船釣り   投げ釣り  防波堤・港内の釣り  ルアーフィッシング
フライフィッシング ウキ釣り 渓流の餌釣り その他の釣り
    余市市場水揚げ概況  ・このページのトップへ戻る

8月2日は日曜日で、余市漁組市場はお休みでした。

8月1日は朝忙しくて、余市漁組市場へ見に行けませんでした。

7月31日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ブリ7kg2本、6kg3本、5kg10本、

 イナダ・ワラサ1〜4kg約220本、

 カスベ45〜65cm20匹、サバ37〜40cm3匹、

 アンコウ45〜65cm20匹、ヒラメ40cmが2枚、

 真イカ20〜40入り130箱、ヘラガニ9〜12cm1,000バイ。

7月30日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ブリ8kg2本、7kg5本、6kg11本、5kg18本、

 イナダ・ワラサ1〜4kg約320本、

 ヒラメ38〜48cm15枚、真イカ20〜40入り60箱、

 ヘラガニ甲羅幅9〜12cmが約250パイ。

7月28日は朝忙しくて、余市漁組市場へ見に行けませんでした。

7月27日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ブリ11kg1本、9kg1本、8kg2本、7kg23本、

 6kg50本、5kg50本、ヒラメ38〜45cm45枚、

 イナダ・ワラサ1〜4kg約270本、

 カスベ40〜55cm20匹、真イカ20〜40入り60箱、

 ヘラガニ甲羅幅9〜12cmが約800パイ。

7月26日は日曜日で、余市漁組市場はお休みでした。

船 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る
岩内港・その他 川白・神恵内 余別・日司
古平・美国・幌武意 余市町 小樽市など

 ブリ ナイト・ジギング 21本 余別漁港 広栄丸(広和船長0135−46−5174)8月1日の夜の釣果(2日記述): 船長が留守で奥さんから伺いました。 1日の午後7時に出港して、午前2時までの釣り。 サルワンで。  ブリの数は全体で 21本。 その他の詳細は、奥さんが船長から聞いていなかったそうです。

 マイボートで ヒラメ 64cm  来岸漁港 マイボート(ご友人所有のボートで)8月2日の釣果(2日記述): 左の写真は、札幌市豊平区平岸の 加藤 大貴さんが、ご友人のボートに乗船して、水無し沖の水深約40mで、バケでヒラメ釣りをしていた時に釣れたヒラメです。 当店で午後5時に計測しましたら、64.0cm、3.0kg ありました。 ほぼ底で食ったそうです。 バケは600gのブルー系を使っていたそうです。 エサはオオナゴ。 当店ヒラメダービー2015の、第4位に入ってきました。

 真イカ   日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)8月1日の夜の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 午後6時に出港して、午前0時半までの釣り。 神威岬沖の水深約380mから流して、約150mまで。 真イカは1人あたりで 30パイ〜60パイ、大きさは 25入りサイズ〜40入りサイズ 大きめから小さめまで混じったそうです。 棚は、40m→20mとの事。 イカ針は、6号と7号のきらきらオッパイ針の仕掛が優勢だったそうです。

 真ダラ好釣果!  日司漁港 豊進丸(釜野船長0135−45−6617)8月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港して、午前11時半に沖上がり。 カムチャッカ根の水深約160m〜170mで。 真ダラは1人あたりで 6本〜15本、大きさは 1mが3本、あとは約60cm〜80cm   タラシャクリは250号の銅パイプとステンレスパイプ、針にはピンク色や赤色のタコベイトやヤリイカベイトを付けて。胴突仕掛は、白フラッシャーが付いた針を使った色々なタイプ。 エサは 赤イカ、サンマ。 この日は、シャクリよりも胴突仕掛の方が優勢だったそうです。

 真ダラ好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)8月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港して、正午頃に沖上がり。 カムチャッカ根の水深約120m〜180mで。 真ダラは全体で 85本、大きさは 1mが1本、あとは約60cm〜80cm  タラシャクリは250号の銅パイプやステンレスパイプのもの。 針に付けていたのは、ヤリイカベイトまたはタコベイトの、ピンク色の物や赤色の物。 

 ブリのデイ・ジギング   美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)8月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に幌武意漁港から出港して、午前11時40分までの釣り。 幌武意沖〜積丹岬無線塔沖の水深約50m〜80mで。 ブリは全体で 34本、大きさは 6kgが1本、4kg〜5kgがほとんどで、2kg〜3kgが数本。 ジグは、150g〜200gの色々なものを使っていたそうです。  きょうも船長さんが、ブリはたくさんいてアタリも多いそうですが食いが悪い感じだ、とおっしゃってました。

               **********

 ブリのデイ・ジギング   美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)8月1日の釣果(1日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に幌武意漁港から出港して、午前11時半までの釣り。 幌武意沖の水深60m前後で。 ブリは全体で 13本、大きさは 2kg〜5kg台。 ジグは、150g〜200gの色々なものを使っていたそうです。 ジグの色はきょうも釣り人によって様々だったそうです。 船長さんが、ブリはたくさんいてアタリも多いそうですが食いが悪い感じだ、との事でした。 

 真ダラ、ホッケ、ヤナギ  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)8月1日の釣果(1日記述): 乗船したお客様と、船長から伺いました。 午前5時に出港して、正午頃沖上がり。 幌武意沖の水深約140m〜150mで。 真ダラは1人あたりで 3本〜10本、大きさは 約50cm〜90cm超 ヤナギノマイは1人あたりで 1匹〜2匹、大きさは 25cm前後。  ホッケは1人あたりで 1匹〜3匹、大きさは 30cm前後  仕掛は、白フラッシャーが付いた針の色々な胴突仕掛で、エサは 赤イカ

               **********

 ブリのデイ・ジギング   美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月31日の釣果(31日記述): 船長から伺いました。 午前4時40分に幌武意漁港から出港して、午前11時40分までの釣り。 幌武意沖〜積丹岬無線塔沖の水深約50m〜80mで。 ブリは全体で 17本、大きさは 7kgが1本、あとは2kg〜4kg台。 ジグは、150g〜200gの色々なものを使っていたそうです。 ジグの色も人により様々だったそうです。 魚探にはブリの反応が多かったそうですが、食ってくる魚は多くなかった、とおっしゃってました。

               **********

 ブリ ナイト・ジギング 約30本  余別漁港 和光丸(能代谷船長0135−46−5402)7月29日の夜の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 29日の午後7時に出港して、午前1時までの釣り。 水無し沖の水深38m前後で。 ブリは全体で 約30本、大きさは 3kg〜4kg台。 ジグは色々なもので釣れたそうですが、色は赤金が優勢だったそうです。

 ブリ ナイト・ジギング 37本  余別漁港 広栄丸(広和船長0135−46−5174)7月29日の夜の釣果(30日記述): 船長が留守で奥さんから伺いました。 29日の午後9時に出港して、午前2時半までの釣り。 水無し沖からサルワンのかけての水深約40m〜50mで。  ブリの数は全体で 37本、大きさは 約2kg〜5kg台との事。 その他の詳細は、奥さんが船長から聞いていなかったそうです。

 ブリのデイ・ジギング 1便と2便  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月30日の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 @1便は午前4時40分に幌武意漁港から出港して、午前11時40分までの釣り。 幌武意沖〜積丹岬無線塔沖の水深約50m〜70mで。 ブリは全体で 約20本、大きさは 2kg〜4kg台。 ジグは、150g〜200gの色々なものを使っていたそうです。ブリはいたそうですが、水面近くに浮いている感じで、ルアーへの反応があまり良くなかったそうです。  A2便は正午に出港して、午後6時までの釣り。 ブリは全体で 27本、大きさは 2kg〜6kg。 ジグは、150g〜200gの色々なものを使っていたそうですし、カラーも様々だったそうです。

 ブリのデイ・ジギング  マイボート(2人が乗船して来岸漁港から出港)7月30日の釣果(30日記述): 釣りの帰りのお二人から伺いました。 午前4時頃に出港して、午前10時頃までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約50m〜60mで。 ブリは2人で 1本 と 3本、大きさは 8kg、7kg、4kg、3kg。 ジグは、150g〜180gのセミロングタイプでシルバーホロ系。 午前8時から午前9時までの間に釣れたそうです。食ってきたのは底上20m前後が多かったそうです。

 真イカ   古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)7月29日の夜の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 29日の午後5時半に出港して、午前1時までの釣り。 古平沖の水深約500mラインで。 真イカは1人あたりで 30パイ〜70パイ、大きさは 20入りサイズから40入りサイズまで色々だったそうですが。前日よりも型が少し小さめで、30入り〜40入りが多かったそうです。 棚は、30m前後との事。 イカ針は、7号のきらきらオッパイ針の仕掛を使っていたそうです。 

 ヒラメ 好釣果32枚  小樽港 白龍丸(本間船長090−3390−5423)7月30日の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 午前2時半に出港して、午前9時沖上がり。 小樽沖の水深28m前後で。 ヒラメは2人で 15枚 と 17枚、大きさは 38cm〜47cm。 バケは500gで、アワビ貝貼り、茶色、ピンク色など。 タコキャップの色は、オレンジ色、赤、赤金、など。 エサは、オオナゴ。

               **********

 ブリ ナイト・ジギング 約90本  余別漁港 龍祥丸(飯田船長0135−46−5328)7月28日の夜の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 28日の午後9時に出港して、午前2時半までの釣り。 サルワンの水深40m前後で。 ブリは全体で 約90本、大きさは 6kgが3本、4kg〜5kg台が15本、あとは2kg〜3kg台。 ジグは色々なもので釣れたそうですが、ドラッカーハイブリッドタイプU420g赤金と、ジョーカー420g赤金がやや優勢だったと伺いました。

 ブリ ナイト・ジギング 好釣果!  余別漁港 広栄丸(広和船長0135−46−5174)7月28日の夜の釣果(30日記述): 船長が留守で奥さんから伺いました。 28日の午後9時に出港して、午前2時半までの釣り。 水無し沖からサルワンのかけての水深約50m〜60mで。  ブリの数は全体で 97本、大きさは 約2kg〜5kgぐらいとの事。 ジグは、色々なタイプで、カラーは赤金で釣れたそうです。

