船釣り   投げ釣り  防波堤・港内の釣り  ルアーフィッシング
フライフィッシング ウキ釣り 渓流の餌釣り その他の釣り
    余市市場水揚げ概況  ・このページのトップへ戻る

◆6月24日は日曜日で、余市漁組市場はお休みでした。

◆6月23日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ブリ9kg1本、7kg3本、6kg10本、5kg14本、

 ヒラメ38〜50cm30枚、カスベ55〜70cm5匹、

 黒ゾイ30〜45cm10匹、フグ25〜35cm210匹、

 ヘラガニ甲羅幅8〜12cm200パイ。

◆6月22日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ブリ 8kg1本、6kg3本、5kg1本、

 ヒラメ40〜50cm4枚、鮟鱇55〜70cm10匹、

 ホッケ25〜35cm25匹、カスベ65〜75cm4匹、

 黒ゾイ30〜65cm10匹、宗八24〜30cm15枚、

 フグ23〜30cm200匹。

◆6月21日朝の、余市漁組市場の水揚げです。

 ブリ8kg3本、7kg2本、6kg3本、5kg5本、

 ヒラメ38〜45cm6枚、カスベ70〜75cm7匹、

 フグ30cm前後160匹、鮟鱇60cm2匹、

 宗八23〜28cm20枚。

船 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る
岩内港・その他 川白・神恵内 余別・日司
古平・美国・幌武意 余市町 小樽市など

  ヤナギ数も型も!、ホッケ、真ダラ  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132) 6月24日の釣果(24日記述) 船長から伺いました。 24日の午前7時半に出港し、正午までの釣り。 サルワンの水深120m前後で。
 ヤナギノマイは1人あたり 60匹〜80匹、大きさは、30cm〜40cm
 ホッケは1人あたりで 20匹〜30匹、大きさは、30cm〜40cm
 
真ダラは1人あたりで 5本前後、大きさは、50cm〜80cm
白フラッシャーが付いた針+赤フーセンなどの様々な胴突仕掛。 エサは、イカと赤イカ。

  真ダラ数釣り!、ヤナギ、ホッケ  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398ー2147) 6月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 24日の午前5時に出港し、午前10時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深140m〜150mで。
 真ダラは1人あたりで 20本〜30本、大きさは、50cm〜80cm
 ヤナギノマイは1人あたり 5匹〜20匹、大きさは、25cm〜35cm
 ホッケは1人あたりで 3匹〜15匹、大きさは、30cm〜40cm
白やピンクのフラッシャーが付いた針の様々な胴突仕掛に、エサは赤イカ。 胴付仕掛けの下には、カムイの1kg赤金+ピンク色のヤリイカベイトかタコベイトのイカリ針。

  ヤナギ数釣りも、ホッケ  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112)6月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 24日の午前8時に出港し、午後2時までの釣り。 サルワン沖の水深130m前後で。
 ヤナギノマイは1人あたりで 30匹〜55匹、大きさは、20cm〜30cm

 ホッケは1人あたりで 10匹前後、大きさは、30cm前後
白やピンクなどのフラッシャーが付いた針を使った、様々なタイプの胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

  ヤナギ、真ダラ、ホッケ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083):6月24日の釣果(24日記述) 船長から伺いました。 24日の午前5時に出港し、正午までの釣り。 カムチャッカ根の水深約80m〜100mで。
 ヤナギノマイは1人あたり 20匹〜30匹、大きさは、20cm〜30cm
 真ダラは1人あたりで 30本前後、大きさは、40cm〜60cm
 ホッケは1人あたりで 20匹前後、大きさは、30cm〜40cm
白フラッシャーが付いた針を使った、様々なタイプの胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

  ヤナギ、真ダラ、ホッケ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)6月24日の釣果(24日記述) 船長から伺いました。 24日の午前5時半に出港し、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深130m前後で。
 ヤナギノマイは1人あたり 15匹〜30匹、大きさは、20cm〜35cm
 真ダラは1人あたりで 5本〜12本、大きさは、50cm〜70cm
 ホッケは1人あたりで 5匹〜10匹、大きさは、30cm前後
いろいろなタイプの胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

               **********

  真イカ   幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 6月22日の夜の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 22日の午後5時に出港し、午前1時までの釣り。 幌武意沖の水深110m〜120mで。
 真イカは1人あたり70パイ〜200パイ、大きさは、30〜40入りサイズ。
 棚は、50m前後。 6号オッパイ針仕掛と、さかな針14cmの仕掛を使っていたそうです。

  真イカ   古平港 宝進丸 (依田船長0135−42−3578) 6月22日の夜の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 22日の午後6時過ぎに出港し、午前0時までの釣り。 古平沖の水深70m前後で。
 真イカは1人あたり20パイ〜60パイ、大きさは、30〜40入りサイズ。
 棚は、30m〜40m。 6号オッパイ針仕掛を使っていたそうです。依田さんの息子さんの船もお客様を乗せてこの日出港。釣果はほぼ同じだったそうです。

  真イカ   古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019) 6月22日の夜の釣果(23日記述): 船長から伺いました。 22日の午後6時に出港し、午前1時までの釣り。 美国沖の水深130m前後で。
 真イカは1人あたり80パイ〜130パイ、大きさは、30〜40入りサイズ。
 棚は、40m〜50m。 6号オッパイ針仕掛を使っていたそうです。

               **********

◆ 6月22日。 朝出港した遊漁船はほとんどありませんでした。 夕方イカ釣りに出港した船が6〜7艘ありました。

◆ 6月21日記述。最近は強風で時化模様の日が多く、遊漁船はほとんど出港できてません。↓

  真ダラ、ヤナギ、ホッケ  美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2716) 6月21日の釣果(21日記述): 船長から伺いました。 21日の午前6時に少人数を乗せて出港し、午後1時までの釣り。 幌武意沖の水深約140m〜150mで。
 真ダラは1人あたりで 6本〜17本、大きさは、50cm〜82cm
 ヤナギノマイは全体で 33匹、大きさは、23cm〜30cm
 ホッケは全体で 26匹、大きさは、26cm〜35cm
白やピンクフラッシャーが付いた針を使った様々な胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

               **********

  真イカ!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 6月18日の夜の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 18日の午後4時半に出港し、午後11時15分までの釣り。 幌武意沖の水深120m〜130mで。
 真イカは1人あたり 110パイ〜200パイ、大きさは、40〜50入サイズ。
 棚は、15m〜25m。 6号オッパイ針仕掛けと、さかな針14cmの仕掛けで釣れたそうです。

  真ダラ、ヤナギ、ホッケ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970) 6月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 19日の午前6時半に出港し、午前11時半までの釣り。 カムチャッカ根の水深130m〜150mで。
 真ダラは1人あたりで 15本〜30本、大きさは、50cm〜90cm。60cm〜70cmの大きさが大半を締めた。
 ヤナギノマイは1人あたり 10匹〜20匹、大きさは、28cm〜40cm
 ホッケは1人あたりで 10匹〜20匹、大きさは、30cm〜40cm
白フラッシャー付き針のいろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

  真ダラ、ヤナギ、ホッケ  美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2716) 6月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 19日の午前4時半に出港し、正午過ぎまでの釣り。 幌武意沖の水深150m前後で。
 真ダラは1人あたりで 6本〜15本、大きさは、45cm〜77cm
 ヤナギノマイは全体で 46匹、大きさは、25cm〜35cm
 ホッケは全体で 19匹、大きさは、30cm〜40cm
白やピンクフラッシャーが付いた針を使ったいろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。銅パイプやステンレスパイプの250号タラシャクリを使った人達もいたそうです。

  ヒラメ   古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019) 6月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 19日の午前4時半に出港して、午前11時半までの釣り。 美国沖の水深19m〜30mで。
 ヒラメは1人あたりで
 2枚〜3枚、大きさは、52cm,53cm,59cmが各1枚、あとは40cm〜45cm
 
バケは500gで、アワビ貝貼り、オレンジ色などいろいろ。 タコキャップの色は、ピンク色系、黄色系など。 エサは、オオナゴ。 

               **********

  ヒラメ  好釣果!  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112)6月17日の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 17日の正午に出港して、午後6時過ぎまでの釣り。 野塚沖〜サルワンの水深11m〜15mで。
 ヒラメは1人あたりで
 7枚〜11枚、大きさは、38cm〜52cm
 
バケは500gで、オレンジ色系などいろいろ。 タコキャップの色は、オレンジ色系、ピンク色系、夜光系など。 エサは、オオナゴ。 風がなく船が流れなかったそうです。

  ヤナギノマイ、ホッケ、真ダラ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)6月17日の釣果(18日記述): 船長から伺いました。 17日の午前5時に出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深120m前後で。
 ヤナギノマイは1人あたりで 30匹〜60匹、大きさは、25cm〜35cm
 ホッケは全体で 50匹、大きさは、30cm〜40cm
 真ダラは全体で 30本、大きさは、50cm〜1m
白フラッシャーやピンクフラッシャーが付いた針を使った、様々な胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

               *********

  ヤナギ好釣果、ホッケ、真ダラ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083):6月17日の釣果(17日記述) 船長から伺いました。 17日の午前4時にお客様少人数を乗せて出港し、正午までの釣り。 カムチャッカ根の水深100m前後で。
 ヤナギノマイは1人あたり 50匹〜60匹、大きさは、23cm〜35cm
 真ダラは1人あたりで 10本前後、大きさは、50cm〜60cm
 ホッケは1人あたりで 30匹〜40匹、大きさは、26cm〜35cm
 シマゾイは全体で 10匹、大きさは、40cm前後
白フラッシャーが付いた針を使った、様々なタイプの胴突仕掛。 エサは、イカと赤イカ。

               **********

  ヒラメ → ヤナギ、真ダラ  余別漁港 千鳥丸 (山田船長090−3398ー2147)6月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。  16日の午前5時に出港し、午後1時過ぎまでの釣り。 サルワンの水深18m〜22mと、西の河原沖の水深130m〜140mで。
 ヒラメは全体で
4枚、大きさは、50cm〜57cm
 
バケは500g〜600gで、様々なもの。 タコキャップの色も、茶色系、黄色系、グリーン系その他いろいろ。 エサは、オオナゴ。 船が流れない日だったそうです。
 ヤナギノマイは1人あたりで 5匹〜10匹、大きさは、25cm〜30cm
 真ダラは1人あたりで 4本〜6本、大きさは、50cm〜80cm
白フラッシャーなどが付いた針を使った、様々なタイプの胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

  ヤナギ、ホッケ、真ダラ  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112)6月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 16日の午前8時に出港し、午後2時までの釣り。 神威岬沖の水深110m〜140mで。
 ヤナギノマイは1人あたりで 10匹〜22匹、大きさは、25cm〜35cm
 真ダラは1人あたりで 10本〜13本、大きさは、50cm〜80cm
 ホッケは1人あたりで 20匹〜50匹超、大きさは、30cm〜45cm
白やピンクなどのフラッシャーが付いた針を使った、様々なタイプの胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

  ヤナギ好釣果、ホッケ、真ダラ、シマゾイ  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083):6月16日の釣果(16日記述) 船長から伺いました。 16日の午前4時に出港し、午前10時までの釣り。 カムチャッカ根の水深100m前後で。
 ヤナギノマイは1人あたり 50匹〜70匹、大きさは、25cm〜35cm
 真ダラは1人あたりで 10本〜15本、大きさは、60cm前後
 ホッケは1人あたりで 20匹〜30匹、大きさは、30cm前後
 シマゾイは全体で 10匹、大きさは、40cm前後
白フラッシャーが付いた針を使った、様々なタイプの胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

  ヤナギ好釣果、ホッケ、真ダラ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970):6月16日の釣果(16日記述) 船長から伺いました。 16日の午前4時半に出港し、午前10時までの釣り。 カムチャッカ根の水深100m前後で。
 ヤナギノマイは1人あたり 20匹〜60匹、大きさは、26cm〜36cm
 真ダラは1人あたりで 3本〜7本、大きさは、45cm〜65cm
 ホッケは1人あたりで 10匹〜20匹、大きさは、28cm〜40cm
いろいろな胴突仕掛を使っていたそうです。 エサは、赤イカ。

               **********

◆ 6月14日と15日は、北からの風が強く、沖の波は高めでしたので、遊漁船はほとんど全船出港できませんでした。 無理して出港した船長さんがいましたが、お客様が船酔いして釣りにならなかったとのお話を伺いました。 16日(土曜日)は収まる予報でした。

◆ 6月13日。 北方向からの風が強く吹き時化模様でしたので、遊漁船はほとんど出港しませんでした。

◆ 6月12日。前夜からの強めの雨が断続的に降り続けました。 夜が明けてからは次第に風が強まり、午前9時前後からは荒れ模様の天気になってしまいました。 遊漁船は本日も出港できませんでした。

◆ 6月11日(月曜日)。 きょうも風が強く時化気味の日でした。 出港した遊漁船は伺った限りでは1艘だけでした。 その1艘はヒラメ釣りをしたそうですが、非常に食いが悪い日で、ソゲが数枚釣れただけで全部リリースしてきたとのことでした。

  ヒラメ  好釣果!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)6月10日の釣果(10日記述): 船長から伺いました。  10日の午前4時半に出港して、午前11時半までの釣り。 サルワンの水深20m前後で。
 ヒラメは1人あたりで
 5枚〜15枚、大きさは、69cmが1枚、60cmが1枚、50cm〜56cmが8枚、あとは38cm〜49cm
バケは500gで、オレンジ色系、その他いろいろ。 タコキャップの色も、オレンジ色系など。

  ブリジギングで 5kg  マイボートでの釣果です。 10日にマイボートで、ブリ狙いのジギングをしてきたお客様から、釣りの帰りに伺いました。 神威岬の沖で、午前9時半頃に、底から上10mの辺りで、ブリが1匹釣れたそうです。 計ったら5kgありました、とのお話でした。 そろそろブリの魚影が濃くなってくれれば良いですね!。

