその話を聞いて釣りに行った人達が、ニシンの群れがほとんど出てしまっていなかったそうです。 サビキで少しだけしか釣れなかったそうです。 17日にも数人の方が一応行ってみると河口漁港に向かいました。

◆ 豆イカ   幌武意漁港  1月9日の釣果(9日記述):  午前0時過ぎに幌武意漁港に着いて、外防波堤でエギで水イカか豆イカを狙ったお客様から伺いました。 エギ単体にはさっぱり反応しなかったそうですが、近くでエサ巻きエギを使っていた方が、3時間ほどで約20パイの豆イカを釣りあげたようでした、とのお話しをいただきました。

     ルアーフィッシング  ・このページのトップへ戻る

 バーサスU80シェルのカラーチャートです↓。この他にもお客様からのご注文で多くのカラーのものを製作しております。 なお一番下の2ケはディーヴァ90シェルのオオナゴカラーと、ブルーイワシです。

 

 下の写真は、アルミタイプのカラーチャートです↓。 カラーのバリエーションはこの他に多数ございます。

               **************

◆ 出ました!サクラマス 3.4kg!!  島牧村  5月27日の釣果(27日記述) 左の写真は、27日の午前5時半頃に、江の島海岸の北国澗で釣れたサクラマスです。  釣り人は手稲区の 熊谷 利正 さんです。 当店で27日の正午頃に計測しましたら尾叉長で 60.0cm、重さは 3.4kgでした。 ルアーは、バーサスU80シェルのオオナゴカラーでした。雨は降っていたそうですが、風も波も無かったそうです。 釣り人もほとんど来ていなかったそうです。 今シーズンは、昨シーズンまでと違って、数も型も冴えない状況が続いてましたが、ようやく良型を見ることが出来ました。 熊谷さん良かったですね!おめでとうございます。 そして、ありがとうございます。 当店ダービーのサクラマス部門では、もちろん、トップに出ました!。

◆ ショアのブリ釣り   積丹町沼前岬  5月27日の釣果(27日記述) 夜明け前から、沼前岬で釣ってこられたお客様から、釣りの帰りに伺いました。 27日は、結構な人数の釣り人が釣りに来ていたそうです。 朝のうちに 7本か8本が釣れたと思います、とのお話しでした。 大きさは、3kg〜4kg強ぐらいに見えました、との情報をいただきました。

◆ ブリ狙いでヒラメ   泊村  5月26日の釣果(26日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 ブリ狙いで、弁天島の手前側に入ったそうです。 射程距離よりも遠い沖で、時々ナブラが出来ていたそうですが、岸側に寄っては来なかったそうです。 午前6時頃になって、運良くヒラメの40cmが1枚釣れたので、嬉しかったそうです。 その時のルアーは、撃投ジグレベル60gの赤金(イカ金)のカラーだったそうです。

◆ サクラマス、ヒラメ   寿都町、神恵内村  5月26日の釣果(26日記述)  釣りの帰りのお客様方から伺いました。  @ 寿都町の弁慶岬で、早朝から釣ってきた方が、午前8時頃にサクラマスを1匹釣ったそうです、大きさは、48cmだったそうです。 ルアーは、アスリートスリム120SSのイワシカラーで釣ったとのことでした。  A 竜神岬で早朝から釣ってきた方ですが、午前6時半頃にサクラマスを1匹釣ったそうです。 大きさは約50cmだったと伺いました。 また、このお客様は、午前5時前に、同じ場所で、ヒラメの59cmを1枚釣ったそうです。 ヒラメのルアーは、ブルースコードスリムのピンク系のカラーだったそうです。

◆ ショアのブリ釣り   泊村  5月24日の釣果(25日記述) 24日の午前11時半過ぎに来店されたお客様が、ブリを釣ってきましたとの事で、重さだけ計ってみましたら、3.5kgのイナダでした。 釣った場所は、有名場所のひとつであります兜千畳敷。釣れた時間は午前3時半過ぎとの事。 ルアーは、撃投ジグ60gのピンクバック、との事でした。

◆ ブリ狙い   積丹町  5月23日の釣果(23日記述) 沼前岬で釣ってきたお客様から伺いました。 早朝から釣ってきたそうで当店には正午頃に来店されました。 23日は釣り人も少なくて、2人だけだったそうです。 このお客様はブリの良型をかけたそうですが、ファイト中にバラシてしまったそうです。 もう一人の釣り人さんも、1匹バラシたのが見えたそうです。 (きょうは悔しい日でしたが、次回リベンジしてくださいね。)

◆ サクラマス 自己記録更新  余市町  5月22日の釣果(22日記述) 左の写真は、21日の午後5時頃に、余市町の白岩町の海岸で釣れたサクラマスです。  釣り人は仁木町の 金澤 正也さんです。 当店で21日の午後6時半頃に計測しましたら尾叉長で 57.0cm、重さは 2.4kgでした。 ルアーは、アスリートスリム120SSのピンクバック/シルバーだったそうです。 金澤さんは自己記録の更新でしたが、順位は変わらずの2位でした。

 

 

◆ サクラマス狙いで、イナダ  島牧村  5月21日の釣果(21日記述) ブリが釣れちゃいましたので計ってください、と来店されたお客様から、お話しも伺いました。 このお客様は、江の島海岸の18番で、早朝からサクラマス狙いでジグミノーをキャストしていたそうです。午前7時半頃に、ウインドリップ95Sのライブカタクチカラーを食ってきたのは、イナダサイズのブリ!。 当店に来店されたのが、午後1時頃でしたが、計測しましたら、尾叉長で63cm、重さが約3kgでした。 台計りの針が、3kgちょうどから僅かに出ていました。 本命ではありませんでしたが、イナダの強い引きを味わったようでした。 今シーズンも、ブリはよく釣れる年になりそうですね!