 ブリ ナイト・ジギング  余別漁港 千鳥丸 (山田船長0135−46−5125)7月28日の夜の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 28日の午後6時に出港して、午前0時までの釣り。 神威岬沖の水深約40m〜50mで。  ブリの数は全体で 25本、大きさは 約2kg〜6kg台との事。 ジグは、色々なタイプで、カラーは赤金とオレンジ色系で釣れたそうです。

 ブリのデイ・ジギング  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月29日の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 午前6時半に出港して、正午過ぎまでの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約45m〜70mで。 ブリは1人あたりで 4本〜6本、大きさは 全部が4kg前後。 ジグは、180g〜200gぐらい。 ジグの色は、赤金、イアワシカラーなど様々な色を使っていたそうです。

 ブリのデイ・ジギング 約65本!  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月29日の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 午前4時40分に幌武意漁港から出港して、午前11時40分までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約50m〜60mで。 ブリは全体で 約65本、大きさは 2kg〜7kg弱。 ジグは、150g〜200gの色々なものを使っていたそうです。 ジグの色も、フルシルバー、赤金、ブルピンなど様々な色で釣れたそうです。

 真イカ   美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)7月28日の夜の釣果(30日記述): 船長から伺いました。 28日午後6時に出港して、午前1時までの釣り。 幌武意沖の水深約200mから流して、約120mまで。 真イカは1人あたりで 20パイ〜70パイ、大きさは 20入り〜25入りサイズが約2割、30入り〜40入りサイズが約8割。 棚は、50m前後と深かった。 イカ針は、7号のきらきらオッパイ針の仕掛で釣れたそうです。

 真イカ 順調  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)7月28日の夜の釣果(29日記述): 船長から伺いました。 28日の午後5時に出港して、午前1時までの釣り。 古平沖の水深約500mラインで。 真イカは1人あたりで 約60パイ〜150パイ、大きさは 20入りサイズ〜40入りサイズ 小さめサイズから大きめサイズまで色々な大きさが混じったそうです。 棚は、20m〜30mとの事。 イカ針は、7号のきらきらオッパイ針の仕掛が優勢だったそうです。 

               **********

 ブリ ナイト・ジギング 102本!  余別漁港 龍祥丸(飯田船長0135−46−5328)7月27日の夜の釣果(28日記述): 船長から伺いました。 午後7時半に出港して、午前1時までの釣り。 サルワンの水深約42m〜43mで。 ブリは全体で 102本、大きさは 5kg〜6kgが約8本、あとは2kg〜4kg台。 ジグは色々なもので釣れたそうですが、ドラッカーハイブリッドタイプU420gオール赤と、ジョーカー420gオール赤が優勢だったと伺いました。

 ブリ ナイト・ジギング 好釣果!  余別漁港 広栄丸(広和船長0135−46−5174)7月27日の夜の釣果(28日記述): 船長が留守で奥さんから伺いました。 午後9時に出港して、午前3時までの釣り。 余別前浜の沖で釣ったそうです。 奥さんなので、詳しいことは船長から聞いてなかったそうですが、ブリの数は全体で 70本、大きさは 約2kg〜5kgぐらいでは無いでしょうか?とのお話しでした。 エサ釣りでは無く、ジギングでの釣果だったそうです。

 ブリのデイ・ジギング 約80本!  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月28日の釣果(28日記述): 船長から伺いました。 午前4時40分に幌武意漁港から出港して、午前11時までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深60m前後で。 ブリは全体で 約80本、大きさは 6kgが数本、あとは2kg〜5kg。 ジグは、150g〜200gの色々なものを使っていたそうです。 ジグの色も様々な色で釣れたそうです。

 真イカ 順調  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)7月27日の夜の釣果(28日記述): 船長から伺いました。 午後5時半に出港して、午前1時までの釣り。 古平沖の水深約500mラインで。 真イカは1人あたりで 20パイ〜100パイ、大きさは 30入りサイズ〜40入りサイズ やや小さいイカばかりで、良型が混じらない日だったそうです。 棚は、40m〜20mとの事。 イカ針は、6号と7号のきらきらオッパイ針の仕掛が優勢だったそうです。 不慣れな方が、あまり釣れなかったともおっしゃってました。

 真イカ 順調  小樽港 白龍丸(本間船長090−3390−5423)7月27日の夜の釣果(28日記述): 船長から伺いました。 午後5時に出港して、午前1時沖上がり。 小樽沖の水深約380mから流して〜約450mまで。 真イカは1人あたりで 約60パイ〜120パイ、大きさは 30パイ入りサイズが9割、25はイ入りが約1割。 棚は、約40m〜45m。 イカ針は、さかな針14cmと、おとと針14cmが優勢だったそうです。

               **********

 ブリ 夜釣り 好釣果  余別漁港 広栄丸(広和船長0135−46−5174)7月26日の夜の釣果(27日記述): 船長が留守で奥さんから伺いました。 午後9時に出港して、午前3時までの釣り。 奥さんなので、詳しいことは船長から聞いて無く、数だけは聞いたそうです。 全体で 89本 が釣れたそうです。

 ヤナギ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 午前7時半に出港して、午後2時に沖上がり。 神威岬沖の水深約140m〜150m。 ヤナギノマイは1人あたり 約40匹〜60匹、大きさは 約26cm〜38cm(30cm前後が多かった)。 仕掛は、白フラッシャーやピンクフラッシャーが付いた針を使った色々な胴突仕掛で、エサは赤イカ。 タラシャクリを使う人はなく、皆さんがヤナギノマイ狙いだったそうです。 潮が非常に悪く、仕掛のオマツリが多かったし、魚の食いもイマイチな日だったそうです。 60cm前後の真ダラも全体で5匹ほど釣れたそうです。

 ブリのデイ・ジギング 43本  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月27日の釣果(27日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に幌武意漁港から出港して、午前11時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深約50m〜60mで。 ブリは全体で 43本、大きさは 13kgが1本、6kgが2本、あとは2kg〜5kg。 ジグは、150g〜200gぐらいを使っていた人が多かったそうです。 ジグの色は様々な色で釣れたそうです。

               **********

 真ダラ、ホッケ、ヤナギ  川白漁港 あさひ丸(森船長0135−77−6016)7月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港して、午前10時半までの釣り。 川白沖の水深約115m〜130mで。 真ダラは1人あたりで 約10本〜20本、大きさは 約50cm〜80cm ヤナギノマイは1人あたり 20匹前後、大きさは 約25cm〜35cm。  ホッケは1人あたりで 約15匹〜20匹、大きさは 約30cm〜40cm タラシャクリは、200号〜250号の銅パイプとステンレスパイプで、針にはピンク色のヤリイカベイト。 胴突仕掛は、白フラッシャーが付いた針の色々なタイプで、エサは 赤イカ

 ブリ ナイト・ジギング 好釣果!  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)7月25日の夜の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 午後9時前に出港して、午前3時までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約45m〜50mで。 ブリは全体で 約80本、大きさは 5kg台が2本、4kg〜5kg未満が約30本、あとは2kg〜3kg台。 ジグは、ドラッカーハイブリッドタイプX420g赤金と金魚ジョーカー420g赤金とクリアオレンジ、代表ジグのピンクホワイトなどで釣れたそうです。 

  真イカ   幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月25日の夜の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 25日の午後4時半に出港して、午後11時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深約150m〜200mで。 真イカは1人あたりで 40パイ〜100パイ、大きさは 20パイ入り〜30パイ入りサイズですが、20パイ入りと25ハイ入りサイズが多かった。 棚は少し深めで、40m前後。 イカ針は、7号のきらきらオッパイ針や、長ヘラ針の仕掛を使っていたそうです。

 ブリのデイ・ジギング 23本と、24本+α?  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月26日の釣果(26日記述): 1便情報は乗船したお客様と船長から伺いました。 @1便は、午前4時半に幌武意港から出港して、午前11時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深約50m〜70mで。 ブリは全体で 約23本、大きさは 2kg〜5kg弱。 ジグは140g〜180gの色々なもの。 ジグの色も様々だと思いますとの事。 A2便は、船長から電話で午後4時40分頃に伺いました。 正午前に出港して、午後6時過ぎまでの予定とのこと。 午後4時40分の時点の釣果で、約24本。 大きさは、約3kg〜5kg台

 真ダラ、ホッケ、ヤナギ  美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)7月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 午前5時に出港して、午前11時半までの釣り。 幌武意沖の水深約140m〜150mで。 真ダラは全体で 21本、大きさは 1mが1本、あとは約50cm〜80cm ヤナギノマイは全体で 10匹前後、大きさは 約25cm〜30cm。  ホッケは全体で 約6匹、大きさは 30cm前後  仕掛は、白やピンクのフラッシャーが付いた針の色々な胴突仕掛で、エサは 赤イカ

 真イカ   古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)7月25日の夜の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 午後5時に出港して、午前1時までの釣り。 古平沖の水深約500mラインで。 真イカは1人あたりで 40パイ〜50パイ、大きさは 25入りサイズ〜40入りサイズ(40入りサイズがほとんど)。 棚は、50m〜30mとの事。 イカ針は、6号と7号のきらきらオッパイ針の仕掛で釣れたそうです。

  真イカ   余市河口漁港 さ ち 丸(長内船長0135−45−6169)7月25日の夜の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 25日の午後4時に出港して、午前0時半までの釣り。 余市沖の水深約130m〜135mで。 真イカは1人あたりで 30パイ〜80パイ、大きさは 25ハイ入りが約1割、30パイ入りが約2割、40パイ入りサイズが約7割。 棚は、20m〜30m。 イカ針は、6号と7号のきらきらオッパイ針の仕掛を使っていたそうです。

 ヒラメ 好釣果  小樽港 白龍丸(本間船長090−3390−5423)7月26日の釣果(26日記述): 船長から伺いました。 午前3時に出港して、午前9時半沖上がり。 小樽沖の水深28m前後で。 ヒラメは全体で 32枚、大きさは 39cm〜55cm。 バケは500g〜600gで、アワビ貝貼り、オレンジ色など。 タコキャップの色は、茶色、透明など。 エサは、オオナゴ。