  ヤナギ数釣りも、ホッケ、真ダラ  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112)6月10日の釣果(10日記述): 船長から伺いました。 10日の午前8時に出港し、午後3時半までの釣り。 神威岬沖の水深120m〜130mで。
 ヤナギノマイは1人あたりで 30匹〜70匹、大きさは、25cm〜35cm
 真ダラは1人あたりで 2本〜8本、大きさは、50cm〜60cm
 ホッケは1人あたりで 5匹〜15匹、大きさは、30cm〜40cm
白フラッシャーが付いた針を使った、様々なタイプの胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

  ヤナギ、ホッケ、真ダラ いずれも好釣果  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970):6月10日の釣果(10日記述) 船長から伺いました。 10日の午前6時半に出港し、午後1時までの釣り。 神威岬沖の水深100m〜140mで。
 ヤナギノマイは1人あたり 20匹〜50匹、大きさは、26cm〜42cm
 真ダラは1人あたりで 5本〜25本、大きさは、45cm〜60cm
 ホッケは1人あたりで 20匹〜50匹、大きさは、28cm〜40cm
いろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

  ヤナギ、ホッケ、真ダラ いずれも好釣果!  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083):6月10日の釣果(10日記述) 船長から伺いました。 10日の午前3時半に出港し、午前9時までの釣り。 カムチャッカ根の水深130m前後で。
 ヤナギノマイは1人あたり 60匹〜100匹、大きさは、23cm〜33cm
 真ダラは1人あたりで 30本〜40本、大きさは、50cm〜60cm
 ホッケは1人あたりで 100匹前後、大きさは、26cm〜36cm
白フラッシャーが付いた針を使った、様々なタイプの胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

  ヒラメ   美国漁港 第十八漁栄丸 (嶋田船長0135−44−2716)6月10日の釣果(10日記述): 船長から伺いました。 10日の午前4時半に出港し、午前11時40分までの釣り。 美国沖の水深40m前後で。 
 ヒラメは全体で 8枚、大きさは、40cm〜47cm

バケは500g〜600gで、ミラーバケ、オレンジ色系など様々なもの。タコキャップも色はいろいろで、赤、緑、オレンジなど。

  ホッケ、真ダラ   古平港 宝進丸 (依田船長0135−42−3578):6月10日の釣果(10日記述) 船長から伺いました。 10日の午前5時半に出港し、午後12時半までの釣り。 古平沖の水深120m前後で。
 ホッケは1人あたりで 30匹〜40匹、大きさは、24cm〜30cm
 真ダラは全体で 約20本、大きさは、50cm〜60cm
赤色系フラッシャーが付いた針を使ったいろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。
 また、この日は息子さんの 昇龍丸さんも、ヒラメ釣りで出港したそうです。お父さんが詳細は聞いてないがと、ヒラメ釣りの釣果も教えてくださいました。 1人あたり 3枚〜10枚、大きさは37cm〜45cm

               **********

◆ 6月9日も風が強く、沖には白波が見えることが多かったです。 遊漁船は全船出港しませんでした。 明日の10日(日曜日)は穏やかになる予報ですので、出港する予定の船が多かったです。

◆ 6月8日は、断続的に強い雨が降る悪天候の一日でした。 遊漁船はほとんど全船出港しませんでした。

  ヒラメ  好釣果!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)6月7日の釣果(7日記述): 船長から伺いました。  7日の午前5時に出港して、お客様のご希望で午前10時に早上がり。 サルワンの水深20m前後で。
 ヒラメは1人あたりで
 8枚〜15枚、大きさは、50cm〜55cmが12枚、45cm前後が大半、37cm〜39cmが3枚
 
バケは500gで、アワビ貝貼り、深海松バケ、その他いろいろ。 タコキャップの色は、赤色、白色、透明、その他いろいろ。 エサは、小さめのオオナゴ。

  ヤナギノマイ、ホッケ、真ダラ  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112)6月7日の釣果(7日記述): 船長から伺いました。 7日の午前5時に出港し、午前11時30分までの釣り。 神威岬沖と沼前岬沖の水深120m〜130mで。
 ヤナギノマイは1人あたりで 20匹〜50匹、大きさは、23cm〜27cm
 真ダラは1人あたりで 2本〜6本、大きさは、50cm〜60cm
 ホッケは1人あたりで 5匹〜20匹、大きさは、30cm〜40cm
白フラッシャーやピンクフラッシャーが付いた針を使った、様々なタイプの胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

  ヤナギノマイ、ホッケ、真ダラ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)6月7日の釣果(7日記述): 船長から伺いました。 7日の午前5時30分に出港し、正午までの釣り。 幌武意沖の水深120m前後で。
 ヤナギノマイは1人あたりで 30匹〜60匹、大きさは、25cm〜35cm
 ホッケは1人あたりで 5匹〜20匹、大きさは、30cm〜35cm
 真ダラは全体で 15本、大きさは、50cm〜70cm
白フラッシャーやピンクフラッシャーやその他が付いた針を使ったいろいろな胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

               **********

  ヒラメ  好釣果!  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112)6月5日の釣果(5日記述): 船長から伺いました。 5日の午前5時に出港して、午前11時前までの釣り。 野塚沖の水深12m〜14mで。
 ヒラメは1人あたりで
 7枚〜11枚、大きさは、42cm〜49cm
 
バケは500g〜600gで、オレンジ色系など様々。 タコキャップの色は、オレンジ色系が多かった。 エサは、オオナゴ。

               **********

◆ 6月4日(月曜日)は、伺った限りでは、出港した遊漁船はほとんどない日でした。

  ヒラメ  順調!  美国漁港 栄 丸 (川村船長090−8898−2807)6月3日の釣果(3日記述): 乗船したお客様から釣りの帰りに伺いました。 3日の午前5時に出港して、午前11時までの釣り。 美国と幌武意の間の水深25m〜30mで。
 ヒラメは1人あたりで
 2枚〜8枚、大きさは、38cm〜52cm
 
バケは500g〜600gで、アワビ貝貼り、オレンジ色、金色系など。 タコキャップの色は、透明系、トラシマ系、など。 エサは、オオナゴ。

  ヤナギノマイ、ホッケ、真ダラ  古平港 宝勝丸 (本間船長090−6263−3019)6月3日の釣果(3日記述): 船長から伺いました。 3日の午前5時30分に出港し、午前11時30分までの釣り。 幌武意沖の水深120m前後で。
 ヤナギノマイは全体で 約50匹、大きさは、25cm〜35cm
 真ダラは全体で 約15本、大きさは、50cm〜60cm
 ホッケは全体で 約10匹、大きさは、35cm〜40cm
白フラッシャーや赤フラッシャーが付いた針の様々な胴突仕掛。 エサは、イカ、赤イカ。

               **********

◆ 6月2日。強風が吹く予報が出ておりましたので、遊漁船はほとんど全船出港しませんでした。 極一部の遊漁船が出港しましたが、早あがりだったり、釣果がイマイチだったと間接的に伺いました。

  ヒラメ  好釣果!  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112)6月1日の釣果(1日記述): 船長から伺いました。 1日の午前5時に出港して、午前11時半までの釣り。 野塚沖と十坊岬沖の水深15m〜18mで。
 ヒラメは1人あたりで
 8枚〜10枚、大きさは、50cm/49cm/48cmが各1枚、あとは38cm〜45cm
 
バケは500gで、アワビ貝貼り、オレンジ色、ピンク色など。 タコキャップの色は、赤色系、ピンク色系、などいろいろ。 エサは、オオナゴ。

               **********

  ヒラメ  好釣果!  日司漁港 第58 明見丸 (加納船長090−2076−7112)5月30日の釣果(31日記述): 船長から伺いました。 30日の午前5時に出港して、正午までの釣り。 野塚沖の水深13m〜14mで。
 ヒラメは1人あたりで
 6枚〜12枚、大きさは、38cm〜51cm
 
バケは500gで様々なもの。 タコキャップの色は、オレンジ色系、ピンク色系、ケイムラなどいろいろ。 エサは、オオナゴ。

  ヤナギノマイ、真ダラ  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970):5月31日の釣果(31日記述) 船長から伺いました。 31日の午前7時半にお客様1名だけを乗せて出港し、午後12時半までの釣り。 幌武意沖の水深150m前後で。
 ヤナギノマイはお客様が1人で 65匹、大きさは、25cm〜33cm
 真ダラはお客様が1人で 2本、大きさは、50cmと、60cm
白フラッシャーやが付いた針の胴突仕掛。 エサは、赤イカ。

               **********

  今季 初ブリか!? 来ましたね!  日司漁港 NANA V (小笠原船長090−8371−6294)5月23日の釣果(24日記述) 23日に乗船して、第1号と思われるブリ(イナダ)を釣ってきたお客様から伺いました。 正午ごろに、積丹岬無線塔沖の水深約50mで、底上約15mで食ってきたそうです。 大きさが約3.5kgだったと伺いました。 180gのブルピンのジグで釣れたそうです。  昨年より数日遅れの第1号でしたね。 また、24日になって別のお客様から伺いましたまた聞き情報ですが、23日の午後に11kg超がどこかの船で釣れたらしいですよ、とのお話でした。 積丹にもブリが来ましたね!走りのブリは良型も少なくありませんので、週末は皆さん頑張ってください。

               **********

  ヒラメ  数が出ました!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)5月8日の釣果(8日記述): 船長から伺いました。  8日の午前5時に出港して、午前11時半までの釣り。 サルワンの水深30m前後で。船長から写真が届きました。
 ヒラメは1人あたりで
 10枚〜15枚、大きさは、58cm1枚、55cm1枚、50cm1枚、あとは40cm〜47cm
 
バケは500gで、オレンジ色系を使っていた人が多かった。 タコキャップの色も、オレンジ色系が多く、次はピンク色系。 エサは、オオナゴ。

  ヤナギ、ホッケ、真ダラ ともに好釣果!  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)5月8日の釣果(8日記述) 船長から伺いました。 午前6時に出港し、正午までの釣り。 積丹岬無線塔沖〜神威岬沖の水深110m〜150mで。 
 
ヤナギノマイは1人あたりで50匹〜70匹、大きさは、26cm〜36cm
 ホッケは1人あたりで10匹〜15匹、大きさは、35cm〜47cm
 真ダラは1人あたりで
5本〜10本、大きさは、55cm〜70cm
 基本的には白やピンクのフラッシャーが付いた針の胴突き仕掛けですが、市販品か手作り品などの様々なタイプを使っていた。 エサは、赤イカ。
 <船長からのお知らせ>これからも、ヤナギ、ホッケ、真ダラ釣りで、ほぼ毎日出港予定ですが、空きがある日も多いそうです。 ヤナギノマイ、ホッケ、真ダラなど釣りたいお客様は、船長まで気軽に電話でお申し込みください。

               **********

 サクラマス 5.2kgを頭に 定数釣りも↑  幌武意漁港 浜 丸 (長内船長090−3116−6970)4月23日の釣果(26日記述): 船長から26日に伺いました。 
23日の午前3時半出港し、正午までの釣り。 水無沖の水深45m〜48mで。 
 サクラマスは1人あたり
5匹〜定数、大きさは、5.2kg、5kg、4.6kg、4.5kgが各1匹、4kgが2匹、あとは1kg〜2kg台。 棚は、針までで15m〜17m。
シャクリを様々使っていたそうです。 4kg台と5kg台はサバイバー250gグリーンゴールドで釣れたそうです。 上の写真の左側は、札幌市南区の 佐藤 募さんが釣った、65cm、5.2kgで、上の写真の右側は、札幌市東区の 四栗 政広さんが釣った 67cm、5.0kg とのことで、船長から画像をいただきました。 (24日分の情報は、すでに掲載済み)

               **********

 サクラマス 5.8kgを頭に好釣果!  日司漁港 北星丸 (杉野船長090−6876−5352)4月24日の釣果(24日記述): 船長から伺いました。 午前4時に出港し、午前11時までの釣り。 水無沖の水深約50mで。
 サクラマス
全体で15匹、大きさは5.8kg1匹、4.7kg1匹、4.2kg1匹、2.5kg1匹、2kg1匹、あとは1.5kg前後 棚は、シャクリまでで15m→20m。 5.8kgはグリーン系のアクリル製シャクリで釣れて、4.7kgと4.2kgは深海松で釣れたそうです。 上の写真の、5.8kgを釣ったのは 札幌市の 斉藤 実さんです。すんごい板マスですね!。船長から画像を送っていただきました。

               **********

 サクラマス 5.35kgなど 定数釣り!  余別漁港 光洋丸 (角田船長080−1893−3527)4月22日の釣果(22日記述): 乗船したお客様方から伺いました。 午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 水無沖の水深約40mで。
 サクラマスは全員が
定数釣り、 大きさは5.35kg1匹、4kg台4匹、 3kg〜3.8kgが大半、あとは2kg台。  棚は、シャクリまでで10m→20m。 釣れたシャクリは、アクリル製の水色系など。 上の写真は、札幌市白石区の 行方 義一さんが釣った、大物板マスです。 当店で午後2時頃計測しましたら、尾叉長で 66.5cm、5.35kgでした。見事な板マスですね! サバイバー250gのグリーンゴールドで釣ったそうです。 この魚は午前6時20分に、棚がサバイバーまでで18mで食ったそうです。


 サクラマス 5.35kgを頭に定数釣りも! 日司漁港 安善丸 (斎藤船長090−1527−9777)4月22日の釣果(22日記述): 乗船したお客様から伺いました。 サルワンの水深約50mで。 左の写真は札幌市南区の 中嶋 久雄さんが釣った大物板マスです。 当店で午後2時前に計測しましたら、尾叉長で 64cm、5.35kg ありました。中嶋さんは結構大物釣る人ですよね!。
 サクラマスは1人あたり
6匹、7匹〜定数釣り、大きさは5.35kgが1匹、4kgが1匹、3kg台が大半で、あとは2kg台 棚は、シャクリまでで15m。ほとんどがサバイバー250gのグリーンゴールドで釣れたそうです。 