◆ アマメマス、サクラマス、イナダ  島牧村など  5月20日の釣果(20日記述) @釣りの帰りのお客様から、釣ってきましたと伺いました。 島牧村の北国澗で、早朝に、約65cmのアメマス1匹、約40cmのサクラマスを1匹釣ったそうです。 ルアーは、バーティス120Sだったそうです。その後に、ヒラメの良型が掛かったそうですが、バラシてしまったそうで、悔しがっていました。 A別のお客様から伺いました間接情報ではありますが、場所が積丹なのか瀬棚なのかわかりませんが、20日もショアからイナダやワラサが釣れた情報が入ってますよ、とのお話しをいただきました。

◆ サクラマス  小樽市  5月18日の釣果(18日記述) 左の写真は、18日の午前6時30分頃に、小樽市の朝里川河口で釣れたサクラマスです。  釣り人は仁木町の 金澤 正也さんです。 当店で18日の午前8時頃に計測しましたら尾叉長で 56.0cm、重さは 2.3kgでした。 ルアーは、ルアーズケミストのジグのディアン40gで、カラーは背中が黒く、ボディがエンボスのグリーンシートを貼ったものだったそうです。 当店ダービーのサクラマス部門の第2位に入ってきました。  その他に、積丹町の草内海岸(うしお食堂さんの先の磯)で、午前4時頃に、43cmのサクラマスを1匹釣ってきた方がいました。 この方はヴィクセン28gの赤金稚魚で釣ったそうです。 近くで、ホッケをウキ釣りでポツポツと釣っていた人達もいたそうです。

◆ サクラマス自己記録更新  岩内町  5月15日の釣果(16日記述) 左の写真は、15日の午後6時頃に、岩内町の野束川河口右の、テトラポッドの上で釣れたサクラマスです。  釣り人は10日にも同じ場所で釣りました、小樽市桂岡町の 五十嵐 誠さんです。 当店で15日の午後7時40分頃に計測しましたが尾叉長で 58.0cm、重さは 2.4kgでした。 ルアーは、アスリートスリム14SSのグリーンゴールドだったそうです。  16日の夜明けから釣る予定で、早めに現地入りしたそうです。釣り場を下見的に見ておこうと思って15日の夕方に到着したら、いきなりサクラマスの跳ねが見えたそうで、すぐ竿を持って釣り開始。1投目でこのサクラマスがヒットしたそうです。 五十嵐さんは、自己記録を更新して、サクラマスダービーのトップに出ました。 (この調子で、少しずつ良型が釣れてくれると良いですね!)

◆ サクラマス   積丹町  5月13日の釣果(13日記述)  釣りの帰りのお客様から伺いました。 夜明け前から、幌武意漁港の内防波堤の外側のゴロタ場で(あまり遠くない場所で)釣り始めたそうです。午前5時頃に、近くで釣っていた方が 40cm超と思われる、サクラマスを1匹釣ったそうです。 釣ったルアーは、赤金のジグに見えたそうです。  また、別のお客様から伺いましたが、積丹の某所で、サクラマスを2匹バラしてきたそうです。1匹が良型で、恐らく60cmオーバーと思います、と悔しそうでした。

◆ サクラマス2匹   積丹町  5月12日の釣果(12日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 幌武意漁港の内防波堤のテトラの上で1匹釣ってきたとの事で、当店で午前9時半頃に計測しましたら、尾叉長で45cm、重さが1.35kgでした。 初めての桜鱒ゲットでしたと喜んでました。 ルアーは、ウインドリップ95Sのゴールドシャッドだったそうです。 この日の朝は、ゴロタ場には波があり釣りづらかったそうで、内防から釣ってみたとのこと。近くで釣っていた人達のなかでもう1匹が(合計2匹)が朝のうちに釣れたそうです。

◆ サクラマス   積丹町  5月11日の釣果(11日記述)  11日の午後4時過ぎに来店された、釣りの帰りのお客様から伺いました。 11日の午前4時半過ぎに、幌武意漁港の内防波堤の外側のゴロタ場に着いたらサクラマスを1匹釣ったばかりの人がいたそうです。 大きさは、40cm超だったそうです。 そのあと、幌武意では釣れなかったそうです。

◆ サクラマス  岩内町  5月10日の釣果(11日記述) 左の写真は、10日の午前4時50分頃に、岩内町の野束川河口右の、テトラポッドの上からキャストして釣れたサクラマスです。  釣り人は小樽市桂岡町の 五十嵐 誠さんです。 当店で10日の午前8時15分頃に計測しましたら尾叉長で 52.0cm、重さは 2.0kgでした。 ルアーは、ショアラインシャイナーSL14LD−SGのライブオオナゴカラーとの事でした。  風が強くなる前の午前6時前に切り上げたそうです。 当店ダービーサクラマス部門の第2位に入ってきました。

 