               **********

 真ダラ好釣果!、ヤナギ  余別漁港 千鳥丸(山田船長0135−46−5125)7月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 午前6時に出港して、正午に沖上がり。 カムチャッカ根の水深約150m〜160mで。 真ダラは1人あたりで 10本前後、大きさは 1mが4本、あとは約50cm〜80cm ヤナギノマイは1人あたり 15匹前後、大きさは 約30cm〜35cm。  タラシャクリは、200号〜250号、胴突仕掛は、いつもの白フラッシャーが付いた針に赤フーセンなどが付いたものなどで、エサは 赤イカ、サンマ。

 ブリ ナイト・ジギング 好釣果!  余別漁港 龍祥丸(飯田船長0135−46−5328)7月24日の夜の釣果(25日記述): 乗船したお客様から伺いました。 午後8時に出港して、午前0時までの釣り。 神威岬沖の水深約40mラインで。 ブリは全体で 約54本、大きさは 5kg〜6kgが4本、kg台が50本。 ジグは、ドラッカーハイブリッドタイプX420g赤金で40本が釣れて、その他もドラッカーハイブリッドのタイプ6、タイプ7、タイプ8で釣れたそうです。 竿頭は13本。 潮流れが速かったそうで、船長が船を流しながらの釣りだったそうです。

  真イカ   幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月24日の夜の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 24日の午後5時半に出港して、午前0時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深約150m〜160mで。 真イカは1人あたりで 50パイ〜120パイ、大きさは 20パイ入り〜25ハイ入り〜30パイ入りサイズ(20パイ入りと25ハイ入りサイズが多かった)。 棚は少し深めで、40m前後。 イカ針は、7号のきらきらオッパイ針や、長ヘラ針の仕掛を使っていたそうです。

 真ダラ好釣果!、ヤナギ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 午前7時半に出港して、午後12時半に沖上がり。 沼前沖〜川白沖の水深約120m〜160mで。 真ダラは1人あたりで 13本〜30本、大きさは 1mが5本、あとは約60cm〜80cm超 ヤナギノマイは1人あたり 約20匹〜40匹、大きさは 約30cm〜40cm。  タラシャクリは250号とカムイ1kgで、針にはピンク色や赤色のタコベイトやヤリイカベイトを付けて。胴突仕掛は、白フラッシャーが付いた針に赤フーセンなどが付いたものなど。 エサは 赤イカ、サンマ。 

 ブリのデイ・ジギング 約50本  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 25日の午前4時前に幌武意港から出港して、午前11時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深約50m〜80mで。 ブリは全体で 約50本、大きさは 2kg〜5kg台。 ジグは180g〜200gの色々なもの。 ジグの色は様々な色で釣れたそうです。 

  真イカ、ブリ   美国漁港 第十八漁栄丸(嶋田船長0135−44−2726)7月24日の夜の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 24日の午後7時に出港して、午前2時までの釣り。 無線塔沖の水深約180mラインで。 真イカは1人あたりで 20パイ〜40パイ、大きさは 20パイ入り〜30パイ入りサイズ。 棚は、30m〜20m。 イカ針は、7号のきらきらオッパイ針を使っていたそうです。途中からブリノジギングで全体のブリ釣果が 11本、大きさは 約3kg〜5kg。 船長はジグの重さや名前を知らなかったそうですが、色は赤金やシルバーのものだったそうです。

 真ダラ、ホッケ、ヤナギ  美国漁港 栄 丸(川村船長090−8898−2807)7月25日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に出港して、午後12時30分までの釣り。 カムチャッカ根の水深約130m前後で。 真ダラは1人あたりで 約15本〜25本、大きさは 1mが1本、あとは約50cm〜80cm ヤナギノマイは1人あたり 5匹〜15匹、大きさは 約25cm〜32cm。  ホッケは1人あたりで 15匹〜20匹、大きさは 約30cm〜40cm タラシャクリは、250号の銅パイプとステンレスパイプ。胴突仕掛は、白やピンクのフラッシャーが付いた針の色々なタイプで、エサは 赤イカ。 左の写真は、船長さんからいただきました本日の船上の様子です。

 真イカ   古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)7月24日の夜の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 午後5時に出港して、午前1時までの釣り。 古平沖の水深約500mラインで。 真イカは1人あたりで 20パイ〜100パイ、大きさは 20入りサイズ〜30入りサイズ(30入りサイズがほとんど)。 棚は、40m〜30mとの事。 イカ針は、さかな針18cmの仕掛も釣れたそうですが、6号と7号のきらきらオッパイ針の仕掛が優勢だったそうです。

               **********

 ブリのナイト・ジギング 100本  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)7月23日の夜の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 午後6時半に出港して、午前0時までの。 積丹岬無線塔沖の水深60m〜70mで。 ブリは全体で 約100本、大きさは 6kgが3本、4kg〜5kg台約40本、あとは2kg〜kg。 ジグは色々なもので釣れていたそうです。ジグの色は、赤金が優勢だったそうです。

 真ダラ好釣果!、ヤナギ、ホッケ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月24日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港して、午後1時頃沖上がり。 カムチャッカ根の水深約140m〜160mで。 真ダラは1人あたりで 10本〜23本、大きさは 1mが4本、あとは約60cm〜80cm ヤナギノマイは1人あたり 10匹前後、大きさは 約25cm〜30cm。  ホッケは1人あたりで 15匹前後、大きさは 約30cm〜40cm前 タラシャクリは、250号の銅パイプとステンレスパイプに、ピンク色のタコベイトやヤリイカベイト。胴突仕掛は、いつもの白やピンクのフラッシャーが付いた針のタイプで、エサは 赤イカ。 

 ブリのデイ・ジギング 45本  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月24日の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 24日の午前5時前に幌武意港から少人数で出港して、午後12時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深約50m〜60mで。 ブリは全体で 45本、大きさは 8kg〜9kgが2本、4kg〜6kgが38本、2kg〜3kgが5本。 ジグは140g〜200gの色々なもの。 ジグの色も様々な色で釣れたそうです。 魚影が濃い日だったそうです。イナダも多くいたそうですが、ワラサ以上が多く釣れたので、楽しかったそうです。

 真イカ 順調  小樽港 白龍丸(本間船長090−3390−5423)7月23日の夜の釣果(25日記述): 船長から伺いました。 23日の午後5時に出港して、午前1時沖上がり。 小樽沖の水深約380mから流して〜約460mまで。 真イカは1人あたりで 約120パイ〜210パイ、大きさは 20パイ入りサイズが1割、25はイ入りが約3割、30パイ入りサイズが約6割。 棚は、約20m〜35mの間。 イカ針は、6号きらきらオッパイ針の仕掛が優勢、カグラ付きの針を使った方が数を釣ったそうです。

               **********

  真イカ 好釣果も!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月22日の夜の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 22日の午後5時半に出港して、23日の午前1時前までの釣り。 美国沖の水深約500m〜約600m。 真イカは1人あたりで 60パイ〜280パイ、大きさは 20パイ入り〜25ハイ入り〜30パイ入りサイズ(30パイ入りサイズが多め)。 棚は少し深めで、40m前後。 イカ針は、6号と7号のきらきらオッパイ針や、さかな針18cmの仕掛を使っていたそうです。 

 ブリのデイ・ジギング 30本  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月23日の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に幌武意港から出港して、午前11時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜幌武意沖の水深約50m〜80mで。 ブリは全体で 30本、大きさは 2kg〜5kg台。 ジグは140g〜200gの色々なもの。 ジグの色も様々な色で釣れたそうです。

 真イカ 順当な釣果  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)7月22日の夜の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 22日の午後5時に出港して、午前1時までの釣り。 古平沖の水深約540mラインで。 真イカは1人あたりで 30パイ〜140パイ、大きさは 20入りサイズ〜25入りサイズ〜30入りサイズ(30入りサイズがやや多かった)。 棚は、50m〜30mとの事。 イカ針は、さかな針14cmと18cmの仕掛が優勢だったそうです。

 真イカ 順調  小樽港 白龍丸(本間船長090−3390−5423)7月22日の夜の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 22日の午後5時に出港して、午前1時沖上がり。 小樽沖の水深約380mから流して〜約460mまで。 真イカは1人あたりで 約100パイ〜190パイ、大きさは 25ハイ入りが約1割、30パイ入りサイズが約9割。 棚は、約40m→25m前後→ドンパチ後10m。 イカ針は、6号きらきらオッパイ針の仕掛が優勢、さかな針14cmの仕掛でも釣れたそうです。

               **********

 ブリ ナイト・ジギングで また好釣果!  余別漁港 龍祥丸(飯田船長0135−46−5328)7月21日の夜の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 午後7時に出港して、午後11時半までの釣り。 水無し沖の水深約50mで。 ブリは全体で 93本、大きさは 6kg〜7kgが5本、4kg〜5kg台約3割kg前後約6割。 ジグは、ドラッカーハイブリッドタイプX420g赤金と、ジョーカー420g赤金で釣れていましたと、伺いました。

 ブリ 夜釣りで好釣果!  余別漁港 千鳥丸(山田船長0135−46−5125)7月21日の夜の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 午後6時に出港して、午前0時前までの釣り。 水無し沖の水深約38mで。 ブリは全体で 51本、大きさは 6kg台が約5本、あとは3kg〜5kg台。 イカ餌では釣れない日で、赤金の色々なジグで釣れていたそうです。

 ブリのデイ・ジギング 時化の中26本  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月22日の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 午前5時前に幌武意港から出港して、正午前までの釣り。 幌武意沖の水深約50m〜60mで。 ブリは全体で 26本、大きさは 7kg1本、あとは2kg〜4kg台。 ジグは180g〜200gの色々なもの。 ジグの色も様々な色で釣れたそうです。時化てきたので、探りながらの場所移動が出来なかったそうです。

  真イカ   美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2726)7月21日の夜の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 21日の午後6時に出港して、22日の午前1時までの釣り。 美国沖の水深80m前後で。 真イカは1人あたりで 50パイ前後、大きさは 20パイ入り〜40パイ入りサイズ(30パイ入りサイズが少し多い)。 棚は少し深めで、約60m→50m前後。 イカ針は、6号と7号のきらきらオッパイ針と、さかな針18cm、の仕掛を使っていたそうです。 ブリの来襲が頻繁で、数が釣れなかったそうです。