               **********

  サクラマス 5.1kgを頭に全員定数釣り!  幌武意漁港 栄久丸 (加藤船長090−3114−1083)4月20日の釣果(20日記述): 乗船したお客様と船長から伺いました。 20日の午前5時に出港し、午前11時までの釣り。 幌武意前浜の水深40m〜45mで。
サクラマスは 
全員定数、 大きさは5.1kgが1匹、あとは1kg〜4k g多かったのは1.5gk〜2.5kg. 左の写真は、当店で午後3時過ぎに計測しましたら、尾叉長で61.0cm、5.1kgありました。釣ったのは、札幌市厚別区の 三春 昭吾さんです。 マス釣りベテランの三春さんはこの大物を、当店オリジナルの深海松シャクリで釣ったそうです。 棚はシャクリまでで、15m→20m(16m〜17mが多かった)。その他様々なシャクリと、サバイバー250gグリーンゴールドで数釣りをしたそうです。 ホッケも1人あたり40匹〜50匹釣ったそうです。大きさは、30cm〜45cm。

               **********

 板マス 5.1kgを頭に38匹!  日司漁港 北星丸 (杉野船長090−6876−5352)4月19日の釣果(19日記述): 船長から伺いました。 19日の午前4時に出港し、午前11時までの釣り。 サルワンの水深約40m〜50mで。船長からきょう最大魚の写真を送っていただきました。 板マスよりも玉マスと呼べるぐらいの太さですね。
 サクラマスは全体で
38匹、大きさは5.1kgが1匹(5.15kgぐらい)、4.2kg1匹、3.8kg1匹、3.3kgが2匹、2kg〜2.7kgが約10匹、あとは1kg〜1.8kg 定数釣りをした人あり。 5.1kgは写真の水牛+アワビ貝シャクリで(この、つるの長さはときどき背負うのを承知の上とのこと)。 4.2kgはサバイバー250gのグリーンゴールドで。 3.8kgは緑色のアクリルシャクリで。 3.3kg2匹はサバイバー250gのグリーンゴールドで、釣れたそうです。 棚は、シャクリまでで15m。

               **********

   板マス 連日の5kgオーバー!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)4月16日の釣果(16日記述): 船長から伺いました。 16日の午前5時10分に出港し、午前11時半までの釣り。 余別前浜の水深40mで。
 サクラマスは全体で
6匹、 大きさは5.1kg、3.7kg、3.4kg、3.1kg、2.8kg、1.2kg。 
 船長から画像を送っていただきました。 上の写真が、帰港してから量って5.1kgの板マスです。 棚が、シャクリまでの深さで20m〜25mだったそうですが、この5.1kgはシャクリまでで30mだったそうです。 この5.1kgは写真にも写ってますが、深海松シャクリで釣れたそうです。 3.7kgがサバイバー250gのグリーンゴールドで釣れて、3.4kgは象牙+白丁貝のシャクリで釣れたそうです。 まだ4月中旬なのに、連日の5kgオーバーはすごいですね!。

               **********

   板マス 5.6kg!  余別漁港 龍祥丸 (飯田船長090−6999−1132)4月15日の釣果(15日記述): 船長から伺いました。 15日は天気予報が悪かったので、前日のうちに出港を中止にしたそうですが、15日の朝はベタ凪に近かったそうです。お客様1名だけを乗せて15日の午前5時半に出港し、午前9時までの釣り。 余別前浜の水深40mで。船長も釣りをしたそうです。 
 サクラマスは2人で
4匹、 大きさは5.6kg(血抜き後)、2.8kg、1.5kg、1kg。 
 上と左の写真は、飯田船長が釣った5.6kgの板マスです。 船長から画像を送っていただきました。釣ったシャクリも写ってますが、ふちが紫色で、内側はパールホワイトのアクリル板製のものとのことでした。 この大物が釣れた棚は、シャクリまでで28mだったそうです。 飯田船長やりましたね!おめでとうございます!。 まだ、4月15日ですから、これから先は、さらなる大物も期待できますね!。 イルカさえ近くにいなければ、釣れそうですよ。

 

               **********

 サクラマス 定数釣りも、板マス5.3kg↑  日司漁港 北星丸 (杉野船長090−6876−5352)4月2日の釣果(2日記述): 船長から伺いました。 2日の午前5時に出港し、午前11時半までの釣り。 余別前浜の水深40m〜45mで。
 サクラマスは1人あたり
5匹〜定数、大きさは 5.3kgが1匹、3.2kgが1匹、3kgが1匹、2.7kg〜2.8kgが17匹、あとは1kg〜2kg超。 バケは500g〜600gで、いろいろなもの。 シャクリも様々なもので釣れていたそうですが、5.3kgは深海松シャクリ。上の写真2枚が釣った直後の血抜き前で5.3kgの大物板マスです。午前9時頃に釣れたそうです。 当店で午後1時20分に計測しましたが(血抜き済みで、4時間経過後)、尾叉長で 63.5cm、重さが5.0kg でした。何年ぶりでしょうかこんな大物板マスは!! 申し遅れました、釣り人は札幌市北区の 太田 潔さんです。おめでとうございます!。

               **********

下の写真は↓、アラスカへ遠征したときの写真ではありません、余市です!。 (この魚のせいで、アラスカの雰囲気出ちゃってません?)

 ↑ サクラマス釣り中に、キングサーモン10.5kg!  幌武意漁港 浜 丸(長内船長0135−45−6169)3月19日の釣果(2016年3月19日記述): 乗船したお客様からと、船長から伺いました。 午前6時前に出港し、正午前までの釣り。 余別沖と積丹岬無線塔沖の水深40m前後で。 サクラマスは全体で 7匹、 大きさは 2.3kgと2kgが各1匹、1.5kgが1匹、500g〜1kgが4匹。 ホッケは1人あたりで 30匹〜50匹、大きさは、30cm〜45cm。 シャクリは、黒水牛、鹿角が活躍。良型のサクラマスにショックリーダーを切られたり、やりとり中にバケ尻の針が折れたりして、良型をばらしたそうです。 しかしながら、上の写真のなんと、10.5kg の マスノスケ(キングサーモン)が釣れて、船上どころか積丹中の遊漁船の間で騒然となったそうです。釣り人は、札幌市豊平区の 金野 祐 さんです。金野さんのお話しによると、釣れたのは午前11時頃で、積丹岬無線塔沖の水深46m、棚は針までで40mだったそうです。 積丹でマスノスケのこのサイズが釣れたのは25年以上無いと思います。アラスカやカナダへ行かないで良型を釣るなんて、宝くじの1等当選に匹敵する確率ではないでしょうか?!。 このマスノスケが、選んで食らいついたのは、サバイバー250gモスグリーンオオナゴでした。 それにしても金野さん、よくぞ無事に釣り上げましたね!、お見事でした。おめでとうございます。 

 
     投 げ 釣 り 情 報  ・このページのトップへ戻る

★ 釣り会成績:小樽市銀鱗会の成績をご覧下さい。

◆ 真ガレイ  泊村 兜千畳敷  6月13日の釣果(13日記述) 釣りの帰りの余市町のお客様から伺いました。 兜千畳敷の先端右で、午前8時半頃に釣り開始して、雨降りで寒かったので午後1時過ぎに切り上げたそうです。 真ガレイ 30cm1枚、25cm1枚、20cm前後12枚。 塩イソメを使って、やや遠投。

◆ 真ガレイ 良型  泊村 兜千畳敷  6月9日の釣果(10日記述) 1日のこのサイトの情報を参考にして、きのう(9日に)釣ってきましたと、1日の情報の方とはまた別の余市町のお客様から伺いました。 兜千畳敷の先端よりもすぐ左側で、9日の午前11時半頃に釣り開始して、午後5時半頃に切り上げたそうです。 真ガレイ12枚、大きさは18cm〜38.5cm。30cm以上のサイズが4枚だったそうです。 カゴ無しの遠投竿が1本と、カゴを付けたチョイ投げ竿が1本、出したそうです。どちらの竿にも良型が釣れたそうです。エサは塩イソメ。  すぐ右隣に入っていた方は、カゴ無しで超遠投をしていたそうですが、真ガレイの 40cm1枚、42cm1枚を釣ったのを見てきたそうです。

◆ 真ガレイ  泊村 兜千畳敷  6月1日の釣果(2日記述) きのう釣ってきましたと、余市町のお客様から伺いました。 兜千畳敷の先端よりも左側で、1日の午後3時半頃に釣り開始。 午後6時半過ぎに切り上げたそうです。 真ガレイキープしたのは7枚、大きさは25cm〜35cm超。 あと、20cm前後の真ガレイを約15枚リリースしたそうです。 食わせエサは、生イソメ。 中投げの釣りで、70m前後の距離を投げたそうです。

◆ 真ガレイ、ホッケ  泊村 兜千畳敷  5月29日の釣果(29日記述) 釣りの帰りの余市町のお客様から伺いました。 兜千畳敷の先端よりも右側で、午前6時前から午前10時頃まで釣って来たそうです。 真ガレイは 10枚、大きさは20cm〜30cm超。 ホッケ2匹、大きさは30cm前後。 オキアミを入れたコマセカゴを付けて、食わせエサはイソメと塩イソメ。

◆ ホッケ  余市港  5月21日の朝の釣果(21日記述) 釣りの帰りの余市町のお客様から伺いました。 中防波堤で先端で、午前4時頃から釣り始め、午前8時過ぎに切り上げてきたそうです。このお客様お一人の釣果です。 
 ホッケが 2匹、 大きさは 30cm前後。 
 エサはイソメ。 オキアミを入れたコマセカゴは使ったそうです。きょうは真ガレイが釣れない日でした、とのことでした。最近は真ガレイは数は釣れないが、釣れると25cm以上だったそうです。

◆ 真ガレイ、ホッケ  来岸漁港、余別漁港  5月10日と11日の釣果(11日記述) 積丹町にお住まいのお客様が、10日の夕方と、11日の早朝、港内で短時間投げ釣りをしたら、数は少なかったそうですが、良型の真ガレイが釣れましたとの情報をいただきました。いずれも港内の船道に投げて。 
@ 10日の午後5時半ごろから午後7時前までの短時間、来岸漁港内で、
 真ガレイを1人で 3枚、大きさは 31cm、25cm、20cm。手のひらサイズはリリースしたそうです。
A 11日の午前5時から午前7時ごろまで、余別漁港内で、
 真ガレイを1人で 2枚、大きさは 30cm、22cm。手のひらサイズはリリース。 
 ホッケが 1匹、 大きさは 27cm。 
 エサはイソメ。

◆ 真ガレイ、ホッケ  余市港  5月9日の朝の釣果(9日記述) 午前8時半頃に余市港の中防波堤まで行って見てきました。 中防波堤での最初の角の右並びで、10人が釣りをしていました。 夜明け前後から釣っているとのことでした。
 真ガレイが1人あたりで 0枚〜3枚、大きさは 20cm前後。 
 ホッケが 0匹〜2匹、 大きさは 25cm〜30cm。 
 エサはイソメ。 オキアミを入れたコマセカゴは使っていました。

◆ 黒ガシラ、河ガレイ  余市河口漁港  5月4日の午前中の釣果(4日記述) 午前中釣って来た方が、午後からも釣っていきますとのことで、イソメを買いに来てくださいまして、お話をいただきました。 河口漁港の釣りデッキで朝から釣っているそうで、釣果はこの方がお一人で、黒ガシラ38cmを1枚、河ガレイの35cmを1枚。 近くで釣っている方も、黒ガシラの30cm超や、河ガレイの約36cmを釣っていたそうです。 昼前に釣り人が多くなってきたそうです。

◆ 真ガレイ  余市港  4月30日の朝の釣果(30日記述) 釣りの帰りの余市町のお客様から伺いました。 余市港の南防波堤の高台の上で、夜明けから釣りをして来たそうです。 手のひらサイズが数釣れて、全部リリースしていたそうですが、午前6時に 31.5cmが1枚、午前7時に 28cmが1枚 釣れたそうです。だんだん風が強くなってきて、午前8時前に切り上げたそうです。 エサは。海老粉まぶしの塩イソメ。

◆ 真ガレイ  余市港  4月18日の朝の釣果(18日記述) 余市港の南防波堤の高台の上で釣りをしていた人達を、午前7時過ぎからしばらく見てきましたとおっしゃる地元のお客様から伺いました。 南防波堤で高台に上がる階段の側で、舟道に投げていた方がよく釣っていたそうです。 夜明けか前から午前7時50分ごろまでの釣果ですが、
 真ガレイを1人で 15枚、大きさは 約20cm〜32cm。 
 エサはイソメ。 昨日までの底荒れが収まったような釣れ方だったそうです。

◆ 真ガレイ、ホッケ  余市港  4月17日の朝の釣果(17日記述) 午前8時半頃に余市港の中防波堤まで行って見てきました。 中防波堤での最初の角の右並びで、4人が釣りをしていました。 夜明けか前後から釣っているとのことでした。
 真ガレイが1人あたりで 0枚〜1枚、大きさは 約20cm。 
 ホッケが 2匹〜5匹、 大きさは 25cm〜30cm。 
 エサはイソメ。 オキアミを入れたコマセカゴは使っていました。まだ底荒れが有るようです、とのお話でした。 毎日のように日中に強風が吹くので、底荒れが収まりきれない感じです。