◆ サクラマス   積丹町  5月10日の釣果(11日記述)  10日に、釣りの帰りのお客様から伺いました。 10日の午前5時頃に、幌武意漁港の内防波堤の外側のゴロタ場でサクラマスが1匹釣れたそうです。 大きさは、約50cmだったそうです。ルアーは、ダントのピンクだったと伺いました。

◆ サクラマス  小樽港  5月9日の釣果(11日記述) 左の写真は、9日の午後4時15分頃に、小樽港内中央埠頭の冬期間の雪捨て場で釣れたサクラマスです。  釣り人は小樽市新光の 本藤 茂さんです。 当店で9日の午後6時半過ぎに計測しましたら尾叉長で 49.0cm、重さは 1.65kgでした。 ルアーは、Duelのハードコアヘビーシンキングミノー32gのチャートバックゴールドだったそうです。 当店ダービーサクラマス部門の第4位に着けてきました。 この日は南防波堤で数名がサクラマス狙いで釣っていたそうですが、釣れていないと言う情報を聞いて、この場所でダメ元でやってみたそうです。小さめではありますが、意外な場所で釣れたので、嬉しかったそうです。

◆ サクラマス   積丹町、余市町  5月9日の釣果(9日記述) @ 午後5時半頃に来店された、釣りの帰りのお客様から伺いました。 9日の午前7時頃に、幌武意漁港の内防波堤の外側のゴロタ場でサクラマスを1匹釣りました、とのこと。 大きさは、52cmだったそうです。ルアーは、アスリートスリム120SSのカタクチカラーとのことでした。 『きょうの朝は幌武意では、自分の1匹しか釣れなかったと思います。』ともおっしゃってました。神恵内の竜神岬でその後釣ってきたそうですが、アメマスだけだったそうです。 A こちらも、釣ってきたご本人から伺いました。 余市町の登川の河口の右海岸で、午前7時頃に、54cmのサクラマスを1匹釣ったそうです。 ルアーは、ショアラインシャイナーZ120だったそうです。

◆ サクラマス   積丹町、古平町  5月7日の釣果(7日記述) 釣りの帰りの札幌市の長○さんから伺いました。 午前7時頃に幌武意に到着したお客様が、ゴロタ場方向から魚を入れた袋を持って帰ってきた人に会ってお話しを聞いたら、朝早くに釣れたとの事で、50cmは超えていそうなサクラマスだったそうです。 このサクラマスの他に2匹、合計で3匹がゴロタ場で早朝に釣れたと思います、ともおっしゃっていたそうです。 引き上げて帰って行った人達が結構いたそうで、この時釣り人は少なかったそうです。 帰り道に、長○さんが少しは風を避けられるかと、古平町の沢江の海水浴場から余市方向に少し歩いた岩場で釣ってみたそうです。 そしたら運良く午前8時48分頃に、サクラマスが1匹釣れたそうで、スマホデジカメの画像を見せてくれました。 大きさは、45cmだったそうです。 手作りしたジグミノー30gのグリーンバックのアルミ貼りで釣れたので、嬉しそうでした。

◆ サクラマス   積丹町  5月6日の釣果(6日記述) お友達から連絡があったので行ってきますとのお話しで、その情報を教えてくださいました。 幌武意漁港内で早朝にサクラマスが1匹釣れた、との電話だったそうです。 6日は午前8時過ぎ前後から強風と雨で、一時的に嵐のような天気でしたが、午後1時頃から少しずつ晴れてきました。 風はやや強めに吹き続けています。

◆ サクラマス   積丹町  5月5日の釣果(5日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 最近はほぼ毎日、日が昇るにつれて西〜南西方向からの風が強くなり、西積丹側の多くの海岸が波をかぶり釣りが出来無くなくなっております。 5日の早朝は、幌武意海岸のいつものゴロタ場で、早朝に、小さめのサクラマスがスプーンで釣れた話をいただきました。 また、別のお客様からは又聞き情報で恐れ入りますが、積丹半島の先端周辺の某所で、4日にサクラマスが5匹以上、もしくは10匹未満が釣れたそうですよ、とのことでした。 大物は釣れてなかったようですが、匹数的にはまずまずな感じです。

◆ サクラマス  古平町  5月3日の釣果(3日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 5月3日も日が昇るにつれて西方向からの風が強くなり、海岸の釣りが出来る場所が限られてしまいました。 波と風で釣りが出来なくなってしまった場所が多かったです。 お客様が釣り場で聞いてきました、という間接情報だけの日でした。 『早朝に、古平側河口海岸と、沖村川河口海岸で 1匹ずつサクラマスが釣れたと聞いてきました。』 とのお話しをいただきました。

◆ サクラマス  積丹町、古平町、島牧村  5月2日の釣果(2日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 積丹町の幌武意海岸のゴロタ場(防波堤から近い場所)で、午前5時頃に 1匹だけ 釣れたそうです。袋に入って置いてあったのを見たそうですが、50cm前後ぐらいに見えたそうです。  A 古平の沖村川の河口の右側海岸で、午前5時頃に 1匹を釣ったそうです。大きさは45cmでしたとのことでした。 釣ったルアーは、ピンクバックのジグだったそうです。  B 夕方来店されたお客様から伺いました。江の島海岸の18番で釣ってきたそうですが、早朝この方の側で、サクラマスが2匹釣れたのを見たそうです。大きさは、50cm前後。 何かのジグミノーで、カラーはピンクだったそうです。