 真イカ 順当な釣果  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)7月21日の夜の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 21日の午後5時に出港して、午前1時までの釣り。 古平沖の水深約550mラインで。 真イカは1人あたりで 70パイ〜150パイ、大きさは 20入りサイズ〜30入りサイズ(30入りサイズが多かった)。 棚は、50m〜30mとの事。 イカ針は、さかな針14cmと18cmの仕掛を使った人が多かったそうです。

  真イカ   古平港 宝進丸 (依田船長0135−42−3578)7月21日の夜の釣果(22日記述): 船長から伺いました。 21日の午後5時半に出港して、午前0時半までの釣り。 古平沖〜美国沖の水深約400mラインで。 真イカは1人あたりで 50パイ前後、大きさは 20パイ入り〜30パイ入りサイズ。 棚は少し深めで、約40m〜50m。 イカ針は、6号と7号のきらきらオッパイ針と、長ヘラ針、の仕掛を使っていたそうです。 釣れ始めるとブリが来て散らされて、しばらくの間止まり、また釣れ始めると、ブリが来る、この繰り返しだったそうです。

               **********

 ブリ ナイト・ジギングで 連日の好釣果!  余別漁港 龍祥丸(飯田船長0135−46−5328)7月20日の夜の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 午後7時に出港して、午前0時半までの釣り。 水無し沖の水深約40mで。 ブリは全体で 約70本、大きさは 6kg〜7kgが3本、4kg〜5kg台約20本、2kg〜kg台が約50本。 ジグは、ドラッカーハイブリッドタイプX420g赤金で釣れたそうです。

 ブリ ナイト・ジギングで 大釣り!  余別漁港 金比羅丸 (吉田船長0135−46−5122)7月20日の夜の釣果(21日記述): 船長が留守で船長のお父さんから伺いました。 午後7時に出港して、午前2時までの釣り。 水無し沖で。 ブリは全体で 104本、大きさやジグのことなどは、お父さんがまだ聞いてなかったそうです。

 ブリ 夜釣りで好釣果!  余別漁港 和光丸 (能代谷船長0135−46−5402)7月20日の夜の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 午後8時に出港して、午前2時半までの釣り。 水無し沖の水深約42mで。 ブリは全体で 約50本、大きさは 6kg〜7kgが3本、4kg〜5kg台約3割強、2kg〜kg台が約6割強。 買ったイカを使ったエサ釣りの人と、ジギングの人がいたそうです。双方の釣れ具合は、エサ釣りが少し優勢だったそうです。

 ブリのデイ・ジギング 20本  日司漁港 明見丸 (加納船長090−2076−7112)7月21日の釣果(21日記述): 船長から午後2時頃に伺いました。 午前9時に出港して、午後3時までの予定。 積丹岬無線塔沖の水深60m前後で。 ブリは全体で 約20本、大きさは 5kgが1本、あとは3kg〜kg。 ジグはフローのブルピンなど、色々なもので釣れていたそうです。

 ブリのデイ・ジギング 23本  日司漁港 豊進丸 (釜野船長0135−45−6617)7月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港して、午後2時までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深65m前後で。 ブリは全体で 23本、大きさは kg〜kg。 ジグは、120g〜150gの色々なものを使っていたそうです。ジグの色は、赤金系、ピンク系などとの事でした。

 ブリのデイ・ジギング 40本超  美国漁港 仁成丸 (佐藤船長090−8899−1693)7月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に幌武意港から出港して、正午までの釣り。 幌武意沖〜無線塔沖の広い範囲の水深約50m〜60mで。 ブリは全体で 40本超、大きさは 2kg〜5kg弱。 ジグは150g前後の色々なもの。 ジグの色は様々な色で釣れたそうです。

  真イカ   美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2726)7月20日の夜の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 20日の午後6時に出港して、21日の午前1時までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約180mラインで。 真イカは1人あたりで 約30パイ〜80パイ、大きさは 20パイ入り〜30パイ入りサイズ(30パイ入りサイズが多かった)。 棚は少し深めで、60m前後→50m。 イカ針は、6号と7号のきらきらオッパイ針の仕掛を使っていたそうです。 

 真イカ   古平港  (依田船長0135−42−3578)7月20日の夜の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 20日の午後5時半に出港して、午前1時までの釣り。 古平沖の水深約500mラインで。 真イカは1人あたりで 40パイ〜80パイ、大きさは 20入りサイズ〜40入りサイズ(30入りサイズが多かった)。 棚は、約50m前後→40m〜30m。 イカ針は、6号と7号のきらきらオッパイ針の仕掛を使っていた人が数を多く釣ったそうですが、さかな針18cmを使って釣っていた人もいたそうです。

 真イカ   古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)7月20日の夜の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 20日の午後5時半に出港して、午前1時までの釣り。 古平沖の水深約550mラインで。 真イカは1人あたりで 60パイ〜130パイ、大きさは 25入りサイズ〜30入りサイズ。 棚は、約50m前後と深かったそうです。 イカ針は、6号と7号のきらきらオッパイ針の仕掛を使っていた人が数を多く釣ったそうですが、さかな針14cmを使って釣っていた人もいたそうです。

               **********

 ブリ ナイト・ジギングで 大釣り!  余別漁港 龍祥丸(飯田船長0135−46−5328)7月19日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 午後7時に出港して、午後11時半までの釣り。 水無し沖の水深約45mで。 ブリは全体で 127本、大きさは 約7kg〜8kgが3本、5kg〜6kg台3割、2kg〜kg台が約7割弱。 ジグは、ジョーカー420gの赤金と、ドラッカーハイブリッドタイプX420g金魚で数が釣れたそうです。

 ブリ 夜釣りで 数釣り!  日司漁港 明見丸(加納船長090−2076−7112)7月19日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 午後7時半に出港して、午前0時半までの釣り。 積丹岬無線塔沖の水深約45m〜58mで。 ブリは全体で 61本、大きさは 4kg〜6kg台約20本、あとは2kg〜kg台。 ジグは、ドラッカーハイブリッドタイプX420g赤金と、ジョーカー420gのクリアオレンジと、ヤバイジグのグリーンなどで釣れたと伺いました。 釣ったイカを使ったエサ釣りで、4本が釣れたそうです。

  真イカ 好釣果!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月19日の夜の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 19日の午後5時半に出港して、20日の午前0時半までの釣り。 神威岬沖の水深約500mから船を流して、終わったときは約600m。 真イカは1人あたりで 約150パイ〜250パイ、大きさは 20パイ入りサイズが約2割、25ハイ入りサイズが約3割、30パイ入りサイズが約5割。 棚は少し深めで、40m前後→30m〜20m。 イカ針は、6号と7号のきらきらオッパイ針の仕掛を使っていたそうです。 手釣り人達が数では優勢で、竿を使った人は数は釣れなかったそうです。 ブリの群れが来ると釣れなくなり、しばらくしてまた釣れ始め、良いかなと思えばまたブリが来て乗らなくなる、これを繰り返したそうです。

 真ダラ好釣果!、ヤナギ、ホッケ  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)7月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 午前7時に出港して、午後12時半頃沖上がり。 カムチャッカ根の水深約150m〜160mで。 真ダラは1人あたりで 8本〜15本、大きさは 1mが4本、約60cm〜80cm ヤナギノマイは1人あたり 約5匹〜15匹、大きさは 約28cm〜36cm。  ホッケは1人あたりで 3匹〜7匹、大きさは 40cm前後 前半はタラシャクリだけで真ダラを釣り、後半は胴突仕掛でヤナギとホッケを狙ったそうです。胴突仕掛は、いつもの白フラッシャーが付いた針の胴突仕掛で、エサは 赤イカ、サンマ。 

 ブリのデイ・ジギング 96本!  美国漁港 仁成丸(佐藤船長090−8899−1693)7月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に幌武意港から出港して、午前11時半までの釣り。 幌武意沖〜無線塔沖の広い範囲の水深約50m〜60mで。 ブリは全体で 96本、大きさは 5kg〜6kg台が3本、あとは2kg〜kg。 ジグは180g〜200gの色々なもの。 ジグの色も様々な色で釣れたそうです。

 真イカ 好釣果!  美国漁港 栄 丸(川村船長090−8898−2807)7月19日の夜の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 午後6時に出港して、午前0時半までの釣り。 美国沖の水深約600mから流して、約500mまで。 真イカは1人あたりで 約150パイ〜250パイ、大きさは 25入りサイズが2割、30入りサイズが約7割、40入りサイズが約1割。 棚は40m前後がほとんど。 イカ針は、6号きらきらオッパイ針の仕掛を使っていたそうです。 左の写真は、川村船長さんから送っていただいた携帯画像です。

 

 

 

 真ダラ 数釣りも!  美国漁港 栄 丸(川村船長090−8898−2807)7月20日の釣果(20日記述): 船長から伺いました。 午前4時半に出港して、午後12時30分までの釣り。 カムチャッカ根の水深約100m〜120mで。 真ダラは1人あたりで 約20本〜40本、大きさは 約50cm〜80cmですが、70cm前後多かったそうです。 使ったのはタラシャクリで、銅パイプやステンレスパイプ製の250号に、ピンク色のタコベイトかヤリイカベイトを付けていたそうです。 潮流れが速めで、胴突仕掛をほとんど使わなかったので、ホッケとヤナギノマイは、ほとんど釣れなかったそうです。 左の写真も船長さんが送ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 
     投 げ 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

 釣り会成績: カルデラFC 小樽市銀鱗会 左のボタンからご覧下さい。

◆ 真ガレイ  古平港   5月15日の釣果(16日記述): 釣ってきた古平在住のお客様から16日に伺いました。 外防波堤の基部に近いあたりから、テトラ越しで外海側へ投げて、午後1時頃から午後5時頃まで2人で釣ってきたそうです。 釣果は  真ガレイを2人で 10枚、大きさは 約20cm〜30cm 中投げの釣り。 エサはイソメ。

◆ 黒ガシラ 6枚  古平港   5月12日の釣果(12日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 古平港の2本ある内防波堤のうちの内側の防波堤の先端より少し手前で、午前7時頃から午後1時頃まで釣ってきたそうです。 釣果は  黒ガシラの 35cm〜39cmを 6枚 友達2人で並んで釣ったそうですが、なんと、1人が6枚を釣り、もう1人は0枚に終わったそうです。 (そりゃあ、参りましたね。) エサは、塩イソメ。 遠投の釣りでは無かったそうです。