◆ ホッケ  余市港  4月16日の朝の釣果(16日記述) 午前8時半頃に余市港の中防波堤まで行って見てきました。 中防波堤での最初の角の右並びには、8人が釣りをしていました。 夜明けか前後から釣っているとのことで、釣果は
 ホッケが 2匹〜5匹、 大きさは 24cm〜30cm。 
 エサはイソメ。 オキアミを入れたコマセカゴは使っていました。前夜に強風で時化てましたので、底荒れがあったのか、きょうは真ガレイの釣果がほとんど無かったです。17日になって底荒れが収まれば、また釣れてくると思います。

◆ 真ガレイ、ホッケ  余市港  4月13日の朝の釣果(13日記述) 午前8時半頃に余市港の中防波堤まで行って見てきました。 中防波堤での最初の角の右並びには、10人が釣りをしていました。 夜明けか前後から釣っているとのことでした。
 真ガレイが1人あたりで 2枚〜10枚、大きさは 18cm〜25cm。 
 ホッケが 2匹〜10匹超、 大きさは 24cm〜30cm。 
 エサはイソメ。 オキアミを入れたコマセカゴは使っていました。

               **********

◆ 黒ガシラ良型!  石狩湾新港  3月13日の釣果(13日記述) 釣りの帰りの積丹町にお住まいの、中村健治様から伺いました。 石狩湾新港 花畔埠頭の階段状護岸で、お友達と4人で釣りを開始したのが、午前5時過ぎとのこと。風が強めだったそうですが、正午まで釣りをしてきたそうです。ぽつりぽつりと黒ガシラと河ガレイが釣れたそうです。午前1時ごろに切り上げたそうですが 黒ガシラは4人で6枚、大きさは上から、46cm、43cm、42cm、40cm、33cm、30cm。 左の写真は、中村さんが釣った 43cmの黒ガシラです(スマホ画像をいただきました)。 河ガレイ4人で6枚で、大きさは25cm〜30cm弱だったそうです。コマセカゴを使ったそうですが、カゴなしの竿でも黒ガシラが釣れたそうです。エサは、生イソメと塩イソメ。コマセカゴにはオキアミ主体の練りエサなど。 約60m〜70m投げていたそうです。 お友達と、時季的にもうそろそろ釣れるかもと行ってみたそうですが、良型が釣れてよかったと、喜んでました。

 

 

     防波堤・港内の釣り  ・このページのトップへ戻る

◆ 豆イカ、ヤリイカ   岩内港  6月14日の釣果(15日記述): 岩内町にお住まいのお客様から伺いました。 岩内港内の、旧フェリー埠頭と、中央ふ頭で、釣れているそうです。 エギ+おっぱいスッテで釣っている人達と、テーラー針+餌(鶏ササミなど)で釣っている人達がいるそうです。 釣果は1人あたりの数で 豆イカ5ハイ〜20パイ、大きさは胴長8cm〜12cm。 ヤリイカ1パイ〜5ハイ、大きさは胴長が18cm〜30cm。 日によってムラはあるそうです。

◆ ホッケ   珊内漁港  5月26日の釣果(26日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 珊内漁港の外防波堤のすぐ外側の磯で、早朝に、撒き餌を撒いてサビキ釣りをしていた人達が、調子よくホッケを釣り上げているのを見てきた方がいました。一度に2匹や3匹を釣り上げることもあり、数が釣れそうな勢いだったそうです。御本人はルアーでサクラマスを狙って珊内にいったそうですが、釣り人がとても多くて、目指していた場所に入れず、サクラマスは釣れなかったそうです。

◆ ホッケ   神岬漁港  5月20日の釣果(20日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 神岬漁港の外防波堤で、午前5時過ぎから釣りを初めて、食いが止まったあとの午前8時過ぎに切り上げて来たそうです。 釣れた時間帯は、午前6時頃から午前8時前の間だったそうです。 
ホッケを1人で 11匹、大きさは約30cm〜35cm。 撒き餌を撒いて、サビで釣ったそうです。 他の方達も釣っていたそうです。

◆港内での釣りなのですが、ルアーで釣った情報は、ルアー釣り情報のコーナーで紹介しております。

     ルアーフィッシング  ・このページのトップへ戻る

 バーサスU80シェルのカラーチャートです↓。この他にもお客様からのご注文で多くのカラーのものを製作しております。 なお一番下の2ケはディーヴァ90シェルのオオナゴカラーと、ブルーイワシです。

 

 下の写真は、アルミタイプのカラーチャートです↓。 カラーのバリエーションはこの他に多数ございます。

バーサスU80の、シェル/アルミ/ホロ などのカラーオーダーはお早めにお願い致します。 (特に数多く注文されるお客様にお願いします。1月中のご注文でないと、完成が遅くなってしまいます。)

               **************

◆ サクラマス  島牧村   6月24日の釣果(24日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 島牧村の北国澗で早朝から釣ってきたそうです。 24日の朝は、2匹が釣れたそうです。 1匹は40cm超、もう一匹は50cm超だったそうです。

◆ サクラマス  島牧村   6月23日の釣果(23日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 島牧村の北国澗に午前2時頃に着いて夜明け前から釣ってきた方が、午前4時前に1人で2匹釣って来たそうです。 ルアーは、14cmのミノーだったそうです。 そばで釣っていた人達が釣った分も含めると全体で 6匹が釣れたそうです。 ほとんどが50cm未満の小さい魚で、完全に終盤を感じたそうです。 

◆ ヒラメ   岩内港  6月13日の釣果(15日記述) 13日の夕方の情報を14日にいただきました。実際に釣った方の近くで見てきた方からの情報です。 東外防波堤の港内側で、13日の午後5時ごろから午後6時過ぎ頃までの短時間に、1人で6枚も釣った方がいたそうです。 この時間帯に食いが立ったようだった、とのことでした。 6枚のうち4枚は小さくてリリース。 40cmを超えていた2枚をキープしたそうです。 3インチ〜4インチのワームを使って釣っていたそうです。

◆ ヒラメ 70cm  岩内港内  6月9日の釣果(10日記述) 9日に釣りましたと、お客様から伺いました。 岩内港内の漁業者埠頭の先端で、9日の午後6時頃(まだ明るいうち)に、釣り上げた直後 70cm のヒラメを釣ったとのお話を、10日に伺いました。 ルアーは、カットバッカー28gでカラー名はわかりませんが、ブルピンに近い色のものだったそうです。  また、別のお客様から伺いましたが、岩内港内では先月から良型が少し釣れているそうです。

◆ サクラマス  島牧村、神恵内村  6月5日の釣果(5日記述) 運良く釣れた方と釣れなかった人、釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 島牧村の北国澗で夜明け前から釣ってきた方が、午前5時頃に、1匹 釣ったそうです。当店で午前9時前に計測しましたら、袋の入ったままでしたが、尾叉長で 約55cm、重さは 2.5kg でした。 ルアーは、アスリート14SSのカタクチカラーとのことでした。  A 珊内川河口海岸で、夜明け前から釣ってきた人たちがいましたが、午前5時頃に、約50cmが1匹 釣れたそうです。こちらもルアーは、アスリートスリム140SSで、カラーはピンクバックイワシとのこと。 沖で跳ねが結構あり、アタリが何度もあり、バラシも2回あったそうです。2匹のバラシのうちの1匹は、結構な良型だったそうで、悔しがってました。

◆ サクラマス  古平町  6月4日の釣果(4日記述) きょう釣りましたと、古平町在住のお客様から伺いました。 最近毎朝のようにその場所でサクラマス釣りをしているので、場所はかんべんしてください、とのことでしたが、釣果情報を教えてくれました。 4日の夜明け前に、古平町内の某所で、サクラマス2匹3kg超と 2kg弱だったそうです。 12cmと14cmのミノーで釣ったとのことでした。

◆ ニジマス、イワナ、ヤマベ  余市川  6月3日の釣果(3日記述) 釣りの帰りの余市町のお客様から伺いました。 余市川上流部の、落合ダム下から本流との合流点よりも少し上までの間で、午前5時前から午前10時過ぎまで釣ってきたそうです。 ニジマス2匹で、50cm超と約25cm。 ヤマべ2匹、18cm前後。 イワナ約20匹、大きさは20cm〜30cm超。 ルアーは、D-コンタクト50を使用。 魚は全部リリースしてきたそうです。

◆ サクラマス  神恵内村  6月1日の釣果(1日記述) 釣りの帰りに来店されたお客様から伺いました。 竜神岬で暗いうちから釣ってきたそうですが、午前4時半頃に、2匹釣れたとのことで、当店で午前10時前に、袋に入ったままの魚の重さだけを計りましたら、3.1kg1.65kgでした。 アスリート12SSのピンク夜光で釣ったそうです。 この方の2匹のほかに1匹を釣った人がいたそうです。

◆ サクラマス  島牧村  5月31日の釣果(31日記述) 釣りの帰りの3人組のお客様方から、31日の正午頃に伺いました。 島牧村の北国澗で、夜明け前の薄暗いうちにに、3人のうちのお二人が1匹ずつ釣ったそうです、大きさは2匹ともに、50cm弱だったそうです。魚は跳ねていて結構いる感じだったそうですが、この2匹以外は食ってこなかったそうです。

◆ サクラマス  島牧村  5月28日の釣果(29日記述) 釣りの帰りのお客様方から、28日の午後7時過ぎに伺いました。 島牧村の大平海岸の岩場で、午前4時30分頃に、50cm超のサクラマスを1匹釣りましたと、余市町のお客様から伺いました。

◆ サクラマス  神恵内村、積丹町、古平町  5月27日の釣果(27日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 珊内川河口の左の岩場で、午前5時半頃に、55cm超のサクラマスが1匹、ミノーで釣れたのを見てきた、とのお話でした。 A 積丹町の幌内府川河口の右の磯で、午前6時頃に、約48cmが1匹釣れたそうです。 ルアーは、アスリート12SSのグリーン系の色でした、とおっしゃってました。 B 古平川河口の右海岸では、午前5時半頃と、午前7時頃に、1匹ずつ(合計2匹)釣れたそうです。 大きさは2匹ともに50cmぐらいだったそうです。 午前5時半頃に釣れた魚は、T−ランチャー30gで釣れたと伺いました。

◆ サクラマス  神恵内村  5月26日の釣果(26日記述) 釣りの帰りに午後5時半頃に来店されたお客様から伺いました。 @  このお客様が竜神岬で、午前5時過ぎに、50cm超のサクラマスを1匹釣ったそうです。ルアーはジャクソンのジグミノーのアスリート9JMのオオナゴカラーだったそうです。 A 同じお客様が竜神岬を切り上げた帰りに、午前8時過ぎに珊内川河口海岸に寄ってみたら、釣り人がとても多く、沖にサクラマスの跳ねも見えたそうですが、ご自分も周りでも釣れなかったそうです。 早くから釣っていた方に聞いたら、早朝に河口の右側で 2匹と、河口よりも左側は、岩場も含んだ広い範囲で 5匹が釣れたとの話を聞いたそうです。(合計7匹) さらに、珊内で26日に良かったのが、グリーン系のジグミノーとミノーだったとの事でした。

◆ サクラマス  神恵内村、積丹町  5月25日の釣果(25日記述) 釣りの帰りに来店されたお客様方から伺いました。 @  珊内川河口の右海岸で、午前4時半頃に、約50cmのサクラマスを釣ったのを見たそうです。何かのミノーで釣ったように見えたそうです。風がますます強くなり、波もさらに高くなったので、午前8時頃に切り上げてきたそうです。 A 25日の夜明けから古平川河口の右海岸で釣ってみたそうですが、釣れなかったそうです。釣り人は6人来ていたそうです。

◆ サクラマス  神恵内村、積丹町  5月24日の釣果(24日記述) 釣りの帰りに、午前9時半頃に来店されたお客様方から伺いました。 @ 釣った方と少し離れた場所にいたそうなので、はっきりと見えなかったそうですが、 珊内川河口の右海岸で、午前5時半頃に、60cmぐらいに見えたサクラマスを釣った人がいたそうです。 何かのミノーで釣ったように見えたそうです。 A 23日に釣れた情報を24日に伺いました。 来岸の岩場で、23日の早朝に2匹釣ったそうです。 大きさは2匹ともに2kgだったそうです。 

◆ サクラマス 今季初   古平町 古平川河口海岸  5月22日の釣果(22日記述) 左の写真は、22日の午前4時半頃に、古平川河口の右海岸で釣れたサクラマスです。 釣り人は、白石区の 村上 大輔 さん です。 当店で22日の午前9時40分に計測しましたら、尾叉長で 50.5cm、1.9kg ありました。 ルアーは、プレスベイトカムイ110の赤金とのことでした。 村上さんは当店ダービーに早くからご参加を頂いておりましたが、今シーズンは忙しくて、ほとんど釣りに行けてなかったそうで、きょう釣れたのがとても嬉しかったようです。 他に2人が近くで釣りをしていたそうですが、もうひとりが同じくらいのサイズを1匹釣り上げたそうです。 (22日の早朝は、古平川河口右海岸で2匹です。)  さらに、22日の午前10時半頃になってから、来岸漁港の右の磯で、約50cmのサクラマスを1匹釣った方が、帰りに寄っていただき、情報をいただきました。ルアーは、岡ジグAT−30のホロピンクだったそうです。  ◆ また別のお客様から伺いました。 珊内河口の右海岸で早朝からお昼ごろまで釣ってきたそうですが、2回バラした人がいただけで、22日の午前中は釣れなかったそうです。 ◆ 幌武意漁港の東防波堤(内防)の先端で、早朝から午後2時ごろまで粘ってきたお客様がいました。 回遊するサクラマスが時々近間で見えるので、粘ってしまいましたが、2回バラシがあったそうですが、釣り上げることはできなかったそうです。