◆ サクラマス 10匹超えか  積丹町  5月1日の釣果(1日記述) 午後4時半過ぎに来店された、釣りの帰りのお客様方から伺いました。 幌武意漁港の内防波堤の外側のゴロタ場で早朝から釣ってきたそうです。 早朝からお昼ごろまでポツリポツリと釣れたそうです。 10匹前後がゴロタ場側で釣れて、内防のテトラ上からは1匹だけだったと思います、とのお話をいただきました。 

◆ サクラマス  積丹町  4月30日の釣果(30日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 30日は午前9時前から強風が吹き始め、一時的には強烈に吹きました。余市町では午後2時頃に黒い雲に覆われて、まもなく雨が振り始めました。 雨が降り出したら風が少しは弱くなりましたが、辛抱強く粘った方でも雨が振り始めて切り上げたようです。 強風になったタイミングで切り上げた人が多かったようです。 早朝は比較的穏やかでしたので、サクラマスを運良く釣った人もいたようです。 @ 積丹町の幌武意海岸のゴロタ場で、朝のうちに3匹が釣れたそうです。1匹は両型だったそうです。(29日の遅い時間に伺ったのですが、29日は幌武意海岸で1日中で10匹以上が釣れたそうです。)  A 古平川の河口海岸の左側で、早朝に2匹が釣れたそうです。大きさは50cm超と伺いました。 B 浜西川の民宿北都前で、午前8時頃に、約40cmを1匹釣った方が帰りに教えてくださいました。

◆ 鮭 みたいな アメマス  島牧村  4月29日の釣果(29日記述) 左の写真は、倶知安町にお住まいの 高橋 竜馬さんが、16日とほぼ同じ場所の島牧村の木巻海岸(岩場)で午前4時30分頃に釣った、鮭 みたいな アメマス(笑)です。 高橋さんが来店されてすぐの午後4時25分に当店で計測しました。 尾叉長で 73.5cm、重さが4.05kg でした。 前回は板マスみたいな・・・・で、こんどは鮭みたいなんですね!(今年はブリも早いと高橋さんの頭にあったせいで、この魚を寄せた時背中の緑色を見て、もうブリが来たのかと、一瞬思ったそうです。けっこう笑えるでしょ!) 使ったルアーは、ショアラインシャイナーZ140Sのグリーンゴールドとのこと。 大物アメマスでダービーのトップに出ました。 高橋さんは今シーズン、大当たりですから、来週こそ大本命の良型サクラマスが釣れるかもしれませんね!(ヽ(^o^)丿)  『ブリみたいなサクラマス』、まさかその線はあり得ないですよね!?

◆ サクラマス  積丹町  4月29日の釣果(29日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 精進川河口海岸、西積丹側の海岸数か所、積丹町の来岸海岸、幌武意海岸、美国の海岸、古平川河口海岸、余市大浜中海岸などでそれぞれ釣ってこられた多くのお客様方のほとんどが、「きょうは釣れなかったで〜す。」てな感じでした。 来岸海岸で早朝に小さめのサクラマスを1匹釣った人がいたそうです。 あとは、余市の大浜中海岸で1匹バラした方(小学生)がいました。

◆ サクラマス  古平町  4月26日の釣果(26日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 精進川河口海岸、西積丹側の海岸数か所、積丹町の野塚海岸や日司海岸、幌武意海岸、美国の海岸など、いろいろな場所で釣ってきた皆さんから伺いましたが、26日はほとんど釣れなかったお話しばかりでしたが、 午後3時半頃に来店されたお客様から伺いましたのは、古平川河口の左海岸で、午前6時半頃に、約40cmのサクラマスを1匹釣ってリリースしました、とのお話しでした。 ルアーは、バーサスのオオナゴカラーだったそうです。

◆ サクラマス  積丹町  4月24日の夕方の釣果(25日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。24日の夕方と、25日の朝釣ってきたお客様から伺いました。 幌武意漁港の内防の外側のゴロタ場(内防に近いところ)で、24日の午後5時頃に、1匹を釣りました、とのお話をいただきました。 ルアーは、岡ジグLT−35のグリーンピンクだったそうです。 25日の朝も釣りをしてきたそうですが、25日の朝は1匹も釣れなかったそうです。

◆ サクラマス  島牧村、積丹町  4月24日の釣果(24日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @千走海岸(テトラの右で)、午前5時頃に、サクラマスの54cmを1匹釣ったそうです。 ルアーは、35gのアキアジクルセイダーのスプーンに、ブルーとピンクと赤色をご自分で塗ったものだったそうです。  A幌武意漁港の内防の外側のゴロタ場で、午前5時前後に、4匹が釣れたと思います、とのお話をいただきました。  B積丹側河口海岸に午前6時半過ぎに着いた方が、夜明け前から来ていた方からお話しを聞いたそうですが、 河口の右側と左側で、合わせて 3匹のサクラマスが釣れたそうです。