◆ ホッケ、真ガレイ  余市港   4月27日の釣果(27日記述): 午前8時半過ぎに余市港の中防波堤を見てきました。 中防波堤全体で4人の人達が釣りをしていました。 釣果は ホッケを1人あたりで 0匹〜2匹、大きさは 30cm前後  真ガレイは1人あたり 0枚〜4枚、大きさは約20cm〜22cmでした。 エサは、イソメで、コマセを入れたカゴを使っていました。 

◆ ハチガラ、ホッケ  せたな町 大成区   4月25日夜の釣果(26日記述): 参加している釣り会の大会で、宮野海岸で釣ってきた小樽市のお客様から伺いました。 このお客様が、30cmのハチガラを釣って優勝したそうです。 全員がホッケをたくさん釣ったそうです。 真ガレイや黒ガシラの良型を釣った方達もいたそうです。夜明けまで風は強くなく、釣りは問題なく出来たそうですが、日が昇るにつれ風が強く吹いてきたそうです。

◆ 黒ガシラ良型、砂ガレイ  古平港   4月25日の釣果(25日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 古平港の2本ある内防波堤のうちの外側の防波堤の先端で、午前6時頃から午前11時頃まで釣ってきたそうです。 釣果は  黒ガシラ40cmをと、35cmを1枚ずつ。 砂ガレイ20cm〜25cmを6枚。 エサは、塩イソメ。 150m近い遠投をしたそうです。 同じ場所で夜明け前から釣っていた人が、砂ガレイ、真ガレイの数釣りをして帰って行ったあとに入ったそうです。

◆ ホッケ、真ガレイ良型も、黒ガシラ  余市港   4月23日の釣果(23日記述): 午前8時半過ぎに余市港の中防波堤を見てきました。 中防波堤全体で4人の人達が釣りをしていました。 釣果は ホッケを1人あたりで 1匹〜5匹、大きさは 約25cm〜33cm  真ガレイは1人あたり 0枚〜2枚、大きさは約20cm〜25cmでした。 黒ガシラ約32cmを1枚釣っていた人がいました。 エサは、イソメで、コマセを入れたカゴを使っていました。  その帰りに、製氷工場の先の右の角で、投げ釣りをしている方がいたので見に行ったら、その方が、真ガレイ約31cmを1枚釣っていて、驚きました。

◆ ホッケ、真ガレイ  余市港   4月20日の釣果(20日記述): 午前8時半過ぎに余市港の中防波堤まで行って来ました。 中防波堤全体で10人ぐらいの人達が釣りをしていました。 釣果は ホッケを1人あたりで 0匹〜5匹、大きさは 約25cm〜30cm  真ガレイは1人あたり 0枚〜2枚、大きさは約18cm〜23cmでした。 エサは、イソメで、コマセを入れたカゴを使っていました。 

     防波堤・港内の釣り  ・このページのトップへ戻る

◆ チ カ  古平港   7月12日の釣果(13日記述): 古平町にお住まいのお客様から、お話しを伺いました。 漁協生産部直売所の下で、チカ釣りをしたそうで、1人で合わせて約50匹超を釣ったそうです。 大きさは約10cm〜15cm。 仕掛はスピードサビキで、エサはオキアミだったそうです。

◆ ホッケ   岩内港   5月28日の釣果(29日記述): 28日に岩内港の旧フェリー埠頭で釣れましたよ、とおっしゃる余市町在住のお客様から伺いました。。 旧フェリー埠頭で午前4時頃から釣り始めたそうです。 投げ釣り仕掛にコマセカゴを付けて、カゴに入れるコマセはオキアミ主体ですが、独自の工夫でニンニクやその他の隠し味を入れたそうです。 釣果は ホッケを1人で 20匹、大きさは 30cm〜35cm ホッケの大きさも大きめですが、太さもあり良いホッケだったそうです。 食わせエサは当店で買った塩イソメ。 周りでほとんど釣れない中で、自分だけが釣れたのは、コマセの工夫もあると思うが、塩イソメも良かった気がすると、塩イソメの大パックを買って行かれました。

◆ ヤリイカ、豆イカ  盃カブト漁港   4月13日〜14日の釣果(14日記述): 釣ってきた余市町のお客様から伺いました。 13日の夕方から釣り始めたそうですが、間もなく釣れ始めて、日が暮れたら止まったそうです。 夜中はサッパリ釣れず、夜が明けてからまた釣れだしたそうです。 エサに鶏ササミ肉を使ったテーラーを使ったウキ釣りで。 ヤリイカの釣果はこのお客様1人で12ハイを釣ったそうです。大きさは、胴長で約18cm〜27cm との事。 ヤリイカに混じって豆イカ5ハイ、大きさは胴長で約10cm〜13cmとの事でした。 このお客様は、盃カブト漁港の西防波堤の先端よりも中程よりで釣ったそうですが、釣り人は多く混みあっていたそうです。

     ルアーフィッシング  ・このページのトップへ戻る
No.1 No.2 No.3

バーサスのカラーチャートの一部です、オーダーの際の参考にどうぞ

バーサスをプロデュースした佐藤淳一さんが、さらに進化したジグミノーを開発しました。 下の写真の乱舞(らんぶ)90は、初代バーサス並みの派手なアクションでターゲットの測線を刺激し、またそのリアルなボディは、ターゲットの視覚に強烈にアピールします!。 フォールさせれば、ひらひら揺れながらも姿勢は水平を保ち続けます。 基本はただ巻きでターゲットに食らいつかせますが、ロッドワークにより平打ち、ダートも可能です。 サイズは全長90ミリ(アイを含まず)、重さが32g(標準)。 カラーは、上から 赤金、ピンクバック、ブルピン、マイワシ、ニシン、カタクチ、オオナゴ、サケ稚魚。 価格は1ケ¥3,240です。 どうぞよろしくお願いいたします。

               **************

◆ ヒラメ  余市港  7月24日の釣果 25日記述: 余市町在住のお客様が、午前4時前に南防波堤の上の1人の釣り人の、竿が曲がって何かの魚を掛けているのが見えて見に行ったそうです。 その釣り人さんが、3枚目のヒラメを釣り、タモで上げるところだったそうです。 ヒラメを見せてもらったら、40cm〜45cmぐらいが3枚だったそうです。 何かのジグが竿に付いていたそうです。

◆ ワラサ・イナダ狙い  小樽港  7月23日記述: 釣りの帰りの小樽市のお客様から伺いました。 午前4時半頃から、南防波堤でジグやジグミノーをキャストしていたら、沖方向のあまり遠くないところにイナダクラスと思われるモジリが見え始めて、しばらく続いたそうです。 ジグをキャストしたそうです。モジリを越してもっと沖側にジグが着水して、ジグがモジリの中を通ってきているのに、イナダはヒットしなかったそうです。 ルアーを色々揃えて、再度挑戦します、とのお話しでした。

◆ ワームで磯ロック  古平町  7月22日記述: 釣りの帰りのお客様から伺いました。 古平町内の某ゴロタ場〜岩場で、午前10時頃から釣り開始。 ポツポツとまずまずのペースで釣れたそうです。 だんだん潮が引き始めて、正午過ぎに食いが止まったそうです。(22日は午後1時に干潮の日)  釣果は、50cm前後のアブラコが2匹。 35〜40cmのアブラコが5匹。 35cmの黒ゾイが1匹だったそうです。 ワームは3.2インチと4インチのガルプ!パルスワーム。 ワームの色は、雨が結構降った後で川からの白っぽい濁りが入っていたせいか、白系よりも赤系の反応が良かったそうです。

◆ ブリ 狙い  泊村  7月19日記述: 釣りの帰りのお客様から伺いました。 弁天島に夜明け前から釣りに入ったそうです。 全部で4人が釣りに来ていたそうです。午前4時前から午前5時半頃までに全体で 4本 が釣れたそうですが、午前7時過ぎに最後の1本が釣れて止まったそうです。 午前4時から午前5時過ぎまでの時間帯が魚の食い気があって、釣れたほかにバラシも数本あったそうです。 1人で3本を釣った人がいて、大きさは 約1kg超〜3kg超 ぐらいに見えたそうです。 全員がジグを使っていたと思いますとの事。 ジグの色は、チャート系、ピンク系など。  また別なお客様が、西積丹側の某所で、100gのピンク系のジグをキャストして、イナダ(尾叉長で60cm弱)を1匹釣ってきたとのことでした。 帰りかけにナブラが遠めに出来て、

◆ ヒラメ 大物!  豊浦町  6月14日の釣果(14日記述): 左の写真は、札幌市北区の 田中 英志 さんが、14日の午前5時と午前5時半頃に釣ったヒラメの大物です。 当店で14日の午前10時40分頃に計りましたら、向かって右が71.5cm、4.05kg 、向かって左が62.0cm 2.3kg でした。 向かって右の魚で、当店ヒラメダービーの第2位に入ってきました。 田中さんは大岸漁港の少し右の岩場で釣ってきたとのことでした。 もう一枚(3枚目)は、40cmでした。ルアーは、ジグで サミーズMSP35gのピンクパールで釣ったそうです。 良い釣りをしましたね!。

◆ ブリ 狙い 寿都町 弁慶岬 7月12日記述: 釣りの帰りのお客様から伺いました。 午後3時過ぎから午後4時過ぎの間に、イナダが3匹釣れたそうです。 ブリ、ワラサを狙いに来ている人達ばかりですから、全体で1本だけでもワラサクラスを見たかったです、とのお話しでした。 (良型も混じって泳いでいるはずなんですが、なかなか食ってこないようです、船でも。)

◆ ヒラメ、ブリ 狙い  7月10日記述: 最近お客様方から釣りの帰りに伺いますのは、ヒラメは釣れたけど、『キープサイズがない。』とのことです。 1人あたり1〜2枚(もしくは3枚以上)釣ってくる方は多いですが、『そげだけでした。』とおっしゃる方が多いです。   また、ショアブリを狙って積丹一帯や弁慶などへ通っている方達から10日に伺いましたら、最近はイナダクラスばかりですし、カタクチイワシがいっぱいいるせいか、食いが悪くバラシが多いです、とおっしゃってました。