◆ サクラマス   積丹町、神恵内村  5月21日の釣果(21日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 夜明け前から、美国小泊海岸の出崎になっている場所の下で、午前5時半頃に、約45cmのサクラマスが1匹釣れたそうです。 ルアーは、ショアラインシャイナーSL14LDーSの赤金で釣れたとのことでした。 A 午後2時前に来店されたお客様が、珊内川の河口から右側(港側)に寄ったところにあるテトラポッドの上から釣り始めたのが、午前10時半頃とのこと。入れ違いに帰っていった方が、跳ねが見えるがなかなか食ってこないと話していたそうです。釣り始めたらやはり跳ねやモジリが断続的に見えたそうです。途中で1回バラしがあったそうですが、釣れなかったそうで、正午を過ぎてからラスト10投したら引き上げようと決めた7投目にヒット!。 慎重に寄せてランディングもうまくいったそうです。近くにいた方が計測してくれて、65cmで、ちょうど4kgあったそうです。ルアーはバーサスU80シェルのピンクバックとのこと。 この辺りは浅い上にゴロタ場でルアーが傷みましたし、海藻も結構生えて来ていてルアーのロストもあったとのことでした。 当店のサクラマスダービーにご参加頂いていませんでしたが、詳細な情報をくださいましたので、写真を撮ってこの欄に掲載しましょうか?と申し上げましたが、来年ダービーに参加してから、撮してもらいますよ、と笑ってました。

◆ サクラマス   島牧村、神恵内村  5月19日、20日の釣果(20日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 @ 19日の夕方来店されたお客様が、島牧村の北国澗で 夜明け前から釣って来たそうです。 19日の午前4時頃から釣れ始めて、午前5時頃に止まったそうです。この間に、5人で8匹が釣れたそうです。大きさは、50cm〜65cmぐらいとのことでした。 14cm前後のミノーが反応が良かったそうです。このお客様が3匹目に掛けた魚が大物で、タモ入れに手こずっているうちに、ミノーの針に付いていたスプリットリングが壊れたのか、抜けていったのか、バラシてしまったそうです。 A 20日の夜明け前から、神恵内村の竜神岬に入った方が、イルカの群れが寄ってきたせいか釣れなかったそうで、珊内川の河口海岸に移動したら、夜明けに数匹が釣れて食いが止まったところだったそうです。午前8時頃まで釣ってみたそうですが、その後は1匹も釣れなかったとのことでした。

◆ サクラマス   神恵内村  5月18日の釣果(18日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 夜明け前から竜神岬で釣ってみたそうです。 釣り人は10人ほど来ていたそうです。 夜明け前後に、離れたところで釣っていた1人の方が、2匹釣ったのが見えたそうですが、その後(午前中)は、跳ねは何度か見たそうですが、釣れなかったそうです。その2匹ともに2kg前後の大きさに見えたそうです。釣れたルアーは見えなかったそうですが、ジグかジグミノーのだったと思います、とのお話でした。

◆ サクラマス   積丹町  5月16日と17日の釣果(17日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 @ 16日、夜明け前から美国小泊海岸の出崎の下で、ご友人と2人で釣り始めたそうです。ほかにも数名の方たちが釣りに来ていたそうです。 午前4時過ぎの明るくなる前に 1匹が釣れたそうで、大きさが57cmあったそうです。ルアーは、コンタクトイーノのピンクバックだったそうです。 正午ごろになってもうお一方が 約50cmを釣って、二人ともに1匹ずつ釣れて良かったと、喜んでました。ルアーはバーティス120Sのイワシカラーとのことでした。 A 17日の午前9時半ごろに寄ってくださったお客様が、17日の早朝に積丹町の某所で 約50cmが1匹釣れましたと、教えてくださいました。

◆ エギで ヤリイカ豆イカ   余市港  5月15日の夜の釣果(17日記述) 釣ってきた方から伺いました。 南防波堤のガードレールがあるところで、15日の午後7時頃から、午後10時過ぎまで釣ってきたそうです。 釣果は ヤリイカ2ハイ、大きさは胴長で25cm前後。 豆イカ3バイ、大きさは胴長で7cm〜8cm。  エギは、ナオリーレンジハンター1.5号シャローのオールピンクだったそうです。

◆ サクラマス 3.9kg  岩内町 敷島内海岸  5月15日の釣果(15日記述) 左の写真は、15日の午前4時過ぎ頃、岩内町の敷島内海岸(岩場)で釣れたサクラマスです。 釣り人は、倶知安町の 高橋 竜馬さん です。 当店で15日の午後6時過ぎに計測しましたら、尾叉長で 63.0cm、3.90kg ありました。 ルアーは、ショアラインシャイナーZ140LD-Sのオオナゴカラーとのことでした。 高橋さんは、今年度ダービーの自己記録(4月7日の2.9kg)を、1kgアップで更新しました。 サクラマスダービーの順位更新が半月以上ぶりでした。 4月は良型サクラマスのラッシュでしたが、5月に入ってからは、やや小型が釣れていましたので、このサイズは嬉しいですね!。 ダービー期間もあと一ヶ月です、大物目指して頑張りましょう!。

◆ サクラマス  古平町  5月15日の釣果(15日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 @ 夜明け前から古平川河口で釣ってみたそうです。 午前4時半頃にサクラマスが1匹釣れたそうです。 大きさは約50cmだったそうです。ルアーは、14cmのシンキングミノーのグリーンゴールドだったそうです。 A 古平町の沖村川河口よりも右海岸のセタカムイ記念碑下(ゴロタ場)で、午前4時30分頃に、約50cmが1匹釣れたそうです。ルアーは、アスリート12SSのカタクチカラーだったと伺いました。

◆ サクラマス   神恵内村、積丹町  5月14日の釣果(14日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 @ 夜明けから珊内川河口海岸で釣りはじめたそうです。 午前6時半頃になってからサクラマスが1匹釣れたそうです。 大きさは50cm弱だったと伺いました。ルアーは、カラーがグリーンゴールドのジグだったそうです。 A 13日の朝に釣ってきましたと、古平町にお住まいのお客様から14日に伺いましたが、積丹町の某所で、午前6時半頃に1匹釣ったそうです。大きさは3kgだったそうです。 ウインドリップ105Sで釣ったとのことでした。

◆ 豆イカ、ヤリイカ   岩内港  5月12日〜13日の釣果(13日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 岩内港の旧フェリー埠頭で、12日の午後6時頃から、13日の午前4時まで釣ってきたそうです。 釣果は 豆イカを20パイ、大きさは胴長で12cm〜13cmと大きかったそうです。 ヤリイカを1パイ、大きさは胴長で約15cm。 エギは、豆イカが数釣れるので、1.5号〜1.8号を使ったそうです。エサは併用しなかったそうです。 豆イカが大きくて驚いたともおっしゃってました。

◆ サクラマス   積丹町  5月13日の釣果(13日記述) 3人組の釣りの帰りのお客様方から伺いました。 釣りの帰りに来岸漁港の左側ので、サクラマス2匹を釣り上げて袋に入れておいてあったのを見てきたそうです。

◆ ヤリイカ、豆イカ   岩内港  5月9日の釣果(9日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 8日の夜遅くから、旧フェリー埠頭で釣ってみたそうです。 9日の午前1時半ごろに釣れ始めて、午前2時過ぎに釣れていたエギを根掛かりさせてロストして、イカ狙いを終了したそうですが、釣果は ヤリイカを4ハイ、大きさは胴長で30cm前後。 豆イカを2ハイ、大きさは胴長で8cm〜9cm。 ナオリーRH2.2Bのオールピンクを使ったそうです。

◆ サクラマス   神恵内村  5月7日の釣果(7日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 竜神岬には10人前後が釣りに来ていたそうです。 午前6時頃に近くで釣っていた方が、約60cmで、3kg超ありそうなサクラマスを1匹、ミノーで釣ったそうです。 午前9時頃に引き上げてきたそうですが、帰る時見たら、もう1人が魚を入れた袋を持っていたそうで、7日の朝は、2匹が釣れたと思います、とのお話でした。 

◆ サクラマス   積丹町  5月6日の釣果(6日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 余別漁港と来岸漁港の間の岩場で、午前4時半頃に、1匹釣ってきた方がいました。 60cm超で約3kgとのことでした。 ルアーは、アスリートスリム14SSのパールピンクだったそうです。  A 幌武意漁港の右側のゴロタ場で釣ってきた方から伺いました。 早朝に、ゴロタ場で2匹と、防波堤のテトラ上から1匹が釣れたそうです。 B 見てきた方から伺いました。午前4時半前に、美国の小泊海岸の突堤から 1匹釣ったかたがいたそうです。

◆ サクラマス   積丹町、古平町  5月5日の釣果(5日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 積丹町、幌武意漁港の東防波堤の外側のゴロタ場で、午前6時前後に3匹か4匹が釣れたそうです。 3kg超を1匹釣ってきた方から伺いました。ルアーは、ウインドリップ105Sのグリーンバックだったそうです。  A 見てきた方から伺いました。午前6時前後に、余別と来岸の間で2匹が釣れたそうです。 B 古平町の沢江海岸で、午前6時から午前7時前の間に、3人の方が1匹ずつ、合計3匹が釣れたそうです。 バラシも何度かあったそうです。
◆ サクラマス   積丹町、余市町  5月4日の釣果(4日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 積丹町美国の小泊海岸(ガソリンスタンド下)で、午前5時30分に1匹。 午前6時30分前後に2匹、合計3匹が釣れたそうです。見てきた方から伺いました。 A 余市町出身のお客様が、浜中の砂浜(夏に海水浴場になる場所)で、午前5時半頃にピンク色のジグで1匹釣ったそうです。 同じ頃、近くにいた方も1匹釣ったのを見たそうです。

◆ サクラマス   共和町、積丹町  5月3日の釣果(3日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 堀株川河口の右海岸で、午前4時5分と、午前4時15分に、1匹ずつ合計2匹を釣ってきた方がいました。当店で大きい方の重さだけ計りましたら、3.75kgでした。もう1匹の方も3kgはありそうな魚でした。 A 古平町にお住まいの方が、町内の海岸で 2.6kgを1匹釣ったそうです。  その他、余別と来岸の間や、美国の小泊海岸で、釣れたという関節情報が入ってきました。

◆ サクラマス   島牧村、神恵内村、積丹町  5月2日の釣果(2日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 島牧村の北国澗で、早朝に良型1匹を含んで数匹(5匹か6匹)釣れていたそうです。 A 珊内漁港周辺の磯で、早朝に6匹か7匹が釣れたそうです。B 浜西河の磯で朝に2匹か3匹。  C 美国の小泊海岸の道路下の砂浜で1匹(約4kg)、古平方向のある出崎で、朝に1匹か2匹。 D いりか漁港の外側の磯で、午後1時半頃に1匹釣った方がいました。

◆ サクラマス 大物!  神恵内村  5月1日の釣果(1日記述) 左の写真は、当別町の 鈴木 知秋さんが、午前11時過ぎに来店されて、『良型を釣りました』 とのことでしたので、早速計測しましたら、尾叉長で 66.0cm、重さが 4.95kgありました。 釣った時刻は午前5時15分とのことですし、血抜きもしたとのことですから、釣り上げたときは間違いなく5kgを超えていたと思われます。この魚は、いわゆる板マス体型では無く、キングサーモン体型のサクラマスでしたね。 釣った場所は、鈴木さんが6年前の5月26日に超大物を釣り上げた所と同じ、竜神岬。 ルアーも同じだそうで、タイドミノー145Fのサヨリカラーとのことでした。今年は、5月1日にこのサイズが釣れましたので、この先は、さらなる大物が期待できそうです。 皆さん頑張ってください!   その他の5月1日の釣果です:5月1日は、美国で数が釣れました。 小泊海岸で、1人で3匹(52cm、56cm、60cm)を釣った方がいたそうです。 同じ美国内の別の場所で、2匹と釣った方と、3匹を釣った方がいたそうです。

◆ サクラマス   島牧村  4月30日の釣果(30日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 島牧村の北国澗の千走側で釣ってきたそうです。千走側はアメマスしか釣れなかったそうですが、18番側では、サクラマスが6匹前後が釣れたそうです。早朝のまだ風が強くなる前の時間帯に釣れたとのことでした。60cm超えの良型が1匹混じった、とも伺いました。

◆ サクラマス   積丹町、島牧村  4月29日の釣果(29日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 余別と来岸の中間あたりの磯で、サクラマスの小さい群れがいたそうで、夜明けから午前7時頃までの間に、全体で(数人で) 約12匹 が釣れたそうです。お一人で7匹を釣ってきた方がいましたが、最大で約3.5kgだったそうです、ご自分のダービーの記録より小さかったので、写真は撮りませんでした。お一人で7匹釣った方は、タイドミノー175と200を使ったそうです。 A 島牧村の泊川の河口よりも右側の海岸で、早朝に 約60cmを1匹 釣ってきた方がいました。

◆ サクラマス   神恵内村、積丹町  4月28日の釣果(28日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 珊内川河口海岸で、早朝に 3匹が釣れたそうです。 どんどん風が強くなり波をかぶるようなったので、引き上げて来たとのことでした。  A 幌武意漁港の東防波堤の中程から、早朝に 2匹が釣れたそうです。 きょうの風向きからすると、幌武意は比較的風に強いはずなのに、あまりにも風が強くて、切り上げて来たとのことでした。

◆ サクラマス ↑  神恵内村  4月27日の釣果(28日記述) 上の写真は、珊内川河口の右海岸で、午前10時頃から午後5時頃釣ってきた札幌市東区の 森田さんとお友達が釣ったサクラマスです。当店で午後6時過ぎに計測しました。 左側は 森田 康祐さん森田が釣った、62.5cm、3.82kg です。ショアラインシャイナーZ120Fのサケ稚魚で釣ったそうです。ご自分の記録を更新して、当店ダービーの第7位に入ってきました。 右側の写真は、森田さんに同行してサクラマス釣り初挑戦だった 札幌市北区の 湯野 健太郎さんです。 湯野さんの魚は、61.5cm、3.65kgありました。 初めてで良型が釣れたので大変喜んでいました。湯野さんはバーティス120Sの赤鮭稚魚で釣ったそうです。 森田さんはこの日、お一人で6匹を釣り上げて、その他にバラシもあったそうです。 風が強く時化気味だったそうですが、近くにイルカの跳ねも見えたそうで、イルカに追われたサクラマスの群れが岸寄りを回遊していたのではないかと、おっしゃってました。