◆ サクラマス  古平町沖村川河口海岸、その他  4月23日の釣果(23日記述) 左の写真は、23日の午前9時半過ぎに、沖村川河口よりも左側へ少し離れた場所に、サクラマスの跳ねを見つけて釣りに入って、釣れたサクラマスです。  釣り人は小樽市高島の 清野 一樹さんです。 当店で午前11時頃に計測しましたら尾叉長で 52.0cm、重さは 2.05kgでした。 ルアーは、AKジグミノー40gのグリーンバックだったそうです。 当店ダービーサクラマス部門のトップに出ました。 サクラマスも中型サイズが釣れ始めました。 これから、少しずつ良型が釣れてくれれば良いですね!。 また、23日は広い範囲のアチコチでサクラマスが釣れた日でした。 @蘭越町の精進川河口の左海岸で、午前6時過ぎに1匹、53cm。ディーヴァ40gピンクバック。 A神恵内村の古宇川河口から龍神岬方向へ行った場所で、午前5時頃に 54cmが1匹。 ウインドリップ95Sのアルミリアル稚魚で。 B積丹川河口の右と左の海岸で、早朝4匹か5匹が釣れましたよ、とのお話しを聞いてきた方がいました。 C初めてサクラマス釣りに挑戦したお客様が、古平川河口で早朝1匹釣れたと聞いてきたので、ルアーを買って自分も行きます、とのお話しがありました。 D余市町内の某(?)海岸で、午前5時半頃に 60cm超1匹が アスリートスリム140SSで釣れ。 午前7時頃に、50cm超が釣れたそうです。  (おそらく、上記の他にも釣れた魚があると思われます。)

◆ サクラマス   西積丹側の某所、積丹川河口  4月22日の釣果(22日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 場所は内緒でお願いしますとの事で、お話しを伺いました。 午前5時頃に、45cmのサクラマスが1匹釣れたそうです。 ルアーは、ウインドリップ105SのPP稚魚とのことでした。 夕方に来店された別のお客様から伺いましたが、22日の早朝に、積丹川の河口で、約40cmのサクラマスを1匹釣ったそうです。

◆ サクラマス きょうは釣れず?  幌武意の海岸  4月17日の釣果(17日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 早朝にゴロタ場で1匹バラシタ人がいたそうですが、釣った人はいなかったと思います、とのお話しをいただきました。

◆ アメマス 62cmですが3.35kg  島牧村  4月16日の釣果(16日記述) 左の写真は、倶知安町にお住まいの 高橋 竜馬さんが、島牧村の木巻海岸(岩場)で午前5時頃に釣った、板マス体型のアメマス(笑)です。 高橋さんが来店された午後5時過ぎに当店で計測しました。 尾叉長で 62.0cm、3.35kg でした。かなりメタボなアメマスですね! 使ったルアーは、モアザンXロール148Sのコハダカラーだったそうです。 高橋さんはこの他にアメマスを5匹釣ってリリースしたそうです。 当店ダービーアメマス部門の第2位に入ってきました。

               **********

◆ アメマス 64cm  寿都町  4月4日の釣果(6日記述) 左の写真は、4日に寿都町の樽岸海岸で釣れたアメマスです。 釣った方は札幌市豊平区の 松下 亨さんです。 釣ったのは4月4日の午前5時過ぎですが、当店に来店されたのは4月5日の午前10時頃です。 すぐ計測しましたら 尾叉長で 64.0cm、2.3kg でした。 釣ったルアーは、サイレントアサシン160FのレッドヘッドHGだったそうです。 当店ダービーアメマス部門の第4位に入ってきました。

◆ サクラマス 釣れてます!  積丹野塚、古平川河口海岸、美国小泊海岸  4月4日の釣果(4日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。@積丹町野塚海岸の駐車場下の海中の岩の左で、4日の午前9時頃に45cmのサクラマスを1匹釣ったそうです。 ルアーは、このお客様が手作りしたジグミノーでとの事で見せていただきましたが、形はKJ−11タイプの細い物で30g、カラーはエゾアワビをサイドに貼ったオオナゴカラーでした。 Aまた別のお客様が、古平川河口の右海岸で釣ってきたそうですが、河口右沖のテトラポッドの上から沖へキャストしていた方が、午前7時過ぎ頃に、サクラマスを1匹釣ったのが見えたそうです。大きさは、40cm〜45cmの間ぐらいのサイズに見えたそうです。 Bさらに、別のお客様から伺いました。 詳しくは聞いてないそうですが、お友達が美国の小泊海岸で早朝に50cm弱を1匹釣ってきた、とのお話しを伺いました。

               **********

◆ サクラマス 釣れました! ↑ 余別川河口海岸  3月29日の釣果(29日記述) 上の写真は、29日午前8時過ぎに余別川河口よりも右側の海岸で相継いで釣れたサクラマスです。 当店で正午頃計測しました。 まず、左側は 小樽市稲穂の 上家 和幸さんが午前8時半頃に釣った、尾叉長 50.0cm、1.95kg。 そして右側は 小樽市新光の 木戸 隆行さんが午前8時過ぎに釣った、尾叉長 55.0cm、2.6kgです。 お二人は友人で二人一緒の釣行も多いそうです。 きょうはお二人とも釣れて良かったですね!。 上家さんは当店のダービー参加者です、今シーズン最初のサクラマス登録魚になりました。 木戸さんはダービー未参加でしたが、本日釣りの帰りにエントリー手続きをしていただきました。 お二人とも自己記録の更新目指して次回も頑張ってください。 ヒットルアーは、上家さんはギーガ33gアワビピンク、木戸さんはプレスベイトカムイ95のグリーンバックだったそうです。 サクラマスの跳ねは何度も見たそうです。 (良いシーズンが来たようですね!)