◆ ワームでアブラコ 連発  積丹町  6月23日の釣果(23日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 午前8時頃に、厚苫岬の古平側の岩場に入ったそうです。 間もなく良いペースでアブラコが釣れて、約2時間近く続いたそうです。 少しずつ移動しながら釣ったら、50cmを超える魚が2匹、40cm〜48cmが約13匹、40cm未満が3匹釣れて、思わぬ好釣果に驚いていました。 使ったワームは、ガルプパルスワーム3.2インチのホワイトと、4インチのCGBFO、グラスミノーMのチカチカ室蘭との事でした。 シンカーは10gと14gで、フックは#1/0と#2/0を使ったと伺いました。

◆ ヒラメ  泊村  6月15日の釣果(16日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 15日(月曜日)の夕方に、兜千畳敷で、約45cmのヒラメを釣りましたとの情報をいただきました。 ルアーは、ジグのガン吉40gで、カラーはチャートバックとの事でした。

◆ サクラマス 1人で3本!  余市町  6月15日の釣果(15日記述): 左の写真は、札幌市西区の 戸井 信幸 さんが、シリパ岬の海岸で釣ったサクラマス3本です。当店で午前9時20分頃に計測しましたが、56.5cm2.10kg 51.0cm2.0kg 50.0cm1.9kg でした。 使ったルアーは3本共に、戸井さんお気に入りの、バーサス80シェルのサケ稚魚カラー とのことでした。午前3時半頃に釣り始め、釣れた時刻は、午前4時30分、4時50分、6時頃とのこと。 沖の遠めで跳ねが多かったそうで、バーサスなら楽勝で届いたそうです。 午前6時30分頃に1匹バラシタ後は止まってしまったそうです。 今シーズンは釣果がイマイチでしたので、当店のダービー最終日に賭けたそうです。第9位に食い込みました。

◆ サクラマス  積丹町  6月13日の釣果(13日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 夜明けから西積丹側で釣ってみたそうですが釣れず。 何カ所か場所を変えながら釣ってきて、午前8時過ぎに、浜西河の民宿北都前に入ったそうです。 午前9時頃に1本釣れたそうで、当店に来店された午前11時半過ぎに計測しましたら、47.0cm1.7kg でした。 釣ったルアーは、赤金のジグ30gだったそうです。

◆ ヒラメ 超大物!  岩内港  6月11日の釣果(12日記述): 左の写真は、札幌市北区の 多田 誠 さんが、11日の午後8時頃に釣ったヒラメです。 当店で12日の午前7時50分頃に計りましたら、 93.5cm、9.45kg でした。 またしても、旧フェリー埠頭で釣れたそうです。 使っていたのはこちらもワームで、エコギアBTSのイワシカラーを使用していたとの事でした。 当然タモ入れは、ご友人のヘルプだったそうです。もし単独釣行で側に誰もいないときにこんなサイズが食ってきたら・・・って考えたらぞっとしますね(取り越し苦労ですが)。 もちろん、当店ヒラメダービーのトップに出ました。 それにしても、デカイ!

◆ サクラマス→磯ロック  積丹町  6月11日の釣果(11日記述): 民宿北都さんよりも少し来岸寄りのゴロタ場で、11日の朝イチに小さめのサクラマスをバラシタ方が帰りに当店に寄ってくださって、お話しをいただきました。 早朝に沖の方で、良型のサクラマスが跳ねていたそうです。 その後午後から、幌内府川河口の右の岩場や堤防からワームをキャストして、アブラコやガヤが入れ食いになった時間帯があったそうです。午後2時半頃になったらピッタリと止まったそうです。

◆ ヒラメ 良型  岩内港  6月11日の釣果(11日記述): 左の写真は、余市町の 北川 潤 さんが、11日の午前3時半頃に釣ったヒラメです。 当店で11日の午前8時過ぎに計りましたら、 66.0cm、3.9kg でした。 旧フェリー埠頭の明和前で、底に近い所でヒットしたそうです。 使っていたのはワームで、ガルプパルスワーム4インチのカラーはCGBFOとのことで、ムゲンジグヘッドの10gを使用との事でした。 開催日を早めた当店のヒラメダービー2015の、第1号登録魚になりました。

◆ サクラマス ミノーで3本  積丹町  6月10日の釣果(11日記述): 10日に、釣りの帰りのお客様から伺いました。 浜西河の民宿北都さんの前の砂浜で、10日の早朝からご友人と2人で釣ってきたそうです。 午前6時頃から午前8時頃までの間に、ご本人とご友人が1本ずつ釣り、少し離れたところで釣っていた、一人で釣りに来ていた方も1本釣ったそうです(西河の海岸で10日の午前中に合計3本)。 大きさは3本共に 50cm前後だったそうです。 3人ともミノーで釣ったのは確認できたそうです。 ご本人が釣ったのは、ショアラインシャイナーZ140LD-Sの、ヒットグリーンだったそうです。

◆ サクラマス   古平町  6月9日の釣果(9日記述): 釣りの帰りの余市町のお客様から伺いました。 沖村川の河口に午前4時半過ぎに入釣。 午前5時頃に、約46.0cmのサクラマスを1匹釣ったそうです。 ルアーは、岡ジグLT30のブラックシェルでしたと伺いました。

◆ サクラマス  まだ釣れてます!  積丹町、古平町  6月7日の釣果(7日記述): @午前9時45分頃に来店された3人組のお客様方で、3人のうち2人が釣れましたとのことで、当店ですぐに計測しましたら、54.0cm2.30kg と 52.5cm2.2kg ありました。 釣った場所は、古平町の某海岸の余市寄りとのことでした。 A午前11時半頃に来店されたお客様から伺いましたが、積丹町の野塚海岸の駐車場下で、他の人達が釣ったのを見てきましたと、苦笑してました。 1匹目は午前8時頃で、ご自分が移動しようと車に戻った時だったそうです。 2匹目は、別な場所から戻ってきて、再び野塚の駐車場に入ったときの午前10時頃に、また別の人が釣るのを見たそうです。午前8時に見た魚が結構な大きさだったと、伺いました。

◆ サクラマス 3人揃って!  積丹町 美国  6月3日の釣果(4日記述): 左の写真は、仲良し3人組が3人ともに1本ずつサクラマスを釣って、『ほんとうに良かったでーす、めでたし、めでたし!最高!』の、記念撮影でした。 皆さんお住まいは小樽市で、向かって左から 上家和幸さん56.5cm2.75kg。真ん中が 中村さん54.0cm2.3kg。 右が木戸隆行さん57.5cm2.95kgです。釣った場所は、積丹町美国の厚苫海岸の磯場。 午前4時頃から午前5時頃までの間に釣れたそうです。 左の上家さんは当店のサクラマス・ダービーにご参加いただいておりまして、この日の魚で自己の記録を更新されました。 釣ったルアーは、コンタクトイーノのピンク、ショアラインシャイナーSL14DT(LDS-G)、コンタクトイーノのウィークブラウンでした。 魚影がけして濃いとは言えないシーズンでありながら、なおかつゲット率が落ちてくるシーズン終盤に、しかも三人揃ってサクラマスを釣ることが出来たなんて。 よく考えてみたら、結構凄いことかもしれませんよ。 いや〜、本当に良かったですね!!

◆ ショアイナダ  寿都町  6月2日の釣果(2日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 弁慶岬駐車場下の右側で、午前4時過ぎに、イナダが 1本 釣れたそうです。 大きさは 約62cm ぐらいとの事でした。 魚体は細かったそうです。 ルアーは、ジグのダント50gの赤金だったと伺いました。 西〜南西の風が強く(左側からの風)、釣りが出来る場所が限られたそうです。釣り人は全部で6人だったそうで、他には釣れていなかったと思います、とのお話しでした。

◆ サクラマス2本  積丹町  6月1日の釣果(1日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 幌武意漁港の東防波堤の中程のテトラの上で、夜明け前から釣ってきたそうですが、サクラマスらしきアタリが3回もあったそうですが、針掛かりしなかったそうです。 防波堤の外側のゴロタ場で、午前4時30分から午前5時までの間に、サクラマスが 2本 釣れたのが見えたそうです。 大きさは 約50cmと約40cm ぐらいに見えたそうです。 ルアーは何か見えなかったそうですが、小さなシルエットの物だったそうです。

◆ サクラマス  積丹町  5月31日の釣果(31日記述): 左の写真は、共和町の 森 真愛玖 さんが、午前4時頃に、来岸の岩場で釣ったサクラマスです。 当店で午前10時頃に計測しましたら、尾叉長で 53.0cm、2.05kg でした。 ルアーは、ショアラインシャイナーSLZ120F(HKSP)の、グリーンバック・ゴールドで釣ったそうです。 今回はお父さんと一緒の釣行だったそうです。 お父さんは24日に1人でサクラマスを3匹を釣った方で、その時と同じ場所に連れて行ってもらったそうです。 息子さんがこの魚よりも大きいサクラマスをバラしたそうで、お父さんの方がより残念がっていました。

 

◆ サクラマス  小樽市、積丹町  5月30日の釣果(30日記述):  @左の写真は、当店に立ち寄っていただいた後に、塩谷川河口の左側海岸にサクラマスのモジリを見つけたお客様が、午前10時頃に釣ったサクラマスの写真を送ってくださいました。 大きさは50cm弱 とのことでした。 ルアーは写真に写っている、乱舞90ホロのサケ稚魚カラーだったそうです。これを釣った後にもう1回アタリが来たそうですが、針掛かりしなかったそうです。 A釣りの帰りの別のお客様から伺いました。積丹町の浜西河海岸で釣ってきたそうで、ご自身は釣れなかったそうですが、釣った人を見てきたそうです。 浜西河海岸の砂浜の、民宿北都さんの前で、午前6時頃に 約50cm(ぐらいに見えた)のサクラマスを1本釣った人がいたそうです。 少し離れた場所にいたそうで、ルアーや正確な大きさはわからなかったそうです。