◆ サクラマス  積丹町  4月27日の釣果(27日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 幌武意漁港の東防波堤の外側のゴロタ場で釣ってきたそうです。 朝イチは釣れなかったそうですが、午前8時半過ぎから午前9時過ぎ頃までの間に、ゴロタ場で1匹と、防波堤のテトラの上からも1匹、釣れたのを見てきたそうです。 離れていたので大きさはわからなかったそうですが、中型ぐらいに見えたそうです。

◆ サクラマス   島牧村、神恵内村  4月26日の釣果(26日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 神恵内村の珊内川河口海岸で、夜明けに 約50cmを1匹釣ったお話を伺いました。 A 島牧村の江ノ島海岸の18番で、午前5時半頃釣れたそうです。 当店で正午過ぎに計りましたら、3kgでした。 ルアーは、蓮ベイト28gのブルピンカラーとのことでした。

◆ サクラマス   島牧村、神恵内村  4月24日の釣果(24日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 神恵内村の珊内川河口海岸で、夜明けに 約45cmを1匹釣ってきた方がいました。ルアーは、プレスベイトカムイ1109のピンク稚魚だったそうです。 A 島牧村のコベチャナイ海岸の左側の岩場で、午前8時半頃になってから続けて2匹が釣れたそうです。 当店で午後1時半頃に計ったら、2匹とも3kgでした。ルアーは、ソウルズのドラゴンビート40gとのことでした。

◆ サクラマス 3.82kg  珊内海岸  4月23日の釣果(23日記述)左の写真は、珊内漁港の右側のゴロタ場で、午前5時半頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、小樽市桜の 前 哲睦さんです。 当店で午前11時40分に計測しましたら、尾叉長で 61.0cm、3.82kgありました。 ルアーは、アスリート12SS(ミノー)の以前のカタクチカラーで釣ったそうです。 他に近くで3人が釣っていたそうですが、釣れてなかったそうです。ベタ凪の日だったそうです。  その他の釣果情報では、いずれも釣った御本人から伺いましたが、江ノ島海岸の18番で、午前6時に約50cm1匹、午前7時頃に約60cmを1匹の、合計2匹を釣っていた方がいました。 更に、精進川河口の右海岸で、午前4時半過ぎに1匹釣ってきた方がいまして、袋に入った魚を見ましたら、3kgありそうな感じでした。当店サクラマスダービーの第7位にくい込んできました。

◆ サクラマス 2.7kg  古平川河口海岸  4月22日の釣果(22日記述)左の写真は、古平川河口の右側約200mで、午前5時半頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、札幌市西区の 薄井 博行さんです。 当店で計測しましたら、尾叉長 56.0cmで、2.70kg ありました。 ルアーは、ネッサのミノーで14cmのシンキング、カラーはブルーバックだったそうです。火口周辺は濁っていたので離れて釣ってみたそうです。 伺った限りでは、その他の場所では、22日はあまり釣果が無かったような感じでした。

◆ サクラマス  島牧村  4月21日の釣果(21日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 北国澗で釣ってきたそうですが、風が強烈になるまでの間に釣れたそうです。 数は全体で 9匹。 大きさは、まずまずだったそうですが、60cmを超えるような大物は無かったと思います、とのお話でした。 風が強くなる一方だったので、午前8時前後に、ほとんどの方が引き上げたそうです。

◆ ヤリイカ   余市港  4月20日の夜の釣果(21日記述) 釣ってきた方から伺いました。 南防波堤の高台の中ほどで、20日の午後8時ごろに釣り開始。午後9時過ぎに切り上げたそうです。 釣果は1人で 3バイ。大きさは、胴長で 30cm〜35cm。餌巻きエギでの釣果。エサは、鶏ささみ肉。 そばで釣っていた人も、2ハイか3バイを釣ったそうです。

◆ ヤリイカ   余市港  4月19日の夜の釣果(20日記述) 釣ってきた方から伺いました。 南防波堤の高台の中ほどに、19日の午後7時半ごろに釣りに入った方が、午後9時過ぎに切り上げたそうです。 釣果は1人で 3バイ。 大きさは、胴長で30cm〜40cm。餌巻きエギを使ったそうです。エサは、鶏ささみ肉

◆ ヤリイカ   余市港  4月18日の夜の釣果(19日記述) 釣ってきた方から伺いました。 南防波堤の高台の中ほどに午後8時ごろに釣りに入った方が、午後10時に切り上げたそうです。 釣果は1人で 3バイ。 大きさは、胴長で28cm、33cm、40cm。 餌巻きエギを使ったそうです。エサは、鶏ささみ肉

◆ サクラマス  神恵内村  4月19日の釣果(19日記述): 午前6時頃に珊内川河口海岸に釣りに行った方が、河口右で釣っていたお一人の方の足元に、魚を入れた袋が置いてあったのを見たそうです。 1匹入っていたそうです。60cm弱らいに見えたそうです。 最近は、余市町内の登川河口海岸〜大浜中海岸でも少しずつ釣れています。

◆ サクラマス  神恵内村  4月17日の釣果(17日記述) 釣りの帰りのお客様が、重さを量っていただけませんか?との依頼があり、午前10時45分頃に計りましたら、尾叉長で 64cmで、4.1kg ありました。 釣った場所は、珊内川河口の右海岸で、夜明けに釣れたそうです。 釣ったルアーは、岡ジグLT−35の、サケ稚魚赤金だったそうです。

◆ サクラマス   積丹町、神恵内村  4月15日の釣果(15日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @余別川河口の右海岸(河口から離れた場所)で、午前6時頃に、60cm超のサクラマスを1匹釣ったそうです。ルアーは、福女子の根ボッケカラーで釣ったそうです。   また、別のおきゃくさまですが A古宇川河口のすぐ右海岸で、午前7時頃に、60cm超のサクラマスを1匹釣ったそうです。ルアーは、バーサスU80シェルで、カラーがブラックシェルだったそうです。同じ頃に、河口の左海岸で釣っていた方が、50cm弱のサクラマスを1匹釣ったのを見たそうです。

◆ ヤリイカ   余市港  4月15日の釣果(15日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 14日の夜にヤリイカ狙いで余市港の中防波堤に入ったそうです。 外海側を時々ヤリイカの群れが移動して行くのが見えていたそうですが、ご自分も周りの方達もほとんど釣れなかったそうです。 午前2時を過ぎる頃、中防波堤の内側でヤリイカが濃くなって、ポツポツと釣れ始めたそうです。午前3時過ぎまでまずまずのペースで釣れたそうですが、その後はペースが落ちてきて、夜明け前に止まったそうです。 このお客様は1人でエギで4ハイを釣ったそうですが、1〜2ハイの方も10パイ近く釣った方もいたと思います、とのことでした。 テーラーに餌を乗せてウキ釣りで釣っていた人達の中には、20パイほどを釣った方もいたように思います、とのお話でした。 これよりもかなり前の時間帯(夕方)に、エギで数ハイ釣った方もいましたよと、また別なお客様から伺いました。

◆ サクラマス 4.55kg  島牧村 第二栄浜漁港  4月14日の釣果(14日記述)左の写真は、第二栄浜漁港の外防波堤の外側の岩場で、午前9時半頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、余市町の 稲沢 武さん です。 当店で午後4時頃に計測しましたら、尾叉長 65.5cmで、4.55kg ありました。 実績ポイントは釣り人で混雑しているので、数年前に、混雑していない場所を探していて、この場所で釣ったことがあり、今回ここに入ったそうです。今年も釣ってますね!。 ルアーは、タイドミノースリム175のカタクチカラーで釣ったそうです。

◆ サクラマス 4.25kg  寿都町 政泊海岸  4月14日の釣果(14日記述)左の写真は、政泊海岸の磯で、午前5時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、小樽市新光の 村山 徳生さん です。 当店で午前11時40分頃に計測しましたら、尾叉長 63.0cmで、4.25kg ありました。 ルアーは、AKジグMari40gの フルピンク。 4kgオーバーのサクラマスを釣ったのは、村山さんは初めてとのことで、大変喜んでました。本当に良かったですね!。 (4kg超はまだの方はがんばりましょう!、今年は大きなチャンスです。)

◆ サクラマス 4.50kg  神恵内村 竜神岬  4月13日の釣果(13日記述)左の写真は、竜神岬の先端の左側で、午後2時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、小樽市桜の 若見 昌三さん です。 当店で午後3時15分頃に計測しましたら、尾叉長 65.0cmで、4.5kg ありました。 ルアーは、自作ジグ35gで、カラーはチャートバックサケ稚魚とのこと。 若見さんは、午前5時前から竜神岬に入り、午前8時までにアメマス、ホッケ、小サクラを釣ったそうですが、その後は午後1時頃まで車内で睡眠をとったそうです。午後1時過ぎから釣りを再開。 午後2時前にサクラマスの跳ねが見えたそうで、その方向へジグを遠投して、3投目にこの大物がヒットしたそうです。これもまた大物をよく上げましたね!。当店サクラマスダービーのトップがまた入れ替わりました。   また、この釣果の他にも、釣りの帰りのお客様方から伺いましたのは、西積丹側の海岸で1人で2匹、東積丹側の海岸で1人で2匹(1匹は4kg超)、早朝に龍神岬で2kg超1匹。

◆ サクラマス 4.30kg  積丹町 幌武意漁港  4月12日の釣果(12日記述)左の写真は、幌武意漁港の東防波堤の中程から外海側で、午後3時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、札幌市手稲区の 熊谷 利正さんです。 当店で午後4時20分頃に計測しましたら、尾叉長 64.0cmで、4.3kgありました。ルアーは、バーサスU80シェルのサケ稚魚カラー。 熊谷さんは毎年のようにバーサスU80サケ稚魚カラーで良型を釣っていますが、御本人は『このルアーだけあれば、この時期の良型サクラマスは大丈夫。』とおっしゃいました。当店サクラマスダービーのトップに出ました!。 熊谷さんはこの日が今シーズン初のサクラマス釣行だったそうです。 この魚を釣る直前に釣ったという、2kg超ぐらいのサクラマスをもう1匹持ってました。 午後2時前から幌武意で釣り始め、次第に波が高くなってきていた中での釣果だったそうです。 この日も撮影時は雨が降っていましたので、玄関の軒下での撮影になりました。

◆ サクラマス 3.60kgで自己記録更新  寿都町 樽岸海岸  4月12日の釣果(12日記述)左の写真は、樽岸海岸の建岩漁港寄りの磯で、午前5時半頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、古平町の 鈴木 篤志さん です。当店で午前10時前に計測しましたら、尾叉長 57.0cmで、3.6kg ありました。背中の盛り上がりが具合は完全板マスですね!。 ルアーは、カブキメタル35gのサケ稚魚カラーだったそうです。 鈴木さんはこの魚で、順位は変わりませんが、自己記録の更新です。鈴木さんは、他に3匹(2.8kg1匹と2kg弱が2匹)釣ってました。合計4匹の釣果でした。 また、他のお客様からの情報ですが、余別川河口海岸で、早朝に2匹。 幌武意漁港外側のゴロタ場で、朝のうちに6匹前後(1匹4kg超えを含む)。

◆ サクラマス 4.70kg↑  神恵内村  4月11日の釣果(12日記述) 左の写真は、神恵内村の海岸で、午前7時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、札幌市中央区の 梅木 直哉さん です。 当店で午後12時半に計測しましたら、尾叉長 64.0cmで、4.70kgもありました。  釣りの帰りにきょう釣ったジグを買うのに来店された際、結構良い型を釣りましたとのお話でしたので、計らせてくださいとお願いしました。 クーラーから取り出した時、入り切らずに湾曲した魚を見た時思わず 『おーーー!』と声をあげていました。 予想を上回る大きさの迫力に驚かされました。 でかい!。 よく上げましたね!。 おめでとうございます。 この大物は、AKジグ Mari40gのグリピンで釣ったそうです。 (計測時は、雨と風の悪天候になってましたので、当店玄関軒下での撮影になりました。)

◆ サクラマス 4.20kg  古平町 沖村海岸  4月10日の釣果(10日記述)左の写真は、沖村海岸の磯場で、午前5時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、仁木町の 堀 新弥さんです。7日に釣った3.35kgを大きく更新しました。 当店で午前8時前に計測しましたら、尾叉長 63.5cmで、4.20kg ありました。 ルアーは、AKジグ Mari 40gのピンクイワシカラーとのこと。当店サクラマスダービーのトップに出ました!。  昨日、幌武意でも釣れてきているとのお話も聞きましたので、東積丹側の広い範囲で最盛期に入った感じです!  これからしばらくの間は、毎日のように、目まぐるしいほど順位の入れ替わることが予想されます。  <その他の情報>ですが、いずれも間接的な未確認情報で恐れ入ります。 島牧村千走海岸(数釣りも)、寿都町浜中海岸、神恵内村、幌武意海岸、などで早朝に少しずつ釣れたそうですが、まもなく風が強くなり切り上げてきた人達が多かったです。

◆ サクラマス 3.35kg  神恵内村町  4月10日の釣果(10日記述) 左の写真は、神恵内村の海岸で、昼過ぎに釣れたサクラマスです。 釣り人は、札幌市東区の森田 康祐さん です。 当店で午後5時過ぎに計測しましたら、尾叉長 57.0cmで、3.35kgありました。 ルアーは、桜舞ジグシェル35gの サケ稚魚カラーとのこと。当店サクラマスダービーの第4位に入ってきました。 森田さんは、この他に、54.0cm2.6kgと、57.0cm2.8kgも釣ってますが、バラシも多かったそうです。