◆ サクラマス間接情報  古平川河口海岸  3月26日の釣果(26日記述) 釣りの帰りに来店されたお客様方から伺いました。 積丹で釣りをしてきた帰りに古平川河口海岸に正午前に寄ったら、河口の右海岸で釣りをしていた方から聞いたそうです。 午前9時頃から午前10時頃までの間に、その人が釣った1匹を含んで全体で5匹のサクラマスが釣れて、その5匹はいずれも40cm前後で小さめでした、とのお話しを聞いてきましたよ、との情報をいただきました。 実は、一週間ほど前から、東積丹側の某3カ所ぐらいでポツポツとサクラマスが釣れた話を伺っておりましたので、この間接情報も、うなづけます。

◆ アメマス 70.5cm  島牧村  3月24日の釣果(24日記述) 左の写真は、24日に島牧村の北国澗で釣れたアメマスです。 釣ったのは小樽市の 若見 昌三さんです。当店で午後1時前に計測しましたら 尾叉長で 70.5cm、3.5kg でした。 若見さんはきょうは精進川河口海岸を皮切りに、次に寿都樽岸海岸で釣り、いずれも釣れず。 そのあと風を避けて釣り易い場所を探して島牧に着いたら、北国澗の先端よりも左側が良い感じだったそうです。 午前10時頃にこの良型が、また自作の36gのジグで、グリーンバックサケ稚魚カラーに食ってきたそうです。 当店ダービーの自己記録の更新になりました。 この魚は今回も水槽で活かして持ってきました。 また近くの海にリリースするそうです。 若見さんは先日、大きくないですがサクラマスを4匹も釣ったそうで、アメもサクラも今シーズン好調ですね!

               **********

◆ アメマス 自己記録更新   島牧村  2月11日の釣果(11日記述) 左の写真は、一週間前に千走海岸で釣ってきた小樽市新光の 本藤 茂さんが、自己記録の更新になるのでは?と持ってこられたアメマスです。 当店で午後1時前に計測しましたら、尾叉長 58.0cm、体重 2.1kg でした。 釣った時刻は午前6時半頃で、 釣ったルアーは、岡ジグLT−35のグリーンとのことでした。 この魚の他に50cm超を2匹釣ってリリースしてきたそうです。  本藤さんはこの日もアメマスを活かして持ってこられました。 先週の魚もリリースしたとき自力で泳いでいったそうで、この日の魚はもっと元気だから大丈夫だろうと、また余市港でリリースします、とのお話しでした。 本藤さんは先週釣った魚より90ポイントの自己記録更新となりました。   また、別のお客様方から伺いました。赤灯周辺から18番にかけて結構釣り人はいたそうです。 50cm前後のアメマスがポツポツと釣れていたそうです。 午前10時過ぎには風が強くなり波も高くなってきたそうで、釣り人が帰り始めたそうです。

               **********

◆ アメマス 59cm、2kg   島牧村  2月4日の釣果(4日記述) 左の写真は、島牧村の千走海岸で釣れた海アメです。 釣り人は小樽市新光の 本藤 茂さんです。当店で午後1時半ごろに計測しましたら、尾叉長 59.0cm、体重 2.0kg でした。 釣ったルアーは、岡ジグLT−35のピンクバックだったそうです。 釣った時刻は午前7時半過ぎとのこと。 周囲に釣り人が結構多い日だったそうですが、釣れた数は3匹ぐらいだったように思います、との事。 本藤さんもこの魚を活かして持ってこられまして、余市港でリリースします、とのお話しでした。 当店ダービーアメマス部門の第5位に着けてきました。自己記録は何度でも更新出来ますので、次回また頑張ってくださいね。

               **********

◆ アメマス 63cm、2.6kg  積丹町 野塚海岸  1月15日の釣果(1日記述) 左の写真は、野塚海岸の通称ゼロワンドで午後1時頃に釣れたアメマスです。当店で午後2時過ぎに計測しましたら、尾叉長で63.0cm、2.6kg でした。釣り人は、白石区の松島清人さんです。 この日は島牧村で釣ろうと夜明け前に江の島に着いたそうですが、強風と高波の大荒れだったそうです。釣り人もほとんどいなかったそうです。 すぐに島牧村を諦めて帰り道方向でもある積丹半島を目指したそうです。 積丹に来てみてもほとんどは大荒れの状態だったそうですが、比較的波が低かった野塚海岸のゼロワンドで釣り開始したのが午前9時過ぎ。 午後1時頃に上の写真のアメマスが釣れたので、水槽箱+エアーポンプで活かした状態で、すでに参加手続きをしていた当店のアメマスダービーに登録に来てくれました。 この日使ったのは、ジグのクレセント30gのオオナゴカラーだったそうです。 当店、アメマス・サクラマスダービー アメマス部門の第2位に着けてきました。 急いで計測と写真撮影を終えて水槽箱に戻しました。余市でリリースするそうです。  (また、別のお客様からですが、1月2日に65cmのアメマスを余別河口の右の海岸で釣ってリリースしました、とのお話しを12日に聞きましたので、積丹も少し大きめがいるようですよ。)