◆ 磯ロック  積丹町、余市町  5月29日の釣果(29日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 早朝からワームを使って、磯や岩場を探ってきた人達の中で、アブラコ40cm超、カジカ35cm超、黒ゾイ30cm超、真ゾイ25cm超、ガヤ約20cm、ヒラメ50cmなど結構良いサイズを釣ってきた人達がいました。 15cm〜20cmのガヤも結構な数で釣れたそうです。 釣った真ゾイと黒ゾイの腹の中に、中型の豆イカが入っていましたと、教えてくれた方もいました。 

◆ サクラマス  古平町  5月28日の釣果(29日記述): 古平町在住のお客様から29日に伺いました。 古平川河口の右側の海岸で、28日の空が少し青くなってきた頃に(夜明け前)サクラマスを 1本 釣った人がいたそうです。 釣れたルアーは、バーサスのピンクだったとも伺いました。 『29日の朝は釣れませんでした。』とのお話しでした。

◆ ワームで真ゾイ・黒ゾイ  余市港  5月28日の夜の釣果(29日記述): 昨晩釣ってきた方から伺いました。 余市港の中防波堤で、午後7時半頃から釣り始めて、中防を移動しながら午後9時まで釣ったそうです。で、黒ゾイ20cm〜25cmを3匹、真ゾイ27cm1匹、ガヤの15cm前後を6匹、との事でした。使ったワームは、グラスミノーMのチカチカ室蘭、ロックンベイト2インチのピンクで、シンカーは5gを使ったそうです。

◆ サクラマス  積丹町、古平町  5月26日の釣果(26日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 @沖村川河口のず〜っと右側に離れた海岸(セタカムイの右の岩場)で、午前4時前に、1人でサクラマスを 2本 釣って、1本バラシたそうです。 釣った2本は当店で午前9時半頃に計測しましたら、大きいほうが54cm、2.3kg でした。小さい方は1kg未満でした。 ルアーは、モアザンジプシー82Sのピンクサケ稚魚で釣ったそうです。 セタカムイで食いが止まった後、 A美国町の小泊海岸で釣ってみたそうですが釣れなかったそうです。 小泊海岸のログハウス下で釣っていた方からお話を聞いたら、やはり朝早くに 50cm弱のサクラマスを1本釣ったとのことだったそうです。

◆ サクラマス  積丹町、余市町  5月24日と25日の釣果(25日記述): @余別川河口の右側海岸(規制の標柱よりも約100mほど外側=来岸の岩場)で、24日の午前5時頃から午前9時頃までの間に、1人でサクラマスを 3本 を釣ったそうです。大きさは約45cm〜50cm との事。 ルアーは、魚道110MDのマコイワシと、シーミッション35gのサケ稚魚カラーを使ったそうです。 また、別のお客様から伺いましたが、 A余市町の 登川河口の右側海岸で、25日の午前5時30分頃に、サクラマスを 1本 を釣ったそうです。大きさは 約50cm だったそうです。ルアーは、28gの安いジグで、カラーはピンクバックだったと伺いました。 このお客様は今日のこの1本が、登川の河口右海岸で、今シーズンの 4本目ですと、おっしゃってました。

◆ ヒラメ大物!  岩内港  5月23日の釣果(24日記述): 左の写真は、札幌市西区の 築山 純一郎 さんが、23日の午後7時半頃に釣ったヒラメの大物です。 当店で24日の午前5時過ぎに計りましたら、 89.0cm、9.6kg もありました。釣ってから10時間近く経っていますので、この大きさですと2cm前後は縮んでいると推測出来ますので、釣り上げた直後は確実に90cm越えだったと思われます。 築山さんはタモを持参していなかったそうで、近くにいた釣り人の皆さんが3人がかりでタモ入れしてくださったそうです。 場所は、岩内港内の東外防波堤の港内側で、最初の左側に折れている角だったそうです。 ルアーはジグで、ジオピック45gのピンクバックとのことでした。昨年も当店のヒラメダービーが始まる前の6月の頭に大物ヒラメが釣れましたので、今年は前倒しして、6月1日からヒラメダービーを開始しようかと計画していましたが、さらに早くに大物が釣れちゃいましたね。

◆ サクラマス狙い  積丹町、古平町  5月23日の釣果(23日記述): 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 積丹川河口のず〜っと右の平盤で、午前8時頃に外道でアメマスの70cm弱が釣れてリリースしたそうです。魚体は、かなり太さもあったそうです。 ルアーは、岡ジグLT-30のマジョーラグリーンとのこと。 古平川河口の右海岸で、早朝にサクラマスが食ってきたそうですが、間もなくバラシましたと、残念がっていたお客様もいらっしゃいました。

◆ サクラマス狙いでヒラメ  寿都町  5月22日の釣果(22日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 寿都町弁慶茶屋の右の軍艦岩で、午前5時頃に外道のヒラメが釣れたそうです。大きさは、約50cmとのお話しで、ルアーはサーフトリップ40gぼピンクを使っていたときだったそうです。 本命のサクラマスは気配がなかったとのお話しでした。 また、35cm前後のホッケが5本釣れたそうです。

◆ サクラマス2本  古平町  5月20日の釣果(21日記述): 古平川河口の右側海岸で、午前6時過ぎに釣ったお客様と、午前7時頃に釣ったお客様が、それぞれ釣りの帰りに寄っていただきまして、大きさを計らせていただきました。 午前6時過ぎに釣れた魚は、 尾叉長で 50cm、1.85kg でした。 ルアーは、KJー11の赤金で釣ったそうです。 人生初のサクラマスですと、喜んでました。 午前7時頃に、小樽市銭函の 下山さんが釣った魚は、 尾叉長 55cm、2.95kg でした。 下山さんは自己記録の更新にはなりませんでしたが、またまた良い魚を釣りましたね! 下山さんは今シーズンも、数をかなり釣っているようです。 ルアーは、やはり自作のエゾアワビ貝貼りのジグミノーでした。

◆ サクラマス  積丹町  5月19日の釣果(19日記述): @左の写真は、小樽市入船の 土岐 健太 さんが、午前6時過ぎに、浜西河の民宿北都さんの少し右側の砂浜で釣ったサクラマスです。 当店で午前9時20分頃に計測しましたら、尾叉長で 51.0cm、1.8kg でした。 ルアーは、コンタクトイーノ129(30g)のグリーンピンクカラーだったそうです。  土岐さんが帰り道に幌武意漁港に寄ってみたら、A幌武意漁港の東防波堤の中程のテトラの上から、ちょうど帰ろうとしている方が1人いて、その方がサクラマスを1匹手に提げていたそうです。  B釣りの帰りに伺いました。 古平川河口の右側の海岸で、午前8時過ぎに、1匹釣り上げたのを見てきましたとの事でした。 50cmあるかなしかのサイズのように見えたそうです。

◆ サクラマス  積丹町  5月18日の釣果(18日記述): 左の写真は、札幌市東区の 畑 智幸 さんが午前5時頃に釣ったサクラマスです。釣った場所は、浜西河の海岸で、民宿北都さんの前浜の少し左側。 ルアーは、岡ジグLT35の赤金だったそうです。 当店で午後1時過ぎに計測しましたら、尾叉長で 50.0cm、血抜き後1.8kg でした。 畑さんは毎春、結構サクラマス釣行に力を入れており、数も結構釣りますが、今シーズンは仕事が忙しかった上に、自分が釣りに行ける日には時化ることが多くて、全然釣りに行けてなかったそうです。 小さくて恥ずかしいですが、今季初のサクラマスは嬉しかったと、話してました。 (畑さんよかったですね、今シーズンは、まだ釣れてない方も少なくありませんよ。)

               *************

◆ サクラマス  古平町  5月10日の釣果(10日記述): 左の写真は、小樽市高島の 清野 一樹 さんが午前4時半頃に釣ったサクラマスです。 当店で午前8時ごろに計測しましたら、尾叉長で 55.0cm、2.75kg でした。 釣った場所は、古平川河口の右海岸。 ルアーは、ウインドリップ95Sの、赤金だったそうです。 当店のサクラマスダービーにご参加をいただいておりまして、第6位に入ってきました。 清野さんはサクラマスを釣ったのは初めてとのことで、大変喜んでらっしゃいました。

◆ サクラマス  積丹町  5月9日の釣果(9日記述): 釣りの帰りに来店されたお客様方から伺いました。 @又聞きの間接情報で恐れ入りますが、 幌武意漁港の東防波堤の中程のテトラの上から、午前7時頃に 1本 を釣りましたとおっしゃる方から、お話を聞いてきたそうです。 大きさは 約64cm だったとおしゃっていたそうです。 A釣って来たお客様方から伺いました。 積丹川河口の右にある平磯の右側で、午前7時頃に、約45cmのサクラマスを1匹釣ったそうです。 ルアーは、以前あったジグミノーの、RJミノー28gの赤金、だったそうです。

◆ サクラマス  積丹町美国と古平町  5月8日の釣果(8日記述): @左の写真は、札幌市中央区の 山本 太永 さんが午前5時半頃に釣ったサクラマスです。 当店で午前10時過ぎに計測しましたら、尾叉長で 57.0cm、2.90kg でした。 釣った場所は、美国町厚苫の出崎になっている下の岩場。 ルアーは、リザルトのグリーンバックとのこと。 当店サクラマスダービーの第3位に入ってきました。 今シーズンのサクラマス、積丹半島は順調な感じですね!。   Aまた、午後12時半頃に来店された別のお客様から伺いましたが、古平川河口の左側海岸で、釣り人がほとんどいなくなった午前10時半になってから、約50cmのサクラマスが1本釣れたとのことでした。 ルアーは、岡ジグ未−30のブラックラメで釣ったと伺いました。

◆ サクラマス  岩内町  5月7日の釣果(7日記述): 左の写真は、札幌市東区の 高橋 利幸 さんが釣ったサクラマスです。 当店で午前11時35分に計測しましたら、尾叉長で 51.0cm、2.05kg でした。 場所は、岩内港東外防波堤の基部の外海側。 ルアーは、モアザンX-ロール148Fのイワシカラーだったそうです。 強風と濁りの中で釣れたのはラッキーでしたとおっしゃってました。 当店サクラマス・ダービーの第7位に着けました。

 