◆ ヤリイカ、豆イカ  余市港  4月9日の夜の釣果(10日記述) 9日の夜に少し釣れましたと、情報をいただきました。 9日の午後8時ごろから午後9時過ぎまで、製氷工場のある堤防の先端で、餌巻きエギで釣ってみたそうです(短時間の釣り)。 釣果は、ヤリイカ3バイ、大きさは胴長で 20cm〜25cm。 豆イカ2ハイ、胴長で13cm前後。 エサは鶏ささみ肉。 ヤリイカはメスイカのサイズだったそうですが、豆イカが大きいので驚いたとのことでした。

◆ サクラマス 釣果情報  島牧村、神恵内村、積丹町  4月9日の釣果(9日記述)釣りの帰りのお客さま方から伺いました。 神恵内村の竜神岬では朝のうちだけ釣りができたそうですが、午前6時頃から波が高くなってしまったそうです。 このお客様が午前5時過ぎに1匹釣ったそうで、秤にのせさせていただきましたら、1.6kgでした。 また、別のお客様から伺いましたら、島牧村江ノ島海岸の整備工場裏周辺で、午前8時前までに 3匹が釣れた話を聞いてきたそうです。 さらに、積丹町にお住まいのお客様から伺いましたが、余別川河口海岸で、早朝に1匹釣った人がいたそうです。 大きさが2.5kgぐらいだったそうです。

◆ サクラマス 4.3kg  余市町 潮見町の海岸  4月9日の釣果(9日記述) 左の写真は、潮見町のゴロタ場で、積丹町美国の 原田研二さん が午後1時半頃に釣ったサクラマスです。 来店された午後3時30分に計測しましたら、尾叉長 61.0cm で、4.3kg でした。 釣ったルアーは、AKジグミノー9cm22gの、ブルーバックとのことでした。 原田さんは当店ダービーには入っていただいてはおりませんが、記念にホームページに出してほしいとのご要望でしたので、掲載いたしました。雨降りでしたので玄関の軒下での撮影になりました。(東積丹にも本格的なサクラマスシーズンが到来したようです。)

◆ サクラマス 3.7kgで自己記録更新  寿都町 浜中海岸  4月8日の釣果(8日記述) 左の写真は、浜中海岸(トイレ前よりも朱太川河口方向によった場所)で、札幌市手稲区の 野村 啓太さん が午前5時頃に釣ったサクラマスです。 当店で午後12時40分に計測しましたら、尾叉長 60.0cm で、3.7kg でした。 野村さんは3月31日に釣った2.9kgの自己記録を更新して、当店サクラマスダービーのトップに出ました。 釣ったルアーは、AKジグミノー37gのパールピンクカラーだったそうです。 野村さん絶好調ですね!寿都一帯は昨日の7日から魚影が非常に濃くなっております。 8日の早朝からお昼すぎ頃までの釣果ですが、樽岸側では約15匹、歌棄(鰊御殿前)海岸では10匹超、中間の浜中海岸でも5匹前後が釣れたとの情報を、数名のお客様から伺いました。

◆ アメマス 65cm   島牧村 千走海岸  4月8日の釣果(8日記述): 左の写真は、8日の午前7時半頃に、千走漁港の左のゴロタ場で釣れたアメマスです。 釣り人は倶知安町の高橋 竜馬さんです。 当店で8日の午後4時40分頃に計測しましたら。 尾叉長で65cm、重さは3.35kgでした。ルアーは、ショアラインシャイナーSL17-Sのサケ稚魚だったそうです。



◆ サクラマス 3.5kg、2.5kg  神恵内村 竜神岬  4月8日の釣果(8日記述)釣りの帰りのお客さまお二人が、サクラマスを計らせてくださいとのことで、午前9時半頃に来店されました。 早速重さだけ計りましたら、3.5kg と 2.5kg ありました。 竜神岬の河口寄りで、午前6時過ぎに仲良く一人一匹ずつ釣れたそうです。 ルアーは、手作りジグミノーの、ピンクサケ稚魚とオオナゴカラーだったそうです。 風が強くなり、波も高くなってきたので、午前8時頃に切り上げてきたそうです。 この二人の他にも2人が左側で釣っていたそうです。  また、別のお客様から伺いましたが、美国の小泊海岸で釣ってきたそうですが、大きくないサクラマスが1匹釣れたのを見たそうです。

◆ アメマス 65cm   島牧村 千走海岸  4月7日の釣果(8日記述): 左の写真は、7日の午前6頃に、千走漁港の左の岩場で釣れたアメマスです。釣り人は札幌市の松島 清人さん。3ヶ月前にやはり島牧でアメマスの大物を釣った方です。 当店に持ってこられたのが8日の午後2時過ぎでした。 すぐ計測しましたら、尾叉長で65cm、重さは3.4kgでした。 いずれにしても(笑い)、当店アメマスダービーのトップに出ました。 ルアーは、ショアラインシャイナーSL17-Fのホログラムタイプのほうのオオナゴカラーとのことでした。


◆ サクラマス 2.9kg  島牧村 千走海岸  4月7日の釣果(8日記述) 左の写真は、千走漁港の左のゴロタ場で、7日の午前5時半頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、倶知安町の 高橋 竜馬さん です。 当店で8日の午後4時40分頃に計測しましたら、尾叉長 58.0cmで、2.90kgありました。 ルアーは、ショアラインシャイナーZ140LD-Sのグリーンバックとのことでした。

 

 

◆ サクラマス 大物出ました!↑  寿都町 浜中海岸風車下  4月7日の釣果(7日記述) 左の写真は、風車下のトイレ前で、午前7時頃に釣れた大物サクラマスです。 釣り人は、札幌市東区の 池田 こづえさん です。当店で正午過ぎに計測しましたら、尾叉長 62.0cmで、4.7kg もありました。(オスの板マス) 血も抜いてありましたし、釣ってから5時間を経過してましたので、おそらく釣った直後は、ほぼ5kgだったのではないでしょうか? 御本人も秤に乗せるまでここまで重いとは思って無く、重さを聞いて驚いてました。 また、池田さんはこの魚の他にサクラマスを4匹、合計5匹を同じ場所で釣ったそうです。(羨ましすぎですよね!) ルアーは、プレスベイトフュージョン90(31g)のRSカラー。 当店のダービーにはご参加いただいて無かったのが残念です。 それからなんと、池田さんから少し離れたところで釣っていた方が、お一人で良型を頭に、やはり5匹を釣り。 池田さんと同行された方が、お一人で 3匹を釣ったそうです。(『なんて日だ!』)

◆ サクラマス 3.35kg  古平町 沢江海岸  4月7日の釣果(7日記述)左の写真は、沢江海岸の砂浜で、午前7時前に釣れたサクラマスです。 釣り人は、仁木町の 堀 新弥さんです。 朝の仕事前に釣って、仕事が終わってから持参してくださいました。 当店で午後5時前に計測しましたら、尾叉長 58.0cmで、3.35 kgありました。 ルアーは、AKジグ Mari 40gのイワシカラーとのこと。この魚の他にも3匹釣っておりましたが、他の3匹は同じ AKジグ Mari 40gのピンクバックで釣ったそうです。 堀さんも1人で4匹ですか。 (『な、なんて日だ!』)   当店ダービーサクラマス部門の第2位に着けました。

◆ ヤリイカ  余市港 南防波堤  4月6日夜の釣果(7日記述): 6日の夜に釣ってきましたとおっしゃる地元のお客様から伺いました。 6日の午後11時頃に余市港に行ってみたら、南防波堤のガードレールの周辺に釣り人がたくさんいて、ヤリイカを狙っていたそうです。 すぐにエギで狙ってみたそうですが、なかなか釣れずに、午前2時頃まで粘ったそうです。釣果はこのお客様がお一人で 2ハイ、大きさは胴長で 40cm前後。 鶏ささみ肉などを使ったエサ釣りの方達は、結構な数を釣っていた方もいたそうです。

◆ サクラマス 3.3kg  積丹町 神崎海岸  4月6日の釣果(6日記述)左の写真は、神崎漁港の右の砂浜で、午前5時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、仁木町の 金澤 正也さん です。 当店で午前8時15分頃に計測しましたら、尾叉長 59.0cmで、3.30 kgありました。 使っていたルアーは、ジグで ルアーズケミストのクレセント30gで、カラーはパープルバック/ピンクとのことでした。4日の朝と5日の朝に、同じ場所で1回ずつバラシていたそうで、3度めの正直でしたね! 当店ダービーサクラマス部門の第2位に着けてきました。

◆ サクラマスもアメマスも  島牧村 江ノ島海岸  4月4日の釣果(5日記述)左の写真は、江ノ島海岸 北国澗で、午前4時頃にアメマスが釣れて、午前7時半頃にサクラマスが釣れました。 釣り人は、札幌市豊平区の 松下 亨さん です。当店で午後4時頃に計測しましたら、アメマスは尾叉長 63.0cmで、3.05kg。 サクラマスは 尾叉長 56.0cmで、2.65kg ありました。 アメマスはサーフスイング147Fピンクヘッドグリッターで、サクラマスはディアンワイド40gのピンクグロースパークルで釣れたと伺いました。 松下さんは当店のダービーに参加していただいてますので、両部門にイッキに登録されます。 やりましたね!

◆ アメマス  岩内町 野束川河口右海岸  4月2日の釣果(2日記述): 左の写真は、小樽市の 五十嵐 努さんが釣った海アメです。 午前8時頃に、岩内町の野束川河口の右側で釣りました。 当店で正午過ぎに計測しましたら、尾叉長で 54.0cm、重さが 1.75kg でした。 ミノーの Masu Meshi 90MDFの赤金で釣ったそうです。 今シーズンは冬の間非常に寒く、天気が荒れ模様の日が多かったので、海アメに関しては良い釣果が、島牧村を除いてほとんどありませんでした。当店ダービーのアメマス部門にまだ登録魚が無く寂しかったとのことで、五十嵐さんが登録に来てくれました。

◆ サクラマス 3.55kg  島牧村 江ノ島海岸  4月1日の釣果(1日記述)左の写真は、江ノ島海岸のレストハウス前よりもトンネル寄りで、午前6時頃に釣れたサクラマスです。 釣り人は、古平町の 鈴木 篤志さん です。当店で午前11時頃に計測しましたら、尾叉長 60.0cmで、3.55kgありました。ルアーは、MSP34gのグリーンシルバーで釣ったそうです。 江ノ島海岸に釣り人は多かったそうですが、近くには釣り人はいなくて、赤灯前から18番周辺にかけては多かったそうです。当店ダービーの暫定トップに出ました。

 

◆ サクラマス 2.9kg  寿都町 樽岸海岸  3月31日の釣果(31日記述)左の写真は、樽岸海岸で、札幌市手稲区の 野村 啓太さん が午後12時15分頃に釣ったサクラマスです。 当店で午後1時45分に計測しましたら、尾叉長 59.0cm で、2.9kg でした。エラは全部取ってあり血抜きもしてありましたので、釣った時は3kgはあったと思われます。 釣ったルアーは、ぶっ飛び君95Sの背黒メッキカラーとのこと。ジグミノーと言えるルアーです。野村さんは午前9時頃に樽岸に入ったそうです。その時は他にも釣り人が見えていたそうですが、どんどん帰って行って、釣ったときは近くには誰もいなかったそうです。 ほぼ3kgの良型が釣れましたので、4月からは大いに期待できますね! このサクラマスは当店サクラマスダービーの暫定トップになります。

◆ サクラマス 2.4kg  島牧村 江ノ島海岸  3月25日の釣果(25日記述)左の写真は、泊川河口の右海岸で、午後1時20分頃に釣れたサクラマスです。 当店で午後4時30分頃に計測しましたら、尾叉長 51.5cm で、2.4kg でした。釣り人は、小樽市緑の 荒内 亮さんです。 釣ったルアーは、岡ジグLT−30のホロピンクとのこと。近くに数人釣り人がいたそうですが、他に釣れた人はいなかったと思います、とのことでした。 当店サクラマスダービーの暫定1位です。

 

◆ サクラマス 2.3kg  島牧村 江ノ島海岸  3月25日の釣果(25日記述)左の写真は、生コン裏の泊川寄りで、午前9時半頃に釣れたサクラマスです。 当店で午後2時に計測しましたら、尾叉長 52cm で、2.3kg ありました。 釣り人は小樽市銭函の 長谷川 徹さんです。 釣ったルアーは、長谷川さんのご友人の下山さんが手作りしたシェル貼りジグミノーで、カタクチイワシ系のカラーでした。重さは30gチョイっ感じでした。 この日は早朝から生コン裏に入ったそうですが、朝のうち小さいアメマスが釣れただけでアタリもなかったそうで、千走海岸に一回移動したそうですが、そちらでも釣れずに、また生コン裏に戻ってきたら釣れたそうです。周囲に釣り人は少なかったそうです。当店サクラマスダービーの暫定2位です。

               **********

◆ アメマスダービー第1号!と思いきや・・・   島牧村 コベチャナイ海岸  1月7日の釣果(7日記述): 左の写真は、7日の午後2時頃に来店された、札幌市の松島清人さんが釣ってきた海アメです。 『当店ダービー今季の登録魚第一号は良型だ!』と私達が色めき立ちましたが、ご本人が『エントリー手続きがまだなんです。』とのこと。さらに伺うと、この魚はリリースしようとしたそうですが、ジグを呑み込まれてて、針を外すのに時間がかかり弱ってしまったと、少し複雑な表情でした。計測しましたら、尾叉長で72cm、重さは3.8kgでした。 釣った場所は、中ノ川河口の左海岸。午前10時頃に釣れたそうです。 ジグは、ディアン60gのグリーンシェルとのこと。 このあと、当店ダービーに参加申し込みをしてお帰りになりました (ありがとうございました松島さん、さらなる大物目指して頑張ってください!。)

               **********

◆ ヒラメ   古平港内  10月16日の釣果(16日記述) 左の写真は、古平港内の遊漁船乗り場の横で、午後3時半頃に釣れたヒラメです。 釣り人は、小樽市入船の 濱井 陽平さんです。 ソイでもガヤでも釣れないかと、21gのオールシルバーのスプーンを投げていたら、ラッキーなことにこのヒラメが釣れたそうです。 当店で午後4時過ぎに計測しましたら、 63cm、2.2kgでした。(血を抜いた後の重さです。)当店のヒラメダービーの第4位に入りました。

 

               **********

◆ サケ2匹  神恵内村 古宇川河口海岸  9月21日の釣果(22日記述) 左の写真は、小樽市の 高橋 誠一さんが、古宇川河口の左海岸で釣ってきたサケです。 午後1時から午後1時半までのほぼ30分間に、この2匹が釣れたそうです。 当店で午後4時頃に計測しましたら、尾叉長で61.0cmの2.5kgと、65.0cmの3.05kg でした。 赤ベースに黒点のスプーンを使ったウキルアー。 もう1匹近くにいた方が釣ったのを見たそうです。 積丹半島では例年は、やや遅れてサケが来る古宇川河口海岸ですが、釣れ始めたようですね!