               ********** 

◆ 海アメ 5匹と3匹 ↑  島牧村  12月17日の釣果(18日記述) 上の写真は、17日に島牧村の千走海岸で釣れた海アメです。 左は、小樽市の 若見 昌三さんが釣った 61cm、2.7kg。  右は、余市町の 輪島 常夫さんが釣った 57cm、2.1kgです。 当店で17日の午後7時頃に計測しました。 お二人は釣り友達で、17日は朝から夕方まで、二人並んで千走海岸で、おもにジグを使って釣りを楽しんだそうです。 若見さんは5匹、輪島さんは3匹を釣ったと伺いました。 お二人とも当店のアメマス・サクラマスダービーに参加してくださってましたので現時点での、若見さんがトップに、輪島さんが第3位になります。 使ったジグは、お二人ともに、若見さんが手作りしたもので、40gのチャートバックと、28gのイワシカラーとのことでした。 冬から春の海アメ釣り、島牧村は今シーズンも良い出足ですね!。   また、18日は非常に強い風が吹いたために、釣りはかなり厳しかったそうで、早めに撤収してきた方達が多かったです。

                **********

◆ 海アメ第一号!  島牧村  11月14日の釣果(14日記述) 左の写真は、島牧村大平海岸の左の磯場で、午前9時頃に釣れた海アメです。 当店で午後1時頃に計測しましたが、67.0cm、2.35kg ありました。釣り人は、札幌市厚別区の 富樫 恭兵さんです。 ルアーは、カブキメタル35gのベイトフィッシュカラーだったそうです。 当店の第35回アメマスダービーの登録魚第一号です。富樫さんはもう1匹を釣ったそうですが、小さかったのでリリースしたそうです。 また、午前7時頃に、同行したご友人が隣で、61cmを釣り、後から良型を掛けてバラシタそうで、悔しがってました。

               **********

<下の8枚の画像は、バーサスの作者による、ニュータイプ ハンドメイド・ジグミノーの ”Diva (ディーヴァ)”です。 カラー設定は、バーサス同様非常に豊富です。 ディーヴァの特徴は、究極の好バランスが生み出す、飛行距離とナチュラルな泳ぎです。 想定を超えるような飛びと、リトリーブ・スピードが速くても低速でも、とても綺麗でリアルに泳ぐことです。 構造はバルサ+金属です。 先ずはアルミタイプのみの生産ですが、シェルタイプのご注文もお受けいたします。 33g〜38gのアルミが¥2200、シェルが¥2750。 40g〜45gのアルミが¥2350、シェルが¥2900でございます。 少し残念なのは、下の写真がうまく撮れてないことです。 現物をご覧になれば、その美しさにため息が出るかもしれませんよ!。 作者は、『バーサスを凌ぐほどのサクラマスの釣果を期待し欲しいです。』 と おっしゃってます。>

 
フライフイッシング  ・このページのトップへ戻る

 

◆ ニジマス65cm  尻別川  3月13日の釣果(13日記述): 上の写真は小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、雪代前の尻別川の釣果をいただきましたので、掲載させていただきました。 以下は、石澤さんのコメントをそのまま記述させていただきました。

『小樽の石澤です!
先日はありがとうございました!
今日は天気も良く、気温も上がりそうなので尻別川に行きました。
深瀬のポイント1箇所にしぼり、フライを深く沈め65センチのニジマスが釣れました。
フライは黒のジェネラルプラクティショナーでした!久々の大物で腕が疲れました。 』

 〜『65cmですか! またですか! やりますね!』

 アメマス  余市川  3月11日(11日記述): 釣りの帰りに来店されたお客様から伺いました。 田川橋から100m以上上流の、上流に向かって右岸側で、午前10時頃から釣りを開始したそうです。 午後2時半過ぎに、40cm超のアメマスが1匹釣れたそうです。 フライは#8フックのサケ稚魚。

 アメマス  余市川  3月5日(5日記述): 釣りを終えて、正午ごろに来店された小樽市のお客様から伺いました。 田川橋から100mほど上流の、上流に向かって右岸側で、午前9時頃から釣りを開始したそうです。 午前9時半頃に、約65cmの中肉のアメマスが釣れましたと、携帯画像を見せてくださいました。 フライは#8フックに巻いたゾンカー。カラーは、チャートリュースとの事。ロッドは6番ツーハンド。ラインはシンキングタイプV。リトリーブは、早めだったそうです。 風が強く巻いてきたので、やむを得ず切り上げて来たそうです。

 アメマス  余市川  12月5日(12月6日記述): 釣りの帰りのお客様から5日に伺いました。 余市総合体育館の裏で、早朝からストリーマーで釣ってみたそうですが、アメマスは釣れなかったそうです。 初めて総体裏で釣ってみた方でした。まだ少し早かったようです。

◆ ニジマス  尻別川  10月31日の釣果(31日記述): 上の写真は小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、晩秋の渓流釣り日誌をいただきましたので、掲載させていただきました。 以下の石澤さんのコメントは、そのまま引用させていただきました。石澤さん、いつもありがとうございます。 今シーズンの渓流釣りの締めの釣りで、また良型まじりでよい釣りを堪能できたようですね、よかったですね!。

『本日は、尻別川の支流で、今年最後の渓流に行って来ました。

久々の釣りでした。

ウェットフライで釣り下り、30cm〜40cmのニジマスが釣れました。

画像は本日の最大魚、53cmです。

フライを沈めて、しつこく粘り、ようやくフライに食いつきました。

時折みぞれまじりの雨で、寒い一日でした。 』

 

◆ ニジマス  尻別川  3月14日の釣果(15日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、今シーズン初の釣り日誌を(14日の夜に)いただきましたので、掲載させていただきました。 石澤さんの今シーズンの『初尻別釣行』は、ニューロッドのを携えてでしたが、早速、良型ニジマスで入魂で来たそうです。 相性の良いロッドになってくれればよいです。 以下のコメントは、そのまま引用させていただきました。

いつもお世話になっています! 石澤です!
本日、雪代前の尻別川に行って来ました!
今日の尻別川は濁りもなくいい感じで、#4のブラックマドラーゾンカーを沈めて61センチのニジマスが釣れました。
先日、購入させて頂いたロッドにも入魂出来ました!
それではまた!