               **********

◆ サクラマス 釣れてます!大物も  島牧村、積丹町  5月6日の釣果(6日記述): 釣りの帰りに来店されたお客様方から伺いました。 @左の写真は、札幌市西区の 稲沢 明 さんが釣った大物サクラマスです。 当店で午前8時20分に計測しましたら、尾叉長で 63.0cm、4.1kg もありました。今シーズンはまだ良型がショアでは釣れておりませんし、船釣りではシーズン終了の感が強くなっておりますので、稲沢さんだけでなく私達釣り人にとっても、元気が出てくる1尾になりました。とても嬉しいです。稲沢さんは当店ダービーには毎年参加してくださっておりまして、当然この魚でトップに出ました。 釣った場所は、島牧村の永豊漁港の外防波堤のテトラの上。 釣った時刻は午前5時半頃とのこと。 風が強く吹いていたのと、タモを持参してなかったそうで、手でランディングするのが大変だったそうです。ルアーは、ショアラインシャイナーSL17Fのサケ稚魚ブルーだったそうです。 (良い板マスですね〜。) A幌武意漁港の東防波堤のテトラの上と、ゴロタ場の両方で6日は釣れたそうです。 午前8時半頃までの釣果ですが、合計で 5本か6本 ではないでしょうか?とのお話しを伺いました。

               **************

<下の8枚の画像は、バーサスの作者が最近リリースした、ニュータイプ ハンドメイド・ジグミノーの ”Diva (ディーヴァ)”です。 カラー設定は、バーサス同様非常に豊富です。 ディーヴァの特徴は、究極の好バランスが生み出す、飛行距離とナチュラルな泳ぎです。 想定を超えるような飛びと、リトリーブ・スピードが速くても低速でも、とても綺麗でリアルに泳ぐことです。 構造はバルサ+金属です。 先ずはアルミタイプのみの生産ですが、シェルタイプのご注文もお受けいたします。 33g〜38gのアルミが¥2200、シェルが¥2750。 40g〜45gのアルミが¥2350、シェルが¥2900でございます。 少し残念なのは、下の写真がうまく撮れてないことです。 現物をご覧になれば、その美しさにため息が出るかもしれませんよ!。 作者は、『バーサスを凌ぐほどのサクラマスの釣果を期待し欲しいです。』 と おっしゃってます。>

フライフイッシング  ・このページのトップへ戻る

◆ ニジマス  尻別川  6月22日の釣果(23日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、今シーズン第2号の釣り日誌を(22日の夜に)いただきましたので、掲載させていただきました。 石澤さん、いつもありがとうございます。 みんな楽しみにしています。

こんばんわ!

今日、尻別川に釣に行きました。

曇りの天気でしたので、期待できると思い数回場所を変え40クラスを二匹釣り、さらに粘ってオリジナルのヒゲナガパターンのウエットフライで55センチの虹鱒を釣ることができました。

 

 

 

◆ ブラウントラウト  千歳市  6月1日の釣果(2日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、今シーズン初の釣り日誌をいただきましたので、ご紹介いたします。

 『本日(6月1日)、苫小牧の友人の誘いで、千歳近郊の川に行きました。

この川は、湧水のスプリングクリークで以前は虹鱒オンリーの川でしたが、最近はブラ

ウントラウトに占領されたらしく、釣れる魚は八割近くがブラウンです。

その魚影も濃く、今日も沢山のブラウンを釣りました。

この川はドライフライがメインの川で、ハッチする水生昆虫にあわせてマッチングザハ

ッチの釣をします!今日は#14〜#16のセッジを多様しました。

おかげで二人で50アップを数匹釣ることが出来ました。

湧水河川の為水温は低く、体も冷えました! 年のせいか体に凍みます。

石澤さん、ありがとうございます!。 今シーズンもよろしくお願いいたします。

     ウ キ 釣 り  ・このページのトップへ戻る

◆ 真イカ 好釣果も  泊村  兜千畳敷  7月4日の夜の釣果(5日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 4日の夕方に釣りに入って、5日の夜明けまで釣ってきたそうです。真イカ狙いの釣り人がたくさん来ていたそうです。 釣果は、1人あたり 数ハイ〜50パイ前後、イカの大きさは胴長で20cm前後〜25cm前後まで。 先週より少し良型も混じったそうです。 仕掛はテーラー針に、鶏ササミ肉との事。 ほぼ底で乗ってくることがほとんどだったそうです。 エギで狙っていた人達も釣れていたそうです。

◆ ホッケ  積丹町 神岬漁港  5月18日の釣果(18日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 神岬漁港に付いたのが正午前だったそうです。夜明けから釣って帰って行った方が、1人で0匹超を釣ったと聞いたそうです。 時間帯的に食いが悪くてなかなか釣れないのを承知で、このお客様は中防波堤の先端手前(港内側)で、昼過ぎに釣り始め、午後4時過ぎに切り上げてきたそうです。 ホッケの数は、3匹、大きさは 35cm前後の太め。 食わせエサは、オキアミとマグロ。 型は良かったと喜んでいました。 近いうちにもう一度、夜明けから釣りに入ってみたい、とおっしゃってました。

◆ ヒラメ 62cm  古平港  5月12日の釣果(12日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 左の写真は、室蘭市の 藤村さんが、12日の午前0時頃に、古平港の遊漁船乗り場横の広い場所で釣ったヒラメです。 当店で午前9時頃に計測しましたら、 62.0cm、3.05kg ありました。 藤村さんは、ヤリイカのウキ釣り(エサはチカ)をしていたそうですが、チカをヒラメが食ってきたそうです。 仕掛がイカのウキ釣り用のブランコ仕掛だったそうで、取り込みにはもちろん慎重にタモを使ったそうです。 この後、午前3時頃に、本命のヤリイカ1パイ釣れたそうです。 大きさは、胴長で30cmだったと伺いました。 このヒラメはとても嬉しい外道でしたね!

     渓流の餌釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ ヤマベ  余市川  7月18日の釣果(19日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 11日にあゆみ橋〜仁木大橋この間で、数も型も(23cmや24cm)良かったそうで、18日は然別に入ってみたそうです。 先行者の姿が見えていたそうですが、橋の下流から釣り上がってみたら、案の定小型がポツリポツリだったそうです。12cm〜15cmばかりで、キープサイズは18cmと21cmが1匹ずつだけでした、とのお話しでした。

◆ ヤマベ  積丹町 幌内府川  6月26日の釣果(26日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 午前6時頃下流域から入ってゆっくり釣り上がったそうです。 帰りは同じ所を降りてきたそうです。 3時間以上釣り上がり、2時間ほどかけて釣り下がったそうです。 釣果は、ヤマベ50匹以上、大きさは 約12cm〜20cm。キープしたのは16cm〜20cmの10匹、あとはリリース。 エサは、ブドウ虫。

◆ ニジマス  岩内町  6月21日の釣果(21日記述): 幌内川で釣ってきたお客様から伺いました。 上流域の大きな砂防ダムの上流に、午前4時半頃に入釣したら、先行者がいたそうです。 午前8時前まで釣ってきたそうです。 釣果は、ニジマス12匹、大きさは 約15cm〜20cm。 エサは、ブドウ虫。

◆ ヤマベ、ニジマス  尻別川支流  6月7日の釣果(8日記述): 7日に釣ってきたお客様から伺いました。 倶知安町内を流れる尻別川の支流に、正午過ぎに入釣して、午後3時半頃まで釣ってきたそうです。 ヤマベ20匹超、大きさは 約15cm〜17cm。 大きいヤマベは釣れなかったそうですが、全部が体高のある魚(いわゆる、幅広)だったそうです。 ニジマス26cmが1匹20cm弱が3匹釣れたそうです。ニジマスも体高がある魚だったとのことでした。 エサは、イクラ。 魚はほとんどをリリースしてきたそうです。

     その他の釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ 鮎 友釣り  厚沢部川  7月19日の釣果:  21日にお客様から伺いました。 支流の鶉には釣り人が多かったそうです。半日ほどの時間で、1人あたりの釣果は、釣り歴の結構長い人達で、10匹前後だったように思います、との事でした。 大きさは、解禁後すぐの時よりもやや小振りになったそうで、約16cm〜19cmとの事。 いつも平均的な匹数よりも多く釣る上手な方達でも、15匹前後ではなかったかと思います、とのお話しをいただきました。 21日、22日と雨が結構降りましたので、この後に期待していました。

◆ 鮎 友釣り  利別川、朱太川  7月17日の釣果: 詳しい情報ではなくて恐縮です。 雨が降る前の7月17日の釣果を何人かのお客様から伺いました。 17日の時点では、川の水が少なくて良い釣果では無かったそうです。 利別川ではベテランの人達で5匹前後、大きさは約16cm〜21cm。 朱太川では1人あたり 2匹〜4匹、大きさは約16cm〜20cm。 どちらも河川も雨が無いので渇水気味で、良い苔が生えない状態だとのことでした。 出来れば、一度雨が多量に降り、今の苔を洗い流し欲しいものだとおっしゃってました。 その後に晴天と、夏の暑さが来てくれると、釣れてくるでしょうとも、おっしゃってました。

◆ 余市川 鮎稚魚 放流  余市〜仁木〜赤井川  6月18日: 150kgを18日に放流したそうです。 6月30日の北海道新聞朝刊29面(小樽後志面)によると、 秋田県阿仁川産の稚魚で、体長は10cm〜15cm、体重11gから25gとの事でした。

 余市郡漁業協同組合が発行した鮎釣り愛好家の皆様に向けたリーフレットによりますと、放流した場所は2ケ所です。 仁木大橋75kg、七曲橋75kg。

 推定放流尾数(平均サイズを12cmで13.6gと仮定した理論値ですが)は、仁木大橋下流とと七曲橋下流に、5,500尾ずつの放流をしました、との記載がありました。

 おとり鮎(種あゆ)の販売場所は、余市町山田町718番地の、《さけ、ますふ化場》で1尾¥800で販売するそうです(午前8時から正午まで)。 さけ、ますふ化場の電話番号は、

 0135−22−6345 です。 事前に電話を入れて予約した方がよいと思います。 また、日曜日と祝日は喫茶店の《ラック・ル・ジューン:0135−32−3460》さんで販売するそうです。 余市川鮎釣り入川料金は、1日¥2,000、シーズン券は¥15,000です。 入川券は当店でも販売しています。