               **********

◆ ヒラメ   八雲町  7月8日の釣果(9日記述) 左の写真は、8日の午後7時頃に、八雲町の豊津海岸のサーフで釣れたヒラメです。  釣り人は札幌市西区の 築山 純一郎 さんです。 当店で9日の午後1時前に計測しましたら、尾叉長で 64.0cm、重さは 2.80kgでした。 釣れたルアーはジグで、リリック52gのSSYレッドだったそうです。 8日が土曜日で、9日の日曜日も釣りをする予定だったので、エラと内臓を取り、血抜きもしてありました。 もう1枚54cmも釣っていました。 当店ヒラメダービー2017の第3位に着けてきました。

 

               **********

◆ ヒラメ   八雲町  6月27日の釣果(27日記述) 左の写真は、27日の午前9時頃に、八雲町の黒岩漁港近くの砂浜で釣れたヒラメです。  釣り人は余市町の 小野 修治 さんです。 当店で27日の午後1時20分に計測しましたら、尾叉長で 53.5cm、重さは 1.80kgでした。 釣れたルアーは、ウォーターソニック21gのチャートカラーとのことでした。 当店ヒラメダービーの3位に着けてきました。

 

 

               **********

◆ ヒラメ デカ!  積丹町  6月18日の釣果(18日記述) 左の写真は、18日の午前1時頃に、岩内港の漁業者埠頭で釣れたヒラメです。  釣り人は余市町の 北川 健司 さんです。 当店で18日の午前9時50分に計測しましたら尾叉長で 78.0cm、重さは 5.65kgでした。 釣れたルアーは、ワームでバルト3.5インチのイワシカラー、ジグヘッドが21gだったそうです。 当店のヒラメダービーのトップに出ました。

◆ ショアイナダ   神恵内村、積丹町  6月17日の釣果(17日記述) 釣りの帰りのお客様方から伺いました。 @ 竜神岬に立ち寄ったのが午前8時頃だったお客様が、2本のイナダを持って引き上げていく人とすれ違う時に釣果を聞けたそうです。 午前4時から午前5時頃の間に、全体で 6本が釣れたそうです。A 沼前岬では、夜明け頃から午前8時過ぎまでの間に、6本は釣れたと思います、とのお話しをいただきました。

               **********

◆ サクラ狙いがヒラメ良型!  積丹町  6月11日の釣果(11日記述) 左の写真は、11日の午前5時頃に、積丹町の野塚漁港で釣れたヒラメです。  釣り人は手稲区の 駒見 実 さんです。 当店で11日の午前8時に計測しましたら尾叉長で 72.5cm、重さは 4.4kgでした。 釣れたルアーは、バーサスU80シェルのブルピンだったそうです。 実は、駒見さんはこの日、今シーズンあまり数を釣っていないサクラマスに期待をしての入釣だったそうです。 釣り場は、毎シーズンサクラマスで良い思いをしている野塚漁港。当店ヒラメダービーの登録魚第一号となりました。 <お知らせ>ヒラメダービーは参加無料です。期間は、11月23日までです。 釣れたら魚とともにお寄りください。

フライフイッシング  ・このページのトップへ戻る

 

◆ ニジマス  尻別川  2018年6月9日の釣果(11日記述): 左の写真は、小樽市桃内の 北村 雄さんが9日の午後3時頃に、尻別川の本流(中流域)で釣ったニジマスです。上の写真は釣った直後に、同行したご友人に撮影してもらったものを、北村さんからいただきました。釣った直後に計測しましたら、尾びれの先端までで 67cmあったそうです。 下の写真は、その日の午後7時前に当店で撮影したものですが、その時計測しましたら、尾叉長で63cm、3.5kgでした。どの魚も時間の経過とともに縮みますし軽くなります。このニジマスは体高のある見事な魚でした。使ったフライは、#8フックに巻いた創作ウエットフライトのことでした。

◆ サクラマス  島牧村 江の島海岸  3月4日の釣果(4日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 江ノ島海岸の赤灯前で、午前8時半ごろに、サクラマスの50cm超が1匹釣れたそうです。 フライは、6番フック、オリーブのマラブーだったそうです。

◆ ニジマス  尻別川  9月4日の釣果(5日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、新しい釣り日誌をお送りいただきましたので、掲載させていただきました。 石澤さん、いつもありがとうございます。 以下のコメントは、そのまま引用させていただきました。↓(今回は、ドライフライで数釣りをした上に、ウエットフライでの良型攻略も!。 楽しい一日でしたね!。)

本日、今年二回目の渓流です。また尻別渓流でした。
友人と二人で釣り上がり、友人はビッグドライ中心でその後を私がウェットフライで、ドライでは攻略しにくい白泡に沈めたりと、丹念に釣って行きました!二人で30cm〜40cmの虹鱒を20匹程つりました。
そして友人がプールの底にへばり付いているドライには無関心の魚を見つけ、すかさず私が8番のウェットフライ、アレキサンドラを沈め、数回流しヒットさせた魚が本日の最大魚、54.5センチ!ま〜5 5センチって事にしといて下さい!(笑)
またまた私が釣ってしまいました!
さすがに渓流でこのサイズとなるとランディングに手こずり、100メートル程下られましたが、5番ロッドと3Xティペットが功を奏し、無事に友人のビッグネットでネットインして頂きました。
雪が降る前にもう一度来れればと思っています!
それではまた………

 

◆ ニジマス  尻別川  8月21日の釣果(22日記述): 小樽市 幸で”ヘアーサロン・フライ”を経営する、石澤一樹さん から、新しい釣り日誌をお送りいただきましたので、掲載させていただきました。 石澤さん、いつもありがとうございます。 以下のコメントは、そのまま引用させていただきました。

お世話になっております!
本日、本州から釣友が来まして、地元の仲間といっしょに尻別川支流に虹鱒釣りに行きました!
ドライフライで釣り上がり、最大50センチ、48センチと大きい魚は私が釣ってしまいました! 
天気が良く清々しい渓流でしたが、久々の釣りで疲れました………!
それではまた…………!

(石澤さん、今回は皆さんで行ってきましたか、それは楽しかったですね!  お友達の皆さんも、次回はリベンジしてくださいね。(笑)  ありがとうございます。)

     ウ キ 釣 り  ・このページのトップへ戻る

◆ ヤリイカ   余市港 中防波堤  5月5日の釣果(5日記述): 5日に釣ってこられた余市町のお客様から伺いました。 中防波堤の中程の内側で、 午前3時過ぎから午前5時過ぎまでの釣果で、ヤリイカを1人で 3バイ、大きさは、胴長で20cm前後。 テーラーに鶏ささみを乗せて、ウキ釣り。

◆ ヤリイカ   余市港 南防波堤  5月1日の夜の釣果(2日記述): 余市港の南防波堤の高台の右側で。1日の午後6時半頃から午後9時まで釣ったそうです。 実際に釣れたのは、午後6時半過ぎから午後7時過ぎの間だったそうです。 ヤリイカの釣果は、1人で4ハイ。 大きさは胴長で 20cm〜30cm。 テーラーに鶏ささみ肉を付けたウキ釣り。

◆ ヤリイカ   余市港 中防波堤  4月22日の釣果(22日記述): 21日の夜に釣ってこられた余市町のお客様から伺いました。 中防波堤の中程の内側で、 午前2時から午前5時までの釣果で、ヤリイカを1人で 9ハイ、大きさは、胴長で18cm〜21cm。 テーラーに鶏ささみを乗せて、ウキ釣り。

◆ ホッケ   泊村の弁天島  12月10日の釣果(10日記述): 釣りの帰りのお客様から伺いました。 弁天島の右側に入ったのが午前10時頃で、すぐ撒きエサを撒き始めたそうです。 1時間ほどした午前11時頃に釣れ始めたそうで、午後2時に切り上げるまでに、このお客様が1人で 30匹。 大きさは、約30cm〜35cm。 食わせエサは、オキアミ。

               **********

◆ サケ2匹  神恵内村 古宇川河口海岸  9月21日の釣果(22日記述) 左の写真は、小樽市の 高橋 誠一さんが、古宇川河口の左海岸で釣ってきたサケです。 午後1時から午後1時半までのほぼ30分間に、この2匹が釣れたそうです。 当店で午後4時頃に計測しましたら、尾叉長で61.0cmの2.5kgと、65.0cmの3.05kg でした。 赤ベースに黒点のスプーンを使ったウキルアー。 もう1匹近くにいた方が釣ったのを見たそうです。 積丹半島では例年は、やや遅れてサケが来る古宇川河口海岸ですが、釣れ始めたようですね!

               **********

◆ サケ釣れました!朝のうちで15匹か?  古平川河口海岸  9月16日の釣果(16日記述) 左の写真は、古平川河口の新しく掘って出来たプールの中で、午前5時頃に釣れたサケです。 当店で午前8時20分頃に計測しましたら、尾叉長で63cm、重さが2.6kgありました。 釣り人は、札幌市西区八軒の 薄井 博行さんです。ソーダガツオをエサにしたウキ釣りで釣ったそうです。 16日の朝は、午前4時半頃から午前5時過ぎ頃までの間に、新しくユンボで掘って作られたプールの中で、おそらく10匹前後がウキ釣りで釣れたと思います、との事。 その後、午前6時過ぎ頃までのまでの間に、5匹前後が釣れて、そのあとは食いが止まった感があったそうで、写真の薄井さんは午前7時半頃に切り上げてきたそうです。 外海側の釣果は把握できなかったとの事でした。 第二陣が来た感じですね! これから続いて釣れてくれればよいですね!。

     渓流の餌釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ ヤマベ釣り  余市町の 某小河川  6月2日の釣果(2日記述) 釣りの帰りのお客様から伺いました。 夜明けから余市町内の当店に割と近い某小河川の中流に入ったそうですが、小物が少し釣れただけでキープサイズがまったくなかったそうです。 川の水が冷たく魚の活性が低かったようだと、入釣時間が早すぎたと反省してました。 「午後からでももう一度入りたいところですが、若くないし疲れたので、また来週か再来週にでも挑戦します。」とおっしゃってました。

◆ ヤマベ釣れました!  余市町の 某小河川  6月1日の釣果(1日記述) 余市町にお住まいの方から伺いました。 解禁日の6月1日が金曜日で、ちょうどご自分のお仕事がお休みの日だったので、行ってきました、とのこと。 近い内にまたご自分が入釣するので、川の名前は伏せておいてくださいとの条件で、釣果を教えてくださいました。 町内の 某小河川の中流に入ったのが午前8時頃で、釣れたので午前11時に切り上げたそうです。 ヤマベをキープしたのが 19匹、大きさは 15cm〜22cm。 15cm未満は結構な数をリリースしたそうです。 エサは、ブドウ虫とミミズ。

     その他の釣り情報  ・このページのトップへ戻る

◆ 余市川 鮎友釣り 2018!  余市郡漁業協同組合さんからの情報  6月22日の記述 余市川での鮎友釣りができる期間は、7月1日〜9月15日です。また、友釣り以外の釣り方はできません。釣り竿以外のものを用いる鮎の捕獲も禁止されております。

 2018年も稚魚放流をしたそうです。放流日は2018年6月15日で、秋田県阿仁川あゆセンター産の稚魚。

放流場所 放流量 推定放流尾数
大江橋 70kg 4,700尾
然別橋 75kg 5,000尾
仁木大橋 75kg 5,000尾
合 計 220kg 14,700尾

 放流された稚鮎の大きさにはバラツキがあったそうですが、平均では、14cmで15gだったそうです。推定放流尾数は、放流量を1匹あたり平均重量の15gで割った数字です。

 おとり鮎(種鮎)販売所 (1尾¥800)

 1.余市郡漁業協同組合 さけ・ます ふ化場:余市郡余市町山田町718番地
   電話 0135−22ー6345 7月1日から販売して売り切れ次第終了
   販売時間は、平日と土曜日の 午前8時〜正午

 2.丸谷 健二さん宅 余市郡仁木町大江1−66−3 
   電話0135−32−2739 日曜日と祝日は丸谷さんのお宅で販売。

 入川料は、1日券が¥2,000、シーズン券(年券)が¥15,000です。

 入川券は、当店でも販売しております。 入川券お買い上げの際に、余市郡漁業協同組合さんからの「余市川あゆ釣り愛好家の皆様へ」のパンフレットを差し上げます。

 注意事項: 9月1日から15日までは、鮎釣り禁止区域が下流域のごく一部に設定されておりますのでご注意ください。 禁止区域の詳細は入川券面に記載されております。