     ウ キ 釣 り  ・このページのトップへ戻る

◆ ホッケ ウキ釣り   寿都町 弁慶茶屋海岸  5月6日の釣果(6日記述) 釣ってきたお客様から伺いました。 午前6時前から釣りに入ったそうです。 ポツポツと釣れていたそうですが、風が強くなってきて危ないので、午前8時過ぎに切り上げたそうです。 釣果は、ホッケを1人で 9匹。 大きさは、約30cm〜35cm。 やや太めのホッケだったそうです。 食わせ餌は、オキアミ

◆ ホッケ ウキ釣り   神恵内村 トラセ海岸  5月4日の釣果(5日記述) 4日の朝にたまたま入った場所でホッケを釣ってきましたと、お客様から情報をいただきました。 神恵内村のトラセ地区のバス停【トラセ】の下から海岸への降り口があり、その下の岩場で釣りをしてみたそうです。 撒きエサを撒いて10分ぐらいでホッケの群れが寄ってきて釣れ始めたそうです。 2時間ほどで60匹近く釣れたので切り上げたそうです。大きさは30cm〜35cm。 餌はオキアミとマグロ。この日は、他に釣り人が来てはいなかったそうです。  (どこの場所も同じですが、風が吹き始めたり、波が高めになったら、早めに切り上げましょう!、波に足下を洗われる前に撤収してくださいね。)

◆ ホッケ ウキ釣り   積丹町 草内海岸  5月3日の釣果(3日記述) 初めてウキ釣りでホッケを釣ってきた客様から伺いました。 余別漁港の裏側の草内海岸、うしお食堂の先の磯で、3日の昼過ぎから釣り始めて、午後4時前までの釣果とのことでしたが、 このお客様がお一人で 10匹、大きさは 30cm前後。 餌は、マグロを使ったそうですが、オキアミやイソメでも釣れていたそうです。 場所の違いなのか、他に原因があるのかわからなかったそうですが、釣果に大きな差がでていたそうです。 1人あたり5匹前後〜50匹超。 

◆ ホッケ ウキ釣り   積丹町 草内海岸  4月30日の釣果(30日記述) 釣ってきた客様から伺いました。 余別漁港の裏側の草内海岸ではありますが、うしお食堂の先の磯で、30日の午前5時頃から釣り始めて、強風が吹いて釣りができなくなった午前9時頃までの釣果とのことでした。 このお客様がお一人で 約30匹、大きさは 30cm前後。 餌に使ったのは、カットまぐろ。 前日には、同じ場所で1人で約80匹を釣りました、とも伺いました。

◆ ホッケ ウキ釣りとサビキ釣り  神恵内村 珊内漁港  4月23日の釣果(23日記述) 釣りの帰りの客様から伺いました。 珊内漁港の外防波堤の外側の磯で、夜明けからポツリポツリ少しずつ釣れていたそうですが、午前8時頃に群れが寄ってきて、おそらく1時間弱ぐらいの間に調子良く釣れたそうです。 この情報をくださったお二人は約40匹を釣ったそうです(2人合計で)。大きさは約25cm〜40cm超までいろいろだったそうですが、30cm前後が多かったそうです。 このお二人は、サビキ+マグロで釣ってきたそうですが、ウキ釣りの人達も釣っていたそうです。 ウキ釣りは、仕掛なのか場所なのかエサなのかわからなかったそうですが、人によって大きく差がでていたそうです。ウキ釣りもこの日はマグロのサイコロ切りが食いが良かったそうです。

◆ ホッケ ウキ釣りとサビキ釣り  積丹町 神岬漁港  4月9日の釣果(9日記述) 釣りの帰りの午後3時頃に来店された客様から伺いました。 午前10時頃に神岬漁港に着いたら、外防波堤の先端から中程までに掛けて、数人がウキ釣りでホッケを釣っていたそうです。 まず、釣れ具合を見て回ったら、1人あたり10匹〜30匹ぐらいだったそうです。撒きエサを撒いて、オキアミを付けてのウキ釣りで釣っていたそうです。 このお客様はウキ釣りの用意をして行ってなかったそうで、サビキ仕掛を下げてみたそうです。ポツポツと釣れてくれて、午後1時半頃までにサビキで7匹を釣ったそうです。 この日釣れたホッケの大きさは、30cm〜35cmとの事でした。

     渓流の餌釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆道央地区は、4月1日〜5月31日の間が、やまべ(=ヤマメ、山女魚)の禁漁期間です。 解禁日は6月1日です。

     その他の釣り情報  ・このページのトップへ戻る